FC2ブログ









咏「恋人になって欲しいんだけど」えり「そうですか」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:16:45.32 ID:IalpshIv0


えり「なんです?こんな時間に、急に呼び出して」

咏「まぁまぁー」フリフリ

えり「今度のお仕事で何か?それなら、昼間の打ち合わせで仰ってくれれば…」

咏「いやいや。そうじゃないんだよねぃ」

えり「はい…?」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:20:08.23 ID:IalpshIv0


咏「まずね。こんな時間に呼び出して悪かったね~」

えり「……いえ。構いませんよ」

咏「そう?ならいいんだけどさ」

えり「それより、何故呼び出されたのかという方が…」

咏「おっけーおっけー。そんじゃさっそく」

えり「…………」

咏「針生えりちゃん?」

えり「……はぁ」

咏「私の…」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:22:48.32 ID:IalpshIv0


咏「恋人になって欲しいんだけど」

えり「そうですか」

咏「で、返答は?もちろん……」

えり「お断りします」

咏「おっけー………は?」

えり「要件は、それだけでしょうか?」

咏「え?あ、そうだけど…は?」

えり「では、失礼します。明日も仕事ですので」

咏「ちょ、ちょっと!」

えり「……あ」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:26:59.51 ID:IalpshIv0


えり「三尋木プロ」

咏「な、なに…?」

えり「また後日、仕事でお会いしましょう。先程の打ち合わせ通りにお願いします」

えり「では」スッ

コツコツコツ…

咏「…………」ポツン

咏「…………は?」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:31:53.74 ID:IalpshIv0


…………………

居酒屋

みさき「で、あっけなくフラレた。と」

理沙「直球!」プンスコ

咏「おぅおぅ言ってくれるねぃ。こちとら少しは凹んでるんだぜ?」

みさき「少し、でしょう?」

理沙「あとは?」

咏「あンのアマぁぁぁぁぁ!!!」バンッ

みさき「でしょうね」

理沙「珍しい!」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:36:18.19 ID:IalpshIv0


咏「この三尋木咏さまを振るたァいい度胸してんじゃねーかあのアナウンサーはよォ!」

理沙「荒れてる!」プンスコ

みさき「無理もないでしょう」

みさき「狙ったエモノは逃さない、女にだらしない三尋木咏が初めてフラレたんですから」

咏「わっかんねー全てがわっかんねー」グビグビ

理沙「一気!」

みさき「案の定、荒れてますねぇ。…良い物見れた」クスッ

理沙「みさき、黒い!」ガーン



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:43:42.86 ID:IalpshIv0


みさき「だって……ふふ。自信満々に『イイ女めっけたから味見ー』なんて言ってた人が…」クスクス

咏「うっせーよみさき」

みさき「ごめんあそばせ、三尋木プロ?」

理沙「怖い!!」

咏「んだよ…くそっ、三尋木咏が、この私が恋人にしてやるって言ってやったんだぜ?セフレでもなく、コイビト!光栄に思わんかねぃ!?」

理沙「下品!」プンスコ



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:51:14.06 ID:IalpshIv0


みさき「でも、たしかにそうですね」

みさき「三尋木プロと言えば、日本有数のトッププロ。日本代表の先鋒として活躍するほどの有力者」

みさき「更には容姿にも恵まれて、引く手数多のウハウハ生活。…金持ちだし」

みさき「そんな方の恋人…そういう形でないにしても、一介のアナウンサーにとっては非常に魅力的でしょうに」

咏「だよな?だよなぁ!?」

みさき「私は嫌ですが」

咏「こっちこそ」

理沙「!?」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:54:13.77 ID:IalpshIv0


みさき「私には理沙さんがいますし」

理沙「みさき…!」

咏「このやろ…惚気る気かよ」

みさき「滅相もありませんよ、“フラレた”人の前で」

咏「グハッ……」グサッ

理沙「みさき!!」プンスコ

みさき「そうですね、からかいすぎましたね。すみません三尋木プロ」

咏「……あとで覚えとけよ……」

みさき「あら怖い。覚悟しておきます」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 08:58:17.02 ID:IalpshIv0


咏「あーあ……呑まなきゃやってらんねーなー」ゴクゴク

みさき「理沙さんもどうですか?」

理沙「呑む!」

咏「酔わせてお持ち帰りコースか?みさきぃ」

みさき「どこかのトッププロじゃあるまいし」

理沙「だから、下品!!」

咏「……アイツもいっそそのくらいしちまえば良かったかねぃ」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:04:32.91 ID:IalpshIv0


みさき「針生さんを?」

咏「おー。アイツ、そういうの許さないだろうけどなー」ニシシ

理沙「当たり前!」

みさき「そういえば、針生さんのそういう話は一切聞きませんね」

咏「へぇー。アナウンサーの中でもそうなん?」

みさき「ええ。この世界も短くないでしょうに」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:10:37.39 ID:IalpshIv0


咏「局が違くてもそーゆーのわかっちゃんうん?」

みさき「ま、私は特に情報が多いのもありますけど」

みさき「針生さんは……あ」

咏「ん?」

みさき「……いえ。別に」

咏「なんだよぉー気になるじゃんかー」

みさき「しつこいと嫌われますよ」

理沙(みさき、楽しそう)



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:14:50.14 ID:IalpshIv0


咏「……………はぁあ~」

みさき「弱ってますね」

咏「ったりめーだろ」

理沙「無理もない!」

咏「面白くねー…」

みさき「初めての失恋ですか。やれやれ」

咏「ちげーよ、こちとら惚れちゃいねーんだから。一回楽しんでポイできりゃよかったんだよ」

理沙「最低!」プンスコ

みさき「そうですね、最低ですね。クズですね」

咏「知らんし」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:21:10.38 ID:IalpshIv0


みさき「それで?」

咏「ん?」

みさき「なんで告白なんてしちゃったんですか?」

咏「え、なにが」

みさき「今までのあなたなら、酒で酔わせるとか家で打ち合わせだとか。いくらでもやってきたでしょう?」

理沙「うわぁ…」ヒキ

咏「ひでーなノヨリさん」

みさき「いえ、当然です」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:25:18.52 ID:IalpshIv0


咏「……ま、その手もあったんだけどねぃ。今どき珍しい、お堅いヒトだったもんで、酒誘っても断られてさー」

みさき「ははぁ」

咏「ま、コンビになったわけだし、昼飯くらいは一緒したことあるけどねぃ」

理沙「仲良し!」

咏「まーねぃ。最低限のコミュニケーションは取ったさ。知らんけど」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:28:53.69 ID:IalpshIv0


みさき「じゃ、嫌いではないんですね」

咏「気に入ってるよー。美人だし。スタイルいいし。肌綺麗だし」

理沙「外見ばっか…」

咏「中身ぃー?堅くて面倒臭そう」

みさき「言いたい放題ですね」

咏「でも興味はあるさ。あーゆータイプはぜってー恋したら可愛くなるって」ニシシ

みさき「じゃあ?」

咏「ん?」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:34:45.51 ID:IalpshIv0


みさき「どうするんですか?」

咏「なにが」

みさき「フラレて、残念でしたーはい終わりー。なんですか?」

咏「え」

みさき「情けないですねー」

咏「なっ…」

みさき「狙ったエモノは逃さないんじゃなかったんですか?」

理沙「……みさき?」

みさき「このまんま素直に引き下がると。でも仕事は一緒に。滑稽ですね」

咏「…………」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:39:45.45 ID:IalpshIv0


みさき「まさか、一度フラレただけで諦めるとは。いやいやー、予想外」

咏「おい」

みさき「もしかして、本気で凹んじゃいました?ちょっとは、とか言ってたのは強がりですか?」

咏「おい!」

みさき「まっさかねぇ。あの三尋木咏がそんな」

咏「わぁーったよ!!」

みさき「………」ニヤ

みさき「………はい?」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:42:43.53 ID:IalpshIv0


咏「やってやる」

みさき「……なにを、です?」

咏「針生えり。…落としてやるよ。私が!」

みさき「……へぇ?」

咏「覚えとけ、アイツの浮いた話の第一号はこの私」

咏「三尋木咏だ!」

ダッ

みさき「………単純ですねぇ」

理沙「………みさき?」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:48:09.64 ID:IalpshIv0


みさき「はい?」

理沙「なんで?」

みさき「…焚きつけた理由ですか?」

理沙「そう!」

みさき「だって、萎えてぐちぐちと文句言ってる三尋木プロって」

みさき「気持ち悪いじゃないですか」

理沙「直球!」

みさき「……まぁ、それがひとつと」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:51:46.09 ID:IalpshIv0


みさき「いい経験だと思うんですよねぇ」

理沙「?」

みさき「さっきも言いましたが、三尋木プロはトッププロで容姿にも恵まれ、お金持ちです」

理沙「ウハウハ!」

みさき「そんな人が、初めて失敗したんです。…それで、初めて必死に成功させようとしているんですよ?」

理沙「…………」

みさき「それで更には」

理沙「?」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 09:55:33.33 ID:IalpshIv0


みさき「三尋木プロが結局フラレたらフラレたで、あの自信家が良い気味ですし」

理沙「!?」

みさき「成功したら成功したで、針生さんに浮いた話ができて大騒ぎになるでしょうし」

理沙「みさき!?」

みさき「楽しそうだと思いませんか?」

理沙「…………」プンスコ

理沙「わかんねー!」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:01:47.14 ID:IalpshIv0


――――

咏(なんだよ、なんだよ!)

咏(言いたい放題言いやがって!わっかんねー)

咏(そんだけ言われて引き下がったら女じゃないねぃ!)

咏(ぜってー落としてやるよ…針生えり!)



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:04:35.66 ID:IalpshIv0


咏(………)

咏(…………)

咏(……………)

咏(あれ、そういや、女ってなにすりゃ落ちるの?)

咏(……うーん……)

咏(……ま、いっか)

咏「なんとかなるっしょ。知らんけど」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:13:14.05 ID:IalpshIv0


~数日後

えり「おはようございます」

スタッフ「おはようございまーす。あ、針生さん!今日もよろしく」

えり「よろしくお願いします」

えり(……相変わらず、三尋木プロは来てないと。ギリギリに来るの、どうにかならないかな……)

咏「おっはよー」

えり(あ、いつもより早い……)

えり「おはようござ……!?」ビクッ



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:18:53.60 ID:IalpshIv0


咏「おはよう、お姫様」キリッ

えり「はっ……はいっ!?」

咏「驚かせたくてねぃ…受け取ってくれる?」

えり「あ、あの…っ」

咏「白の薔薇の花言葉知ってる?」

えり「い、いえ……」

咏「『恋の吐息』」

えり「」ゾワゾワッ



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:22:45.32 ID:IalpshIv0


咏「とりあえず、受け取ってくれる?」

えり「……あ…の…三尋木プロ?」

咏「んん?」

えり「………なんの、マネですか」

咏「え」

えり「これから、本番です。時間がないんです。……お気持ちはありがたいですが、今は受け取れません。…控室で準備を済ませてきてください」

咏「あの……」

スタッフ「針生さーん」

えり「はい、今行きます」タッ

咏「ちょっ」

咏「…………」ポツーン



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:26:37.56 ID:IalpshIv0


咏「……うーむ……」

咏(マニュアルにあったとおりにやってみたんだけどねぃ…)

咏(なんかミスったか?それとも、薔薇好きじゃないとか?)

咏「……わっかんね」

咏(次は何しようかねぃ…)



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:32:49.21 ID:IalpshIv0


えり「…………」

えり(びっくり、した)

えり(何がしたいんだろう、あの人…)

えり(会ってまだ大した日数もたってない。それなのに。…この間のあれだってそう)

えり「……なんなのよ……」

えり(ほんと、よくわからない…)



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:38:44.85 ID:IalpshIv0


~仕事終了

えり「…お疲れ様でした」

咏「おつかれぃ~」

えり(いつもどおり、打ち合わせ通りにいかなかった…)

咏「ねーえりー」

えり「……え?」

咏「このあとさー」

えり「いや、あの…今、なんて?」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:44:51.03 ID:IalpshIv0


咏「あー。いーでしょ?えり」

えり「いーでしょって…急にそんな」

咏「だめかねぃ?普通名前呼び捨てくらいするっしょー。こっちも咏でいいからさー」

えり「そんなこと!」

咏「いいでしょ?」

えり「うぐ…」

咏「えーり♪」

えり「」ゾワッ



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:51:00.17 ID:IalpshIv0


えり「…あの、からかっているのでしたらいい加減にしてください」

咏「からかってないぜー?本気本気」

えり「…じゃあせめて、呼び捨てはちょっと」

咏「うーん?えりりんとか」

えり「えりり…っ」ゼック

咏「かわいーじゃん、えりりん!」

えり「三尋木プロ!?」

咏「これもダメかよーわがままだなー」

えり「」イラッ



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 10:55:12.31 ID:IalpshIv0


………………

咏(……怒らせてしまった)

咏(かわいーじゃんか、えりりん)

咏(ちぇー、いけすかねーやつぅー)

咏(昼飯でも誘おーと思ったのに、先に帰りやがってさー)

咏(いーや。帰ろ帰ろーっと)

ガチャ

咏(……ん?)



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:01:26.18 ID:IalpshIv0


咏(あれ、たしかここに……)

咏「ねぇ」

スタッフ「はい?」

咏「ここにおいてあった薔薇、どこ行ったか知らねー?」

スタッフ「薔薇?……ああ、白い薔薇の花でしたら、針生さんが持って帰りましたよ」

咏「うそ!?」

スタッフ「はい。…ついさっきなので、急げば追いつくと思いますが…」

咏「い、いや、いい!さんきゅ」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:07:32.72 ID:IalpshIv0


咏(へぇ…持って帰ったんだ)

咏(メーワクそうだったくせに、持って帰ったんだ)クスッ

咏(へぇ~…!)ニヤニヤ

スタッフ(ど、どうしたんだ一体…)

咏(真面目くさって、人の行為は無下にはしないってか!そうかそうか!)

咏(ちょっと、掴めたかねぃ…!)



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:11:17.38 ID:IalpshIv0


………………
…………
……

えり(どういうこと…?)

えり(ここ最近…おかしい…!)

えり(私は、ごく普通に生活をしていただけのはず!今までと大差ない、仕事を、生活を!)

えり(なのに…!)


えり「なんで、こんなに疲れてるんだろう……」グッタリ



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:18:12.84 ID:IalpshIv0


えり(原因はわかってる…わかってるんだけど…)

えり(なぜ私がこんな目に…?)

ピリリッピリリッ

えり(……電話……誰……?)

えり「はい、もしもし……あ、お久しぶりです…お茶?いいですけど……今から?」

えり「………わかりました。行きます……」

ピッ

えり「……………」

えり「……………はぁ」グッタリ



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:22:11.91 ID:IalpshIv0


~喫茶

はやり「ひさしぶりー☆」

えり「どうも…瑞原プロ」

はやり「あれ、おつかれ?」

えり「……まぁ、たしかに」

はやり「懐かしい顔してるー☆」

えり「……懐かしい?」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:28:44.84 ID:IalpshIv0


はやり「はやりが昔えりちゃんにさせてたような顔☆」

えり「…………ああ、なるほど」

えり(瑞原プロは数年前、実況の仕事でコンビを組んでいた)

えり(そのとき……)

えり「……たしかに。似たようなことになっていますね」

はやり「はやや?」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:35:04.39 ID:dr8UCKWP0


はやり「んーと、今のコンビの人…かな?」

えり「ええ…」

はやり「じゃあたしか…ああ!咏ちゃんかぁ!」

えり「………なんだか、昔の瑞原プロみたいですよ」

はやり「むぅー。はやりは咏ちゃんよりはイイコだったよぉ」

えり「…そうでしょうか?」

はやり「そうなのっ!」ビッ

えり「はいはい…」クスッ



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:46:42.41 ID:dr8UCKWP0


はやり「……それで、咏ちゃんには何されてるの?」

えり「……この間……」

――――

えり(…………)

えり(……遅い。そろそろ来てもおかしくないのに……)

キィ…

えり「…はぁ…」ギシッ

えり(……集中、しないと…)

タッタッタッタ…

えり(この椅子に座った瞬間から、私は実況の……)

咏「ええええええーーりいいいいいいーー!!」ダキッ

えり「きゃあっ!?」ビクゥッ



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:55:56.53 ID:dr8UCKWP0


えり「な、なななななっ!?」ドキドキドキ

咏「うひゃー!えりあったけー!」

えり「み、みみみひろっ」

咏「いやーさっき車出してもらったんだけどさー冷房ききすぎでさーほらっ」ピトッ

えり「ひゃんっ!」

咏「あはっ!かーわいー!」

えり「く、首にあてないでくださ…っ」

咏「あれ?なに?くすぐったいの?」

えり「くすぐったいですよ!」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 11:59:09.89 ID:dr8UCKWP0


咏「ふぅーん?こんな?」ツゥー

えり「ひゃぅう…っ!?」ビクッ

咏「ほほー…」ニヤニヤ

えり「~~~っもう!話してください!」

咏「知らんしー♪」

―――――

えり「………とか」

はやり「…………☆」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 12:05:30.72 ID:dr8UCKWP0


えり「それで調子に乗ったのか、私が座ってると後ろからくっついてきて…。あ、その数日後に」

――――

えり「……………」

えり(今日は、背もたれが高い椅子だし、大丈夫よね…)

えり(もう、座ってるだけでくっついてくるのは、勘弁してほしい……でも、この椅子なら…)

咏「えーり♪」フゥー

えり「ふにゃぁっ…!?」ゾワゾワ

咏「ぷっ…あはははは!」

えり「なっなっなっ……///」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 12:14:30.40 ID:dr8UCKWP0


――――

えり「………それから隙あらば耳に息吹きかけてくるわ、変なあだ名で呼ぶわ……」

はやり「……はやりの時はもうちょっとマシだった気がするんだけど?」

えり「大して変わりませんよ」

はやり「えぇー…?」

はやり(……まるで、好きな娘イジメる小学生……☆)

はやり「ちなみに、変なあだ名って?」

えり「え……」

えり「……ぇ……」

はやり「………え?」

えり「………えり……にゃん……と…」プルプル

はやり「…………☆」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 12:20:05.71 ID:dr8UCKWP0


えり「本当、なにがしたいんだか……」

はやり「……うーん……」

えり「瑞原プロのときは、なんとなくわかったんです。こういう人なんだなって。…いろんな人に抱きついたりしていましたから」

はやり「あっはー…若気の、至り☆今は良子ちゃん一筋だもんっ」

えり「わかってます。…でも、三尋木プロってそんなことをするような方でしょうか?」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 12:25:31.27 ID:dr8UCKWP0


はやり(咏ちゃんの噂は聞いてる。…女の子たらして遊んでるとか、なんとか)

はやり(それを知ってるとなると…たしかに今の行動は不可解)

はやり(えりちゃんにちょっかい出して游ぶ楽しさは私も知ってるけど、あの咏ちゃんが?)

えり「……あれも、結局よくわからなかったし……」ポツリ

はやり「………あれって?」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:02:49.97 ID:dr8UCKWP0


えり「あ……き、きこえてました!?」

はやり「うん☆はやり、耳いいの~」

えり「…じつは先日、三尋木プロに、…こ…」

はやり「こ?」

えり「……こいびとに、なってほしいと」

はやり「!?」ガタッ

えり「っ」ビクッ



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:08:16.75 ID:dr8UCKWP0


はやり「こいびと!?」

えり「こ、声が大き…」

はやり「せフレじゃなくて!?」

えり「せ、せふ…?」

はやり「おっけーしたの!?」

えり「も、もちろんお断りました」

はやり「断ったのぉ!?」

えり「なんで驚くんですか!?」

はやり「そりゃそーだよ!咏ちゃんは成功率100%だよ!?」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:11:27.72 ID:dr8UCKWP0


えり「お、落ち着いてください!」

はやり「えっ…あ、ごめん」

えり「はい、お茶飲んで…」

はやり「ありがと……」

えり「……成功率…100…」

はやり「そりゃまぁ咏ちゃんがチョイスする女の子がうまいってのもあるけど…」ゴクッ

えり「世の中には物好きが多いんでしょうか…」

はやり「」ブハッ



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:16:25.16 ID:dr8UCKWP0


えり「ちょ、大丈夫ですか」

はやり「ゴホッゴホッ…」

えり「なにしてるんです、もう…」

はやり「だって、ゴホッえりちゃ、ケホケホッ…変なこと言うから」

えり「…なにか言いました?」

はやり「物好きって」

えり「え?三尋木プロって、変な人でしょう?」

はやり「…ま、否定はしないけど」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:21:28.00 ID:dr8UCKWP0


はやり「咏ちゃんってトッププロでしょ?」

えり「え、ええ…」

はやり「えりちゃんは、アナウンサー!」

えり「はい」

はやり「トッププロとコネができるんだよ?」

えり「…………」

はやり「そんな人に気に入られれば、良い仕事たくさん入ってくると思わない?」

えり「そう、なんですか?」

はやり「はぁ……」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:30:39.26 ID:dr8UCKWP0


はやり「えりちゃんは…変わらないなぁ」

えり「な、なにがです…?」

はやり(まっとうな道で、まっとうに全てをこなしてしまう。真面目すぎる人)

はやり(いや、ズルなんてしようにもできないんだ。そんなもの、端から考えつかない。…不器用すぎる、人)

はやり(遊びを知らずに大人になった…純粋な人)

えり「瑞原プロ…?」

はやり(もしかすると……)



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:44:09.73 ID:dr8UCKWP0


はやり(このままだとえりちゃんは…)

はやり(変なのに騙されて酷い目に合う可能性が…!?)ガーン

えり「あのー…」

はやり(え、えりちゃんはそんなことないと思うけど…でも…でも…!)

えり『感謝はしています…しかし…!』

上司『上司に逆らうのか?』

えり『それは…っ』

上司『いいから、家に来いよ。悪いようにはしねぇって』グイッ

えり『やっやめ……あーれー!』

はやり(なんてことに……!!)

えり「瑞原プロー?」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:48:20.83 ID:dr8UCKWP0


はやり(それくらいなら…)

えり「どうかしたんですか?」

はやり「……この機会にさ!」

えり「は、はい?」

はやり「相手のことを理解するのも、良いことかもしれないよ!?」

えり「は、はぁ……?」

はやり「えりちゃんはさ、咏ちゃんについてなにも知らないでしょう?」

えり「………そういえば、たしかに」

はやり「だからさ、相手のことをちゃんとわかってあげたら、なにか見えるものがあるかもしれないよ!」

えり「………………」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 13:59:52.09 ID:dr8UCKWP0


はやり(変なのに捕まるくらいなら)

はやり(まだ私からもフォローできる咏ちゃんと一緒になってもらおう…!)

はやり(咏ちゃんが絡んでいる間は、安全…くっついたならくっついたで、悪いことはない!)

はやり(………いや、でも…えりちゃんが本気で咏ちゃんを好きになったら?)

はやり(……咏ちゃんが、遊びだったら?)

はやり(……………)

えり「でも、三尋木プロかぁ……うーん」ケゲン

はやり(……………)

はやり(………ないか☆)



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 14:04:54.20 ID:dr8UCKWP0


はやり「まぁまぁ、咏ちゃんと仲良くなっても悪いことはないでしょ?」

はやり「せっかくコンビなんだし☆」

えり「それは……そうですけど」

はやり「決まり☆」

えり「………わかりました」シブシブ

はやり「よろしい☆」

はやり(でも)

はやり(えりちゃんに酷いことしたら、ただじゃおかないぞ☆)

――――――

咏「うぃっきし!」クシャミッ



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 14:12:41.47 ID:dr8UCKWP0


~数日後

咏「えーーりっ!」ダキッ

えり「っ!」

咏「なぁなぁ、今日ディナーでもどう?オススメのレストランがあるんだけどさ~」

えり「お断りします」

咏「えーいいじゃんディナー!晩飯!」ギュウウ

えり「だ、抱きつかないでください…っ」

咏「もっとお互いのことを解り合う時間っていうのをさぁ~」

はやり『相手のことを理解するのも、良いことかもしれないよ』

えり「!」ハッ



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 14:18:43.48 ID:dr8UCKWP0


咏「ねーねーえりー!」

えり「で、ディナーはだめですけど」

咏「おっ?」

えり「ランチなら………いけます」

咏「!」

えり「それで、いいですか」

咏「…オッケーオッケー!」

えり「じゃあ、離してください」

咏「…………えー?」

えり「えーじゃないです。離してください」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 14:24:59.34 ID:dr8UCKWP0


咏(なんか…ちょっと興味持ち始めてくれてるのかねぃ?)

咏(マニュアルの適度なスキンシップってやつは当たりみたいだな!)キラン

咏(落ちるのも時間の問題かねぃ!)


えり(まぁ、ランチくらいはね)

えり(別に私は、仲が悪くなりたいわけじゃないんだから)

えり(…ただ、この過剰なスキンシップはどうにかしてほしい)



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 14:33:03.42 ID:dr8UCKWP0


~数日後

咏「えーりー!」

えり「っ!」

咏「この前はありがとねぃ!」

えり「あ、いえ。こちらこそ。…素敵なお店を紹介していただきまして」

咏「でしょでしょ?また一緒しよーぜー!」

えり「はい、是非」

咏「よっし!」

えり「でも、三尋木プロ?」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 15:25:44.86 ID:dr8UCKWP0


えり「外で、あんなふうに名前を呼ぶのは…」

咏「えーなんで。最近は怒らなくなったじゃん?えりって呼んでも」

えり「何度言ってもやめないから諦めたんですよ」

咏「いいってことっしょ?知らんけど」

えり「良くはないですよ…」

えり「それを、外で大声で言われた身にもなってください…!」

咏「わっかんねー」

えり「だ、だって…」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 15:38:27.77 ID:dr8UCKWP0


えり「言われ慣れてもないのに、他人の前で大声で………///」カァ

咏「」キュン

えり「恥ずかしいったら……!」

咏「お、おお……わかった……」ドキドキ

えり(?)

えり(素直に引くなんて、珍しい…)

咏(……なんだ、これ)

咏(今、ちょっと…)

咏(かわいいとか、思っちゃった……のか?)

咏(……わかんね)



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 15:46:37.84 ID:dr8UCKWP0


咏(ま、そんなこともあるよねぃ。ちょっとはそんなトコロを見せてもらわねーと、落とし甲斐が……)

咏(……まてよ)

咏(前は、そんなトコロ見たことがなかった)

咏(ってことは……)

咏(心、開いてきてる……!?)パァ

咏(よっしゃ!よっしゃ!!)ガッツポ

えり(なに嬉しそうにしてるんだろ…)



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 16:01:32.53 ID:YDn3Yl7P0


~居酒屋

咏「っつーわけでー」

みさき「へぇ。良かったですね」

咏「私もやればできるってねぃ!」

理沙「頑張った!」

みさき「それで?」

咏「ん?」

みさき「それだけですか」



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 16:29:01.69 ID:YDn3Yl7P0


咏「それだけって…」

みさき「針生さんの、恥ずかしがる姿が可愛かった。そんな姿を自分に見せてくれて嬉しかった。…それだけ」

みさき「甘いですねぇ」

理沙「2つの意味で!」

咏「え、でも」

みさき「甘いです。甘っちょろいです。味見どころの話じゃないです」



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 16:38:51.53 ID:YDn3Yl7P0


みさき「それだけのことで喜んで、そんなのまだまだ第一段階です」

みさき「本当に落とす気あるんですか」

咏「なにィ!?」

みさき「そりゃそうですよ。今の状態で満足しちゃいませんか?」

咏「ぐぬ…」

みさき「ほら言い返せない」

理沙「的確!」



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 16:47:58.07 ID:YDn3Yl7P0


みさき「そりゃ、あの針生さんが恥ずかしがるとか。驚きですよ」

理沙「デレ!」プンスコ

咏「だ、だろ!?」

みさき「それはデレではありませんよ」

理沙「…!?」

みさき「たしかに、少しは心を開かせたのかもしれませんが」

みさき「道はまだ遠いですよ」

咏「」ガーン



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 16:59:26.10 ID:YDn3Yl7P0


咏「わ…わかんねー…」

咏「このまんま続けてもさー…進展とかないだろうし…」

咏「何かするにも…何したらいいか…」

みさき「なにを弱気なことを。あなた、散々女の子たらしこんできたじゃないですか」

咏「今までとはちげーだろ!フラレてんだぞ!知らんけど!」

理沙「盛大な自虐!」



121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 17:11:56.34 ID:YDn3Yl7P0


みさき「もうたらしこんだ後ですよ。たらしこんだ後のこと、針生さんにやってみましょう。面倒だし」

理沙「ぶっちゃけた!」

咏「抱いちゃっていいの!?」

理沙「自重!!!」プンスコ!

みさき「何言ってるんですか。フラレた人が。馬鹿ですか」

理沙「容赦ない!!」

咏「わかんねーよ!」

理沙「逆ギレ!」

理沙「(ツッコミが)追いつかない!」プンスコ



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 17:30:49.23 ID:Jh2tJBsV0


みさき「あなた、たらしてるなら多少女性に紳士的なことやってるんじゃないですか?」

咏「し、しんし……」

みさき「やってないと。全部世話してもらってたんですか。お金持ちは違いますね」

咏「ん、んなわけねーだろ!紳士だよ、しんし!」

みさき「それをやればいいんです。ね、いつもやっているなら簡単でしょう。いつも、やっているのなら」

咏「てんめぇ……」ムカムカ

理沙「っ!……っ!」オロオロ



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 17:41:49.56 ID:Jh2tJBsV0


みさき「それじゃ、期待してますよ」

咏「言われなくてもっ」

みさき「余計なお世話でしたか?」

咏「知らんしっ!」

みさき「はいはい…」

咏「くそ…っ」

咏(ぜってー落としてやる……)

みさき「…………」クスッ

理沙(みさき……)

理沙(すげえ!)ドーン



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 17:45:29.76 ID:Jh2tJBsV0


~数日後

テクテク…

咏(いつも、やっていること…?)

咏(落とした女にして、嬉しがってもらえたこと……)

咏(…あー…)

咏(紳士、とかは…まぁ、あんまりできないとして…ちょっとは頑張ってみないでもないけど)

咏(……最近、スキンシップもとれてきたし)

咏(いっちょやってみっか)

ガチャ



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 17:48:55.67 ID:Jh2tJBsV0


えり「……あ。三尋木プロ」

咏「お、おー」

えり「おはようございます」

咏「…おー」

えり「……?」

えり(どうかしたのかな…いつもみたいに突進してこないし)

えり(来て欲しいわけではないけど)

咏「えー。えり?」

えり「はい?」

咏「おはよ」

ちゅっ



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 17:53:08.32 ID:Jh2tJBsV0


咏(おはようのほっぺにちゅー。このくらいはいいだろ)

えり「」

えり「………」

えり「…………」

えり「……………」

咏(いい……だろ……?)

えり「………ぁ………」ハッ

咏(え、まさか)

えり「………っ!?」ポフンッ

咏(!)

えり「…ぁ、う………/////」カァァァ

咏(……あらまー)



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 17:56:57.42 ID:Jh2tJBsV0


咏(え?ほっぺにだぞ?ほっぺにちゅーだけで)

えり「……////」

咏(どんだけウブなんだよ、こいつ……)

えり「な、……にを……?」フルフル

咏「朝の挨拶」

えり「な……ぜ……」

咏「朝だし」

えり「あさ……ぁさ……でも…こんな…」クラクラ

咏(なんだこいつ…前から思ってたけど)

咏(すっげーおもしろい)ニヤニヤ



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 18:03:04.48 ID:Jh2tJBsV0


えり(なにが、起きた?)

えり(なんで、こんな?)

えり(なんで、なん……な……)

えり(…………)

えり(……わたし……)

えり「……み……」

咏「?」

えり「みひろぎ、プロ……なんて……っ」

えり(わたし……っ)

えり「みひろぎぷろの……っ」

咏「う、うん?」

えり「ばかぁっ!」ダッ

咏「へぇッ!?」

えり(この人……やっぱり、きらいかもしれない)



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 18:07:30.43 ID:Jh2tJBsV0


咏「………」

咏「…………」

咏「……………ブッ」

咏「くっ……ぁ、はっ…あはっ…!…あははははははは!!!」

咏「ばかって!ハハッ!ばか、だって!あははっ!!捨て、クククッ、捨て台詞に!ばかっ!」

咏「あはははははは!!」バンバン

咏「ひーっ!腹、イテッあはっ!」

咏「なんだあれ!いくつだよちょっと!!マジで!?」

咏「あははっはっ…!はっ…クククッ…!」



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 18:10:35.22 ID:Jh2tJBsV0


咏(なんだあれっ!なんだあれっ!!)

咏(お高く止まった生真面目やろーの針生えりが!天下の針生アナウンサーが!)

咏(ぶっ壊れた!)

咏(私のせいで!)

咏「あははっ!ははっ!」

咏(笑いとまんねーよ!こりゃ!大事件だもう!)

咏「あーもー!ははっ!どんだけかわいいんだよあいつ!あははっ!」

咏「……はっ?」



139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 18:18:38.49 ID:Jh2tJBsV0


咏(……………)

咏「…うーむ…」

咏(かわいい、よなぁ。うん。今口から自然に出たけど。かわいいな、うん)

咏(あれを、落とすのか)

咏(あれが、私のモノになるわけか)

咏「………っ!」ゾクゾクッ

咏(やっべぇ…なんか…楽しみだ)



142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 18:56:37.67 ID:tQW4DQd20


咏(ちょっといじって楽しくて)

咏(ちょっとからかってかわいくて)

咏(堅いのはちょっとたまにキズだけど)

咏(それに助かってるのはたしかにあって)

咏(…………うん)

咏「やっぱり……あいつのこと、結構気に入ってるんだな」



162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 21:50:47.18 ID:wW6TgXw00


タッタッタ…

えり「…………っ」

えり(わからない。わからない。わからない…!)

えり(あの人のこと…もう、全然わからない…!)

えり(急にあんなことするなんて…っ)

えり(あんな破廉恥な人だなんてぇぇ……!!)



165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 22:04:01.50 ID:IoUtW//T0


えり(はやりさんに言われて、ちょっと仲良うしようと思ってたのに…!)

えり(無理…絶対、無理……!)

えり(あんな…適当で、下品で、ちゃんと仕事しないで、適当で、セクハラしてきて、すぐくっついてきて)

えり(戯れてきて、なにしだすんだかまったく検討つかなくて、適当で、自由で、ヘラヘラしてて……)

えり(………適当でぇ!!)

えり(もう、もう……っ)
 
えり(…お仕事は…仕方ないけど…)

えり(一緒にご飯なんて、絶対に行かないんだからぁ!!)



168 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 22:11:55.28 ID:IoUtW//T0


~またもや数日後

咏「えーりー」

えり「…………」プイ

咏(……んん?)

咏「えーりーりーん」

えり「…………」プイ

咏(お?)

咏「え・り・ちゃん(ハート)」フゥー

えり「ひッ!?」

咏「もー無視なんてひど――」

えり「」ガタッ

スタスタスタ……

咏「―――あり?」



169 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 22:21:34.53 ID:IoUtW//T0


咏(ちょいちょい、この前の引きずってる?)

咏(マジでか。わかんねーけど)

咏(こりゃ、あれか?)

咏(さっきみたいに、構ってもらうまで何してもいいってことなのか?)ワクワク

咏(さっきみたいに耳に息吹きかけたり、冷えた手を首につけたり)

咏(あわよくば?)ワキワキ

咏(…………)

咏(いや、うん。流石にだめか)



173 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 22:32:29.77 ID:IoUtW//T0


咏「……やべーなぁ……」

咏(気に入ってるとか自覚したとたんにこれだよ…)

咏(どうしたもんかねぃ…)

咏(…えーっと…紳士?紳士は……もう手遅れか?)

咏(えぇー……どうしよ)

咏(…………)

咏(…………ま。なんとかなるか。知らんけど)



174 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 22:40:59.63 ID:IoUtW//T0


咏(どーせ、アイツのことだ。いつかしびれを切らして折れてくれるだろ)

咏(いつもどおりいこ、いつもどおり。それが一番っしょ)

咏(……知らんけど)

咏(私は、こういう危機は大抵のらりくらりで乗り越えたからねぃ)

咏(適当適当。これ一番)



176 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 22:51:42.86 ID:IoUtW//T0


~また数日後

えり「いい加減にしてください!」

咏(やっべー…)

えり「三尋木プロが…どうしてこんなことをするのか…全然、わかりません…」

咏「それは言ったじゃん?恋人に…」

えり「私はお断りしました!」ズバッ

咏「」ガーン

えり「それでも…それでも、仲良くしようと思っていたのに…!」

えり「……………」

咏「あー…えり?」

えり「すみません」タッ

咏「…………」ポツン

咏「…………は?」



179 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 23:02:12.70 ID:IoUtW//T0


咏(………は?)

咏(………………)

咏「……ふざけんな……」

咏「ふざけんなふざけんなふざけんな!!」

咏「私が!この私が、恋人になれって!へりくだってまで!!」

咏「私がどれだけ……ッ」

咏「……ッ……」ギリッ

咏「わっかんねえ……!」

咏(なんで……、目が熱いんだよ……っ!)

咏(なんで、泣いてんだよ……!)グシッ



181 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 23:09:46.28 ID:IoUtW//T0


咏(わっかんねえ……なにこれ。は?私が?フラレた……?)

咏(しかも、二回も?)

咏(馬鹿にしてんの?)

咏(あんだけ言って、あんだけ言われて、みさきにもノヨリさんにも顔向けすらできやしない)

咏(…………)

咏(悔しいなぁ……)

咏(ほんと、情けねーや…。今までの自分が信じられない)

咏(……いや、今の自分を認めたくないだけ、か)

咏(……こんなに、弱かったけ、私って)



183 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 23:17:00.69 ID:IoUtW//T0


咏「…………」

咏(……こんな筈じゃ、なかったのにねぃ)

咏(告って、付き合って、味見したらポイッの予定だったのに)

咏(すげーなぁ。私もここまでやるようになったか)

咏(………………)

咏(そんで)

咏「どーすっかねぃ」



184 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 23:23:51.72 ID:IoUtW//T0


咏(選択肢は2つ)

咏(ひとつ。このまんま引き下がる)

咏(針生えりとか完全に諦めて、仕事だけの関係にする。他の女見つけて今まで通り遊ぶ)

咏(ふたつ。針生えり落とす)

咏(もう、みさきやノヨリさんには相談できない。…ひとりで、する)

咏(しかも、二回もフラレて…多分、嫌われてる相手)

咏(…………)

咏「ま、2だよな。知らんけど」サラッ



187 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 23:35:34.74 ID:IoUtW//T0


咏(そりゃ、捨てた方が楽だけどさ)

咏(落としたほうが、ハッピーエンドだし。何より私が)

咏(向こうだって、落ちたんなら私と居れて幸せだろ。私に惚れるんだから)

咏(何より、私がここまでやってんのに落ちないのは、癪に障る)

咏(フったことを後悔させてやるくらいにはしないとねぃ)

咏「……………」

咏(……久々に、真剣に考えるか)

咏(適当は、そのへんに捨てておこう。知らんけど)



188 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 23:47:40.68 ID:IoUtW//T0


咏(さて……)

咏(そう。嫌われてたって、仕事では会える。…アイツは、私のコンビだし)

咏(だから必然的に、打ち合わせの機会もある)

咏(そこで、ちょっと真面目な姿でも見せるか?)

咏(…………)

咏(なんか……フラレたから意識しました、みたいな…すっげーやだ。却下)



192 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/13(火) 23:59:10.50 ID:IoUtW//T0


咏(そんじゃあ……あー、ご飯誘うのも無理かー)

咏(どーすっかなぁー)

咏(…………)

咏(…………え?どうすればいいの?)

咏(え?え?詰んでね?)

咏(……………)

咏(………明日、考えよ)



198 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 00:22:11.06 ID:YaZVQZJp0


~後日

えり「おはようございます」

咏「おはよー」

えり「……珍しいですね。定時なんて」

咏「ん、んー。まーね」

咏(このくらいは…いいだろ。しゃーねー)

えり「…………?」

咏「あー。えり……?」



199 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 00:26:10.74 ID:YaZVQZJp0


えり「はい……?」

咏「…この、さ。えりって呼ぶの、嫌?」

えり「え?」

咏「ほら、前に…さ。言ってたじゃん?」

えり「あ、ああ…。」

えり「……別に。もう、諦めましたから」

咏「そ、そう?じゃあ!」

えり「えりりん、は嫌ですけど」

咏「……やっぱだめ?」

えり「だめです」



201 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 00:32:14.54 ID:YaZVQZJp0


咏「……ちぇっ」

えり「さ、打ち合わせ始めましょう?」

咏「ほーい」

咏(…会話は、普通。何事もなかったかのように。…じゃあ…)スッ…

コロンッ

咏「おっと、わり、ボールペン落とした」

えり「あ、拾いますよ」スッ

咏「いやいや…」スッ

ピトッ

えり「っ!」

咏(お)



203 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 00:38:17.27 ID:YaZVQZJp0


えり「す、すみません…」

咏「いやいや、ありがとねぃ」

咏(…意識は、してると。これだけでも大収穫だねぃ)

咏(………ってーことは………)

咏(……もーちょい、カマかけるか)

咏「ねーえり」

えり「はい?あ、この書類は……」

咏「この前の話なんだけどさー」

えり「」バサバサッ

咏(………おお)



204 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 00:46:28.38 ID:YaZVQZJp0


咏「大丈夫?」

えり「は、ひゃい!すみません!」アタフタ

咏「そう?…そんでさ、この前話した牌譜なんだけどさー」

えり「はっ……ぱ、ぱいふ?」

咏「おー。そうだけど?」

えり「い、いえっ!別に……」

咏「知らんけどー」

咏(……………)



207 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 00:57:23.99 ID:YaZVQZJp0


咏(こりゃ……脈ありか?)

咏(いや、脈は言い過ぎだけど。…気には、かけてる)

咏(望みは、まだ全然ある…!)


えり(………なに、してるの。もう)

えり(向こうは、全然気にしてない風なのに。わたしだけこんなに…動揺して!)

えり(ばかみたい!)

えり(はやく…早く、落ち着かないと……)

えり(…………)チラッ

咏「…………」ジー

えり「っ!?」ビクッ



209 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 01:01:38.12 ID:YaZVQZJp0


えり「な、なんですか……?」ビクビク

咏「んー?いや、えりは美人だなーって」

えり「な、なっ!」

咏「言うくらいいいだろ?」

えり「それはっ」

咏「だめ?」

えり「ッ…///」

咏「………」

えり「……ありがとう、ございます」ウツムキ

咏「ん」



211 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 01:10:15.69 ID:YaZVQZJp0


咏「んー……」ジー

えり「な、なんです……」ビクビク

咏「ん?んー…えりはかわいいなーって」

えり「だっ……から、わたし……っ!」

咏「からかってねーよ、本心だよ」

えり「うぅ…っ」

咏「えりはかわいいなー」

えり「っ……ぅー…///」モジモジ

えり(…だめだ…振り回されている……)



212 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 01:17:27.03 ID:YaZVQZJp0


咏「かわいいなー美人だしーかわいいー」

えり「…………」

咏「もー非の打ち所ないよねー肌白いしー髪もふもふだしーやわらかいしー」

えり「…………」

咏(接触はだめ。告白もだめ。できるとしたらとしたら、言葉)

咏(今は、これが限界だろうな……)

えり「……~~~っ」ギュゥ

咏「そんでー」

えり「みっ……三尋木プロっ!!」



213 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 01:26:38.80 ID:YaZVQZJp0


えり「そんな…っ…そんなこと、いくら言われても!わたしは…わたしの、きもちは…っ!」

咏「うん?」

えり「わたし………」

咏「………」ニッコリ

えり「…………!」カァァ

えり「……わ、たし……」

えり「あたま、冷やしてきます!」タッ

咏「あっ……」

咏「……………」



215 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 01:36:21.09 ID:YaZVQZJp0


えり「…………////」タッタッ…

えり(なに、あれ…)

えり(なんで、微笑みかけるのよ…)

えり(なんで、わたしだけが気にしすぎてるかのような…!)

えり(三尋木プロは、大して思い入れなんてなかったの…?)

えり(大して好きでもないのに、告白なんてしたの……?)

えり(………わからない!)

えり(その感覚も、三尋木プロがなにを考えているのかも!なにもかも!)



216 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 01:43:00.58 ID:YaZVQZJp0


えり(もう、頭の中が、三尋木プロ、三尋木プロって…)

えり(ぐちゃぐちゃで……おかしくなりそう……)

えり(……わからない……なにも……)

えり「もう……いや……」

えり(たすけて……)



217 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 01:47:49.66 ID:YaZVQZJp0


…………

咏「……ん、あ。おかえり」

えり「……申し訳、ないのですが」

咏「ん?」

えり「…体調が優れないので…きょうは」

咏「お、おー。わかった。だいじょぶ?」

えり「すみません……では」

咏「送ろうか?」

えり「結構です。…では」

咏「きぃつけてなー」

咏(…………)

咏(うーん……)



219 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 01:57:02.25 ID:YaZVQZJp0


咏(大丈夫かねぃ…)

咏(たしかに、顔色悪かったな。わかんねーけど)

咏(なんか、思いつめた表情してたし……)

咏「…………!」ハッ

咏(クールなえりを思いつめさせるやつなんざ)

咏(わたししかいねーじゃん)

咏(ってことは)

咏「解決できるのも、私!」



222 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:04:53.33 ID:YaZVQZJp0


タッタッタ……

咏「はぁっ、はぁっ…」キョロキョロ

咏(たしか、こっちに……)

咏「……あっ!」

咏(もしかして…っ!)タッタッ

咏「え!――り……?」タッ…


えり「っ…ひっく…ぅぅ…っ…」ポロポロ

戒能「よしよし……」ポンポン


咏「……かい……のん……?」



223 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:09:47.72 ID:YaZVQZJp0


咏(なんで、こんなところに、かいのんが……?)

咏(いや…それより…)

咏(なんで、泣いてるの……?)

咏(なんで、かいのんに抱きしめられて…肩を、震わせてるの)

咏(えり……?)

咏(……そっかぁ。そういうことかぁ)

咏(かいのんと、そうか。なるほどね。そりゃ、フラレるわ)

咏(……泣いてる原因のやつは……いらねーよな)

咏(…………)タッ…



224 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:11:52.41 ID:YaZVQZJp0


はやり「ごめーんよしこちゃ……ってええ!?」

戒能「あ、はやりさん」

えり「み、ヒック、みずは、グスッぷろ…」ポロポロ

はやり「な……」

はやり「私というものがありながら、良子ちゃんがえりちゃんを泣かせたー!!」ガーン

戒能「ないない、ノーウェイノーウェイ!」



225 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:17:32.29 ID:YaZVQZJp0


……………

えり「…………」クスン

はやり「……どういうことかなー?」

戒能「ああ、それがですね。はやりさんがトイr」

はやり「お花畑!!」

戒能「……フラワーガーデンへお出かけ中の時にですね、出てくる針生さんを見つけまして」

戒能「もーにんと一声かけたら、なんと今にも泣きそうな顔をしているではありませんか」

戒能「大丈夫ですか、なにかありましたか、と声をかけたら」

えり「ぅぅ……」グスッ

戒能「こんな」



226 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:23:44.02 ID:YaZVQZJp0


えり「すみません……」

戒能「の~プログレムです」

えり「恥ずかしいところを見られてしまい……二人に、ご迷惑を」

はやり「まったくぅ、紛らわしいんだから!」プンッ

戒能「お赦しください」

はやり「…ま、泣いてる人を放っておけない良子ちゃん素敵だからいいけど☆」

えり「…………」



227 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:29:13.64 ID:YaZVQZJp0


はやり「…で、えりちゃんは?」

えり「は、はい?」

はやり「泣いてた、理由!」

えり「ぁ……」

えり「……いえ、大したことではありません」

はやり「うーそー!」

えり「え」

はやり「えりちゃんが泣いちゃうなんて、よっぽどのことがあったんでしょ!」

戒能「……少し、気になりますね。力になれることはありませんか?」

えり「……戒能プロ…瑞原プロ……」ジワ…



229 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:35:33.88 ID:YaZVQZJp0


……………

はやり「…………」

戒能「…………」

えり「もう、わたし、どうしたらいいか……っ」グスグス

はやり「……どうしたらって……」

戒能「……ねぇ……」

えり「なにか、方法が……?」

はやり「んー……えりちゃんは、どうしたいの?」

えり「ふぇ……?」



230 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:44:52.66 ID:YaZVQZJp0


はやり「だから……どうなるのが、理想的なの?」

えり「……三尋木プロに……」

えり「意味不明な行動の意味を、全部説明してもらいたいです…」

戒能(そこなんだ)

はやり「説明を要求するのは?」

えり「……気にしすぎな感じがして、いやです」

戒能(子どもの強がりですね)

はやり(えりちゃんは、中身子どもだから)

戒能(それもちょっと違う気が)



232 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:48:50.23 ID:YaZVQZJp0


はやり「じゃあ、どうしようかなぁ……」

~♪

はやり「んん?あ、電話電話…」ゴソゴソ

はやり「えっと……おぉ!?」

戒能「わっつ?」

はやり「咏ちゃんだ!?」

えり「!」ビクッ



233 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:53:54.70 ID:YaZVQZJp0


~ちょっと前

咏(そっかぁ。かいのんと、えりちゃんかぁ。お似合いだねぃ、美女カップルだよ、ホント)

咏(相手は期待のルーキー。そりゃ、そっちにいくよな)

咏(情けねぇなぁ…から回ってただけじゃん…はは、馬鹿でー)

咏(………………)

咏(………すげえなぁ。すっげぇ……悲しいや)

咏(そんで……寂しいよ)



235 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:57:43.52 ID:YaZVQZJp0


咏(アイツが……えりが。他人のものだったなんて)

咏(私の手で好き放題するのを楽しみに……)

咏(……いや、違う)

咏(私は、ただ単に。単純に)

咏(針生えりが、好きなんだ)



236 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 02:59:33.49 ID:YaZVQZJp0


咏(イシキして、見て、触って、聞いて。最初はちっぽけだったのが、どんどん膨れて)

咏(知っていくたびに、好きになっていった。知るたびに…どんどん魅力がわかっていって…どうしても、手に入れたくなって…)

咏(……私には、勿体無い娘だったってことか。はっ。そりゃそうだ。あんな初心で純粋で…かわいい大人。なかなかいねーぞ)

咏(私なんかより、かいのんのほうが……)

咏(…………かいのん?)ハタ



237 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 03:02:31.43 ID:YaZVQZJp0


咏(待て。まてよ。なんか引っかかった。落ち着け、ゆっくりでいい。思い出せ……)

咏(かいのう…かいのう、よしこ……戒能…良子……)

はやり『良子ちゃんと付き合ってまーす☆』

咏「!!」ハッ

咏(かいのんには…もう、恋人がいる!!)



238 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 03:08:51.44 ID:YaZVQZJp0


咏(じゃあ、つまりどういうことだ…?)

咏(かいのんは、はやりんがいるにもかかわらず、えりと関係を……?)

咏(もしくは……)

咏(えりとかいのんは、恋人同士ではない……?)

咏(…………)

咏「ええい、まどろっこしい!」ワシャワシャ

咏(直接聞こう!知らんけど!)バッ

咏(………)ピッピッ

咏(かいのんのケータイ番号わっかんねー…)



240 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 03:12:25.80 ID:YaZVQZJp0




はやり「…はい、もしもーし☆」

咏『あ、はやりん?1個聞きたいことがあるんだけど!』

はやり「んん?」

咏『かいのんと付き合ってるんだよね!?ちゃんと手綱繋がってんだよな!?浮気とかされてねーだろな!?』

はやり「………なんか、ちょっとムカつくぞ☆」

戒能「?」

えり「?」



241 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 03:16:25.48 ID:YaZVQZJp0


はやり「とりあえず、咏ちゃん?」

咏『なにさ!』

はやり「場所教えるから、ちょっとこっち来なよ☆」

咏『知らねーよ!質問に……』

はやり「じゃないと…」メクバセ

戒能「」ギョイ

えり「……はい?どうしましたか、かいの……ひゃん!?」

えり「ちょ、ちょっと!ひぅっ!やめっ……!」

はやり「えりちゃんが…☆」

咏『場所を吐けぇぇぇぇえ!!!』



242 :ねむい ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 03:19:52.14 ID:YaZVQZJp0


………………
……………
………

咏「えり!」

えり「……あ……」

咏「何かされてない?大丈夫!?」

えり「は、はい…ちょっと、くすぐられただけです…」

咏「くすぐり、だと?」

えり「はい……」

咏「………図ったな」

はやり「わかんねー♪」



278 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:19:14.56 ID:YaZVQZJp0


咏「……じゃあ、さ。図ってまで、何で呼んだ?」

はやり「んんー?」

咏「…………」チラッ

えり「…………」ウツムキ

はやり「えりちゃんは、咏ちゃんの今までの行動の意味を要求しています☆」

えり「ちょっ、みずは…」

戒能「シッ…」

えり「むぐ…」



279 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:23:09.41 ID:YaZVQZJp0


咏「行動の……意味?」

はやり「えりちゃんのような子ども脳には咏ちゃんの行動がわからないんだよ☆」

えり「ちょっ、子どもって!」

咏「あー」ナルホド

えり「!?」ガーン

はやり「とりあえず、説明しちゃえばいいんじゃないかな?」キャルンッ

咏「…………」

咏「…………はぁ~」タメイキ



280 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:25:33.59 ID:YaZVQZJp0


咏「えりもなかなか、残酷なこと要求するねぃ~」

えり「ざん…こく…?」

咏「呼ばれたってことは、ここで。はやりんやかいのんの前で言わないといけないんだろ?」

はやり「聞きたい聞きたい☆」

戒能「イエス」

咏「……容赦ねーな、知らんけど」



282 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:33:40.49 ID:YaZVQZJp0


咏「あーあ、ったく」ポリポリ

咏(こんな筈じゃ、なかったのにねぃ)

咏(色恋って、こんなに面倒くさかったっけ。知らんけど)

咏(……説明……説明しろ、か。そうすると…)

咏「ちゃんと、黙って、最後まで聞けよ」

えり「……はい……」


咏「お前が、好きだから」

咏「今までの行動は全部、そういうことだよ」



284 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:39:48.71 ID:YaZVQZJp0


えり「…………」

咏「…………」

えり「………?」

咏「いや、キョトンじゃなくて」

えり「……いままで、」

咏「あぁ、今までの告白全部ナシナシ!!あんなんは告白でもなんでもねーから!」フリフリ

咏「これが本気だから。本気で好き」

咏「針生えりが、好き」

咏「今までの行動は、からかうとかわいいから。かわいい姿が見たいから」

咏「………これで、説明になってるかね?」



285 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:43:01.62 ID:YaZVQZJp0


えり「………」

えり「その言葉も、からかっては…ないですか?」

咏「おう。だからさっさとこっち振り向け」

えり「見てますよ」

咏「精神的にだよ。振り向かせるために散々苦労してんだよ」

えり「………知りませんよ」

咏「こっちこそ知ったこっちゃねーよ」

えり「…………」

咏「…………ま、説明も済んだところで」



286 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:46:09.99 ID:YaZVQZJp0


咏「恋人になって欲しいんだけど」

えり「…そうですか」

咏「……返答は?」

咏(ここまで、正直に言ったんだ……)

ドクン ドクン

咏(心臓、いてぇ。うるせぇ。わかんねぇ…)

ドクン ドクン

咏(えりの顔が見れない。きっと、真っ赤にして可愛いだろうに)

ドクン ドクン

えり「……………」

えり「……わたし、は―――」

咏「…………ッ」



287 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:48:47.67 ID:YaZVQZJp0


~数日後

えり「おはようございます」

スタッフ「おはようございまーす。あ、針生さん!今日もよろしく」

えり「よろしくお願いします」

えり「…………」キョロキョロ

えり(……相変わらず、三尋木プロは来てない、と。またギリギリに来るの……いい加減にして欲しいんだけど…)

咏「おっはよー」

えり(あ、いつもより早い……)

えり「おはようござ……!?」ビクッ



288 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:51:42.12 ID:YaZVQZJp0


咏「おはよ、お姫様」キリッ

えり「うわっ……」

咏「うわってなんだよ」

えり「だって、デジャヴ……」

咏「あ、覚えててくれたんだー流石えり」

えり「そりゃあ…一時期は家に飾ってましたし…」

咏「おっマジかー!愛だね、愛!」



289 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:54:50.50 ID:YaZVQZJp0


えり「調子に乗らないでください」

えり「あなたの愛を、承諾した覚えはありません」

咏「だから、承諾して貰えるように必死になって…」

えり「それでまた、白薔薇ですか」

咏「もちろん」

えり「他の花にするとかは?」

咏「知ーらねっ」



292 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:57:32.92 ID:YaZVQZJp0


~数日前、告白


えり「……わたし、は―――」

咏「…………ッ」

はやり「…………」ドキドキ

戒能「…………」ドキドキ

えり「――お断り、します」

咏「………ッあーくそー!」

はやり「…へぇ…☆」



293 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 13:59:37.79 ID:YaZVQZJp0


えり「わたしは…今のところ、誰とも、お付き合いする気はありませんので…すみません」

咏「……ふーん?」

えり「?」

咏「他に好きな人がいるとかでは無いと」

えり「え、ええ……」

咏「あ、そ。……じゃー、よかった」

えり「………え?」



294 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 14:03:12.27 ID:YaZVQZJp0


咏「まだ、望みはあるだろ?」

えり「……へ?」

咏「いつか、えりは私に振り向くだろ?」

えり「え、いや、そんなの…わかりません」

咏「えりがわかんなかったことはさっき説明した。もう不安になることもないだろ?」

えり「……た、多分?」

咏「そんじゃあ、このまんま続けるほかないねぃ」

えり「…な…なに、を…?」



295 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 14:05:25.13 ID:YaZVQZJp0


咏「私が、えりを振り向かせるために努力すること」

えり「えぇっ!?」

咏「あたりまえだろー?諦めるわけねーよ。好きだっつってんだろ」

えり「で、でも……!」

咏「あとはもう、えりがいつ折れるかだけなんだぜ?さっさと惚れちまえよ」ヒラヒラ

えり「なっ…」イラッ



296 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 14:08:13.06 ID:YaZVQZJp0


えり「……あなたが、折れるかもしれませんよ?」

咏「はっ、ないない。えりはぜーったい私に落ちるね」

えり「………」ムムゥ

咏「あん?」

えり「………落ちませんよ?」

咏「惚れた時の顔が楽しみだねぃ」

えり「ぜったい、絶対落ちませんから!三尋木プロの恋人になんかっ」

咏「言ってろ言ってろ」

えり「そっちこそ!」



298 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 14:10:52.42 ID:YaZVQZJp0


~戻って

えり「……でも、白い薔薇って……わたし、好きですね」

咏「お、マジ?よっしゃ」

えり「だからと言って、毎日のように持ってくるなんて馬鹿なこと、しないでください?」

咏「………ちぇっ」

えり「飾るとこにも限界がありますからね。まったく」

咏「………ふふん♪」



301 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 14:15:01.40 ID:YaZVQZJp0


えり「………なんですか、その意味ありげな笑みは」

咏「知らんしー」

えり「はいはい……じゃあ、準備してきてください」

咏「ほいほーい」タッ

咏(そーかそーか。なんだかんだ言って薔薇、飾ってくれるんだ)

咏(そーかそーか♪)



302 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 14:18:02.38 ID:YaZVQZJp0


咏(こりゃ、えりが手に入る日も近いかねぃ)

咏(だって、白薔薇の花言葉ってのはいくつもあって)

咏( まず恋の吐息。純潔、無邪気。約束を守る。そして……)


咏(『私はあなたにふさわしい』 )

咏(……ってね)

おわり



303 : ◆GMMTmb/hWk 2013/08/14(水) 14:19:38.18 ID:YaZVQZJp0


花言葉は某バラサイト様より引用

保守、支援、読んでくれた方ありがとうございました
ではまたいつか



304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 14:23:55.00 ID:TejCT6+LP





306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 14:26:47.91 ID:g9jY4Abzi


乙!


308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 14:29:35.38 ID:y2z22R0j0


おつ


関連記事
[ 2013/08/14 17:30 ] 咲-saki-SS | コメント(6)
タグ : 咏×えり えり

針生アナが攻めてるSS無いよねえ
[ 2013/08/14 18:34 ] [ 編集 ]

↑そーいえば確かに
咏ちゃん攻め攻めも好きだけど、そろそろえりちゃんの逆襲も読みたい

あ、今回のうたえりも最高だった!
[ 2013/08/14 22:35 ] [ 編集 ]

三尋木プロの口調うつっちまった・・・
[ 2013/08/14 23:20 ] [ 編集 ]

なんだこれは!
続きが気になるぞ!
[ 2013/08/15 01:59 ] [ 編集 ]

最高だ
[ 2013/08/15 02:15 ] [ 編集 ]

すばらっ!
咏えり久しぶりで嬉しかった
しかし続きが気になるな
[ 2013/08/15 08:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/2999-f76efd73


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ