FC2ブログ









向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「9月!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:14:18.47 ID:esRdOPT30


No.241:櫻子「暇だなー」

櫻子(今度の週末、向日葵は家族旅行だし、暇だなー)


櫻子「ゆきちゃん、めりちゃん!今度の週末遊ばない?」

ゆき「あー、そのね…」

めり「ごめん!今度の週末はゆきと二人で遊ぶ予定なんだ」

櫻子「えー、私も混ぜてよー」

ゆき「ごめんね。櫻子ちゃん」


ちなつ「ちょっと、櫻子ちゃん!?」

櫻子「なに?」

ちなつ「二人は昨日付き合いだした恋人同士なんだよ」

ちなつ「恋人になってからの初めての週末なんだから、空気読まないと」

櫻子「え?」

めり「ちなつちゃん!?何で知ってるの!?」





関連スレ
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよ」【ゆるゆり】
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart2」【ゆるゆり】
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart3」【ゆるゆり】
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart4」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart5」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart6」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart7」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart8」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart9」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart10」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だよPart11」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集だもんね!」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集~」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集♪♪」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集!!」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集!!!」
向日葵「さくひま、ひまさく」櫻子「短篇集なの!」
向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「4月!」
向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「5月!」
向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「6月!」
向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「誕生日!」
向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「7月!」
向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「夏休み!」
向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「8月!」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:19:07.01 ID:esRdOPT30


 
………


櫻子「…」

向日葵「なに難しい顔してますの?」

櫻子「う~ん…恋人って何かな?って」

向日葵「…どうでもいい事を考えていたんですわね」

櫻子「わかんない、恋人ってなんだろう?」


向日葵「まあ、好き合ってるを前提として…」

向日葵「二人っきりでお買い物に行ったり、ずっと一緒にいたり?とか?」

向日葵「一緒にいて楽しいとか?そんな感じでしょうか?」

櫻子「なんだ、私と向日葵みたいなものじゃん」

向日葵「そうそう………………」



向日葵「はあ!?」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:23:16.94 ID:esRdOPT30


向日葵「な、なななな何言ってるんですの!?あなたバカなんじゃなくって!?」

櫻子「バカとは何だよ!人が真面目に考えてたのに!」

向日葵「そうではなくて…その…」


向日葵「今の言い方だと…まるで……//」

櫻子「…」




櫻子「っ//」ボンッ



櫻子「ちげーーーーーっし!!」

櫻子「変なこと考えてんじゃねーーーバーーーーカ!!」




ちなつ「二人とも否定はしないんだね」

あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:27:44.60 ID:esRdOPT30


No.242:撫子「そろそろ本当の事を言ってほしいな」櫻子「だから本当だって!」


撫子「本当はひま子と恋人同士なんでしょ?」

櫻子「え?なんで?」

向日葵「そうですわ。私と櫻子が恋人なんて考えられませんわ」

櫻子「そーそー」

向日葵「私たちの仲の悪さには定評がありますわ」

櫻子「向日葵と仲良しなんてこっちから願い下げなんだからねっ」

向日葵「それはこちらのセリフですわ!」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:30:49.18 ID:esRdOPT30


撫子「ふーん、じゃあ…」




撫子「最近、手を繋いで登校してるよね?人通りが少ない所で…だけど」

向日葵「」

櫻子「し、してねーし!ねーちゃんが何を言ってるか意味不明だもんね!」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:34:39.12 ID:esRdOPT30


撫子「ふ~ん…ねえ、ひま子、本当にしてない?」

向日葵「ししししししししてませんわ。櫻子と手なんて!ももちろんですわ!」

撫子「何で顔真っ赤なの?ねえ?何で?」

向日葵「撫子さん顔が近いからですわ…ほ、本当に近い…」

櫻子「離れろ!!!」


グイッ


撫子「…櫻子?」

櫻子「なに!!!」

撫子「何で私がひま子に近付いたら、そんなに必死になるわけ?」

櫻子「だって向日葵が嫌がってたから!」

撫子「ひま子は私が近付くのは嫌?」

向日葵「え?別に嫌ってわけじゃ…」


撫子「だってよ、櫻子?」

櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬ」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:37:38.04 ID:esRdOPT30


花子「そこまでにするし。あまりからかうのは良くないし」

撫子「そうだね。二人ともごめんね」

向日葵「べ、別に私達は何もないですから問題ありませんわ」

櫻子「そーそー。叩いても埃しかでないしね」

向日葵「出たら問題あるでしょうが」

櫻子「ん?」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:42:06.21 ID:esRdOPT30


花子「そういえば、昨日電車でひま姉と櫻子が寄り添いあってたけど、あれは何だし?」

櫻子「」ブーッ

向日葵「え?昨日…。そういえば、私は途中で寝てしまって…」

撫子「ということは、櫻子がひま子にくっつきに行ったわけね」

花子「櫻子…」

櫻子「可愛そうな子を見る目で見るな!」

花子「でも、寝ているひま姉に手を出そうと…」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:46:03.41 ID:esRdOPT30


櫻子「ちげーし!向日葵が寝ていて、フラフラしていたら、くっついて寄りかからせてやっただけだし!」

向日葵「そ、そうなの…」

櫻子「勘違いするなよ!向日葵が隣の人に寄りかかったら迷惑になるから、仕方なくなんだからね!」

向日葵「いいえ。ありがとう櫻子。感謝しますわ」

櫻子「ふ、ふんっ。もっと感謝しろ!」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:50:12.15 ID:esRdOPT30


花子「もう付き合った方がいいし」

撫子「だよねー」

向日葵「それとこれとは」

櫻子「話が違うし!」


撫子「ほら息がぴったり」

花子「仲良し過ぎるし」

向日葵「仲なんて」

櫻子「よくないもんね!」


No.242 終わり



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:54:20.81 ID:esRdOPT30


No.243:向日葵「9月ですわね」櫻子「秋か…」


櫻子「台風が通り過ぎて寒くなったね」

向日葵「ええ、本当に急で夏服じゃちょっと寒いですわね」

櫻子「でも、昼間は夏服でちょうどいいし…」

向日葵「だから難しい季節ですわね」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 02:58:19.12 ID:esRdOPT30


櫻子「だから、放課後はちょっと寒くて…これは仕方なくなんだからねっ!」

向日葵「わかってますわよ!私だって仕方なくなんですからっ!」


ギュウウ


向日葵「櫻子!あったかいですわ!気持ちよすぎですわ!」

櫻子「ま、まあ、私も暖かいし、仕方なくなんだからね!」

綾乃「∵」




千歳「うふふ。うちらもする?」

綾乃「えぇ!?」


No.243 終わり



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:03:53.40 ID:esRdOPT30


No.244:櫻子「ひまさく喫茶」向日葵「ですわー」

パーーーンッ


向日葵「櫻子お誕生日おめでとうございますわー」

あかり「おめでとうだよぉー」

ちなつ「おめでとう櫻子ちゃん」

京子「櫻子ちゃんおめでとう!」

結衣「おめでとう」

綾乃「大室さん、おめでとう!」

撫子「おめでとう櫻子」

花子「おめでとうだし!」



櫻子「みんなありがとうございます!」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:07:20.16 ID:esRdOPT30


 
………



向日葵「私達の喫茶店でお誕生日会っていいですわね」

櫻子「うん、今度からみんなの誕生日会はここでしようっか?」

向日葵「そうですわね。営業時間が終わった後なら貸し切りにしても問題ありませんし」


櫻子「あっ、そろそろケーキ食べる!」

向日葵「そろそろ、そういうと思ってケーキを切っておきましたわよ」

櫻子「さすが向日葵!」

向日葵「櫻子の誕生日ですもの。このくらいはね」

櫻子「じゃあ、『あーん』するから食べさせて」

向日葵「は、はあ!?皆さんの前でそんな事できるわけないでしょう!」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:11:33.10 ID:esRdOPT30


櫻子「今日は私の誕生日!だから言う事を聞くの!」

向日葵「それとこれとはまた別問題ですわ」

櫻子「じゃあ、おやすみのキスは今度から無しね」

向日葵「なんでそうなるのよ!」

櫻子「だって、おやすみのキスは向日葵がおねだりして決めた事でしょ?」

向日葵「ぐ、ぐぐぐぐぐぐぐ」




向日葵「はぁ~。そこまで言うなら仕方ありませんわね」

櫻子「そこまでしておやすみのキスがしたいの?」

向日葵「はいはい。そうですわ!したいの!だから『あーん』しますわよ」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:15:37.67 ID:esRdOPT30


向日葵「はい…あーん」

櫻子「あーん」


パクッ


櫻子「いや~んですわー。向日葵が食べさせてくれるから、最高に美味しいですわー」

向日葵「怒っていいのか喜んでいいのか、どっちかにさせてくれません?」


京子「ひゅーひゅー。いやいやお熱いですなー」

向日葵「歳納先輩、見てたんですか!?」


結衣「あっ、まあ、みんな見てたよ」

向日葵「∵」

櫻子「結婚してるんだし、なんで恥ずかしがるかなー」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:19:58.12 ID:esRdOPT30


京子「さてさて、結衣にゃん。私達もいちゃつきましょうか?」

結衣「調子に乗るな!」

京子「はい、あーん」

結衣「なっ」

京子「あーん」

結衣「はぁ~、京子は言い出したらきかないし…抵抗しても疲れるだけだから…わかったよ」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:24:15.95 ID:esRdOPT30


京子「うんうん。結衣はよくわかってるね」

結衣「はいはい…いくぞ、あーん」

結衣「あーん」


パクッ


京子「」モグモグ

結衣「どう?」

京子「うめえ!」

結衣「そ、そっか」

京子「微妙に照れてる結衣可愛いよ~」

結衣「うるさい!」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:28:39.31 ID:esRdOPT30


ちなつ「」ジー

あかり「はい、ちなつちゃん。あかりが食べさせてあげるね」

ちなつ「え?べ、別にしなくても…」

あかり「だって、さっきからあかりのケーキばかり見てたでしょ?食べさせてほしいって事だよね?」

ちなつ「違…わないけど、そういうのってわざわざ口に出してほしくないなー」

あかり「えへへ。ふてくされてるちなつちゃんも可愛いよぉ~」

ちなつ「も、もうっ!だから口にいちいち出さないで!」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:32:05.35 ID:esRdOPT30


あかり「じゃあ、美味しい所あげるね…あーんして?」

ちなつ「あーん」


チュッ


あかり「えへへ~。頂いちゃいました♪」

ちなつ「って、何をするの!?あかりちゃん!」

あかり「顔真っ赤のちなつちゃんも可愛いよぉ~」

ちなつ「もうっ!あかりちゃんってば!!!」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:36:06.47 ID:esRdOPT30


撫子「」モグモグ

花子「」モグモグ

撫子「私達もする?」

花子「いや、しなくていいし」

撫子「だよね」


撫子・花子(明日、彼女と思いっきりいちゃつこう)



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:40:07.36 ID:esRdOPT30


綾乃「…」

綾乃「あれ?私…だけ、一人!?」

綾乃「千歳は用事で来れなかったし…って千歳とそういう関係って訳でもないけど…」


向日葵「今度は何ですの!?」

櫻子「向日葵のー膝の上に座りたいー」

向日葵「こらっ!いい加減にしなさい!」

櫻子「えーいいじゃんー。櫻子様の誕生日だぞー」

向日葵「はぁ~。しょうがないですわね。あとで二人っきりになったらね?」

櫻子「わーい」


綾乃「うわああああああん。羨ましくなんかないんだからねーーー」ダダダダダ

ちなつ「杉浦先輩!?」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:44:07.62 ID:esRdOPT30


 
………


■深夜

向日葵「あらためて…櫻子、お誕生日おめでとう♪」

櫻子「ありがとう、向日葵♪」


向日葵「これで、また歳を一つ取ってしまいましたわね」

櫻子「そだね。でも一緒に歳を取れるのが嬉しいね」

向日葵「本当にその通りですわ。ええ、私ね。とっても幸せよ櫻子」

櫻子「ふふーん。私だって幸せだもんね。向日葵には負けないくらい…」


向日葵「ふふっ。久々にあれやります?」

櫻子「そだね。やろっか」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:48:17.27 ID:esRdOPT30


向日葵「はぁ~。何を言ってますの?」

向日葵「私の方が絶対に幸せですわ!櫻子よりも!」

櫻子「はあ!?私が向日葵に負けるわけないもんね!向日葵のバカ!」

向日葵「何ですって!?」

櫻子「何だと!?」


向日葵「んぎぎぎぎぎ」バチバチバチ
櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬ」バチバチバチ



向日葵「…」

櫻子「…」


向日葵「ふふっ。これからもよろしくね、櫻子」

櫻子「当たり前!私達夫婦だし、絶対に離さないからね!向日葵!」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:52:22.26 ID:esRdOPT30


向日葵「じゃあ、今から…」

櫻子「うん、二人っきりでイチャイチャね」

向日葵「はいはい」

櫻子「まずはお布団デートして…」

向日葵「はいはい」

櫻子「それから----」

向日葵「はいはい--」


No.244 終わり



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 03:57:03.20 ID:esRdOPT30


No.245:向日葵「櫻子!お誕生日おめでとうですわ!」

櫻子「…眠い」

向日葵「櫻子!お誕生日おめでとうですわ!」

櫻子「…こんな時間に非常識」

向日葵「私の誕生日の時も夜中に来てたくせに!」

櫻子「寝る!」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:00:56.78 ID:esRdOPT30


向日葵「はぁ~。せっかくケーキ持ってきましたのに…」

櫻子「ケーキ!?食べる!どこ!?」



向日葵「…」

櫻子「え?なに?」

向日葵「何でもありませんわ。ちょっと用意するので待って下さい」

櫻子「う、うん?」


向日葵(ケーキにヤキモチなんて妬いてない。ケーキなら起きるのに、私が来ても…とか思ってない)

櫻子「?」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:04:28.37 ID:esRdOPT30


 
………


櫻子「うおおおおおおおお!すげー豪華!」

向日葵「まあ誕生日ですし。ちなみに、撫子さん達の分も考えて食べるんですのよ?」

櫻子「もぐしっ!うめえ!うめえ!」

向日葵「ほらほらゆっくり食べないと、喉に…」

櫻子「うっ」

向日葵「ほら早く水を飲んで!……まったく、もうっ」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:08:27.18 ID:esRdOPT30


 
………


櫻子「美味しかった」

向日葵「まさかほとんど食べるなんて…」

櫻子「そっかー今日は私の誕生日かー」

向日葵「ええ、おめでとう櫻子」

櫻子「えへへ~。誕生日かー」

向日葵「?」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:13:16.11 ID:esRdOPT30


櫻子「よし!今日は私が一番偉い!」

向日葵「…おめでたいだけで、偉くはありませんわ」

櫻子「向日葵!私の命令を聞け!」

向日葵「はぁ?」


櫻子「私にプレゼントを用意しろ!」

向日葵「ケーキだけじゃ足らなくて?…まぁ、いいですわ」



向日葵「はい、これ」

櫻子「え?本当にあるの?」

向日葵「まぁ、誕生日ですし、これくらい普通ですわ」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:16:44.44 ID:esRdOPT30


 
パカッ


櫻子「おおおおおおお?ひも?」

向日葵「サッシュベルト!」

櫻子「ああー、ベルトね。あっちょっとリボンが着いててかわいい!」


向日葵「出来るだけ細めのを選びましたわ。ちょっと服を選びますが、良かったら使ってください」

櫻子「おーあーそうだ!」

ダダダダダダ

向日葵「櫻子?どこに!?」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:20:53.80 ID:esRdOPT30


櫻子「ジャジャーン!」

向日葵「それはデュエットの時に来た服?」


櫻子「装着!」


櫻子「うん!似合う!」

櫻子「ワンピ系にいいみたい!ありがとう向日葵!」

向日葵「ふふっ。どういたしまして」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:24:00.68 ID:esRdOPT30


櫻子「じゃあ、来年はワンピースがいいな!」

向日葵「何でよ」

櫻子「だって、このひも…ベルトに合う服が少ないし」

向日葵「まあ、考えておきますわ」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:25:49.55 ID:esRdOPT30


櫻子「よーし!今から遊ぶぞ向日葵!」

向日葵「さすがにもう眠いですわ…」

櫻子「今日は私の誕生日なんだから、ずっと遊ぶ!」

向日葵「はぁ~…仕方ありませんわね。付き合ってあげますわ」


櫻子「最初は何にしようかな?」

向日葵「はいはい。そんなに慌てなくても、私も誕生日も逃げませんわ」

櫻子「あっ、そうだ!まずは----」

向日葵「はいはい-----」


櫻子「---」

向日葵「--」



       終わり



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:26:47.15 ID:esRdOPT30


これで終わりになります
こんな時間まで見てくれてありがとうございました!
また、機会があればよろしくお願いします!



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:29:11.13 ID:vuEFbUgU0





51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 04:42:02.94 ID:UrKk+iBZ0


乙!
櫻子おめ



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07(土) 05:03:38.58 ID:GuK6JoxU0


乙です 櫻子ちゃんおめでとう


関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/3050-f3e9c0c9


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ