FC2ブログ









綾「お、お邪魔します……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:38:32.44 ID:QoANOA0/0


陽子「いやぁ悪いな綾、わざわざ来てもらっちゃって」

綾「べ、別に構わないわ。私も宿題済ませたかったし!」

陽子「そっか、それならいいんだけど」


綾(……陽子に勉強教えて欲しいって頼まれて陽子の家に来たわけだけど)

綾(どうして しのたちを誘わなかったのかしら?以前の勉強会は5人でやったのに……)

綾(もしかして ふ、二人がいいとか―――///)

陽子「綾ー?どうしたー?」

綾「ひゃい!?な、なんでもないわよ!」





6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:42:43.67 ID:QoANOA0/0


綾(そういえば陽子の家に来たのって初めてね……) ドキドキ

陽子「ここが私の部屋ね」 ガチャ

綾「そういえば家の人は?」

陽子「あぁ、今は誰もいないよ」

綾「え、ええええええっ!!」

陽子「な、なんだよ急に」

綾「なんなななっ、何する気よ!?///」

陽子「え?勉強だろ?」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:46:49.96 ID:QoANOA0/0


―――――――――
――――――
―――

陽子「んんーっ……疲れたぁ、ちょっと休憩しようか」

綾「はぁ、陽子に教えてばっかりだったから自分の分の宿題が全然手に付かなかったわ」

陽子「分からないものは仕方ない!」

綾「威張ることじゃないでしょ……まぁ勉強教えるのがそもそもの目的だったし、別にいいけど」

陽子「へへー、やっぱ綾は頼りになるよなぁ」

綾「ま、まったく調子いいんだから///」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:50:51.62 ID:QoANOA0/0


綾「……ねぇ、陽子」

陽子「んー?」

綾「その、今回はどうして私だけ呼んだの……?」

陽子「あぁ、しのたちも誘ったんだけどさ、何かみんな都合がつかなくて」

綾「はぁ……」


綾(なんだ、私だけ誘ってくれたわけじゃないのね……)

陽子「ん?どうかした?」

綾「別に、どうもしないわよ」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:55:07.52 ID:QoANOA0/0


綾「さ、もう十分休憩したでしょ。続き、始めるわよ」

陽子「よし、それじゃこのお菓子を食べ終わったら始めよう」

綾「後にしなさい、後に」


prrrrr......


陽子「あ、電話だ」

綾「え?」

陽子「ほら」 ガチャ

綾「……あ、聞こえたわ。陽子って耳いいのね」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:00:05.40 ID:QoANOA0/0


陽子「ごめん、ちょっと出てくるね。すぐ終わると思うからさ」

綾「えぇ、大事な用かもしれないから急がなくていいわよ」

陽子「うん、それじゃちょっと取ってくるね」 バタン


綾「……今のうちに自分の分の宿題進ませとこ」

綾「はぁ、それにしても他人の部屋で一人で勉強してるって、すごい違和感ね」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:05:27.49 ID:QoANOA0/0


―――――――――
――――――
―――

陽子「お待たせー」 ガチャ

綾「結構長かったわね」

陽子「お待たせついででもう一つ申し訳ないんだけど……」

綾「どうかしたの?」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:08:08.64 ID:QoANOA0/0


陽子「それが今からちょっと出なきゃならなくなってさ」

綾「え、今から?」

陽子「そうなんだよー、本当ごめんな!」

綾「まぁそういうことなら仕方ないけど……それじゃ私も帰るわね」

陽子「あ、いや、用事っていってもそんなに時間かかるわけじゃないんだよ。
    1時間もすれば帰れると思うからさ」

綾「ええっと、つまり私はどうすれば」

陽子「帰ってくるまで留守番しといてくれないかな?
    あ、留守番って言っても、ただここにいてくれるだけでいいんだけど」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:12:47.20 ID:QoANOA0/0


綾「ん、それくらいなら別に構わないわよ」

陽子「ホント!?助かるー!ありがとな、綾!」 ギュッ

綾「うわわわっ!?きゅっ、急に抱きつかないで///」


綾「でもいいの?一応私、友人とはいえ部外者なわけだし……」

陽子「何言ってんだ、綾だからいいんだよ!」

綾「! そ、そっか……私だから……///」

陽子「それじゃ、行ってくる!ほんと、ありがとな、綾!」 バタン



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:17:07.46 ID:QoANOA0/0


綾「……」 ポツーン

綾(さて、引き受けたのはいいものの……どうしようかしら)

綾(自分の分の宿題は終わらせちゃったし……暇ね)

綾「……」

綾(適当に本棚にある本でも読ませてもらおう)

綾(それにしても男の子が読むような少年誌の漫画ばっかりね) クスクス



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:21:07.50 ID:QoANOA0/0


綾「……」 ペラッ

綾「……」 ペラッ


綾「……ふぅ」 パタム

綾(うーん……つまらなくはないんだけど……やっぱり私には合わないわ)

綾(私が好きそうな恋愛漫画は……やっぱり無さそうね)



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:25:52.72 ID:QoANOA0/0


綾「……あ」

綾(陽子のベッド……)

綾「……///」

綾「ちょっとだけよ、ちょっとだけ……」 モソモソ

綾(この枕……陽子の匂いがする)

綾「ようこ……ようこぉ……」 ハァハァ



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:30:10.36 ID:QoANOA0/0


綾(ど、どうしよう……何かヘンな気分になってきちゃった)

綾(陽子は1時間は戻ってこないのよね……となると後40分くらいは大丈夫なはず)

綾(……って私は人様の家で何考えてるの!)

綾(あぁ……でもこの匂い嗅いでると我慢できない……///)

綾「……」

綾(本当に誰もいない……のよね?) ガチャ


綾「すいませーん!!!」


綾「……」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:34:47.18 ID:QoANOA0/0


綾(何やってるの私……でも、これで確信が持てた)

綾「すー……はー」

綾(ごめんなさい、陽子……あなたの部屋、少し汚しちゃうかも……)

綾「んっ……」 クチュ

綾(やだ……私もう濡れて……はしたない……)

綾「あっ……ふぅっ……んぁ……」

綾(ようこ……せつないよぉ……ようこぉ)



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:38:59.54 ID:QoANOA0/0


綾(服、邪魔……少しだけ脱いじゃお……)

綾「はぁ……はぁっ……んっ」

綾「ようこ……好き、大好きなのぉ……」

綾(手……とまんない……すごい、いつもシてるのと全然違う……!)

綾(陽子の枕抱きしめて……あぁ、これが本物の陽子だったらいいのに……)

綾「ふゎっ、やっ……んん……うぅ~っ」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:43:31.19 ID:QoANOA0/0


綾(あ……だめっ、これ、もうイッちゃいそう……!)

綾「ふっ、あっ!あぁぁぁっ!」

綾(ようこ……ようこっ!好き……ようこ、大好き……!)

綾「あっ……だめっ……イく、イッちゃう……っ!!」

綾「ようこっ!よう―――」


ガチャ


美月「……」

綾「こ……」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 22:47:16.34 ID:QoANOA0/0


美月「……」

綾「……」

綾(え?え?え?何で?美月ちゃんがいるの?今日誰もいないんじゃないの?
  さっきも返事しなかったじゃない、もしかして途中で帰ってきたの?だったら何で
  音がまったく聞こえなかったの?私が気づかなかっただけ?なんで?なんで?)

美月「綾お姉ちゃん?」

綾「み、美月ちゃん……その、おおおおお邪魔してます」

美月「お姉ちゃんは……?」

綾「よ、よ、よ、陽子なら出かけてて……もうすぐ帰ってくると思……う」

美月「そうなんだ……」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:03:05.04 ID:QoANOA0/0


綾(どうしよう!?どうしよう!?は、早く服着ないと……いけないのに体が動かない……) ガクガク

美月「……綾お姉ちゃん、どうして服脱いでるの?」

綾「!」

綾(そうか……この娘まだ小学4年生だし、性教育もきっとまだ習ってないわよね)

綾「あの……これはね……?」

綾(そうなると何とか誤魔化せるかしら……?)



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:08:52.62 ID:QoANOA0/0


綾「こ、これはね……そう!ストレッチの一環なのよ!」

美月「ストレッチ……?」

綾「簡単に言うと体を柔らかくしたりする体操のことよ。
  私、体硬いから……ほら、ね!」

美月「服を脱ぐ必要は……」

綾「こ、こうしたほうが効果がアップする!……ってネットに書いてあった……と思う……」

美月「……ふーん」

綾(大丈夫かしら?ちょっと言い訳苦しいかな……)



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:13:05.50 ID:QoANOA0/0


美月「分かったわ」

綾「! そう、分かってくれて嬉しいわ。
  あ、でもこれはすごく恥ずかしいやり方だから他の人には―――」



美月「……っぷ、ふふっ」

綾「え……?」



美月「―――この変態」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:16:18.21 ID:QoANOA0/0


美月「小学生だから分からないと思った?」

美月「確かに授業ではまだ習ってないけど、友達にませた詳しい子がいるから
    知識としては知ってるのよ、私」

綾「あ、あ……」 ガクガク

美月「オナニーって言うんでしょ?
    お姉ちゃんの部屋でオナニーするなんて、綾お姉ちゃんは変態ね」

綾「ご……ごめん……なさい」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:19:41.18 ID:QoANOA0/0


美月「このこと……お姉ちゃんに言ったらどうなるかしら?」

綾「!? 待って、お願い!それだけはやめて!!」

美月「それじゃ空太に……」

綾「それもダメぇっ!」

美月「はぁ、綾お姉ちゃんってワガママね」

綾「お願い……ほら、お菓子あげるから」

美月「私がお菓子なんかで懐柔されると思ったら大間違いよ」 モグモグ



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:23:26.89 ID:QoANOA0/0


綾「うぅ……お願い、何でもするから誰にも言わないで……」

美月「……そうね、それじゃ」


美月「さっきの続き、して」


綾「え……さっきの続きって……」

美月「言葉にして欲しいのかしら。オナニーの続きをして、って言ってるのよ」



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:26:49.90 ID:QoANOA0/0


綾「そっ、そんなの無理に決まってるじゃない!」

美月「綾お姉ちゃん、さっき何でもするって言ったよ?」

綾「言ったけど……でも、そんなのって……」

美月「まぁ出来ないならそれでもいいわ」 スッ

綾「待って待って!その携帯しまって!」

美月「……うふふ、どうする?綾お姉ちゃん」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:30:10.13 ID:QoANOA0/0


綾(どうして……どうしてこうなるのよ)

綾(いや、私が人様の家で自慰行為なんてするからだけど……)

綾(美月ちゃんがこんな娘だなんて思わなかった……)


美月「別にいくらでも考えてくれていいけど、早くしないとお姉ちゃん帰ってきちゃうわよ」

綾「!!」

美月「どうせするなら一分一秒でも早くしたほうがいいと思わないかしら?」

綾「……」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:34:27.31 ID:QoANOA0/0


綾「……ぜ、絶対に言わないでよ?」

美月「うん、私嘘つかないわよ」

綾「……」

綾(何か……何か引っかかるんだけど……)


綾「分かったわよ……」

美月「ありがとう、綾お姉ちゃん」 ニコッ



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:38:40.59 ID:QoANOA0/0


綾「んっ……!」 クチュ

美月「ふーん……友達の言ってたとおり、指でお股をいじるのね」

綾「はぁ……はぁっ……あっ、んっ……」

美月「知識でしか知らなかったから、実際に見るのは初めてなのよ、私。
    何だかすごく変な気持ち……これがエッチな気分ってことなのかしら?」

綾「ふぅ……っ、あぅ……」

美月「随分大人しいわね、綾お姉ちゃん。いいのよ、もっと声出しても」

綾「イヤ……よ、恥ずかしいもの……はぁ……はぁ」



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:44:16.18 ID:QoANOA0/0


美月「へぇ、さっきは陽子陽子って大きな声出してたくせに、恥ずかしいのね?」

綾「!! どっ、どこから聞いてたの!?」

美月「綾お姉ちゃん、手止めちゃダメよ」

綾「くっ……」

美月「……少しだけ話をするわね」

綾「え?」

美月「私は綾お姉ちゃんと直接会うのはこれで二度目だけど……
    それよりずっと前から綾お姉ちゃんのことはある程度知っているのよ」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:48:15.42 ID:QoANOA0/0


美月「お姉ちゃんがね、よく話してくれるのよ友達のこと」

美月「しのお姉ちゃんやカレンお姉ちゃん、アリスちゃん……そして綾お姉ちゃん」

美月「その中でも特に多かったのが綾お姉ちゃんの話」

美月「お姉ちゃんは鈍いから全然気づいてないみたいだけど……
    話を聞いてすぐ分かったわ、綾お姉ちゃんはお姉ちゃんのことが好きなんだって」

綾「……」

美月「否定しないのね?」

綾「今更……ごまかせるような状況じゃないもの」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:53:18.76 ID:QoANOA0/0


美月「今日はびっくりしたわ、たまたま早く帰ってみればお姉ちゃんの部屋から
    苦しそうな声とお姉ちゃんの名前を呼ぶ声が聞こえたんだから」

美月「それでドアを開けてみればほぼ裸の状態でポカーンとしてるんだもの。
    笑いを堪えるのが大変だったわ……っぷ、うふふっ」

綾「~~~っ///」

美月「初めて会った時は綺麗で、お淑やかそうで……尊敬できるお姉さんだと思ったんだけど」

美月「人の部屋でオナニーしちゃうような変態さんだとは思わなかったわ」

綾「はぁ……はぁ……」

綾(あれ……私、どうしちゃったの……?さっきから、何だか胸が高鳴るような感覚が……)



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 23:57:53.84 ID:QoANOA0/0


美月「綾お姉ちゃん、もうパンツぐしょぐしょね。邪魔でしょ、脱いだら?」

綾「うぅ……んはぁっ……」

美月「綾お姉ちゃんってば、私が見てるのによくそんな はしたないことができるわね」

綾「んぁっ……だって……み、美月ちゃんがやれって……」

美月「うるさいわよ綾お姉ちゃん、口答えしないで」

綾「! ご、ごめんなさい……」

美月「くすくす、綾お姉ちゃんって初めて見た時から思ってたけど、Mっけがあるわよね?」

綾「はぁ、はぁん…やあぁ……そ、そんなこと……なっ、んっ!」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:06:22.32 ID:pPfu3zxc0


美月「そうかしら?でもお姉ちゃんさっきよりずっと息も荒くなって、指も速くなってるわよ」

綾「あっ…んう、んっ…くっ…う、んんぁっ…!」

綾(……多分、美月ちゃんの言う通り)

綾(私、この娘の言いなりになって興奮しちゃってる……)

綾(恥ずかしい……死んでしまいたいくらい……でも、指、止まんない……!)

美月「ふふっ、こんな小さい子の前で裸で足広げて、
    口をだらしなく開けて……本当惨めね、綾お姉ちゃん」

綾「ふぁっ、あ、ひあ、ああぁっ!止めて……んあぁっ、それ以上、言わないでぇ……っ!」



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:09:26.69 ID:pPfu3zxc0


美月「でも大丈夫よ、こんな変態の綾お姉ちゃんでも、私は嫌いにならないわ」

綾「あっ、んふぁっ…はぁ、んっ、んふっ…あっ、はあっ…あんっ…」

美月「だから私にだけ、綾お姉ちゃんが乱れる姿をもっと見せて?」

綾「ふうっ…はぁ、はぁん…やあぁ…ああぁ、あ、あ……っ!」

美月「声が大きくなってきたわね。いいわ、素敵よ、綾お姉ちゃん」

綾(美月ちゃんの放つ言葉の一つ一つが、まるで意思を持って私を犯してるみたい……
  ダメ……気持ちいいの……止まらない……)

美月「……あ、そうだ。
    そんな綾お姉ちゃんにいいモノをあげるわ、ちょっと待っててね」 タタタ

綾「あ―――」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:13:42.36 ID:pPfu3zxc0


バタン

綾「はぁはぁ……んっ、はぁ……」

綾「……うそ」


綾(私……美月ちゃんに見てもらえなくなってガッカリしてる……)

綾(何、何なのよ、一体!どうしちゃったの、私の体……!)

綾(変わっていく自分が怖い……でも、認めたくないけど、すごく気持ちいい……)



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:19:30.21 ID:pPfu3zxc0


美月「お待たせ、綾お姉ちゃん」 ガチャ

綾「美月ちゃん……それって―――」

美月「うふふ、想像の通り。お姉ちゃんのパンツ、それも昨日履いてたやつよ」

綾「陽子の……」

美月「まだ洗濯してないからお姉ちゃんの匂いでいっぱいのパンツよ。
    綾お姉ちゃん、これ使う?」

綾「あ……う……だ、ダメよ、こんなの……」

美月「あら、何がダメなのかしら?」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:24:05.85 ID:pPfu3zxc0


綾「だ、だって、そんなの勝手に使ったら陽子に悪いし……」

美月「言い訳が苦しいわ、綾お姉ちゃん。大体ここがどこだか分かってるのかしら。
    あなたが大好きな陽子お姉ちゃんの部屋よ」

綾「そ、そうだけど……でも……」

美月「綾お姉ちゃん、今この家には私達二人しかいないのよ。
    大丈夫、絶対にバレないわ」

綾「……」

美月「それに……今回を逃すとこんな機会、もう滅多に無いわよ。
    綾お姉ちゃん、本当はどうしたいの?」

美月「私はお姉ちゃんがどんなことをしても、それを温かい目で見守ってあげるわ」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:28:22.41 ID:pPfu3zxc0


綾「―――したい……」

美月「聞こえないわ」

綾「陽子のパンツの匂いを嗅ぎながら……したい」

美月「誤魔化さないで、ちゃんと言って」

綾「……」


綾「陽子のパンツを嗅ぎながらオナニーしたいの!
  それで……それを美月ちゃんに見てて欲しいの!」

美月「ふふっ、よく言えたわね。それじゃ……はい、貸してあげる」



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:32:17.80 ID:pPfu3zxc0


綾「んっ……ふ、あぁ……ようこ、ようこの匂い……」

綾「あっ、んんっ……!ふあぁっ!!ようこ……気持ちいいのぉっ!」

美月(タガが外れたみたいね、綾お姉ちゃん)

美月(片手でパンツ握りしめて、もう片方で傷が付くんじゃないかってほどに
    あそこをかき回して……本当に醜い)

美月(でも……とっても綺麗よ、綾お姉ちゃん)

綾「やっ、ひぅ……んあっ!あぁ……ふっ……あああぁっ!!」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:36:48.30 ID:pPfu3zxc0


綾「んひぁっ……これっ、すごい……!すぐにイッちゃいそう……!」

綾「ふぅっ……んっ、あっ、ようこっ……ようこ、好き、大好き……!」

綾「あん、んっ、ふ、あ、あぁ!!もう、だめぇ!!」

美月「はぁ……はぁ、いいわよ、私が見ててあげるから……!」



綾「ふあああっ、はあっ、あっ、あっ、あっ、あああっ、んんっ―――!!」 ビクンビクン



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:41:54.80 ID:pPfu3zxc0


美月「うふふ、すごいわね。これがいわゆる『イッた』ってことなのかしら?」

綾「はぁ、はぁ……んっ……あぁ……」

美月「飛沫がこっちまで飛んできたわ……んちゅっ」

美月「……少しだけしょっぱい?よく分からないわね」

綾「はぁはぁ……」

美月「お疲れ様、綾お姉ちゃん、楽しかったわよ」



陽子「ただいまー!」



綾・美月「!?」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:45:20.76 ID:pPfu3zxc0


綾「よ、陽子!?帰ってきたの!?どどどどうしよう!!」

美月「綾お姉ちゃん落ち着いて。まず下着をつけて、はい」

綾「あ、ありがとう。あわわわわわわわ……」

美月「綾お姉ちゃん、パンツ逆よ」

綾「そんなの後でいいわ!とりあえず服を……服を着ないと!」 ドタバタ



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:50:19.20 ID:pPfu3zxc0


―――――――――
――――――
―――

陽子「綾ー!ごめんな、待たせて」 ガチャ

綾「はぁはぁ……お、お帰りなさい陽子、早かったのね」

陽子「ん?あぁ、待たせるのも悪いしさ、ダッシュで帰ってきたよ……って
    なんだ、美月帰ってたのか、空太は?」

美月「空太は友達の家、私は綾お姉ちゃんに遊んでもらってたのよ」

陽子「そうだったのか、いや悪かったな綾。美月が何か迷惑かけなかったか?」

綾「……いいえ、何も、うん、何も無かったわよ」

陽子「そう?それならいいけど……」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:53:40.34 ID:pPfu3zxc0


陽子「それじゃ早速勉強の続きを―――」

綾「ごめんなさい、陽子……その、用事を思い出して、今日はもう帰るわ」

陽子「え?そうなのか?」

綾「ええ、急にごめんなさい」

陽子「いや、それをいうならこっちも急だったし、全然構わないよ」

綾「そ、それじゃ!」 ダッ

陽子「お、おい、ちょっと綾!?」



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:56:53.46 ID:pPfu3zxc0


陽子「なぁ美月、本当に綾と何もなかったのか?」

美月「……」


美月(綾お姉ちゃんは知らないのかしら)

美月(私と空太が学校で『嘘つきブラザーズ』って呼ばれてること)

美月(まぁ知らないわよね、私が『嘘はつかない』って言っても簡単に信じちゃうんだから)


陽子「美月?」

美月「……うん、本当よ」

陽子「そうか……まぁ明日も調子悪そうなら相談にのるか」



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:00:21.75 ID:pPfu3zxc0


美月(大丈夫よ、綾お姉ちゃん)

美月(私、確かに嘘はよくつくけど、約束は守るもの)

美月(それに―――)


美月(ここでお姉ちゃんにバラしたら……楽しみが無くなっちゃうものね)


美月「お姉ちゃん、暇になったんならゲームしよ」

陽子「君ゲーム強すぎるからやりたくない」



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:04:01.99 ID:pPfu3zxc0


綾の部屋

綾「……」 バタン

綾(晩御飯の味なんてほとんど分からなかった)


綾(信じたくない……信じたくないけど……今までで一番気持ちよかった)

綾(陽子のパンツを嗅いで、美月ちゃんに見られて……こんなの普通じゃないのに)


綾「はぁ……着替えよ」

綾「って、あれ?ポケットに何か―――」


綾「っ/// これ……陽子のパンツ……何で?」



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:08:26.05 ID:pPfu3zxc0


綾(私が無意識のうちにポケットに仕舞いこんだ?それとも―――)

ヒラッ

綾「? 何か紙が……」

綾(これは……携帯の番号?一体誰の……って考えるまでもないわね、美月ちゃんのか)

綾(ということはこのパンツも美月ちゃんがこの紙と一緒にスカートのポケットに入れたのね)

綾「ど、どうしよう……」

綾(いや、陽子に返さなきゃいけないんだけど……どうやって返せばいいの?
  陽子に直接返したらどう考えても怪しまれるわ……)



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:12:22.24 ID:pPfu3zxc0


綾「あ―――」

綾(はぁ……はぁ、何かこのパンツ見てたら、また私―――)

綾「……」

綾(鍵を閉めて……少し……少しだけだから……)

―――――――――
――――――
―――



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:16:23.74 ID:pPfu3zxc0


綾「あ、あれ……?」

綾(気持ちいい……気持ちいいんだけど……なにか物足りない)

綾「どうして―――」


綾(……ううん、本当は気づいてる。私の隠れた性癖、それが満たされていないから)

綾「……」

綾(この紙……つまり、そういうこと……よね?)


綾「……」 ピッ

綾「……」


美月『もしもし……やっぱりかけてくれたのね、綾お姉ちゃん』

綾『あ、あのね―――』



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:19:31.16 ID:pPfu3zxc0


―――――――――
――――――
―――

美月「いらっしゃい、綾お姉ちゃん」

綾「美月ちゃん……」

美月「大変だったのよ、私一人だけで家にいる時間作るの」

綾「ご、ごめんなさい……ありがとう」

美月「ふふっ、いいのよ、私もとっても楽しみにしてたから」

美月「綾お姉ちゃん、今日はこの前と違って時間がたっぷりあるのよ。
    じっくり……いろんなことを楽しもうね」

綾「……えぇ」



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:21:11.16 ID:pPfu3zxc0


綾(小学生相手にこんなことをさせている罪悪感と自分の快楽を天秤にかけて)

綾(だけどそんなのは、ただの出来レースに過ぎなくて)

綾(でも美月ちゃんも楽しんでるんだからいいじゃない、なんて)

綾(そんな言い訳をして、行為を無理やり自分の中で納得させて)

綾(私は今日も快楽の海に溺れる―――)


美月「さ、入って、綾お姉ちゃん」

綾「お、お邪魔します……」 




おわり



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:22:21.56 ID:TupoqGKE0





121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:23:23.54 ID:YADZfhcA0





124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:23:56.77 ID:BE7N6kIL0


乙デース


関連記事

何か新しい扉を開いてしまったようだ
[ 2013/10/04 14:18 ] [ 編集 ]

美月ちゃん恐ろしい子!
[ 2013/10/04 15:26 ] [ 編集 ]

やべぇ
大好きな展開だ
[ 2013/10/04 15:41 ] [ 編集 ]

次はアリスが出てくるのを期待。
原作4巻での扱いを見る限り、チョロいとか思われてそう。
[ 2013/10/04 15:57 ] [ 編集 ]

なるほどなw
これはいいわw
[ 2013/10/04 21:16 ] [ 編集 ]

まさかのおねロリ展開いいですわ^~
[ 2013/10/05 04:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/3110-86dab2e1


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ