fc2ブログ









さやか「杏子の浮気もの!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:22:32.30 ID:mjckXxpJ0


杏子「さやかは?オイ、さやかはどうした?」

マミ「行ってしまったわ…円環の理に導かれて」

マミ「美樹さん…さっきのあの一撃に、全ての力を使ってしまったのね」

杏子「バカ野郎…惚れた男のためだからって、自分が消えちまってどうするんだよ…」

杏子「バカ…やっと友達になれたのに」

ほむら「…」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:25:20.68 ID:mjckXxpJ0


数日後の円環世界

アルティメットまどか「この世界にも慣れた、さやかちゃん?」

さやか「いやあ、ここは快適だね!嫌な事とは無縁で、呪いも濁りも全部消えて気分爽快!」

なぎさ「それは良かったのです!」

さやか「でも…」

アルティメットまどか「杏子ちゃんの事だね」

さやか「うん、杏子を残してきた事はなんか、心残りになってるな…」

さやか「杏子があんなにもあたしの事を想っていてくれてたなんて…」

なぎさ「心中までしてくれるなんて、想われすぎなのです」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:29:14.56 ID:mjckXxpJ0


さやか「そうよ!」

さやか「『一人ぼっちは…寂しいもんな。いいよ、一緒にいてやるよ。さやか…』」

さやか「…だもんね!キャー!!///」

アルティメットまどか・なぎさ「…」

さやか「想われまくってますねあたし!ああん、どうしよう。さやかちゃん、ノンケだと思っていたのにレズに目覚めちゃうかも~」

アルティメットまどか「わ、私だって、ほむらちゃんにすんごく想われてるもん!」

なぎさ「対抗しないで下さい!」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:32:57.10 ID:mjckXxpJ0


さやか「どの時間軸でもあたしの事を想っていてくれてるみたいだもんね」

アルティメットまどか「…」

さやか「もっと色んな時間軸の事を視て、杏子がどれだけあたしの事を想っててくれているか確かめてみようっと♪」

なぎさ(なんか、女神様の表情に影が差したような…)



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:35:35.97 ID:mjckXxpJ0


とある時間軸、その1

杏子『てやー!』

さやか「お!魔女と戦ってる!でも、なんかいつもより杏子小さくない?」

アルティメットまどか「この時の杏子ちゃんはまだ、魔法少女なりたてみたいだね」

さやか「なんか、いつもの杏子と違って新鮮」

アルティメットまどか「幼くて可愛いね、杏子ちゃん」

魔女『ゴゴゴゴゴ!!!』

杏子『うわああああ!!』

さやか「危なーい杏子!!」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:40:03.01 ID:mjckXxpJ0


?『ティロ・ボレー!!』

ドーン!!

さやか「あの声は!?」

アルティメットまどか「それにオサレな技名!」

さやか・アルティメットまどか「まさか!?」

マミ『危なかったわね!』

さやか・アルティメットまどか「マミさんだー!!」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:44:13.09 ID:mjckXxpJ0


さやか「どの時間軸でも、こんな感じだよねマミさん」

アルティメットまどか「安定しすぎているよね」

なぎさ「油断さえしなければ強い人なんですけど…」

杏子『助かったよ、あたしは佐倉杏子』

マミ『私は巴マミよ、よろしくね佐倉さん』

杏子『///』

さやか「うん?杏子の顔が赤い?」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:49:26.75 ID:mjckXxpJ0


杏子『こういうのも…一目ぼれっていうのかな…』

さやか「!?」

杏子『あんたに惚れちまったみたいだ///』

さやか「どういう事よ杏子!」

アルティメットまどか「落ち着いてさやかちゃん!」

マミ『え!急にそんな事言われても///』

杏子『ごめん、そんな意味で言ったんじゃないんだ!あんたの強さに惚れたって言うのが正確かな…』

アルティメットまどか「ほら!杏子ちゃんもああ言ってるし」

杏子『マミさんの弟子にしてもらいたいんだ』



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:52:20.24 ID:mjckXxpJ0


さやか「へー、杏子って昔はマミさんの弟子だったんだね」

アルティメットまどか「そうだよ。この時はだいぶ性格も違うね」

さやか「うん、素直で可愛い」

アルティメットまどか「それ聴いたら杏子ちゃん、怒るだろうなあ」

さやか「たははは!」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 01:57:11.98 ID:mjckXxpJ0


杏子『マミさんは凄いんだよ!強くてカッコ良くて!』

杏子父『杏子は本当にマミさんの事が好きなんだなあ』

マミ『もう!佐倉さんったら///』

なぎさ「なんか凄くラブラブなのです」

アルティメットまどか「うん。ご両親にまで紹介するなんて…」

さやか「こ、これはラブじゃなくリスペクト!師匠として尊敬してるってだけだとあたしは思うなあ」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:01:30.92 ID:mjckXxpJ0


杏子『もうあんたとは一緒にはやっていけない師弟コンビは解散だ』

マミ『待って佐倉さん!』

杏子『もうあたしは誰かのために、魔法を使う事はできない。さよならだ!』

マミ『待ってー!!』

なぎさ「ぐすん、泣かせる話なのです」

アルティメットまどか「杏子ちゃんが正義の魔法少女を一旦辞めた諸々の事件はさやかちゃんも知ってるんだね」

さやか「うん。それにしても、話を聞いただけじゃなく、自分の目で杏子の悲劇を見るのはあたしも辛いよ…。杏子がかわいそうで…」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:06:19.00 ID:mjckXxpJ0


杏子『よお、久々だなマミ!』

マミ『佐倉さん!!』

杏子『元気そうじゃねえか』

マミ『何しに来たの?』

杏子『あんたが見滝原で、新しい弟子を作ってよろしくやってるって聞いたんで様子を見に来たのさ』

マミ『あ、あなたには関係の無い話でしょ!』

さやか「杏子、数か月でガラ悪くなりすぎでしょ…」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:11:27.49 ID:mjckXxpJ0


杏子『あんたの絵空事の正義と理想にホイホイついてきた馬鹿な弟子はどこなんだい?』

マミ『あなたには美樹さんを馬鹿とか言う権利は無いわ』

さやか「あたしかよ!」

杏子『美樹って言うのか、あたしにもちょっと面拝ませてくれよ』

マミ『もう出ていってよ!』

アルティメットまどか「まるで、元彼が元カノに今彼を見せろって言ってるみたいだね…」

なぎさ「なんか私が見ちゃいけない世界のようなのです///」

さやか「弟子=恋人みたいな発想やめて!」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:16:03.29 ID:mjckXxpJ0


さやか『あたしって本当馬鹿…』

マミ『美樹さーん!』

アルティメットまどか「…」

なぎさ「…」

さやか「どうせ、あたしは豆腐メンタルでトラブルメーカーですぐ魔女になっちゃう奴ですよーだ!」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:21:40.39 ID:mjckXxpJ0


マミ『美樹さんを魔女にしてしまったのは私のフォローが足らなかったからだ』

マミ『だから、ケジメは私自身の手でつけないと…』

オクタヴィア『ガアアアアアアアア!!!』

マミ『キャアアアアアアア!!』

アルティメットまどか「マミさんが!」

なぎさ「何て強い魔女なんでしょう!」

さやか「いやあ、照れるなあ///」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:26:06.46 ID:mjckXxpJ0


マミ『もう、あたしもここで終わりか…どうせ生きてても魔女になるんだから、ここで死んでも同じよね…』

マミ『どうせなら、佐倉さんと仲直りしたかったなあ』

オクタヴィア『ガアアアアアアアア!!!』

ガキーン!!

マミ『…え!?私、死んでない…佐倉さん!?』

杏子『よお、間に合ったな』



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:32:46.77 ID:mjckXxpJ0


マミ『な、なんであたしを助けに?』

杏子『…仕方ねえだろ!あたしだってマミを助ける事なんてしたくなかった!』

杏子『だけどマミの顔を見たら、助けたくなったんだよ!あたしだってマミさんと仲直りしたかったんだ!』

マミ『佐倉さん…』ジワッ

オクタヴィア『ガアアアアアアアア!!!』

杏子『なんて強い魔女だ…、だけどあたしの命にかけてこの魔女を倒す!』

マミ『辞めて佐倉さーん!!』

杏子『うおおおおおお!!!』

アルティメットまどか「杏子ちゃあああああん!!」

なぎさ「赤い人おおおおおお!!」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:38:30.20 ID:mjckXxpJ0


杏子『見てくれたマミさん?あたしの手で魔女を倒したんだよ…』

マミ『もうしゃべらないで!すぐに傷を治すから!』

杏子『もう一度、あたしの師匠になってくれる?もう一度マミさんの弟子になってもいい?』

マミ『何言ってるのよ、私は師弟を解散したなんて思ってないわ!ずっと私と佐倉さんは師弟よ!』

杏子『良かった…最後にそう言ってくれて…』

マミ『佐倉さん?佐倉さん!返事をして!お願いよ!佐倉さーん!!』

アルティメットまどか「杏子ちゃあああああああん!!」

さやか「杏子おおおおおおお!!!」

なぎさ「赤い人おおおおおお!!!」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:45:40.91 ID:mjckXxpJ0


アルティメットまどか「うわああああん!!杏子ちゃんとマミさんがかわいそうだよ!!」

なぎさ「それにしても何てイイハナシなのでしょう!引き裂かれたと思っていた二人の絆、でもそれは間違いだった」

アルティメットまどか「そして二人の愛は永遠に…」

さやか「いや、愛とか違うから」

アルティメットまどか「もう空気読んでよ、さやかちゃん」

なぎさ「さやかも泣いてたくせに」

さやか「確かに泣いたけどさ、これとそれは別問題。今回のは良くて師弟愛だからね」

さやか「杏子がマミさんを尊敬していた事はわかったけど、杏子からあたしへの想いには負けるよ!」

アルティメットまどか(嫉妬してるさやかちゃんかわいいなあ)

さやか「次いこ、次!」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:51:08.50 ID:mjckXxpJ0


とある時間軸、その2

ほむら『来たわね』

アルティメットまどか「あ、ほむらちゃんだ」

杏子『何だよ、頼み事って』

ほむら『鹿目まどかという少女を守って欲しいのよ』

杏子『何であたしがそんなガキのお守をしないといけないんだ!』

さやか「あんたも同い年でしょ」

ほむら『グリーフシードの報酬ははずむわよ』

杏子『ちっ!しゃぁねえな!』



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 02:55:57.87 ID:mjckXxpJ0


まどか『えーと…』

杏子『佐倉杏子だ、よろしくな』

まどか『私、鹿目まどか!よろしくね杏子ちゃん!』

杏子『速攻で呼び捨てかよ』

まどか『駄目かな?』

杏子『別に何て言ってもいいよ』

まどか『やったー!』

杏子『ったく、なんか調子狂うなぁ』



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:01:23.87 ID:mjckXxpJ0


まどか『やめてさやかちゃん!元のさやかちゃんに戻って!』

杏子『やめろまどか!』

オクタヴィア『ガアアアアアア!!』

なぎさ「また、さやか魔女になってるです」

アルティメットまどか「さやかちゃんも安定しているね…」

さやか「た、たまたま魔女になる時間軸が続いてるだけだから(震え声)」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:06:34.30 ID:mjckXxpJ0


まどか『うぅ…酷いよ、こんなのあんまりだよ…』

ほむら『これが魔法少女の運命なのよ、諦めなさい…』

アルティメットまどか「さすが、ほむらちゃん。さやかちゃん魔女もあっさり倒しちゃった♪」

さやか「親友が殺されてるのに♪とか語尾につけないでよ…」

杏子『さやかはまどかの親友なんだぞ!てめぇ、それでも人間か!』

ほむら『もちろん違うわ、あなたもね』



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:11:17.11 ID:mjckXxpJ0


まどか『私が魔法少女になれば、さやかちゃんはあんな事にはならなかったのかな?』

杏子『自分を責めるな!あんたのせいなんかじゃない』

まどか『…私、やっぱり魔法少女になる』

杏子『やめろ!』

まどか『魔法少女になれば、願いでさやかちゃんを生き返らせる事ができるかもしれないんだよ!』

杏子『そんな事をしてあいつが喜ぶと思うか?さやかはまどかに戦って欲しいなんて思ってないはずだ!』

アルティメットまどか「『だったらあんたが戦ってよ』ってさやかちゃん言ってたよね?」

さやか「あん時はごめんなさい…」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:16:56.99 ID:mjckXxpJ0


まどか『でも、マミさんもさやかちゃんも死んじゃったんだよ!』

まどか『この町にいる魔法少女は杏子ちゃんとほむらちゃんしかいない』

まどか『私、もしかしたら杏子ちゃんもほむらちゃんも死んじゃうかもって考えたら、凄く辛いよ…』

杏子『大丈夫だよ、あたしもほむらも死なない』

まどか『私もみんなを守りたい!もう誰も死なせないようにするための力が欲しい!』

杏子『駄目だ!駄目だ!お前は魔法少女になるな!!』

まどか『何で杏子ちゃんはそんなに私を魔法少女にしたくないの?ほむらちゃんとの約束のため?』

杏子『…あたしもまどかに戦って欲しくないんだよ…』



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:21:28.21 ID:mjckXxpJ0


なぎさ「赤い人、ずいぶん女神様に気があるみたいですね」

アルティメットまどか「さあ、何でだろうねー」

さやか「守ってる間に情でも移っちゃったのかな?」

なぎさ「クールな戦士がただ仕事のためだった守るべき対象に情が移るとかハードボイルドですね~」

さやか「あ、あたしの時も杏子は凄く情が移ってたんだからね!」

なぎさ「はいはい」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:26:46.59 ID:mjckXxpJ0


まどか『ワルプルギスの夜が空で暴れている…』

まどか『杏子ちゃんとほむらちゃんが戦ってるんだ…』

まどか『行かなくちゃ…』

さやか「おおい!行くなよ、まどか!」

まどか「割と女神様もトラブルメーカーですね」

アルティメットまどか「ウェヒヒ」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:31:13.99 ID:mjckXxpJ0


まどか『杏子ちゃーん!ほむらちゃーん!』

ほむら『まどか!?何でこんな場所に』

ワルプルギスの夜『キャハハハハ!!!』

ほむら『手がふさがっていて盾が触れない!』

まどか『キャーー!!!』

杏子『危ないまどかー!!!』



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:36:17.68 ID:mjckXxpJ0


まどか『…え?私、無事?!』

まどか『!?』

まどか『杏子ちゃん!!!』

杏子『だから、来んなっつったのによ…』

まどか『酷い傷!私をかばったせいで…』

ほむら『杏子!!』

杏子『来るな!』

ほむら『!』

杏子『お前はワルプルギスの夜の相手をしてろ…死にぞこないよりそっちが先だ…』

ほむら『くっ…』



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:41:18.07 ID:mjckXxpJ0


まどか『ぐすっ…杏子ちゃん…ごめんね、本当にごめんね…馬鹿な私のせいで…』

杏子『いいよ、気にすんな…』

まどか『どうして!どうして、いつも私を守ってくれるの?』

杏子『…妹に似てたんだ』

まどか『え?』

杏子『昔、死んだ妹にまどかが似てるんだ…はは、気持ち悪いよな、勝手に妹と重ねたりして…』

まどか『ううん、そんな事ない!』

杏子『ありがとな…まどか…今度は守る事ができた…』

まどか『杏子ちゃん!?え、嘘だよね?お願い、嘘だと言ってよ!返事をして!!杏子ちゃあああああああんん!!!』

アルティメットまどか「杏子ちゃあああああああん!!」

さやか「杏子おおおおおおお!!!」

なぎさ「赤い人おおおおおお!!!」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:46:32.51 ID:mjckXxpJ0


なぎさ「いやあ、今度も泣かせる話でしたね!赤い人は女神様の事を妹のように思い、最後死んでも守る事によって、妹の時に果たせなかった事をするなんて」

アルティメットまどか「いやあ、あの時の杏子ちゃんはカッコ良かったなあ」

アルティメットまどか「ついでに言うと、この時杏子ちゃんと私の仲が良くなりすぎたと感じたほむらちゃんは、これ以後の時間軸では私を杏子ちゃんに守らせる事は止めました」

さやか「ひどっ!」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:51:52.33 ID:mjckXxpJ0


なぎさ「女神様とのエピソードもマミの時に負けないぐらい、赤い人の想いを感じました!いやあ、熱い人ですね!」

アルティメットまどか「そうだね!杏子ちゃんは誰とでも仲良くなれる優しい子だからね」

なぎさ「もしかして、さやかと赤い人の絆は特別じゃないのかも」

さやか「いや、そんな事はない!」

さやか「マミさんの時は師匠、まどかの時は妹に似ているっていうアドバンテージがあったからね!」

さやか「あたしの時はそんなの全く無しで、あそこまでいったんだよ!これはあたしが特別って事でしょ!」

なぎさ「そうでしょうか?」

さやか「次いこ次!」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 03:56:31.61 ID:mjckXxpJ0


とある時間軸、その3

仁美『私のせいでさやかさんは死んでしまったのです!』

杏子『あんたのせいじゃねえよ、運が悪かっただけだ』

さやか「仁美ともあるのかよ!」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:01:47.54 ID:mjckXxpJ0


とある時間軸、その4

なぎさ『チーズが食べたいのです…』

杏子『食うかい?』

さやか「なぎさとも会ってたのかよ!」

なぎさ「そういえば、そんな事があったような…」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:06:10.33 ID:mjckXxpJ0


とある時間軸、その5

ゆま『ゆまを一人にしないで』

杏子『バカだなあ、他人のために魔法少女になんかなったって、なんにもなりゃあしないのに…』

ゆま『キョーコ、泣いてるの?』

杏子『バーカ、泣いてなんかないよ…』

さやか「誰、この子!?」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:11:04.99 ID:mjckXxpJ0


アルティメットまどか「本当に誰とでも仲良くなれるね、杏子ちゃん」

なぎさ「なんか節操無い気もしてきました。ただ、寂しさを埋めるためなら誰でもいいんじゃないかって感じが…」

アルティメットまどか「あと割と誰かをかばって、死んだりするパターンが多いよね」

なぎさ「やっぱり、さやかは特別じゃないんじゃ…」

さやか「そんな事ない!!」

さやか「確かに杏子は誰にでもホイホイ優しくできる良い子だと言う事はわかったよ!」

さやか「でも、あたしとの仲は特別なの!!」

さやか「あたしのために頑張ってくれた時間軸の数は多いし!」

アルティメットまどか「まあ、確かに」

さやか「次、いこ次!」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:16:05.49 ID:mjckXxpJ0


とある時間軸、その6

ほむら『この街を、貴女に預けたい』

杏子『どういう風の吹き回しよ』

杏子『一体何が狙いなのさ』

ほむら『二週間後、この街にワルプルギスの夜が来る』

杏子『なぜわかる?』

ほむら『それは秘密。ともかく、そいつさえ倒せたら、私はこの街を出て行く』

ほむら『あとは貴女の好きにすればいい』

杏子『ふぅん…。ワルプルギスの夜ね。確かに一人じゃ手強いが、二人がかりなら勝てるかもなぁ』

杏子『食うかい?』

アルティメットまどか「なんか、今度はオーソドックスな感じだね」

さやか「変化球じゃなさそう」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:22:03.77 ID:mjckXxpJ0


魔女『ギャオオオオウ!!!』

ほむら『くっ!接着剤を吐く魔女なんて、相性が悪すぎるわ!』

ほむら『盾が使えないじゃない!』

杏子『手助けするよ!』

ほむら『杏子!』

ズバッ!

魔女『ギャアアアアアア!!』

杏子『いっちょあがりっと!』



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:26:52.44 ID:mjckXxpJ0


ほむら『ありがとう、礼は言っとくわ』

杏子『グリーフシードの報酬も頼むよ』

ほむら『分かってるわ』

アルティメットまどか「なんかビジネスライクな関係だね」

なぎさ「こりゃあ、今までのように仲が進展する事はなさそうですね」



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:30:39.03 ID:mjckXxpJ0


杏子『マミもさやかも死んだ、この町にいる魔法少女はあたしとあんただけか』

ほむら『そうね…』

さやか「はやっ!あたし死ぬのはやっ!」

なぎさ「マミも相変わらず早いのです…」

杏子『なあ、キュゥべえが言ってたんだけど、まどかは魔法少女として凄い素質を持ってるんだろ?なら、まどかも魔法少女に?』

ほむら『駄目よ!それだけは…』

杏子『…凄い剣幕だな』

ほむら『もし、それをしようとするらな私とあなたの契約は終わりよ』

杏子『冗談だよ、あたしもまどかに魔法少女なんかなって欲しくない…』



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:36:30.74 ID:mjckXxpJ0


杏子『ただ、何であんたがまどかにこだわるのかを知りたかったんだ』

ほむら『…あなたはまどかと妹を重ねてみてるから、あの子に魔法少女になって欲しくないんでしょ?』

杏子『何で知ってるんだよ!』

ほむら『それは秘密よ…』

杏子『本当に謎だらけだな、あんたは。それで、あたしの事は知ってるんだから、あんたの事も教えてくれたっていいだろ?』

ほむら『言っても信じてくれないわ…』

杏子『信用してくれないんだな…』

ほむら『私とあなたの関係はただ、ワルプルギスの夜を倒すまで協力するというだけの関係よ。決して信用や信頼といったものが成立するような関係ではないし、ましてや友達なんてもんでもない』

杏子『ちげぇねえな。いいよ、あたしも友達になって仲良しこよしするより、そっちの方が良いや』



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:41:41.75 ID:mjckXxpJ0


なぎさ「凄いクールな関係です、カッコイイのです!」

さやか「こいつら、本当に中学生かよ…」

アルティメットまどか「二人とも、魔法少女というフレーズが似合わないなあ」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:47:12.48 ID:mjckXxpJ0


ワルプルギスの夜『キャハハハハハハ!!!』

杏子『あれがワルプルギスの夜!なんて魔力だ…』

ほむら『怖気づいた?逃げてもいいのよ』

杏子『ばっきゃろう!逃げるわけねぇだろ!こんな強敵と戦えるなんて、あたしは嬉しいぐらいだね』

ほむら『…杏子、本当に危なくなったら逃げて』

杏子『そんな事言うなんてあんたらしくないな』

ほむら『…そうね』



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:52:49.93 ID:mjckXxpJ0


ワルプルギスの夜『キャハハハハハ!!!!』

杏子『うわあああああ!!』

ほむら『キャアアアアア!!』

杏子『くそぅ・・・なんて強さだ…』

ほむら『やっぱり勝てないのね…こうなったら、また時間を巻き戻して…』

ワルプルギスの夜『キャハハハハハハ!!』

ほむら『あっ!間にあわない――』

ズドーン!!



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 04:57:02.14 ID:mjckXxpJ0


ほむら『…杏子!?』

杏子『よお、大丈夫かよ相棒?』

ほむら『何で!私なんかをかばって…』

杏子『本当だな、あんたをかばって死にそうになるなんて、あたしらしくないドジふんじまった…』

ほむら『本当にあなたらしくないわ!だって、あたしとあなたの関係はただワルプルギスの夜を倒すために協力しただけの関係なのよ!あなたが私を助けるためにかばう必要なんてない!』

杏子『そうだな…でも、あたしはあんたと友達になりたかったのかもしれない…』

ほむら『どうして…』



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:01:53.52 ID:mjckXxpJ0


杏子『あんたが孤独に見えたんだ…。昔一人で意地張ってた頃のあたしと同じさ』

ほむら『杏子…』

杏子『一人ぼっちは寂しいもんな…』

ほむら『杏子!』

杏子『…』

ほむら『杏子!?返事をして!お願いよ!私と一緒に戦ってよ!ねえ?杏子!杏子!杏子おおおおおおお!!!!」

アルティメットまどか「杏子ちゃあああああああああああああんん!!!」

なぎさ「赤い人おおおおおおおおおおおおおおお!!!」



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:07:25.97 ID:mjckXxpJ0


なぎさ「うわあああああん!二人は意地なんか張ってないでさっさと仲好くなるべきだったのです!」

アルティメットまどか「ちょっと嫉妬したけど、そんな事どうでもよくなるぐらい泣けるよおおおお!!」

さやか「ない…」

アルティメットまどか・なぎさ「!?」

さやか「ないないないないない!!!」

さやか「こりゃあ、ないでしょ!!」

アルティメットまどか「さやかちゃんが怖い!」

なぎさ「ガクガクブルブルなのです!」

さやか「ほむらと仲良くなるのはまあ、良いですよ。さやかちゃんは縛る女の子じゃなくて寛容な女の子だからね!」

さやか「でも、『一人ぼっちは寂しいもんな』はないでしょ!あれはあたしだけに向けられた言葉のはずでしょ!」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:12:12.46 ID:mjckXxpJ0


さやか「杏子の浮気もの!!!!」

さやか「杏子の節操無し!!!!」

さやか「杏子のレズビッチ!!!!」

さやか「うわあああああんん!!!!」

アルティメットまどか「さやかちゃん、落ち着いて。『いいよ、一緒にいてやるよ』って言葉はさやかちゃんだけのものだよ。だから、ね!」

さやか「もう杏子なんて知らない!やっぱりレズでもあたしはNTRされる運命だったんだ!うわああああんん!!」

なぎさ「こりゃあ、どうしようもないのです」



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:17:17.27 ID:mjckXxpJ0


叛逆の物語での、ほむらの結界の中

杏子「なあ、まどか宿題見せてくれよ!」

まどか「いいよ!」

さやか「駄目!杏子にはあたしが宿題を見せるから!」

杏子「さやかのより、まどかのノートの方が綺麗なんだよ」

さやか「駄目ったら駄目!」



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:21:31.15 ID:mjckXxpJ0


杏子「なあ、ほむら。ラーメン食べに行こうぜ!」

ほむら「いいですよ」

さやか「駄目!杏子はあたしの家で今日は食べるんだから!」

杏子「ええ…」

ほむら「私の事は気にせず、二人で食べて下さい」アセアセ



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:24:14.09 ID:mjckXxpJ0


マミ「佐倉さん、お菓子作ってみたんだけど食べる?」

杏子「食べる食べる!」

さやか「むしゃむしゃ、ああマミさんのお菓子はあたしが食べてしまいました!」

杏子「てめぇ!」

さやか「お菓子が食べたかったら、あたしが作ってあげるから!」



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:27:21.51 ID:mjckXxpJ0


杏子「なあ、べべ」

べべ(なぎさ)「マスカルポーネ?(何です?)」

さやか「しっしっ!べべに近づくな!」

杏子「なんだよさやか!ここ最近ずっと変だぞ!」

さやか「いい杏子?これから、あたし以外の女の子の半径3メートル以内に近づくのは禁止!あたし以外の女の子と食事する場合あたしが同席する事!あたし以外の女の子と会話する時は、1分が限界よ!わかった?」

杏子「えええ…」

べべ(なぎさ)(やれやれなのです…)

終わり



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:33:32.52 ID:mjckXxpJ0


こんな遅い時間まで見てくれてありがとうございます。
余談ですが、まどかマギカポータブルの杏子ちゃんは妙にチョロいです。
さやかちゃんだけでなく色んな人間にデレます。
アニメの杏子ちゃんはどっちかっつうと逆にタラシの才能があると思うんですけどね。
それじゃあ、おやすみなさい。



121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21(土) 05:28:40.49 ID:PYdTW5EDI





関連記事

さやか……
アルまどとなぎさの叫びにワロタww
なんだかんだ杏子にはさやかだな
[ 2013/12/21 19:43 ] [ 編集 ]

レズビッチという単語には胸躍らずにいられなくする魔力があるな
[ 2013/12/22 01:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/3298-1deb11c0


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ