スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

京子「綾乃って私のこと好きでしょ?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 02:59:38.70 ID:82TXbT47P


綾乃「そ、そんなことないわよ」

京子「ほんとにー?動揺してるじゃん」

綾乃「ほんとにそんなことないってば」

京子「そうなんだ」

京子「じゃあ私のこと嫌いなの?」ウルウル

綾乃「なっ…」





6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 03:12:40.98 ID:82TXbT47P


綾乃「そっそうよ!いつもあなたは一位だし、私の気持ちも知らないでからかってくるし…きっ嫌いだわ!」

京子「えっ」ガーン

京子「そうなんだ、そんなこと思ってたんだ。ごめんね、綾乃…今まで綾乃の気持ちに気づかなかったよ」

綾乃「あっ、あのとしのーきょーこ。今のはちがっ」

京子「これから迷惑かけないようにするからっ、ごめんねっ!」タッタッタッタ

綾乃「あっちょっ!としのーきょーこ!」

綾乃「…行っちゃった」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 03:22:27.27 ID:82TXbT47P


綾乃「ってことが昨日あったのよ~」

千歳「あらあら、綾乃ちゃんらしくないなぁ」

綾乃「なんであのとき追いかけなかったんだろう…」

綾乃「今朝も私の顔を見たとたん逃げるように行っちゃったし」

綾乃「私、私、としのーきょーこに嫌われちゃったぁ」グズッ

千歳「そんなことないも思うけどなぁ。今からでもちゃんと説明したら歳納さんはわかってくれると思うで~」

綾乃「そうかしら…」

千歳「きっとそうやで~、いつもの元気な綾乃ちゃんに戻って謝りに行き~」

綾乃「そ、そうね!そうするわ!ありがと!千歳」

千歳「どういたしまして」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 03:26:39.39 ID:82TXbT47P


ーーー物陰

京子「よかったー、綾乃私のこと嫌いになったわけじゃなかったんだ」

京子「でもあんな言い方しなくてもいいのに…」

京子「少し傷ついたもんね」

京子「…!」ピコン

京子「ちょっといたずらしてやろーっと」ニヒヒ



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 03:38:53.77 ID:82TXbT47P


綾乃「としのーきょーこはどこかしら」

綾乃「ちゃんととしのーきょーこに謝って仲直りしなくちゃ!」

綾乃「あっ、いた!とととと、としのーきょーこ!」

京子「…」チラッ

京子「…」フイッ

綾乃「あっ、あの、としのーきょーこ」

綾乃「この間は嫌いなんて言ってごめんなさい…」

綾乃「本当は嫌いじゃないの、ついつい言っちゃったの」

綾乃「許してくれる?」

京子「…」フイッ

京子「…」タッタッタッタ

綾乃「と、としのーきょーこ!行っちゃった」ウルウル



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 03:45:24.27 ID:82TXbT47P


綾乃「なんでなの、なんで仲直りしてくれないの」ポロポロ

綾乃「そもそも私が嫌いなんて言ったからだわ」

綾乃「としのーきょーこは私のことが嫌いになっちゃったんだわ」

千歳「歳納さんはそんな子ちゃうとおもうけどなぁ」

綾乃「もうだめだわ…としのーきょーこに嫌われたら生きてる意味がないわ…」

千歳「ほら、綾乃ちゃん元気だし~、もう一回リベンジやでリベンジ」

千歳(綾乃ちゃん相当まいってるなぁ、励ましてあげんと)

千歳(あとなーんかひっかかるんよね、歳納さんなんで無視なんかするんやろ)

綾乃「ううう、ぢどぜぇ…でもどうしたらいいのかしら」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 03:49:32.14 ID:82TXbT47P


京子「あははは、綾乃のあの顔面白かったなぁ」

京子「でもちょっとかわいそうだったかな…」

京子「次謝りに来たら許してあげよ」

京子「いやいや、嫌いって言われたとき私すごく傷ついたもんね」

京子「その日の晩寝れなかったし、涙が止まらなかったし」

京子「もう少しだけこらしめてやらないと!」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 03:56:30.35 ID:82TXbT47P


綾乃「はぁ、もう一度謝りに行かないといけないけど、どうしたら許してもらえるかしら…」

コノーオッパイセイジン!!オッパイドリブルダー!!

ヤメナサイ、サクラコ

綾乃「あれは…」

櫻子「おっぱい禁止!」

向日葵「だからなんですの?それ」

櫻子「あっ、杉浦先輩!こんにちはー!」

向日葵「こんにちは」

綾乃「ふたりとも元気ね」

向日葵「杉浦先輩は少し元気がないようですけれど、どうかしました?」

綾乃「ちょっと…」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 04:02:44.00 ID:82TXbT47P


櫻向「えー!?歳納先輩と喧嘩を?」

向日葵「またなんでそんな、杉浦先輩喧嘩なんてしそうにないのに」

綾乃「ちょっ、ちょっとね、ついつい言い過ぎちゃったの」

櫻子「謝ったらいいんじゃないですかー?歳納先輩ならすぐ許してくれますよ!」

綾乃「うん、そうだと思ったんだけどね、思った以上に傷つけてたっぽいの」ポロポロ

綾乃「だから、私どうしたらいいかわかんなくてっ」ポロポロ

綾乃「ううう、うわーん」ボロボロ

櫻向(かっ、かわいい)



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 04:10:19.06 ID:82TXbT47P


櫻子「杉浦先輩にだけ特別に仲直りできる方法を教えてあげます」エヘン

綾乃「うっ、うっ、ぞれはどんな?」シクシク

櫻子「それはですねぇ」

向日葵(嫌な予感しかしませんわ…)

櫻子「こうやってぇ」モミモミモミ

向日葵「ひゃっ」ボインボイーン

櫻子「相手の胸を揉むことにより、ドキドキさせることで自然と仲良くなれるんです!」

向日葵「ってそんなわけないじゃないの!このバカ櫻子!」

向日葵「まぁ、杉浦先輩はこんなの信じないでしょうけど…っていない」

オオムロサンアリガトー!!

向日葵「す、杉浦先輩…」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 04:15:19.78 ID:82TXbT47P


向日葵「それより、櫻子」

櫻子「なに?おっぱい星人」

向日葵「その呼び方はやめなさいな」

向日葵「ひとつ聞きたいことがあるんですの」

櫻子「なにー?おっぱい星人」

向日葵「だからやめなさいってもういいわ」

向日葵「あの、普段私の胸を揉んでるのって…」ドキドキ

向日葵「もっと私と仲良くなりたいから?」

櫻子「なっ!ちげーし!」

向日葵「だったらさっきの説明はなんですの?」

櫻子「なっなっななな」

櫻子「向日葵のアホーー!」タッタッタッタ

向日葵「かわいい///」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 04:24:12.58 ID:82TXbT47P


綾乃「としのーきょーこ、としのーきょーこ」ワシャワシャ

綾乃「としのーきょーこはどこだー」ワシャワシャ

綾乃「いた!」

京子(あっ、あやの)

京子(かわいそうだけどまだ許しちゃダメだよね)

綾乃「としのーきょーこ!はぁはぁはぁ」モミモミモミモミモミモミ

京子「って、綾乃!何してっ、あんっ」

綾乃「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

結衣「って綾乃!?なにしてるんだ?」

ちなつ「きゃー、ふたりしてなにしてるんですかー!」

ちなつ(私も結衣先輩に!)

綾乃「あわわわわ、私ったら何を…」

京子「綾乃に汚された!綾乃のばかぁ!」タッタッタッタ

綾乃「とっとしのーきょーこ!」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 04:34:03.43 ID:82TXbT47P


結衣「んで、何をしてたんだ?綾乃」

綾乃「あの、実は…」

結ち「えー!喧嘩(ですか)?」

結衣「珍しい、それに京子はそんなに引っ張るようなやつじゃないけどなぁ」

ちなつ「私は結衣先輩に引っ張られたいです!」

綾乃「私が悪いの…私が嫌いなんて言っちゃったから」ポロポロ

ちなつ「私は結衣先輩が大好きです!」

結衣(綾乃のやつ相当落ち込んでるな)

ちなつ(私は結衣先輩に落ちちゃってます!)

綾乃「さっきは大室さんにアドバイスをもらって実行したのだけれど失敗しちゃって…」

結衣(綾乃ってこんなアホの子だったかな?)

ちなつ(私は結衣先輩の為ならアホになれます!)



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 04:42:56.54 ID:82TXbT47P


綾乃「ふたりに相談なの、私どうしたらいいのかな…」ポロポロ

綾乃「もうわかんなくて…」ポロポロ

結衣「そうだなぁ、難しいな」

ちなつ「どんなに難しい壁にぶち当たっても結衣先輩となら乗り越えていけます!」

ちなつ「そう、ラブイズインフィニティ」

結衣「ちなつちゃんはなんか良い案ある?」

ちなつ「そうですね、これは実に簡単なことだと思います。たぶん京子先輩はただ楽しんでるだけだと思うんですよね。
面白いもの好きだから。あと京子先輩は罪悪感を多少感じているはずです。だからそこをつきましょう。
今こそストレートに謝るべきだと思いますね。杉浦先輩、本当の気持ちをしっかりと伝えるべきです。
恥ずかしがらずに。逃げてはダメですよ。本当の気持ちを伝える、ただこれだけです。わかりました?」

綾乃「吉川さん…わかった!私やってみるわ!」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 04:49:42.65 ID:82TXbT47P


綾乃「としのーきょーこ!」

京子「…」

綾乃「としのーきょーこ、聞いて」

綾乃「素直になれなくて、嫌いって言っちゃってごめんなさい!」

綾乃「嫌いなんて言われたら傷つくよね」ポロポロ

綾乃「私もとしのーきょーこに、京子に無視されたりしてとっても寂しかった!」ポロポロ

綾乃「本当に悪いことをしたと思うの、ごめんね」ボロボロ

京子「ひとつ聞いて良いかな?」

綾乃「何?としっ…京子」

京子「綾乃って私のこと好き?」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 05:00:02.89 ID:82TXbT47P


綾乃「そ、そんなこ…」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなつ「逃げてはダメですよ」

ちなつ「本当の気持ちを伝える」

ちなつ「ただそれだけ…」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
綾乃「……ふぅ」グッ

綾乃「大好き!私は京子のことが大好きなの!」ボロボロ

綾乃「いつも元気で明るくて、私が困ってるときに支えてくれる京子のことが大好きなの!」

京子「…そっか、綾乃、ありがとう」

京子「私も大好きだよ」

綾乃「許してくれるの?京子」

京子「もちろんだよ」

綾乃「きょーこぉ、きょうこぉ…」ダキッ

京子「もぉ、綾乃は甘えん坊さんだなぁ」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 05:02:33.26 ID:82TXbT47P


千歳「よかったなぁ、綾乃ちゃん!」

綾乃「千歳ぇ」

結ち「よかった(です)ね!」

櫻向「おめでとうございます!」

綾乃「船見さん、吉川さんに大室さん、古谷さん」ウルウル

綾乃「協力してくれてありがとう」

あかり「おめでとうございます!」

綾乃「赤座さん!ありがとう」

あかり「京子ちゃんと杉浦先輩が仲直りできてあかりとっても嬉しいです!」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 05:09:17.49 ID:82TXbT47P


千歳(よかったよかった)

千歳(なんとか作戦成功したみたいやな)

ーーーーーーーーーーーー時は>>13に戻るーーーーーーーーーーー

千歳(なーんかひっかかるんよね)

千歳(もしかして…?)

千歳「歳納さん」

京子「あ、千歳!もしかして綾乃のこと?私まだ許さないからね!」

千歳「その逆やで、歳納さん」

京子「逆?」

千歳「うん、そうやで」

千歳「このまま仲直りしたらいつもの綾乃ちゃんに逆戻りや」

京子「だから綾乃が素直になるまで怒ったふりをしろと?」

千歳「ビンゴやで」

京子「ふふふ、面白そうでいいじゃん」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 05:17:38.05 ID:82TXbT47P


千歳(これでうちのきょうあや写真が増えるわぁ)

千歳「うふふふ」ドバァ

綾乃「きゃあ!千歳の鼻血がドバドバイよ!」

結衣「ぶぶっ、ドバドバイって。ぷっ」

ちなつ「吹いてる結衣先輩もかっこいいです!」

あかり「池田先輩!大丈夫ですか!」

京子「わははは、いつも通りがやっぱ楽しいな!」

あかり「京子ちゃん!笑ってる場合じゃないよぅ!」

千歳「我が生涯に一片の悔いなしやで~」ガクッ

綾乃「千歳~!」

綾乃「本当に、仲直りできてよかった」

綾乃「これからはもっと、素直にならなくちゃ、ね」

おわり



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 05:30:42.58 ID:82TXbT47P


そのころさくひまは…

向日葵「ところで櫻子」

櫻子「なにー?」

向日葵「胸を揉んでいたのは私ともっと仲良くなろうとしたからですの?」

櫻子「なっ、またそれか!どーでもいいだろー」

向日葵(照れてる櫻子もかわいいですわぁ)

櫻子「なんだよ、気持ち悪い」

向日葵(杉浦先輩も素直になって成功したのだから私も素直に…)

向日葵「あの、櫻子…」

向日葵「私、櫻子のことが好きです!付き合っていただけませんか?」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 05:38:15.59 ID:82TXbT47P


櫻子「なっ、なに言ってんだよ!」

向日葵「私は本気ですよ」

櫻子「…んー」チラッ

向日葵「…」ジー

櫻子「///んあー!もー!わかったよ!勉強見てくれるなら付き合ってあげるよ!」

向日葵「ほんとに?」

櫻子「うん」

向日葵「ほんとにほんと?」

櫻子「だからうんっていってるだろー」
向日葵「櫻子」

櫻子「なんだよー」

向日葵「愛してますわ」ニコッ

櫻子「…」カァァァ

櫻子「向日葵ー!からかうのはやめろー!」
ダイスキデスワ、アイシテマスワー、サクラコサクラコ
ダカラヤメロッテー
この日から古谷さんが狂ったように大室さんを求めるようになったとか、めでたしめでたし



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 05:52:34.07 ID:82TXbT47P


しばらくたったあとの世界

京子「ねぇ、綾乃」

綾乃「なに?京子」

京子「大晦日なのに家抜け出して私と過ごしてて良いの?」

綾乃「うん、どうせ家にいてもなにもしないし」

綾乃「来年は受験で忙しいからこんなこともできないし」

綾乃「二人で年を越しを過ごすタイミングは今しかないんじゃないかなーって思ってたの」

綾乃「そしたらちょうど京子から連絡があってビックリしちゃった」

京子「やっぱり私たち息ぴったしなのかもね」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 07:18:09.57 ID:3bFSXLej0


おわり?


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 05:21:49.02 ID:3X9g7A8H0


乙乙


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 07:25:20.37 ID:3bFSXLej0





関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/3329-6a78e9b4


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。