FC2ブログ









憂「シスコン!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:37:35.84 ID:U0g+ggfd0


憂「お姉ちゃ~ん、朝だよ、起きて~?」

唯「んん…、後五分…」

憂「もう、遅刻しちゃうよ?」

唯「ちゅー…」

憂「?」

唯「憂がちゅーしてくれたら起きる…」

憂「えぇっ!?」





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:38:34.10 ID:U0g+ggfd0


唯「ちゅー、憂の、ちゅー」

憂「ななな、何言ってるのお姉ちゃん!」

唯「ちゅーが無いと起きれないよぉ」

憂(お、お姉ちゃんにちゅーしないとお姉ちゃんは起きてくれない…)

憂(お姉ちゃんが起きてくれないと、二人揃って学校に遅刻しちゃう)

憂(そ、それじゃ、ちゅーは、しょ、しょうがないよね…!)



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:39:33.03 ID:U0g+ggfd0


憂「お、お姉ちゃん!」チュッ

唯「ん…んっ!うぃ…はむ、ん…」

憂(嘘…!お姉ちゃんの舌がっ…!!)

憂「ふぁ…ん……!ぷはぁ!おおお、お姉ちゃん!?」

唯「おっはよー憂!バッチリ目が覚めたよ!」

憂「い、今、し、しっした、舌…!」

唯「下?ご飯だね!さぁ遅刻しちゃうし早く食べよ、ういー」

憂「ちちちが、あ、あうあう…」プシュー



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:40:19.54 ID:U0g+ggfd0


がっこう!
ういたちのくらす!

梓「憂、おはよー!そして誕生日おめでとう!!」

純「あーっ、梓ずるい!私が先に言おうと思ったのに!」

梓「別に何もずるくなんてないでしょ…」

憂「……」

梓「…あれ、憂?どうしたの?」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:44:13.05 ID:U0g+ggfd0


憂「おねーちゃん…」カアッ

梓「??」

純「ていうか何で顔真っ赤で『おねーちゃん…』とか呟く!?」

憂「はぁ…」

梓「唯先輩と何かあったのかな?」

純「うーい!ういういういうーいーむしすーるーなー」

梓「取り敢えず、落ち着くまで放っておくのがいいかもね」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:44:59.26 ID:U0g+ggfd0


純「う~…とりゃあ!」

梓「純!?」

憂「!?」

もみもみもみもみ

純「ふぉお…、やーらけぇぇ…」

梓「なっななな何してるの!?」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:47:45.16 ID:U0g+ggfd0


純「いや、これなら流石に気付いてくれるかなー、と」

もみもみもみもみ

憂「んっ…!?や、やめて…」

梓(流石に反応した!)

憂「だ、だめ、お姉ちゃん、そんな、とこ、んぁ…!」

純「」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:50:50.33 ID:U0g+ggfd0


ほうかご!

梓「憂、結局一日中おかしかったね」

憂「えへへ…、おねぇちゃぁん」

純「これはもう手遅れだよ…。私達にはどうしようも無い」

梓「う、う~ん」

純「おめでとうって言っても全然反応してくれないし…」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:52:59.65 ID:U0g+ggfd0


純「もうほっといて部活に行こうか」

梓「そうだね…」

梓「はぁ。今日も唯先輩達、練習しないでお茶飲んでるんだろうなぁ」

憂「お姉ちゃんがどうしたの!?」

純「うわっ!と、突然大声出さないでよ憂!」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 02:53:45.86 ID:U0g+ggfd0


ぶしつ!

唯「でねー、憂ってばそこで顔真っ赤にしてー!」

紬「うんうん!それで!?」

律「相変わらず憂ちゃんの話しかしないな…」

澪「というか、ムギは良く同じ話を何回も興味津々で聞けるなぁ」

唯「よーしっ!!」

澪「うわぁ!?い、いきなり大きな声だすなよゆいぃ…」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:00:09.00 ID:U0g+ggfd0


律「一体どうしたんだ?」

唯「今日は部活おわりです!」

澪「な、なんでそーなる!?」

唯「今日はね…、なんと、なんと、憂の誕生日なんだよ!!」

律「ええっ!?そ、そうなのか?」

唯「そうなんだよ~。だから今日は早く帰って憂と一緒に過ごしたいんだ~」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:00:55.64 ID:U0g+ggfd0


澪「やっぱり、夕食は家族で何処かに食べに行くのか?」

唯「んーん。お母さんとお父さんは忙しいから、次に帰ってくる土日に家族で誕生日会するんだぁ」

律「そっかー。じゃあ今日は二人だけか。それはちょっと淋しいな…」

紬「…ねぇ、今日、憂ちゃんのお誕生日会しない?」

唯「えっ?」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:02:08.66 ID:U0g+ggfd0


律「お!ムギ、ナイスアイデア!皆でこれから買い物に行って、御馳走作ろうぜ!」

澪「うん、悪くないな。私たちも憂ちゃんにはいつもお世話になってるし」

唯「み、みんな…」

紬「ねぇ、唯ちゃん。どうかな?唯ちゃんのお家、お邪魔させて貰っちゃ、ダメ?」

唯「大歓迎だよ!憂もきっと喜んでくれると思う!みんな、ありがとね!!」

律「よっし、それじゃ梓にも連絡して…、和辺りにも声掛けてみるか!」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:02:54.15 ID:U0g+ggfd0


ういたちのくらす!

~♪~♪

梓「あ、メール。…律先輩から?」

純「今日は部活めんどくさいからナシ~とかじゃないの?ぷぷぷ…」

梓「そうみたい」

純「はぁ!?」

梓「これ見て」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:03:40.09 ID:U0g+ggfd0


Fromりつせんぱい
梓、今日憂ちゃんの誕生日なんだけど、
ご両親居ないらしいから、急遽誕生日パーティー開くことになったんだ。
それで、サプライズしたいから、6時頃まで足止めしててくれないかな?
頼む!




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:04:26.93 ID:U0g+ggfd0


純「あ、あぁ、なるほどね」

梓「というわけだから、純も参加ね。憂の足止め、手伝って」

純「良いけど、軽音部の人達に私が混ざってだいじょぶ?」

梓「純だって憂の友達でしょ。大丈夫に決まってるじゃん」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:05:35.54 ID:U0g+ggfd0


憂「二人とも、こっそりなんの話してるの?お姉ちゃんの話?お姉ちゃん可愛いよね~」

純「あ~、もうそれは十分分かったから」

梓「あのね、今日は憂の誕生日でしょ?」

憂「うん」

梓「憂にはいつもお世話になってるから、二人で憂にパフェでも奢ろうかって話してたんだよ」

憂「えっ!?」
純「えっ!?」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:06:21.33 ID:U0g+ggfd0


梓(何で純まで驚いてるの!)

純(い、いや~、今月お財布ピンチで…)

梓(はぁ、取りあえず話に乗っかって)

純(は、はひ…)

憂「嬉しいんだけど、梓ちゃん部活は?」

梓「なんか今日は律先輩と澪先輩が用事が有って、練習にならないから休みなんだって」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:07:54.51 ID:U0g+ggfd0


憂「そうなんだ…でも何だか悪いよ」

梓「いいのいいの、私たちが勝手に奢りたいだけなんだから!」

純「そ~だよ!憂に拒否権はナ~シ!」

憂「二人とも…ありがとう」ウルウル

純・梓(可愛い…)



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:09:29.02 ID:U0g+ggfd0


純「それじゃあファミレスでもいこっか」

憂「あ、待って。その前に買い物していっても良いかな?」

梓「買い物?」

憂「うん、夕方のタイムセールがあって」

憂「それに家の冷蔵庫に何も無かったから食材も買わなきゃ…」

純「主婦かアンタは!」

梓「ふふっ、まぁ良いよ。じゃあファミレス行く前にスーパー寄って行こうか」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:10:15.65 ID:U0g+ggfd0


ふたたびぶしつ!

紬「それで、憂ちゃんの誕生日だから、唯ちゃんがご飯を手作りするのなんてどうかな!?」

紬「きっと憂ちゃん感動して…



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:11:15.26 ID:U0g+ggfd0


憂『お、お姉ちゃん、これ、一体どうしたの…!?』

唯『えへへ、いつも憂には色々お世話になってるから』

唯『今日くらいはと思って、私が作ってみたんだよ!』

憂『っ、お姉ちゃん…!!』

唯『あんまり美味しくないかも知れないけど…一緒に食べてくれたら嬉しいな?』

憂『…お姉ちゃん、先にデザートから食べても良いかな…?』

唯『へ?デザート?ケーキを先に食べるの…っ!?う、憂!?』

憂『ごめんねっ!お姉ちゃんが愛おしすぎてもう我慢できないの!!』

唯『あ、ういっ、そんな、ダメ、あっ…』



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:13:51.83 ID:U0g+ggfd0


紬「なななななんてコトに!?」

唯「ええ、えええぇ」カァァァ

律「ムギ、落ち着け…。ていうかそもそもその席には私たちも居る筈だからな…?」

澪「唯、顔真っ赤…」

唯「…良い」

紬「え?何、唯ちゃん?」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:19:34.60 ID:U0g+ggfd0


唯「ムギちゃん、それ、すっごく良い!!」

紬「唯ちゃんもそう思う!?」

唯「うん!最高だよ!善は急げ、早速ご飯作るために買い物行こう!!」

紬「行こ~♪」

澪「大丈夫かな、色々…」

律「はは、ま、楽しそうだしいいんじゃないの」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:22:03.37 ID:U0g+ggfd0


すーぱー!

憂「梓ちゃ~ん!」

梓「あっ、憂、どうだった?」

憂「えへへ~、バッチリ!卵買えたよ~♪」

梓「おぉ、良かったね!」

憂「あれ?純ちゃんは一緒じゃないの?」

梓「あ~、分かんない。一人でどっか行っちゃった」

憂「あはは、じゃあ他の買い物ついでに探そっか」

梓「全く純たらもう…」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:23:36.05 ID:U0g+ggfd0


唯「着いたぞ~!」

紬「着いたぞ~♪」

澪「はぁ、はぁ、何も走ってくることなかっただろ…」

律「何でそんな二人とも元気なんだよ…」

唯「私の憂への愛が成せるワザです!」フンス



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:29:55.44 ID:U0g+ggfd0


梓「他には何買うの?」

憂「えっと…朝食のパンとか、野菜とか?」

梓「なるほどね~、それにしても憂もいつも大変だねぇ」

憂「何が?」

梓「いつもご飯とか作ってるし、家事とかさ、色々だよ」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:33:50.53 ID:U0g+ggfd0


憂「ん~…別に大変だとは思わないけどなぁ」

梓「でもさ、毎日ご飯作るの疲れるでしょ?」

憂「お姉ちゃんがいつも『憂のご飯は世界一だねぇ』って言ってくれるから」

憂「それだけでご飯作る疲れなんて吹っ飛んじゃうよ?」

梓「ほへ…筋金入りのお姉ちゃん好きだね…」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:35:35.81 ID:U0g+ggfd0


唯「ん~、何作れば良いかなぁ」

澪「ちらし寿司とかは?」

律「お、いいねぇ。からあげとかもどうよ~」

唯「ふむふむ」

紬「あ、ケーキも買ってかなきゃだね!」

唯「あっ、そうだよね!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:37:12.70 ID:U0g+ggfd0


梓(…?なんか唯先輩の声が聞こえた気が)

憂「梓ちゃん、どうしたの?」

梓「う、ううん、何でもないよ!」

純「あっ、2人ともいたいた~。何処行ってたのもう!」

梓「それはこっちセリフだよ…って、何でそんなに大量のお茶持ってるの?」

純「え?あぁ、これ、付属のおまけが欲しくてね」

憂「おまけ?」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:38:19.32 ID:U0g+ggfd0


純「そうそう、最近流行ってるアニメのキャラのストラップが付いてくるんだ~。全種類揃えたくてね」

梓「あんたお金無いんじゃなかったの…」

純「いやぁ、まぁ、それとこれとは別?みたいなね?」

梓「はぁ」

純「そ、そんなことよりさ、買い物はもう良いの?」

憂「うん、後はレジでお会計するだけだよ」

純「そっか!じゃあ早く済ませちゃお!」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:41:25.22 ID:U0g+ggfd0


律「お~し、だいたい必要な物は揃った感じだな」

紬「後はお会計だけね♪」

澪「あ…」

唯「どしたの、澪ちゃん?」

澪「いや、フルグラが安売りしてるからついでに買っていこうかな、って」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:42:12.25 ID:U0g+ggfd0


紬「フルグラ?」

唯「澪ちゃんって朝はシリアル派なの?」

澪「いや、最近はまってるだけなんだけどね」

律「フルグラかぁ~。いや、シリアルだったらやっぱり」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:42:59.12 ID:U0g+ggfd0


憂「あ!お砂糖も無いんだった!」

純「買い忘れたの?」

憂「うん、ちょっと行ってすぐに買ってくるね」

梓「じゃあ私と純は外で待ってるよ?」

憂「ごめんね?」

純「おーけおーけ、早く行ってきんしゃい」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:44:28.21 ID:U0g+ggfd0


憂「あったあった。…あれ?あれってもしかしてお姉ちゃん…と、軽音部の皆さん?」

憂「律さんと澪さんも居るし、用事って何なんだろ…」

憂「おねえ


唯「え~っ、私シスコンは嫌いだな~!」

律「はぁ!?何言ってんだ唯!」


っ!?」

憂(え、え、な、何の話してるの…!?)



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:45:29.31 ID:U0g+ggfd0


唯「だってさぁ」

憂(あ、梓ちゃん達が待ってるし、もう行こう…!)ダッ


憂「あ、ごめんね、待った…?」

梓「んーん、そんなに待ってないよ」

純「じゃあ憂も来たことだし行きますかー!今日は私たちの奢りだぜ~!」

憂「え、えへへ…」

梓(なんか、憂、元気無い…?)



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:46:49.85 ID:U0g+ggfd0


ひらさわけ!

和「さて、憂の誕生日会やるっていうから手伝いに来たわけだけど」

唯「よ~し!作るぞ~!!」

紬「がんばろ~!」

和「やる気満々ね」

澪「大丈夫かな…」

律「私もやばそうな所とかは手伝うし、大丈夫でしょ」

唯「あ~!た、卵が!!」ガシャーン

澪「…ふ、不安だ」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:48:49.56 ID:U0g+ggfd0


ふぁみれす!

純「ん~、どのパフェにしよっかな~。憂はもう決めた??」

憂「え、えっと、私はこれにしようかな~って」

純「え~?奢りなんだしもっと高いの頼みなよ!」

憂「そ、そうかな?」

梓「別に遠慮しなくて良いんだよ?」

憂「うん、でもあんまりおっきいの頼んじゃうと、ご飯食べれなくなっちゃうから…」

純「あ~、そっかぁ」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:49:37.82 ID:U0g+ggfd0


憂「……」

梓「あのさ、憂」

憂「なぁに、梓ちゃん」

梓「なんかあった?元気、無いよ?」

憂「え、そ、そんなことないよ?」

純「…いーや、そんなことある顔してるね」

憂「そうかな……」

憂「うん…」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:50:23.60 ID:U0g+ggfd0


憂「ね、ねぇ、二人はさ、私のコトどう思ってる?」

純「どうって?」

憂「えっと、つまりね、私って、結構お姉ちゃん好きだよね?」

梓「結構というより、もう病的なレベルで好きだと思うけど」

憂「それで、私って、シスコン、だと思う…?」

純・梓「うん、間違いなく」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:53:01.39 ID:U0g+ggfd0


憂「う…」ジワ

純「え、ちょ、憂!?」

憂「ふっ、ひっく、うえ、うえええ~ん!!」

梓「ええ!?な、なに、どうしたの!?」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:53:57.97 ID:U0g+ggfd0


純「ふむ…つまり、スーパーに何故か軽音部の皆さんが居て」

梓「唯先輩が『シスコンは嫌い』と言っていたのを聞いてしまったと」

梓(ていうかやっぱり先輩方居たんだ…。あそこでパーティの買い出ししてたのかな)

純「う~ん、俄かには信じ難いなぁ」

梓「確かに唯先輩がそんなコト言うとは思えないけどなぁ」

憂「でも実際にそう言ってたんだよ…?」

純「だってさぁ、いつも唯先輩は部活で憂の話しかしないんでしょ?」

梓「うん、もううんざりするほどね…」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:54:43.61 ID:U0g+ggfd0


憂「お姉ちゃんは私が…っき、きら、ぐすっ、嫌いなんだよ…」

梓「う、憂、落ち着いて、ね?」

純「そ、そうだよ!たぶん聞き間違いか何かだと思うよ?」

憂「でも、ひっく、だって、嫌いって…」

梓「そんな訳ないと思うんだけどなぁ」

憂「もうダメ…お姉ちゃんに嫌われたら生きていけないよぉ…うぅ…」


お待たせしました~、こちらイチゴパフェと生チョコパフェになりま~す


純「ほら、憂!パフェ来たよ!」

憂「うん…甘い…」モグモグ



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:58:23.27 ID:U0g+ggfd0


にじかんご…

憂「もう私はダメなの…お姉ちゃんに嫌われたから…」

純(もうずっと同じコトしか言ってない…)

梓(色々とキツイ…、先輩方、早く……)

~♪~♪
梓「あ、メール!!」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:59:10.49 ID:U0g+ggfd0


From ゆいせんぱい

じゅんびおっけーだよあずにゃん!
憂を連れて私のうちまで来て!!



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:00:42.18 ID:U0g+ggfd0


梓「あ、あー!気づいたらもう6時じゃん!」

憂「ホントだ…」

憂「お姉ちゃんの為にご飯作らなきゃだし、そろそろ帰らなきゃ…」

憂「お姉ちゃん……!」ウルウル

梓「あ、あっ!そうだ!ね、ねぇ憂!私ちょっと唯先輩に用事があるんだ!!」

憂「お姉ちゃんに…?」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:01:54.09 ID:U0g+ggfd0


梓「そう!CD貸してたから、返して貰おうと思って」

梓「だからこれから家までついていっても良いかな?」

憂「うん、別に大丈夫だけど…」

梓「純も付き合ってよ、暇だし良いでしょ?」

純「う、うん。まぁ良いよ」

梓「じゃあ行こう!」

憂「はぁ…お姉ちゃん……」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:02:44.42 ID:U0g+ggfd0


ひらさわけ!

憂「う~…家に入りたくないよぉ…」

梓「もう、きっと何かの間違いだって。そんなに心配する必要ないよ」

純「ほら、何してんの?入っちゃおうよ」ガチャ


「「「「「憂(ちゃん)誕生日おめでとー!!」」」」」


純「…え?」

唯澪律紬和「えっ」

憂「えっ」

純「えっ」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:04:00.33 ID:U0g+ggfd0


りびんぐ!

唯「えへへ~、憂の為に作ったんだよ!!」

憂「お、お姉ちゃん…!」ウルウル

律「私たちも手伝ったんだけどな~」

梓「全然聞こえてないっぽいですよ」

澪「まぁ仕方ないな…」

紬「眼福だわ~♪」

純「あはは…」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:05:42.39 ID:U0g+ggfd0


憂「ねぇ、お姉ちゃん、お姉ちゃんは私のコト嫌い?」

唯「そ、そんな訳ないじゃん!何でそんなコト思ったの?」

憂「だって、スーパでシスコンは嫌いって…」

唯「え…?どういうコト…?」

梓「あの…、先輩たちがあのスーパーに居た時」

純「私たちも居たんですよ、同じスーパーに」

律「え?あ~…それじゃあもしかして…」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:06:28.62 ID:U0g+ggfd0


律『シリアルはやっぱシスコーンだろ!』

唯『え~っ、私シスコーンは嫌いだな~!』

律『はぁ~!?』



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:07:21.64 ID:U0g+ggfd0


律「っていうのを聞いてたんじゃ…」

梓「く…くだらなぁ…」

憂「それじゃあ、お姉ちゃんは私のコト嫌いじゃないの?」「

唯「勿論だよ!!憂のコトは世界で一番好きだからね!!」ふんす

憂「お、お姉ちゃん…」マッカ

唯「ねえ、憂、お姉ちゃんからの誕生日プレゼント受け取って?」

憂「え?」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:09:44.68 ID:U0g+ggfd0


 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /^ヽ
: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : :/ } : : ヽ二ニ :_‐-
: : : : : : :/: : : : : : : / : :// : : /: : : /: : :i : '; : : : : : \: `丶.__
: : : : : :/ : : : /: : /: : : ∧\ : :/ : : :/: : : :| : :}: : :ヽ : : : \: : :\: : :`
: : : : :/ : : : /: : /: : : / : :\,ン:_:_:/|: : : : |: /: ヽ : }: : : : : :ヽ: : : \: :
: : : : ': : : : :l : : | : : : : / /' : / `ト !: : : /:| : : :V: : : : : : : :'; : : : :ヽ
: : : :l: : : : : |: : : : : : : :|/l/ /    l: |: :〃ト!、: : l: : : : : : : : :l: : : : : :
: : : :|: : : :}: |: : : : : : : :|,:ィ'´   ー=ミレ'!: /__|从\ |: : : : : : : : :|: : : : : :
: : : :l : : /: : : : :|: : : : :| :|   :::::::::::::  j/'ァーミヽ : | : i: : : : : : :| : : ;/ :
、 : : : {:/: : : : : :|: : : : :|: |          〉 ::::::::: `Vj : |: : : : :/ :|ー:7 : :
^ヽ : ハ: : : :} : ハ : : :|:!       ノ        } : : |: : : 〃:/l/ : : :  
:::::::V:::::l: : ;イ :/ ヽ: : ト:、:、             /: : : l ://:/:´: : : : :/
::::::::{::::::j/::レ'::ヽ  }>、\ヽ>-/}         //: : :ノ: :ィ'彡, -―<
::::::::::::::::::::::::::::::::::}\: :イ:` ;} : :/  、       /イ: : :/ノ|//::::::::::::::::::`
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  〉 j///    ` ーァヘ /- "  //::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::l /          /:::::::ハ      /{:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::l              ::::::::/ {iヽ     //l:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             |:::::::|、 V{   // ,|:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            l::::::ハ jJ、 /  /|:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::\ヾ::::ハ            l:::/:::::l |ベ/  /:::!:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::、丶\}         ';:{::::::::l|/|ヘ./:::: |:::::::::::::::::::::::::
、::::::::::::::::::::::::::ヾ:::`ヽ::::ヽ        〉ヽ:::::lj//| |:::::ノ!::::::::::::::::::::::::
::ヽ::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::}          {:::}::::):://| |::〈::::|::::::::::::::::::::::::



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:10:44.60 ID:U0g+ggfd0


梓「わお…」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ」

純「6回…」

澪「おぉ…」カァァ

律「うひゃ…やるねぇ」

和「全く…」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:11:33.90 ID:U0g+ggfd0


憂「お姉ちゃん…」ポー

唯「えへへ、憂、誕生日おめでとう!!!」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:12:28.19 ID:U0g+ggfd0


おしまい


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:15:01.88 ID:U0g+ggfd0


ということで憂ちゃん誕生日SSでした!
読んで下さった方(居たか分からないけどww)ありがとうございました!
去年は誕生日に間に合わせられなかったから、
今年は間に合わせられて良かった…
改めて憂ちゃん、お誕生日おめでとう!!
平沢姉妹よ永遠であれ!
それではまた!



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:25:36.67 ID:+w9VMZw70


乙!


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 05:04:14.68 ID:6LNlu6290


乙でした!
憂ちゃん幸せそうで良かった!



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 07:25:31.58 ID:gkVsXTZU0


憂唯は良いのう


関連記事

素晴らしい
[ 2012/03/22 00:10 ] [ 編集 ]

にやにやが止まらない
[ 2012/11/30 00:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/334-c3b27b8f


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ