FC2ブログ









雀花「---なんていうか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 03:50:21.06 ID:razNrFZk0


イリヤ「・・・」

美遊「・・・」ベッタリ

雀花「日に日にあんたたちの仲って進展してるよね」

イリヤ「いやー、やっぱり気のせいだと思うなあ」

那奈亀「流石にもう誤魔化せないと思うよー、もうなんか効果音までランクアップしてるし」

龍子「どうなってんだよコノヤロー!普通の攻略に飽き足らずチートでも使ったってのか!?」ギギギ

イリヤ「私が聞きたいよ・・・」





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 03:51:56.03 ID:razNrFZk0


美遊「・・・」スリスリ

イリヤ「ひゃあっ!?」ビクッ

美遊「・・・いい匂いね」ボソ

イリヤ「!?//ちょっとミユっ、恥ずかしいからやめて!!///」ジタバタ

龍子「なんだなんだ!?何言ったか白状しろぉ!!」ダッ

美遊「」バシッ

龍子「う・・・うおおアアアアーー!!無言で撥ね退けられたアアァァー!!!」ギャバー

那奈亀「また龍子ちゃんが泣き出しちゃったよお!」

雀花「おいどうすんだイリヤ!なんとかしろ!!」

イリヤ「だから無理だって!!」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 03:54:24.62 ID:razNrFZk0


美遊「全く、何度言えば私達に近寄らなくなるのかしら」

イリヤ「ミユ!みんなとも仲良くしてって言ってるじゃない」

美遊「嫌」キッパリ

イリヤ「ですよねー」

美々「私も美遊ちゃんと色々お話したいかなー、なんて」

美遊「うるさい」

美々「」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:01:11.63 ID:razNrFZk0


イリヤ「ミユ!・・・ああ、どうすればいいのこれ」ガク

美遊「はやく帰りましょう、こんなところにいたらイリヤが穢れるわ」

イリヤ「色々とおかしいよその発言!?」

龍子「こら待てー!逃げる気かお前らーー!!」ダッ

那奈亀「とう」ブン

龍子「グヘェッ!!?」

那奈亀「後の事は任せて、逃げろー」

イリヤ「今言われても嬉しくないよ!」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:06:21.75 ID:razNrFZk0


イリヤ家

イリヤ「・・・」

美遊「・・・」ギュー

イリヤ「ねえミユ」

美遊「何?」ギュー

イリヤ「これじゃ学校と同じな気がするんですけど」

美遊「嫌?」

イリヤ「い、嫌とかそういうんじゃなくて・・・もっと違う事を」

美遊「私はもう少しこうしていたいの」

イリヤ「これじゃ恋人同士だよ・・・」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:15:55.18 ID:razNrFZk0


美遊「恋人?」

イリヤ「そうだよ、友達同士でこんなにひっついたりしないよ」

美遊「なるほど」

イリヤ「わかってくれた?」

美遊「つまり恋人同士になれば許されるということね」

イリヤ「全然わかってない!!」ガーン

美遊「何か違うの?」キョトン

イリヤ「全然違うよ!別に恋人同士になろうなんて言ってないから!」

美遊「私はイリヤがいいのなら・・・//」ポッ

イリヤ「お願い、戻ってきて」ガク



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:26:25.33 ID:razNrFZk0


イリヤ「まあ、落ち着いて話を聞いてよ」

美遊「わかったわ」

イリヤ「恋人云々って言ってたけど、小学生で恋人同士はともかく同性なんて爛れすぎだよ!」ドーン

美遊「そう?」

イリヤ「なんでそれは受け入れられるの!?空を飛ぶ訓練の時には航空力学がどうとか浮力がどうとか言ってたじゃない!!」

美遊「愛があれば性別なんて関係ないわ」

イリヤ「この件に関して発想が柔軟すぎる・・・」

ルビー「いいことじゃないですか」ヒョコッ

イリヤ「うわっ!いつの間に!?」ビク



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:41:39.26 ID:razNrFZk0


ルビー「酷いですねー、最初からいましたとも」

イリヤ「あああ・・・」ヘナ

ルビー「二人の仲が進展すれば、魔法力が強くなって戦闘にも役立つかもしれないですし」

イリヤ「それでも嫌なものは嫌なの!!」ガー

美遊「・・・」ジワ

イリヤ「あっ」

美遊「やっぱりイリヤは、私と恋人になるのは嫌なの?」ウルウル

イリヤ「い、いや、そうじゃなくて・・・あーもう!」ギュ

美遊「!」

ルビー「おお、これは」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:50:58.31 ID:razNrFZk0


イリヤ「嫌いじゃないから!だから泣かないで」

美遊「・・・よかった」ギュ

イリヤ「その、、いきなり恋人は無理だけどさ、少しずつ仲良くなっていこうよ」

美遊「うん、わかった」

イリヤ(ふう、何とかなった)

美遊「じゃあ、友情の証としてキスしましょう」

イリヤ「なってない!?」ガーン

美遊「?」

イリヤ「はあ、、、じゃあ、ほっぺたならいいよ」

美遊「ありがとう・・・じゃあ、するわね」スッ

イリヤ「う、うん」ドキドキ



チュッ


ルビー「キマシタワー」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:52:50.95 ID:razNrFZk0


以下省略


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:54:22.76 ID:razNrFZk0


学校


雀花「---あんたらさあ」

イリヤ「・・・」

美遊「・・・」ギュー

雀花「デキてるよね」

イリヤ「い、いや、そんなことはないよ?」タラー

龍子「嘘つけェ!ただの同級生を膝の上に座らせて抱きついたりするか!!」グワー

イリヤ「あはは・・・」

美々「否定する割にはあっさり座って抱かれてるような・・・」

那奈亀「なんだかんだで尻に敷かれてるよねー、今乗ってるのはイリヤだけど」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 04:54:59.15 ID:razNrFZk0


龍子「俺も乗せろぉ!!」ダイブ

那奈亀「破ッ!」ヒュッ

龍子「へぶしッ!?」ドサ

美々「・・・平和だねー」

イリヤ「どこが!?」




サファイア「話を、終わりです」



関連記事
[ 2014/01/23 12:00 ] Fate SS | コメント(2)

fateSSとは珍しい
もっと増えてほしいな
[ 2014/01/23 19:16 ] [ 編集 ]

地味に月姫の頃からのファンか?
[ 2014/01/23 19:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/3400-50efa6ad


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ