スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

綾乃「抑えきれないきもち」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 20:49:02.65 ID:BU76wwRo0


綾乃「ねえ、歳納京子」

京子「……綾乃、さすがにもうフルネームはやめにしない?」

綾乃「あっ……そ、そうよね! じゃあ……えと」

京子「 “京子” でいいよ?」

綾乃「きょ、京子……///」

京子「ふふ、綾乃……///」


私たちは今、正式にお付き合いしています。





3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 20:53:43.09 ID:BU76wwRo0


京子「でもさー、付き合うって言ったって、今までとそんなにすることは変わらないんじゃない?」

綾乃「そんなことないわよ! やってることは同じでも気持ちが全然違うんだから!」

京子「ふ~ん……どんな気持ち?」

綾乃「えっ!?」どきっ

京子「今までと違う今の気持ちは、どんな気持ちなの?」

綾乃「そ、それは……」



綾乃「……嬉しいのよ」

京子「嬉しい?」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 20:57:18.19 ID:i+v/OusnO


綾乃「ずっと怖かったの。とし……京子のことが好きだって伝わってしまったら、今までの関係も壊れてしまうかもしれなかった。でも京子への想いは毎日強くなるばかり……抑えきれなくなりそうなときもあった。だから怖かったの」


京子「……私は、そのへんはまだよくわかんないけどさ?」

京子「この前にも言ったように、私は綾乃の全てを受け止めるつもりだから」

綾乃「!!」


京子「もう、怖がることなんかないよ」にししっ

綾乃「きょ、京子……///」きゅん



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:02:49.37 ID:i+v/OusnO


すき。

前よりも近くにいられるようになって、前よりも気持ちが大きくなった。

私に向けられている笑顔、

私に向けられている声。


あなたの全てが、もっと欲しい。


綾乃「本当に……受け止めてくれるのね?」

京子「おうよ! 任せなさい!」


綾乃「私……あなたが思ってるほどしっかり者じゃないと思うわ。自分でも不安になるくらい心が抑えきれないときがあるの」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:07:03.92 ID:i+v/OusnO


京子「え? どういうこと?」


綾乃「それはね……」


綾乃「……こんなことだってしちゃうってことよ」くるっ

京子「んむっ!?」


くるっと身体を翻して、京子の華奢な首元を引き寄せ、一気に唇を重ねた。

仰け反るような京子の背中を支えながら、さらに強く押し付ける。


綾乃「っーーーー」

京子「っは……ぁ……」ぱっ


綾乃「…………こういうこと、しちゃうのよ」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:10:59.70 ID:i+v/OusnO


京子「あ……ぁ……///」


綾乃「…………」


京子「意外、だった……綾乃ってそんなに積極的だったんだ」


綾乃「今だけのことじゃない。私はずーーっとこんなことがしたいと思っていたの」


京子「…………うん」


京子「……大丈夫。受け止められる」

綾乃「え……」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:14:14.41 ID:i+v/OusnO


京子「綾乃が私のことを好きだって言ってくれるとね、なんかこう……すごい嬉しくなるんだ。だから、こういうことも……私は嬉しいんだよ?」


綾乃「本当に……?///」

京子「そりゃ、今のはちょっとびっくりしたけど……でももう大丈夫! 綾乃の今までとは違う一面が見れた気もするし、私は嬉しいよ」にこっ


綾乃「…………」ぎゅっ


綾乃「良かった……本当に……」


綾乃「告白して、正解だった……」ぽろぽろ

京子「はは、泣いてるじゃん綾乃……」

綾乃「うん……なんでかしら、とまらなくて……」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:19:29.33 ID:i+v/OusnO


京子「で、でもあれだね。こんな道のど真ん中で急にキスは……アレだよね?」

綾乃「あっ……! そ、それはごめんなさい! さっきは頭の中がいっぱいになっちゃって、周りが見えてなかったわ……」

京子「なんか、何人かに見られてた気がする」

綾乃「嘘っ!?///」

京子「い、いや仕方ない! 次! 次気をつけような!」

綾乃「そ、そうね……///」


京子「そういや綾乃……キス上手いよね。なんか手慣れてるというか……結構経験あるの?」

綾乃「うぇえっ!? 無いわよ無い!!」

京子「ほんとか? なんか腰の支え方とかすごいスムーズにできてたし……」

綾乃「あれよ! イメージトレーニングの産物よ!」

京子「おぉ……いっぱいトレーニングしたんだろうな」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:24:30.58 ID:i+v/OusnO




綾乃「良い? 息をとめちゃダメよ……」ちゅっ

京子「んっ……ふっ……」


誰もいない生徒会室。

今日はそこで、京子とキスの練習。

夕焼けに染まる京子はいつもより可愛くて、一生懸命に私を引き寄せようとしながらキスをしているのが、子供っぽくてさらに愛しい。


綾乃「京子……大好き……」

京子「綾乃……///」


あんなに大きいと思っていた存在が、

今は私の中でこんなに小さくなっている。



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:37:37.45 ID:i+v/OusnO


京子「……ねえ、本当に今日は誰も来ないんだよね?」

綾乃「そうよ。今日は誰も来ないし……念のために鍵だって掛けたじゃない」

京子「いやぁ……どうも心配で。なんかいけないことしてるみたいでさ」

綾乃「いけないこと……してるわよ?」

京子「あっ、そうか」

綾乃「ふふ……///」


「もっといけないこと、してみる?」


京子「わっ、わわわ」とすん


キスをしたまま京子を押し、そのまま机の上に寝かせるように身体を倒した。



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:42:35.40 ID:i+v/OusnO


京子「ちょ、ちょっと……?///」

綾乃「こういうことは……初めて?」

京子「う、うん……」


制服の真ん中から手を差し入れて、京子の胸を撫でる。成長の兆しが見え始めたくらいの、小さな胸。


綾乃「可愛いわね、京子の胸は……」

京子「それなら、綾乃だって……!」もみもみ

綾乃「きゃっ!」

京子「うわっ、意外と大きい……!」



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:48:26.51 ID:i+v/OusnO


綾乃(あ……///)


綾乃「…………」ぴたっ


京子「ん……どしたの?」


綾乃「……やっぱり、今日はやめにしましょうか」

京子「なっ、なんで?」

綾乃「ううん。なんだか……こんな場所でこっそりしてるのがもったいなくって」


綾乃「京子……私、いつかあなたのお家に行ってみたいわ」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:52:43.61 ID:i+v/OusnO


京子「それは……いいけどさ」

綾乃「ほんと!?///」

京子「そうじゃなくって……!」ばっ


綾乃「なっ、なに?」


京子「もっとちゃんとした場所でしたいのもわかるけど……途中でやめるのも嫌じゃんか……///」ぎゅっ

綾乃「あ……っ///」


京子の方から、私を求めようとしてくれるとき。

私は本当に嬉しいと感じる。

私の想いは一方的じゃなかったんだ、って。

ずっと片想いだと思ってたこの気持ちが、報われるような気がして。

泣いてしまいそうになるくらい、嬉しさがこみ上げてくる。


綾乃「そうだったわね……ごめんなさい」

京子「いや、えっと……いいんだけどね……///」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 21:59:51.75 ID:i+v/OusnO





綾乃「京子のお家、初めて来るわ」

京子「そうだっけ? なんか綾乃とはずっと一緒にいたから何度か来てるもんだと思ってたなー」

綾乃「ううん、初めて……意外と綺麗なのね」

京子「意外って!」びしっ

綾乃「うふふ……///」


京子「それじゃ、えっと……何する? 遊ぶ?」

綾乃「…………」


京子「あ、それとも勉強? いいよ、私まだ終わってない課題とかあったし……」

綾乃「…………」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 22:07:06.52 ID:i+v/OusnO


京子「あ、あの……綾乃さん??」


綾乃「京子……」


綾乃「私が何がしたいか、わかる?」


京子「…………えっと……」


京子「…………綾乃って、ほんとにえっちなんだね」


綾乃「はっ、はあっ!?///」どきっ

京子「あれっ、違った!?」


綾乃「…………違くないけど」

京子「ってオイ! 合ってんのかい!」

綾乃「ごめんなさい、反射的に否定してしまって……///」




19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 22:14:48.14 ID:i+v/OusnO


京子「……うちね、今日誰もいないんだ。夜まで」

綾乃「そうなの?」


京子「そう……だから、その」


京子「……いろいろ、できるよ?///」


綾乃「!!」


付き合うようになってから、京子の色々な顔が見れるようになってきた。

それまでの京子は、私にこんな顔を見せたことはない。あまり弱みを他人に見せたがらない子なんだと思う。

いつも元気にしていられるからこそ、誰とでもすぐに仲良くなれる子。


でも、今は私の恋人。

私だけに見せてくれる顔が、これからももっと増えていくのだろう。

そんなひとつひとつの進歩が嬉しくて、私は毎日が幸せ。


綾乃「シャワー……浴びる?」

京子「うん……わかった」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 22:21:06.10 ID:i+v/OusnO





京子「あの、私初めてだから……いろいろわかんないことも多いんだけど」

綾乃「何言ってるのよ、私だって初めてよ?」

京子「うそっ、綾乃なんか色々知ってる感じするからさ」

綾乃「まあその……勉強したのよ」

京子「勉強ねえ……?///」じーっ

綾乃「なっ、何よ……///」


京子「どういうことを勉強したのか、教えてよ」くすくす




21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 22:32:31.69 ID:i+v/OusnO


昼下がりの部屋。窓の外では、八月が来ましたよとばかりに蝉が元気に鳴いている。


カーテンを全部閉め、クーラーの効いたこの部屋はこの真夏の地に浮いたオアシスだ。


そんな二人の秘密空間。誰もいないというのに、京子は小さな声で喋る。


いつもはきはきとした元気な声しか聞いていなかったから、こんな声を聴いたのも初めてだ。


囁くような甘い声は、私が想像していたものよりもずっと可愛くて、この秘密の空間を楽しむ可愛い笑顔とマッチしていた。


電気もつけていない薄暗い室内で、これから始まるであろう行為を期待するように、小さく笑みを浮かべてくれている。




22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 22:42:09.44 ID:i+v/OusnO


綾乃「えっと……その、いくわよ?」

京子「う、うん」


綾乃「あ、じゃあ、京子からやってみて?」

京子「私から……?」

綾乃「そう。何も知らないのはお互い様……好きなようにすればいいのよ」

京子「ど、どうしよ……」


綾乃「あなたのしたいことを……しちゃっていいのよ?」

京子「ん…………」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 22:48:23.63 ID:i+v/OusnO


京子は一瞬目を見開くと、すぐにまたさっきのとろんとした目に変わり、綾乃の首に手を回した。


京子「綾乃……寝て?」

綾乃「ん……」とさっ


仰向けになった綾乃に、すぐさま唇を重ねる。

額の髪を掻き分けながら、京子はリードするかのような体勢をとった。


綾乃(綺麗ね……京子……)


目を閉じた京子を間近で見て、改めて本当に美人だと思う。



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 22:59:57.56 ID:i+v/OusnO


いい香りのする髪を撫でる。当然ながら、シャワーを浴びた後すぐに簡単な格好をして部屋に来ているため、今はリボンをつけていない。


まだしっとりとしている髪。掴み所の無い自由奔放なあなたは、いつもこの髪をふわふわさせて、私の前に現れたり消えたり。

揺れ動くこの髪を見る度に、あのとき感じていたもどかしさをいつでも思い出せる気がする。


綾乃「あっ……///」

京子「ん?」

綾乃「ん、平気よ……」


京子の顔は唇から首筋に移動した。そんなところを責められるのは初めてだった。



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:06:05.25 ID:i+v/OusnO


髪を触っていないもう片方の手は、私の手と絡み合っている。

その握力が強くなったり弱くなったりするのを感じながら、綾乃は天井を見上げた。


夢じゃない。もうこれは、夢じゃない。

いつも夢見ていた景色は、ついに本物になった。


京子は声を漏らしながら、綾乃の額に置いていた手を腰元へと回した。


京子「服……脱がせるよ?」

綾乃「ん……」


頬を上気させながら、シャツを上にあげる。



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:11:06.79 ID:i+v/OusnO


……てっきりするすると脱がせてくれると思ってた。


京子「えいっ」ぐるん

綾乃「えっ!?」


京子「よっ」するっ

綾乃「きゃっ、ちょっと……!///」


京子はTシャツを首元までずらすと、そのまま顔を包むようにしてしまった。

そして身を引いて綾乃の身体を傾け、慣れた手つき(?)でするっとブラをとってしまった。

それは感触でわかるが、綾乃は服で顔を覆われてしまっているので何も見えていない。

この服を取り払おうにも、両の手はしっかりと京子に握られてしまっている。



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:17:42.06 ID:i+v/OusnO


綾乃「きゃあっ!///」

京子「ふふ……」ちゅっ


先ほどまで首元で感じていた京子の唇の感触が、胸の先端に来た。


綾乃「だっ、だめよ! 手を離して……?」

京子「そう?」

綾乃「お願い、顔は見ていたいの……」

京子「そっか、じゃあ仕方ない」するっ


すぽん、とシャツを取っ払う。

綾乃の紅潮した顔は、驚いたような、嬉しいような表情だった。



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:23:20.41 ID:i+v/OusnO


髪の膨らんだ綾乃を見て、京子が笑う。


京子「あはは!」

綾乃「あなた……やるわね」くすくす

京子「見えていない方が、楽しいかと思って」

綾乃「うん……でも初めてなんだし、今はちゃんと見ていたいの」

京子「そうだよね……ごめん」

綾乃「ん……いいわ」ちゅっ


綾乃は軽く肩にキスをすると、京子の腰に手を回し、ゆっくりと服を脱がせた。

部屋は涼しいが、ずっと密着しているためか、しっとりと汗ばんでいる。



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:28:17.90 ID:i+v/OusnO


綾乃「あなたって……こんなに細かったかしら?」

京子「えっ、別に普通じゃない?」

綾乃「そういうことじゃなくて……その、いつも元気にしている所しか見てなかったから……こんなに華奢なのね」

京子「それは綾乃も同じだよ。しっかりものだと思ってたのに……なんか壊れちゃいそうなくらい細いよ?」

綾乃「お互い裸だと……そう見えるのかしら?」

京子「たぶんね」


綾乃「可愛いわ、京子……///」ちゅっ

京子「あ……」


今度は綾乃が京子を押し倒す。

ぴったり重なるように、身体と身体を密着させた。



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:33:03.46 ID:i+v/OusnO


京子「やっぱり綾乃……胸大きいね」

綾乃「そう……? ありがとう」

京子「やわらかくて……あったかいよ」

綾乃「京子はまだまだ子供みたいだけど……可愛いわ」

京子「えっ、子供っぽいかな」

綾乃「そうね、こことか」さわさわ

京子「も、もう……///」


綾乃「……下、いくわね」

京子「えっ」

綾乃「大丈夫。任せて」すりすり



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:36:33.00 ID:i+v/OusnO


京子「な、なんか怖いね……」

綾乃「痛くしないわ。約束する……」つーっ


綾乃は京子のふとももに手を這わせ、そのまま滑らせるようにショーツ越しに撫でる。

密着した胸から、京子の心臓の鼓動と緊張を感じた。


綾乃「力を抜いて。大丈夫よ……」

京子「はぁ、あ……///」


京子は不安そうに綾乃の腰を強く抱きしめた。

可愛らしい声を漏らしながら、目は不安そうに綾乃を映している。



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:39:09.21 ID:i+v/OusnO


綾乃「ひとりで……したことはあるの?」

京子「……うん」

綾乃「じゃあ、多少は慣れているわね」


京子「でも、誰かにされるのは初めて……」

綾乃「そう……自分でするのとは……全然違うでしょう?」

京子「そうだね……すごいくすぐったい感じ」



綾乃「……直接、いくわよ?」

京子「ん、ん……///」


肌と布の間にするりと指を滑り込ませる。

とても暖かい、大事な部分。



34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:43:02.12 ID:i+v/OusnO


京子「んんっ……綾乃……」

綾乃「なぁに……?」

京子「は、恥ずかしい……見ないで……」


京子は少し涙ぐみながら、毛布を顔まで持って来ている。

感じている顔を見られるのが恥ずかしいのだろうか。


綾乃「大丈夫。私は……あなたの全てを見ていたいの」

京子「でっ、でもっ……! はぁぁっ︎」ぴくん

綾乃「恥ずかしいなら……目を閉じていていいわ」ちゅっ

京子「んぅ……」



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:46:27.28 ID:i+v/OusnO


唇を塞ぎながら、綾乃は濡れてきた指の感触を確かめる。


綾乃(喜んで……くれているのかしら)


初めてで、自信が無かったけど。

京子は完全に他人に弄られている感覚が苦手なのか、私の手に合わせて腰を動かそうとしている。


目に映る全てが、最高に可愛かった。


綾乃「口でいくわね……」

京子「えっ……口で……!?///」

綾乃「だめかしら……」

京子「ん、んーん……そんなことないけど……」


京子「たぶん、気持ち良すぎちゃう……よ……///」


綾乃「」ぴきーん



36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:50:06.40 ID:i+v/OusnO


綾乃「……ふ、ふふ……」

京子「あ、あれ? 綾乃?」


綾乃「京子……あなた可愛いすぎよ……!」

京子「えっ、と……」


綾乃(可愛いすぎるから、いじめたくなっちゃうじゃないの!)ちゅるっ

京子「ああぁんっ!///」びくっ


綾乃(可愛い……可愛い……!)れろれろ


京子「まっ……綾乃っ……やああああ︎」



37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:55:33.66 ID:i+v/OusnO


夢中で京子を責めた。

太ももをしっかりと抱え込み、もはや “はむ” ようにして舌でやわらかな形をたどる。

固定された両足は、快感に我慢できないのであろう、力強く反発しようとする。

身体をよじり、しかしそれでもどうにもならない身体の束縛感は、次第に極度の気持ちよさへと変わってゆく。


初めて体験するありえない感覚であろう。恥ずかしすぎるのか、毛布を顔に押し当てながら必死に声を押し殺そうとしている。


綾乃「どう……イきそう?」

京子「だっ、だめぇ……いっちゃうよぉ!!///」


綾乃「いいのよ、イっても……!」ばっ


素早く体勢をほどいて横に佇み、責めていた箇所を利き手にシフトする。

イく所をしっかり見ていたいので毛布をぱっと取り払い、もう片方の手を恥ずかしがっている京子の手と絡ませる。



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/10(日) 23:59:42.41 ID:i+v/OusnO


京子「あっ……あああっ! あやのっ……︎」

綾乃「んっ、京子……!」ちゅくちゅく


京子「キスしてぇ、おねがいぃっ……!///」ぎゅうっ

綾乃「んむっ……」


京子「~~~~~!!」びくんっ



綾乃(ぁ……///)ぽーっ


小さな身体が跳ねるように痙攣し、京子は絶頂に達した。

か細い腕は痛いほどに綾乃を抱きしめる。真っ赤になった顔には涙がたまっていた。



39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/11(月) 00:03:51.48 ID:9oKntF3qO


綾乃「……可愛かったわ、京子……///」ちゅっ

京子「うっ……ぁ、あやのぉ……︎」


綾乃「怖かった? ごめんなさい……」なでなで

京子「い、いいの……///」


綾乃「よかったぁ……初めてだからうまくいかないかもって思ってたけど、気持ちよかったみたいね♪」

京子「ん……きもち、よかった……かも」ぐすっ

綾乃「ほら京子、私の手がこんなに濡れてるわよ……?」

京子「もっ、もう! 恥ずかしいじゃんか……///」

綾乃「うふふふ……」



40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/11(月) 00:07:40.68 ID:9oKntF3qO


京子「……次は、綾乃の番だね」

綾乃「えっ?」


京子「だめだよ、綾乃ばっかり頑張って……私だって綾乃にいろいろしてあげたいんだから」ぎゅっ

綾乃「京子……///」きゅん


京子「しかえし。綾乃も気持ち良くて泣いちゃうくらいにしてあげるんだから♪」

綾乃「ええっ……?///」


京子「綾乃の弱点はどこかな~♪」ぺろぺろ

綾乃「あぁっ、ちょっと!///」びくんっ



41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/11(月) 00:11:06.47 ID:9oKntF3qO


京子「綾乃のイくところ、私も見たいなあ……?」

綾乃「は、恥ずかしい……」

京子「えーちょっと、さんざん人のこと責めておいてさあ……気持ち良すぎて壊れちゃうかもね♪」

綾乃「ねえ本当に待って! わたし、あなたとキスするだけでほとんど最高潮なのよ!?」

京子「じゃあこんなことされたらたまんないわけだ♪」ちゅくちゅく

綾乃「ああぁぁ……っ!︎」


泣き顔はすぐに晴れて笑顔に変わり、京子は綾乃の身体を堪能し始めた。

大好きな京子と身体が密着するだけでもいっぱいいっぱいの私は、本当に壊れてしまうかもしれない。



42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/11(月) 00:20:34.65 ID:9oKntF3qO


こうして幸せな二人の秘密の時間は、ゆっくりゆっくり過ぎていった。

これからも、こんな幸せな日々が続くのだろう。

京子の可愛い顔がもっと見たい。もっと気持ち良くなって貰いたい。

自分の持っている全ての愛を、京子に注ぐつもりだ。

今日はどんなことをしてあげよう?

真面目な生徒会副会長は、不真面目な考えを巡らせながら日々を過ごすようになった。

その隣には、元気なリボンが揺れ動いている。



43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/11(月) 00:25:01.53 ID:9oKntF3qO


「京子……その、道具とかに興味ある?」

「も、もう……! 綾乃は本当にえっちなんだから……///」

「うふふふ……あなたが喜ぶためなら、私はなんだってするのよ?」

「道具は……よくわからないけど、綾乃が私のために頑張ってくれるなら、なんだって嬉しいよ……///」

「京子……ありがとう♪」ちゅっ

「んっ……んもう、またこんな道端で……///」

「うふふふふ……///」


fin.



関連記事

いいぞもっとやれ!
イチャイチャサイコー
[ 2014/08/11 18:05 ] [ 編集 ]

エロいじゃねえか!もっとやれ!
[ 2014/08/11 20:49 ] [ 編集 ]

こういうラブラブなSSいいね
[ 2014/08/12 20:40 ] [ 編集 ]

積極的な綾乃とか‥‥‥‥‥


素晴らしいもっとやれ
[ 2014/08/13 19:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/3895-891c7813


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。