ことり「雨が降ってるね」

1 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 19:27:13.95 ID:3p7ZKUspO


ものすごい雨にうたれたので立てました。

ほんわかことうみ、すぐ終わります。



2 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 19:27:53.54 ID:3p7ZKUspO


海未「穂乃果? 宿題はやってきましたか?」

穂乃果「えぇ!? 宿題なんてあったっけ?」

ことり「あ、あははっ♪」

海未「まったく、あなたという人は」

穂乃果「えへへー。海未ちゃんみーせてっ♪」

海未「いやです。たまには自分でやってください」

穂乃果「えー! けちーっ」ブスー





4 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 19:30:05.01 ID:3p7ZKUspO


ことり「穂乃果ちゃん、ことりが……」

穂乃果「おー! さっすがことりちゃん! 話がわかるねぇ!」

海未「ことりぃ!? 最近、穂乃果に甘くないですか!?」

ことり「そ、そうかな?」

ことり(海未ちゃんは穂乃果ちゃんに厳しい)

海未「穂乃果? 宿題を写すのは最後の手段です」

穂乃果「ふぇ?」キョトン

ことり(けど──)

海未「まずは自分の力で考えてみましょう?」

海未「私たちが教えてあげますから」ニコッ

ことり「うんっ♪」ニコッ

穂乃果「二人とも……っ!」

穂乃果「わかったよ! 穂乃果やる!」

穂乃果「やるったらやる!」

海未「ふふっ♪ では、さっそくはじめましょうか?」





ことり(本当はすごく優しい)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



5 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 20:07:17.59 ID:3p7ZKUspO


海未「ことり、お疲れ様です。はい、よかったら使ってください」

ことり「わぁーっ♪ ありがとう!」


ことり(海未ちゃんはことりに優しい)


ことり「タオルふかふかー♪」

海未「汗をかいたらしっかりと水分補給をしてくださいね」ニコッ


ことり(けど──)


ことり「うんっ♪ ありがとうっ!」ニコッ




ことり(厳しくない)



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



6 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 20:30:11.61 ID:3p7ZKUspO


ことり(海未ちゃんが厳しいのは穂乃果ちゃんにだけ)

ことり(だからきっと、海未ちゃんは穂乃果ちゃんが好き)

ことり(はじめて出会った時からそう)

ことり(穂乃果ちゃんは海未ちゃんの手を引いて)

ことり(海未ちゃんは穂乃果ちゃんについて行く)

ことり(いままでだってそうだった)

ことり(ずっとずっとそうだった)

ことり(だからきっと)

ことり(これからもそうなんだと思う)

ことり(だからきっと)

ことり(ことりも変わらない)

ことり(ことりは自分の気持ちにフタをして)

ことり(いままでだってそうだったから)

ことり(これからだってきっとそう)

ことり(いつものように気持ちにフタをするだけ)

ことり(──簡単、だね)



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



7 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 21:18:24.59 ID:3p7ZKUspO





穂乃果「なんだか雨が降ってきそうだね」

海未「今日は練習もありませんし、はやく帰りましょう」

ことり「うんっ」



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



8 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 21:42:45.53 ID:3p7ZKUspO


穂乃果「うわーっ」

海未「学校を出る前に降って来てしまいましたね」

ことり「降ってる……」

海未「ことり?」

ことり「雨が降ってるね」

ことり「まるで──」

ことり(ことりの心みたい)

海未「ことり? 大丈夫ですか?」

ことり「え? あ、うん」

穂乃果「穂乃果、傘ないやー!」

海未「忘れたのですか?」

海未「はぁ……仕方ないですね」

海未「私の折り畳みを貸してあげますから」

穂乃果「わーい! ありがとうっ♪」

穂乃果「らんららんららーんっ♪」

穂乃果「こっとりちゃーん! うーみちゃーん!」

穂乃果「はやく帰ろうよぉ!」

海未「はいはいっ」ニコッ



9 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 21:43:22.06 ID:3p7ZKUspO


海未「ね、ことり?」

ことり「……」トコトコ

海未「ことり!? 傘もささないでっ! 濡れてしまいますよ!」

ことり「……傘、忘れちゃったから」



ざーっ!



ことり(雨、冷たいなぁ)



ざーっ!


スッ。


ことり(……)

ことり「あれ?」

海未「あれ、じゃないですよ」

海未「ほら? 一緒に帰りますよ」

ことり「海未ちゃんの傘に入れてくれるの?」

海未「あたりまえですっ!」

海未「ことりはこの雨の中、傘もささずに帰るつもりですか?」

海未「風邪を引いてしまいますよ?」



10 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 21:43:53.27 ID:3p7ZKUspO


ことり「でも、それだったら穂乃果ちゃんが」

海未「穂乃果は関係ありませんっ!」

ことり「……っ!」

海未「私がこうしたいから、こうしてるだけですっ!」

ことり「海未ちゃん……」

海未「……いや、ですか?」

ことり「え?」

海未「ことりはいやですか?」

ことり「あ、その……」


「……おーい、海未ちゃんことりちゃーん! 雨やんだねー!」


ことうみ『……』



11 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 21:45:33.78 ID:3p7ZKUspO



海未「……行きますよ、ことり?」

海未「さっきのことは忘れて」

ことり「海未ちゃんっ!」

海未「ひゃい!」

ことり「あの、その……」





ことり「ことりのお家寄ってかない!?」




海未「は、はい///」

ことり「ことり、クッキー作りすぎちゃって!」

海未「はい!」

ことり「美味しい紅茶もあるし!」

海未「はい!」

ことり「それから、それから!」

海未「はい!」

海未「行きますよっ!///」

海未「先ほどからそう言っているじゃないですか///」

ことり「……うんっ///」

海未「あ……太陽が」

ことり「──やっと晴れたねっ」

海未「え?」

ことり「ううん、なんでもないっ♪」

海未「そう、ですか……行きましょうか?」

ことり「うんっ♪」

海未「……」

ことり「ねぇ、海未ちゃん?」

海未「なんですか?」

ことり「……また、傘をさしてくれる?」ニコッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ことり「雨が降ってるね」

おしまい



12 : ◆aAGpgHyonkae 2014/09/10(水) 21:46:44.40 ID:3p7ZKUspO


おしまいです。みてくださったかた、コメントくださったかたありがとうございます。

また、次回よろしくお願いします。



関連記事

告白日和が頭をよぎった
いいね
[ 2014/09/11 12:22 ] [ 編集 ]

イイネ
[ 2014/09/11 13:47 ] [ 編集 ]

読んで、穏やかな気分になれる良いssでしたよ
[ 2014/09/11 23:12 ] [ 編集 ]

良かった。
穏やかというよりざわざわしたけど。
二年生三人の話は辛い面があるから魅力的なのかもしれない。
[ 2014/09/12 03:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/3989-5cc4cadd


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ