fc2ブログ









ハナ「ヤヤさんってお蕎麦屋さんの看板娘なわけですし」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 22:47:40.22 ID:zTDBrE3a0


ハナ「やっぱりお蕎麦たくさん食べてるんデスか?」

なる「食べてるの?」

ヤヤ「そりゃ……他の人よりは食べる機会が多いとは思うけど……」

ハナ「ということは……」



ハナ「ヤヤさんとキスしたらお蕎麦の味がしたりするんですか?」

ヤヤ「うん、どうしてそういう発想になった?」





3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 22:52:17.20 ID:zTDBrE3a0


ハナ「いえ、ふと気になりまして」

ヤヤ「気にならないでしょ普通!」

ハナ「でも私思春期デスし!」

ヤヤ「思春期を理由にすれば何でも許されると思わないでね!?」

なる「……で?」

ヤヤ「?」

なる「実際するの? お蕎麦の味……///」

ヤヤ「しないわよ!! 何でなるまでちょっと影響受けて気になってるの!?」

ハナ「……そんな強く断言できるということは」



ハナ「既に誰かとキスをして味の感想を聞いた経験がおありで!?」

ヤヤ「!?」

なる「そ、そうなのヤヤちゃん!?」

ヤヤ「えっ、ちょっ」



6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 22:57:14.24 ID:zTDBrE3a0


ハナ「一体どこの女の子と!?」

ヤヤ「女の子前提!? キスの相手女の子前提なの!?」

ハナ「だってヤヤさんバンドやってたとき女の子の後輩たちにモテモテでしたよね!?」

なる「も、もしかしてあの子たちのうち誰かとそういう関係に……?///」

ヤヤ「なってない! なってないから!!」

ヤヤ「っていうかキスとか誰ともまだしてないから!!」

なる「で、でもさっきあんなはっきりお蕎麦の味しないって断言して……」

ヤヤ「いや普通しないでしょ!? 口の中常に蕎麦の味してたらおかしいし自分自身でわかるでしょ!?」

ハナ「でも口の中ずっと同じ味してたらホントにわかりますか?」

ヤヤ「……」

なる「私だったらずっと同じ味してたらわかんなくなっちゃうかなぁ……」

ヤヤ「……」

ハナ「ホントにキスしてもお蕎麦の味しないって断言できますか!?」

ヤヤ「……」

ヤヤ(どうしよう自信なくなってきた)



7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:01:08.58 ID:zTDBrE3a0


ハナ「やはり断言はできないようデスね」

ヤヤ「……ま、まあ断言はできないけど……」

ヤヤ「ちゃんと毎日歯は磨いてるわけだし……頻度が多くても毎日蕎麦食べてるわけじゃないし……」

ハナ「しかしお蕎麦の味はしないと断言はできない」

ヤヤ「……」

ハナ「ふむ」

ハナ「じゃあ確認するしかありませんね! なる!」キラキラ

なる「えっ?」

ヤヤ「えっ?」



10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:06:11.03 ID:zTDBrE3a0


ハナ「ヤヤさんがまだキスしたことがなくキスの味がわからないなら!」

ハナ「実際キスして味を確認してみるしか手はありません!」

なる「えっ、えっ……ええええええ!?///」

ヤヤ「だからどうしてそういう発想になるの!?」

ハナ「しかし他にヤヤさんのキスの味を確認する方法がありますか!?」

ヤヤ「いやそもそもキスしたときどんな味がするかと気になってる時点で何かもう! 何かもうアレだから!!」

ハナ「なるだって気になりますよね!?」

なる「え、えっと……わ、私は……その……///」


なる「……ちょ、ちょっとだけ気になる……かも……///」


ヤヤ「!?」

ハナ「ほほう」



12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:13:10.21 ID:zTDBrE3a0


ヤヤ「えっ、ちょっ……はぁ!?///」

なる「……///」

ハナ「では、とにもかくにも実際確認してみましょう!」

ヤヤ「か、確認って……な、なるとキスしろっていうの!?///」

ハナ「まあそういうことデスね」

ヤヤ「え、あ、ぇ……ぅえええ!?///」

ハナ「さあどうぞ遠慮なく!」

ヤヤ「で、できるわけないじゃないそんなこと!!///」

なる「えっ……」

ヤヤ「えっ?」

なる「ヤ、ヤヤちゃん……」



なる「私とキスするの……やっぱり嫌?」

ヤヤ「えっ」



13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:16:40.02 ID:zTDBrE3a0


ヤヤ「あっ、違っ、嫌なんじゃなくて……」

なる「……」じー

ヤヤ「そ、その……」

なる「……」じー

ヤヤ「……」



ヤヤ「……ちょ……ちょっと恥ずかしかっただけで……」

なる「……」

ヤヤ「わ、私だって別になるとだったら……キスしても構わないっていうか……」

ヤヤ「むしろ嬉しいっていうか……」ボソボソ

なる「? 今何て?」

ヤヤ「な、何でもないわよ何でも!」

ハナ「ほうほう」



15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:26:31.23 ID:zTDBrE3a0


なる「じゃ、じゃあ……するよ?」

ヤヤ「う、うん……」

なる「……ん……」

ヤヤ(ぅ、ぁ……な、なるがゆっくり顔近づけて……)

なる「はぁ……はぁ……」ドキドキドキ

ヤヤ(か、かかる! 顔に息がかかる!)

ハナ「……」ピッ

ヤヤ(……え、何でコイツ携帯構えて……)

 チュ

ヤヤ「んっ!?」



16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:31:47.50 ID:zTDBrE3a0


なる「ん……///」

ヤヤ(ぁ、あぅぁ、ふぁあ!?///)

ヤヤ(ヤ、ヤバい! 何がヤバいって一瞬あいつに気取られたせいで思いっきり不意打ちみたいになった!)ドキドキドキドキ

なる「んぅ……」

ヤヤ(ぇ、ぁ、ど、どうしようこれどうすればいいの!?///)

なる「……んむぅ……」

 ちゅぷ

ヤヤ「っんぅ!?」

ヤヤ(ちょ、ちょっと待ってなる! こ、この口の中に入って来たのって……!)

ハナ「……」ジー



18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:35:49.54 ID:zTDBrE3a0


なる「んぁ……」

 ちゅ ぬちゅ

ヤヤ(や、あ、な、なるの舌が私の舌に絡っ……!?)ゾクゾク

なる「んふぅ……んん……」

 ちゅく ちゅっ

ヤヤ(ぁ、ぁあぅ、く、口の中舐め回され……)ゾクゾクゾク

なる「んぅ……ぁ……」

ヤヤ「はっ……んぁぅ……」

ハナ「ハァハァ……」ジー



19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:39:48.66 ID:zTDBrE3a0


なる「ぷぁ……」

ヤヤ「っぁ……」

ハナ「おおー……唾液で糸引いてます糸引いてます」ピッ

ヤヤ「ちょ……ちょっとなる!」

なる「ふぇっ!?」

ヤヤ「何で!? 何で急に舌入れてきたの! びっくりしたじゃない!///」

なる「だ、だって……」

なる「キスの味確認しなきゃいけないからしっかり口の中味わっておかないとと持って……」

ヤヤ「何その無駄に律儀な発想!」



20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:43:06.58 ID:zTDBrE3a0


ハナ「それでなる?」

なる「?」

ハナ「実際どうだったんデスか? お蕎麦の味したんデスか?」

ヤヤ「だからするわけないでしょ!! 断言はできないけど!!」

なる「えっと……その……」

なる「なんて言ったらいいんだろ……アレかな……」



なる「……ヤヤちゃんの……味がした……///」



22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:45:02.50 ID:zTDBrE3a0


ヤヤ「……」

なる「……///」

ハナ「なるほど」

ヤヤ「……」シュゥゥゥ

なる「?」

ハナ「?」

ヤヤ「」ボンッ!!

なる「ヤヤちゃん!?」

ハナ「耳まで真っ赤にして爆発!?」



26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:51:49.43 ID:zTDBrE3a0


 一方その頃


タミ「マチちゃん、そのチョコレートどうしたの?」

マチ「これ? 後輩の子から貰ったの。旅行のお土産だそうよ」

タミ「へー……私も一個貰っていい?」

マチ「ええ、構わな……あ」

タミ「?」

マチ「……ごめん、私がさっき食べたのがラストだった」

タミ「えー」



27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/12(日) 23:53:42.46 ID:zTDBrE3a0


タミ「むーっ」

マチ「ごめんってば、今度何か美味しいチョコレート持って来てあげるから……」

タミ「……だったら、丁度今欲しいチョコレートがあるんだけど……」

マチ「そう? 買える範囲だったら何でも買ってきてあげるわよ?」

タミ「……何でもいいの?」

マチ「え? あ、うん……」



タミ「じゃあ……」

 おわり



関連記事
[ 2014/10/13 17:30 ] ハナヤマタSS | コメント(13)

あぁ^~
[ 2014/10/13 17:46 ] [ 編集 ]

あれ?ハナヤマタの主人公ってヤヤちゃんだったっけ…
しかしこの五人だとハナが余るんだよなぁ…
まあヤヤちゃんが出てくれば俺は満足だけど
[ 2014/10/13 18:31 ] [ 編集 ]

なぜここで終わるのだ
[ 2014/10/13 19:15 ] [ 編集 ]

マチのチョコレート(意味深)を頂くタミのキスシーンはよ
[ 2014/10/13 19:51 ] [ 編集 ]

そろそろハナヤマタss少なくなってしまうん?
[ 2014/10/13 20:05 ] [ 編集 ]

↑ キミが書けばいいん!
[ 2014/10/13 20:49 ] [ 編集 ]

いつ見てもヤヤなるはええのう。
[ 2014/10/13 21:17 ] [ 編集 ]

またヤヤちゃんがなるに攻略されたのか
[ 2014/10/13 21:33 ] [ 編集 ]

ええなぁ…
[ 2014/10/13 23:07 ] [ 編集 ]

毎度毎度キスさせる流れを考えることに感心するわw
[ 2014/10/14 01:37 ] [ 編集 ]

ハナが良い娘過ぎてもう‥
[ 2014/10/14 19:56 ] [ 編集 ]

たみまちがもっとほしい!
[ 2014/10/14 22:05 ] [ 編集 ]

ヤヤちゃんは主人公
はっきりわかんだね
[ 2014/10/20 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4055-d5b35012


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ