FC2ブログ









リョウ「きりん、ごめんなさい」きりん「え?

1 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:48:50.35 ID:jkfd1lJl0


私はきりんが好き
きりんが好き

出会ってからそんな長くは経っていない
最初に見たとき、話したとき思ったのは只の小さな同い年

親戚 同級生 友達
そんなありふれた関係で片付く存在だった

きりん「リョウー、ごはんまだー?」
リョウ「もうちょっとで出来ますよー」

でもいつからだろう、何かが違う
それ以上の何かが私の中に沸き始めた

きりん「いただきまーす!」
リョウ「どうぞー」クスクス
きりん「? どうしたの、リョウ?」

その目も その髪も その唇も きりんのもの全てが愛おしく

リョウ「いいえ、さぁたくさん食べてください!」

自分のものにしてしまいたくなる





2 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:49:35.85 ID:jkfd1lJl0


きりんのご飯を頬張る時のほっぺたも

きりんの泣きそうな時の瞳も

きりんの起こっている時の眉間も

きりんの寝ている時の香りも

きりんのお風呂上がりの真っ赤な肌も

きりん「んー…うまーい!!」
リョウ「うふふふっ」ニッコリ

全部欲しい 取られたくない



4 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:50:06.91 ID:jkfd1lJl0


……

食べ終わって、お皿を洗って、
テレビを見ながらそっと一息

そんなところに
きりん「リョウ?私お風呂沸かすね」

リョウ「え?そんないいですよ?」

きりん「いいのいいの!たまには私も役に立ちたいし ウフフッ」
そう言って浴場へ消えていくきりん

リョウ「…」
そんなきりんが見せた笑顔が瞳に焼きついた
なにも汚れを知らないような 無垢で可憐な微笑み



5 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:50:40.37 ID:jkfd1lJl0


リョウ「…いけません…こんなこと」
どうやら私は普通ではないらしい

リョウ「はぁ…お布団敷こう……」
親戚、それに重ねて同性の子を好いてしまっている

いけない事と分かっていても やはり好きなものは好きなのだ 簡単に気は変わったりしない

きりん「♪~」

浴場から聞こえてくるきりんの鼻唄



7 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:51:05.43 ID:jkfd1lJl0


かわいい

取られたくない

私だけに聴かせて欲しい

リョウ「……」
分かってる、分かってるけど解らない

リョウ「…なんで…なんで私は…」
ぐっと心が暗くなる

リョウ「…なんで女なんだろう」
布団を敷く手が止まる

女は子を産むため 男は産ませるため
相反するモノ同士が惹かれ合う なんだってそう
地球の磁力でさえ反対を求めて引き寄せ合う
同じものは一線を越えない限りは近寄れる
越えれば反発し、離れようとする

異質な存在なのだ 相手は嫌がるだろう
己が欲のために法則も破ってしまう

リョウ「…」

あまりにも身勝手な存在ではないか



8 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:51:29.64 ID:jkfd1lJl0


自分の躰を見よ

女性性があふれる豊満な胸

滑らかでハリのある肢体

広く大きく柔らかな臀

しなやかな煌めきのある頭髪

ひとつひとつに手を触れて確かめる

リョウ「…こんなの…」

女らしさで言えばかなりの度合い
同級生でも1番女らしいのに女が好きな女



9 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:51:56.86 ID:jkfd1lJl0


ありえない ありえない

きっと何かの間違いだと思いたい

リョウ「きりん…」

しかし身体も心も…きりんを求めていく

リョウ「うぅ…」

胎が疼いてしまう 欲してしまう
必死にお腹を抑える

リョウ「ダメッ…」

きりん『リョウ……だめだよぉ……ひゃぁっ!!』
リョウ『んっ、くちゅ……ぷはっ…」
全てに触りたい 味わってみたい なかせたい

きりん『いやぁ……もうやめてよ……んっ、ちゅ』
リョウ『べろ……くちゅ…ぬちゅ…』

口の中を 歯も 歯茎も 舌も 頬肉も 唇も



10 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:52:24.19 ID:jkfd1lJl0


秘部も
胸も
お尻も
脚も
爪先から毛先

きりんの全てに溺れたい

きりん『リョウ……』
リョウ「…ダメッ……」
きりん『リょウ……!』
リョウ「くっ……ううっ」

きりん「りょーおってばぁぁ!!」

はっと我に帰る

リョウ「は、はーい!?」
きりん「お湯張っちゃうけど入浴剤いれるー?」
リョウ「あ、お願いしまーす!……」
リョウ「布団…早くしなきゃ…」
呆れたものだ

リョウ「よいしょっと……はぁ…」
下はありえないくらいびっしょりではないか

リョウ「私の変態…馬鹿です…死んじゃえばいいのに……」



11 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:52:47.71 ID:jkfd1lJl0


ひょっこりと顔を出すきりん

きりん「リョウ先に入る…って!?顔真っ赤じゃん!」
リョウ「あ、そのこれは………!?」

心臓が跳ね上がる 聞こえてしまうのではないか

きりん「うーん…?熱は無いみたいだね…」
きりんの顔が目の前にある 辺りがきりんの香りで満ちる

きりん「いや…私のおでこが熱いのかな…」
綺麗で可憐な宝石のように輝くきりんの瞳
吐息 私の唇に少し触れるきりんの髪
どうにかなってしまいそうだ

リョウ「あ、はは、受験の事を考えていたら緊張してしまって…」
きりん「ん?そう?風邪とかじゃないの?」
リョウ「ええ、心配いりませんよ?フフ」


早く離れて欲しい 頭が爆発してしまう
心臓が止まってしまう 離れて欲しい

離れないで そばに来て欲しい もっときりんの香りを楽しみたい 瞳を眺めたい

リョウ「あの…じゃあ私が先に入りますね…」
きりん「う、うん…本当に大丈夫?」
リョウ「はい、ご心配させてすみません」



13 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:53:47.92 ID:jkfd1lJl0


シャワーから立ち込める湯気

リョウ「……」

風呂イスに腰掛け 頭から湯を被る



14 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:56:07.52 ID:jkfd1lJl0


うつむき 髪が床に垂れる

髪を伝い 滴り落ち

排水溝へと流れる湯の流れを眺めていた

リョウ「きりん…」

この流れのように流すことはできない

膝に顔を埋める 頭を伝う湯が顔を包み
涙もかすめ取っていく



15 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 00:58:32.98 ID:jkfd1lJl0


きりん「きゃはははは お腹痛いっ!お腹痛いっ!」

居間から聞こえて来る大きなきりんの笑い声

お笑い番組でも見ているのだろうか 愛おしくて頬が少しばかり緩んだ

少し気が楽になった そんな笑顔に何度も救われた

なんども愛おしく思った

リョウ「…ハァ…」

なんども欲した



18 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:03:19.26 ID:jkfd1lJl0


ここなら誰も見ていない

リョウ「ごめん…なさい……」


リョウ「ごめんなさい…ごめんなさい………はぁっ……んっ!」
誰にもばれないし知られることもない

リョウ「きりん……きりんっ……!」

リョウ「いいっ…いいよっ……んんっ!!」
きりん「あーっはっはっはっは」


リョウ「ごめん……うぅっ……でも…すきなのっ……ひっ…」



19 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:03:58.63 ID:jkfd1lJl0


たとえ

リョウ「くっ……んんっ…ああっ!!」

自分を慰めても 責められることはない

しかし
リョウ「はぁっ……はぁっ………うっ…」
自分が一番己を責めた 自分に嫌気がさした



リョウ「ごめんなさいっ…グスッ……ごめんなさい……」
ふと見下ろすと湯ではない何かで濡れた手


リョウ「……ック ごめんなさい……すき…」


涙も泣き声も秘液も謝罪も全て シャワーに掻き消された



22 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:08:54.99 ID:jkfd1lJl0


きりん「んー?リョウ長かったねー」

リョウ「ええ、ちょうどいいお湯だったのでつい」

きりん「ん~…ん~…?」

私を見つめるきりん 眉を歪め首を傾げた

きりん「ねぇ、リョウ?」

リョウ「はい?なんでしょう?」
勘付かれてはいけない いつもの笑顔で返す

きりん「ほんっっっとうにっ!何でもないの?」

リョウ「えっ…?」



23 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:12:47.15 ID:jkfd1lJl0


リョウ「それはどういう…」

きりん「いやぁ、だって最近リョウの調子おかしいし……表情暗いよ?」

リョウ「そ、そんなことないですっ!!」
まずかった 顔に出てしまっていた自分を恨んだ

きりん「ううん、絶対おかしいもん…!」

リョウ「え…そんな……」
勘付かれた 終わりだ もうおしまいだ



25 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:17:16.59 ID:jkfd1lJl0


立ち上がりじっと睨み付け 一歩ずつ距離を縮めてくるきりん

きりん「……」

リョウ「…ゴクッ…」

それから逃げるように後ずさった

きりん「さては…リョウ…」

背中が壁に触れ 逃げ場がなくなる

リョウ「…ご…ごめ…」

きりんの口が開いた



30 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:22:48.13 ID:jkfd1lJl0


きりん「好きな男でも出来たなぁっ!?」

リョウ「………へ?」

きりん「さてはそのことで悩んでるんでしょ?そーなんでしょ!?」

目を輝かせながら問うてきたきりんはとても楽しそうで

リョウ「…ぁ……そ、そうなんです!なんで分かったんですか!?」

きりん「やーっぱりぃー!そりゃリョウの事だもん、あはははっ」
うまく誤魔化せたと思う反面



33 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:30:21.07 ID:jkfd1lJl0


きりん「で、で!どんな子なの?やっぱリョウのことだから相当なイケメン君なのかなぁ!?」

リョウ「え、ええ、それはそのっ…えーっと…」
嘘はもともと得意ではない いざつこうとしてもうろたえてしまう
どこまでも使えない自分が恨めしい

きりん「えーっ?聞かせてよーケチぃ…!」
ぶーぶー と駄々を捏ねれても余計に困ると言いたい

リョウ「じ、じゃあ!きりんがお風呂から上がったら全部話します!」

そんなに可愛い顔をされたら困ると

きりん「ホント!?」

リョウ「ええ!約束です!」

きりん「わーいっ!いってきー!」

上手く誤魔化せたと思う反面
リョウ「…いるわけないじゃない……」

自分の気持ちは絶対に届かないと分かった



35 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:37:03.37 ID:jkfd1lJl0


聞かせてとせがむきりんに嘘の話をした

嘘に嘘を重ねた

好きなのに こんなに近くにいるのに手はおろか想いさえ届かない

嘘を吐けば吐くほどそれはより強固になる

分かっている 確かに自分に素直になりたい

きりん「へぇ~ 結構おっちょこちょいなんだね」

でもそれ以上に思うのは この笑顔をまだ見ていたい

幸福感と罪悪感が混じって悪寒がした



37 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:44:14.49 ID:jkfd1lJl0


でも、実際はこのくらいなのかもしれない

リョウ「はい、その時に手伝ってもらって……」

料理を作り 会話を重ねて笑顔にさせて笑顔になる

それだけでも十分幸せだとは思う

けれど

きりん「はぁ……わたしも1人くらいは付き合っとくべきなのかなぁ……」

それだけは嫌だ

きりんが他の人に 男に 友達に 知り合いに取られてしまう

私にだけ見せて欲しい笑顔が 泣き顔が ふて顏が



39 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:47:45.66 ID:jkfd1lJl0


取られたくない

ずっと見ていたい聞いていたい

リョウ「いいお相手だといいですね」

私のものだ



40 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:51:26.36 ID:jkfd1lJl0


しばらくして夜中になって 横になっていて

リョウ「……」

きりん「すー……すー…」

安らかな寝息を立て眠るきりん

リョウ「…ちゅっ…」

そっとばれないようにおでこに口づけをした

きりん「ん…んんー……むにゃ…」

起きてしまったと思えばただの唸り



42 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 01:55:11.56 ID:jkfd1lJl0


リョウ「ふふっ…」

顔を塞いでしまっている髪の毛を掻き分け
寝顔をじっと見つめる

うっとりと見つめているだけで時間がゆっくりになる

どんな夢を見ているのかも気になる 夢を見ていないのかもしれない



44 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:00:55.16 ID:jkfd1lJl0


街灯の反射光が照らす

暗い部屋の中で輝くきりんの髪 まつげ まゆげ くちびる

リョウ「…ちゅっ…」

まぶたに唇を落としまた思う

なんでこんなに可愛いんだろう なぜこんなに完璧なのだろう

きりん「んん…もうしわけ…さりません……」

リョウ「ぷっ…」

寝言を言い頬を枕に擦り付けるきりんはとても幸せそうで

ずっと見ていたい 時間が永遠に止まってほしい

いつまでも見ていたい そんなことを考えていると段々と自分も眠くなって



46 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:05:33.88 ID:jkfd1lJl0


うとうとと瞼が重くなる

さぁ、また明日もきりんを見つめて

切なくなって自分を恨んで

死にたくなったときはきりんに癒してもらって

きりん きりん きりん きり ん き り ん

きりん「…リョ…ウ…」

リョウ「!?」
目が覚めた 鐘を耳元で思い切り鳴らされるような



48 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:11:13.95 ID:jkfd1lJl0


今きりんはなんと言った

リョウ「あ」

確かに私を呼んだのだろう 夢の中で

きりんの手が私の腕を引こうと伸びてきていた

きりん「…りょ……」

試しに腕を伸ばすと ゆっくりとだがしがみついてくるきりん



50 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:18:14.37 ID:jkfd1lJl0


しっかりと握ってくるきりん

リョウ「……くっ…ばかっ……」

手を伸ばしてしまう自分の馬鹿さを呪った

いけない このままじゃまずい こんなに近くにきりんがあるのだから

放してもらわないと困る

きりん「…ョウ……」

今の私を呼んでいるわけではない わかってる

リョウ「…だめ……」

わかっている わかっているけれど

リョウ「…きりん……」

気づけばきりんに覆い被さっていた



53 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:24:15.17 ID:jkfd1lJl0


ああ 絶景かな

やはり横顔も愛らしい 頬をぷにぷにしたい

首筋を吸いたい くちびるを指でなぞりたい

リョウ「くぅっ……はぁっ………」

さあ屠れ いっそのこと好き放題に触ってしまえ 舐めてしまえ 吸ってしまえ

リョウ「……」

息を殺して顔を近づけていく



55 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:27:43.71 ID:jkfd1lJl0


きりん「んっ……リョウ……」

もうどうにでもなってしまえ

私がきりんを取ってやる 私のきりんなのだ

布団に手をかけた








きりん「…リョ…ウ……あり…がと…」



56 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:29:56.30 ID:jkfd1lJl0


はぁ 何をしているんだろう

私はもう十分幸せなんだ

リョウ「……」

じっと寝顔を見つめる

いままでの関係に不満はない

これからも抱くことはない



58 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:32:36.37 ID:jkfd1lJl0


私が我慢をすればいいだけなんだ

そうしたら全部解決なんだ

そう、きりんを見守ること

決しておかしな輩は寄らせない

誰にも気付かれないようにきりんを独占していればいい

手を出す必要はない きりんは取られたりしない



59 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:37:22.84 ID:jkfd1lJl0


自分の身勝手さは筋金入りだ

ぐっと涙腺が熱くなった

きりんはやはりいつも救ってくれる

天使のようなきりん 天使のような寝顔

そう いつだってそうだ 天使のような微笑みを

明日も見ていたいから

涙が少し溢れたが 同時に笑みも浮かんだ

リョウ「…きりん…だいすきですよ…」



60 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:42:15.83 ID:jkfd1lJl0


身を起こし 天井を見上げる

朝になればまた同じ天井見つめて起きて

きりんがテレビを観ていて

きっと素敵な朝日が昇っていて

またきりんと1日を過ごせる 一緒に受かると約束した

高校に入ればもっと一緒にいる時間が増えて

きっと幸せをいっぱいもらえるだろう

大好きなきりん 私だけのきりん

布団に腰掛け またきりんを見つめる

リョウ「幸せです……」

また時間がゆっくりになっていって



61 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:42:50.29 ID:jkfd1lJl0


きりん「…リョウ……すき…」


63 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:47:27.68 ID:jkfd1lJl0


布団を剥ぎ取って覆いかぶさった

自分の髪留めを外して きりんの目の前に顔を運んだ

きりん「ん?…なに?…リョウ?」

リョウ「ふーっ……ふーっ…」

きりん「リョ…んっ!?」

リョウ「んっ…ふ……」

きりんの口を口で覆った

きりん「んんんんんっ!!んん!!」



66 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:52:25.13 ID:jkfd1lJl0


リョウ「んん……んーっ……」

舌を突っ込んでやりたいが頑なに口を開いてくれない

きりんの顎を手で思い切り握った

きりん「んーあっ…!?くちゅっ…れろ…」

リョウ「ちゅぷっ…ぬっ…れろっ……」

するとすんなりと舌はきりんの口に入る

脳が溶けそうになる 心臓が破裂してしまう



68 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 02:59:30.47 ID:jkfd1lJl0


涙目になっているきりんはとても妖艶で

きりん「ちゅる…ろわっ……」

嫌がっている表情が 押し返そうと踏ん張る左腕が

リョウ「はむっ……れろん……ぷはぁっ」

きりん「けほっけほっ…」

ああっ かわいい 潤んだ瞳がかわいい

リョウ「ふーっ……ふーっ…」

肩で息をする私に怯えるきりんが

きりん「なっ…なにするの……リョウ…」

声が震えている それはもちろん怖いのだろう

リョウ「ふっ…はぁっ……」



69 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:04:05.51 ID:jkfd1lJl0


リョウ「きりん」

きりん「なっ……なに…?」

リョウ「きりんがいけないの」

きりん「えっ…ええっ…?」

リョウ「わたしがもらうから」

リョウ「わたしがぜんぶきりんをもらうから」

きりん「なにっ……リョウ…こわいよ…」

リョウ「だから」




リョウ「きりん、ごめんなさい」
きりん「え?……」



73 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:08:22.96 ID:jkfd1lJl0


思い切りしがみついたきりんの体

細くて折れてしまいそうだ

初めて味わうきりんの味

腕を押さえ込んで舌で口をめちゃくちゃにかき回した

リョウ「ぷちゅ……れろ」
きりん「んむっ……くちゅ」

一度やめてまた一度 やめてまた一度

糸を引いて 糸を辿って また糸引いた



75 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:12:58.86 ID:jkfd1lJl0


気持ちいい 口の中を舐めているだけなのに

唾液のはずなのに口の蜜は甘くて 頭が痺れるような味がして

きりん「くちゅっ…ぷはっ」

きりんの出した舌を逃さずに吸い付いた

リョウ「ちゅるちゅるっ…ごくっ…っはぁっ…はぁっ…」



78 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:18:08.27 ID:jkfd1lJl0


きりん「リョウ…ダメだよぉ……」

怯えて顔を背けるきりん 目に入ったのはさっき口をねじあけた時の赤い跡が残る頬

きりん「ひゃっ!」

キスをしてほっぺたを頬張った 余計に紅くなるように



79 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:22:31.57 ID:jkfd1lJl0


そのまま耳に口を離さず運んだ

リョウ「じゅるるるっ じゅれろれろ はむっ」

きりん「ひっ!いやぁ……」

ビクビクと反応するきりん 顔は真っ赤だ

控えめな胸を鷲掴みにした

きりん「ぅあっ!?いた…いやあぁっ……!」



80 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:28:59.83 ID:jkfd1lJl0


綿の生地でできたきりんのロングTシャツの寝巻き

その生地越しから触る乳房は小さくて でもとても柔らかい

もう片方の手を使いきりんの口を塞いだ

きりん「んんんっ!!……んっ…ん!!」

つー と舌を耳から首筋へと

リョウ「…ちゅ…ちゅぱ…!」

時折強く吸い付いて 赤い印を残す たくさん残す



81 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:34:21.66 ID:jkfd1lJl0


そのまま舌を鎖骨に這わせ

きりん「ふー…ふぐっ……」

リョウ「……ちゅっ」

きりん「ふっ!?んんっー!」

生地の上から乳房に吸い付いた



82 : ◆jXvODAFyfbOf 2015/02/25(水) 03:41:55.50 ID:jkfd1lJl0


手を口から放してもう片方の乳房に

片方は口でもう片方は指でてっぺんを弄ぶ

きりん「いっ……やぁぁっ……」

時折交代しながら舐めて 転がして やがて布がびちゃびちゃになって



84 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:50:59.62 ID:jkfd1lJl0


風呂で目に焼き付けた乳頭 もう一度見てみたい

そう思うときりんを起こして壁に押し付け 腕を頭上に押さえつける が

きりんの目がふわふわしていて 頬が赤く染まっていて 口は少しばかり開いていた

その穴に舌をまた突き刺した きりんはもう諦めてしまったんだろうか

先ほどの抵抗がうそみたいになくなっている

だが

リョウ「ふっ……んっ…ちゅるっ…」
きりん「るぁ…むっ……れろ…」

そんなことはどうだっていい

唾液が溢れて布をさらに濡らした



85 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 03:56:45.49 ID:jkfd1lJl0


唾液が落ちた先 シャツの裾

キスをしながら両手で剥ぎ取った

ピンクの乳頭がぷくりと大きくなっていた

きりん「……ダメぇ、…ひゃあ!?」

リョウ「ちゅっ……ちゅるっ」
すかさず吸いつく



86 : ◆AFMM7tIM/6 2015/02/25(水) 04:01:54.36 ID:jkfd1lJl0


先を弾くたび あっあっ と鳴く

うっとりとしてしまうほど艶やかな喘声

あっ と開いた口にまた舌を挿れて 舐め回す

手は胸を離れ 肋骨 くびれ 腰 腹 そしてさらに下へ

きりん「…ふぐっ!!!」



88 : ◆br1/UAXUcNK1 2015/02/25(水) 04:13:41.38 ID:jkfd1lJl0


パンツの中に手が入り ぐしょぐしょな秘部へとさらに手を潜らせる

きりん「ふーっ…むうっ!」

ビクンと跳ねたきりん どうやら溝にたどり着いたようだ

キスも激しくしていく きりんに鳴いてほしい

手を動かし始めた すると面白いほど反応するきりんの身体

リョウ「じゅるっ……れ…ちゅくっ……ごくっ…れろ」

片方の手はきりんの愛撫で忙しい

もう片方を自分の秘部に運んだ

リョウ「……っ!!つぷ……ちゅ」



89 : ◆br1/UAXUcNK1 2015/02/25(水) 04:20:02.65 ID:jkfd1lJl0


高まる鼓動 高まる気持ち

まだ足りないまだ足りない

きりんをもっと知りたい もっと私が知らないきりんを見せて

両手をそれぞれ引き抜き きりんを布団の上に転がした

リョウ「…れろ……ん…ごくっ…っはぁ!」
きりん「はぁっ……はぁっ…」

トロンとしたきりんの目 肩で呼吸をするきりんを尻目に

秘部を隠す布に手をかけた



92 : ◆br1/UAXUcNK1 2015/02/25(水) 04:30:33.53 ID:jkfd1lJl0


全ての布をどかし 糸一つ纏わないきりん

ぜんぶ ぜんぶ私のもの

露わになったそこにそっと舌を触れる

きりん「ひぅ…!…」

甘い喘声が部屋に響いた

もっと もっと聴きたい……


もっと…………




チュンチュン



いつ自分は眠ってしまったんだろう

リョウ「ん… 朝…?」

昨晩あった事をおもいだしてみた
あたり一面散らかして 私ときりんの体液でびちゃびちゃになって…



93 : ◆br1/UAXUcNK1 2015/02/25(水) 04:35:32.26 ID:jkfd1lJl0


頭がいたい クラクラする
リョウ「…夢……だったんだ」

夢だった 散らかった痕跡など何処にもない
布団は一つ きりんがいない時のいつもの寝室

リョウ「……」
夢だった とても過激な夢だった







夢…夢だった? 違う。ひとつだけ証拠があった

リョウ「…私の馬鹿っ……!!」

風呂上がり留めた髪が解け 背中に伸びていた



94 : ◆br1/UAXUcNK1 2015/02/25(水) 04:39:36.62 ID:jkfd1lJl0


リョウ「っ!!きりんっ!!」
きりんがいない

急いで玄関へ向かうと 扉には書き置きが貼ってあった


リョウへ

ありがとう これからは家から通うね
ごはんおいしかったよ 椎名によろしく

きりん




塾の日になっても きりんは現れなかった


第一部 終わり



95 : ◆br1/UAXUcNK1 2015/02/25(水) 04:41:28.24 ID:jkfd1lJl0


くぅ疲

次はきりん視点で始まるSSかくお
メインディッシュは次回までお預けだお
最後眠くてグダッてごめんお んじゃあ寝るお



関連記事

ク、クレイジー…ですね…。
仲直りする第二部を希望します‼
[ 2015/02/25 18:47 ] [ 編集 ]

あぁ^〜悲しみレズいいんじゃ〜
ほんとこういうのもっと増えてほしい
[ 2015/02/25 20:58 ] [ 編集 ]

食べる~(意味深) ふたりドゥビドゥバ
[ 2015/02/25 21:48 ] [ 編集 ]

心理描写が素晴らしい
雑誌の短編でも遜色ないくらい
[ 2015/02/26 00:23 ] [ 編集 ]

第二部はよ!はよ!はよ!!
[ 2015/02/26 01:27 ] [ 編集 ]

続きがあればぜひ読みたい
もっとこんなの増えろ~
[ 2015/02/26 14:13 ] [ 編集 ]

良いところで…ッ!
[ 2015/02/26 23:21 ] [ 編集 ]

やっちゃいましたねー町子さんw
なんか百合というものを再認識出来たssだった。
[ 2015/02/27 02:27 ] [ 編集 ]

あの体格差で襲われたら勝てないよなぁ。

続き期待
[ 2015/02/27 21:58 ] [ 編集 ]

いいなあ、二部はよ
[ 2015/03/01 16:30 ] [ 編集 ]

幸腹の百合SSやっと来た~
[ 2015/03/05 10:42 ] [ 編集 ]

さて、このSS発見から5ヶ月程待ってる訳だが、二部マダー?
[ 2015/07/24 17:37 ] [ 編集 ]

おれも待っている
[ 2015/08/10 03:36 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2019/09/16 11:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4327-7d385d8e


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ