FC2ブログ









ことり「にこちゃんも卒業するんだね」にこ「まあね.....」

1 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:14:59.22 ID:LTQWT0lu


部室(卒業式当日)

にこ「どうしたのよ、みんなもう行っちゃったわよ?」

ことり「ちょっとにこちゃんとお話したくて....」


にこ「まあいいけど、絵里や希とは話しなくていいの?」

ことり「大丈夫、みんなとはもうお話したから....」


ことり「今はにこちゃんとお話したいの」





4 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:19:01.55 ID:LTQWT0lu


にこ「それで何話すのよ、μ'sでの思い出?」


ことり「ふふっ、まあね」


ことり「この一年間色んなことがあって、みんなには感謝してもしきれないよ」

ことり「それはにこちゃんにも」

ことり「にこちゃん、一緒にいてくれてありがとう」


にこ「ず、随分ダイレクトに言うわね....///」



5 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:24:36.19 ID:LTQWT0lu


にこ「けど、感謝するなら私があんたにするべきよね」

にこ「μ'sの衣装を作らせるなんて負担かからせて、海外へ行くのをひき止めたり....」


ことり「そんな....あれは私が決めたことだし、後悔はしてないよ。それにひき止めたのは穂乃果ちゃんが」

にこ「いいえ、違うわよ」


にこ「確かに穂乃果が自分の意思であなたを止めたけど、同時に私達も....いいえ、私もあなたを必要としてた」


にこ「口喧嘩したこともあったけど.....あなたがμ'sに残ってくれて本当に良かったわ」


にこ「ありがとね、ことり」



6 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:26:39.80 ID:LTQWT0lu


ことり「........」


にこ「さっ、行きましょ。皆を待たせる訳には
ことり「にこちゃんっ!!」


にこ「ど、どうしたのよ....」

ことり「.......」


にこ「......ことり?」


ことり「お、お願いがあるんだけど...だ、ダメかな?」



8 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:28:25.86 ID:LTQWT0lu


にこ「別にいいけど....何?」


ことり「に、にこちゃんの.....」


にこ「?」


ことり「そ、そのにこちゃんの.....」




ことり「リボンを......私にください......///」



9 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:30:56.78 ID:LTQWT0lu


にこ「リボン?」

ことり「う、うん.....」


にこ「何で私のリボンなんか欲しいのよ?」


ことり「えっ?えっと....」


にこ「?」


ことり「ほ、ほら、音ノ木坂って学年毎にリボンの色が変わるでしょ?」

ことり「だからにこちゃんに貰えないかな~って.....」



12 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:34:13.10 ID:LTQWT0lu


にこ「いやまあ確かにリボンは毎年買わなきゃいけないけど....」


にこ「あんた、理事長の娘だし貰わなきゃいけないほど貧乏じゃ...」


ことり「ダメ?」ウルッ


にこ「うっ.....//」

にこ(その目、反則でしょっ!)


にこ「......わかったわよ、別にもう使わないし」



16 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:39:51.58 ID:LTQWT0lu


にこ「えっと....ほら、これでいい?」


ことり「うんっ、ありがとうにこちゃんっ!!」


にこ(嬉しそうな顔しちゃってまあ.....)


にこ「それじゃあ、皆のところへ戻りましょう」


ことり「うん!!」



18 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:47:06.15 ID:LTQWT0lu


校庭

穂乃果「あっ、二人とも来たよ!」

にこ「ごめん、遅くなったわ」

希「あれ、にこっち、リボン.....」


にこ「えっ、ああ、ことりが欲しいって言うからあげちゃった」


希「っ!!それじゃあにこっち、とうとう気づいたんやね!!」


にこ「そうね」



にこ「ことりも意外と貧乏性なのね」



19 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 20:50:28.67 ID:LTQWT0lu


希「うんうんそうやろ....って、えっ?」


にこ「お家は凄くてもお小遣いは少ないのかもね、メイドのバイトも色々使っちゃうのかしら?」


希「いやいやいやいやにこっち......」


にこ「?」


希(あかんこれ、全く気づいてない....)

希「ことりちゃんも難儀な人を....」グッタリ


にこ「?」



23 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:02:31.96 ID:LTQWT0lu


希「.....ことりちゃん」

ことり「.....シー」(人差し指を口に当てて)


希(ことりちゃんがいいなら何も言わんけど....)


にこ「どうしたのよ、二人して?何か怪しいわよ」ニシシ


希「.......」イラッ



24 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:07:49.30 ID:LTQWT0lu


にこ「あれ、そういえば絵里と海未がいないような....」

穂乃果「あ、本当だ!」

希「にこっち、探して行ってくれへん?」

にこ「えっ?」

希「あと、探すついでにお金渡すからオレンジジュース買ってきて」


にこ「え?けどオレンジジュースは三階の自販機しかないから遠い...」
希「お願いな?」


にこ「わ、わかったわよ....」


希「うちの驕りでにこっちの分も買ってきていいからね~」


にこ「はいは~い」



26 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:11:43.98 ID:LTQWT0lu


廊下

にこ(まっ、希が三階の自販機って言ったってことは二人とも三階にいるんでしょ)


にこ(けど、知ってるなら自分で行くなり呼びに行けばいいのに....)


にこ(どこにいるかしら....)キョロキョロ



海未「絵里.....」

絵里「..........」


にこ(あっ、いた.....)



海未「絵里、私はあなたをお慕いしております」



28 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:13:55.55 ID:LTQWT0lu


絵里「海未......」


海未「どうかこの私を、かっ、彼女にしてくださいませんか?」


絵里「........」

海未「絵里......?」


ギュウ(抱き締める)


海未「きゃあっ!」

絵里「私も好きよ、海未」



29 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:15:39.45 ID:LTQWT0lu


海未「絵里.....ありがとうございます....」

絵里「ふふっ、こちらこそ.....」




にこ(す、凄いもん見ちゃった.....)


海未「あっ、そういえば絵里....」


海未「絵里のリボンを私にくれませんか?」



30 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:17:30.73 ID:LTQWT0lu


絵里「そうね、あげる相手がいて私も良かったわ」


海未「ふふっ、これでいつでも絵里を身近に感じることができます....」


絵里「ふふっ、だからといって肝心の私を忘れないでね?」


海未「はい、もちろんですよ」






にこ「...........」



33 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:22:02.68 ID:LTQWT0lu


階段

後輩「あっ、矢澤先輩、卒業おめでとうございます!」

にこ「あ...ねえ、あなた」

後輩「はい?」


にこ「先輩から後輩へリボンが貰ったらどう思う?」


後輩「そ、それはもうヤバいですね!!」


後輩「音ノ木坂は学生服の第2ボタンの代わりにリボンが使われてるんですよ!!」


後輩「まあ、友情で交換する人もいますけどそれは同学年同士」


後輩「後輩へなんてなったらそれはもう完璧に告白と同義ですね!!」



34 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:24:04.62 ID:LTQWT0lu


にこ「そ、そう......」


後輩「あれ、先輩リボンつけてませんね、まさかっ!」


にこ「い、今は外してだけよ」


後輩「そうですかー、残念。あっ、卒業おめでとうございます、それでは!」


にこ「............」







にこ「...............マジ?」



65 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:05:10.03 ID:PTaJT3Kt


にこ「あの子.....何私なんかにリボン渡してるのよ......」


にこ「私なんかより魅力的な子なんてμ'sにたくさん...」


『ことり「うん、ありがとうにこちゃんっ!!」』


にこ「.......」


にこ「何よ、バッカみたい」



66 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:06:10.56 ID:PTaJT3Kt


校庭
凛「あ、にこちゃん帰ってきた!」

穂乃果「二人見つかった?」

にこ「.......」ゴゴゴゴゴ

ザッザッザッ


花陽「に、にこちゃん...?」

ことり「そんな険しい顔してどうしっ」ガシッ

にこ「ちょっと来なさいっ!!」グイッ

ことり「えっ、きゃあ!!」

真姫「ちょっ、ちょっとどこ行くのよ!?って行っちゃった....」



希「ニシシ、面白いことになりそうやな....」



68 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:07:46.73 ID:PTaJT3Kt


裏庭

ことり「にこちゃん、どうしたの!?」

にこ「.......」

パッ

ことり「に、にこちゃん....?」


にこ「あんたに貰いたいものがあってね?」



69 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:09:59.63 ID:PTaJT3Kt


ことり「貰いたい....もの」

にこ「そっ、私がリボンをあげたから代わりに欲しいものがあるのよ」

ことり「う、うん、別に構わないよ。それで何を....」


にこ「ことり......」



にこ「目ぇ、瞑りなさい」



70 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:12:19.65 ID:PTaJT3Kt


ことり「えっ!?」

にこ「あと、あんたの方が高いから少し屈んで」


ことり「もしかしてそれ.....///」


にこ「早くしてよね」


ことり「う、うん......///」ドキドキドキ


にこ「それじゃ......」











71 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:15:45.35 ID:PTaJT3Kt


シュル...

ことり「......え?」

にこ「はい、ありがとう」

ことり「それ、私の髪のリボン.....」

にこ「同じリボンでも私使わないしね、だったら髪の方のリボン貰おうと思って」


ことり「そ、そうだね...アハハ....」ショボン



72 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:18:24.32 ID:PTaJT3Kt


にこ「このリボン、つけていい?」

ことり「....うん、いいよ」



にこ「.....よし、こんなものね」

ことり「にこちゃん、サイドテールも似合ってるよ」


にこ「そう?ありがとう」





にこ「これで、ことりをいつでも身近に感じられるわね」



73 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:19:39.22 ID:PTaJT3Kt


ことり「に、にこちゃんそれって!!」

にこ「さっ、行くわよみんな待たせても悪いし」


ことり「......うん!!」



74 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:21:11.52 ID:PTaJT3Kt


校庭
ことり「お待たせ~!!」

にこ「ごめんね、時間かけて」


みんな「.........」



凛「誰?」



ことにこ「」



75 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:24:13.95 ID:PTaJT3Kt


穂乃果「いやあ、髪型変わってるからびっくりしたよ!!」


花陽「二人とも凄い新鮮な感じ...けど、可愛いよ!!」

ことり「うん、ありがとう」エヘヘ




希「.........」ニコニコニコニコ

にこ「.......何よ」


希「いやあ、成功して良かったなあって」



76 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:26:05.79 ID:PTaJT3Kt


にこ「.....何が」

希「何って、告白?」

にこ「.......なんのこと?」

希「.........」


希「は?」



にこ「私とことりは仲良しの先輩後輩でリボンを交換した、ただそれだけよ」



77 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:30:10.02 ID:PTaJT3Kt


希「.........」





希「ヘタレ」


にこ「うぐっ....」

希「よくもまあ、ことりちゃんを近くに感じられるとか言っといてそんなことを....」

にこ「ちょちょちょ、聞いてたの!?」

希「別についてくるななんて言われてへんしね」


にこ「.....この出歯亀巫女め」

希「勇気出した後輩にちゃんとした返事も出来ないヘタレにこっちに言われたくないねん」


にこ「うぐっ.....」



78 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:32:49.45 ID:PTaJT3Kt


希「いやあ、それにしても見ものやな~」

にこ「見せ物じゃないわよ」


希「いやいや、ことりちゃん今度から猛烈アタックしてくるで?それににこっちはどこまで理性を保てるかな~」ニシシ


にこ「人を動物みたいに言わないでよね」



79 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:35:13.13 ID:PTaJT3Kt


それから1ヶ月後....

にこ「待たせて悪いわね」

ことり「ううん、別に時間通りだよ」



にこ「ことりに貰ったリボン、もうひとつ買いたくってね、お店案内してもらうことになっちゃって申し訳ないわね」


ことり「ううん、やっぱりにこちゃんって言ったらツインテールだもん」



80 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:37:26.66 ID:PTaJT3Kt


にこ「それじゃあ行きましょうか」

ことり「ね、ねえにこちゃん!!」

にこ「どうしたの?」


ことり「お店行くまで....手握っていい?///」


にこ「んなっ....///」



ことり「ダメっ?」ウルッ


にこ「うっ....///」



81 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 20:40:06.65 ID:PTaJT3Kt


ことり「えへへ~」ニコニコニコ


にこ「........」


『希「にこっち、どこまで理性保てるかな~」』


にこ「希、意外とその日は近いかもしれないわ.....」ハァ


ことり「どうしたの?」


にこ「何でもないわ、行きましょう」


ことり「うんっ!!」


ギュッ


おわり



関連記事

いやあ
これはにこがあと一歩踏み出すところまで書くべきじゃないのかな
告白だったのか付き合ってるのか曖昧だよ
[ 2015/03/04 01:47 ] [ 編集 ]

書くべきとか偉そうだなぁ
[ 2015/03/04 09:13 ] [ 編集 ]

ごちそうさま
[ 2015/03/04 09:20 ] [ 編集 ]

その曖昧さの良さが分からんのか
[ 2015/03/04 10:45 ] [ 編集 ]

全部分かりやすく説明したり読者に考えさせないSSや小説なんかきっと面白くないよ
[ 2015/03/04 12:04 ] [ 編集 ]

分かりやすいSSも読者に想像させるSSもどっちも好き
[ 2015/03/04 17:12 ] [ 編集 ]

最近ことにこのいい流れきててとても嬉しい
[ 2015/03/04 19:25 ] [ 編集 ]

これは名作
[ 2015/03/15 09:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4339-79727538


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ