FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

まり花「りんちゃんっ!わたしと結婚しようよっ!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:09:43.21 ID:xeVerhE7o


◆ひなビタ♪SSです
◆まりりんがいちゃつくだけ



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:10:47.46 ID:xeVerhE7o


~霜月書店~

まり花「りんちゃんっ!」

凛「あら、どうしたの、レコード屋……」

まり花「これなんて読むのかなっ?」

つ「釁」

凛「えっと、すき、よ」

まり花「えへへーわたしもだよっ♪」

凛「なっ……!そ、そういう意味で言ったんじゃ……ああ、こんな古典的な案件に引っ掛かるなんて……///」

まり花(顔赤くするりんちゃんも可愛いよっ)ニパー





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:14:05.07 ID:xeVerhE7o


まり花「でもりんちゃん、わたしに「好き」なんて何度も言ってるよね?」

凛「は、恥ずかしいものは恥ずかしいのよ……」

まり花「わたしはりんちゃんに好きって言っても平気だよ?」

凛「それは性格の差で……」

まり花「りんちゃん、大好きっ!」

凛「っ!」カァアアア

まり花「もうりんちゃん、可愛いんだからっ」

凛「わ、私の顔色で遊ぶのはやめて頂戴……///」

まり花「遊びじゃないよ、本気だよっ?」

凛「だ、だから///」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:18:03.71 ID:xeVerhE7o


凛「わ、私の顔を紅潮させるためだけにわざわざ来たのかしら……?」

まり花「りんちゃんに会いたいから、だけじゃだめなの?」

凛「だ、駄目じゃないけど……」

まり花「じゃあねぇりんちゃん、わたし、お願いがあるんだよう……」

凛「お願い?」

まり花「うん、りんちゃん、聞いてくれるかな?」

凛「ええ……取り敢えず言ってみて頂戴」

まり花「えへへ、えっとねー」

凛(何を言われるのかしら……まぁ、出来る事なら私は……)

まり花「りんちゃんっ!あのねっ!わたしと結婚しようよっ!」

凛「」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:22:03.77 ID:xeVerhE7o


凛「」

凛「……」

まり花「えへへ///」

凛「い、いきなり何を言い出すのかしら……」

まり花「だってわたし、りんちゃんと結婚したいんだもん……」ジー

凛「そ、そんな瞳で見ないで頂戴///」

まり花「りんちゃん、だめかなあ?」

凛「……駄目なんて、言うわけないでしょう……」

まり花「えへへ、りんちゃーんっ!」ギュ

凛「も、もう///」

まり花「りんちゃん、あったかいんだようっ♪」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:26:07.97 ID:xeVerhE7o


凛「で、そんな事を言うためだけに……?」

まり花「そうだよっ!」

凛「あ、貴方……」

まり花「でも本当はやっぱりりんちゃんに会いたかったからだよ?」

凛「よ、よくそんな恥ずかしい事を堂々と言えるわね……///」

まり花「もう、りんちゃんは照れ屋さんなんだからっ」ツンツン

凛「頬を突くのはやめなさい……」

まり花「りんちゃんのほっぺた柔らかいよっ?」

凛「そういう貴方の頬だって……」プニプニ

まり花「もう、りんちゃん、くすぐったいよっ」キャッキャッ



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:30:08.32 ID:xeVerhE7o


まり花「でねりんちゃん、さっきのお話の続きなんだけど」

凛「そ、その話まだ続けるの?」

まり花「うんっ!やっぱりわたしはね、6月に結婚式するのがいいと思うなっ!
    ジェーンブロンドだよっ!パツキンさんだよっ!」

凛「それを言うならジューンブライド……それにジューンブライドはホテル業界の差金で、
  結婚式が少ない6月にどうにか業績を上げようとしたことが由来なのよ……」

まり花「りんちゃんは6月はいや?」

凛「嫌というか……どうせなら気候の穏やかな10月辺りがいいかしら……」

まり花「それなら11月のりんちゃんのお誕生日にしようよっ!」

凛「いえ、それなら貴方の誕生日でも……」

まり花「えへへ、どっちがいいかなぁ?」

凛「そうね……悩むわね……」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:34:02.76 ID:xeVerhE7o


まり花「わたしねっ!りんちゃんには真っ白なウェディングドレス着て欲しいなっ!
    きっと長い黒髪と白いドレスのコンテストですっごく綺麗だよっ!」

凛「それを言うならコントラスト……貴方だって、綺麗なウェディングドレスは似合うと思う…いや、絶対似合うわよ……」

まり花「えへへ、そうかなあ?」

凛「間違いないわ……でもそんなレコード屋は私だけのものなのよ……うふふ」

まり花「り、りんちゃんたらぁ///」

凛「あら、貴方も照れるのね」

まり花「だって、りんちゃんがそんなこと言うなんてとっても珍しくって」

凛「一方的なのは不公平でしょう?私だってたまには貴方の頬を紅潮させたいのよ……ふふっ」

まり花「もー!」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:38:05.52 ID:xeVerhE7o


まり花「それで、結婚式と言えば指輪交換だよねっ!」

凛「そうね……そう凝ったデザインでは無くてもいいと思うわ…シンプルな雰囲気の……」

まり花「わたしはりんちゃんが選んでくれた指輪ならお給料三ヶ月分さんじゃなくてもいいよっ!」

凛「そ、そう……因みに給料三ヶ月分は元々二ヶ月分だったのよ」

まり花「へぇ、そうなんだ、指輪にはやっぱり名前とか入れるのかなっ?」

凛「うーん、そういう考えはあまりしていなかったけれど……」

まり花「普通に『Marika & rin』とかかなあ?」

凛「シンプルな案ね……」

まり花「じゃあ他に何があるのっ?」

凛「……『Igavene volakirju』とか、どうかしら」

まり花「やっぱり何も模様無いシンプルなのでもいいかなあ」

凛「あ、はい」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:42:07.53 ID:xeVerhE7o


凛「さ、さっきのは冗談よ……」

まり花「そう?それからねっ!結婚といればあれだよねっ!」

凛「あれ?」

まり花「わたしとりんちゃんのこどもっ!」

凛「ぶっ!?」

まり花「もうりんちゃん、何驚いてるの?」

凛「いえ、急に言われたものだから……」

まり花「えへへ、りんちゃんもこども欲しいでしょっ?」

凛「え、えっと……」

まり花「りんちゃんっ」ズイッ

凛「ほ、欲しい、わ、ね……///」

まり花「えへへー」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:46:03.80 ID:xeVerhE7o


まり花「どんな子になるかなぁ?」

凛「長い黒髪の子か、栗色の髪の子か……」

まり花「どっちでもきっと可愛いよっ!」

凛「ええ、でしょうね…個人的にはアホ毛もあればもっと可愛いわね……」

まり花「りんちゃんみたいな泣き黒子さんがあっても可愛いよっ!」

凛「ふふふ、でもそんな事気にしなくても、大丈夫かもしれないわね」

まり花「?」

凛「だって、最愛の人との子ですもの……♪」

まり花「もうりんちゃん、そんな事言われたら照れちゃうよっ♪」

凛(嬉しそうだわ……)



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:50:03.44 ID:xeVerhE7o


凛「子供と言えば、名前を付けなくっちゃね」

まり花「そうだねー」

凛「ちょっと気が早いけれど、どうしましょうか……」

まり花「実はわたし、ちょっと考えてあるんだよっ」

凛「本当?是非聞かせて……」

まり花「えへへ、それはまだないしょ!」

凛「あら、内緒なの?ならいつ聞かせてくれるのかしら……?」

まり花「えっとねー、りんちゃんとわたしの結婚式の夜、かなっ?」

凛(結婚初夜……それって、きっと……)

まり花「楽しみにしててね?」

凛「ええ」

凛(別の意味でも……)



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:54:13.70 ID:xeVerhE7o


凛「それにしても急に結婚式とその後の話なんて……」

まり花「えへへ、りんちゃんがお嫁さんで奥さんっ♪」

凛「あ、貴方だってお嫁なのよ?」

まり花「あのね、わたし、りんちゃんのお嫁さんになったら言いたいセリフがあったのっ!今言ってもいい?」

凛「それはシチュエーション在り来じゃ……まぁ、どうぞ」

まり花「おかえりなさいりんちゃん!ご飯にする?お風呂にする?それともわたし?」

凛「貴方がいいかしら」スッ

まり花「あ、り、りんちゃん、ずるいよう///」

凛「こ、こういう応対を求めてたのかと思ったのよ…///」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 01:58:04.53 ID:xeVerhE7o


まり花「りんちゃんもわたしも顔まっかっかーだねっ」

凛「うう、慣れない事はするものじゃないかしら……」

まり花「そんなことないよ、わたし、りんちゃんに迫られて、とっても嬉しいもん!」

凛「そ、そう……」

まり花「……」

凛「……」

凛(あ、この空気……)

まり花「ねぇりんちゃん」

凛「な、何」

まり花「キス、して?」

凛(や、やっぱり……)



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 02:02:08.48 ID:xeVerhE7o


まり花「えへへ、りんちゃんのお顔見てたらしたくなっちゃった」

凛「あ、貴方……いいけれど、キスだけよ……?」

まり花「うんっ」

凛「れ……まり、か」スッ

まり花「りんちゃん……」

凛「ん、っ」チュッ

まり花「んー……」

凛「んん……ふぁ……」

まり花「あ、っ……これだけ、なの?」

凛「キスだけ、って言ったじゃない……もっとしたかったら、後で私の部屋に来れば幾らでも、してあげるわよ…」

まり花「えへへ、うんっ」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 02:06:09.32 ID:xeVerhE7o


凛「……貴方、本当に私とお喋りしたかっただけなのかしら……?」

まり花「だからそうだってばっ!」

凛「だったら私の店番が終わってから来れば私の部屋で……」

まり花「りんちゃんのお部屋行って、お喋りだけで済むかなあ?」

凛「…………いいえ」

まり花「でしょー?」

凛「身の振り方を考えたくなったわ……」

まり花「でもわたしは今のままのりんちゃんが大好きだよっ?」

凛「だ、だから///」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 02:10:09.82 ID:xeVerhE7o


まり花「あ、こんな時間、そろそろ戻らなくっちゃ」

凛「もう帰ってしまうの……?」

まり花「そんな寂しい顔しないでよりんちゃんっ!また夕方会いに行くからねっ?」

凛「さ、寂しい顔なんて」

まり花「あっ、今度はりんちゃんのお部屋、でね?」

凛「も、もう、まりかったら……///」

まり花「じゃありんちゃん、またねっ!」

凛「ええ、また……」

凛「…………」

凛(急に静かになったわね……)

凛(寂しい……のかしら……)



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 02:14:04.77 ID:xeVerhE7o


凛(こういう時は、業務をしましょう……)

凛(えっと、さっきまで何をしていたんだっけ……)

凛(何か探していたような気がしたんだけど……)

めう「りんりんせんせ?」

凛「あら、はんこ屋、何か用……?」

めう「何か用……?何言ってるめう?めうはさっきりんりん先生に『ドラムとちくわの密接な関係とその効力、尚且つエナジー』って本を頼んだめう!」

凛「……?」

めう「それでりんりん先生は「その本ならどこかにあるから暫くしてからまた来て頂戴』って言っためう!間違いなく言っためう!」

凛「…………」

めう「まさか……忘れてたなりか……?」

凛「……ごめんなさい、はんこ屋」

めう「めうーっ!!」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 02:18:04.38 ID:xeVerhE7o


めう「なんで忘れちゃうめう!確かにさっき言ったはずめう!さっき!!」

凛「いえ、その……」

めう「言い訳があるなら聞くめう」

凛「その、レコード屋と」

めう「あ、惚気になりそうだからその言い訳はいいめう」

凛「……」

おわり



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 02:23:36.37 ID:xeVerhE7o


お疲れ様でした
3/11のBE生でひなビタの情報が聞けるらしいので是非聞きましょう



関連記事
[ 2015/03/10 07:00 ] ひなビタSS | コメント(5)

はやく結婚してくらさい
[ 2015/03/11 00:17 ] [ 編集 ]

ラジオヤバかった
[ 2015/03/11 05:15 ] [ 編集 ]

この人ほんと好き
[ 2015/03/12 05:58 ] [ 編集 ]

良い百合SSごちそうさまです
ラジオが気になって聴いてきたのですが、かなり萌えましたw
[ 2015/03/12 11:10 ] [ 編集 ]

この人のひなビタSSほんとに好き。
[ 2015/03/16 00:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4346-f6df5430


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。