fc2ブログ









ソーニャ「やすなの父親を殺すことになった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:52:09.65 ID:3GqfB6xi0


あぎり「その依頼、本当に受けるんですかぁ?」

ソーニャ「受けるも何も組織の命令だ。逆らえない」

あぎり「ですが~」

やすな「おーい!どしたのわさわさ?」

ソーニャ「ん…なんでもない」

やすな「え~私だけ仲間はずれなんてずるい~」

ソーニャ「し、仕事の話だ。やすなには関係ない」

あぎり「あ、新しい忍者道具入荷したんですよ~。おひとつどうですかぁ?」

やすな「え!ホントですか!」

ソーニャ「入荷って……」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:53:43.60 ID:3GqfB6xi0


あぎり「はい、五遁術セットです~」

あぎり「これが火遁の術、このピンを抜くと爆発します~」

あぎり「これが木遁の術、私もよく使ってますね~」ヒラヒラ

あぎり「これは水遁の術、こっちは土遁の術です」

やすな「シュノーケルとスコップですね」

あぎり「うふふ~これは普通のスコップではありませんよ~」

ソーニャ「シュノーケルは普通なんだな」

あぎり「なんと~!これ一つで、掘る、切る、叩く、砕く、漕ぐその他いろんなことに使えます~」トントントン

やすな「おお~すごいよソーニャちゃん!スコップで大根切ってる」

あぎり「そして、今日の目玉。金遁の術です~」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:55:52.13 ID:3GqfB6xi0


やすな「きんとん?」

あぎり「手裏剣など金属を投げて、離れた場所で音を鳴らすことで、自分の場所を誤認させる術です~」ガチャ

あぎり「これを引くと弾が出ます~」シュパパッ…ドォン

やすな「おぉ~~」キラキラ

ソーニャ「おい!完全に攻撃に出てんじゃねぇか」

あぎり「今なら特別にセットでこの価格です~」

あぎり「毎度あり~」

ソーニャ「…で、結局買ったのかよ」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:57:45.96 ID:3GqfB6xi0


やすな「いやぁ、これで私もソーニャちゃんに負けないエリート忍者?」エヘ

ソーニャ「ほぅ…じゃあ私と手合わせしてみるか」スチャ

やすな「いえ!遠慮しておきます」

やすな「あ、そうだソーニャちゃん」

ソーニャ「ん?」

やすな「帰りにクレープ屋さん寄ってこうよ」ワサワサ

ソーニャ「クレープ?この前行ったばかりだろ」

やすな「なんか新作出たらしくてさ、すっごい評判いいんだよ~」ニコニコ

ソーニャ「…そう、だな。少し寄るくらいなら付き合ってやらんでもない」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:59:36.41 ID:3GqfB6xi0


やすな「よし、じゃあ早速行ってみよう!」タッタッタッ

ソーニャ「あ、おい!そんな急がなくても」

やすな「まぁまぁ、急がば回れだよ」

ソーニャ「なら歩けバカ」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:02:33.74 ID:GeYbmpzz0


やすな「~~♪~~♪」

ソーニャ「……」

やすな「どしたのソーニャちゃん?元気ないよ」

ソーニャ「いや…別に」

やすな「もしかして太ったとか?」プププ

ソーニャ「……」

やすな「…あれ?何も飛んでこない?」

ソーニャ「なぁやすな…」ボソ

やすな「な、何かなソーニャちゃん」ヒヤ

ソーニャ「もし、もし私が…やすなの大切な人を殺したらどうする?」

やすな「大切な人……やだなぁソーニャちゃん!私まだ独り身だよ~カレカノ募集中?」

ソーニャ「そうじゃない!か、家族とか友達とかそういう…」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:06:57.89 ID:GeYbmpzz0


やすな「う~ん…私は、ソーニャちゃんを信じるよ」

ソーニャ「やすな…」

やすな「ソーニャちゃんはそんなことしないって」

ソーニャ「…私だってプロの殺し屋だ!命令があれば誰でも殺すし…私の感情は関係ない」

やすな「……」

ソーニャ「ごめんやすな。私やっぱり帰る」ダッ

やすな「あ!ソーニャちゃん!……」

やすな「……私も帰ろ」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:10:42.86 ID:GeYbmpzz0


~翌日~


やすな「おはよー!ソーニャちゃん!」

ソーニャ「やすなか…おはよう」

やすな「んもぅ朝から辛気くさい顔しちゃだめだよー」バンバン

ソーニャ「いたた…分かったから叩くなって」

やすな「じゃあ笑って笑って!」バンバン

ソーニャ「こ、こうか?」ニヤ

やすな「ぶはっ!それ笑ってるというより…くはっ…あはははは!」バンバンバンバン

ソーニャ「…」グイッ

やすな「あ、笑わない。笑わないからそのナイフどけてぇ…」

ソーニャ「ふん」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:15:15.64 ID:GeYbmpzz0


やすな「それで、何かお悩みかな?ソーニャちゃん」

ソーニャ「……やすな」

やすな「さぁさぁ、このやすな様に打ち明けてみなさい」ウンウン

ソーニャ「真面目な話だ」ギロ

やすな「はぃ…黙ってます」

ソーニャ「その…急なんだが、転校することになった」

やすな「そっかぁ……え?ぇぇええええ?」

やすな「転校?ソーニャちゃんが?どゆこと?」アセアセ

ソーニャ「そのままだ。来週から別のところに通う」

やすな「来週って…今日金曜日だよ!いくらなんでも唐突すぎるよ!」

ソーニャ「悪いな、急に決まったんだ」

やすな「じゃ、じゃあ昨日元気なかったのも…」

ソーニャ「……」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:18:24.94 ID:GeYbmpzz0


やすな「なんで?理由は?ソーニャちゃん!」

ソーニャ「仕事上の理由だ。悪いけど言えない」

やすな「それ…中止とかならないの?」

ソーニャ「ならない」

やすな「でもでも、携帯とかメールとかなら連絡できるよね?」

ソーニャ「今のは解約する。新しい番号は教えられない」

やすな「な、なら行き先だけでも教えてよ!私会いに行くから」

ソーニャ「ダメだ」

やすな「誰にも言わないからぁ!ね?」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:24:27.89 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「はぁ…海外だ。だからもう会うこともない」

やすな「……か、海外だって会いに行くもん!頑張って英語勉強してペラペラになってやるんだから」

ソーニャ「別に英語圏とは言ってない」

やすな「ど、ドイツ語だってフランス語だってどんとこいだよ!」

ソーニャ「Я тебя очень люблю」

やすな「これはっ!…なんという宇宙語……」

ソーニャ「…とにかく…もう決まったんだ」

やすな「や、やだよ!!ソーニャちゃんとお別れなんてやだよ!」ウルウル

ソーニャ「やすな…私だっていやだ…っでもしょうがないんだよ!」

ソーニャ「どうしようもないんだ。分かってくれやすな…」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:27:08.82 ID:GeYbmpzz0


やすな「……」ギュ

ソーニャ「なっ…//」

やすな「行こう…」グイ

ソーニャ「ちょっ…おい…どこにだよ?」

やすな「遊び」

ソーニャ「遊びって…学校は」

やすな「サボる」

ソーニャ「やすな…そうだな。今日は遊びまくろう」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:32:35.52 ID:GeYbmpzz0


~公園~

やすな「おおぅ!うまぁ!噂に違わぬ逸品だね」

ソーニャ「そうだな」モキュモキュ

ソーニャ「そういや、おまえ昨日食ったんじゃないのか?」

やすな「ん?ああ~売り切れてたから帰ったよ」

ソーニャ「そうか」

やすな「さて、次はー…う~こうも時間あると何するか悩むな~」

ソーニャ「ならカラオケでも行くか」

やすな「あ、いいねいいね」
  ・
  ・
  ・



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:35:53.89 ID:GeYbmpzz0


~カラオケ~

やすな「505号室だって。はい、これドリンクバーのコップ」

ソーニャ「――!…なぁやすな、私達この店に来るの初めてだよな」

やすな「うん、そーだよ?」

ソーニャ「なんだこの悪寒は…いいか!おまえ絶対余計なことするなよ!」

やすな「へ?」

古畑「ん~ふふふ。あ、この店ソフトクリームもあるんだ」

~505号室~

やすな「キルミーベイベー♪どしたのわさわさ♪」

ソーニャ「キルミーベイベー♪なんでもナーミン♪」
  ・
  ・
  ・



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:39:36.72 ID:GeYbmpzz0


~ボーリング場~

ソーニャ「はっ!」…ガラァァ

やすな「おお!ストライク」

ソーニャ「ま、こんなもんだ」

やすな「私も負けてられない…とぅ!」ゴンッ…

ソーニャ「ぶは!あはははは!ゴンっなんだよ!なんで上に投げてんだよ」

やすな「指が引っかかっただけだもん!つ、次で全部倒せばスペアだし」

やすな「おりゃぁ!」ゴロゴロ…カァン

やすな「あれ?1本…」
  ・
  ・
  ・



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:43:15.58 ID:GeYbmpzz0


~ゲーセン~

やすな「あ、このぬいぐるみ可愛い」

ソーニャ「これくらいなら取ってやるよ」チャリン

やすな「え?いいの?」

ソーニャ「まぁ見てろよ」ウィィィン…ポロ

ソーニャ「あれ…」

やすな「ぷっ…」ニヤニヤ

ソーニャ「ああ?」

やすな「なんでも、ありません」

ソーニャ「くそ!もう1回だ」チャリン

ソーニャ「重心を狙って…」ウィィィン…ポロ

やすな「ぷ…くぅ…」プルプル



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:47:42.08 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「ぁぁぁああああ!もう1回!」チャリン

ソーニャ「絶対取ってやる…」ウィィィン…ポロ

やすな「あはははは!3回も同じミスしてやんの!」

ソーニャ「ならおまえがやってみろ」イラ

やすな「この配置だったら持ち上げるんじゃなくてさ」チャリン

やすな「頭のとこアームで押してあげれば…」ウィィン…コトン

やすな「ほら獲れた!」

ソーニャ「うわ~…」

やすな「え?その可哀想な人を見る目はなに?」
  ・
  ・
  ・



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:52:02.33 ID:GeYbmpzz0


~夕方~

やすな「いや~今日は遊んだ遊んだ!」

ソーニャ「そうだな」

やすな「ねぇソーニャちゃん。今日家に泊まりに来ない?」

ソーニャ「…すまん。これから引っ越しの準備とかあるから」

やすな「そ…っか。なら仕方ないね」シュン

ソーニャ「やすな…」

やすな「あ、そうだ!このぬいぐるみ、ソーニャちゃんにあげるね」

ソーニャ「いいのか?これ気に入ってたんじゃ…」

やすな「いいよ。お別れの記念」

ソーニャ「…ありがとう。大切にする」ウルウル



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:55:39.86 ID:GeYbmpzz0


やすな「これを私だと思って、夜に抱いて寝てもいいんだよ?ぷぷぷっ!」

ソーニャ「ぬぁ!そ、そのネタはもう忘れろ!」

やすな「えぇ~どーしよっかなー」ニヤニヤ

ソーニャ「でないと記憶全部吹っ飛ばすからな」ギラ

やすな「あん、嘘ぉ、忘れるから許して」

ソーニャ「まったく、おまえってヤツは最後の最後まで…」

やすな「えへへ」

やすな「……」

やすな「……これでお別れだね」

ソーニャ「ああ」

やすな「私、ソーニャちゃんと友達になれてよかった」

ソーニャ「ああ」

やすな「それじゃ…またね」ダッ

ソーニャ「……」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:59:43.16 ID:GeYbmpzz0


あぎり「ホントにいいんですか~?」

ソーニャ「何がだ?」

あぎり「転校、嘘ですよね~」

ソーニャ「……」

ソーニャ「アイツの父親を殺すか…命令拒否で私が殺されるか」

ソーニャ「答えなんて簡単だろ」

あぎり「ソーニャ……」

ソーニャ「ああ、そうだあぎり。これ、やすなに渡してくれ」スッ

あぎり「ナイフですか~?」

ソーニャ「一番大事にしてたやつだ。貰ってばっかりじゃ悪いからな」

あぎり「…はい~確かに預かりました~」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:05:28.77 ID:GeYbmpzz0


あぎり「ソーニャ、一言いっても~?」

ソーニャ「なんだ?」

あぎり「冷静になってください~」

ソーニャ「わ、私は冷静だ!」

あぎり「死ぬ覚悟まであるのなら、この選択は間違ってます~」

ソーニャ「なっ――!」

あぎり「あなたが死んでも、何も変わりませんよ~」

ソーニャ「うるさい!黙れ!」

あぎり「ソーニャは自分を過小評価しすぎです~」

ソーニャ「黙れ…黙れ!」

あぎり「もっと大局を見て判断して――」

ソーニャ「もうほっといてくれ!!」ダッ

あぎり「……」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:09:14.53 ID:GeYbmpzz0


~翌週~

やすな「グーテン モルゲン!私、折部やすな。たぶん高校生!」

やすな「あ、おはようございまーす」

あぎり「おはようございます~」

あぎり「なぜ構えてるんですか~?」

やすな「あ、いやぁ…いつもの癖で」

あぎり「そうでした~これ、ソーニャからです~」

やすな「ナイフ…ですか」

あぎり「ぬいぐるみのお礼だそうです~」

やすな「はは…ソーニャちゃんらしいなぁ」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:12:44.95 ID:GeYbmpzz0


やすな「あぎりさんはソーニャちゃんの連絡先知ってるんですよね?」

あぎり「…残念ながら私も分からないんです~」

やすな「そうですか…」

あぎり「ではこれで失礼しますね~」シュタッ

やすな「…」

やすな「……」ピッ

『お掛けになった番号は、現在使わ……』

やすな「……」ピッピッ

『~送信エラー~アドレスをご確認の上…』

やすな「…」パタン

やすな「ソーニャちゃんのバカ…ホントに変えなくたっていいじゃん」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:17:25.62 ID:GeYbmpzz0


~数週間後~

prrrr...

ソーニャ「はい」

あぎり『ソーニャ!!』

ソーニャ「あぎりか…そんな慌ててどうしたんだ?」

あぎり『やすなさんが…やすなさんが~!!』

ソーニャ「お、おい!!やすながどうしたんだ!」

あぎり『それが…交通事故で…』

ソーニャ「まさか…やすなは無事なのか!?」

あぎり『やすなさんは無事ですが……ご両親が…』

ソーニャ「なっ……嘘だろ…?」

あぎり『……』

ソーニャ「嘘だと言ってくれよ!」

あぎり『…残念ですが~』



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:20:53.14 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「な…んで、私は何も…」

あぎり『組織が別の殺し屋を送ったんです~』

ソーニャ「そ…んな…」

あぎり『だから、あなたが死んでも変わらないと~』

ソーニャ「なら…なんで私は生きてるんだ……?」

あぎり『別に組織はあなたを殺したりしませんよ~』

ソーニャ「え……」

あぎり『ソーニャは組織の中でもトップクラスですから~一度の拒否で殺したりしませんよ~』

あぎり『それに~あなたを消すための損害を考えれば、今回は不問にして別の者を送るのが合理的です~』

ソーニャ「そん…な……」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:25:34.93 ID:GeYbmpzz0


あぎり『忠告はしたはずですよ~』

ソーニャ「私は…私はどうすれば…よかったんだ?」フルフル

あぎり『あの状況だと~死んででもやすなさん達を守る、ですかね~』

ソーニャ「そこまで分かってて…どうしてぇ…」ポロポロ

あぎり『裏切りを唆したとなれば、私も消されちゃいますから~』

ソーニャ「あ…あぁぁ……ぅぁぁあああああああ!」

あぎり『え~と~…やすなさんの居る病院…言いますね~』



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:29:51.99 ID:GeYbmpzz0


~病院~

ソーニャ「やすな!!」ガラッ

やすな「…あれ……ソーニャちゃん?なんで…?」

ソーニャ「やすな…やすなぁ…やすなぁ!」ギュウ

やすな「いたた…//そんな強くしないでよぉ」テレ

ソーニャ「ごめん…私のせいだ……私のせいでこんな…グスッ…」

やすな「そ、ソーニャちゃんのせいじゃないよぉ~」

ソーニャ「いいや!私のせだ!あぎりから全部聞いた…」

やすな「ソーニャちゃん…」

ソーニャ「ごめんなさいっ……えぐ…ごめん…ひっく…なさい…」ポロポロ

やすな「あぁんほら、泣かないの。殺し屋のイメージ総崩れだよぉ」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:35:03.62 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「う…ぅうああああん…」

やすな「……」ギュ

やすな「……落ち着いた?」

ソーニャ「ああ…」

やすな「私もあぎりさんから聞いたよ」

ソーニャ「ごめん…」

やすな「ううん。ソーニャちゃんは悪くない」

ソーニャ「でも、私なら助けられたかも知れない…」

やすな「そんなの間違ってるよ!」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:43:12.15 ID:GeYbmpzz0


やすな「いま私ね、すごい嬉しいんだ…」

やすな「お母さんと…お父さん…グス…死ん…じゃったけど」ポロポロ

やすな「ソーニャちゃんに…うぅ……また…会…っ…えたから」ポロポロ

ソーニャ「……」ギュ

やすな「おあぁさん…えぐ…おとぉさ…ん…」

あぎり(すごく出にくい雰囲気ですね~)
  ・
  ・
  ・



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:48:15.51 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「なぁ」

やすな「ん~?」

ソーニャ「これからどうするんだ?」

やすな「これから?…あんまり考えたくない…」

ソーニャ「そ、その…おまえが良かったらだが」

ソーニャ「うちで…暮らさないか?」

やすな「ソーニャちゃんの?」

ソーニャ「ああ」

やすな「いいの?」

ソーニャ「お、おまえを1人にしとくと、ろくな生活しそうにないからな」

やすな「ソーニャちゃん…」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:54:05.28 ID:GeYbmpzz0


やすな「でもうち持ち家だよ?」エヘ

ソーニャ「売れ!」

やすな「そ、そんな横暴な…」

ソーニャ「いいから、やすなは私と暮らすんだ!」

やすな「……//」コクン

あぎり(お花が枯れる前には出たいですね~)

ソーニャ「そういや…身体は大丈夫なのか?」

やすな「そういやって…」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:00:21.51 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「いや、悪い。元気そうだったから忘れてた…」

やすな「またまた~すっごい心配だったんだろぉ 言っちゃいなよベイビィ?」ゴギィ

やすな「あぁん!ごめん!!死んじゃう!ホントに死んじゃうからぁ!」チーン

ソーニャ「あ、逝った」

あぎり「ソーニャ~」

ソーニャ「あぎり…」

あぎり「はい、これ」

ソーニャ「花束…やすなにか」

あぎり「いいえ。ソーニャに~」

ソーニャ「私に?」

あぎり「餞別です」カチャ

ソーニャ「なっ…」

パァン…



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:05:26.09 ID:GeYbmpzz0


あぎり「嘘ですよ~」

ソーニャ「玩具……」

あぎり「やすなさんを騙した罰です~ソーニャが居なくなってから、やすなさんずっと元気がなかったんですよ~」

ソーニャ「……//」

あぎり「ちなみに~、ソーニャちゃんと呼び間違えられること47回~そぎりさん9回です~」

ソーニャ「んなこと、いちいち数えるな」

やすな「んぁ…あれ、あぎりさん」

あぎり「おはようございます~」ヒョイ

ソーニャ「あ」

あぎり「これお見舞いです~」

やすな「わあ!綺麗!ありがとうございます、あぎりさん」

あぎり「早く良くなってくださいね~」

やすな「はい。ていうかほとんど怪我はなくてこれも検査入院だったり…」

ソーニャ「ぁんだと?」ギロ

やすな「ゴホッ…ゴホッ…いやぁホントは危篤だったよぉ」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:11:02.13 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「おい!あぎり!」

あぎり「はい~?」

ソーニャ「どういうことだ?」

あぎり「あ~れ~。私~やすなさんが~としか言ってませんよ~」

ソーニャ「こんのぉ…」ギリ

あぎり「うふふ~」ピ

『「やすな!!」ガラッ「…あれ……ソーニャちゃん?なんで…?」「やすな…やすなぁ…やすなぁ!」』

ソーニャ「ぁ…ぁあ///」カァァ

ソーニャ「消せ!今すぐ消せえええ!!」
  ・
  ・
  ・



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:15:53.89 ID:GeYbmpzz0


~ソーニャ宅~

やすな「わぁ~!すごい!広い!」キラキラ

ソーニャ「こら、うろちょろするな」

やすな「でも良いの?私に家の場所教えて」

ソーヤ「そりゃ、住むんだから教えるだろ」

やすな「わ、テレビおっきい!」

ソーニャ「聞けよ」

やすな「このドアの先は~」ガチャ

ソーニャ「あっ待て!そこは」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:21:17.41 ID:GeYbmpzz0


やすな「おおう、寝室!そして…とぅ!」ボフ

ソーニャ「こら!」

やすな「ふかふか~ぁ!そしてソーニャちゃんの匂――ぐほぁ!」ガン

ソーニャ「///ははは恥ずかしいこと言うな!!!」

やすな「いたた、冗談だってもぅ…あ、これ私があげたぬいぐるみ」ニヘラ

ソーニャ「///…るさい」

やすな「おやぁ、お主照れてますなぁ~」ニヤニヤ

あぎり「楽しそうですね~」

ソーニャ「うわっ…あぎり、どうやって」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:29:35.03 ID:GeYbmpzz0


あぎり「忍法鍵開けの術です~」チャラ

やすな「ピッキング……」

ソーニャ「ここはマンションの10階だぞ」

あぎり「大変でした~」プラン

やすな「鉤縄……」

ソーニャ「がんばったな…」

あぎり「そんなことより~朗報です~」

ソーニャ「朗報?」

あぎり「組織から裏切り者を始末するよう指令がきました~」

やすな「うわ・・いきなり物騒な話題が…」

ソーニャ「それって…」

あぎり「ソーニャの代わりにやすなさんの両親を~…アレした人物です~」

やすな「なんか気をつかわれた!」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:35:48.80 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「そいつは!そいつはどこに居るんだあぎり!」ギ…

あぎり「とりあえず、手を離してください~」

ソーニャ「…悪い」スッ

あぎり「目標は地図の場所に誘い出しておきました~」ピラ

ソーニャ「あぎり、やすなを見張っててくれ」スチャ

やすな「だ、だめだよソーニャちゃん!」

やすな「私はもう大丈夫だから!だから…」

やすな「ソーニャちゃんが居るから私笑ってられるんだよ?」

やすな「なのにソーニャちゃんまで…いなくなったら」グス

ソーニャ「行ってくる」

やすな「ソーニャちゃん!!」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:41:16.66 ID:GeYbmpzz0


~倉庫街~

殺し屋「ふっ…やはり罠だったか…」

殺し屋「だが、何の策もなく俺が来ると思ったか!」

殺し屋「残念だがおまえにはここで死んで貰う」

殺し屋「さあ!出てこい!おまえの居場所は分かっているぞ!」

殺し屋「……」フッ

殺し屋「さては怖じ気づいたな!」

ソーニャ「Bの15…Bの15…あぁこの倉庫か」

殺し屋「……え」

ソーニャ「あ、悪い。いま来た」

殺し屋「な////は、謀ったな貴様!」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:47:37.53 ID:GeYbmpzz0


殺し屋「ええい!くたばれ!」パン

ソーニャ「下手だな」サッ

殺し屋「速い…くそ!」パンッパンッ

ソーニャ「おまえが遅すぎるんだ」シュッ

殺し屋「ぐぁ…!こうなれば!」ダッ

ソーニャ「あ!くそ…どこに行った!」シ

グォン……ガン!ガラガラガラ…

殺し屋「死ねぇええ!」ガガガガガ…

ソーニャ「なっうわ!そ、装甲車なんて卑怯だぞ!」



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:52:34.08 ID:GeYbmpzz0


殺し屋「黙れ!」ガガガガガ…

ソーニャ「くそ!」ビシッ

ソーニャ「うぐぁ――!」

やすな「ソーニャちゃん!」

ソーニャ「なんでやすなが…はっ!だ、ダメだ!来るな!」ドン

殺し屋「そこまでだ(キリ」ガガガガガ…

やすな「……」

ソーニャ「やす…な?やすな?やすなぁぁあああ!!」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:55:34.30 ID:GeYbmpzz0


殺し屋「チッ邪魔が入ったか…だが今度こそ終わりだ!」コロコロ…ドォン

殺し屋「ぬわ!な、何だ」

やすな「あれぇ…火遁の術が効かない…」

ソーニャ「やすな…ならこれは…丸太?」

やすな「ふははは!忍法身代わりの術!あぎりさんと特訓して良かったよ~」ウンウン

ソーニャ「逃げろ!やすな!おまえが敵う相手じゃない!」

やすな「大丈夫大丈夫!くらえ!忍法金遁の術ぅ!」シュパパッ

殺し屋「馬鹿め!コイツにはAPSがある!ロケットなど効かぬわ!」ガガガ…ドガン――シュッ

殺し屋「な――!なんだと!」ドガアァァン!

やすな「アァルピィジィ30!!」ブイ



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:58:19.39 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「やすな…はぁ、良かった」ペタン

あぎり「お見事でした~」パチパチ

やすな「いやぁ」テレテレ

あぎり「これで免許皆伝ですね~」

やすな「え?ホントですか?」

あぎり「はい~これは、お祝いです」ハイ

やすな「えぇと…」

あぎり「ひよこです」銘菓!

あぎり「ソーニャもおひとつどうぞ~」

ソーニャ「あぁ、悪いな。それにしても、やすな才能あるんじゃないか?」

やすな「なんの?」

ソーニャ「殺し」

やすな「えぇ!やだよそんな物騒な才能」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:02:02.72 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「そうか、おまえとは良いパートナーになれると思ったんだがな」

やすな「人生の?」ニマァ

ソーニャ「っ//…くたばれ」グギギ…

やすな「いだだだ!腰!折れる!おれるぅ!」バタバタ

ソーニャ「ったく…変なことばっかり言いやがって」

やすな「変じゃないもん!本気だもん」プンプン

ソーニャ「な、ななな////なに言ってんだ!私は…//別にやすなのことなんて」

やすな「うはっ!デレた!」

ソーニャ「死ねぇえ!いま死ねぇえ////」パンッパンッパンッ

やすな「あ!まっ!それぇっホンモノぉ」

ソーニャ「はぁー…はぁー…」



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:05:41.36 ID:GeYbmpzz0


やすな「でも、半分はホントだよ?」

ソーニャ「え…」

やすな「これからもずっと、ソーニャちゃんと一緒にいたい……な?」

ソーニャ「///わ、私も!私もホントは…やすなのこと好きだ///」モジモジ

やすな「…ぷ!はははは!」ピ

『わ、私も!私もホントは…やすなのこと好きだ///』

ソーニャ「なぁあああ!てめぇ!」

やすな「やーい!やーい!」ダッ

『やすなのこと好きだ///』

『好きだ///』

ソーニャ「ループすんなああああ!!!!!」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:11:17.23 ID:GeYbmpzz0


あぎり「置いてかれました~」グスン

殺し屋「う…うぐ……」

あぎり「ど~ぞ~」スッ

殺し屋「……」

あぎり「ひよこです」銘菓!

  To be continued



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:12:35.20 ID:GeYbmpzz0



~数年後~

やすな「ソーニャちゃんおつかれ~」

ソーニャ「ああ。やすなもサポートありがとな」

やすな「あれぐらお安いご用だよ~」

ソーニャ「さてと、じゃあ行くか」

やすな「ええ!ちょっとくらい観光とかしてかないの?」

ソーニャ「急な任務が入ったから無理」

やすな「え~ソーニャちゃんのケチ」

ソーニャ「命令だから仕方ない」

やすな「くそぅくそぅ!組織の馬鹿野郎ぅ」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:14:17.49 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「はぁ…これが終わったら休暇もらえるみたいだから、好きなとこ連れてってやるよ」

やすな「え?ホント?やった!ほらソーニャちゃん、ぐずぐずしてないで早く次行くよ」

ソーニャ「…やっぱやめるか」イラ

やすな「ぁぁああ!ソーニャ様お疲れでしょう、目的地まで私が運転いたします」

ソーニャ「ん?そうか、よろしく」

やすな「え?それだけ?」

ソーニャ「分かった分かった。旅行にも連れてってやるから」

やすな「約束だよ?」

ソーニャ「あぁ、約束だ」

やすな「っぷは!死亡フラグ―ボギッ―ぐほぉ!」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:18:06.69 ID:GeYbmpzz0


やすな「Baby Ground, Cessna 847F, at North Parking, Request taxi」

無線『Cessna 847F, Baby Ground, Runway 8, via Taxiway Charlie』

やすな「847F」

やすな「…で、次はどんな人?」

ソーニャ「ん」ピラ

やすな「おおう…大企業の会長さんじゃん」

ソーニャ「いま休暇中らしいからな。そこを狙う」

やすな「気をつけてね。命は大切にだよ」

ソーニャ「殺し屋の言う台詞か!それに、その…心配しなくたって私は必ず帰るから…」

やすな「うん…絶対だよ?これのローンも残ってるし、帰ってきてもらわなきゃ私が生活出来ない」

ソーニャ「おいコラ…おまえの心配はそっちか!」ゴキ

やすな「ぁぁああ!嘘!嘘ぉ!ソーニャちゃんのことすっごく心配!」タップタップ



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:22:37.02 ID:GeYbmpzz0


無線『Cessna 847F, Baby Ground, Contact Baby Tower 119.6』

やすな「ほらぁ!無線!無線きてるからぁ!」

ソーニャ「ったく…」

やすな「ふぅ…たすかったぁ…」

やすな「Ground, Cessna 847F, Contact Baby Tower 119.6」

やすな「Tower, Cessna 847F, Ready for departure」

無線『Cessna 847F, Baby Tower, Wind 017 at 4, Runway 8』

あぎり『Cleard for takeoff~☆』

ソーニャ「…いま凄く聞き覚えのある声がしなかったか?」

やすな「き、気のせいだよたぶん…ささ、出発進行ぉ!」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:24:20.59 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「…V1」

やすな「へい!」

ソーニャ「VR」

やすな「あいよ!」

ソーニャ「V2」

やすな「お待ちぃ!」

ソーニャ「その変な合いの手やめろ」

ソーニャ「ポジティブレイト、ギアアップ」

やすな「合点だい!」

ソーニャ「フラップス、アップ」グイィ

やすな「いだだだだ!ちょ、やめ!わかった!もうしない、しないからぁ」



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:25:11.04 ID:GeYbmpzz0


ソーニャ「まったく…次やったら海に落とすからな」

やすな「落と――っぷ!あははは」

ソーニャ「な、なにが可笑しいんだよ」

やすな「桂ァ!いま何キロ!?」

ソーニャ「落ちろ」ゴンッ

やすな「痛った!!いきなりなにすんのもぅ」

ソーニャ「おまえのせいだ!」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:27:32.06 ID:GeYbmpzz0


やすな「…ねぇソーニャちゃん」

ソーニャ「ああ?」

やすな「このままお空のランデブーだね」

ソーニャ「……勝手にしろ」

やすな「ぷっ!デレた!」

ソーニャ「ふんっ」ゴン

やすな「あぁんっ!」

 The End



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:28:20.89 ID:hNbOMPfL0


乙です~


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:29:38.18 ID:NMcwcv7yO


最後の方何やってんのかわからん


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:31:00.22 ID:GeYbmpzz0


長々とありがとうございました
実は最後のかっこいいやすなが書きたかっただけなんです

>>93
飛行機です



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:34:58.06 ID:F1PR6qxG0





101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:56:00.93 ID:GeYbmpzz0


なんか自己満足ですまん
いるか分からないけど訳も上げとく

やすな「Baby Ground, Cessna 847F, at North Parking, Request taxi」
   (Baby グラウンド,セスナ847Fです,現在北の駐機場,タキシング許可をを願いします)

無線『Cessna 847F, Baby Ground, Runway 8, via Taxiway Charlie』
  (セスナ847F,Babyグラウンドです,タキシウェイチャーリーを通って滑走路8へ向かってください)

やすな「847F」
   (了解)

無線『Cessna 847F, Baby Ground, Contact Baby Tower 119.6』
  (セスナ847F,Babyグラウンドです,Babyタワーに繋いでください,周波数は119.6です)

やすな「Ground, Cessna 847F, Contact Baby Tower 119.6」
   (Baby グラウンド,セスナ847Fです,周波数119.6了解しました,Babyタワーに繋ぎます)

やすな「Tower, Cessna 847F, Ready for departure」
   (Babyタワー,セスナ847Fです,離陸準備完了しました)

無線『Cessna 847F, Baby Tower, Wind 017 at 4, Runway 8』
  (セスナ847F,Babyタワーです,滑走路8の風向は017,風速は4です)

あぎり『Cleard for takeoff~☆』
   (離陸に支障ありませんよ~☆)



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 03:56:09.86 ID:t80Sqbuw0


乙乙


関連記事
[ 2012/03/09 23:32 ] キルミーSS | コメント(0)

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/441-9348947a


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ