FC2ブログ









千歳「ハッピーバースデー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 09:52:19.20 ID:RSCZM67z0


-放課後 生徒会室-


千歳「綾乃ちゃん、遅いなぁ・・・」

千歳「今日はダンボール二箱分の書類整理せなあかんのに・・・」

千歳「大室さんも古谷さんも、今日は休む言うてたし・・・」


千歳「『先に生徒会室に行ってて』なんて言ってたけど、どうしたんやろなぁ・・・」


千歳「今日の綾乃ちゃん、やけにソワソワしてたし・・・」


ガラッ





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 09:54:20.50 ID:RSCZM67z0


綾乃「遅れてごめんね、千歳」


千歳「あ、綾乃ちゃん!待ってたで~」

千歳「それにしても何してたん?やけに今日は遅かったけど・・・」


綾乃「そ、それがね・・・・」

綾乃「・・・・・・」


綾乃「歳納京子に・・・・告白しようって思って・・・」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 09:56:48.85 ID:RSCZM67z0


千歳「・・・・・へ?」


綾乃「そ、その・・・歳納京子に、告白しようとしたの・・・」


千歳「・・・えぇ!!?・・・じ、じゃあ今さっきまで歳納さんとこ行ってたんか!?」


綾乃「・・・・」コクッ



千歳「そ・・・それでどうなったん・・・?」


綾乃「そ、それがその・・・・・」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 09:58:37.41 ID:RSCZM67z0


-数十分前 廊下-

綾乃(よし、心の準備も出来た・・・あとは素直になってこの気持ちを・・・・)


京子「綾乃ー、話したいことってなにー?」テクテク

綾乃(って!もう来ちゃった!!)アセアセ


綾乃「そ、その・・・歳納京子・・・」

京子「え?何ー?」グイッ


綾乃(って、顔近いわよ!そんなに見つめられると・・・///)


綾乃「そ・・・その・・・」

綾乃「も、もし、良かったら、わ・・・私と・・・」

京子「?」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:01:40.03 ID:RSCZM67z0


綾乃「私と・・・その・・・今日・・・一緒に・・・帰らない?」


京子「おぉ!!綾乃と一緒に帰れるの!?やりぃー!!」

京子「綾乃と一緒に帰る日なんてそうそうないもんなぁ~」


綾乃「あ・・・これは・・・その・・・」


京子「それじゃ放課後に校門の前で待ち合わせなー!ばびゅーん☆」タタタッ



綾乃「あうぅ・・・///」プシュー



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:05:51.60 ID:RSCZM67z0




綾乃「・・・・と、こんな感じでありまして・・・」


千歳「あはは、何か綾乃ちゃんらしいなぁ~」

千歳「でも、どうしてうちを呼んでくれなかったん?手助けもしてあげたのに・・・」


綾乃「ううん、いいの」

綾乃「私、いつも千歳に助けられてるし・・・」

綾乃「ずっと頼りっぱなしもどうかと思ってね・・・」


千歳「綾乃ちゃん・・・」

綾乃「でも、やっぱり駄目だったわ」

綾乃「これからも、ずっとこんな感じで・・・」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:08:53.88 ID:RSCZM67z0


千歳「綾乃ちゃん、なにゆーてんの」

千歳「うちは、ずっと綾乃ちゃんの味方やで」

千歳「綾乃ちゃんが困ったときは、遠慮なくうちに頼ってええねん」

綾乃「千歳・・・」


千歳「それで綾乃ちゃんの恋が成就するなら・・・」


千歳「それで綾乃ちゃんが幸せになるなら、うちも幸せや」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:14:45.81 ID:RSCZM67z0


綾乃「・・・・・・・」

綾乃「ホント駄目ね、私って」

千歳「綾乃ちゃん・・・?」

綾乃「こんなに決心しても、いざ面と向かったら取り乱しちゃって・・・」


綾乃「やっぱり私、千歳が居ないと駄目みたい」

千歳「綾乃ちゃん・・・」


綾乃「その・・・千歳・・・」


綾乃「これからも、千歳に頼っていいかしら?・・・」


千歳「もちろんやで!!」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:21:43.76 ID:RSCZM67z0


綾乃「さーて、張り切って生徒会の仕事を・・・」


千歳「あ、綾乃ちゃん、もうこんな時間やで」



綾乃「!!と、歳納京子との約束の時間・・・」

千歳「綾乃ちゃん、はよ歳納さんとこ行ってき」

綾乃「で、でも、生徒会の仕事が・・・」


千歳「大丈夫や、今日はうちが全部やったるから」

綾乃「それじゃあ千歳に悪い・・・」

千歳「何ゆーてんの綾乃ちゃん、恋人を待たせたらあかんで?」

綾乃「こ、恋人って・・・///」


千歳「うちは平気や、さっきも言ったやろ?『遠慮無くうちに頼ったらええ』って」

綾乃「う、うん・・・」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:28:10.03 ID:RSCZM67z0


千歳「それに、今日の書類整理はダンボール半箱分くらいしかないんやし」

千歳「うち一人でも問題ないで?」


綾乃「そ、そうなの・・・?」

綾乃「それなら、お願いしようかしら・・・」


千歳「・・・・・」ニコニコ



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:34:23.33 ID:RSCZM67z0


綾乃「あ、そうだ・・・これ」ガサゴソ

綾乃「はい、どうぞ」スッ


千歳「・・・なんや、これ?」

千歳「赤い箱と・・・青い箱?」

綾乃「今日、誕生日でしょ?千歳と千鶴さん」


綾乃「これ、私から2人への誕生日プレゼントね!」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:36:15.25 ID:RSCZM67z0



千歳「あ・・・誕生日、覚えててくれとったんか・・・」


綾乃「当たり前でしょ、親友だもの!」

千歳「・・・・・・」


千歳「ありがとな、綾乃ちゃん・・・」

綾乃「まぁ、大したものじゃないけどね・・・」アハハ


千歳「ううん、とっても嬉しい」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:42:56.74 ID:RSCZM67z0



綾乃「じゃあ・・・行ってくるわね」

千歳「いってらっしゃーい」

千歳「歳納さんとお幸せになぁ~・・・」



千歳「・・・・・・行ってしもーたな、あはは・・・」



千歳「さーてと、早速仕事せなあかんな・・・」


千歳「今日中に終わるとええなぁ・・・」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:47:09.84 ID:RSCZM67z0


-帰り道-


京子「いや~、今日は結衣達が居ないからつまんなかったんだよね~」

綾乃「そ・・・そうなんだ・・・///」


綾乃(うう・・・夕日がのお陰で照れてるのが誤魔化せて良かったわ・・・)



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:50:27.15 ID:RSCZM67z0



京子「ところでさ、どうして綾乃は私の事フルネームで呼ぶの?」

綾乃「そ、それは・・・」


京子「もしかして綾乃って・・・私の事きら・・・」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 10:56:47.23 ID:RSCZM67z0


綾乃「そ、そんなわけ無いでしょ!!」


京子「え?じゃあ私の事が好きなの??」


綾乃「な・・・だ、誰があなたの事なんか!!!・・・」///



京子「ふーん・・・

京子「なんかよく分からないなぁ、綾乃って」


綾乃「くぅ・・・///」プシュー



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 11:06:13.89 ID:RSCZM67z0


京子「でもさ、私達って友達じゃん!!」

京子「結衣、綾乃、ちなつちゃん、あかり、千歳、千鶴、ひまっちゃんと櫻子ちゃん」

京子「みんな、ね!」


綾乃「・・・そうね」フフッ



京子「だから私は、皆と過ごす楽しい毎日がずっと続けばいいのになぁーって思うんだ」


京子「・・・変だったかな?」


綾乃「ううん、あなたらしくて良いと思うわ」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 11:15:29.86 ID:RSCZM67z0


京子「うーん・・・」

京子「やっぱ綾乃の笑顔って可愛いなぁー」


綾乃「え!?あ、あの・・・これはその・・・」///



京子「あははー!綾乃顔真っ赤じゃん!!」


綾乃「くぅぅ・・・」///



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 11:24:33.94 ID:RSCZM67z0


京子「綾乃ー」

綾乃「何?」


京子「また・・・海にでも行こ―ぜ・・・」

京子「みんなで楽しい思い出いっぱい作ってさ・・・」

綾乃「ええ・・・」




京子「そーいえばさ、綾乃」

綾乃「なによ?」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 11:30:25.87 ID:RSCZM67z0


京子「いくら夜の海だからって、浴衣にノーブラノーパンはないとおもうぜ?」


綾乃「あ!あれはただの事故だってばぁぁぁぁぁ!!!!」////


京子「ホントに~?」ニヤニヤ

京子「生徒会副会長でありながら、あんな趣味がおありのようで~・・・」オホホ


綾乃「この・・・歳納京子!待ちなさいよー!!!」



京子「おほほほほ~♪」タタタッ

綾乃「こらぁぁぁ!!」タタタッ



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 11:40:39.92 ID:RSCZM67z0


-夜(19時くらい)  生徒会室-

千歳「ふぅ・・・やっと終わった」


千歳「すっかり夜になってもーたなぁ・・・」

千歳「先生に延刻出しといて正解やったな」




千歳「綾乃ちゃん、歳納さんと仲良く帰れたかなぁ・・・」


千歳「いや、あの二人なら心配あらへんやろ」



千歳「・・・・・・・・」


千歳「綾乃ちゃん・・・」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 11:53:53.88 ID:RSCZM67z0



―ウチが初めて綾乃ちゃんと出会ったのは、始業式の教室―


「・・・・・・」


教室の隅で縮こまってる、可愛い女の子

一人ぼっちで緊張しているその子を見ていると、なんだかほっとけなくて


「あのー・・・」

「何ですか・・・・?」

「うち、池田千歳って言います、あなたの名前は?」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 12:07:10.44 ID:RSCZM67z0


「・・・・・綾乃」

「杉浦・・・・綾乃です・・・・」


千歳「綾乃ちゃんっていうん?可愛い名前やなぁ~」

綾乃「うぅ・・・///」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 12:19:02.88 ID:RSCZM67z0


千歳「もしよかったらその・・・うちの、友達になってくれませんか・・・?」


綾乃「わ、私なんかで良かったら・・・・はい・・・・・」


千歳「あはは~、そんな肩苦しく話さなくても困るで~」

千歳「うちら、同い年やろ?」


綾乃「あ・・・うん・・・」カアァァ///




どうして私は、あの子に対してあんなに積極的だったのだろう。


それは・・・。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 12:27:11.75 ID:RSCZM67z0




きっと、あの子に・・・綾乃ちゃんに、一目惚れしたんだと思う・・・



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 12:40:25.45 ID:RSCZM67z0



千歳「うちは・・・」

千歳「うちは綾乃ちゃんが好き・・・・・せやけど」


千歳「綾乃ちゃんには歳納さんがおる・・・」

千歳「綾乃ちゃんは歳納さんの事が好き・・・」


千歳「せやから、うちが綾乃ちゃんの事好きになるって事は、
      綾乃ちゃんの恋の邪魔をしてしまうってことなんや・・・」


千歳「うちが綾乃ちゃんの幸せを奪うなんて・・・」


千歳「そんなの、絶対イヤや」ポタッ・・・ポタッ・・・



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 12:52:43.69 ID:RSCZM67z0



千歳「あかんあかん、もうこの気持ちは、二度と思い出さないようしてたのに・・・」ゴシゴシ



千歳「・・・さっさと帰らな・・・あ」


千歳「雪が降っとる・・・」

千歳「いや・・・これは霙やな・・・」


千歳「どないしよ・・・今日傘持ってきてないのに・・・」



千歳「・・・困ったなぁ」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 13:04:13.29 ID:RSCZM67z0


-昇降口-


ザアアアア・・・・


千歳「予想以上に降っとるなぁ・・・」


千歳「こりゃあ風邪引いてまうかもな~・・・」アハハ


千歳「外も真っ暗やし、さっさと走って帰らな・・・・」タタタッ




千歳「・・・・・痛っ!!」ズキッ



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 13:16:03.42 ID:RSCZM67z0


-夜 帰り道-

ザアアアアアアア・・・・

千歳「はは・・・今日の体育で右足首捻ってたの忘れてたわぁ~・・・」

千歳「傘がないのに、歩いて帰るなんてなんて・・・」

千歳「なぁ、綾乃ちゃ・・・」



千歳「あ、そやった・・・綾乃ちゃんはとっくに歳納さんと一緒に・・・」

千歳「・・・・・・」


千歳「霙って、結構痛いんやね」

千歳「眼鏡、ヒビ入ってまうかもなぁ・・・」アハハ



千歳「・・・・・」


千歳「綾乃ちゃぁん・・・・」グスッ



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 13:23:35.79 ID:RSCZM67z0


千歳「ん・・・?」


千歳「あれ?こんな時間なのに人影が・・・」



千鶴「あ・・・姉さん・・・」


千歳「ち、千鶴?」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 13:29:35.64 ID:RSCZM67z0



千歳「どうしてこんな所におるん・・・?」


千鶴「その・・・姉さんの帰りがあんまりにも遅いから心配で・・・寂しくて・・・」


千鶴「それに・・・急に霙も降ってきたし・・・姉さん今日傘持って行って無かったから・・・」



千歳「うちなんかの為に、こんな暗い夜道を一人で・・・?」

千鶴「・・・・・・」コクンッ


千歳「・・・・・・・」

千歳「ありがとな、千鶴・・・」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 13:35:38.93 ID:RSCZM67z0



千歳「ほんまにありがとな、千鶴」

千鶴「ううん、気にしないで・・・妹だから・・・」


千歳「妹でも、嬉しいで」



千鶴「ね、姉さん・・・その・・・一緒の傘、入っていい・・・?」


千歳「ふふっ・・・千鶴はほんまに甘えん坊さんやなぁ」

千鶴「ありがとう・・・」


千鶴(やっぱり、姉さんが隣に居ると安心する・・・)



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 13:40:40.10 ID:RSCZM67z0



千鶴「・・・・・寒いね」

千歳「・・・・・せやなぁ」



千鶴「天気予報、外れたね・・・」

千歳「ほんまやなぁ・・・」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 13:47:57.92 ID:RSCZM67z0



千鶴「・・・・・・」スッ


千歳「千鶴・・・・?何でうちの手に千鶴の手被せてるん・・・?」


千鶴「姉さん、寒そうだったから・・・」


千歳「・・・・・・・・・・」




千鶴「姉さんの手、冷たい」

千歳「千鶴の手、温かいで」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 13:59:06.20 ID:RSCZM67z0


-池田家-

千歳「ただいまぁ~」

千鶴「ただいま・・・」



千歳「千鶴、先にお風呂入って体温めてき、その間に夕食の準備しとくから」

千鶴「う、うん・・・」タタタッ



千歳「今日はお婆ちゃん町内会の寄合で遅くなる言うてたなぁ・・・」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 14:21:08.33 ID:RSCZM67z0



千鶴「今日の姉さん、何か寂しそうな顔だったな・・・」

千鶴「あんな姉さん、久しぶりに見た・・・」


千鶴「・・・・・・」


―――――
―――


ガラッ


千歳「あれ・・・千鶴、まだ出てなかったん?」

千鶴「う、うん・・・・」コポコポ

千歳「あはは、すっかり上せとるやん~」

千鶴「う・・・・・」///



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 14:32:26.90 ID:RSCZM67z0



-夕食後 居間-


千鶴「そういえば姉さん、この箱は何?」

千歳「あぁ、それな、綾乃ちゃんからの誕生日プレゼントやねん」

千歳「うちと千鶴、のな」

千鶴「え・・・私にも?・・・」

千歳「だってそうやろ?うちら双子やもん」ニコッ


千鶴「うん・・・・・」

千歳「・・・・開けてみよか」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 14:44:09.03 ID:RSCZM67z0



千歳「これは・・・アネモネ・・・?」

千歳「白いアネモネの・・・ブローチや」

千鶴「素敵・・・・」


千歳「千鶴のは?」


千鶴「私は・・・青紫色の、桔梗のブローチだ」


千歳「小さくてかわええなぁ」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 14:54:19.98 ID:RSCZM67z0



千歳「綾乃ちゃん、お花のブローチとは洒落とるなぁ・・・」


千鶴「今度お礼言わなくちゃね」

―――――
―――



千歳「・・・あ、もうこんな時間や」

千歳「そろそろ寝よか・・・」


千鶴「うん・・・」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 15:03:55.87 ID:RSCZM67z0


-寝室-


千鶴「姉さん・・・」

千歳「んー?」

千鶴「学校で、何かあったの・・・?」


千歳「・・・・・何にも無かったで」


千鶴「嘘言わないで・・・」

千鶴「そうじゃなきゃ、姉さんはあんな寂しそうな顔しないよ・・・・」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 15:11:01.16 ID:RSCZM67z0



千歳「・・・・・・・・・・・」


千鶴「本当に・・・」

千鶴「何も、なかったの・・・?」


千歳「・・・・・ふぅ」

千歳「やっぱり、妹には敵わんなぁ・・・」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 15:20:31.06 ID:RSCZM67z0



千歳「今日な、綾乃ちゃんが歳納さんに告白したんよ」

千鶴「えっ」

千歳「不発やったみたいけど・・・」

千鶴「・・・・・」(ホッ


千歳「それを聞いた時な、少しだけ安心したんよ」

千鶴「・・・・・」


千歳「おかしいやろ・・・?何でうちは・・・・」

千歳「うちは、綾乃ちゃんの恋を応援しとるのに・・・・」



千歳「綾乃ちゃんの告白が失敗したのに、どうしてうちは安心してるん・・・?」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 15:34:55.30 ID:RSCZM67z0



千鶴「それは・・・」


千歳「きっとな・・・」

千歳「綾乃ちゃんが、うちの目の前から消えて欲しくない・・・」

千歳「ずっと、綾乃ちゃんと一緒にいたい・・・」


千歳「きっと、それがうちの本心なんや」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 15:41:18.22 ID:RSCZM67z0



千歳「本当は綾乃ちゃんが好きやのに、綾乃ちゃんの恋を応援しているフリをしている・・・・」


千歳「そのくせ自分は告白する勇気がない臆病者・・・」


千歳「身勝手な恋心で、綾乃ちゃんの幸せを奪おうとする・・・」



千歳「そんな自分に、嫌気がさしただけや」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 15:52:32.40 ID:RSCZM67z0



千鶴「姉さん、それ以上自分を悪く言わないで」

千鶴「そんな姉さんは見たくない・・・・」


千歳「千鶴・・・・」


千鶴「それに私だって・・・・・」


千鶴「私だって、姉さんの恋を影から応援しているんだ」

千歳「え・・・?」


千鶴「どうしてか・・・分かる?」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 15:59:52.10 ID:RSCZM67z0



千鶴「姉さんの幸せそうな笑顔を見るのが、私の一番の幸せだから」


千歳「・・・・・」


千鶴「姉さんが初めて杉浦さんと出会ったあの日・・・」
               

千鶴「杉浦さんの事、私に何て言ってた?」



千歳「それは・・・・」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 16:09:12.91 ID:RSCZM67z0




―――
―――――


千歳『千鶴!』


千歳『うち素敵な子と友達になれたんよ、杉浦綾乃ちゃんゆうて・・・』


千歳『ちょっと人見知りなんかな?自分の席で一人でおったから、
                               声掛けてみたら喜んでくれて・・・』

千歳『笑顔が可愛いねんー』


―――――
―――



千歳「笑顔が・・・」



千歳「笑顔が・・・可愛いって・・・」ヒック・・・



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 16:21:10.05 ID:RSCZM67z0



千鶴「あの時の姉さん、凄く嬉しそうだった・・・」

千鶴「きっとそれが、姉さんの本心だよ・・・」


千歳「千鶴・・・」


千歳「うち・・・綾乃ちゃんの事、大好きや・・・」

千歳「綾乃ちゃんの怒ってる顔も、泣いてる顔も、笑ってる顔も、
               悔しがってる顔も、恥ずかしがってる顔も・・・」

千歳「綾乃ちゃんの『シアワセ』も・・・全部・・・」


千歳「いつもあの子の側に居て・・・あの子の笑顔を見守りたい・・・」

千歳「それが・・・」


千歳「それが、うちにとっての『シアワセ』や・・・」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 16:28:46.31 ID:RSCZM67z0



千歳「千鶴・・・」

千鶴「どうしたの?」


千歳「千鶴のお陰で、心がスッキリしたわぁ」

千鶴「それなら良かった・・・」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 16:35:09.12 ID:RSCZM67z0



千歳「千鶴も・・・」

千歳「千鶴も、何か心に溜め込んでる気持ちがあるんやろ?」

千鶴「えっ・・・」

千鶴「そんなこと・・・ないよ・・・」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 16:43:03.87 ID:RSCZM67z0



千歳「千鶴はほんまに嘘つくのが下手っぴやなぁ」

千鶴「姉さんに言われたくないよ・・・」



千歳「・・・うちと綾乃ちゃんの事?」


千鶴「・・・・・」コクッ


千歳「話してみ?」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 16:51:14.05 ID:RSCZM67z0



千鶴「で、でも・・・」

千歳「千鶴」



ダキッ



千鶴「ね、姉さん!?」

千歳「今度はうちが、千鶴の本心を聞いたるよ」

千鶴「うぅ・・・・・・」



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 16:57:12.21 ID:RSCZM67z0



千鶴「私は・・・姉さんのことが大好きなんだ・・・!!」


千鶴「だから・・・杉浦さんと一緒に・・・幸せになって欲しいんだ・・・!!」


千鶴「私は妹だから・・・それを影から見守りたい・・・」



千鶴「なのにアイツが・・・・歳納がぁ・・・・・・!!」


千鶴「アイツのせいで・・・・姉さんの恋が・・・」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:15:16.76 ID:FsBnImGq0


ゆるゆりの世界観では同性愛は許される雰囲気だけど
姉妹愛はどうなんだろうな



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:20:01.76 ID:RSCZM67z0



千歳「千鶴・・・歳納さんは何も悪くあらへんよ」

千歳「歳納さんもうちの大事な友達・・・『綾乃ちゃんの恋人』なんやから・・・」


千鶴「そんな・・・・」

千歳「それじゃあ、姉さんの幸せが・・・」


千歳「なにゆーてるの、千鶴」



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:28:56.53 ID:RSCZM67z0



千歳「うちは十分幸せやで?」

千歳「だって、うちには素敵な人がおるもん」


千鶴「え・・・?」


千歳「いつもうちの側にいて、うちの幸せを思ってくれてる・・・」

千歳「ちょっと無愛想やけど、とっても甘えん坊さんでな・・・」



千鶴「それって・・・」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:30:20.86 ID:lEsSqmvC0


おっ


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:33:18.58 ID:XHNUipHKO


木間市


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:39:47.16 ID:RSCZM67z0



千歳「ありがとな、千鶴・・・いつも、うちの事思ってくれて・・・・」


千鶴「・・・・・うぅ」ヒック・・・


千歳「大丈夫や、うちは十分幸せやから・・・」

千歳「今日は、うちの胸の中で泣いていいで・・・」ナデナデ



千鶴「うっ・・・ううぅ・・・姉さぁん・・・・・・・・うあぁあぁぁ!!!・・・・・・・」


千鶴「私だって・・・姉さんがいるだけで・・・・」



千鶴「幸せ・・・だよ・・・」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:45:57.12 ID:RSCZM67z0



千歳「なぁ・・・」

千歳「どうして千鶴は、そこまでうちの事を心配してくれるん?」


千鶴「・・・・妹だから・・・・」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:50:57.89 ID:RSCZM67z0



千歳「ほんまに?」

千鶴「ほんまやで」

千歳「ただ、妹やから?」

千鶴「・・・・・・うん」

千歳「・・・・・・・・・・・」

千鶴「・・・・・・・・・・・」



千鶴「・・・・・・・・るから」ボソッ



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:53:32.93 ID:RSCZM67z0




千鶴「姉さんのこと・・・・・愛してるから・・・・・・」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:55:38.85 ID:i+sDIK7+0


キマシ


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 17:56:15.39 ID:XHNUipHKO


タワー


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:00:09.76 ID:RSCZM67z0



千歳「千鶴・・・」

千歳「うちも・・・・・」

千歳「千鶴のこと、愛してるで」


千歳「『お姉ちゃん』としてな・・・・」


千鶴「私も、『妹』として・・・」

千鶴「姉さんのこと、愛してる」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:06:06.03 ID:RSCZM67z0



千歳「うちって幸せもんやなぁ・・・」

千歳「こんなに優しい妹がおるんやから・・・」



千鶴「私もだよ、姉さん・・・」

千鶴「こんなに温かい姉さんがいるんだから・・・」



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:09:46.39 ID:RSCZM67z0



千歳「あ、千鶴、今何時や?」

千鶴「えっ・・・と、23時55分・・・」

千歳「ならセーフや、千鶴」


千鶴「どうしたの・・・?」


千歳「今日、うちらの誕生日やろ?」


千歳「まだ、言ってなかったやん」


千鶴「あ・・・うん・・・」///



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:14:30.17 ID:RSCZM67z0



千歳「千鶴」

千歳「うち、千鶴が妹でほんまに良かった・・・」


千鶴「私も・・・」

千鶴「姉さんが姉さんで、本当に良かった・・・」



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:16:47.87 ID:RSCZM67z0



千歳「千鶴」


千鶴「姉さん」




―「お誕生日、おめでとう」―



――――― チュッ・・・・・ ―――――





おしまい(やで!)



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:20:12.01 ID:RSCZM67z0


あ、綾乃ちゃんから貰ったお花のブローチは花言葉から選びました

アネモネ(千歳):「はかない恋」「恋の苦しみ」「清純無垢」

桔梗(千鶴):「変わらぬ愛」「誠実」「従順」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:21:01.42 ID:lEsSqmvC0


乙!
素晴らしい姉妹愛だ



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:25:05.99 ID:RSCZM67z0


土曜の朝から支援ありでした、とりあえずもっと綾千増やして下さいお願いします
そしてちとちづ誕生日おめでとう
 ('ヽハ
 ., ´ ̄⌒'ヽ ちとせーちづるー
 !  ノlノ从ハ                           _
 | (リ ゚ヮ゚ノ|     n                     ノ   `ヽ
 ̄     \    ( E)                   (ハノ从ハ ゙| 
フ ./⌒i /ヽ ヽ_//                    从゚ヮ゚ リハi 誕生日おめでとう
/  / |  \__/ ()     ()      ()   パチパチ |つ⊂ |
    |  |   .  ,, ,().|| ,ヘ ,,||,  ,ヘ ,,||  ,ヘ,()     し― J
- イ .| | ..,'_~ () ||~|| <介>゙_||_~<介>_ ||'_<介>|| ~ _' ,      )
  / ( ヽ//:ヽ゚|| .|| ()「 happy birth day !()゙.|| ./.:ヽヽ  @⌒⌒@ おめでとうございます!!
/   ヽ、!(: : :)|| .,ヘ, || ,ヘー―,ヘ―‐ ,ヘ,-.|| ヘ(: : :) i  <((人人))>      r8´  `8⌒ヽ
     |ヽ。,,_~ <介>||<介>  <イト>  <介> || <介> ,_,ィ'|   ル゚ヮ゚ 从リ      ( (」从_」」ヽ ソ )
     |   ~~"""''''''''ー―--゛-"-――'''''''"""'~~  .|    {i l i\      )从゚ヮ゚ 从ノリレ/\
     |  嬉しいなー __     __ うん   .|   ⊂しし0_>    /| ̄∪∪ ̄ |\/
     |        /へへヽ  /へへ ヽ     .|              .|  祝    |/
  .。-―|        |ノ人ソ人) (人ソ人ヽ |      |ー-。、           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ_  ヽ,_。     |从゚O-O从 从O-O゚从|   _,,。ィ __ノ
   /     ~~"""''''''''/っ旦o-_。_―o旦⊂ヽ""~~    \
   (_ イ       (´   c(_ア 皿   `)   ト 、_ノ
     ( ヽ。 _/ [i==============i] _ノ
 ヘ/⌒⌒ヽ ∵∴パーン!  ヽ、_  _/
 | |ノ人ソ人)ヾξ/     __              r' ⌒⌒ヽ
 | ノ八>゚ヮ゚ノ> ∇     /====ヽ めでたいですわ  ハ」」ハキ」 | |
(((つ───つ.       | 人ヾ ))  、@,        ζ゚ヮ゚  リ∩ お誕生日ワッショイ!!
  < <\ \ 祝うわ! Yル゚ヮ゚ノリ ;@@^         (つ  丿
 (__) (__)      / つ )つ|/`          ( ヽノ
              しー-J              し(_)



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:27:33.06 ID:2KlJK2ic0


おめでとう!
乙でした!



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 18:28:34.77 ID:MHg+P4P70


乙やでぇ
綾乃ちゃんも千歳ちゃんも幸せになってほしいな



関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/447-8c53fb93


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ