FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【ゆるゆり】(続)ちなつ「クラスに可哀想な子がいる」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:04:05.43 ID:NmqbUnKQo


5/16に投稿した以下SSの続きを書きました。
お付き合い頂ければ幸いです。

【ゆるゆり】ちなつ「クラスに可哀想な子がいる」
http://lilymate.blog.fc2.com/blog-entry-4504.html



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:07:04.78 ID:NmqbUnKQo


気が付くと、ちなつは自室のベッドの上だった。

部屋の掛け時計は、10時前。

ちなつ「・・・げ」

ちなつ「やば、完全に遅刻!
    あぁんもう、なんで誰も起こしてくれないのよ~!」


急いで飛び起きたが、窓の外は真っ暗だ。


ちなつ「・・・夜?
    あれ? 私なんで寝てなんか・・・」





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:08:46.24 ID:NmqbUnKQo


ゆっくりと活動を始めた頭から、記憶を呼び起こしてみる。


ちなつ「確か、あかりちゃんにマッサージ教えて貰って・・・
    帰りに・・・帰りに?」


ちなつ「・・・あれ、それから・・・?」


そこだけぽっかりと空いたように、

記憶が、ない。



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:09:59.37 ID:NmqbUnKQo


テレビを付けてみる。

ちょうどニュースの時間だったらしい。

どうやら今は、赤座家から帰ってきた日の夜10時前だという事が分かった。

 
ちなつ「あ~っ! 見たかったドラマ終わってる・・・」ガックリ


ちなつ「それにしても、なんで寝てなんかいたんだろう・・・」

ちなつ「そうだ、お姉ちゃんに聞けば分かるかな?」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:12:17.40 ID:NmqbUnKQo


ちなつは姉のともこを探し、家の中を歩きまわる。

台所、和室、姉の部屋・・・

しかしどこを探しても見当たらない。


ちなつ「おっかしいなぁ・・・ 靴はあるのに」

ちなつ「お姉ちゃ~ん! お姉ちゃんってば~!」


ちなつ「もう・・・ お姉ちゃんったらどうしたのかしら、こんな時に・・・」


ちなつ「・・・とりあえず、お風呂にでも入ろうっと」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:13:30.46 ID:NmqbUnKQo


チャポン..

ちなつ「ふぅ・・・」


ちなつ「あかりちゃんのマッサージ、あれはどう考えてもおかしい」


ちなつ「だって、腰とか肩とかじゃなくて」


ちなつ「脇腹かと思ったら指が胸に触ってたりとか」


ちなつ「お尻を触る手が妙にねちっこかったりとか」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:14:44.76 ID:NmqbUnKQo


ちなつ「内股なんて、ギ、ギリギリのところまで・・・」


ちなつ「しかもあの力加減。
    ほぐすっていうよりは撫で回してる感じだった」


ちなつ「・・・ち、ちょっと気持ちよかった・・・けど・・・///」


ちなつ「・・・っそ、そんな事より、間違いないわ。
    あかねさんは、あかりちゃんを・・・
    ひっっ!?」バシャッ



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:16:31.52 ID:NmqbUnKQo


ふと、浴室の外からこちらを見る視線を感じた。

そちらに目を向け、じっと耳をすませる。

こちらの方が明るく、湯気が部屋に充満している事もあり、視界が悪い。


ちなつ「だ・・・誰か、いるの・・・?」


しかし窓の外からは、時折吹く風と、

それに凪がれて擦れ合う木の葉の音しか聞こえなかった。



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:18:21.90 ID:NmqbUnKQo


ちなつ「・・・」


恐る恐る立ち上がり、出来るだけ顔を出さないよう、窓の隙間から外を見る。

暗闇に注がれる風呂場からの光の先には、家の裏庭の草むらがぼんやり見えるが、

明暗の差からか、そこしか視認出来ない。


ちなつ「ダメだ、よく見えない・・・」


ちなつ「とにかく、ここにいちゃダメだわ。早く出なきゃ!」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:19:40.29 ID:NmqbUnKQo


手早く身体をバスタオルで拭きながら、周囲に耳をすます。

と、いうよりは、恐怖心で上手く声が出せないため、

自然とそうなってしまっている。


ちなつ「うぅ・・・覗き魔とかだったらどうしよう・・・
    今、私以外誰も居ないのに・・・」


ちなつ「そうだ、もうお姉ちゃん帰ってきてるかも!」


そう思って再び家の中を探すも、姉の姿はどこにも見当たらない。



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:20:36.86 ID:NmqbUnKQo


ちなつ「ぐすっ・・・お姉ちゃぁん・・・
    私怖いのダメなの知ってるでしょぉ・・・」


???『・・・!』


どこからか、声が聞こえたような気がした。


ちなつ「ひゃぅっ・・・!」


ちなつ「どうしよう、どうしよう・・・
    怖いよ、助けて、誰かぁ・・・」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:22:25.39 ID:NmqbUnKQo


その時、ちなつは信じられない光景を目にした。


窓でもない。


壁でもない。


空気に、ヒビが入った。


耳を塞ぎたくなるような音を立て、それは段々と広がろうとしている。



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:23:20.05 ID:NmqbUnKQo


ちなつ「嫌っ・・・何よこれ、何よぉぉ・・・」


ちなつ「もう・・・嫌ぁぁ・・・ぁぁぁ・・・」


何が起きているのか分からず、

どうすればいいのかも分からず、

部屋の角に身を固め、縮こまるしか出来ない。


ギシッ・・・!

メキメキッ・・・!


ちなつ「助け・・・誰か・・・ぁぁ・・・」


次の瞬間、ちなつの視界は激しい閃光に包まれた。



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:25:39.86 ID:NmqbUnKQo


???『はい、赤座です』


あかり「もしもし、お姉ちゃん? あかりだよぉ」


あかね『あら、あかり。どうしたの?』


あかり「部活で少し遅くなるから、お電話したの」


あかね『そう、分かったわ。晩御飯は食べるんでしょ?』


あかり「うん! ご飯って聞いた途端にお腹すいてきちゃったぁ」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:27:55.36 ID:NmqbUnKQo


あかね『ふふ、じゃあ美味しいご飯、たくさん作らなきゃね。
    何か食べたいメニューはある?』


あかり「あっ、今日はお姉ちゃんが作る日だもんねぇ。
    うーんそうだなぁ・・・あっ!
    久し振りに、お姉ちゃんのハンバーグが食べたいなぁ」


あかね『あかりはほんとにハンバーグが好きなのね。
    じゃあ、材料買いにいかなきゃ』


あかり「えへへ。お姉ちゃんのハンバーグ大好きっ。
    それじゃあ、また帰る前にお電話するよぉ」


あかね『気を付けて帰って来るのよ』


あかり「うん、それじゃね、お姉ちゃん」プツッ


あかり(まずは、片方ずつ・・・可能性を潰していかないと)



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:29:26.87 ID:NmqbUnKQo


あかり「・・・」ピンポーン


???『・・・はい』


あかり「こんにちは、私、赤座あかりといいます。
    ちなつちゃんのクラスメイトで・・・」


ともこ『! あかねちゃんの、妹さん?』


あかり「お姉ちゃんを、ご存知なんですか?」


ともこ『ええ。インターホン越しもなんだし、中でお話しましょう』



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:32:10.00 ID:NmqbUnKQo


あかり(この人が、ちなつちゃんのお姉さん・・・
    優しそうで、可愛い人だなぁ・・・)


ともこさんは、慣れた手つきで湯呑みを温めたり、

お茶菓子を準備し始めました。


あかり(そういえばちなつちゃんは、茶道部だったお姉ちゃんみたいに
    なりたくて、今のごらく部の部室に来たんだっけ・・・)



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:32:54.53 ID:NmqbUnKQo


ともこ「はい、あかりちゃん。どうぞ」


あかり「ありがとうございます。
    ふわぁぁぁ・・・! 美味しい~!」キラキラ


ともこ「うふふ。ありがとう~♪
    それにしてもあかりちゃん、本当にあかねちゃんそっくりね」


あかり「えへへ・・・よく言われます」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:34:50.68 ID:NmqbUnKQo


ともこ「特に笑顔がそっくり♪
    あかりちゃんは、お団子が2つなのね」


あかり「はい、お姉ちゃんみたいにお団子にしたいって言って、
    作り方を教えて貰ったんです」

ともこ「そうなのね~。あ、お茶菓子も遠慮なく食べてね」

あかり「あっ・・・えへへ、、見てたの、バレちゃった・・・///」

ともこ「うふふ。いいのよ、遠慮しないでね」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:36:26.11 ID:NmqbUnKQo


あかり「・・・それで、ちなつちゃんの事、なんですが・・・」


ともこ「っ・・・」


あかり「今日、学校に来ていなくて。
    電話も、メールも返ってこないので、皆心配していて・・・」


ともこ「・・・やっぱり、そうなのね・・・」


あかり「えっ・・・?」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:37:50.53 ID:NmqbUnKQo


ともこ「昨日、うちに帰ってきた後、何故か気絶しちゃってね。
 あかねちゃんと2人で部屋に寝かせたんだけど、
 その後から・・・居なくなっちゃったの・・・」


あかり「お姉ちゃんと・・・?」


ともこ「ええ、昨日は2人で、少し遅くまで勉強会をしていたの」


あかり「そう、だったんですか・・・」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:39:18.71 ID:NmqbUnKQo


ともこ「最初は、日直か何かで早く家を出たのかなって思ってたんだけど・・・」


あかり「・・・」


ともこ「カバンも置きっぱなしだし、靴もあるし・・・
    どうしましょうっ・・・悪い人に拐われてたり・・・」ブルブル


あかり「・・・ともこさん」フワ..


ともこ「っ・・・あかり・・・ちゃん・・・?」


ともこ(あ・・・あかねちゃんと同じ匂い・・・)



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:41:01.02 ID:NmqbUnKQo


あかり「ちなつちゃんなら、きっと何とかして連絡してくると思います」


あかり「だから・・・ちなつちゃんを信じて、待ちませんか・・・?」


ともこ「・・・あかりちゃん・・・あかねちゃんとそっくり・・・♪」ギュ


あかり「そう・・・ですか・・・?」


ともこ「ええ・・・
    私が落ち込んだり、悲しい顔をしてる時」


ともこ「さっきのあかりちゃんみたいに、『大丈夫よ』って、
    励ましてくれるの」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:43:26.24 ID:NmqbUnKQo


あかり「あ、あかりは、そんな大した事は・・・」


ともこ「うふふ。謙遜する所も、あかねちゃんそっくりね♪」


あかり「あ・・・あぅ・・・///
    と、ともこさんも、ちなつちゃんが目標にしたくなるの、
    分かるなぁって、思いました」


ともこ「ちなつが・・・?」


あかり「ちなつちゃん、お姉ちゃんみたいになりたくて、
    茶道部を志望したんだよって、言ってたんです」

ともこ「まぁ・・・そうだったの・・・」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:46:16.16 ID:NmqbUnKQo


あかり「髪がふわふわな所も、笑顔が可愛い所も、乙女な所も。     あかりも、こんなお姉さんが居たらきっと憧れちゃいます・・・」

ともこ「ふふ、ありがとう。
    でも、あかねちゃんも、とっても素敵なお姉さんだと思うわよ?」

ともこ「いつもニコニコしてて、優しくて。
    あかねちゃんがいると、周りまでふわっと明るくなるの」

あかり「・・・」クスッ

ともこ「? どうしたの? あかりちゃん」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:48:32.84 ID:NmqbUnKQo


あかり「ともこさん、お姉ちゃんの事が大好きなんですねっ」ニコニコ


ともこ「っ///」ボンッ


ともこ(まだ1時間もお話していないのに、それを見破っちゃうなんて・・・)


ともこ(こ、この洞察力もあかねちゃんそっくりだとしたら・・・)


ともこ(私の気持ちも・・・あかねちゃんに筒抜けだったりして・・・///)


ともこ「・・・あら、もうこんな時間!
    あまり遅くなると、あかねちゃんが心配しちゃうわ」


あかり「あ、本当ですね。
    あかり、そろそろお暇しますねっ」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:50:33.72 ID:NmqbUnKQo


あかり「あの、ともこさん」


ともこ「なぁに? あかりちゃん」


あかり「あかり、お姉ちゃんもちなつちゃんも大好きですけど、
    今日お話して、ともこさんの事も大好きになりました」ニコッ


ともこ(・・・!)


ともこ「ま、まぁ・・・私なんてそんな、人に好かれるような人じゃ・・・」


あかり「そうですか?
    あかりは、とっても素敵な人だなって思いましたよ」ニコニコ


ともこ「も、もう、あかりちゃんたら・・・///」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 14:52:13.01 ID:NmqbUnKQo


あかり「それじゃ、今日はお邪魔しました。
    あかりの方でも、ちなつちゃんを探してみます」

ともこ「・・・ありがとう、あかりちゃん」ギュッ

あかり「わ、わわっ///」

ともこ「また遊びに来てね、あかりちゃん」

あかり「はいっ、それでは、失礼します!」


アッカリアッカリ..


ともこ(あかねちゃんが、あかりちゃんを好きになるの。
    分かる気がするなぁ・・・)



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:00:00.31 ID:NmqbUnKQo


あかり「ただいま~!」


あかね「おかえりなさい、あかり」


あかり「今日はいっぱい歩いて、お腹ぺこぺこだよぉ・・・」ギュッ


あかね「あ、あらあらあら、あかりったら、今日は甘えん坊さんなの?
    出来るまでもう少し時間がかかるから、
    先にお風呂入ってらっしゃい」


あかり「はーい!」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:02:11.35 ID:NmqbUnKQo


あかり「・・・お姉ちゃんの服から、微かだけどちなつちゃんの匂いがした」


あかり「こんな事、信じたくはないけど・・・」


あかり「ちなつちゃんを探しながら、
    何か、確信の持てるものを見つけなきゃ」


あかり「私がお姉ちゃんなら・・・」


あかり「自分の部屋の中、かな」


あかり「・・・入っちゃダメって言われてるけど、
    少しくらいなら、分からないよね」



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:03:51.16 ID:NmqbUnKQo


あかり「」

あかり「な、なに・・・これぇ・・・」

あかり「あかりの・・・なくなったカニさんパンツ・・・」

あかり「こっちには・・・あかりの顔が描かれた枕に・・・
    あかりの体操着!?」

あかり「え、えっ!?
    なくなったわけでもないのに・・・」



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:04:41.24 ID:NmqbUnKQo


あかり「・・・」クンクン


あかり「あ、あかりの、汗の匂い・・・」


あかり「・・・」



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:08:31.27 ID:NmqbUnKQo


あかり「・・・なんか、薄っぺらい本がいっぱい」


あかり「これは・・・同人誌??」


《妹に溺愛を求めるのは間違っているだろうか》


あかり「いもっ・・・」ビクッ



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:10:21.84 ID:NmqbUnKQo


あかり「・・・この枕」


あかり「沢山、キスマークが付いてる」


あかり「・・・そっか」

あかり「お姉ちゃんが洗濯したがるのは・・・」

あかり「そういう、事だったんだね・・・」



37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:13:08.13 ID:NmqbUnKQo


???『・・りー! ご・・・たわよー!』


あかり「・・・」


あかね『あかりー?』


あかり「よく見ると、この部屋に居る沢山のあかりは」


あかね『疲れたって言ってたし、部屋で寝てるのかしら・・・』


あかり「笑顔のあかりばっかりだなぁ・・・」


あかり(・・・)


あかり(覚悟を、決めなきゃ)



38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:17:08.69 ID:NmqbUnKQo


トン、トン、とゆっくり上がってきたお姉ちゃんの足音は、

2階に到達する前に急に早くなり、

あかりの今居る部屋の前で止まりました。


あかね「あか・・・っ・・・」


あかり「お姉ちゃん、勝手に入って、ごめんなさい!」


自分の部屋の中にあかりがいるのを見たお姉ちゃんは、

笑顔は崩さず、青ざめたまま、言葉を失っていました。



39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:19:23.23 ID:NmqbUnKQo


あかり「お姉ちゃんは、笑顔のあかりが、大好きなんだよね・・・?」


あかね「っ・・・」


あかり「あかりのお友達に酷い事したら」


あかり「あかり、笑えなくなっちゃうよ」


あかり「お姉ちゃんの事、好きになれなくなっちゃうよ・・・」



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:19:57.82 ID:NmqbUnKQo


あかね「あか・・・り・・・」


あかり「ちなつちゃんは・・・何処に、居るの・・・?」


あかね「・・・」


あかり「・・・」



41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:21:20.35 ID:NmqbUnKQo


あかね「あかりに嫌われたら・・・
    私はもう、生きて、いけない・・・」


あかり「・・・じゃあ、どうすればいいか」


あかり「お姉ちゃんなら・・・分かってくれるよね・・・?」


あかね「・・・」


あかり「・・・」


あかね「・・・ええ・・・」



42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:23:11.27 ID:NmqbUnKQo


お姉ちゃんは観念したように、

クローゼットの前でリモコンのようなものを取り出しました。


1つボタンを押す毎に、クローゼットの中から

硬い樹を力任せに圧し折るような、耳障りな音が聴こえました。


3回程、それが繰り返された後。

お姉ちゃんはクローゼットを開き、口を開きました。


「ちなつちゃんは、この中に居るわ」


あかりは、ちなつちゃんの名前を叫びながら、

眩しい光を放つクローゼットの中へ、飛び込みました。



43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:27:15.44 ID:NmqbUnKQo


ふわ、ふわ。


私の髪を優しく撫でる感触。


ちなつ「ん・・・」


あかり「ちなつちゃん・・・!」


ちなつ「あかり・・・ちゃん・・・?」


あかり「無事でよかったぁ・・・大丈夫?」


ちなつ「ん・・・あかりちゃん、どこ・・・?
 真っ白で、何も、見えない・・・」



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:27:58.95 ID:NmqbUnKQo


あかりちゃんの声のする方へ、そろそろと手を伸ばす。


きゅっ。


ちなつ「この感触・・・あかりちゃんの、手だ・・・」

あかり「ずっとこんな眩しい所に居たから、まだ、視力が戻ってないんだね。
    しばらくすれば、ちゃんと見えるようになるからね」


そう言うとあかりちゃんは再び、

優しい手つきで、私の頭を撫でてくれました。



45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:28:34.25 ID:NmqbUnKQo


ちなつ「ん・・・えへへ、気持ちぃ・・・」


あかり「一人で、寂しかったよね」


ちなつ「・・・あ・・・ぅあっ・・・」グスッ


あかり「・・・よし、よし」


ちなつ「こわ、かったよぉ・・・」ボロッ..



46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:29:23.27 ID:NmqbUnKQo


あかり「・・・ごめんね」


ちなつ「どう、して・・・ぁかり、ちゃんが・・・
    っく・・・謝るの・・・?」ヒック.. ヒック..


あかり「・・・悪い子は、ちゃんと叱っておいたから」


あかり「だから、もう、大丈夫だよ」


ちなつ「うぅっ・・・ひっく・・・」



47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:30:19.59 ID:NmqbUnKQo


あかり「とにかく今は、ちなつちゃんが無事だったのが、嬉しいな」


少しずつ戻ってきた私の視界にぼんやり浮かんできたあかりちゃんは、


まだはっきりと見えていないのに、いつもと変わらない笑顔だと分かりました。


あかり「そろそろ、視力が戻ってくると思うんだけど・・・どうかな?」


ちなつ「ん・・・・ぼんやり見えるけど、
    まだ、ピントが合わない・・・」



48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:31:11.58 ID:NmqbUnKQo


あかり「・・・」


ちなつ「・・・あかりちゃん?」


あかり「ちなつちゃん、何にでも効くマッサージがあるんだけど」


あかり「・・・試して、みる?」


ちなつ「うっ・・・///」



49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:31:54.63 ID:NmqbUnKQo


あかり「あ・・・あの、こないだみたいのじゃ、ないから・・・」


ちなつ「ほんと・・・?」


あかり「あ・・・でも、えっとぉ・・・んん・・・」


ちなつ「・・・・・・分かった」


あかり「・・・」


ちなつ「私・・・あかりちゃんを、信じる」



50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:32:39.38 ID:NmqbUnKQo


あかり「ちなつちゃん・・・ありがとう」


ちなつ「だって・・・あかりちゃん、だもん」


ちなつ「あかりちゃんが、私に酷い事なんてしないって、知ってるもん」ニコッ


あかり「ちなつちゃん・・・」



51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:33:24.83 ID:NmqbUnKQo


あかり「そのまま、目を、閉じて」

ちなつ「・・・うん」


あかり「んっ・・・///」チュッ


ちなつ「ん・・・!///」


私達2人以外には、何もない。


今ここにあるのは、


私と、あかりちゃんの鼓動と、吐息。


そして、互いの身体が、優しく擦れ合う音だけでした。


私の恐ろしい記憶と涙は、あかりちゃんの唇に吸い込まれるように、


少しずつ、溶けていきました。



52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:40:50.88 ID:NmqbUnKQo


あかねはその後、

「お姉ちゃんは、あかりへの愛が沢山溢れすぎちゃったんだね」

「それをあかりに向けるだけならいいけど、
 でも、他の人、特にあかりのお友達に酷い事しちゃ、めっ!だよ!」

という、叱っているようで、叱れていないあかりの言葉を受け。


あかりの前であっても堂々と、妹大好きオーラ全開になってしまったという。



53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:43:34.32 ID:NmqbUnKQo


京子「そっかぁ、とうとうあかりのねーちゃん、
   あかりに部屋の中を見られたのかぁ」


あかり「え? 京子ちゃん、知ってたの!?」


京子「え? あーうん、あかりの入学式の日にさ、
   あかりを待ってる間に、あかりん家を探検してる時にね」


結衣「おまっ・・・あの部屋、入るなって書いてあっただろ」


京子「だってー、ダメって言われたら見たくなるのが人間だろ?」



54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:44:35.16 ID:NmqbUnKQo


京子「しかしまったく、西垣ちゃんは毎回変なもん作るなぁ」


西垣「いやはや、部屋に荷物が溢れ始めたから、
   それを逃がす空間が欲しい、という事だったんだがなぁ」


結衣「とにかく、ちなつちゃんが無事で良かったよ」



55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:47:52.29 ID:NmqbUnKQo


???「あーかーりーちゃああああああん!!!」


そんな声が近づいてきたかと思ったら、


ピンク色の影が、部室の襖を跳ね除け、あかりに勢い良く特攻した、



56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:50:08.46 ID:NmqbUnKQo


あかり「ち、ちなつちゃわあああああ!!?」


どすっ。


サンドバッグを叩いたような音がし、


あかりを巻き込んで、部室の壁に衝突した。



57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 15:53:30.89 ID:NmqbUnKQo


ちなつ「いやぁ~ん♪
    チーナ、あかりちゃんに壁ドンしちゃったぁ~♪」クネクネ

あかり「ち、ちなつちゃん」

ちなつ「も~こんな皆が見てる前で恥・ず・か・しい~♪」

あかり「ちなつちゃんってばぁー!
    そろそろ降りて頂きたいのデスガ・・・」

ちなつ「だーめ。あんな方法で私の唇を奪ったんだもん。
    責任取って貰わないとね♪」

あかり「で、でも学校で堂々とするのはちょっとぉ!」

結衣「はは・・・やれやれ」



58 : ◆IIarfIElUA 2015/05/31(日) 15:57:05.59 ID:NmqbUnKQo


おしまいです!(そう言えばトリップつけてませんでした)

ちなあかは書くの初めてでしたが、その分新鮮な気持ちで書けました。

そのうち京綾・結綾なんかも書けたらいいなぁ、なんて思っていますので、
またお付き合い頂けると嬉しいです。ありがとうございました!



関連記事

ちなあかキマシタワー
ホラーになったりSFになったり推理になったり予想外の展開だったww
でも結局ともあかは夜何処に居たんだ…?
[ 2015/06/01 15:58 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

ちなつちゃんはあかねさんがクローゼットの中(に、西垣先生の発明品によって作られた空間)に閉じ込められていたので、あかねさん・ともこさんは2人とも自分の家に居ました。

西垣先生の発明品については詳細を省いてしまいましたが、イメージを投影した空間を作るモノ、と思って頂ければ。
あかねさんの想像力なら、クローゼットの中にちなつの家を作り出せてもおかしくないなぁと。
[ 2015/06/01 17:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4530-549f7b20


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。