絵里「こ、こんなかんじで踏めばいいの?」

1 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:19:19.57 ID:aoXqS4sD.net


花陽「お願い絵里ちゃん、もっと……」

絵里「…………こ、こうかしら?」グッ

花陽「も、もっと!」

絵里「え、ええ…………」ググッ

花陽「うぐ…………」

絵里「あ、痛かった?ごめんなさいね、もう少し弱めて……」

花陽「もっと強くです!」

絵里「…………」

絵里(花陽に背中を踏みつけてくれ)

絵里(そんなことを頼まれるなんて。思いもしなかったわ…………)





4 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:23:30.75 ID:aoXqS4sD.net


花陽「踏むと同時に、キツイ言葉もお願いします!」

絵里「…………キツイ言葉?」

花陽「花陽にこんな趣味があったなんて」

花陽「…………見損なったわ!」

花陽「―――こ、こんな感じで…………」

絵里「……そんな感じで言えってことなの?」

花陽「うん。絵里ちゃんならとっても様になると思うの」

絵里「ああそう…………」



5 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:26:47.36 ID:aoXqS4sD.net


絵里「ええと……踏んでほしいなんて、あなたおかしいんじゃない?」ググッ

花陽「はい……花陽はおかしい子です……」

絵里「ち、違うのよ?そんなこと思ってないからね?」

花陽「……ああもう!興覚めだよ、絵里ちゃん!」

絵里「え、あ…………」

花陽「せっかくいい感じだったのに……」

絵里「…………ねえ、もうやめていいかしら?」

花陽「ダメです!」



7 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:29:32.05 ID:aoXqS4sD.net


絵里「先輩後輩はなしって言ったけど―――」

絵里「一応先輩の私にこんなことさせるなんて。まったく……」グイッ

花陽「ごめんなさい…………」

絵里「ごめんなさいとか言ってるくせに、やめさせる気ないわよね?」グッ

花陽「…………」

絵里「なんとかいったらどうなの?ほら、花陽!」ググッ

花陽「あぁ…………ご、ごめんなさい」

絵里「…………」

絵里「も、もう終わりにしましょう。なんか気分悪くなってきた……」

花陽「ええ……?こ、これからだよ……?」

絵里「……もういいわ。私、おうち帰る」



8 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:32:09.54 ID:aoXqS4sD.net


花陽「ま、待って!」ガシッ

絵里「放してもらえるかしら」

花陽「まだ時間は、ほ、ほら、あるし……」

絵里「…………あのね、時間の問題じゃないのよ。あなたについて行けないというか……」

花陽「大丈夫。絵里ちゃんなら、きっと、うん。きっとすぐだと思うよ」

絵里「あんなの、別について行きたくもないし……」

花陽「あっ……軽いながら、自然と辛らつなセリフが……」

花陽「絵里ちゃん、思ってた通り。やっぱり素質があるよぉ!」

絵里(…………どうすればいいの、この子)



9 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:35:10.29 ID:aoXqS4sD.net


花陽「踏むだけじゃないんですよ?いい?絵里ちゃん。あのね……」

絵里「ねえ、帰るって言ってるんだけど」

花陽「おねがいします……」

絵里「帰る!」

花陽「…………あ、お預けって言うのもいいかもしれないです♡」

絵里(うわぁ…………)



12 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:38:45.90 ID:aoXqS4sD.net


絵里「はぁ……何とか帰してもらえた……」

絵里「やたらに、首を突っ込むのもよくない。それがよくわかったわ…………」

絵里「それにしても海未め……面倒事を押し付けたわね……」


―――――――――――
――――――



14 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:41:45.44 ID:aoXqS4sD.net


海未「―――だから、いじめてなんていないんですって」

絵里「私見たわよ。花陽のこと踏みつけてたじゃない」

海未「それは……」

絵里「どうみてもいじめよ!ねえ?花陽」

花陽「………………あ、あのね絵里ちゃん」

絵里「大丈夫?立てる?ケガとかしてないかしら?」

花陽「え……うん。大丈夫だよ」

絵里「よかった…………」



16 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:44:36.77 ID:aoXqS4sD.net


絵里「これはどういうことなの!?μ's内でいじめだなんて!」

海未「聞いてください!これには理由が……」

絵里「人を踏みつけるのに正当な理由なんてないわ!」

海未「で、ですが…………」

絵里「真面目なあなたがこんなことするなんて。花陽に謝りなさい!」

海未「………………」

花陽「こ、これは違うんです……その…………私が頼んだの」

絵里「…………かわいそうに」



20 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:46:37.95 ID:aoXqS4sD.net


絵里「海未に脅されてるのね。大丈夫よ、私がどうにか―――」

花陽「ち、違うの!私が海未ちゃんに……その、踏んでって頼んだから…………」

絵里「…………うん?」

海未「そうです。頼まれたからやってたんですよ。わかってくれますか?」

絵里「いやいやいや!納得するわけないじゃない!」

海未「…………しょうがないです。少し見ていてください」



23 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:49:34.09 ID:aoXqS4sD.net


海未「私は運動得意じゃないながらも、必死に練習してくれてるって」

海未「そう信じてたんですよ……?」グッ

絵里「ちょっと!花陽の背中踏みつけて、どういうつもりなのよ!」

花陽「…………絵里ちゃん。これでいいの」

海未「とにかく見ててください」

絵里「…………」



24 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:52:54.63 ID:aoXqS4sD.net


海未「―――それがなんですか。じ、実はわざと失敗したりしてる?」グッ

花陽「…………そ、そうなの」

海未「なんでそんなこと……してるんですか?」

花陽「それは……海未ちゃんに、叱られたかったからです……」

海未「そんな理由でみんなに迷惑かけて……」

花陽「…………はい」

海未「……もう、付き合いきれません。あなたは……さ……さ、最低ですっ!」グイッ

花陽「あぁっ…………」



海未「―――と、いうことなんですよ。ちなみに会話は全部ウソです」

絵里「わからない。全然わからないわ」



26 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 23:57:13.60 ID:aoXqS4sD.net


絵里「……つまり、海未は花陽のお願いを聞いてあげてたのね」

花陽「そうなの。なかなかこんなこと、人に頼めないと思ってたんだけど……」

海未「偶然も偶然に、巡り合わせがあったんです」

絵里「そ、そう……よかったわね。それじゃあ私は、おいとまさせて―――」

海未「待ってください!」ガシッ

絵里「放してもらえるかしら」

海未「見られてしまった以上、絵里に代わりを務めてもらいます!」

絵里「な、なんでそうなるのよ!」



―――――――――――
――――――

―翌日

絵里「さてと。今日のお昼は生徒会の仕事ね……」

絵里「……部屋に電気が点いてる。希がもういるのかしら」



29 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:00:16.93 ID:LGfPP8RD.net


―バタン

絵里「ごめんなさい希。遅くなっ…………」

花陽「あ、絵里ちゃん!待ってたんですっ!」

絵里「…………なにしてるの」

花陽「今日は貸し切りなの。生徒会室」

絵里「…………は?」

花陽「あ、あのね。希ちゃんに頼んだら、理由も聞かずに快諾してくれて……」

絵里「希のやつ…………覚えときなさいよ……」



32 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:03:26.77 ID:LGfPP8RD.net


花陽「その……昨日の続きをして欲しいの。踏む以外にも……」

絵里「私はやらないって言ってるの」

花陽「でも、やっぱり色々知ってもらって……絵里ちゃんって、きっと―――」

絵里「私は仕事がしたいの。いいから出ていってくれないかしら」

花陽「あっ、絵里ちゃんの怒った顔……ドキドキしちゃいます……」

絵里「…………あなた、相当重傷よね」



37 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:11:50.80 ID:LGfPP8RD.net


絵里「―――椅子に座ったけど……本当に顔に押し付けていいの?」

花陽「うん。いいの……」

絵里「…………」グニッ

花陽「ど、どうかな?花陽のほっぺに……足の指先を押し付けてるんだよ?」

絵里「どうって…………やめてあげたくなるわね」

花陽「もっとグリグリしたく……なりませんか?」

絵里「ならないわ……」

花陽「な、なりましょう!」



38 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:12:25.47 ID:LGfPP8RD.net


花陽「言葉も……お願いします」

絵里「ええと…………ほっぺた柔らかそうね」

花陽「……なに言ってるのぉ!褒めちゃダメなんです!」

花陽「昨日のキレを思い出してよぉ!」

絵里「え、ええぇ…………」



39 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:15:08.75 ID:LGfPP8RD.net


絵里「なに言えばいいのかしら。昨日みたいに例を……」

花陽「今、なにが見えてるかなぁ……?」

絵里「花陽ね。花陽」

花陽「椅子に座った絵里ちゃんは……這いつくばった私を見下ろしてるよね?」

絵里「そうね…………」

花陽「いくらでも言うことあると思うの……」

絵里「ないない。何にもない」



40 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:18:43.28 ID:LGfPP8RD.net


絵里「……あなたもしかして、足で頬をグリグリされて喜んでる?」

花陽「はい、喜んでます…………」スンスン

絵里「しかも匂いまで嗅いでるの?犬と同類ね」

花陽「そうです……花陽は絵里ちゃんの犬です♡」スンスン

絵里「ホントにあなたって…………」

絵里「…………ああもう!」

花陽「え……ど、どうしたの?」

絵里「つづけてみたけど、限界。もう終わりにしましょう」

花陽「早い。早いよぉ!」



41 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:20:47.68 ID:LGfPP8RD.net


絵里「ムリ。こっちが恥ずかしいの」

花陽「な、慣れれば大丈夫だよ!」

絵里「慣れなくていいわ。はい終わり」

花陽「そんな…………」

絵里「私は作業してるから。ほら、あの椅子に座ってていいわよ」

花陽「……わかった。希ちゃんにしてもらうね」

絵里「……待ちなさい」



43 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:24:01.27 ID:LGfPP8RD.net


絵里「ね、ねえ、ソックスの匂い嗅ぐなんて、許されることだと思ってるの?」

花陽「よ、よくないです…………」スンスン

絵里「そういいながら嗅ぐんだもの。えーと……どうしようもないわね」グリグリ

花陽「うぅぅ…………でもやめられないの……」スンスン

絵里「……そんなに嗅ぎたいなら、思い切り嗅がせてあげるわよ」グリ

花陽「い゛…………」

絵里「どう?鼻に直接押し当てて上げれば、嗅ぎやすいでしょう?」グリ

花陽「…………はい」



44 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:26:46.52 ID:LGfPP8RD.net


花陽「…………すごいよぉ♡」スンスン

絵里「嗅いで楽しんでるの?もう手に負えないわね」

絵里(本当に手に負えないわ…………)

絵里(花陽の将来が不安でしかたがない…………)



花陽「もっと……もっと押しつけてほしいです……」

絵里「もっと?……わかったわ」グリグリ

花陽「い゛だあっ…………ぁ……」

絵里「……あ、ごめんな……」

花陽「……続けて!」

絵里「え……」

花陽「続けて!」

絵里「…………あ、あなたが言ったのよね?痛いなんて言わせないわ」



47 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:31:15.73 ID:LGfPP8RD.net


絵里「はぁ……こんな頭がおかしいのがメンバーにいたなんて」

花陽「うん…………花陽はおかしい子です……」

絵里「凛たちに知られたら絶交ものよ?」

花陽「はい…………」

絵里「……ところで、花陽。このこと凛とか真姫は知ってるの?」

花陽「え、えぇと…………」

絵里「あの二人、知ってるなら心配してると思うわ。やっぱりこういうのはやめて―――」

花陽「あ……ええとね。いきなり素に戻らないで欲しいなぁ……」

絵里「………………」

花陽「心配しないで。知ってるのは海未ちゃんと、絵里ちゃんだけだよ?」

絵里「そ、そう…………」



48 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:34:51.20 ID:LGfPP8RD.net


絵里「ね、ねえ。今日はこんなものでいいかしら」

花陽「え?まだ、鼻をグリグリされただけで…………」

絵里「一度やめたら、どっと精神的な疲れが……」

花陽「続けて?ねえ、お願い…………」

絵里「……勘弁してほしいんだけど」

花陽「絵里ちゃんの足で、こんな顔になっちゃってるんだよ!?」

絵里「………………キレられても困るの。終わりったら終わりよ」



絵里(赤い顔に荒い呼吸。口元はだらなしなく緩んでるし…………)

絵里(本当に心配なんだけど……)



52 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:39:38.33 ID:LGfPP8RD.net


絵里(やっと諦めたわね……)

絵里(もう、しつこくてしつこくて…………)

絵里(結局、予鈴が鳴るまで粘られたわ)

絵里(ああもう!私にあんな趣味はないの!)


―――――――――――
――――――

―翌日

絵里「さてと。今日のお昼も生徒会の仕事ね……」

絵里「……また部屋に電気が点いてる。希よね。うん……」



53 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 00:43:50.72 ID:LGfPP8RD.net


―バタン

絵里「ごめんなさい、のぞ…………」

花陽「…………待ってました」

絵里「……帰って」

花陽「す、すこしだけ…………」

絵里「私は生徒会の仕事があるの」

花陽「ねえ、絵里ちゃん。花陽ね、ガマンできないの…………」

絵里「知らないわ……」

花陽「お願いですっ!」

絵里「………………」

絵里(どうしようかしら……昨日みたいに仕事できないと困るし)

絵里(ここはやらないっていう選択はあきらめて、さっさと終わらせるしかないわね……)



150 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:35:37.20 ID:hkb9sdJ1.net


絵里「花陽。気が変わったわ。やってあげる」

花陽「ホント?えへへ、嬉しいです!」

絵里「…………」

絵里「まずは床に伏せなさい」

花陽「……はい」

絵里「さっさとして」

花陽「…………ごめんなさい」



152 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:39:20.88 ID:hkb9sdJ1.net


絵里「本当に伏せるなんてね。あなたプライドってものがないの?」

花陽「…………」

絵里「まあいいわ。ほら、まずは背中を踏んであげる」グッ

花陽「…………ありがとうございます」

絵里「ありがとうございます?こんなんで感謝するの?」グッ

花陽「いたっ…………」

絵里「あっ………………」

絵里(やりすぎたかしら……)

花陽「あ、あのね……頭も踏みつけて欲しいの……」

絵里「…………そ、そうね。特別に頭も踏んであげる」

絵里(おでこにたんこぶできないように加減するからね……)ガッ

花陽「ぐっ…………」



153 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:41:05.83 ID:hkb9sdJ1.net


絵里「どう?痛い?」

花陽「痛い…………でもいい感じ……」

絵里「え、あ……そ、そう……こ、これでうれしいって、どういう神経してるのよ」グリグリ

花陽「えへへ……いだぃよ♡……」

絵里「…………ね、ねえ」

花陽「続けて!」

絵里「……………」



154 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:43:25.98 ID:hkb9sdJ1.net


絵里「つ、次はそうね……ほっぺたにするわ」

絵里「這いつくばったまま、顔だけ横向けて」

花陽「……はい」

絵里「ほっぺにつま先を…………」チョン

花陽「ん…………」

絵里「…………」グリグリ

花陽「…………絵里ちゃぁん♡」

絵里「…………」

絵里(花陽って、控えめでマジメな子だと思ってたけど―――)

絵里(ここ数日でそのイメージ、総崩れだわ…………)

絵里(…………というかいつ終わるのよ、これ)



155 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:45:53.73 ID:hkb9sdJ1.net


花陽「…………次はどうするの?」

絵里「次は…………ええと……」

花陽「絵里ちゃんがしたいことあるなら、花陽はそれでいいよ?」

絵里「……なら、生徒会の仕事を」

花陽「それ以外でお願いします…………」

絵里「正直、私にそういう趣味はないから…………」

花陽「好きにしていいんです…………よ?」

絵里「…………そう言われても困るの」



156 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:48:53.84 ID:hkb9sdJ1.net


花陽「私は……絵里ちゃんの足が……その舐めたいなぁって……」

絵里「足を舐めたい…………?」

花陽「絵里ちゃんになじられながら、足を舐めさせられたいんです……」

絵里「ちょ、ちょっとそれはパスね…………」

花陽「そっか…………希ちゃんに頼むね……」

絵里「わ、わかった!……少しだけならやるわ」



157 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:51:37.38 ID:hkb9sdJ1.net


絵里「…………ひゃっ!」

花陽「あっ、ごめんね。くすぐったかったかな……」ペロ

絵里「ホントに、靴下ごと足舐めるとかありえないわよ……」

花陽「はむ…………ちゅ…………」

絵里「吸うのもありえないって言ってるの!」

花陽「…………怒鳴られるの……花陽、好きです」チュッ

絵里「指にキス?…………ああ、こんな変態初めて見たわ」

花陽「あ、もう片方の足で、頭をグリグリしてくれると嬉しいです!」

絵里「………………」

絵里(おうち帰りたい……)



159 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:53:45.70 ID:hkb9sdJ1.net


絵里「あなたわかってる?私は生徒会室で遊んでるわけじゃないの」グリグリ

花陽「……はい、わかってます……ん……」

絵里「わかってないわよね?三日連続でくるなんて」グリグリ

花陽「……や…………わ、わかってます……」

絵里「……しかも、邪魔する理由がなに?こうやって足を舐めたい?」

絵里「バカにしてるのかしら?」

花陽「…………ごめんなさい」

絵里「ごめんなさい?謝るならやらせないでっ!」グッ



160 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:56:22.49 ID:hkb9sdJ1.net


絵里「―――ねえ、純粋に疑問なんだけど。私の靴下、よく口に入れられるわね……」

絵里「体育の授業もあったのに……」

花陽「…………蒸れた靴下。しゅき♡……」

絵里「……あなた、それドン引きよ?」

花陽「絵里ちゃん、そういうのいいよぉ!」

絵里「………………」

花陽「花陽、絵里ちゃんに、ずっと憧れてたの……」

花陽「そうです。あれは入学式―――」

絵里(急になんか語りだしたわ……この子なんなのよ……)



161 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:59:01.07 ID:hkb9sdJ1.net


花陽「―――だから、いつか。いつか絵里ちゃんに女王様みたいに……って」

絵里「…………あの、花陽。悪いけど私、そういうのは……」

花陽「ああ、μ'sに入る前の絵里ちゃん……」

花陽「鋭い目つき、厳しい言動…………」

花陽「ステキだったなぁ…………」

絵里「故人みたいに言うのやめなさい」

花陽「でもね…………今のやさしい絵里ちゃんだって……ね?」

絵里「ね?じゃないわよ……」



162 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:02:11.98 ID:GpNIlGBT.net


花陽「きっと、今に喜んで花陽を…………」

絵里「私にそんな趣味はない。そう言ったはずよ?」

花陽「でも、絵里ちゃん……結構ノリノリだよ?」

絵里「そんなことないわ……」

花陽「それにね、なんだか楽しそう……」

絵里「いやいや。楽しくない楽しくない」

絵里(むしろ不安よ。花陽がケガとかしそうだし……)



164 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:07:32.46 ID:GpNIlGBT.net


絵里(…………今日も、結局予鈴まで付き合っちゃたじゃない……)

絵里(生徒会の仕事どうするのよ…………)

絵里(明日は絶対に相手しないわよ……)

―――――――――――
――――――

―翌日

絵里「さてと。うん…………」

絵里「…………」



165 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:09:30.38 ID:GpNIlGBT.net


―バタン

絵里「…………」

花陽「絵里ちゃん!」

絵里「…………」バタン

花陽「ああっ!し、閉めないでよぉ!」



166 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:11:31.17 ID:GpNIlGBT.net


絵里「―――無理やり腕を引っ張ってくるなんて」

絵里「……あなた、意外と手荒いことするのね」

花陽「ごめんね…………でも絵里ちゃん、教室に戻ろうとするんだもん」

絵里「…………さすがに私もね、付き合いきれないの」

花陽「……お願い……絵里ちゃん」

絵里「いい加減にしなさい……」



168 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:15:25.64 ID:GpNIlGBT.net


花陽「…………だ、大丈夫だよ?予鈴までには―――」

絵里「いいから、出ていきなさい!」

花陽「……絵里ちゃんに怒鳴られるの……クセになるよぉ♡」

絵里「………………」

絵里(なに言ってもムダなのね…………)

絵里(もうこうなったら、悪いけど―――)

絵里(泣いてもらうわ……)



169 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:18:05.43 ID:GpNIlGBT.net


絵里「花陽……そんなにやって欲しいなら、いいわ。徹底的にやってあげる」

花陽「…………お願いします!」

絵里「…………まずは、そうね。舐めてもらおうかしら」

絵里「椅子に座って―――と。ほら」

花陽「はい!」

絵里「はいとか言ってるヒマがあったら、とっとと這いつくばんなさい」

花陽「………………」



172 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:22:14.77 ID:GpNIlGBT.net


絵里「私ね、ずっと思ってたのよ。花陽」

絵里「あなたって、本当にのろまよね?イライラする」

花陽「…………ご、ごめんなさい」

絵里「はぁ……またそれ。のろまなうえに頭も悪いのね」

花陽「………………」



173 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:25:20.90 ID:GpNIlGBT.net


絵里「なにボケっとしてるの。早く舐める」

花陽「…………はい」

絵里「言われなくてもやるのが普通よね?」

花陽「…………そうです……」

絵里「……なんでできないの?」

花陽「花陽が……ダメダメだからです……」

絵里「わかってるなら、努力しようとか思わないのかしら」

花陽「………………」

絵里「ホントにダメな子ね」



176 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:27:51.78 ID:GpNIlGBT.net


花陽「……ん……ちゅ……」

絵里「ねえ花陽、退屈なんだけど。ただ舐めるだけでいいと思ってるの?」

花陽「………………え、えっと」

絵里「ああもういいわ。がっかりね……」

花陽「……ごめんなさい」

絵里「口を開けて」

花陽「…………ほうでふは」

絵里「そう。そのままにしてて。口に足を―――」ガッ



177 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:30:57.84 ID:GpNIlGBT.net


花陽「んぐぅ!……ぁ…………」

絵里「もっと開けて。まだつま先しか入ってないわ」ググッ

花陽「や……ぁ…………」

絵里「うん?もしかして嫌がってないわよね……?」ググッ

花陽「………………」フルフル

絵里「……そうよね。こうされるの好きでしょ?」

花陽「………………」

絵里「どう?あなたの好きな私の足が、口いっぱいだけど?」

花陽「……う…………」

絵里「無理やり口に入れたから……でも、それがいいのよね?」

花陽「………………」



179 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:34:36.84 ID:GpNIlGBT.net


絵里「何とか言いなさいよ!」

花陽「……あええあぃ…………」

絵里「なに言ってるかわからないんだけど。ああ……」

絵里「頭を足で押さえつける。それが好きなのよね、あなた」

絵里「今のは、してほしいって言ったのよね?」

花陽「………………」

絵里「わかってるわよ。思い切り―――」グッ

花陽「……あ゛!……やっ…………」

絵里「こうでしょう?嬉しいでしょう?ふふ……」



180 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:38:12.11 ID:GpNIlGBT.net


絵里「なにしてるの?早く舌を動かしなさい」グッ

花陽「ぃあぁ゛…………ぁ…………」

絵里「ほら!」グッ

花陽「やぁっ…………ぅ……」

絵里「早く!」

花陽「……ぁ……ちゅ……」

絵里「……そう、そうやって舐めろって言ってるの」

絵里「まったく、最初からなんでできないのかしら」グリグリ

花陽「……やあっ………ん……」



181 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:43:16.85 ID:GpNIlGBT.net


絵里「口が閉じてきてるわよ?」グリグリ

花陽「……い゛っ…………」

絵里「足に歯が当たってるわ。早く開けなさい!」

花陽「ゃあっ…………ぐすっ……」

絵里「何で言うこと聞けないのかしら?ねえ、花陽!」

花陽「……ぁ………………」ポロポロ

絵里「………………ふふ」

絵里(泣いたわ……やっと泣いた!)



182 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 00:46:54.82 ID:GpNIlGBT.net


絵里「なに泣いてるの。早く続けて……」

花陽「………………」

絵里「…………な、なんてね?足抜くから……」

花陽「……ん……っけほっ…………」

絵里「ごめんなさい。苦しかったわよね……」

花陽「……はぁ……ぅ……」

絵里「ヒドいこと言って、本当にごめんなさい。本当は思ってないからね?」

花陽「………………」

絵里「花陽も、あんなこと言われたり、されたりするの辛いでしょう?」

絵里「だから、もうやめにしましょう。これでもう終わり」



185 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:04:48.92 ID:GpNIlGBT.net


花陽「………………」

絵里「花陽?大丈夫?なにか体の様子がおかしいなら、早く言うのよ?」

花陽「………………」

絵里「ほら、もう足は抜いたんだから。何か言ってほしいんだけど……」

花陽「………………えへへ♡」

絵里「……なっ……なに笑ってるのよ」

花陽「…………花陽ね、嬉しいんです」

絵里「え…………」

花陽「やっと、花陽の気持ちが届いたんだなって……」

絵里(泣かせたのに……?)



186 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:08:21.34 ID:GpNIlGBT.net


絵里「なにを言ってるか、よくわからないんだけど……」

花陽「絵里ちゃんが、本気でやってくれて……だから、嬉しいんです……!」

絵里「ま、待って……あなた泣いてたわよね?」

花陽「うん。その……嬉しくて!」

絵里「………………」

絵里(ウソでしょう…………)



187 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:10:59.03 ID:GpNIlGBT.net


花陽「絵里ちゃんも……花陽が泣いて、嬉しそうだったね」

絵里「そ、そんなわけないわ。ふざけたこと言わないで!」

花陽「…………ううん」

花陽「絵里ちゃん、嬉しいんだよね?泣かせたのが」

絵里「……人を泣かせて嬉しいわけないじゃない」

花陽「でもね、顔にでてたよ?」

絵里「……嬉しいとしても、それは花陽がもうイヤだってなるはず、そう思ったからよ」

花陽「違うよ…………そもそもね―――」



188 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:15:12.30 ID:GpNIlGBT.net


花陽「普通は頼まれても、人の頭を踏んづけたりは……しないと思うの」

絵里「い、いやいや……それはあなたがしつこく……」

花陽「海未ちゃんは―――どんなに頼んでも……背中踏む以外はしてくれなかったもん」

絵里「…………な……」

花陽「穂乃果ちゃんに頼むって言っても……ね」

絵里「………………」

花陽「でも、絵里ちゃんはすぐにしてくれた!」

絵里「………………」



190 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:20:25.85 ID:GpNIlGBT.net


花陽「それに、セリフだって」

花陽「海未ちゃん、何度もやってもらっても、とまどいがあるままで」

花陽「絵里ちゃんは…………本当にすらすら。すごいなぁって思ったの……」

花陽「ねえ、絵里ちゃん。絵里ちゃんってやっぱり―――」

絵里「……違う違う。違うわ。そんなんじゃない!」

花陽「…………」

絵里(た、確かに勝手に口から、言葉が次々と出たけど……)



191 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:23:32.04 ID:GpNIlGBT.net


花陽「今日だってね。足を人の口に突っ込むなんて……」

花陽「普通の人は……しないよ?……ね、絵里ちゃん」

絵里「―――それは……そう!あなたをどうにか泣かせて」

絵里「それで、もうやめようと思わせる。そのための手段だったのよ」

花陽「手段?」

絵里「ええ。しょうがなくやっただけで……」

花陽「あの……人の口に足を入れようって……」

花陽「そう思う時点で……普通じゃないと思うんです」

絵里「………………」

絵里(私は普通……なはず……)



193 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:26:24.72 ID:GpNIlGBT.net


花陽「絵里ちゃんも、私と同じ……変態さんなんだよ?」

絵里「…………違う」

花陽「…………でも――」

絵里「だから違うっていってるでしょう!?」

花陽「…………絵里ちゃん、試しても……いいですか?」

絵里「試す……?」



195 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:29:07.07 ID:GpNIlGBT.net


花陽「…………はむ」

絵里「な、なにしようとしてるのよ……ソックスを噛んで……」

花陽「んんー!…………」

絵里「……脱がせようとしてるの……?」

花陽「ん……んっ!…………」

絵里「も、もう終わりよ。やめなさい!」



198 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:30:41.86 ID:GpNIlGBT.net


絵里「やめないと本気で蹴るわよ?」

花陽「…………んぅっ!……」

絵里「花陽、本当にやめて……」

花陽「ん…………はぁ……できた……」

絵里「………………」

花陽「やめてって言いながら……とめなかったね」

絵里「…………そうね」

絵里(別にとめたくなかったとか…………そういうわけじゃない……はず)



199 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:35:26.60 ID:GpNIlGBT.net


花陽「………………ちゅっ」

絵里「…………素足になにしてるの」

花陽「……足の甲にキス。絵里ちゃんどういう意味か知ってる?」

絵里「…………知らないわ」

花陽「あなたに隷属します……って意味なの」

絵里「………………」

絵里(………………)

絵里(……そんなこと言われて――)



202 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:38:18.08 ID:GpNIlGBT.net


花陽「これで、花陽は……絵里ちゃんのものです……」

絵里「………………」

絵里(ゾクゾクしちゃうのって……)

花陽「ガマンしなくてもいいんだよ……?」

絵里「………………」

絵里(普通……なの……かし……ら……?)



205 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:41:00.52 ID:GpNIlGBT.net


花陽「好きなように、花陽を使ってください♡」

絵里「………………」

絵里(………………)

絵里「…………ねえ」




「………………本当にいいのね?」

―――――――――――――――
――――――――――
―――――



207 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:44:02.54 ID:GpNIlGBT.net


海未「失礼します」

絵里「あら、海未じゃない。どうしたの?」

海未「絵里に言われてた、μ'sの部費に関する書類を持ってきたんです」

絵里「……そうだった、言ってたわね」

海未「これなんですけど」

絵里「――確かに受け取ったわ」



208 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:45:52.65 ID:GpNIlGBT.net


海未「――ところで、花陽はどうですか?」

絵里「……花陽がどうって?」

海未「あの、踏んでほしいとかいうお願い、まだしてきてますか?」

絵里「あ、ああ……それのことね。あの後しつこく頼まれたけど……」

絵里「だけど、最終的にはあきらめてくれたみたい」

海未「あ、そうなんですか!少しホッとしましたよ……」



209 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:47:33.18 ID:GpNIlGBT.net


絵里「なんで海未がホッとするのかしら?」

海未「い、いえ……その……押し付けたみたいで……」

海未「ずっと悪いなと思っていたので…………」

絵里「それなら、もう気にしなくていいのよ。解決したんだから」

海未「本当にすみませんでした……」

海未「――それでは失礼しますね」



210 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:50:08.46 ID:GpNIlGBT.net


絵里「………………」

花陽「………………」

絵里「……花陽、あなた本当に変態よね」

花陽「…………ん♡……ちゅっ」

絵里「海未が来てるのに、机に隠れたながら足舐めてるなんて」

花陽「……すっごくドキドキしちゃいました♡」

絵里「バレたらどうなるかとか、考えられないの?」

花陽「で、でも絵里ちゃんだって……もう片方の足で花陽のほっぺ、グリグリしてたよ?」

絵里「…………ごめんなさい、実は私もドキドキして……楽しんでたわ」

花陽「絵里ちゃんも、やっぱり変態さんだね♪」

絵里「ふふふ、そうね♪」



212 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:52:40.37 ID:GpNIlGBT.net


絵里「まだ少し時間があるから……もうちょっといじめてあげる」

花陽「うん、お願い!」

絵里「口あけて?」

花陽「…………んぁ」

絵里「足先、奥まで入れるからね――」グゥッ

花陽「……むぐっ…………」



216 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 01:58:34.88 ID:GpNIlGBT.net


絵里「足入れられたらどうするんだっけ?」

花陽「…………ちゅっ……ぴちゃ……」

絵里「そうよ。ちゃんと舐めなさい」グッ

花陽「……ん……えいひゃん♡……」

絵里「頭を踏まれて、そんな嬉しそうな顔するの?いけない子ね」グッ

花陽「…………♡」



218 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 02:14:03.19 ID:GpNIlGBT.net


花陽「えいひゃん♡……えいひゃん♡」

絵里「気持ち悪い」グッ

花陽「いだっ……ん……」

絵里「あなた、踏まれるとすぐ舐めるの忘れるわね……」

花陽「ほへんひゃはい……」

絵里「かかとで頭をグリグリするけど……痛いって言ってもやめないからね?」

花陽「…………」コクコク



219 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 02:16:03.27 ID:GpNIlGBT.net


絵里「…………」グリグリ

花陽「い゛っ!……ちゅ……」

絵里「その痛がる声、私大好き。もっと聞かせて?」グリグリ

花陽「……ぁ……い゛だぁ…………」

絵里「そうそう、その声よ」グッ

花陽「ん゛ぅ…………」



220 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 02:18:35.40 ID:GpNIlGBT.net


絵里「足を抜いて――――」

絵里「……ああ、あなたの唾液でべたべたになってるじゃない」

花陽「…………花陽の顔を使ってください♡

絵里「……そうするわね。自分のものは自分で掃除してもらわないとね」

絵里「ほら、足に顔をこすり付けて。早く拭きとるの」

花陽「……はい」コスコス

絵里「…………キレイになるまでやってもらうわ」



221 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 02:21:46.33 ID:GpNIlGBT.net


絵里「――そろそろ時間かしら。残念だけど終わりにしましょうか」

花陽「…………うん」

絵里「花陽、大丈夫?さっきので床に頭を打ったとか……」

花陽「なんともないよ。心配してくれて、ありがとね絵里ちゃん」

絵里「よかった……何かあったら、すぐに合図するのよ?」

花陽「絵里ちゃんいつも気づかってくれるから、大丈夫だよ」

絵里「顔はとりあえず、このハンカチで拭いときなさい。後で洗わないとね」



222 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 02:25:19.03 ID:GpNIlGBT.net


絵里「授業も始まるし、急ぎましょう」

花陽「うん、そうだね」

絵里「あ、花陽!首のチョーカー外さないと!」

花陽「ああっ!あ、危ないところだったよぉ……」

絵里「気をつけないとね?」

花陽「は、はい……でも、ずっとつけてたいな……」

絵里「それは……さすがにまずいわ」

花陽「あのね、絵里ちゃんからもらったこれを着けてるとね……」

花陽「花陽、ホントに絵里ちゃんのものに……なっちゃたんだなって♡」

絵里「…………」

絵里「ああっもう!授業サボって続きしちゃうわよ!」

花陽「え、絵里ちゃん……授業は出ないと!」



223 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 02:27:15.44 ID:GpNIlGBT.net


花陽「ね、ねえ絵里ちゃん。今日の放課後もいいかな……?」

絵里「今日も?ここ毎日よね」

花陽「だ、だめ……ですか?」

絵里「ふふ……いいわよ」

花陽「ホント?今日は、その……縛ったりとかしてほしいな」

絵里「なんだか、日に日にハードになってるわね」

花陽「……ムリならいいよ?」

絵里「ううん、やってあげるわ。痛くて声が出るくらいにキツくね」



224 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 02:28:04.91 ID:GpNIlGBT.net


花陽「あのね、花陽……これからもずっと絵里ちゃんに……」

花陽「壊れちゃうくらいに……ムチャクチャにしてほしいの……」

絵里「ええ。いっぱい可愛がってあげる。あなたが泣いちゃうまでやっちゃうかも」

花陽「えへへ♪嬉しいですっ!」

絵里「――ただし。大事に大事に、絶対にケガはさせないように……だけど。いいわね?」

花陽「うん!」



おわり



関連記事

ユメノトビラ開いちゃいそう
[ 2015/06/01 21:48 ] [ 編集 ]

凛はこっちのかよちんも好きにゃー…()
[ 2015/06/01 22:07 ] [ 編集 ]

1こ前のSSとの落差ww
[ 2015/06/01 22:28 ] [ 編集 ]

ピュアって何だっけ…?
[ 2015/06/01 22:53 ] [ 編集 ]

うわぁ……
[ 2015/06/01 23:06 ] [ 編集 ]

ラーメンマンとブロッケンマンを思い出してダメでした
[ 2015/06/01 23:17 ] [ 編集 ]

僕は好きです(白目
[ 2015/06/02 00:45 ] [ 編集 ]

ちゃんとパートナーを思いやれる絵里ちゃんはSの鑑
[ 2015/06/02 01:53 ] [ 編集 ]

ハッピーエンド・・・・・なのだと思う。
自分には理解できない世界だけれど。
[ 2015/06/02 02:00 ] [ 編集 ]

SはサービスのSだから(意味不明)
[ 2015/06/02 09:48 ] [ 編集 ]

SMは信頼関係あってこそだからね
[ 2015/06/02 12:08 ] [ 編集 ]

なるほど、少し目覚めそうになった
[ 2015/06/02 12:10 ] [ 編集 ]

ドSチカいいね〜
[ 2015/06/02 13:17 ] [ 編集 ]

いいじゃないですか(白目
[ 2015/06/04 00:23 ] [ 編集 ]

エリチに虐められたい
[ 2015/06/04 00:50 ] [ 編集 ]

素晴らしい
[ 2015/06/04 10:05 ] [ 編集 ]

ドSチカに目覚めさせるための誘導が巧みすぎて草
[ 2015/06/04 17:31 ] [ 編集 ]

すごい興奮したww
[ 2015/06/05 18:49 ] [ 編集 ]

なんだこれは……
相対的に海未ちゃんの評価が上がる可能性
[ 2015/06/05 21:47 ] [ 編集 ]

愛っていろんな形があるんだね(棒
[ 2015/06/16 03:38 ] [ 編集 ]

多分変態だと思うんですけど(名推理)
[ 2016/04/16 07:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4534-4dcb4765


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ