FC2ブログ









赤レズずきん「おばあちゃんのお見舞いに行かなきゃ」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 00:22:49.032 ID:9XOJj6Zn0.net


狼っ娘「むふふ……今日も大漁大漁」

赤レズずきん「ふんふーん♪」

狼っ娘「げっ! あ、あいつは赤レズずきんじゃない……どうしてこんな森の中に」

狼っ娘「し、仕方ないわ……見つかる前に隠れ」

赤レズずきん「あ、狼っ娘ちゃん!」

狼っ娘「ぎくっ……あ、赤レズずきんちゃん、こんにちは」

赤レズずきん「ふふ……今日も可愛いね、狼っ娘ちゃん」

狼っ娘「……ちょ、ちょっとあたし、急いでるから」

赤レズずきん「んー?」サワサワ

狼っ娘「きゃあっ!? ちょ、ちょっと、ヘンなとこ触らないでよ!」





4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 00:29:06.749 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「いいでしょ狼っ娘ちゃん、私といいことしよ?」

狼っ娘「嫌に決まってんでしょ……っていうか急いでるって言ってるじゃない、離して」

赤レズずきん「えー?」サワサワ

狼っ娘「ひゃんっ! だっ、だからぁ……尻尾の付け根なでないでぇ……」

赤レズずきん「えへへ……そういえば今、発情期なんだよね」

狼っ娘「え? あ、あたしは別に、発情期じゃ……」

赤レズずきん「私が」

狼っ娘「ひっ……」



7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 00:36:12.118 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「なーんちゃって! 発情期なんてないよ、私人間だし」

狼っ娘「……そうね、あんたはもともと万年発情期だったわね」

赤レズずきん「そうかなぁ?」モミモミ

狼っ娘「んっ……! ちょ、ちょっと……」

赤レズずきん「あ、ごめんごめん、狼っ娘ちゃんが可愛いからつい」

狼っ娘「この変態……」

赤レズずきん「あ、それ興奮する……もっと言っていいよ?」

狼っ娘「……」



8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 00:40:22.260 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「そういえば狼っ娘ちゃん、急いでるって言ってたよね? どうして?」

狼っ娘「そ、そう! あたし、猟子のやつに追われてて……」

赤レズずきん「ふぅん、猟子ちゃんかぁ……」

狼っ娘「それより、あんたはどうしてこんな森の中にいるのよ?」

赤レズずきん「ああ、私はおばあちゃんの家に行くところなの」

狼っ娘「へえ……それってどの辺り?」

赤レズずきん「えっとね……あっちの、泉のある方かな?」

狼っ娘「なるほどね」



13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 00:50:26.133 ID:9XOJj6Zn0.net


狼っ娘「ねえ赤レズずきんちゃん、ちょっと頼まれてくれないかしら……」

赤レズずきん「え、どうしたの狼っ娘ちゃん?」

狼っ娘「猟子のやつ、今度こそあたしを撃ち殺してやるって躍起になってるのよ……あいつに見つかったらあたし、おしまいなの」

赤レズずきん「そうなんだ……狼っ娘ちゃん、かわいそう」

狼っ娘「そう……だから、あたしが遠くまで逃げる時間を稼いでほしいの」

赤レズずきん「……それはいいけど、どうやるの?」

狼っ娘「猟子のやつ、きっとこの場所を嗅ぎつけて追ってくるはずだから、適当にお話でもしてここに引き止めておいてくれればいいわ」



14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 00:57:26.191 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「わかった……ねえ、猟子ちゃんって可愛いの?」

狼っ娘「……そうね、ちょっと地味っぽいけど、あんたの好みかも」

赤レズずきん「ふふ……ここは私に任せて、はやく逃げたほうがいいよ狼っ娘ちゃん」ワキワキ

狼っ娘「あんたって本当に……まあいいわ、お言葉に甘えさせてもらうわね」

赤レズずきん「また会おうね、狼っ娘ちゃん」

狼っ娘「……うん、ありがとう」

赤レズずきん「こちらこそ!」



15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:04:26.042 ID:9XOJj6Zn0.net


狼っ娘「……あのバカ、まんまと言いなりになってくれたわ」

狼っ娘「猟子のやつも撒けるし一石二鳥ね、あたしってどうしてこうも頭がキレるのかしら」

狼っ娘「お婆さんの家はこっちって言ってたわよね……森の中に人家なんて珍しいから、すぐにわかるはず」

狼っ娘「ふふ、ふふふ……あいつの怯える顔を見るのが楽しみだわ」

狼っ娘「きっと狼の恐ろしさを思い知らせてやるんだから……!」



18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:10:06.787 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「猟子ちゃん、本当にここに来るのかなぁ……」

赤レズずきん「ふふ、どんな子なんだろう……楽しみだなぁ」

猟子「痕跡がまだ新しい……きっとこの辺りに……」

赤レズずきん「きたっ!」

猟子「!?」チャキッ

赤レズずきん「きゃあああっ!?」

猟子「あ、なんだ、人ですか……これは失礼しました」



19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:14:30.343 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「あ、あなたが猟子ちゃん?」

猟子「ど、どうして私の名前を……」

赤レズずきん「お友達に聞いたの。私は赤レズずきん、よろしくね」

猟子「はあ、よろしくお願いします」

猟子「……それより赤レズずきんさん、この辺りで狼のメスを見ませんでしたか?」

赤レズずきん「見たよ」

猟子「!! ほ、本当ですか! それで、どっちのほうに……」

赤レズずきん「うーん、どっちだったかなぁ」

猟子「探しているんです、どうか思い出してください」



20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:20:38.168 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「猟子ちゃんはどうして狼を探してるの?」

猟子「狼に畑の作物を盗まれたという通報がありまして……」

赤レズずきん「うわ、ひどいね」

猟子「そうでしょう? これが初めてではないんですよ、泥棒狼は村の人達の悩みのタネなんです」

赤レズずきん「そうなんだ……」

猟子「だから今度こそ、この銃で泥棒狼を撃ち殺してやるんです!」

赤レズずきん「こ、殺しちゃうの?」

猟子「? もちろん、殺して毛皮をはいで売るんですよ。いい値段で売れますよ」



24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:29:05.677 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「あのね、きっと狼っ娘ちゃんも話せばわかると思うの、だから殺すのは……」

猟子「いいや、ああいうケモノにはいくら話したってムダです」

赤レズずきん「狼っ娘ちゃん、あんなに可愛いのに……」

猟子「……あなた、狼の凶暴さを知りませんね」

赤レズずきん「凶暴?」

猟子「そうです、狼はとっても凶暴で、恐ろしいんです!」

赤レズずきん(そんなことないと思うけどなぁ……)



25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:35:18.600 ID:9XOJj6Zn0.net


猟子「見た目に騙されちゃいけません! 村では実際、何人も狼に襲われてケガをしてるんですよ!」

赤レズずきん「そうなの?」

猟子「はい、ひどいケースでは狼に噛まれた勢いで転倒、そのまま階段から転げ落ちて全治二ヶ月のケガを負ったという……」

赤レズずきん「それ、勝手に転げ落ちただけじゃない?」

猟子「とにかく! 狼は悪い生き物なんです! だから殺すしかないんです!」

猟子「赤レズずきんさん、そろそろ思いだせませんか? 狼がどっちに行ったか」

赤レズずきん「うーん……もうちょっとで思い出せそうなんだけどなぁ」

猟子「お願いします! 早く追わないと、逃げられてしまう……」



26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:41:47.416 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「あ、思い出したかも」

猟子「本当ですか!」

赤レズずきん「うん……でもね、猟子ちゃん」

赤レズずきん「私、こういうのはギブアンドテイクだと思うんだぁ」

猟子「っ……! わ、わかりました、のちほど謝礼金を……」

赤レズずきん「そういうことじゃなくって」

猟子「と、いいますと……?」

赤レズずきん「ふふ……私と、いいことしよ?」



27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:46:26.706 ID:9XOJj6Zn0.net


狼っ娘「ふふ、この家ね……わかりやすいったらないわ」

狼っ娘「……」コンコン

おばあさん「おや、ゴホッ……どなたかしら」

狼っ娘「私よおばあさん、赤レズずきんよ」

おばあさん「あらあらまあ、お見舞いにきてくれたのかい」

狼っ娘「ええ、そうよ」

おばあさん「悪いけど、ゴホッ、私は病気が悪くって、起きられないのよ……自分で戸を開けて入っておいで」

狼っ娘「わかったわ」



29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 01:56:47.231 ID:9XOJj6Zn0.net


おばあさん「よくきたね、赤レズずきんちゃん……ゴホ、ゴホッ」

狼っ娘(お見舞いとか言ってたけど……思ったより具合が悪そうね……)

おばあさん「ろくにもてなしもできなくて、すまないね……」

狼っ娘「いいえ、おばあさんは病気なんだもの……仕方ないわ」

おばあさん「ゲホ、ゴホ……悪いけど、そこの棚からお薬を取ってくれないかしら……ゲホッ」

狼っ娘「……」

狼っ娘(な、なに考えてるのよ、あたし……こんなに手を下しやすい相手なんていないじゃない……)

狼っ娘(あたしは恐ろしい狼なんだから……やるのよ……)

おばあさん「ゴホ、ゴホ……赤レズずきんちゃんや……」



31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 02:04:32.256 ID:9XOJj6Zn0.net


猟子「はぁ……はぁ……」

赤レズずきん「ごちそうさまでした♪」

猟子「こ、こんなこと……してる場合じゃないのに……」

赤レズずきん「でも、すっごくよかったでしょ?」

猟子「……はい」

赤レズずきん「えへへ……あ、そうだ! おばあちゃんのお見舞い!」

猟子「……はい?」

赤レズずきん「あぶない、忘れるところだった……ついでだし猟子ちゃんも一緒にいこ? おばあちゃんに紹介してあげる!」

猟子「い、いや、私は狼を……」

赤レズずきん「……来てくれないの?」

猟子「! あ、赤レズずきんさんが、どうしてもと言うなら……」

赤レズずきん「えへへっ、それじゃ一緒にいこっ」

猟子「わかりました……」



32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 02:10:09.348 ID:9XOJj6Zn0.net


猟子「この家ですか、ずいぶん歩きましたね……」

赤レズずきん「うん、さあ入ろっ」

猟子「か、勝手に入っていいんですか?」

赤レズずきん「いいの、おばあちゃん病気が悪くて起きられないから」

猟子「そうなんですか……」

赤レズずきん「おばあちゃーん、私だよ、赤レズずきんだよー!」

猟子「お、おじゃましてまーす」



33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 02:15:16.443 ID:9XOJj6Zn0.net


狼っ娘「げっ……猟子!? ちょ、ちょっと、なんてもの連れてきてんのよ!!」

猟子「お、お、狼!? もしや、善良なおばあさんを食い殺して財産を盗もうと……許せません!!」

おばあさん「あらあら、なにやら賑やかになったわねぇ」

赤レズずきん「おばあちゃん、病気はいいの?」

おばあさん「ええ、あの狼さんに看病してもらって、ずいぶんよくなったわ」

狼っ娘「う……バレてたのね……」

おばあさん「ふふ……私の孫娘にそんな大きな耳も尻尾も生えてないもの、わかるわよ」



34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 02:21:43.557 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「やさしいんだね、狼っ娘ちゃん」

狼っ娘「べ、べつに……目の前で勝手にくたばられるのが嫌だっただけだし」

猟子「く……この物言い、なんたる外道……!!」

赤レズずきん「まあまあ猟子ちゃん、狼っ娘ちゃんも根はいい子なんだよ」

猟子「そんなことありません!!」
狼っ娘「そんなことないし!!」

おばあさん「あらあらまあ」



35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 02:34:02.629 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「きっと作物を盗んだりしたのも、食べ物に困って仕方なくやったことなんじゃないかな」

狼っ娘「……」

赤レズずきん「お母さんが言ってた……人間の都合で森が切り崩されて、森に住む生き物は食べ物に困ってるんだって」

猟子「そ、そんなこと……狼は悪いヤツなんです、凶暴で……」

赤レズずきん「猟子ちゃん」サワサワ

猟子「んあっ……」ビクッ

狼っ娘「!! ちょ、ちょっと、こんなところで……」

赤レズずきん「ふふ……狼っ娘ちゃん、嫉妬しちゃう?」

狼っ娘「ち、ちがうわよ!」



36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 02:38:21.094 ID:9XOJj6Zn0.net


おばあさん「相変わらず赤レズずきんちゃんは女の子が好きねえ」

狼っ娘「……昔からなのね」

おばあさん「私も若い頃は……」

狼っ娘「えっ」

おばあさん「ふふ、可愛い女の子っていいものよねえ」

狼っ娘(血筋なのかしら……)

猟子「んっ、あっ、あ、赤レズずきんさん……だ、だめですよぉ、こんなところで……」

狼っ娘「ちょっと! いつまでやってんのよ!!」



37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 02:47:22.736 ID:9XOJj6Zn0.net


猟子「はぁ、はぁ……わ、わかりました、確かに狼にも話し合いの余地はあります……」

赤レズずきん「うんうん、おりこうだね猟子ちゃん♪」

猟子「……えへへ」

狼っ娘「……」

赤レズずきん「でも狼っ娘ちゃん、人のものを盗むのはよくないよね」

狼っ娘「……わ、わかってるわよ……自警団にでも突き出せばいいじゃない」

赤レズずきん「そんなことしないよ?」

狼っ娘「はぁ?」



38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 03:01:37.336 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「狼っ娘ちゃんはうちに来て、人間の生活を勉強してもらうの」

狼っ娘「な、なんであたしがそんなこと」

赤レズずきん「うちに来たら、私とたっくさんいいことしようね?」

狼っ娘「……お断りよ」

赤レズずきん「え?」

狼っ娘「あ、あたしは、いつかイケメンの狼を探しだして子供を産むんだから! 女どうしなんて興味ないの!」

赤レズずきん「ふふ……」

狼っ娘「……!?」ゾクッ

狼っ娘(な、なによ、今の背筋の凍る感覚は……! まるで大型動物に狙われてるみたい……)



39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 03:11:54.381 ID:9XOJj6Zn0.net


赤レズずきん「狼っ娘ちゃん」サワサワ

狼っ娘「んぅ……! さ、さわるなぁ……」

赤レズずきん「れろ……ちゅぷ」

狼っ娘「やぁっ……!! み、耳、なめちゃ、いやぁ……」

赤レズずきん「ふふ、すっごくいいでしょ?」

狼っ娘「くぅ……ぜ、ぜんぜん効かないわよ……」

赤レズずきん「あぁ……狼っ娘ちゃんのそういうところ、すっごく興奮する……」

狼っ娘(な、なんなのよこいつ……!)

赤レズずきん「じっくり目覚めさせてあげたいなぁ」



40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 03:18:18.991 ID:9XOJj6Zn0.net


狼っ娘「あ、あんたなんかに何されたって、言いなりにはならないんだから……」

赤レズずきん「そっかぁ、それは残念だなぁ……猟子ちゃん」

猟子「はいっ!」チャキ

赤レズずきん「ファイ……」

狼っ娘「ま、待って待って待って! 話しあいましょ、ねっ!?」

赤レズずきん「じゃあ、私のうちに来る?」

狼っ娘「行く行く! 行きますとも!」

赤レズずきん「えへへ、狼っ娘ちゃんはおりこうだね」ナデナデ

狼っ娘「……くぅ」

狼っ娘(こうなっちゃ仕方ないわ……しばらく従うフリをしつつ、隙を伺って脱走するしか……)



42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 03:25:13.858 ID:9XOJj6Zn0.net


―――――

赤レズずきん「あれぇ狼っ娘ちゃん、おまたからエッチなお汁が垂れてるよぉ?」

狼っ娘「はっ、はっ……う、うそよ、そんなのっ、たれるわけっ……」

赤レズずきん「えー?」クリクリ

狼っ娘「ひゃぁぁんっ!!」

赤レズずきん「あれあれー? このお汁は何かなぁー?」

狼っ娘「しっ、しらない! こんなのっ、こんなの……!!」

赤レズずきん「……そろそろ、いいかな」クチュクチュ

狼っ娘「っっ……!!! く、ぁ……っ」ビクゥ

赤レズずきん「ね、森にいた頃はこんな経験できなかったでしょ?」クチュクチュ

狼っ娘「ぅく……っ! ぅ、あ……っ」



43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 03:33:29.380 ID:9XOJj6Zn0.net


狼っ娘「く……ぁあっ、あああっ!! だ、だめよ、こんなのぉ……し、しんじゃう……っ!!」

赤レズずきん「だいじょうぶだよ、死なないよ」グッチュグッチュ

狼っ娘「むりっ!! むりむりむりぃ、あああっ、あぁ…………っ!! ……っ!!」

赤レズずきん「ふふ……いいでしょ? 女の子どうしって」

狼っ娘「はっ……はっ……」

赤レズずきん「狼っ娘ちゃん、かわいい……」

狼っ娘「……もう、好きにして……」


こうして赤レズずきんは狼っ娘と、たまに猟子といいことをして幸せに暮らしましたとさ

めでたしめでたし



関連記事
[ 2015/07/28 12:00 ] オリジナルSS | コメント(12)

百合ム童話もっと増えろ
[ 2015/07/28 12:25 ] [ 編集 ]

そういや百合姫でユリム童話連載してたな…
[ 2015/07/28 13:11 ] [ 編集 ]

最高!!バンザーイ!!!
[ 2015/07/28 14:47 ] [ 編集 ]

ほぅ…
[ 2015/07/28 16:56 ] [ 編集 ]

こういうの好きだわ
もっと種類増えろ
[ 2015/07/28 19:31 ] [ 編集 ]

かなりよかったです
[ 2015/07/28 22:27 ] [ 編集 ]

なぜレズ×ノンケはこんなにも素晴らしいんだろうか
[ 2015/07/28 23:26 ] [ 編集 ]

ノンケ受け大好物ですわ
ぶっちゃけ赤レズきんの方が語感よかったと思う
[ 2015/07/29 01:41 ] [ 編集 ]

赤レズずきん最強だな。
俺も最初赤レズきんと読んだ。
[ 2015/07/30 01:18 ] [ 編集 ]

これはいいユリム童話
[ 2015/07/30 17:46 ] [ 編集 ]

無自覚なノンケ攻めのが好きなのってもしかして自分だけです?
[ 2015/08/29 02:38 ] [ 編集 ]

変態…大変良い作品でした
[ 2017/08/20 03:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4651-459b7d32


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ