FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【ゆるゆり】櫻子「向日葵ってさ、綺麗だよね」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 07:56:20.55 ID:yqG5bTi8o


櫻子「……でさ! ひどい話だと思うでしょ! こっちの身にもなってみろって!」

向日葵「一ついいかしら?」

櫻子「んー? なに?」

向日葵「こっちの身にもなってみろはこちらの台詞ですわ。靴も脱がないでいつまで愚痴る気ですの」

櫻子「ああ、ごめん、つい」

三和土で靴を脱いで、向日葵の家へ上がった。
三分前程から、表情一つ変えず、正座を決め込んでいた向日葵も、やっと立ち上がって、溜め息を一つついた。

私が居間で座り、忙しなく頬杖をついていると、向日葵がコップを盆に二つ乗せ、片方を私の方へ寄こした。
礼を言う間もなく、向日葵はもう片方のコップを取り、そのまま一気に飲み干し、
空になったそれを、テーブルに置くと、また一つ溜め息をついた。

櫻子「……なに溜め息ばっかりついてんの?」

向日葵「けたたましくインターフォンが鳴ったと思いきや、ドアは勢いよく開けられて、
間髪をいれずに口から出るのはマシンガンのような愚痴。それも昨日のドラマがどうのこうのだ。
流石に怒る気力も湧きませんわ。というよりタイミングを失いましたわ」

今まで黙っていた分を放出するかのように、向日葵は不満を捲し立てた。
その勢いに気圧されつつも、私もコップの中身を一気飲みし、まだ言いきれていない分を放出した。





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 07:57:40.17 ID:yqG5bTi8o


櫻子「だってそれぐらい酷かったんだもん! 最初はあんなに面白かったのに!」

向日葵「良くある話ですわそんなこと、大げさな……」

櫻子「私の悲しみを良くある話で片づけるのか……」

向日葵「竜頭蛇尾なんて言葉もあるぐらいですし」

櫻子「……なにそれ」

向日葵「始まりは勢いが良くても、終わりの方になるとそれが無くなるってことかしら」

櫻子「ああ、そう! それ!」

向日葵「劇的な話なんてそう多くはありませんわ。事の顛末なんて得てして平凡なものじゃないかしら」

櫻子「フィクションなんだから劇的でいいじゃん……冷めてんなぁ……」

向日葵「そんなことないと思いますが」

櫻子「……冷血」

向日葵「はいはい」

櫻子「……なんかあったの?」

向日葵「……はい?」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 07:58:40.33 ID:yqG5bTi8o


櫻子「いや、張り合いがないなーと思って」

向日葵「だから櫻子は大げさですわよ。ただの寝不足なのに」

櫻子「夜更かしでもしたの?」

向日葵「眠りが浅かっただけですわ。……あなたはそういう悩みが無さそうでいいですわね」

櫻子「どうせ馬鹿だからとか言うんだろ!」

向日葵「ひねくれすぎですわ」

櫻子「……お前がそうさせたんだろ」

向日葵「責任転嫁ですわね」


向日葵「で、なにをしに来たんですの?」

再びコップに飲み物を注ぎながら、向日葵は片手間にそう言った。

櫻子「ああ、そうだった」

向日葵「愚痴を言いに来ただけ、ってことは……まあなくもなさそうですけれど」

向日葵は容器を置き、冷ややかな目をこちらに向けた。

櫻子「いや違う違う! 他のことだから」

向日葵「他のこと?」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 07:59:50.02 ID:yqG5bTi8o


櫻子「そう! 他のこと! 凄く大事なこと!」

向日葵「……で、なんですの、それは」

櫻子「お腹減った!」

向日葵「……」

櫻子「なにその沈黙は……」

向日葵「……まあ、大事ですわね。食事は」

櫻子「でしょ!」

向日葵「問題は、なんで私の家にまで来て、それを言うのかってことかしら」

櫻子「いや今ねーちゃんもいないし、微妙な時間に空いちゃったからどうしようかなと思って」

向日葵「もうおやつの時間ですわね。……カレーの作り置きでも食べます?」

櫻子「おー! 向日葵よくやった! 褒めてつかわす!」

向日葵「もう、しょうがないですわね……」

半ば苦笑するように、向日葵は目を細めた。
……なんか、その顔に違和感があった。どうもズレているような、根拠のない不安が湧き出る。



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 08:01:03.96 ID:yqG5bTi8o


櫻子「……向日葵、今日なんか食べた?」

向日葵「そういえば、パンを一切れぐらいですわね」

当てずっぽうに言ったのが見事に当たったらしい。

櫻子「そんなんだから向日葵は駄目なの! 自分で食事は大事とか言った癖に! ほら向日葵も食え!」

向日葵「なんでいきなり上がり込んできたあなたが偉そうなんですの……分かりましたわ、食べようかしら」


私は早々に、向日葵はゆっくり食べ終わると、食器も片づき、部屋からは物の数が減った。
そうすると、一気に空間がガランとし、未だに大人しい向日葵も相まって、昼間の明かりに陰りを加えるような、
味気なさが漂ってきた。シンプルに言えば、変な空気だった。どうも居心地が悪い。

払拭するために、テレビをつけてみると、液晶にはドラマの再放送が映った。
良く見たことのないドラマだったけど、難病患者がどうこうという内容だった気がする。
……辛気臭いなぁ、と思い、チャンネルに手をかけようとすると、向日葵が声を上げた。

向日葵「あなたが好みそうな話ですわね」

随分と久しぶりに聞いた気がする向日葵の声からは、あまり生気を感じなかった。

櫻子「どこがだよ! すっごい暗そうなんだけど」

向日葵「だって劇的な結末があるんですもの」

櫻子「えっ、どんな?」

向日葵「言ったら意味がありませんわよ……」

櫻子「あっ、そっか」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 08:01:58.03 ID:yqG5bTi8o


向日葵「……少し、眠っていいかしら」

櫻子「うん? いいけど……」

向日葵「おやすみなさい」

櫻子「おやすみ……」

向日葵は立ち上がり、私に背を向け、寝室へ向かった。
その足取りは、重いと言えばいいのか、軽いと言えばいいのか分からなかった。
不可思議な光景を見ている気分になり、ただただ私はそれを目で追い続けていた。
やがて向日葵の背中は見えなくなり、私は疑問の正体が分かった。あの足取りは、薄かった。


櫻子「なんか現実味のないオチだったね」

向日葵「まあ、否めませんわね」

一時間ちょっとの眠りから目を覚ました向日葵に話しかけると、さっきよりは生気のある声が返って来た。

櫻子「そもそも手術だ奇跡だ以前にさ、未知の難病っていうのが現実から離れてるというか」

向日葵「……あなたこそ冷めてるんじゃありませんの?」

櫻子「えーそんなに冷房効いてないじゃん」

向日葵「いや、能天気なだけでしたわね」

櫻子「……なんかむかつく」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 08:03:14.29 ID:yqG5bTi8o


向日葵「……私はそうは思いませんけれどね」

櫻子「えっ?」

向日葵「別に病気じゃないにしても」

やっぱり、今日の向日葵はどこかおかしかった。
単純に睡眠不足で片づけるには無理があって、この大人しさには別の理由があるんじゃないのか?
それに、落ち着いているというよりは、何かを押し殺していると言う方が正しいように見える。

向日葵「明日は我が身でもおかしくありませんもの」

向日葵が淡々と、噛み締めるように言うものだから、
嫌な立体感を持った現実が、近くにあるように思えて、胸の動悸は徐々に増して、
背中に伝うのは、熱を持っているとは言い難い、冷たい汗だった。

櫻子「向日葵!」

向日葵「……どうしたんですの、急に」

衝動としか言い様が無かった。
気が付いたら、向日葵の胸に抱き付いていて、目頭が熱くなっていた。

櫻子「わかんない……わかんないけど……想像しただけで、凄く嫌になって、凄く近いことに思えて……」

向日葵「……大丈夫ですわ。私は櫻子と一緒にいますから」

私の背中を、向日葵の腕が包んだ。それなのに、私の頬を伝う涙の勢いは落ちなくて、
いつ渡されたのかも分からないハンカチに、ひたすらに水を吸わせていた。

向日葵「櫻子は変わりませんわね」

やっとの思いで落ち着きを取り戻したころに、向日葵は沈黙を破った。



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 08:05:06.60 ID:yqG5bTi8o


向日葵「本当に、いつまで経っても子供のままですわ」

櫻子「……向日葵は変わったよね」

向日葵「……変わったというよりは、変わってしまいましたわね」

櫻子「なにが?」

向日葵「結局のところ、私は今でもあなたに縋りっぱなしですわ……それどころか、以前よりも酷くなってますわね」

向日葵の言葉はきっと、私の頭のどこでも想定されていなかったもので、ただ耳を傾けるしかなかった。

向日葵「だから、あなたの面倒を見ていると安心してしまう。打算的に櫻子の変わらなさを喜んでいるのかもしれませんわね。
『この子には私がついてないと駄目』みたいに、保護者面でもして、傍にいられますから。
……櫻子は変わりませんわ。ずっと綺麗なままで。けれど、私は変わってしまいましたわ。前よりも、醜くなってしまいましたわ」

ゆっくりと、しかし滞りもなく、向日葵は独白を続けるけど、
それによって私の心に生まれたのは、一つの感情ぐらいしかなかった。

少し力を込めて、向日葵の身体を突き放した。

櫻子「……ばっかじゃないの」

むかつく。ふざけんなよ。

向日葵「……えっ?」

櫻子「向日葵が醜いわけないじゃん! 美人の櫻子様のライバル張ってるんだから綺麗に決まってるだろ! そんなこともわからないのかこのトンチンカン!」

向日葵「な、なんですの、そんな馬鹿みたいな理屈……!」

櫻子「こんなことで悩んでる向日葵の方が馬鹿だろ! 心配して損した! 私の涙返せよ!」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 08:06:52.72 ID:yqG5bTi8o


向日葵「……心配してくれていたの?」

櫻子「もう知らない! 勝手に考えてれば!」

向日葵「自分で言ったんじゃありませんの……」

もう泣き顔を見られるのも、辛気臭い顔を見るのも嫌で、私は向日葵に背を向けた。
しばらくすると、押し殺したような声が聞こえてきた。そういえばさっき、何かを押し殺したように見えると思ったけど、
多分今抑えているのは、違うものだと思う。あの時は笑い声なんて向日葵の中には存在しなかっただろうから。

櫻子「……なに笑ってんの」

向日葵「いえ、櫻子があまりにもごもっともなことを言ったものですから」

櫻子「私がごもっともなことを言っちゃおかしいのか……」

向日葵「おかしいのは私の方だって気が付いただけですわ。自分を笑ってるだけかしら」

櫻子「……ならいいけど」

振り向いてみると、向日葵は憑き物が落ちたように、生気を取り戻していた。
けど、普段通りとも言えなくて、どこかで見たような顔をしていた。

向日葵「ちょっと、散歩にでも出かけましょうか」


セミの鳴き声、トラックの走行音、はしゃいでいる子供たち。
私の耳は、住宅街を埋める音に、大して関心が無いらしく、聞き流し気味のようだった。
聞いている音といえば、静かな足音ぐらいだった。四つの足が奏でる、定番のリズム。
私と向日葵は言葉を発することもなく、ただそれを刻み続けていた。
一歩ごとに気持ちが静まって、普段通りに収束していく感覚があった。
きっと、家に帰るころには、元の二人に戻るような、そんな気がする。



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 08:08:21.93 ID:yqG5bTi8o


向日葵「はぁ……ちょっと引き返しのつかない所まで来てしまいましたわ」

なんとなく、このまま会話もなく、この散歩は終わると思っていたから、
唐突な向日葵の声に、私は一瞬足を止めてしまった。

櫻子「どういう意味かわかんないんだけど……」

向日葵「今日中に、元の私には戻れそうにありませんわ。終電を逃した気分ですわね」

櫻子「終電って……まだ日も落ちてないじゃん」

向日葵「そうですわね。今日はまだ随分残ってますわ」

昼間の明かりにあった、暗い影はもう取っ払われていた。
もう橙色に変わりつつあるから、明るさで言えば、さっきの方が上のはずなのに、
照らされる向日葵一人分だけで、お釣りが返ってくるぐらいだった。
やっぱり、どこかで見たような顔。……どこか懐かしい顔。



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 08:10:17.23 ID:yqG5bTi8o


向日葵「一つ、お願いをしていいですか?」

櫻子「……なに?」

向日葵「昔みたいに、さーちゃんに甘える私になってもいいですか」

返答を聞く前に、向日葵は私の手を握って、幼い笑顔を見せた。

櫻子「……ひまちゃんはしょうがないんだから」


櫻子「向日葵!」

向日葵「今日はなんですの……」

また今日も向日葵の家に上がり込んで、くだらないことを話して、
普段と大して変わりもしない、繰り返しの日常を送っていた。

櫻子「お腹減った! なんか食べさせて!」

向日葵「もう、しょうがありませんわね……」

結局、向日葵の言う通りかもしれない。劇的な話なんて、そう多くはないし、
事の顛末なんて、得てして平凡なもので、日常から一片もズレやしない向日葵に、私はふとこう言った。

櫻子「向日葵ってさ、綺麗だよね」

私がそう告げると、向日葵は立ち上がろうとするのはやめたけど、過剰な反応も見せず、
のどかさすらある佇まいで、私にこう言った。

向日葵「ということは、私のライバルを張ってる櫻子も綺麗に決まってますわね」

櫻子「……馬鹿みたいな理屈じゃなかったの?」

向日葵「私も大概馬鹿ですから。あなたのライバルを張ってるらしいので」

櫻子「馬鹿にしてんのか!」

向日葵「だからそうだと言ってるんじゃありませんの!」

またいつものように突っかかり合って、違う点なんて、
お互いに笑い合っているぐらいだった。やっぱり、普段と大して変わりもしなかった。




13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 08:12:53.35 ID:yqG5bTi8o


おわり
湿っぽくても軽快なひまさくが書きたかったんだと思います



関連記事

不穏な感じになるんじゃないかとひやひやしたけど、無事に終わってよかった
[ 2015/08/21 15:13 ] [ 編集 ]

仲直りっつーか立ち直るところにひまさくの良さがいっぱい出てた気がする
こういうの好き
[ 2015/08/22 00:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4692-9e5a919b


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。