スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

櫻子「咳をすると相手が抱き付いてくる薬?」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 21:11:33.94 ID:G3MUuByc0


櫻子「咳をすると抱き付く薬?」

西垣「誕生日だと聞いてな」

櫻子「わーい。プレゼントー♪」

西垣「偶然完成したんだが、爆発しなくてな。大丈夫、副作用として少し健康になるくらいだ」

櫻子「ありがとうございます!」

西垣「期限は約半日。そして使い方なんだが」

西垣「例えば私が飲んで咳をしたとする、すると一番近い所にいる相手が、抱き付いてくるということだ」

櫻子「ほへー」

西垣「今だったら、咳をした瞬間に大室が抱き付いてくることになるな」

櫻子「え?私、抱き付きませんよ?」

西垣「わかった。もう一度説明しよう」





2 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 21:22:19.52 ID:G3MUuByc0


西垣「では、大室が飲んだとしよう」

西垣「次に、古谷の近くで咳をする」

西垣「すると、古谷が抱き付いてくれるわけだ」


西垣「わかったか?」

櫻子「わかりました!これ美味しいんですか?」

西垣「いや、美味しくない」

櫻子「じゃあ、向日葵に飲ませればいいんですね!行ってきます!」

西垣「いや、ちょっと待て!」


ダダダダダダダ


西垣「行ってしまった…」



3 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 21:23:49.80 ID:G3MUuByc0


  *  *  *



櫻子(さっそく向日葵に飲ませてやろう)

櫻子(これで…)


☆妄想中~~~~~~~~~~~~~~~

向日葵「」ゴクゴク

向日葵「おいしかったですわ。ありがとう。素敵な櫻子様」

櫻子「えーごほん」コホン


ギュッ


向日葵「あっ//」

櫻子「これこれ向日葵くん。なんで抱き付いてくるのかね?」

向日葵「な、なんでかしら。体が勝手に」

櫻子「まったく…向日葵くんは…相手が私じゃなかったら、大変なことになるところだったよ」

向日葵「櫻子様ー素敵ー無茶苦茶にしてー」


☆妄想終了~~~~~~~~~~~~~~


櫻子(えへっえへ//)



4 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 21:33:08.99 ID:G3MUuByc0


  *  *  *



■朝 教室にて

ちなつ「向日葵ちゃんマスクしてどうしたの?」

あかり「風邪なら、保健室に行った方が…」

向日葵「いいえ、大丈夫ですわ。咳がでるだけで、熱はありません」

向日葵「みなさんに迷惑をかけないように、マスクさえしていれば」

櫻子「イエーイ向日葵ー。喜べー櫻子様が来たぞー」

向日葵「…無駄にテンション高いわね」


櫻子「はい。栄養ドリンク」

向日葵「え?」

櫻子「ふふーん。感謝しろよ。向日葵のために用意したんだからな!」

向日葵「櫻子…そんな櫻子が…」

ちなつ「櫻子ちゃんやっさしいー」

櫻子「さあ、飲め!そして櫻子様に足を向けて寝るが良い!」

あかり「さ、櫻子ちゃん、それ色々と間違ってるよぉ」



5 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 21:36:05.86 ID:G3MUuByc0


向日葵「ありがとう、櫻子。さっそく頂きますわ」


ゴクゴクゴクゴク


向日葵「うぅ…不味いですわ…」

ちなつ「薬だしね」

櫻子「よし!ごほん!」コホッ

向日葵「…」

櫻子「…」

向日葵「少し、楽になった気がしますわ」

櫻子「ごほんごほん!!!」コホッ

向日葵「櫻子?大丈夫?」

櫻子「ごほんごほんごほんごほん!!!」コホッ

向日葵「さ、櫻子!?」

あかり「櫻子ちゃん大丈夫!?」



櫻子(だ、抱き付いてこない!?)

櫻子(まさか薬効いてない!?)



7 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 21:42:52.65 ID:G3MUuByc0


ちなつ「櫻子ちゃん大丈夫?」

櫻子「え?あっ、大丈夫。あはははは」

向日葵「はぁ…まったく心配かけさせ……………………………ごほん」コホッ


ギュッ


櫻子「!?」

向日葵「え?」

あかり「あ、あれ?」

ちなつ「あかりちゃん?どうして向日葵ちゃんに抱き付いてるの?」



8 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 21:47:02.34 ID:G3MUuByc0


あかり「え?え?あ、あれ?」

櫻子「離れて!」


サッ


あかり「ご、ごめんね。向日葵ちゃん」

向日葵「いえ、大丈夫ですわ…ごほん」コホッ


ギュッ


櫻子「!」

ちなつ「あ、あれ?」

あかり「今度はちなつちゃんが!?」

向日葵「!!??!?」



9 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 21:51:32.66 ID:G3MUuByc0


ちなつ「体が急に…あれ?」

櫻子「いいから離れて!」


サッ


櫻子「」キッ

向日葵「な、なによ。急に睨んで」

櫻子「なんでもねーし!」

向日葵「なんで怒ってるのよ…」

櫻子「怒ってなんかねーし!」

ちなつ「ご、ごめんね。櫻子ちゃん」

あかり「櫻子ちゃん。ごめんね」

櫻子「…」ムスー



向日葵「…」

ちなつ「向日葵ちゃん。難しそうな顔してどうしたの?」

向日葵「いえ、さっきの栄養ドリンクのビンを見ているのですが…」


櫻子(向日葵め!嬉しそうにしやがって!)

櫻子(そんなにあかりちゃんやちなつちゃんに、抱き付いてもらったのが嬉しかったのか!)

櫻子(向日葵め!)


向日葵「よく見たら『作:西垣』って書いてありますね」


櫻子「…」

向日葵「櫻子?」ゴゴゴゴゴ

櫻子「え?なに?」



10 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:01:41.25 ID:G3MUuByc0


  *  *  *



■生徒会室に避難中

向日葵(櫻子から事情は聞きましたわ…まったく、この子ったら…)

櫻子「すいませんでした」土下座

向日葵「で、えーと、なんでしたっけ?咳をしたら抱き付く薬?」

櫻子「はい。そうです」

向日葵「私が咳をしたら、『他の人に抱き付く』はずなのに」

向日葵「実際は、『他の人が抱き付いてくる』と…」

櫻子「そうみたいです」


向日葵「はぁ…なんでそんな薬飲ませたのよ?」

櫻子「べ、べつに…」

向日葵(なんで顔が赤いのかしら…)

向日葵(…)


向日葵「ま、まさか、あなた…私に抱き付いて欲しくて!?」

櫻子「なっ、ななななな//」

櫻子「そんなわけねーし!勘違いするなよ!ばかっぱい!」

向日葵「バカなんじゃなくて!あなた!」

櫻子「なんだと!ばかって言った方がばかだもんね!向日葵のばか!」

向日葵「なんですって!」

櫻子「なんだと!?」



11 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:06:47.53 ID:G3MUuByc0


 
ガラララッ


京子「綾乃ーーいるー?」

京子「あれ?」

櫻子「歳納先輩?」

向日葵「今は普通の休み時間なので、教室では?」

京子「うーん。教室にはいなかったんだよねー。まぁいっかーじゃあねー」

向日葵「失礼しま……ごほん」コホッ


ギュッ


櫻子「なっ!?」

京子「およよ?」

向日葵「歳納先輩…すみません。実はかくかくじかじかで」

京子「おぉ!しかしかかくかくだって!?」

櫻子「しか!?」

京子「かく!」

櫻子「負けました…」ガクッ

京子「ふふっ。さくっちゃんもまだまだだね」


櫻子「じゃなくて、早く離れてください!」

京子「えー、だって、ひまっちゃん気持ちいいしー。もうちょっとー」スリスリ

向日葵「ちょっと!歳納先輩!」


サッ


京子「なんちゃって冗談冗談。じゃあねー」



12 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:10:30.07 ID:G3MUuByc0


向日葵「行ってしまいましたわ…」

櫻子「…」

向日葵(櫻子…すごく不機嫌ですわ)

向日葵(なんで不機嫌なのかしら…)

向日葵「…」

向日葵「//」ボンッ

櫻子「ん?」



向日葵(ま、まままままままままままーーーーーーーーーーーー//)

向日葵(ま、ままままさか、櫻子。私の事が好ーーーーー//)

向日葵(そ、それなら、この状況にも納得できますわ!)


向日葵「…」

向日葵「ハッ!!!」

向日葵(この状況最高ですわ!)

向日葵(よくよく考えたら、櫻子に合法的に抱き付いて貰うチャンス!)

向日葵(そ、そう…抱き付いて貰う…)



13 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:14:37.35 ID:G3MUuByc0


☆妄想中~~~~~~~~~~~~~~~

向日葵「…」

櫻子「どうしたの?向日葵?」

向日葵「す、すごい咳が出そうですわ…」

櫻子「なんだってー!?」

向日葵「ごほんこほん。おーっほん」


ギュッ


向日葵「なっ//」

櫻子「し、仕方ねーし//」

向日葵「ま、まだ咳が出ますわ!」

櫻子「早くしろし//」


向日葵「ごほん、ごほん、ごほん」

ギュウウウ

向日葵(櫻子が動物みたいに一生懸命抱き付いてきて…あぁ//)

櫻子「薬のせいだから、仕方ないし!」

向日葵「そ、そうですわね。これは仕方ないことですわよね//」

櫻子「//」

向日葵「//」


向日葵「こほんこほん」

ギュッ

櫻子「向日葵のせいで、くっついて離れられないし」

向日葵「こうなったら、私たち結婚するしかありませんわね」

櫻子「幸せにしてやるし//」

向日葵「幸せにしてね。櫻子//」


☆妄想終了~~~~~~~~~~~~~~



向日葵「キマシタワーーーーーーーー」

櫻子「」ビクッ



14 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:18:41.26 ID:G3MUuByc0


向日葵(さ、さぁ、あとは一生咳をしていれば!)

櫻子「ひ、向日葵大丈夫?鼻血出しながら奇声あげて…」

向日葵「大丈夫ですわ!もう未来の計画もバッチリ!なんの心配もいりませんわ!」ハァハァ

櫻子「向日葵…ごめん。私が変な薬飲ませたから…変になって…」ボソッ

向日葵「え?」


櫻子「今から先生の所に行ってくるね。治る薬とかあるかもだし」

向日葵「いえ、ちょっと待ってください」

櫻子「え?」

向日葵(これを治すなんてとんでもない!なんとかしないと…)



15 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:22:55.83 ID:G3MUuByc0


向日葵「そ、その…先生は先ほど出張で出られて…」

櫻子「え?」

西垣「やあ、呼んだかな?」

向日葵「あっ!あっちの方で爆発が!?」

西垣「なんだと!?」ダダダダダダ



櫻子「今、先生いなかった?」

向日葵「気のせいですわ…」

向日葵(そんな事より咳ですわ!)

向日葵(さあ、咳をしますわよ!櫻子!)

向日葵(優しく、でもちゃんと力強く抱いてくださいね!櫻子!)



16 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:27:59.37 ID:G3MUuByc0


 
ガラララッ

向日葵「えー、こほんこほん」コホッ

綾乃「歳納京子ーーー!」


ギュッ


綾乃「え?」

向日葵「え?」

櫻子「え?」

千歳「綾乃ちゃん!?」

綾乃「ち、違うのよ。こ、これは」オロオロ

千歳「そ、そんな…綾乃ちゃんが歳納さん以外に抱き付くなんて…綾乃ちゃんの嘘つきーーー」ダダダダ

綾乃「え!?千歳どこに行くの!?あと嘘つきってなに!?」


綾乃「あ、あれ?もう体が動く」

サッ

綾乃「ごめんなさいね。古谷さん…その急に抱き付いたりして…」

向日葵「い、いえ、大丈夫ですわ…」

向日葵(た、タイミング悪すぎですわ…)

櫻子「歳納先輩なら、先ほど教室に戻りましたよ」

綾乃「え?あっ、そうなの。ごめんなさい。用事があるから行くわね」

綾乃「本当にごめんね。古谷さん」

向日葵「い、いえ」



17 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:28:34.48 ID:G3MUuByc0


向日葵(行ってしまいましたわ…)

向日葵(でも、これで主要キャラは出てしまいましたわね)

向日葵(もう邪魔する人はいませんわ!)

向日葵(さあ、櫻子!覚悟しなさい!)

キンコーンカーンコーン

向日葵「あっ」

櫻子「早く教室に戻らなきゃ」



18 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:32:17.16 ID:G3MUuByc0


  *  *  *



向日葵(さあ、放課後ですわ!)

向日葵(お昼休みは、生徒会の仕事が忙しくて無理でしたが…)

向日葵(放課後は何もなし!さあ覚悟しなさい!櫻子!)


向日葵「櫻子。生徒会室に行きません?」

向日葵(生徒会室で…二人っきり…ふふっ。学生なら誰しもあこがれるシチュエーションですわ)

櫻子「え?なんで?今日は用事なかったよね?」

向日葵「…」

櫻子「…」


向日葵(あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー)

向日葵「え、えーと、それは…その…」

櫻子「そ、それよりさ…体、大丈夫?」

向日葵「え?」

櫻子「あのあと、咳もしなかったみたいだけどさ…」

向日葵(櫻子…私の事を心配してくれて…)

向日葵(それなのに…私ったら、櫻子に襲ってもらう事しか考えてなくて…)



19 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:37:40.25 ID:G3MUuByc0


向日葵「ええ、大丈夫ですわ。薬のビンにも書いてありましたが、体が元気になるみたいですし」

向日葵「おかげで風邪もバッチリ治ったみたいですわ」

櫻子「そっか…ごめんね。向日葵」シュン

向日葵「気にしなくて大丈夫ですわよ」

向日葵(シュンとしている櫻子…可愛い…)


櫻子「で、でも、私は気にする!」

向日葵「え?」

櫻子「だって、向日葵が他の人に抱き付かれてると…その…むかむかするの!」

櫻子「だから向日葵!お願いだから他の人に抱き付かれないで!抱き付かないで!」

向日葵「櫻子…」



20 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:43:49.28 ID:G3MUuByc0


向日葵「まったく、あなたはバカね…えぇ、大バカですわ」

櫻子「なっ!?」

向日葵(ここで私が咳をする…そして…)

向日葵(ギュッとしてきた櫻子に)

向日葵(『本当にバカ。私が抱き付かれたいのはあなただけだというのに…』)

向日葵「…」

向日葵(OH YES!YES!)




向日葵(さあ、一世一代の大勝負!行きますわよ!古谷向日葵!)


向日葵「櫻子…聞いて。これが私の答えですわ」

櫻子「え?」



21 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:48:36.56 ID:G3MUuByc0


向日葵「こほん」コホッ

結衣「あれ?なにしてるの?」

向日葵「え?」

ギュッ

向日葵(あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!)

向日葵(船見先輩の事、忘れてましたわーーーーーーーーーーー!!!!!!)

結衣「え?え?え?体が勝手に…え?」

櫻子「」プルプル

向日葵「ち、違いますの!櫻子!これは違いますのよ!」

櫻子「へ、へぇ…これが向日葵の答えなんだ。船見先輩に抱き付いて貰うのが…」

向日葵「聞いて櫻子!これは!」

櫻子「向日葵のばか!」

ダダダダダ

向日葵「櫻子!?どこに行くの!?櫻子!!!」



22 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:54:10.81 ID:G3MUuByc0


結衣「え?え?え!?」

向日葵「すみません…船見先輩、実はかくかくじかじかで…」

結衣「そうだったんだ。私の方こそごめんね。古谷さん」

向日葵「…私、どうすれば…」

結衣「追いかけたほうがいいよ」

向日葵「え?」

結衣「ほら付き合いが長いと言葉がなくても『わかってもらえる』って思っちゃうんだ」

向日葵「え?え?え?」

結衣「でも、意外と言葉じゃないとわからないもんなんだ」

向日葵「!!」


結衣「幼馴染って不便だよね。一番距離が近いくせに全然わかってない。気づいたら遠くに行っちゃう」

向日葵「…」

結衣「だからさ、追いかけないと…大室さんどっかに行っちゃうかもよ?」

向日葵「船見先輩ありがとうございます!私…櫻子の事追いかけます!」

結衣「うん。頑張れ。古谷さん」

向日葵「はい!」

向日葵(早く櫻子を追いかけないと!…でも、どこに?)


京子「結衣ー。あれ?ひまっちゃん?」

向日葵「すみません!私用事があって、失礼します」

京子「もしかして、さくっちゃん?だったら屋上の方に行ったよ」

向日葵「ありがとうございます!」



23 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:55:58.43 ID:G3MUuByc0


  *  *  *


京子「で、さくっちゃん。どうするの?」

櫻子「…」

結衣「あ、あれ?大室さんは屋上じゃ…」

京子「結衣もダメだねーさくっちゃん隠れてるのバレバレだったしー」

結衣「じゃ、じゃあ、さっきの話…」

京子「『幼馴染って不便だよね。一番距離が近いくせに全然わかってない。気づいたら遠くに行っちゃう』」キリッ

結衣「なっなーーーーーー//」


京子「大丈夫だよ結衣!私はどこにも行かないから!」

結衣「うるさい!お前のことじゃない!」

京子「あらあら、お顔があかりのお団子みたいに真っ赤ですよー」

結衣「うるさい!」

櫻子「私行きます!」


櫻子「そして、向日葵とちゃんと話します!」

京子「うん」

櫻子「なにを話せばいいか、全然わかりませんが、とにかく!」

櫻子「ちゃんと話してみます!」

結衣「うん。頑張れ大室さん」

櫻子「ありがとうございます!先輩方!」



24 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 22:59:12.97 ID:G3MUuByc0


  *  *  *


向日葵「い、いない…屋上…誰もいないですわ…」

向日葵(もしかして、もう帰ったんじゃ…)


櫻子「向日葵ーーー!!」

向日葵「」ビクッ

向日葵「あ、あれ?扉の方に…今、来ましたの?」

櫻子「今来た!」

向日葵(途中で追い越してたのかしら…じゃなくて、櫻子がいてよかった…)



25 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 23:01:20.21 ID:G3MUuByc0


櫻子「…」

向日葵「…」

向日葵(うぅ…な、なにを言えばいいのかしら…)


向日葵「櫻子…その、私…」

櫻子「ごめんなさい!向日葵!」

向日葵「え?」

櫻子「その…変な薬飲ませちゃって、それのせいで色々あって、全部ごめんなさい!」

向日葵「その件はさっきも謝ったじゃない…」

櫻子「でも、ごめんなさい!」

向日葵「いいえ。もう気にしてませんわ。それより私もごめんなさい」

櫻子「え?なにが?」

向日葵「その…………………………………あの…」

向日葵(言えないですわ!途中からわざと咳をして…他の方に抱き付かれたなんて!)

向日葵(本当は『櫻子に抱き付いて欲しかっただけ』なんて!)

向日葵(こんなの告白も同然ですわ!)



26 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 23:05:27.85 ID:G3MUuByc0


向日葵(…)

向日葵(はぁ…さっき、船見先輩に『言葉じゃないとわからない』と言われたばかりなのに…)

向日葵(…で、でも告白する勇気がたりない…)

向日葵(こうなったら咳をして、抱き付いて貰って…)

向日葵(あとは勢いで櫻子に私の気持ちを…//)


向日葵(勇気をください!神様!)



櫻子「向日葵?」

向日葵「櫻子!!!こほっ!こほっ!こほっ!こほっ!こほっ!こほん!」

櫻子「!!」

向日葵(さあ、抱き付きなさい!)



向日葵「…」

櫻子「…」

向日葵「あら?」



27 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 23:09:55.51 ID:G3MUuByc0


  *  *  *



■帰り道

櫻子(はぁ…疲れた…)

櫻子(結局、みんな向日葵に抱き付いて…私は…)

向日葵「よかったですわ。あの薬に期限があって、もう切れたみたいで…」

櫻子「そうだね…」

向日葵「…」チラッ

櫻子「はぁ…」

向日葵「もしかして、抱き付けなくて、残念だったとか?」

櫻子「///」ボンッ



向日葵「あらあら。西垣先生の薬のせいで、櫻子が爆発したみたいに、急に真っ赤になりましたわ」

櫻子「なっなななななななーーーーーー//」

向日葵「ふふふ♪」

櫻子「あーーーーーもうーーーー!」






櫻子「こんな誕生日、最悪だーーーーーーーーーー」







       終わり






(たぶん、なんとなくですが、明日にはいつも通りに戻ってる…)

(でも、私はいつもより、もっと上に行きたい…)

(だから、たぶん今日しかないんですわ…)

(言葉で…言葉で言わなきゃ…)

(今日は櫻子も頑張ってくれたんだから、私も-----)






ギュッ


「なっ//」

「誕生日プレゼントは私…じゃ、ダメかしら//」

「なっーーーーーーーーーーーー//」




       本当の本当に終わり



28 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 23:12:14.48 ID:G3MUuByc0


これにて終わりになります。
読んでくれてありがとうございました!
また機会があればよろしくおねがいします!



関連記事

やっぱりさくひまはいいね
[ 2015/09/15 01:27 ] [ 編集 ]

やったぜ
[ 2016/02/24 16:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4718-766474db


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。