FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

貴音「ほわいとでー…ですか…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:49:01.38 ID:4AK3N1t10


ばれんたいんでーのあの日、響からの贈り物。それは「友ちょこ」というもの
しかし、如何せん私は世情に疎く、ただ礼を述べることしか出来ませんでした…

聞けば、ばれんたいんでーの贈り物へのお礼は、三月十四日の「ほわいとでー」なる日に返すのが通説とか
本日はその「ほわいとでー」。良い機会なので、響に贈り物を返すことに致しましょう

ですが、ここで問題が。響からの贈り物は「友ちょこ」。しかし私の想いは……

如何にして行動に移すべきでしょうか。ここは>>5に聞いてみましょう





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:50:30.60 ID:mB4yKv8Y0


とりあえずpに聞く


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:54:38.25 ID:4AK3N1t10


貴音「あの…あなた様…」

ここはやはり、殿方であるプロデューサーに聞いてみることにしましょう

P「ん?どうした貴音?」

貴音「実は、響から頂いた友ちょこへのお返しを考えているのですが…」

P「友チョコか…。生憎俺には縁が無い話だから、よくわからないな…」

貴音「そう…ですか…」

P「でも、ここはやっぱり響の好きな物をあげてみればいいんじゃないか?」

貴音「はて?響の好きな物…ですか…」

P「例えば、>>11とか」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:57:33.98 ID:E+By3SLgO


やよい


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:58:06.60 ID:4z6JIu6e0


千早「!」ガタッ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:01:23.28 ID:BITt21X+0


伊織「!?」ガタッ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:02:07.17 ID:K/JEp9CK0


春香「!?」ガタッ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:02:50.20 ID:4AK3N1t10


P「例えば、やよいとか」

なんと…その手がありましたか…!
確かに響は、やよいをぺっとのように扱い、いつも餌付けをしていますね

貴音「流石はあなた様ですね。的確な助言、ありがとうございました」

P「ああ、頑張れよ!」

では、やよいを探しに行きましょう
小鳥嬢にお聞きしてみたところ、やよいは>>18にいるようですね



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:04:15.57 ID:K/JEp9CK0


事務所のソファー


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:09:55.46 ID:4AK3N1t10


Yo灯台 もと暗し Do you know!?です
噂のFunky girlは、事務所のそふぁーにいました。

しかし…

伊織「やよいはこれから私とスーパーに行くのよ!邪魔しないでちょうだい!」

千早「いいえ、高槻さんは私と一緒にカラオケに行くのよ。そうよね、高槻さん?」

春香「やよいは私と一緒にティータイムするの!ほらやよい、今日はチョコレートケーキだよ~♪」

やよい「うう~……困りましたあ……」

なんと、そこにいたのは『やよいを愛で隊』の構成員ではありませんか!
幸い響はいないようですが…ここはどうすれば…

>>25



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:11:42.34 ID:K/JEp9CK0


「やよい、私と一緒に来るのです」ガシッ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:17:18.16 ID:4AK3N1t10


貴音「やよい、私と一緒に来るのです」ガシッ

やよい「はわっ!貴音さん!?」

千早「んあーーーーっ!!(怒)」

伊織「ちょっ、ちょっと待ちなさい貴音!!やよいは渡さないわ!!」

春香「いくら貴音さんでも、やよいとのティータイムの邪魔は…うわわわわぁっ!?」

どんがらがっしゃーん

千早も伊織も春香に巻き込まれてしまったようです
今日ばかりは、春香のどんがら病に感謝しましょう




貴音「ここまで来れば、追っ手は現れませんね」

やよい「あ、あのっ!貴音さん!私に何か用ですか?」

貴音「ええ。突然連れて来てしまい申し訳ありませんでした。>>31」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:21:46.31 ID:K/JEp9CK0


おや、あそこにいるのは響でしょうか?


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:26:32.55 ID:4AK3N1t10


貴音「おや?あそこにいるのは響でしょうか?」

ちょうど良いところに響がいました

やよい「あっ!響さんです!響さーん!!」

響「ん?貴音とやよい!こんなところでどうしたの?」

今こそ、本懐を遂げる時!

貴音「響、ばれんたいんのお返しです」ズイッ

やよい「はわっ!わ、私ですかー?」

響「へ?やよいが…お返し?>>35」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:28:08.76 ID:bNIL+Tz00


それは嬉しいぞ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:31:50.54 ID:4AK3N1t10


響「へ?やよいが…お返し?それは嬉しいぞ!ありがとう貴音!」ニパッ

貴音「ふふっ、どういたしまして」

ああ…なんといい笑顔なのでしょう!
そう、私はこの南国の太陽のような笑顔に心を奪われてしまったのです

しかし、この想いを打ち明ける勇気が…今の私にはありません…

やよい「>>40」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:33:22.36 ID:bNIL+Tz00


kskst


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:33:23.57 ID:K/JEp9CK0


うっうー、私どうなっちゃうんでしょうか?


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:38:16.46 ID:4AK3N1t10


やよい「うっうー、私どうなっちゃうんでしょうか?」

響「んー…やよいはどうしたい?」スリスリ

響の頬擦り…なんと羨ましい!!幼いやよいに、少し嫉妬を覚えてしまいました…

やよい「うぅ~……」

響「固まっちゃったぞ…。じゃあ>>45しよう!」

…私は…このまま見ているだけなのでしょうか……



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:39:45.69 ID:whpPIoV90


アイアンクロー


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:46:42.14 ID:4AK3N1t10


響「アイアンクローしよう!」

やよい「はわっ!?や、やめてください!痛いのはイヤですっ!」

響「そりゃーっ!!」

そう言った響の手は、見る見るうちにやよいの顔へと…

貴音「響、やめなさい!!」

やよい「あれ?痛くないです…」

響「自分が本気でやるわけないだろー?
  アイアンクローチックにやよいの顔を触って堪能してるだけさー」サワサワ

…やはり私の想い人は心優しき人でした。一度でも疑ってしまった自分が恥ずかしい…
しかし、これでは事が進みません。何か行動を起こさなくては…

>>49



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:49:05.48 ID:A7X0OzRS0


べろちょろを燃やす


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:57:28.70 ID:4AK3N1t10


響が欲しい…。やよいが羨ましい…
呪詛のように心の中で呟き続けた私は、自分でも思わぬ行動に出ていました

貴音「……少し、お借りします」

やよい「?べろちょろがどうかしたんですかー?」

私は鞄の中にあった燐寸を取り出し、火を点け───




──おもむろに、べろちょろを燃やしました



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:02:21.53 ID:4AK3N1t10


やよい「っ!?返してっ!!私のべろちょろっ…!!」

響「やよいっ!?」

やよい「うぅぅ…熱い…熱いよう……」

響「貴音のバカッ!!早く水を持ってきて!!」

そこで私は我に帰りました。私は…なんということを……




無事に消火は完了しましたが、やよいは軽度の火傷を負い、べろちょろは灰になってしまいました

やよい「うっ…ひっく……べろちょろ…ごめんね…。春香さん……ごめんなさいぃ……」

そういえば、べろちょろは春香に作ってもらったものだとか。私はやよいに消えない傷を作ってしまったのですね……

響「…貴音がそんなことをする人だなんて思わなかった。もういい…帰って!!」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:03:13.68 ID:E+By3SLgO


やよい虐めるなよ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:03:31.72 ID:t5qBqCBG0


春香のお母さんだった気が


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:08:30.47 ID:4AK3N1t10


次の日。出社をしても、やはり事務所の皆は口を利いてくれませんでした
やよいの姿は見えません。響は……ずっと私を睨んでいます

この瞬間。はっきりとわかりました。私の目指す高みへは、もう登れないと

私は高木殿に辞表届を提出し、事務所を去ることに…

一時の嫉妬は人を狂わせる。私は身をもってそれを痛感することとなりました

願わくば、この悪夢から醒めますよう…




BAD END

>>60
指定安価から or 終了



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:09:47.84 ID:KhFopc1T0


>>42


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:11:41.26 ID:4AK3N1t10


何やら酷い悪夢を見ていたような気がしますが、現在響はやよいに頬擦りをしています
やはり、このような光景は微笑ましいですね…

響「やよい!>>64」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:12:39.74 ID:bXav6Dfn0


響と、おそろいの髪型にする


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:20:01.12 ID:4AK3N1t10


響「よしっ!やよいもポニーテールにしてみよう!貴音、手伝ってよ!」

貴音「わかりました。やよい、こちらへ」ポンポン

やよい「はいっ!」

想い人と共に過ごす、心穏やかな時間。やはりいいものですね…
何だかやよいが妹のように思えてきました。私の妹とはかけ離れていますが…

響「よーし!できたーっ!ほらやよい、自分とお揃いだぞ!」

貴音「ふふっ、よく似合っていますよ。はい、鏡をどうぞ」

やよい「うわ~…なんだかいつもよりいい感じかもっ!うっうー!元気モリモリですーっ!!」

何とも愛らしい…響が夢中になる理由がわかる気がします


やよい「えへへ~…ありがとう、お姉ちゃんっ♪」

貴音・響「っ!?」

こ、この破壊力…私はどう返せば…!?

>>69



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:22:06.86 ID:KhFopc1T0


キスする


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:29:09.58 ID:4AK3N1t10


やよいの可愛さの前に、耐えられる者などいるのでしょうか?否!(反語)

チュッ

やよい「あぅ……チューされちゃいました~……」カァッ

気付けば私は、やよいの唇を奪っていました
ふぁーすときすだったのですが、やよいならば悔いはありません

響「あーっ!貴音だけずるいぞ!!自分もっ!」

チュッ

やよい「えへへ~…二人のお姉ちゃんからチューされちゃいました…♪」

……なんということでしょう

貴音「あの……響…。つかぬ事をお伺いしますが、それは間接きすというものでは…」

響「>>75」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:30:48.31 ID:bXav6Dfn0


kskst


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:30:49.01 ID:HkF3ULhp0


ksk


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:30:50.78 ID:X25BJprL0


じゃあ、直接もしてみる……?


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:37:17.35 ID:4AK3N1t10


響「じゃあ…直接もしてみる?」

ドクンッ

突然、私の心臓の鼓動が早くなりました
ただの比喩表現だと思っていたのですが、本当にあるものなのですね…

貴音「響…よろしいのですか?」

響「…貴音なら、いいよ?自分、貴音のこと…その、結構好きだし…」

まさかの…いえ、真意を確かめるまでは……

貴音「好きの意味を、聞いてもよろしいでしょうか?」

響「えっと…ぅぅ…つ、つまり…友チョコってのはウソで、本命だったっていうか……」

やよい「えっと…ひ、響さん!ファイトですっ!」

響「だからっ!!貴音が好きなんだ!!友達じゃなくて…女の子として!」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:42:20.90 ID:4AK3N1t10


響「ようするに、その……貴音…?」

気が付けば、私の頬を一筋の涙が伝っていました
恋焦がれた相手と両想いだったとは…

貴音「わっ、わた…私は……!」

やよい「貴音さんもファイトですっ!うっうーって感じで頑張りましょう!」

貴音「…ありがとう、やよい。やはりあなたは、本物の天使なのかもしれませんね」

今こそ、勇気を振り絞って…

貴音「響…。私も、お慕い申しておりました
   あなたの笑顔を一目見た時から、ずっと恋焦がれていたのです」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:49:56.03 ID:4AK3N1t10


響「ぐすっ…ひっく……た、貴音ぇっ!!」

響が私に抱き付き、私達は情熱的な口付けを交わしました

やよい「あぅ…刺激的です……」カァッ

貴音「んっ…。私が伴侶で、よろしいのですか?」

響「それはこっちのセリフだぞ!自分は貴音が大好きだから、なんくるないさー!!」

貴音「私も、愛しています…」

私達が口付けを続け、一分が経とうとする頃…

やよい「あ、あのっ!そろそろ帰らないとまずいんじゃないかなーっって…
    うぅ…わ、私…おじゃまですよね…?」

貴音「そのようなことはありません。さあ、やよいもこちらへ…」

響「おいで、やよい。一緒に帰ろう!」

やよい「>>85」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 02:52:22.54 ID:zo7YJ/kVO


うっうー


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 03:03:05.16 ID:4AK3N1t10


やよい「うっうー!!」

響「あははは!やよいはかわいいなあ~♪」

貴音「まこと、全面的に同意します」

貴音「私、とても清々しい気分です。今夜はすき焼きにしましょう」

響「貴音がラーメン以外を食べるなんて…明日は春の嵐だぞ!」」

やよい「すき焼き…」じゅるり

貴音「ふふっ…♪やよいのために、霜降り牛を買ってあげましょう」

やよい「」

貴音「…はて?やよい?どうしてのですか?」

響「大変だ貴音!!やよいが気を失ってるぞ!!」

貴音「なんと!?早々に事務所に戻らねば!!」

響「やよい!!死ぬな!やよいーーーっ!!」


いつまでも、騒がしくも愛らしい仲間と共に…





それは肌寒い三月のお話。私の恋は、ほわいとでーにて成就しました
それは、元気で愛らしい恋のきゅーぴっどのおかげかもしれません



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 03:05:04.21 ID:X25BJprL0


乙乙
俺得な展開でした、サンクス‼



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 03:11:56.58 ID:4AK3N1t10


【えぴろおぐ】


貴音「突然ですが。私も『やよいを愛で隊』に入隊させていただきます」しじょっ

伊織「アンタね…この前はいきなりやよいを誘拐したくせに!」

貴音「それは困っているやよいを助けたまでです」

千早「確かに、少し怖い目に遭わせてしまったかもしれないわね…」

春香「まあまあ、終わったことだしもういいじゃない!
   今日はドーナツだよ!みんなで食べよっ♪」

響「自分もサーターアンダギー作ってきたぞっ!貴音の入隊祝いさー!」

貴音「皆…ありがとうございます…」

伊織「…ま、仕方ないわね。それじゃあ…」

『かんぱーい!!』

やよい「うぅ~…私の周りを囲んで息を荒くしないでくださいーっ!!」




今度こそ終わり



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 03:15:50.91 ID:4AK3N1t10


終わりです。ありがとうございました
確かにべろちょろについては「春香とその母君」って書いた方が良かったですね…

それと、前回はともかく、今回は最初から百合エンドを目指していました
決して偶然ではありません(迫真)



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 03:17:24.41 ID:HkF3ULhp0


乙でした


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 04:04:27.96 ID:wc7QlmOi0





関連記事

スナイパー多杉wwwwww
すげぇ
[ 2012/07/19 17:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/472-6993f335


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。