咲「寄りかかる」恭子「寄り添ってる、やろ?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 05:53:46.72 ID:+3oPxkrl0



咲「末原さん」恭子「恭子!」の続きです
http://lilymate.blog.fc2.com/blog-entry-4696.html



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 05:54:50.99 ID:+3oPxkrl0



きっかけは私の何気ない一言だったと思う
いつも来てもらってるから「大阪に遊びに行ってみようかな」だったはず

末原さんにはすこぶる心配された
辿り着けるのか、と。心外だ

道やルートは事前に調べれば大丈夫だ
構内は……まあ……あれだけど





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 05:56:07.43 ID:+3oPxkrl0



そんなわけで、末原さんの地元に遊びに来ている
久々に一緒に過ごせる、と思ってたんだけど……

恭子「おーい、咲」

咲「あ、末原さん……と」

洋榎「おっす。宮永」

咲「こ、こんにちは」

洋榎「久しぶりやな~うちのこと覚えとるか?」

咲「あ、はい。愛宕さん……」

洋榎「せやせや。愛宕洋榎や」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 05:57:22.47 ID:+3oPxkrl0



咲「えと……」

末原さんの顔を覗う

恭子「咲がこっちに遊びに来るから案内する言うたらついてきよってん」

洋榎「恭子だけじゃ頼りないやろ」

咲「はは、そうかもしれませんね」

洋榎「なー」

恭子「なんでや!そんなことない言うとるやん」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 05:58:24.84 ID:+3oPxkrl0



洋榎「じゃあ恭子、今日のプランはどうなんや」

恭子「ん……」

洋榎「そこで考え込む時点であかんやろ……」

咲「末原さん……」

恭子「ちょっ!ちゃうねん。プランなんてなくても何とかなるし」

洋榎「ならんわ」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 05:59:34.63 ID:+3oPxkrl0



恭子「そんなことないって。ほらうちアドリブきくタイプやし」

洋榎「いや、あんたは事前にぎょうさんカード用意して状況に応じて切っていくタイプやろ」

恭子「う……」

洋榎「そのカード用意せんと丸腰でどうするんや」

確かにそうかも
大抵のことには柔軟に対応するけど
完全に考えの埒外の出来事には動揺しちゃう感じとか



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:00:07.80 ID:+3oPxkrl0



洋榎「でも以外やな~いつの間に仲良くなってん?」

恭子「まぁ色々や」

洋榎「なんや色々って」

恭子「まぁええやろ」

洋榎「何や怪しいなぁ」

恭子「別に普通やって」

洋榎「ふーん」

今日は空が高いなぁ。爽秋ってやつだね



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:01:08.05 ID:+3oPxkrl0



洋榎「……宮永?」

咲「へ!?なんですか?」

洋榎「……宮永はぽやーっとして愛らしいなぁ」

恭子「な!?何言うとるんですか!主将」

洋榎「主将はやめ、部活中やないんやから。あと敬語も」

恭子「ええやん別に」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:01:54.73 ID:+3oPxkrl0



洋榎「なんか気持ち悪いんや。だいたい主将は百歩譲るにしてもなんで敬語やねん」

恭子「主将やからやろ」

洋榎「その主将がええ言うとるんやからええやろ!」

恭子「うっさいなぁ、もう」

洋榎「……ほう。今日はいつになく反抗的やなー」

恭子「いやいやそんなことないで。すまんすまん」

あ、飛行機雲……雨が降らなきゃいいけど……



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:03:02.72 ID:+3oPxkrl0



洋榎「……まぁええわ。すまんな宮永」

咲「あ、いえ……あの、愛宕さん」

洋榎「洋榎でええよ。絹、妹な、がおるから名前の方が都合いいし、呼ばれ慣れとるし」

咲「はい。じゃあ洋榎さんで」

恭子「ちょっ!?うちだってまだ」

洋榎「なんや?」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:03:45.66 ID:+3oPxkrl0



恭子「いや、なんでも……ってか何でついてきたんや」

洋榎「そら大阪の魅力が伝わるようにやな……」

恭子「面白がってるだけやろ」

洋榎「まぁな、おもろそうやん」

恭子「まあええけど」

いいんだ……まぁいいけど

洋榎「宮永もええか?」

咲「もちろんです」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:04:54.38 ID:+3oPxkrl0



どうでもいいけど末原さんもうちって言うんだね
地元だから?洋榎さんだからかな?

洋榎「宮永はどんなとこ行きたい?」

咲「うーん。そうですね……」

洋榎「まぁこんなざっくり言われても分からんか。観光地も良いけどあんまり人多いとこもなぁ」

咲「ちょっと苦手かもです」

洋榎「せやろ。ん~」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:05:33.80 ID:+3oPxkrl0



恭子「あれ?何でうちが置いてけぼりくらっとるんや」

咲「洋榎さんにお任せします」

洋榎「そか。じゃあテキトーに」

恭子「おーい……咲?」

咲「お願いします」

洋榎「ん」

恭子「あれ~?」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:06:19.41 ID:+3oPxkrl0



それからどうした


恭子「咲それ買うん?」

咲「ん~……」

恭子「わ、私も買おうかな~」

咲「やっぱりいいかな……」

洋榎「宮永~?こっちもあるで~」

咲「は~い。行きましょう。末原さん」

恭子「あ……」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:07:02.81 ID:+3oPxkrl0



それからそれから


恭子「もう昼か。何か食べたいもんある?」

咲「そうですね……」

洋榎「名物っぽいもんで無難なんは、お好み焼きとかたこ焼きとか串カツとか」

咲「どれも美味しそうですね」

洋榎「よし、全部いったろ」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:07:33.94 ID:+3oPxkrl0



咲「ええ!?そんなに食べられないですよ」

洋榎「まぁいけるやろ。うちらもおるし。なぁ?」

恭子「量を間違えんかったら大丈夫やろ」

咲「……そうですかね」

洋榎「いけるいける」

咲「じゃあ、お願いします」

洋榎「おう」

恭子「……」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:08:27.81 ID:+3oPxkrl0



・・・・・・・・・・・・・・・

洋榎「もうこんな時間か。名残惜しいけどうち帰らなあかんわ」

咲「そうですか……今日は付き合っていただいてありがとうございました」

洋榎「ええんやええんや。うちと宮永の仲やろ」

咲「ふふっ……はい」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:08:59.84 ID:+3oPxkrl0



洋榎「ほな、また遊ぼな」

咲「はい。また」

洋榎「恭子もな」

恭子「おー」

洋榎「頑張りや」

恭子「……何を!?」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:09:35.29 ID:+3oPxkrl0



洋榎「あ、宮永、ちょっと」

咲「はい?」

恭子「なに?」

洋榎「うちと宮永のナイショ話や。あっちいっとれ」

恭子「なんやねん……」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:10:17.90 ID:+3oPxkrl0



洋榎「今日はすまんかったな」

咲「?」

洋榎「朝の時点で帰ってもよかったんやけど、逆に気を遣わせそうでな。もういったれ!ってなもんで」

咲「いやいやそんな事は……」

洋榎「あいつもハッキリ言えばええんやけどな」

咲「多分気付いてないだけだと思いますよ」

洋榎「マジか」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:10:55.44 ID:+3oPxkrl0



洋榎「言いたいことは早めに言ったほうがええで」

洋榎「うちにもやけど、特に恭子には」

咲「そうですかね……」

洋榎「あいつ頭は良いけどアホやから」

咲「そんなことないでしょう」

洋榎さんの笑顔につられて笑ってしまう



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:12:07.43 ID:+3oPxkrl0



洋榎「……まぁ距離が近い方が言い難いこともあるか」

本心を出す。それで嫌われてしまったら?
怖い。好きな人に自分を否定されることが

咲「分かってはいるんですけど、なかなか」

悟られるのが怖くて軽口をたたく。それで嫌われたら世話ないよね

洋榎「大丈夫やなんて無責任に言えんけど、恭子なら平気やって」

洋榎「それでもなんかあったら相談乗るから。な」

咲「ありがとうございます」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:14:49.99 ID:+3oPxkrl0



洋榎さんは嵐のように現れ、去って行った

恭子「洋榎となに話しとったん?」

咲「世間話ですよ」

恭子「……ふーん」

納得してないな、これ

咲「……愉快な人ですね」

恭子「騒がしいだけや」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:15:37.22 ID:+3oPxkrl0



咲「またまた、心にもないこと言っちゃって」

恭子「……いや、二割くらいは本心やな」

咲「はは、洋榎さんが聞いたら怒りますよ」

……なんだか突然静かになってしまった。二人で連れ立って散策する



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:16:16.00 ID:+3oPxkrl0



恭子「……なぁどうしたん?」

咲「何がですか」

恭子「いや……なんか今日変やから」

咲「そんなことないですよ」

恭子「でも……」

咲「ちょっと疲れただけです」

恭子「……ずっと歩き回ってたし、茶店にでも寄ろか」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:17:14.82 ID:+3oPxkrl0



落ち着いた雰囲気の瀟洒なお店だった
お客くさんも多くはなかったので少し奥まった席に座る

注文してから届くまで何となく無言……なんなんだろうね。この時間は

恭子「……やっぱ怒っとる?うち何かした?」

咲「何でもないです」

恭子「何でもないことないやろ」

咲「そんなことないですって!」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:18:13.08 ID:+3oPxkrl0



末原さんが困ったような顔でこちらを覗う

恭子「私が悪いんやったら謝るから、な」

咲「何が悪いのかも判らずに謝らないで下さい。貴女のそういうところが……!」

――いけない

咲「すみません。ちょっと……」

恭子「いや……」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:20:04.91 ID:+3oPxkrl0



恭子「すまん。私はあんまり察しが良くないから言ってくれな分からん」

咲「ちょっと機嫌が悪かったんです。忘れてください」

恭子「そういう訳にはいかんやろ」

末原さんの真っ直ぐな眼が私を見据える

私は目を、そして話を逸らしたくなって手元の紅茶に砂糖を入れかき混ぜる

恭子「咲」

末原さんは逃がしてくれそうにない

恭子「これは有耶無耶にしちゃあかんやろ」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:20:58.33 ID:+3oPxkrl0



少し深く息を吐き、覚悟を決める

咲「末原さんは悪くないんです」

私が駄々をこねているだけだ

咲「……でも、今日は久々に会えたのに」

なんの説明にもなっていない、情報量の乏しい言葉だった

恭子「……そうか」

それでも末原さんは理解してくれたようだった



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:22:20.32 ID:+3oPxkrl0



ただ大阪に来たかった訳じゃない
末原さんの育った街に、末原さんに会いに、来たかったのだ

最初にそう伝えていればこうはならなかっただろう

つまり私が悪いのだ



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:23:06.38 ID:+3oPxkrl0



今日は楽しかった
けど私の心積もりとは少しばかり違った形だった
それだけのことだ

それなのに末原さんに八つ当たりをしている
なんて子供なんだろう



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:23:57.49 ID:+3oPxkrl0



洋榎さんが嫌だった訳じゃない

私は気に入った場所をいくつかぐるぐる廻るだけの人間だから
ちょっと強引にでも引っ張って、世界を広げてくれる人は有難い

結局私は末原さんに甘えているのだ

末原さんが受け止めてくれるから増長して
普段人に言えないような言葉を投げつけて傷つけて……



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:25:21.48 ID:+3oPxkrl0


……というようなことをまとまらない頭で言った気がする

私の取り留めのない言葉を末原さんは黙って聞いてくれていた

どんな表情だったのかは分からない
私は俯いて目を伏せてしまっていたから

沈黙が落ちる



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:26:03.41 ID:+3oPxkrl0



どれくらい経っただろう。長かった気もするし一瞬だった気もする

――リンっ――

不意に硝子が鳴る
空気が震え、私も顔を上げる

それは末原さんがコーヒーカップの縁を指で弾いた音らしかった
末原さんはというと……微笑んでいた



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:26:29.20 ID:+3oPxkrl0



恭子「考えすぎや。傷ついてないし」

咲「でもへこんでるでしょ」

恭子「そんなもんすぐなおるわ。私は形状記憶やからな」

咲「……初耳です。末原さんには超弾性があったんですね」

なんて、いつもの与太話



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:30:15.12 ID:+3oPxkrl0



恭子「……咲がそこまで言ってくれたから言うけどな」

恭子「私はそんな出来た人間やないで」

恭子「人がいいってのも人の顔色を窺ってるだけ」

恭子「独占欲も強いし嫉妬もするけど咲に嫌われたくなくて余裕のある振りして冗談にしてるだけや」

咲「そんなこと」



37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:30:45.38 ID:+3oPxkrl0



恭子「それにな、結構うれしいもんやで」

遮られてしまった

恭子「普段大人しいって言われてる咲が」

恭子「私の前では素……とはちゃうやろけど、他人には見せへん一面を見せてくれるのは」

恭子「ちょっとした優越感やな」

恭子「甘えるのの何があかんの。私は年上やで。甘えられる時はなんぼでも甘えたったらええ」



38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:32:37.75 ID:+3oPxkrl0



何故か泣きそうになってしまった。が、何とか堪える
こんなところで末原さんに涙など見られたくない

この期に及んで私は私を取り繕う。大したものでもないくせに

恭子「私も咲に甘えとるしな」

いや、これはまだ私に残っていたちっぽけな矜持だ
感傷的になってはいけない

ここで涙を流すなんて身勝手だ
こんな自分勝手なことはないだろう



39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:33:34.18 ID:+3oPxkrl0



咲「ありがとうございます」

優しく包み込んでくれる、貴女のそういうところが……

恭子「ん?」

喉が……声にならなかったみたいだ

少し温くなった紅茶を口に含む……甘っ!



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:34:22.78 ID:+3oPxkrl0



恭子「でもちょっと安心したわ」

咲「え?」

恭子「咲は自分の感情とか想いとかあんまり外にださんやろ?」

恭子「口にだしとっても本心なんかどうか分からんし」

咲「私が嘘吐きみたいに言わないで下さいよ」



41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:34:59.41 ID:+3oPxkrl0



恭子「そうやなくて、なんて言うか……」

咲「これでも私にしては口に出してる方ですし」

恭子「そうなんか」

咲「言わなきゃ伝わらないですけど言葉を尽くしても伝わらないことも多い。疲れちゃうんですよね」

恭子「難しいもんやな。理解はできても納得はできんこともあるしな」

咲「その点末原さんは楽です。勝手に深読みして良い方に解釈してくれるから」

恭子「おい。そこは楽せんでくれよ。ちゃんと伝えてくれ」



42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:35:51.75 ID:+3oPxkrl0



恭子「あ、行動で示してくれてもええんやで。いつでも」

咲「ヤですよ。恥ずかしい」

恭子「ん?恥ずかしいコトする気やったん?」

咲「なっ!?」

恭子「なぁ、恥ずかしいコトって何なん?」

うぅ不覚……

恭子「そうか!今までのは全部照れ隠しやったんやな!」

まさに都合の良い解釈……

恭子「そんな冷たい目せんでも……」



43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:36:40.74 ID:+3oPxkrl0



何気なく周囲を覗う。相変わらず人は少ない

咲「……そういえば末原さん、今日は髪下ろしてるんですね」

恭子「え?ああ、涼しくなってきたし、たまにはな」

咲「長いとなにかと大変なんじゃないですか」

柔らかい髪に手を伸ばして触れてみる

恭子「……まあ、な」

その綺麗な藤紫にそっと唇を落とす

恭子「!?」

そういえば藤の花言葉って……



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:37:34.56 ID:+3oPxkrl0



恭子「ちょっ、な……」

咲「どうしたんですか?」

恭子「それはこっちのセリフや!いきなり何!?」

咲「何って……行動で示せと言ったのは末原さんじゃないですか」

私にはこれが限界だ
大分、かなり、凄く、非常に恥ずかしい
顔に出てはいないだろうか。慣れないことはするものじゃないな



45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:38:41.50 ID:+3oPxkrl0



恭子「言ったけども」

と思ったが末原さんの方が狼狽えていた
ああ、自分より酷い状態の人を見ると冷静になるものだと実感できた気がする

恭子「あ~」

よく分からない声をあげテーブルに突っ伏してしまった

咲「こらこら行儀が悪いですよ」

恭子「……」

髪へのそれは思慕の証だったっけ
誰が言い出したんだか分からない怪しい代物だけど



46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:44:12.93 ID:+3oPxkrl0



末原さんはおもむろに起き上がると
仕切り直しだとでも言わんばかりに咳ばらいをして

恭子「せや咲、これやるわ」

取り出したものを差し出す

咲「なんですかこれ」

ブレスレット?

恭子「アンクレットや。開けてみ」

アンクレット……って足につけるやつだっけ

恭子「咲はあんまりこういうのつけへんけど、これやったら軽いし邪魔にならんやろ」

あ、本当だ。軽い



47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:45:42.11 ID:+3oPxkrl0


恭子「ちょい時期じゃないけど、そんなに目立たんしええやろ」

咲「ありがとうございます」

恭子「あ、つけるときはちゃんと左足につけや」

咲「?……左足って決まってるんですか?」

恭子「せやな。だいたい左足やな」

咲「分かりました覚えておきます」

恭子「左やで右やないからな」

咲「分かりましたから」

なにその拘り……右足につけたら捕まりでもするの?



48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:46:53.85 ID:+3oPxkrl0



恭子「咲はグロス……リップとかもせんけどそういうのには興味ないん?」

咲「そうですね。あまり装飾はしないですね」

恭子「装飾て」

咲「だいたいリップなんて乾燥しないように塗るものだから薬用で十分でしょう」

恭子「んー……あんまり酷いときは医薬品のリップでいいし」

恭子「保湿くらいやったら化粧品のでもええんちゃう?」

恭子「口紅やグロスとかは似合う似合わんあるしな」



49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:47:35.64 ID:+3oPxkrl0



咲「末原さんは手も綺麗ですよね。お手入れしてるんですか」

恭子「ま、一応な」

咲「乙女の嗜みってやつですか」

恭子「そんなんやないけどほら、手元は見られるからな」

咲「ネイルとか?」

恭子「ネイルはなぁ……アレは結局爪を削ったりするから私はあんまり」

咲「そうなんですか」



50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:48:09.17 ID:+3oPxkrl0



恭子「ちゃんとした店でやってもらうんなら良いんやろうけど、そこまですんのもなぁ」

咲「自分でやるのもちょっと怖いですね」

恭子「でも爪を保護するためにやっとる人もおるで。爪割れを防ぐためとか」

恭子「ジェルとかはスポーツ選手とかもやってるって聞くし」

咲「へーそうなんですね」

ジェル……?



51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:49:37.57 ID:+3oPxkrl0



恭子「ケアとかファイリングなら自分でも出来るで」

咲「私も清潔にはしてるつもりですけど、そこまで意識してないです」

恭子「私も気付かれん程度にやけどな。あんまりテカってても気持ち悪いやろ」

咲「私には真似できないなぁ」

周りにも自分にも気を遣えるのは尊敬する
私は不精だから



52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:50:29.97 ID:+3oPxkrl0



恭子「咲は出来ないってより知らないだけやないの」

咲「確かにあんまり詳しくないですけど、そもそもやろうと思わないですよ」

恭子「一回やってみたらええよ。それで合わんかったらやらなきゃいいんやし」

なるほど。やって初めて分かることもあるしね

でも末原さんに影響されて始めたと思われたらちょっと癪だな



53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:50:59.77 ID:+3oPxkrl0



咲「前向きに検討しますね」

恭子「おいおい」

咲「だってなんか難しそうだし」

恭子「簡単やって。時間もそんなにかからんし」

咲「じゃあ今度教えてください」

恭子「善は急げ。今からや!」

咲「えぇ……」

その情熱はどこから来るんだろう



54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:51:37.81 ID:+3oPxkrl0



恭子「そろそろ出よか。珈琲一杯で居座るのもなんやし」

咲「そうですね」

すっかり冷めてしまった紅茶を飲み干す

やっぱり甘い……砂糖入れすぎたかな



55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:52:55.23 ID:+3oPxkrl0



秋の日は釣瓶落と

外に出ると日は傾き、空も街も橙色に染まっていた

咲「夕日が綺麗」

明日も晴れ……だといいな

恭子「あかねさすって奴やな」

それは日とか昼の枕詞ですよ。どちらかというと朝日です

咲「……紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑに我恋ひめやも」

恭子「ん?なに??」

咲「いえ、なんでもないです」



56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 06:56:20.58 ID:+3oPxkrl0



その後一泊して帰ったけど、語るべきことはなかったので割愛……いや省略
……うん。語れるようなことは無かった

後日改めて洋榎さんにはお礼しなきゃね

末原さんにもアンクレットのお返し……なにがいいかな?

なんでもいいか
末原さんへのみやげは私の笑顔で十分だ
なんてね








関連記事
[ 2015/10/12 00:00 ] 咲-saki-SS | コメント(2)
タグ : 咲×恭子 恭子

恭咲は至高のカプだなあ
この作者の文好きだ
[ 2015/10/13 01:29 ] [ 編集 ]

前回のはツンツンしてると思ったけど単に素直になれんだけだったんすね
末原先輩もその辺わかってて接してていい関係だなぁ
[ 2015/10/13 07:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4772-cb16ab1a


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ