チノ「将来の夢ですか…」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 05:51:08.013 ID:oneURrAUr.net


マヤ「来週までに書いて提出かー、めんどくさいよー」

メグ「チノちゃんはもう決まってるんだよね~?」

チノ「はい、わたしはもう決まってます」





2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 05:53:43.588 ID:oneURrAUr.net


チノ「マヤさんとメグさんはどうですか?」

マヤ「私はまだわからないかなー」

メグ「私はココアちゃんみたいな素敵な人になりたいなぁ~」

チノ「ココアさんはメグさんが思ってるような人じゃないですよ…」



3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 05:55:20.312 ID:oneURrAUr.net


~~~~~

リゼ「将来の夢かぁ~」

チノ「リゼさんは何かありますか?」

リゼ(いつか素敵な人と結婚して綺麗なお嫁さんになりたい///)

リゼ「わ、私はー

ココア「わかった!リゼちゃんは軍人さんの総司令官になりたいんだね⁉」

リゼ「どうしてそうなる⁉」

チノ「リゼさんならなれると思います」

リゼ「…」



4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:00:40.859 ID:oneURrAUr.net


ココア「私の夢は町の国際バリスタ弁理士になることだよ!」

チノ「私は立派なバリスタになることです」

ココア「チノちゃん変わらないね」

チノ「ココアさんも相変わらずですね」

リゼ「そういえばココアは影響を受けやすいからだろうけど、チノは何がきっかけでバリスタになりたいと思ったんだ?」



5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:06:26.947 ID:oneURrAUr.net


チノ「きっかけですか…」

リゼ「やっぱり親父さんの影響か?」

チノ「…はい」

ココア「?」



6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:08:45.802 ID:oneURrAUr.net


~~~~~
ココア「おやすみチノちゃん」

チノ「おやすみなさいココアさん」

ガチャ
……


チノ「私はどうしてバリスタになりたいのでしょう…」

チノ「家が喫茶店だからでしょうか…」

チノ「……」

~~~~



7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:12:09.553 ID:oneURrAUr.net


~~翌日~~

チノ「はぁ…」

千夜「あらチノちゃん、元気ないみたいだけどどうしたの?」

チノ「千夜さん…」

チノ「実は悩み事があるんです」

千夜「なら甘兎庵にこない?パフェサービスするわ」

チノ「ありがとうございます」



8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:15:40.430 ID:oneURrAUr.net


チノ「あの…千夜さんは甘兎庵を繁盛させるのが夢なんですよね?」

千夜「ええそうよ」

チノ「それはどうしてですか…?」

千夜「そうねぇ~、私は和菓子を作るのが好きだからよ」

千夜「自分が作ったものを誰かに食べてもらうのはすごく素敵だと思うわ」



9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:16:43.907 ID:oneURrAUr.net


チノ「私はバリスタになるのが夢です」

チノ「けどそれは本当の自分の気持ちなのかと不安になってしまいました」

チノ「家が喫茶店を経営しているから、なんとなくそう思っているだけなんじゃないかと…」

千夜「私も似たようなことで悩んだことがあったわ」

千夜「でも和菓子を作るのが好きで、食べてもらうのが好きという気持ちは本物だと気づけたから」

千夜「チノちゃんもきっと大丈夫よ」

千夜「私は好きな人に食べてもらったときそれを実感したわ」

千夜「だから例えばココアちゃんにコーヒーを飲んでもらったらどうかしら?」

チノ「な、なんでココアさんが出てくるんですか///」

……


チノ「パフェおいしかったです」

千夜「またいつでも来てね」



10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:24:48.463 ID:oneURrAUr.net


~~~~

リゼ「急に呼び出してどうしたんだよ?」

ココア「チノちゃんの元気がないみたいだからパンを作るよ!」

リゼ「そういうことか、よーし私に任せろ!」

シャロ「何で私まで…」

ココア「余ったパンは持ち帰っていいよシャロちゃん」

シャロ「頑張るわ!」



13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:31:37.943 ID:oneURrAUr.net


~~~~
ココア「できたー」

ココア「リゼちゃんとシャロちゃん手伝ってくれてありがとう」

リゼ「パンを作るのもなかなか楽しかったな」

シャロ「じゃあ私はクリームパンとあんパンとクロワッサンとメロンパンもらうわね!」

ココア「うん、今日はありがとねシャロちゃん」



14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:36:37.947 ID:oneURrAUr.net


~~夜~~

コンコン

チノ「はい?」

ココア「入ってもいい?」

チノ「どうぞ」

ココア「えへへ、ありがとチノちゃん」

チノ「どうしたんですかココアさん?」



15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:37:51.562 ID:oneURrAUr.net


ココア「あのね、チノちゃんが元気ないみたいだからパンを焼いたよ!」

ココア「これで元気だして!」

チノ「ありがとうごさいます…」



17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:40:09.672 ID:oneURrAUr.net


チノ「あの…ココアさん?」

ココア「なぁに?」

チノ「お願いがあるんですがいいでしょうか…?」

ココア「いいよ!」

チノ「私の淹れたコーヒーを飲んで頂けますか…//」

ココア「もちろん!」



18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:43:37.735 ID:oneURrAUr.net


………
……


チノ「できました」

ココア「じゃあ飲ませてもらうねチノちゃん」コク

ココア「やっぱりチノちゃんのコーヒーはおいしい、安心する味だなぁ~」

チノ「あ…ありがとうごさいます///」

ココア「~♪」

チノ「やっぱり千夜さんの言う通りでした」ボソ

ココア「千夜ちゃんがどうかしたの?」

チノ「な、なんでもないですっ//」



19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/22(木) 06:48:01.038 ID:oneURrAUr.net


~~~~

ココア「私のパンとチノちゃんのコーヒーがあれば天下をとれるよ!」

チノ「とってどうするんですか…」



チノ「ココアさん…」

ココア「なぁにチノちゃん?」

チノ「私、将来立派なバリスタになります!」






~fin~



関連記事
[ 2015/10/22 12:00 ] ごちうさSS | コメント(5)

短いけどいい話だった
[ 2015/10/22 23:37 ] [ 編集 ]

シャロちゃんがまるで乞食のよう…
[ 2015/10/23 04:28 ] [ 編集 ]

シャロちゃんはキチンと報酬を受け取っただけです
[ 2015/10/23 19:36 ] [ 編集 ]

打ち切りみたいな終わり方ワロタ
[ 2015/10/23 20:14 ] [ 編集 ]

街の国際バリスタパン屋さん弁護士!

ところで街の国際弁護士って別に間違ってないよね
[ 2015/10/25 13:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4794-f8297f40


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ