スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ココア「シャロちゃん、キスの練習させて♪」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 13:29:06.425 ID:yxcn2kIn0.net


シャロの家

シャロ「今日は久しぶりの休みね。ゆっくりしましょうかしら」

ピンポーンピンポーン

シャロ「ん・・・。誰よこんな朝から・・・」ガチャ

ココア「シャロちゃ~~~~~ん!」

シャロ「ココア!?どうしたのよいきなり!」

ココア「チノちゃんに嫌われちゃったよ~~~!」グス

シャロ「はあ?と、とりあえず話聞くから落ち着いて!」

ココア「うん・・・。ごめんねシャロちゃん。暇そうな人シャロちゃんくらいしか思いつかなくて」

シャロ「帰らすわよ!!」





3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 13:36:02.718 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「で、チノちゃんと何があったのよ?」

ココア「うん。今朝チノちゃんにキスしたんだけど」

シャロ「はああ!?あ、あんた達何してるのよ///」

ココア「もう1年近く一緒に住んでるんだしそろそろそこまで行ってもいいかなって♪」

シャロ「どんな考えよ///」

ココア「それで、思い切ってチノちゃんにキスしてみたら物凄い嫌がっちゃって・・・。それで口聞いてくれなくなった・・・」

シャロ「そりゃあ・・・いきなりそんなことされちゃね・・・」

ココア「うーん・・・舌入れるタイミングが悪かったのかなあ?」

シャロ「しししし舌!?そ、そこまでしたの!?」

ココア「うん♪」

シャロ「い、イかれてるわ・・・」

ココア「チノちゃんきっと私のキスが下手糞だから嫌いになっちゃったんだよ・・・。だからシャロちゃん、キスの練習させて♪」

シャロ「もっとイかれてるわ!!」



4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 13:45:17.451 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「なんで私がココアとそんなことしなきゃならないのよ!」

ココア「お願い!1000円あげるから♪」

シャロ「いくら私でもそれくらいじゃ釣られないわよ!」

ココア「いいじゃんシャロちゃん。ちょっとするだけだから」

シャロ「嫌よ嫌!だって・・・私初めては大事な人とが・・・」

ココア「シャロちゃんにとっても練習だと思っちゃえば大丈夫だって♪」

シャロ「え、ええー?で、でも・・・やっぱりキスはキス・・・」

ココア「・・・んっ」チュッ

シャロ「っ!!?」ジタバタジタバタ



5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 13:56:06.486 ID:yxcn2kIn0.net


ココア「んっ・・・んん」チュッ チュッ

シャロ「んんんん~~~」

シャロ(なななな何よ!?全然ちょっとじゃないわよ!い、いつまでするの///)

ココア「・・・」チュルッ

シャロ「っ!!?い、嫌っ!!!」バッ

ココア「あっ!もう!シャロちゃんったら逃げないでも・・・」

シャロ「だ、だって!いきなり舌入れるから!何考えてるのよ!?」

ココア「そこまでしないと意味ないからだよ!!」

シャロ「逆ギレ!?」



7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 14:01:45.058 ID:yxcn2kIn0.net


ココア「あー・・・。もうここまで来たら最後まで付き合ってもらうから・・・」スッ

シャロ「ちょっ・・・ココアやめて!や、やっぱりキスは大事な人とだけじゃないと・・・うう・・・」

ココア「・・・」ゾクッ

シャロ「こ、ココア?」

ココア「なんか怯えるシャロちゃん見てたら襲いたくなってきちゃった♪」

シャロ「何言ってるの!?」

ココア「んっ・・・」チュッ

シャロ「ひゃんっ・・・///」

ココア「んんん・・・んっ」チュッチュ

シャロ(ちょ・・・今度は抱き付いて逃げられないようにされた・・・)



10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 14:17:59.939 ID:yxcn2kIn0.net


ココア「んっ・・・」チュルッ

シャロ「んんんん~~~!!」

ココア(シャロちゃんの反応可愛いなあ・・・もっとしたくなっちゃうよ♪)

シャロ(ひゃあああああ///こ、ココアの舌が暴れて・・・り、リゼ先輩とこういうことはしたかったのに~~~///)

ココア「んっ!・・・んんっ!」チュルチュル

シャロ「んあっ・・・ふあんっ・・・んんっ・・・」グスッ

ココア(シャロちゃん泣いてる・・・でもそういう顔見るとますます無理矢理したくなるよ~!)



11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 14:22:31.868 ID:yxcn2kIn0.net


ココア「んっ・・・」ガバッ

シャロ「ひゃっ!!」ドサッ

ココア「えへへ・・・シャロちゃん・・・」

シャロ「ちょ、ちょっとココア・・・キスは別に押し倒さなくても出来るし・・・」

ココア「シャロちゃんが悪いんだからね」

シャロ「え?」

ココア「シャロちゃんがそんなそそる顔見せて誘惑するのが悪いんだからね!!」

シャロ「私そんなことしてない!!」

ココア「もういいや・・・。脱がすね」スッ

シャロ「ちょっ・・・嫌!な、何するのよ!!キスだけなんじゃなかったの~~~」

ココア「これもキスだから。口だけのキスとは言ってないよ♪」

シャロ「い、嫌~~~~~!!!」



12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 14:28:40.548 ID:yxcn2kIn0.net


ーーーーーーーーーーー

ココア「はあ・・・はあ・・・」

シャロ「うう・・・ひっく・・・ぐすっ・・・」

ココア「楽しかったねシャロちゃん♪」

シャロ「ぜ、全然楽しくなんかなかったわよぉ!」グスッ

ココア「でもシャロちゃん気持ちよさそうな顔してたじゃん♪」

シャロ「そそっ・・・そんなことっ・・・」

ココア「それに乳首舐めるたびにエッチな声出すんだもん・・・。シャロちゃん絶対誘ってるよ・・・」

シャロ「誘ってないわよ!!」

ココア「あとシャロちゃんの下着凄い濡れちゃったね。もう一回選択だね♪」

シャロ「言うなバカぁ!!」

ココア「うん!これでチノちゃんにもう一回リベンジしてくるよ!ありがとシャロちゃん♪」

シャロ「とっとと帰れ~~~!」

ココア「じゃあねー!また練習に付き合ってね♪」バタン

シャロ「また・・・練習///」



15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 14:37:55.501 ID:yxcn2kIn0.net


翌日

シャロ「休みは今日までか・・・。昨日は散々だったわ・・・」

シャロ「・・・ふわぁ///お、思い出しただけで///」

シャロ「き、着替えよっ!」

ピンポーンピンポーン

シャロ「・・・え?ま、まさか・・・また・・・ココアが・・・!?」

シャロ「ひゃあああ・・・///」ガチャ

チノ「シャロさん、おはようございます」

シャロ「ち、チノちゃん!?」



16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 14:42:49.593 ID:yxcn2kIn0.net


チノ「ちょっと話したいことがあるんですが・・・お邪魔してもいいですか?」

シャロ「え、ええ・・・。どうぞ」

チノ「お邪魔します」

シャロ「で、話って何?」

チノ「・・・むう」

シャロ(なんか怒ってる?え?私・・・チノちゃんに何かしたっけ・・・)

チノ「単刀直入に言います。ココアさんと・・・えっちしたんですか?」

シャロ「ひゃああああああ!?」

チノ「その反応・・・したんですね・・・!」

ティッピー「最近の若いもんは盛っておるのお」

シャロ「盛って無いわよ!///」



18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 14:48:11.621 ID:yxcn2kIn0.net


チノ「どうなんですか?答えてください」

シャロ「い、いやあれは・・・無理矢理されたんだし・・・」

チノ「無理矢理?ココアさんにですか?」

シャロ「だ、だいたいなんでそれを知ってるのよ。まさかココアが・・・」

チノ「いえ。あの・・・昨日の夜・・・その・・・ココアさんとそういう雰囲気になって///」

シャロ(ココアったらホントにチノちゃんと・・・)

チノ「優しいキスだったからつい私も受け入れちゃったんですけど・・・だんだんエスカレートしていって・・・気付けばお互い全裸になっていて///」

ティッピー「あれは凄かったのお」ハアハア

シャロ「あ、あんた達の方が盛ってるじゃない!///」

チノ「で、お互いにその・・・胸とかあ・・・あそこを刺激し合って・・・」

シャロ(なんでココアとチノちゃんの愛の営みを聞かされてるの私!?)



19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 14:53:38.115 ID:yxcn2kIn0.net


チノ「先に私がイかされたんです。ココアさんったらSすぎて抵抗する私を無視して5回もイかせました///」

シャロ「そ、そうなの・・・」

チノ「それで、今度はココアさんをイかせてあげようと・・・ココアさんのアソコ舐めてたんですけど///」

シャロ(チノちゃんって意外と大胆なのね・・・)

チノ「そしたらココアさん喘いでくれて・・・」

シャロ「あの・・・そういう話はあんまり他人にしない方が・・・」

チノ「問題はここなんです!ココアさんったら喘ぐたびにシャロさんの名前叫ぶんです!」

ティッピー「シャロチャン!シャロチャンキモチイヨオオオオ!って感じじゃったのお」

シャロ(ココア~~~~!!?)



23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:02:50.001 ID:yxcn2kIn0.net


チノ「ココアさん問い詰めても何も答えてくれなくて。それでシャロさんに直接伺おうかと」

シャロ「ご、誤解なのよ!ココアがチノちゃんとする為の練習だって言って私に・・・」

チノ「それでシたんですか?」

シャロ「さ、最初はキスだけって話だったのよ!」

チノ「それも私との為の練習ですか?」

シャロ「そうよ!そしたらココアが一人で興奮しちゃって・・・つい」

チノ「つい・・・ですか。ついでそこまで・・・」

シャロ「あ、あの・・・チノちゃんホントごめ・・・んぐっ!?」

チノ「んっ・・・」チュッ

シャロ(ななななななんで~~~~!?)



25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:08:22.793 ID:yxcn2kIn0.net


チノ「ぷはっ」

シャロ「はわわ///ち、チノちゃん・・・な、何するの///」

チノ「私も練習したいです」

シャロ「ええっ!?///」

チノ「ココアさんに仕返しするんです。私もココアさんとシてる時にシャロさんの名前叫んで喘いでやります」

ティッピー「その理屈はおかしいじゃろ」

チノ「ココアさんにも同じ思いさせてやるんですよ・・・!」

シャロ「だ、だからって・・・チノちゃんまで私と練習することは・・・。てか私が嫌だし」

チノ「嫌なんですか?ココアさんとはシたのに」

シャロ「え?」

チノ「ココアさんと最後までシたのに私とはキスすらしてくれないんですか!?」

シャロ(何この雰囲気!?)



28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:13:43.012 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「い、嫌ってことは・・・。むしろチノちゃんの方がココアより優しそうだし・・・」

チノ「なんだ。じゃあいいじゃないですか」

シャロ「あ、いや・・・そういう意味じゃ」

ティッピー「もういいじゃろ。チノと付き合ってやれシャロ。天井のシミを数えてる内にすぐ終わるわい」

シャロ「何よそれ!?」

チノ「じゃあまず・・・キスの練習からしますね///」チュッ

シャロ「んんっ///」

チノ「んちゅっ・・・」チュルチュル

ティッピー「うっひょー」

シャロ(ひゃんっ///・・・こ、ココアとは違ってチノちゃんの舌は優しい///く、クセになっちゃうかも///)



30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:18:41.232 ID:yxcn2kIn0.net


チノ「ぷはっ」

シャロ「ひゃん・・・///」ビクンッ

チノ「・・・なんですか?軽くイってませんかシャロさん」

シャロ「しょっ!しょんなことにゃいわよ!」

チノ「言えてませんよ」

ティッピー「シャロは敏感じゃのお」

チノ「シャロさん・・・これだけでそんな状態になるなんて。えっちですね」

シャロ「違うわよ!私はそんな・・・///」

チノ「だってさっきから顔赤いですよ。ココアさんにもそんな顔見せて誘ったんでしょう?」

シャロ「さ、誘ってなんか///」

チノ「シャロさんの・・・へんたいっ」ボソッ

シャロ「ひゃああああああああううっ!!」

ティッピー「良い反応じゃ」



31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:25:18.419 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ(な、何今の///耳元で罵られるなんて屈辱的なハズなのに・・・変な気分に///)

チノ「・・・耳が弱いんですか?じゃあ・・・」ペロッ

シャロ「んにゃあああああああああ!!?

チノ「んちゅっ・・・」ニュルッ

シャロ「ひゃあああっ・・・み、耳に・・・舌があ///」

チノ「はむっ・・・んっ」

シャロ「噛まれたあああああああんっ!!///」

チノ「んっ・・・ちゅっ・・・はむっ・・・」

シャロ「ひゃっ///んあああ///ああんっ!!///」

チノ「・・・っ!!」ガバッ

シャロ「わっ!?」ドサッ

ティッピー「おお。チノの奴押し倒しを出来るようになっておったか。成長したのお」



32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:28:52.936 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「ち、チノちゃん・・・?」

チノ「シャロさんが悪いんですよ・・・」

シャロ「へ?」

チノ「あんなえっちな喘ぎ声出されたら・・・誰だって我慢できませんよ///」

シャロ「ちょっと待って!私別に誘うとかそんなつもりじゃあ」

チノ「いいんです。もう最後までするって決めたから」

シャロ「私がよくない!」

チノ「黙っていてください。へんたいさんっ」チュッ

シャロ「んんんんんんんん~~~///」

シャロ(そ、そりゃあ・・・チノちゃんの可愛い声で罵られたら///あっ・・・脱がされてる・・・昨日と同じようなこと・・・されるんだ///)

ティッピー「むうう・・・わしの体がまだ人間だったらここで・・・」ムラムラ



36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:36:42.177 ID:yxcn2kIn0.net


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

チノ「楽しかったですね。シャロさん」

シャロ「全然楽しくないわよう!チノちゃん・・・乳首ずっと噛んできて痛かった///」

チノ「だって噛むたびにまた違った喘ぎ声出すんですよ。止められないじゃないですか」

シャロ「うう・・・昨日と今日で・・・2回も・・・」

チノ「よし。これでココアさんに仕返ししてやります」

ティッピー「自信が湧いたようじゃの。チノ」

シャロ(何でなの・・・2度も無理矢理されたのに・・・この気持ちは何!?)

チノ「じゃあシャロさん。私は帰りますね。今日はありがとうございました」

シャロ「ああっ!あの・・・チノちゃん・・・。ま、また来てくれても・・・」

チノ「・・・へんたい」ボソッ

シャロ「ひゃああああああん///」

チノ「行きましょう」スタスタ

ティッピー「うむ」スタスタ

シャロ「おおおおおお可笑しいわよ!嫌な事のハズなのに・・・また・・・されたいなんて///」



39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:48:46.907 ID:yxcn2kIn0.net


その夜

チノ『シャロさんの・・・へんたいっ』ボソッ

シャロ「やっ///そこはダメなのチノちゃあああああああん///」クチュクチュクチュ!!

シャロ「んあっ・・・///」ビクンビクン

シャロ「・・・はあ。何やってるのかしら私・・・今朝の事、思い出して・・・」

シャロ「このままじゃ私ホントに変態になっちゃう!他のこと考えるようにしよう!」

ココア『シャロちゃんがそんなそそる顔見せて誘惑するのが悪いんだからね!!』

シャロ「っ///ち、違うのココア・・・そんなつもりじゃ・・・ひゃっ///どこ触って///止めてココアあああんっ///」クチュクチュクチュクチュ

ピンポーンピンポーン

シャロ「はっ!!あわわ・・・服着ないと・・・」アセアセ

シャロ「よ、よしっ。どちら様・・・」ガチャ

千夜「ごきげんよう。シャロちゃん♪」

シャロ「なんだ千夜か・・・」



41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:54:37.562 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「何か用?」

千夜「その・・・用と言うか・・・」

シャロ「?」

千夜「シャロちゃん・・・今日は一日元気そうねって」

シャロ「どういう意味?」

千夜「うちにまで聞こえるのよ。シャロちゃんの気持ちよさそうな声♪」

シャロ「・・・。・・・っ!!!///」カアアアアアアア

千夜「あら。顔赤くしちゃって可愛い♪」

シャロ「忘れろおおおおおお!忘れてくださいお願いしますうう~~~」

千夜「あんな声なかなか忘れられないわよ。最初は猫が交尾してるのかと思ったけど、よーく耳を澄ませばシャロちゃんだって気付いたわ♪」

シャロ「耳を澄まして聞くなバカあ!」

千夜「ま、年頃だものね。仕方ないわよ」

シャロ「恥ずかしい・・・///」

千夜「で、誰をオカズにしてたの?聞かせてっ♪」

シャロ「言うわけ無いでしょ!!」



43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 15:59:26.108 ID:yxcn2kIn0.net


千夜「もう・・・。シャロちゃんったら口固いんだから」

シャロ「ふんっ!」プイ

千夜「でも・・・シャロちゃんっててっきりリゼちゃん一筋なのかと思ってたわ」

シャロ「え?」

千夜「だって・・・今日一日ココアちゃんとチノちゃんの名前しか叫んでないんだもの」

シャロ「ひやあああああ!!?そこまで聞いてたのおおお!!?」

千夜「ええ♪」

シャロ「て言うか・・・オカズなんてわざわざ聞くこと無いじゃない!!」

千夜「あ、やっぱりココアちゃんとチノちゃんでシてたのね♪」

シャロ「あ!い、嫌~~~~~~」

千夜「シャロちゃんったら本当に良い反応するわね♪」

シャロ「うう・・・」

千夜「可愛い♪」

シャロ「・・・」



44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:03:44.630 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ(おかしい)

シャロ(いつもの流れだとここで無理矢理キスされるんだけど・・・)

千夜「♪」ニコニコ

シャロ(何もしてこない!!)

千夜「でもまあ・・・あんまりやりすぎるとご近所さんにも聞こえちゃうからほどほどにね。じゃあ私はお店に戻るわ」

シャロ(っ!!帰っちゃう!)

千夜「じゃ、またあし・・・」

ガシッ

千夜「シャロちゃん・・・?」

シャロ「んっ!」チュウウウウウ

千夜「っ!!?んっ・・・んんんんっ!!?」

シャロ「はむっ・・・んっ・・・んちゅっ・・・」

千夜(しゃ、シャロちゃんったら・・・発情期なの~~~?)



47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:14:14.549 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「ぷはあっ」

千夜「はあ・・・はあ・・・しゃ、シャロちゃん///」

シャロ「ふんっ!!」ガバッ

千夜「きゃっ///」ドサッ

シャロ「千夜がここへ来たのが悪いんだから!」

千夜「え?」

シャロ「あの二人はガンガン攻めてくれたのに千夜は何もしないのが悪いんだからあ!」

千夜「シャロちゃん何言って・・・」

シャロ「・・・」

千夜「シャロちゃん?」

シャロ(ど、どうしよう・・・押し倒したはいいけどここからどうするかわからない・・・)

シャロ(攻めには慣れてないのに・・・しなきゃよかったぁ~~~///)



49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:18:24.724 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「・・・あ」

千夜「?」

シャロ(そういえば・・・今朝チノちゃんが練習代ですって缶コーヒー置いて行った・・・。あった!あそこに・・・)

シャロ「・・・」スッ つBOSS

シャロ「んっ!」ゴクゴク!

千夜「しゃ、シャロちゃん!そんなことしたら・・・!」

シャロ「んあああああああ!!んぐっ!!!」グイッ!チュパッ!!

千夜「んんんっ!!?」

シャロ「あむっ!!んちゅっ!!ちゅっ・・・ちゅううううううう!!!」チュパチュパチュパ!!!

千夜(や、やだっ。私ったらシャロちゃんに犯されてる~~)



51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:22:30.266 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「はあはあ!ふんっ!!」ブチブチブチ

千夜「やっ!ちょっとシャロちゃん・・・せめて脱がすならもう少し優しく・・・」

シャロ「黙れ!!」

千夜「ひっ!」

シャロ「あんたは黙って私の性玩具になってりゃいいのよおおおおおおおおお!!!」モミモミ

千夜「いやあああっ!ちょっとシャロちゃん///」

シャロ「ぐへへへへ!いい胸してるじゃないの!これで朝まで遊んでやるから覚悟しときなさい!!」

千夜「シャロちゃんが中年男性みたいになっちゃったわ~~~」

シャロ「はあはあ・・・今夜は・・・寝かさないから///」ムラムラ

千夜「わ・・・」ドキドキ



53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:28:08.087 ID:yxcn2kIn0.net


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シャロ「ひゃあああああああああああああ///」

千夜「シャロちゃんったらいつまで恥ずかしがってるの?可愛い♪」

シャロ「だって私・・・勢いに任せてち、千夜に・・・ひゃああああ///」

千夜「そうね・・・最初は嫌だったけど・・・強引なシャロちゃんもいいかなって」

シャロ「ち、千夜・・・」

千夜「体の隅々までシャロちゃんに舐められたかしら?」

シャロ「ひゃああああああああ///」

千夜「でも・・・気持ちよかったわ///」

シャロ「・・・まあ、私も」

千夜「責任・・・取ってね♪」

シャロ「え、ええ・・・。あ、あそこまでしちゃったら・・・ね///」



56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:35:03.675 ID:yxcn2kIn0.net


通学路

シャロ「千夜と付き合う・・・か」

シャロ「仕方ないわね。あれだけ体の相性良かったらリゼ先輩は諦めるしか・・・」

リゼ「私がどうかしたか?」

シャロ「ひゃあ!!り、リゼ先輩!なんでここに!?」

リゼ「なんでって・・・同じ学校じゃないか」

シャロ「あ、そうでしたね・・・」

リゼ「そうだ。ちょうどシャロに聞きたいことがあったんだよ」

シャロ「私にですか?」

リゼ「シャロって、ドMなのか?」

シャロ「んぬあああああっ///」



57 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:39:07.158 ID:yxcn2kIn0.net


シャロ「リゼ先輩何言って///」

リゼ「ああ。突然悪い。ココアがシャロの話ばっかりするんだよ」

シャロ「ココアが・・・」

リゼ「ほら、私ってココアと付き合ってるだろ?」

シャロ「はい。・・・ってええええええええええええ!!?」

リゼ「ん?言ってなかったっけ?」

シャロ「ははははは初耳です・・・」

リゼ「まあ・・・ココアに強引に攻められてな・・・」

シャロ(ていうかココア!あんたチノちゃんいるのに何リゼ先輩に手出してるのよ!!)



61 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:44:44.203 ID:yxcn2kIn0.net


リゼ「ココアとキスしたりする時とかは基本私が攻めなんだが・・・」

シャロ(リゼ先輩の攻め・・・///)

リゼ「シャロで攻めの勉強をしたって言うんだよ」

シャロ(てかココアって二股してるのね・・・)

リゼ「シャロはドMだったからとても勉強になったって。実際こないだのココアはちょっと攻め気味だったしな。ま、結局私がやり返して終わったんだけどな」

シャロ「そ、そうなんですか・・・///」

リゼ「で、実際どれくらい攻められるのかなってちょっと気になって。・・・ま、話だけ聞ければいいよ」

シャロ「・・・ってみます?」

リゼ「え?」

シャロ「リゼ先輩・・・私を・・・攻めてみます・・・?///」



64 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:49:08.332 ID:yxcn2kIn0.net


シャロの家

リゼ「んあっ・・・シャロっ・・・んむっ」チュパチュパ

シャロ「んあっ///リゼしぇんぱあい///」チュパチュパ

リゼ「んっ・・・んんっ!」チュルチュル!

シャロ「ひゃあああんっ///んあ///やんっ///ああああんっ!!!///」

リゼ「・・・っ!!」ゾクゾクッ!

シャロ「リゼせんぱあい///気持ちいいですう///」

リゼ「シャロ!!」ガバッ

シャロ「やんっ///」



65 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:53:35.741 ID:yxcn2kIn0.net


リゼ「今日は二人で学校サボるようになるけど・・・いいか?」

シャロ「ひゃああい///リゼ先輩とえっちな勉強したいですう///」

リゼ「この淫乱め///」

シャロ「もっと///もっと言って///」

リゼ「ドMってのはホントみたいだな・・・」スッ

シャロ(ひゃあ///リゼ先輩に服脱がされてる・・・夢のよう・・・///)

シャロ(もう・・・リゼ先輩一筋///)



67 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 16:58:09.443 ID:yxcn2kIn0.net


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シャロ「あっあっ・・・あはっ///」ビクンビクン

リゼ「はあ・・・はあ・・・。ふう・・・何回イったかな・・・」

シャロ「私は23回イかされましたあ///」

リゼ「数えてたのか・・・。変態だな」

シャロ「もっと///もっとお///」

リゼ「最初に会った時のシャロはこんなじゃなかったろ。どこでそんなエッチになったんだ・・・」

シャロ(ココアやチノ・・・千夜の影響だなんて言えない・・・)

シャロ「いいじゃないですかそんなことお///もっと///もっとシたいです///」

リゼ「くっ・・・。・・・雌豚め!!」ガバッ

シャロ「ひゃああああああああああああああん///」



68 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/24(土) 17:05:22.355 ID:yxcn2kIn0.net


数日後

シャロ「今日は久しぶりの休みね。ゆっくりしましょうかしら」

ココア「シャロちゃ~~~~~ん!」

シャロ「ココア!?どうしたのよいきなり!」

ココア「ちょっと千夜ちゃん攻略したいから練習代になって!!」

シャロ「あんた何股する気!?」

ココア「千夜ちゃんったらキスしてもシャロちゃんの名前ばっかり叫ぶんだもん。私の名前叫ぶようにさせたい!」

シャロ「わかったわよ!私もその・・・本命の人との為の練習したい///」

チノ「ココアさん!」

ココア「げっ!チノちゃん!」

チノ「最近私を見てくれてないと思ってたらそういう事でしたか・・・。シャロさん!ココアさんを振り向かせる為に練習させてください!」

シャロ「ええい!もう二人まとめて来なさーい!!」

「アンアン」「イチャイチャ」「チュパチュパ」

ティッピー「この街の若い女は皆盛っておる」

おわり



関連記事
[ 2015/10/24 21:30 ] ごちうさSS | コメント(10)

青山ブルーディスティニーさんがいないやん!
[ 2015/10/24 23:11 ] [ 編集 ]

木組みの建物が佇む街に、今日も百合の風が吹くんですね。 (ティッピーは邪魔だな…)
[ 2015/10/24 23:16 ] [ 編集 ]

うっひょー
[ 2015/10/25 01:42 ] [ 編集 ]

メグとマヤに二人がかりでイカされちゃう話しはまだですか
[ 2015/10/25 06:28 ] [ 編集 ]

↑え?それは……
[ 2015/10/25 09:20 ] [ 編集 ]

ココアさん見境ねぇな
[ 2015/10/25 16:14 ] [ 編集 ]

青山さんは担当さんとしてるから……
[ 2015/10/25 16:57 ] [ 編集 ]

こいつぁ……
こいつぁひでえや!(ニッコリ
[ 2015/10/25 17:39 ] [ 編集 ]

シャロちゃんは総受けが似合いすぎる
[ 2015/10/26 19:22 ] [ 編集 ]

ティッピーとワイルドギースとあまうさのくろうさぎの3pはよ
[ 2015/11/15 04:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4798-85c4b8fe


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。