女提督「炬燵で和むビスマルク。」

1 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:17:51.09 ID:+5jsRoAv0



女提督「炬燵で和むビスマルク。」


ビスマルク「なによ?貴方が呼んだんじゃないの。」


※注意事項
・百合
・うちの子設定
・短め
・初投稿、書き溜めたのを落としていきます。





2 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:18:42.07 ID:+5jsRoAv0


女提督「絵になるなって思ってね。」

ビスマルク「はいはい。」

女提督「あれ、もっと褒めてもいいのよ、とか言わないの?」

ビスマルク「あんまり褒められている気がしなかったわ。
大体、いくら寒くなってきたからって炬燵出すの早すぎよ。」

女提督「誘ったらほいほいついてきた子に文句を言われても説得力ないよ。
さっきまでも幸せそうな顔してたじゃない。」

ビスマルク「そ、それは…、貴方が…!」(赤面)



3 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:19:19.27 ID:+5jsRoAv0


女提督「ふふ、可愛い。
もっと素直になってもいいのよ?」

ビスマルク「うるさいわね!
人の台詞取らないでもらえる!?」

女提督「あははっ、ごめんって。
お詫びに蜜柑どうぞ。」

ビスマルク「…Danke」

女提督「……。」

ビスマルク「………。」(蜜柑剝き中)

女提督「……。」

ビスマルク「今度はなによ?人のことじっとみて。私だって蜜柑くらい剥けるわよ。」



4 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:20:06.86 ID:+5jsRoAv0


女提督「そうじゃなくてさ。
指輪ちゃんとつけてくれてるなーって見てた。」

ビスマルク「………当たり前じゃない。」

女提督「ふふーん♪」

ビスマルク「もう…、にやにやして…。」

女提督「嬉しい。」

ビスマルク「分かったから…、その顔やめなさい。
こっちまで恥ずかしくなってくる。」(顔を背けて蜜柑ぱくり。)



5 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:20:38.97 ID:+5jsRoAv0



女提督「ビスマルクー。」

ビスマルク「…なに?」(視線戻し)

女提督「一房。」

ビスマルク「…はぁ、仕方ないわね。」(あーん。)

女提督「んーっ。」(指ごとぱくり。)

ビスマルク「ひゃっ…!なにするのよ!」

女提督「美味しそうだったからつい。
ご馳走様でした。」



6 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:21:24.15 ID:+5jsRoAv0


ビスマルク「もう!
Admiralがそんなのでは他の子に示しがつかないわよ。」

女提督「大丈夫、こんなことするのはビスマルクにだけだから。」

ビスマルク「…っ!?
そういうこと言っているんじゃないの!」

女提督「じゃあ、他の子にもこういうことしていいの?」

ビスマルク「それはダメ!!
…じゃなくて、そういう話じゃないじゃない!」(カアァ)

女提督「ビスマルクにそんなに想われて、私は幸せ者だよ。」

ビスマルク「くっ…、またにやにやして…。」



7 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:22:12.02 ID:+5jsRoAv0


女提督「あはは、今のビスマルクも大好きだけど。
私はもっと素直になったビスマルクも見てみたいなー。」

ビスマルク「もう、貴方が明け透けすぎるのよ。
少しは提督としての責任を持ちなさい。
ほら、もうすぐ演習の時間よ。」

女提督「えー、やることはやってるよ?
時間もまだ余裕あるし、もう少し2人でゆっくりしたいなー。
ビスマルクこそ私の嫁としての責任持ちなさいよね。
それとも私の嫁、いや?」

ビスマルク「っ…、そういう言い方は…。
嫌か嫌じゃないかで聞かれれば…それは……その…なによ……嫌いなんかじゃ……。
って!どさくさに紛れてなに隣来てるのよ!暑いじゃないの!」

女提督「そうね、ビスマルクすっごい赤くなってる。熱あるんじゃない?」(肩に凭れかかり。)



8 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:22:44.74 ID:+5jsRoAv0


ビスマルク「誰のせいで…もう!
はぁー…もう知らないわよ…。」

女提督「そういうとこも可愛いなー。
ふはぁ….このまま眠ってしまいたい。」(すりすり)

ビスマルク「はいはい、もっと褒めてもいいのよー。」

女提督「んもー、なんで投げやり風なのー?
拗ねちゃったー?」



9 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:23:28.39 ID:+5jsRoAv0


ビスマルク「拗ねてなんてないわよ…。
私が折角素直に…。
そういう時に限って貴方は…。
もう少し私の気持ちだって…。
私だって…その…。」



10 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:24:08.04 ID:+5jsRoAv0


女提督「……。」

ビスマルク「…ねぇ?聞いてるの?」(つんつん」

女提督「zzz…。」

ビスマルク「はぁ…寝てるし…。
もうすぐ演習だって言ってるじゃない…。」

女提督「ビスマルクー…。」

ビスマルク「私の名前…。
全くもう、寝顔は可愛い癖に。」



11 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:24:52.25 ID:+5jsRoAv0


女提督「……。」

ビスマルク「……。」

女提督「……。」

ビスマルク「私も愛してるわよ。」



12 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:25:36.49 ID:+5jsRoAv0


女提督「……っ。」

ビスマルク「何で言えないのかしら。」

女提督「………。」(そわそわ。)

ビスマルク「はぁ、はもう…。
私も眠くなってきちゃったわ…。」

女提督「……。」

ビスマルク「zzz…。」

女提督「ふふっ…、本当大好き。」(ぼそっ。)



数十分後、演習に来ない2人を呼びに来た長門に寄り添って眠っている所を発見され、呆れ混じりに怒られたのは別のお話。



13 : ◆FztdsN7g6M 2015/10/27(火) 01:26:31.52 ID:+5jsRoAv0


以上です。
読んでくださった方居ましたらありがとうございました。



関連記事
[ 2015/10/28 12:00 ] 艦これSS | コメント(1)

ええやん気に入ったわ
[ 2015/10/29 00:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4807-4fc2fd4f


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ