凛「しまむー愛を伝えたい」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:52:39.19 ID:sAt5/JSc0


──23話より──


スタスタ……

凛(ライブに出たくないって)

凛(どういうことなの、卯月……)

凛(会いたい)

凛(早く卯月に会いたい……!)

スタスタスタスタ

未央「ちょ、ちょっと待ってってば、しぶりん!」ハァハァ

凛「……?」

未央「足速すぎだよ、もう……!」

凛「……ごめん」

未央「あのさ。ねえしぶりん、思ったんだけど……」

凛「何?」

未央「しまむーに会って、直接話したとして……それだけで戻ってきてくれるかなぁ?」

凛「何言ってるの?……そのために行くんでしょ」

未央「でもしまむーってさ……何か、私たちに気を遣っちゃって、頑張ります!とか言っちゃってさ……」

未央「何となくだけど、本音で話してくれないような気がするんだよね」

凛「……」

凛(そうだ)

凛(早く卯月の顔が見たい……前みたいに笑ってほしい)

凛(だけど、もしあの笑顔が……キラキラだったはずの笑顔が、輝きを失ってしまっていたら)

凛(私は、どうしたらいいんだろう……?)





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:54:12.58 ID:sAt5/JSc0


未央「で!しまむーに戻ってきてもらうには、何が必要か考えたんだけどさ」

未央「やっぱり、アレしかないよ!」

凛「アレ?」

未央「それはもちろん!私たちのしまむー愛を伝えるんだよ!」

凛「しまむー……愛?」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:55:44.91 ID:sAt5/JSc0


未央「私は舞台で、しぶりんはトライアドの活動で、最近しまむーとあんまり一緒にいられなかったじゃん?」

未央「だから、私たちがしまむー大好きだーっ!って気持ちが伝わらなくって、しまむー寂しくなっちゃったんじゃないかなって、思うんだよね」

凛「そういう問題……なのかな?」

未央「きっとそうだって!だから、それを思いっきり伝えようよ!」

凛「う、うん……でも、どうやって?」

未央「え?それはまあ……うん……フィーリング?なんかこう、胸の奥のパッション?をぶつける?感じで!」

凛「あんまりまとまってないのに自信満々で提案してきたんだ……」

未央「まあまあ、とにかくやってみよう!当たって砕けろだよ☆」

凛「砕けたら困るんだけど……!」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:56:58.12 ID:sAt5/JSc0


──養成所──


卯月「きっと、早かったんです」

卯月「私には、お城の舞踏会なんて、まだ早かったのかなって……」

凛(そんな……)

凛(やっぱりそうだったんだ)

凛(卯月は……卯月が、私たちから離れていこうとしてる……)

凛(そんなこと考えたことも無かった)

凛(私は……私は……!)


未央「しまむーっっ!」ダッ ギュウウッ!

卯月「ひゃあっ!?ななな、なんですか未央ちゃん!?///]

未央「ごめんね!しまむーが悩んでるって、私全然気づけなくって……!」

未央「私無神経だから、今までも知らないうちにしまむーを傷つけちゃって……」

未央「もしかしたら、これからも……だけど」

未央「でも……傷つけちゃってもやっぱり、やっぱり、しまむーのことが大好きだから」

未央「ニュージェネで一緒にアイドルしたいから!」

未央「だから何て言われても、絶対離さないよ!」

卯月「み……未央ちゃんっ……///」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:58:27.51 ID:sAt5/JSc0


未央(やった!しまむーがちょっと揺らいでる感じに!)

未央(”体当たりでしまむー愛を伝えよう作戦”効果アリだね☆)ニヤッ

未央(さあしぶりん!トドメの追撃、行っちゃって!)ウインクパチリ♪

凛(……)

凛(何か打算的な感じもするけど……)

凛(やっぱり未央はすごい……こんなに思った事をはっきり伝えられるなんて、羨ましい)

凛(でも……私だって)

凛(私だって……しまむー愛なら、負けてない!)キッ

ツカツカツカ 

卯月「ふぇっ?あ、あの……凛ちゃん?」

ズイ

卯月「その、近づきすぎ……顔が近いです///」

クイッ

卯月「え、あの、何で私の顎持ち上げ」

チュゥゥーッ!

卯月「んんんんっ……!?///」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:59:54.03 ID:sAt5/JSc0


未央「」

未央(はぁぁぁーっ!?どうなっちゃってんのコレ!?)

未央(何いきなりしまむーの唇奪っちゃってんのしぶりん!?)ガガガーン

チュッ……チュッ……♡

凛(卯月の唇……柔らかい……)

凛(何かいい匂いする……リップの匂いかな……)

凛(もっと欲しい……卯月を……もっともっと味わいたい……!)グッ

チュルッ……チュパッ♡

卯月(な、何が起こってるんでしょうか……)

卯月(凛ちゃんの綺麗な顔が目の前に……///)

卯月(唇が柔らかくてあったかくて……)

ジュルッ♡

卯月(ふぇぇぇぇぇ!?な、何かが口の中に、は、は、入って……!///)グルグル

未央「し、しぶりんストーップッッ!」ババッ!



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:01:04.24 ID:sAt5/JSc0


凛「っ……」

凛「……何するの未央」キッ

未央「いやいやいや、それこっちのセリフだし!」

卯月「はへぇぇぇ……///」ヘナヘナ

未央「だ、大丈夫?しまむー!」

卯月「わ、私……私……///」

卯月「もうお嫁に行けませーんッッ!」ダダッ!

凛「あっ!卯月……!」

未央「しまむーっっ!!」ガビーンッ



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:11:34.99 ID:sAt5/JSc0


──翌日──

未央「もう何やってんのしぶりん!結局あの後しまむーと連絡つかなくなっちゃったじゃん!」

凛「だって……しまむー愛を伝えろって言ったのは未央でしょ」ムスッ

未央「愛の意味と重さが違う!RとSSRぐらい違うよ!」

未央「だいたいいきなりキスするとか、GOIN'GOIN'強引過ぎるにも程があるよ!」

凛「うっ……」

ガタッ

「あ、あの……お、おはようございます……」

未央「しまむー!来てくれたの!?」パァッ

未央「ありがとー!しまむーにあんなセクハラされたからもう来てくんないかと……良かったよぉ……」グスッ

凛「……セクハラじゃないし」ムスッ

卯月「あ、あははは……///」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:12:42.17 ID:sAt5/JSc0


卯月「あ、あのね?凛ちゃん……///」モジモジ

凛「う、うん……」

卯月「あの、えっと……昨日のこと……///」

凛「うん……」

卯月「あ、ありがとうございます!」ペコリ

りんみお「え?」

卯月「あの、私の事元気づけようとして、してくれたんですよね?」

卯月「ちょっとだけビックリしちゃったけど……でも、変な誤解とか、してませんから!大丈夫ですから!」

未央「しまむー……?」

卯月「これ以上凛ちゃんや未央ちゃんに心配かけないように、ちゃんと頑張りますから!」

凛「……」

卯月「だから、だからもう、無理に励ましてくれなくても」エヘヘ…

凛「ごまかさないでよ!」キッ!

卯月「!」

未央(へ?ここでそのセリフ!?)



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:14:36.78 ID:sAt5/JSc0


凛「その……いきなりキスしたことは、謝る……」

凛「でも、そんな……嘘の笑顔で、ごまかすような言葉、聞きたくない」

凛「私の事、キモいと思ったんなら、キモいって言ってよ」

凛「怒ってよ」

凛「でも、私はもう、自分の気持ちをごまかしたりなんかしない」

凛「私は卯月の事が好き。大好き」

卯月「凛ちゃん……」

凛「友達としてなんかじゃない」

凛「たぶん、初めて会った時から……卯月の、キラキラ輝く笑顔を見た時から……」

凛「ずっと好きだったの……卯月が目の前からいなくなるかもしれないって思って、やっと気づいたの……」

凛「お願いだから……お願いだから、いなくならないで……」ツーッ…

凛「私の事、大嫌いでもいいから……それでも、わがままだって分かってるけど、一緒に居たい……!」

卯月「……凛ちゃん」ギュッ

凛「……卯月?」グスッ



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:17:08.17 ID:sAt5/JSc0


卯月「私、嬉しいですっっ!」

凛「え……?でも私、あんな事して……」

卯月「ちょっとビックリしたのは、ホントです」

卯月「あの後、家に帰ってからも、ずっと凛ちゃんのことしか考えられなくって、眠れなくて……///」

卯月「恥ずかしくって、今も凛ちゃんの顔見られなくって……」

卯月「それでも、早く会いたい、凛ちゃんに早く会いたいって気持ちが抑えられなくて」

卯月「だから、寝不足で髪もぼさぼさのまま、やってきちゃいました」エヘヘ

凛「卯月……」

卯月「ごめんなさい、何だかかっこ悪いですね、私///」

凛「それは私もだから」

凛「卯月に会えなくなってから、ずっと卯月のことばかり考えてた……」

卯月「えへへ……///」

凛「……///」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:19:43.55 ID:sAt5/JSc0


うづりん「あの……!」

卯月「あ、ご、ごめんなさい!じゃあ凛ちゃんから……」

凛「う、うん……///」コホン

凛「卯月。私、卯月の事が好き……」

凛「だから、その。もしよかったら、付き合ってほしい……」

卯月「はいっ……!」グシッ

卯月「私、まだまだダメなところもいっぱいあるし、迷惑かけちゃったりするかもしれないけど……」

卯月「凛ちゃんの立派な彼女になれるように、精一杯頑張りますっっ!」ニコッ♡



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:21:19.83 ID:sAt5/JSc0


凛「卯月……今すごく可愛かった」

卯月「そ、そんな……凛ちゃんの方がずっとずっと綺麗ですよ……///」

凛「またキスしたい……嫌?」

卯月「うぇぇっ!?そ、その……」アタフタ

卯月「ええと……イヤじゃ、ないです……///」ウツムキ

凛「卯月……」

卯月「凛ちゃん……♡」

チュッ……♡





未央(いやーこれ未央ちゃん完全に空気だわ、存在忘れられてるわー……)ドヨーン

ガタッ

P「……おはようございます。あ、島村さ……」

未央「はいはいプロデューサー、お邪魔虫の私たちはあっちでライブの打合せでもしよっかー!」グイグイ

P「え?あ……はい」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:25:05.02 ID:sAt5/JSc0


──舞踏会 ライブ会場 楽屋──

凛「卯月、緊張してる?」

卯月「いいえ!……あ、やっぱりドキドキはしてますけど……それはその、凛ちゃんが綺麗だからで……///」

卯月「ファンの人がすごく増えちゃって、凛ちゃんがトップアイドルになったら……何だか凛ちゃんが遠くなっちゃいそう、なんて」エヘヘ

凛「卯月……大丈夫だよ」ギュッ

凛「こんなこと言ったらアイドル失格かもしれないけど」

凛「私はアイドル以前に、卯月の一番の……一番最初のファンだから」

卯月「凛ちゃん……嬉しいです……///」

凛「それより私の方が不安かも。卯月が可愛すぎて、誰かに取られちゃうんじゃないかって」

卯月「もう、凛ちゃんったら///」クス

卯月「大丈夫ですよ♪」ホッペニチュ

卯月「私も……私は、アイドルである前に、凛ちゃんを好きな一人の女の子、島村卯月ですから♡」

凛「卯月……♡」

卯月「凛ちゃん……♡」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:26:21.53 ID:sAt5/JSc0


未央「あ~~も~~!甘酸っぱすぎて全身がかゆいい~!!」ボリボリ!

卯月「み、未央ちゃん!?」

未央「二人ともラブラブすんのはいいけど、ニュージェネの時はちゃんと私も混っぜろー!!」ギュウッ!

卯月「わぷっ!」

凛「ご、ごめん未央……苦しいってば!」

卯月「あのあの、私、未央ちゃんのこともちゃんと大好きですから!」

凛「うん、私も……まあ卯月の次だけど」

未央「とってつけたようなフォローいらないから!」クワッ



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:27:29.36 ID:sAt5/JSc0


舞台助手「ニュージェネさん、そろそろお願いします!」

未央「さあ、これからはアイドルの時間だよ!準備はいい?」

凛「うん!」

卯月「はいっ!」


5,4,3……

卯月「生ハムメロンの……」

凛「チョコレートがけの」

未央「フライドチキン添えっ!」


ワァァァァァ!




舞台助手(何その謎のメニュー!?)ガビーンッ



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:30:31.34 ID:sAt5/JSc0


──会場後方──

ワァァァァァ……!

P「……いい、笑顔です」

ツカツカ

美城「まだ、Power of Smile などという絵空事を信じているのか?」

P「……常務」

美城「突出した資質も無い、輝きも無い……取り柄と言えば笑顔だけ。そんな灰かぶりがこれから先、アイドルとしてやっていけると本気で思っているのか」

美城「待っているのは茨の道だぞ……君は、灰かぶりにとってもっとも残酷な選択をさせたんだ」

P「……私は、そうは思いません」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:33:00.72 ID:sAt5/JSc0


P「笑顔とは」

P「笑顔というのは、最強のコミニュケーションツールだと、私は信じています」

美城「……」

P「自分の幸せを、周りの皆に伝播させ……それが更に広がっていく」

P「彼女の笑顔は特別な、唯一無二の資質なんです」

P「彼女は、アイドルとして持ちうる最強の武器……いえ、魔法を。持っています。私はそれを知っているから」

P「だから、彼女が……彼女たちが星の彼方まで登り詰めていくのを、信じられるんです」

美城「ふ……今日はやけに饒舌に語るじゃないか」

美城「魔法を手にしたシンデレラか……さながら私は、魔法で打ち倒される敵役、悪いお妃と言ったところか?」

P「敵などここにはいませんよ」フルフル

P「いるのは、ただの崇拝者です。私もあなたも……ここにいる皆。輝ける笑顔と言う魔法に魅入られた、ね」

美城「やれやれ……私まで同類扱いするとは、君もよくよく失礼な男だな」フフッ

P「さらに失礼を承知で言わせていただければ……」

P「笑顔のあなたは、いつもよりずっと可愛らしくて、魅力的ですよ」ニコ☆

ズッキュゥゥーンッ♡

美城「…………っっ!?///」

P「……美城常務?どうされました?」

美城「……おまっ……ちょっ……!///」パクパク

P「常務!?大丈夫ですか!?」

ジョウム!? シッカリシテクダサイ!



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:34:46.14 ID:sAt5/JSc0


卯月「シンデレラの舞踏会は満員御礼の大成功でした!」

卯月「何でかその後、346プロではプロデューサーさんの”笑顔禁止令”が発令されてみんなの疑惑を呼びましたけど……それはまた別のお話です」

卯月「島村卯月、これからもアイドル活動と、それから恋も……いっぱいいっぱい頑張りますっっ♡」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:35:45.66 ID:sAt5/JSc0


・終わりです

・読んでくれた人、レスくれた人さんくす

・それではおやすみなさい



関連記事

角砂糖にメイプルシロップを混ぜ合わせたような甘さ…最高に好みであった
うづりんってほんといいね
[ 2015/11/04 00:05 ] [ 編集 ]

GO'INなのもいいですね
[ 2015/11/04 18:19 ] [ 編集 ]

常務かわええ

本文良かったのは覚えてるけど内容は飛んでった
[ 2015/11/08 05:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4815-ef7fb6d6


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ