スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

静香「未来からは愛が感じないわ」

2 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/06(金) 20:18:36.66 ID:30D9984g0


未来「それってどういうこと?」

静香「言葉通りの意味よ。未来からは愛が感じられないわ」

未来「えーそんなことないよー」

静香「信じられないわ」

未来「静香ちゃん大好きだよー」

静香「またそうやって気軽に……どうやら、本当に自覚がないみたいね……」

未来「ほえ?」

静香「さっきの言葉、もう一度言ってみて」

未来「え? 静香ちゃんのこと大好きだよ?」

静香「じゃあ志保は?」

未来「志保? 大好きだよ」

静香「星梨花は?」

未来「大好きだよ」

静香「それは同感ね」

未来「静香ちゃん?」

静香「ご、ごほん、なんでもないわ」





4 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/06(金) 20:51:39.84 ID:30D9984g0


静香「次、千早さんは?」

未来「大好き!」

静香「春香さん」

未来「大好きー!」

静香「……765プロのみなさん」

未来「みんな大好きー!」

静香「このみさんや、麗花さん、桃子たちのシアター組」

未来「もちろん大好きー!」

静香「うどん」

未来「好きなほう……かな?」

静香「ちょっと! なんでそこは大好きじゃないのよ! しかも疑問形!?」

未来「だ、だって、うどんよりも美味しい物あるんだもん。カレーとか」

静香「ああぁ……未来の中ではうどんは大好きに入っていないのね……」



6 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/06(金) 21:29:16.19 ID:30D9984g0


未来「えっと……そ、それで、結局静香ちゃんは何が言いたいの?」

静香「そうだった、落ち込んでいる場合じゃなかったわ」

静香「未来からは愛が感じられないって言ったわよね」

静香「さっきの問いが物語っているのよ」

未来「そ、そうなの?」

静香「どうやらまだ理解していないようね」

未来「う、うん……物語っているって、どういう意味だっけ?」

静香「そっちも理解してなかったのね……」

静香「要するに未来が言う大好きって言葉は信用ならないってことよ」

未来「えーなんでー。嘘なんかついてないよ?」

静香「本当かしらね」

未来「本当だよ! 静香ちゃん大好きだって」

静香「それよ、それ! 未来はいっつもその言葉を軽々しく使っているわ」

未来「だってー、本当のことだもん」

静香「……いい未来」

静香「例えば、私が未来のこと大好きって」

未来「静香ちゃんそれほんと!? でへへ、相思相愛だね」

静香「そんなわけないでしょ、この浮気者!」

未来「浮気者!?」



7 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/06(金) 22:24:09.51 ID:30D9984g0


静香「そうよ。貴女は誰にでも大好きって言って軽々しくスキンシップをはかる遊び人よ!」

未来「私遊び人なの!? 別に常にみんなと鬼ごっこしているわけじゃないよ?」

静香「そういう遊びのことじゃないわよ」

未来「静香ちゃんはなんで私のことを浮気者とか、遊び人だと思うの?」

静香「そうね。自覚していないようだから教えてあげるわ」

未来「あ、浮気の意味ぐらい知っているから大丈夫だよ」

静香「漢字の意味とかを教えるんじゃないわよ」

静香「でもそうね……なにから話すべきかしら……」

未来「その言い方だといっぱいあるみたいだね」

静香「いっぱいありすぎて何を最初に言うか迷うわね……」

未来「じゃあ言わなければいいんだよー」

静香「生憎だけど、選択をしないって選択はないから」

未来「今のダジャレ?」

静香「ダジャレなんか言ってないわよ! あ、ダジャレといえば……」

静香「前、私がすべったダジャレで奈緒さんと楽しんでいたそうね」

未来「だってステキなステージって、ダジャレとしてはなんともいえないんだもん」

静香「…………ふーん」

未来「し、静香ちゃん?」



8 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/06(金) 22:54:10.84 ID:30D9984g0


静香「……ねぇ、なんでそれを私に言わずに奈緒さんと話していたの?」

未来「え、だ、だって……その時、奈緒ちゃんがいたんだもん」

静香「別の話とかすればよかったんじゃないの? たこ焼きの話とか、大阪の話とか」

未来「だって静香ちゃんがステーキなステーキって」

静香「ステキなステージよ。それはただのステーキよ」

未来「お、怒ってる?」

静香「怒ってないわ。ただなんとも言えないのよ」

静香「特にその話の後に、奈緒さんに抱きついて大好きって言った流れもわかんなかったわ」

未来「だって、奈緒ちゃんが面白いダジャレを教えてくれたんだもん……あと美味しそうな匂いしてたし、たこ焼きくれたし」

静香「それって、私には美味しそうな匂いもなければたこ焼きもくれないし、ダジャレも面白くないってことね」

未来「静香ちゃんどうしちゃったの!?」

静香「他にもあるわ」

未来「まだダジャレあるの!?」

静香「ダジャレじゃないわよ! 違う話!」



10 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/06(金) 23:17:03.80 ID:30D9984g0


静香「未来……この前、あずささんの胸に飛び込んですりすりしていたでしょ」

未来「でへへ……あずささんの胸って大きいから思わずすりすりしちゃった。ぷにぷにして気持ち良いんだ。あんな枕欲しいなーなんてね」

静香「…………ふーん」

未来「ま、まただね。その反応……」

静香「未来ってよく人に抱きついてきているけど、私の胸をすりすりすることってないよね」

未来「そ、そうかなー?」

静香「なんでしないの?」

未来「え、だ、だって……静香ちゃんにそんなことしたら怒るのかなって……」

静香「そういうことは考えて、冷蔵庫に入っている私のプリンを食べたら怒られるとかは考えないのね」

未来「あ、あれはごめん! 静香ちゃんの物だとわかんない時とか、思わず食べちゃった時だから……」

静香「あずささんが怒らないから喜んでボインダイブするんだ」

未来「静香ちゃん?」

静香「ごめん、ボインダイブは忘れて。言い間違えだ」

未来「う、うん。なんかごめん」



14 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/07(土) 21:13:38.15 ID:usoARB150


静香「それにあずささんだけじゃないわね」

静香「風花さんや、美奈子さん、美希さんや可憐さん、恵美さんに翼まで胸をすりすりしたそうじゃない」

未来「つ、翼はした……っけ?」

静香「何故だかわからないけど、風花さんの時は私の中にある人の殺意を感じたわ」

未来「よくわからないけどごめんなさい!」

静香「それは謝らなくていいわ。多分その殺意は私じゃないもう一人の私のなにかかもしれないんだから」

未来「ほ、本当によくわかないよ……」

静香「で、結局のところ未来は胸がない人はすりすりしないってことでいいのね」

未来「よ、よくないんじゃないかな……というか、やっぱり静香ちゃん怒っているよね?」

静香「怒ってないわ。未来は胸の大きい人に甘えてればいいんだわ」

未来「やっぱり怒っているよ……」



15 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/07(土) 21:43:51.86 ID:usoARB150


静香「他にもあるわよ」

未来「まだあるの!?」

静香「未来は未だに自分がたくさんしでかしたことを自覚するべきだと思うわ」

未来「だ、だって静香ちゃんが何を怒っているのかわかんないんだもん……」

静香「別に怒ってないわ。なんかムカついているだけ」

未来「それ怒っているよ!」

静香「いい、未来。怒っていることとムカついていることは、同じ麺でもうどんとそばは違うってことと同じなのよ」

未来「え、そうなの?」

静香「そうよ」

未来「じゃ、じゃあ怒っていないんだね! よかった!」

静香(自分でもなに言っているんだろうって思うけど、未来も未来でそれで信じちゃうのね)

静香「ちっともよくないわよ。私は怒っているんだから」

未来「え、今さっき怒ってな」

静香「最近、恵美さん、琴葉さん、エレナさんとでテニスをやったそうね」

未来「そうだよ! 難しかったけど楽しかったなー。そうそう、エレナちゃんがすごいの!」



16 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/07(土) 22:11:01.24 ID:usoARB150


静香「…………ふーん」

未来「なんか、ふーん……あんたがなんちゃらかんちゃらって言いそうだね」

静香「その特定した例えはなんなの? もうちょっと例えるなら相手に納得させるようにしなさいよ」

未来「えっと……道玄坂登」

静香「もっとわからないわよ! つか、誰!?」

未来「め、メール職人?」

静香「特定層の有名人じゃないの!」

静香「というか、そんなことどうでもいいのよ」

静香「なんでその時、私を呼んでくれなかったのよ」

未来「だ、だってちょうど四人いて、二人ずつできたから……」

静香「そうね。ダブルスならちょうどいいし、私がいると一人省いてしまうものね」

静香「でも、恵美さんからは静香もくればよかったのにとか言ってくれたわ」

未来「あ、あと楽しくて夢中だったから……というか、静香ちゃんもテニス好きなら言ってくれれば誘ったのに~」

静香「私の趣味テニスですけど」

未来「え゛?」



17 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/07(土) 22:33:32.12 ID:usoARB150


静香「なにその反応……まさか、私のことただのうどん好きだけだと思っていたでしょ!」

未来「ち、違うの?」

静香「違うわよ! 確かにうどんは好きだけどそれだけじゃないわよ! ちゃんとプロフィールの趣味にテニスって書いてあるわよ」

未来「嘘!? 趣味も特技もうどんじゃなかったの!?」

静香「うどん好きなのは確かだけどそんなしつこくうどん推さないわよ!」

未来「静香ちゃんと言えばうどんってイメージだから、つい……」

静香「そもそも好きで私はうどんって通しているわけじゃないわよ。なんかいつのまにかそうなったのよ」

未来「それ、ほんとー?」

静香「未来、自分の悪い点数を取ったテストを自分のイメージとしてつけるために、とにかく所々見せびらかす?」

未来「そんな恥ずかしいことしないよ!」

静香「そういうことよ」

未来「なるほど、そういうことだね!」



18 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/07(土) 23:04:28.13 ID:usoARB150


静香「……未来が私の趣味を知らなかったのはショックだわ」

未来「ご、ごめん。し、静香ちゃんは私の趣味とかは……」

静香「髪留め集めでしょ」

未来「すごーい! なんでわかったの?」

静香「未来が教えてくれたじゃない」

未来「あれれ、そうだっけ?」

静香「ちなみに私の趣味がテニスって、その時言ったと思うけど……」

未来「それはごめんなさい」

静香「結果として未来は私のことなんてどうでもいいから呼ばなかったでいいのね」

未来「どうでもよくないよ! たまたま忘れただけだって」

静香「いったいいくつたまたま忘れたってことがあるのかしらね」

未来「今日の静香ちゃんなんかいつもと違う恐さだよ……」

静香「あと、またみんなに大好きって言ったそうね」

未来「ねぇ、本当に私ってそんなに大好きって言っているの?」

静香「さて、次いくわよ」

未来「スルーしないでよ静香ちゃん……」

静香「自覚しなさい」



19 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/07(土) 23:25:35.61 ID:usoARB150


静香「この前の休日、志保とお出かけしたそうね。可奈から聞いたわ」

未来「うん! 志保とお揃いのリボン買ったんだー。あと志保の弟の分も」

静香「…………ふーん」

未来「な、なんか。さっきから静香ちゃん蒼い鼓動みたいだね」

静香「それちゃんと意味わかって言っているの?」

未来「え、えっと……こどう?」

静香「そのまんまじゃないの」

未来「蒼い力……みたいな?」

静香「その蒼推しはなんなのよ……で、私の言いたいことはわかるよね?」

未来「え、えっと……あ、うどん食べたい!」

静香「とりあえず困ったらうどん使えばいいみたいなこと言わないでよ。全然違うわ」

未来「え、じゃあそば?」

静香「わざとボケているなら怒るわよ」

未来「もう怒っているじゃん!」



21 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 15:54:35.10 ID:bwV+YErz0


静香「私が言っているのはおそろいよ、おそろい」

未来「おそろい? あーリボンのこと?」

静香「そうよ」

未来「あ、わかった! 静香ちゃんは志保とおそろいが羨ましいんだ!」

静香「ち、違うわよ。内容は合っているけど……」

未来「それじゃあ、志保の弟とおそろいしたかったの?」

静香「どうしてそっちに行っちゃうのよ! 未来は会ったことのない相手とおそろいしたいと思うの!?」

未来「それは……場合によるかな?」

未来「それで静香ちゃんはおそろいの何が不満なの?」

静香「そうね。不満があるとすれば……」

静香「志保とおそろいはあるのに、私とのおそろいはないってことね」

未来「え?」



22 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 16:24:49.95 ID:bwV+YErz0


静香「私と一緒に買い物した時、そういうことがあってもおかしくないはずよ」

静香「それなのに今日まで一度もそういうことはなかったわ」

未来「え、えっと……」

静香「私との関係は接待だったのね」

未来「なんでそうなるの!?」

静香「未来の性格を考えれば今日仲良くなった人でも一緒に買い物して、一緒におそろいの物を買ったっておかしくないはずよ」

未来「すごい静香ちゃん。そういうことあったよ」

静香「流石ね。でも私はないわよ」

未来「それは……その……」

静香「その後、一緒にランチした後、志保大好きって言ったそうね。これも可奈から聞いたわ」

未来「ちょ、ちょっと待って。なんで可奈がそういうこと知っているの? 可奈も一緒に買い物しに行かなかったよ?」

静香「知らないわよ」

未来「後で可奈に聞こうかな……あははは」

静香「それで未来と私との関係は接待でいいのね」

未来「それはよくないよ」



23 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 16:43:24.43 ID:bwV+YErz0


静香「まだまだいろいろあるけど、ここまで聞いての感想はあるかしら」

未来「うーん…………」

未来「静香ちゃんが私のことで怒っているのはわかったけど……」

未来「静香ちゃんは私に何を求めているのかがわかんない」

静香「それは…………」

未来「ごめんね静香ちゃん。自分でもわからないところで、静香ちゃんを傷つけちゃったみたいで……」

静香「…………」

静香「…………ごめんなさい」

未来「え、なんで謝るの? この場合、私が謝る方だよね?」

静香「ううん。未来は何もわるくないのよ」

静香「私が未来に…………嫉妬していただけなの」

未来「嫉妬……」

未来「…………」

未来「…………」

静香「……未来。嫉妬がわからないなら聞いてもいいのよ。教えてあげるから」

未来「そ、そういうんじゃなよ!」



24 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 16:56:36.23 ID:bwV+YErz0


静香「噛んでいるわよ。無理しないで」

未来「む、無理してないよ」

未来「その……なんで静香ちゃんが、私に嫉妬するのかなって……」

静香「それは……その……」

静香「…………笑わないで……くれる?」

未来「う、うん! 大丈夫!」

未来「流石にステキなステージは笑わないから安心して」

静香「…………」

未来「空気読めなくてごめんなさい」

静香「まったくもう……」



25 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 18:00:48.06 ID:bwV+YErz0


静香「私が未来に嫉妬する理由は……未来が……その……」

静香「私も…………大、好きだから……」

静香「だから……」

未来「それほんと!?」

静香「ちょ、未来!?」

未来「やっぱり私たち相思相愛だね!」

静香「みら」

未来「でへへ……静香ちゃんと相思相愛~。でへへ~」

静香「ま、まだ話終わってないわよ!」

未来「もう終わりでいいよ~」

静香「ちっともよくない!」

未来「ねぇねぇ、静香ちゃん。もう一回言って~」

静香「なんでもう一回言わないといけないのよ!」

未来「だって~。静香ちゃんが~……でへへ……」

静香「も、もう! これだったら笑われた方がマシだった!」



26 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 18:14:46.38 ID:bwV+YErz0


どこからのショップ

店員「ありがとうございました」

未来「でへへ。これで静香ちゃんとおそろいだね」

静香「そ、そうね……」

未来「静香ちゃんは綺麗で可愛いから、私と一緒の髪留めが似合うか心配だけど……」

静香「そんなことないわよ……」

静香「未来も……その……かわいいし」

未来「でへへ。ありがとう静香ちゃん」

未来「これだったらおそろいのうどんでも良かったね」

静香「それがおそろいなら飲食店でみんな経験しているわ」



27 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 18:31:33.59 ID:bwV+YErz0


未来「ところで静香ちゃん」

静香「なによ……」

未来「静香ちゃんが私のこと大好きなのはわかったけど」

静香「それで嫉妬する理由がわからないんだよね」

静香「なんでそれを今聞くのよ……」

未来「だってあの時、静香ちゃんが言ってくれなかったんだもん」

静香「未来が話をさせてくれなかったんでしょ!」

未来「それは静香ちゃんが……でへへ」

静香「ハァ…………未来のそういうところが羨ましいわ」

未来「そんな褒めなくても~」

静香「褒めてないわよ」



28 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 18:53:37.19 ID:bwV+YErz0


静香「……さっきの話の続きでね。未来に嫉妬した理由は、ズルイと思ったからなのよ」

未来「ズルイ?」

静香「未来がズルイだけではなく、私自身もズルイって思っちゃう」

未来「えっと……どういう、こと?」

静香「未来が楽しんでいることに素直に喜べない。なんで私にはそんなことしてくれないの、ズルイってね……」

未来「それは…………ごめん」

静香「謝らなくていいのよ。私が勝手に嫉妬しているだけなのよ」

静香「未来は誰かの物でもない。それを頭の中ではちゃんとわかっているはずなのに……それを認められない時がある」

静香「私は未来を他の誰かに取られたくない気持ちもあったから」

静香「もしも、未来が誰かの物になってしまったら………」

静香「そう思うと、周りの環境がズルイくて、どこにでも飛んで行けるような未来がズルイって思ってしまう。そんなことを考えてしまう自分もズルイって」

未来「静香ちゃん……」



29 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 19:03:40.20 ID:bwV+YErz0


未来「…………」

静香「つまらない話をしてしまったわね。もう、大丈夫だから、この話は」

未来「静香ちゃん」

静香「な、なに?」

未来「私はどこにもいかないよ」

静香「え?」

未来「だって、私にとって静香ちゃんは大好きな友達で、いちばんのアイドルなんだもん」

未来「静香ちゃんは私のこと信じられないって言ったけど」

未来「今の私を信じられないなら、未来の私を信じて」

未来「きっと未来の私も、今と同じで静香ちゃんが大好きでいちばんのアイドルなのは気持ちなのは変わらないはずだから」

未来「そんな人と離れたくないよ。ずっと一緒にいたい……」

静香「未来……」

静香「…………」

静香「そっか……そうよね」



30 : ◆9JQRZ/wb3. 2015/11/08(日) 19:08:08.90 ID:bwV+YErz0


静香「ごめ……ううん」

静香「ありがとう、未来」

未来「でへへ。静香ちゃんが元気出てよかった」

静香「未来のおかげよ」

未来「そっか……嬉しいなー。でへへ」

静香「もう、未来は単純だから」

静香(でも、そういうところが未来の好きなところの一つなのよね……)

静香(私も単純みたね)

静香「ふふっ」

未来「どうしたの、静香ちゃん?」

静香「なんでもないわよ」

未来「えー嘘だー。なんかあるでしょ。だって笑っているもん!」

静香「なんでもないったら、なんでもないわよ」

おわり



関連記事

みらしず素晴らしい。

別のところでかなしほが成立していそうなそうでもないような。
[ 2015/11/12 05:25 ] [ 編集 ]

本当に素晴らしいみらしずありがとうございました!

ミリSSもっと増えろぉおおお
[ 2015/11/17 20:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4832-72d46ede


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。