スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【ゆるゆり】結衣「おひるねゆにばーす」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:09:48.91 ID:+2ng1lado


こんばんは。
ゆるゆりの結京SSを書きました。

すっごく短いんですが、その分沢山の想いを凝縮しました。
楽しんで頂けると嬉しいです。



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:11:15.85 ID:+2ng1lado


目を開けると、目の前が真っ赤だった。

──ああ、ゲームしながら寝ちゃったのか。

まだぼんやりとした頭が、少しずつ今自分がいる状況を理解する。


少し冷えたつま先を毛布に包み直すと、じんわりと暖かくなった。

毛布からはみ出した肩も少し冷えているが、敢えてそのままにする。





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:12:22.71 ID:+2ng1lado


まだ少しふわふわする身体を少し動かし、目の前に広がる赤色に鼻先を擦り付ける。

昨日洗ったばかりのそれは太陽の匂いに満たされていて、寝起きの頭いっぱいに心地良い暖かさをくれた。

「んー……」

背中にくすぐったさを覚えたのか、赤色の主は向こうを向いたまま、ぴくりと身体を揺らす。



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:13:44.87 ID:+2ng1lado


受け入れてくれている安心感がくすぐったくて、自然と口元が綻んだ。

何語ともつかない寝言を漏らすそいつに、邪魔してごめんな、という気持ちを込めて上になっている左腕を巻きつける。

少し柔らかいお腹を撫でながら、さっきよりもほんの少しだけ強く、背中に頬を押し付ける。

暖かい体温が頬を温め、自分と同じ匂いがふわりと鼻腔をくすぐった。



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:16:17.56 ID:+2ng1lado


互いの優しい匂いと気持ちが入り混じるこの瞬間が、私は好きだ。

きっと、こいつは気付いているんだろうと思う。
私が毎度、こうしている事を。


でもこいつは、気付いていないふりをする。

私も、気付かれていないふりをする。


互いに悪く思っていない事なんて分かっているし、今更それについて話しても、照れ臭くなるだけだから。



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:17:43.96 ID:+2ng1lado


ふと、こいつを少しだけ困らせたくて、少しだけ背中に頬擦りをしてみる。

ふふ、どうだ。
私が何を考えてるか、分からないだろ。

くすぐったいか? 恥ずかしいか?

……私もだ。



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:19:01.05 ID:+2ng1lado


「んぅ……ゆいー……?」

声の主はそう言い、ゆっくりと私の方に寝返りを打った、ふりをする。
私は同じ方向に転がって避ける。

こういう事には慣れてないもんな。
狸寝入りなんてしても、私には分かるんだからな。

照れ屋さんめ。
まぁ、そこが可愛いんだけどさ。



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:19:55.35 ID:+2ng1lado


「んー……?」

目を閉じたまま、赤い着ぐるみパジャマからはみ出した手を気怠そうに動かす。

自分の安眠を脅かした犯人を捜しているようだ。

つん。

手の平を指先でつついてやると、ぴくりと指先を動かして反応する。

つん。


……つん。

きゅ。



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:21:24.51 ID:+2ng1lado


あちゃ、捕まっちゃったか。

タイミングずらしたのになぁ。

苦笑しながら、柔らかく握られた手の中から指を引き抜いた。


考えてみれば悪戯を咎められたようなもの。
ばつが悪い筈なのに、嫌な気分じゃない。

もっとも何もしてこなければ、それはそれで続きを楽しむつもりだったのだけど。



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:22:19.62 ID:+2ng1lado


だらりと伸ばした四肢はそのままに、少し長いまつ毛同士が、ゆっくりと離れていく。

そいつは天井を向いたまま、ぼんやりと口を開いた。

「ゆい……どこー……?」


なんだ、やっぱり起きてたんじゃないか。

とぼけるならもっと上手くとぼければいいのに。



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:23:05.88 ID:+2ng1lado


私がいる場所なんて大体見当はついてるくせに、わざと聞いてくるのが可愛くて、思わず口元が緩んでしまう。

そこまでして私から来て欲しいのか。
まったくしょうがないな。


ここにいるよ、という返事の代わりに、再び指先を手の平に乗せる。

私よりも少し小さく細い指先が、私の指の側面をすりすりとなぞった。

ふふ、くすぐったいよ。



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:24:12.22 ID:+2ng1lado


そいつは再び寝返りをうち、身体ごとこっちを向く。

半分開かれた目と、私の目がお互いをぼんやりと見つめ合う。


「どうかしたか?」

「……んーん、なんでも」

「そっか」

「ん」


まだ少し眠そうな優しい笑顔と、少し照れくさい笑顔がお互いを認め合い、再びどちらからともなく目を閉じる。



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:25:25.06 ID:+2ng1lado


私の頭を優しく引き寄せ、髪に鼻を埋めると、再びすぅすぅと寝息をかき始めた。

どうせ、寝てなんていないくせに。


私はそれを咎める事なく受け入れる。



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:26:37.70 ID:+2ng1lado


「ゆいー」

「ん」

「好きだよ」

「知ってる」

「へへ」


少しずつその気になり始めた冬がくれた、心地良い時間だった。



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 20:29:43.98 ID:+2ng1lado


おしまいです。

ほんと短くて、スレッド無駄遣いして申し訳ないです。

ちなみにこの後は二人がちゅっちゅし出すわけなんですが、雰囲気壊れるので脳内補完でお願いします。

ありがとうございました。



関連記事

幸せが溢れ出ててこっちも幸せな気持ちになれた
[ 2015/11/17 13:25 ] [ 編集 ]

この緩んだ頬をどうしてくれる
[ 2015/11/18 16:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4851-340adf76


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。