女提督「ビスマルクの膝枕」

1 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:09:39.28 ID:vODJTVqZ0



女提督「ビスマルクの膝枕」

ビスマルク「貴方がしろって言ったんじゃない」



※注意事項
・百合
・うちの子設定
・短い



2 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:09:59.48 ID:vODJTVqZ0


女提督「でも、まさか本当にしてくれるとは思わなかった。
言ってみるものだね」

ビスマルク「朝寝坊をだしにして半強制してきたのは誰よ。
朝はなにも言わなかった癖に執務終わるなり、寝坊のバツとして膝枕を要求する!なんて。
お風呂入ってからって言っても聞かないし」

女提督「疲れたから癒されたかった、
それにこうでもしないと膝枕とかしてくれないじゃん」

ビスマルク「まぁ、それは否定しないわね」





3 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:10:32.50 ID:vODJTVqZ0



女提督「私としてはもう少しコミュニケーションを図りたいのに」

ビスマルク「ちょ、太腿触るのやめなさい!」

女提督「いったぁー、叩くことないじゃん
ふわふわで剥き出しな太腿の上に私を寝かせて、触るなって言う方が無理あるよ」

ビスマルク「Admiral。
まさか貴方そのためだけにお風呂入る前に、パジャマに着替える前に、膝枕させたんじゃないでしょうね?」

女提督「……」

ビスマルク「ほら、何か言いなさいよ」

女提督「黙秘権で」



4 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:11:03.10 ID:vODJTVqZ0



ビスマルク「はぁ…。
今日出撃もあったから、さっぱりしたかったのに…」

女提督「あはは、ごめんごめん。
入渠はちゃんとさせてあげたはずじゃん」

ビスマルク「高速修復材入りなんて水浴びみたいなものよ。
湯船にはしっかりつからないと本当の疲れは取れないわ」

女提督「ビスマルクも大分染まったねー」

ビスマルク「…?」

女提督「なんでもない。
気持ちは分かるから、この後一緒に入りましょう?」



5 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:11:32.77 ID:vODJTVqZ0



ビスマルク「さらっとなにに誘っているのよ…、考えておくわ」

女提督「お、やったぁ!」

ビスマルク「ちょっと!まだ一緒に入るとは言ってないわよ?」

女提督「大丈夫、ビスマルクの考えておくわ、は。
素直にYesって言えないけれど吝かじゃないし。むしろ嬉しい!
って私知ってるから」

ビスマルク「ち、違うわ!そのまま検討中という意味よ!
Admiralがこのまま変なことしなければ入ってあげてもいいかなって思っただけよ!」

女提督「じゃあ、変なことって?」



6 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:12:02.19 ID:vODJTVqZ0



ビスマルク「それは、そうね…。
さっきみたいに太腿触ったりしなければ。」

女提督「わかった。
お風呂のために我慢する」

ビスマルク「…それでいいのよ」

女提督「ちょっと寂しそうな顔」

ビスマルク「してない!」

女提督「可愛いなぁ、もう」

ビスマルク「人の話聞きなさいよ…」



7 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:12:38.07 ID:vODJTVqZ0



女提督「あ、それより、昨日何かあったの?
ビスマルクが寝坊なんてびっくりした」

ビスマルク「あー…、悪かったわよ」

女提督「いや、責めてるわけじゃなくて珍しいなって」

ビスマルク「昨日はちょっとね…。
ドイツ艦で飲んでたわ」

女提督「レーベ達と?」



8 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:13:16.10 ID:vODJTVqZ0



ビスマルク「そうね。
レーベとマックスとオイゲンとろーちゃんとグラーフの6人で」

女提督「ふふ、ビスマルクもろーちゃんって呼んでるんだ」

ビスマルク「なんで笑うのよ?」

女提督「いや、予想外で可愛いなって。
えっと、なんだっけ話続けて?」

ビスマルク「本人がそう呼べと言うのだもの。
続きも何も、グラーフもここに慣れてきたから久しぶりに集まらないかってオイゲンが。
それで飲み過ぎて…よ」

女提督「楽しそうねー、混ざりたかったなぁ。
飲みすぎる程何話してたの?」



9 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:13:54.51 ID:vODJTVqZ0



ビスマルク「別に普通よ。
グラーフが炬燵の魔力に負けた話から始まって、正月の話題から、オイゲンが節分の説明を始めて…って流れだったわ」

女提督「くふふっ、セッツブーンね」

ビスマルク「そう、ふふっ、セッツブーンよ」

女提督「ビスマルク教えてあげなかったの?」

ビスマルク「面白かったのもあるけど、あんなにキラキラした顔で自信満々に語っていては教えてあげられないわ」

女提督「海外の子達に広がっちゃってるよ、セッツブーン」



10 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:14:31.19 ID:vODJTVqZ0



ビスマルク「ふふ、それ卑怯よ、絶対笑う。
まぁ、可愛いからいいじゃないの」

女提督「そうね、癒される。
でも、今はそんなこと言ってるけど、ビスマルクが初めて食堂に並んだタコを見たときに周りをキョロキョロ見回して挙動不審だったのも可愛かったよ」

ビスマルク「っ!?もう!昔の話よ!」

女提督「ビスマルクの可愛い姿は全て覚えているからね」

ビスマルク「…昨日、Admiralの話題にもなったわよ。
正月太りしてからそのままねって」

女提督「うっ…、だって間宮さんの料理美味しいんだもん」



11 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:15:05.07 ID:vODJTVqZ0



ビスマルク「だからってねー。
お腹摘めるのは不味いんじゃない?」

女提督「あっ!摘んじゃダメ!」

ビスマルク「ふふ、仕返しよ。
ろーちゃんにも、てーとくもオリョールで運動した方がいいかもって、言われてたわよ」

女提督「ろーちゃんに言われると更に凹む…」

ビスマルク「ま、オリョールはともかくこれからは執務室で引きこもってないで少しは外に出ることね」

女提督「くっ……でも、私は知ってるの。
ビスマルクがそんな私を好きだって言ってくれたことを」

ビスマルク「は?」



12 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:15:54.82 ID:vODJTVqZ0



女提督「確か…、Admiralは少しだらしないくらいが可愛いのよ、だったっけ?」

ビスマルク「…え?」

女提督「だから私がしっかり支えてあげるの。
とも言ってたんだったよね」

ビスマルク「ちょ、ちょっと待って!
Admiral、何を言っているの!?」

女提督「寝坊したの珍しいなーって思ったから、ビスマルクが出撃してる間にろーちゃんに何か知らないか聞いてみたのよ。
そしたら、集まってた事とかどんな話をしたのか全部教えてくれた。」

ビスマルク「何してるの!?」



13 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:16:31.88 ID:vODJTVqZ0



女提督「嬉しかったよ。
酔っ払ったら私の話ばっかり始めたんだってね。
この前一緒にご飯食べたーとか、一緒に寝たら寝顔可愛かったーとか、最近、あんまり一緒にいないから寂しいとか。
それで飲み過ぎたんじゃないかってオイゲンが言ってた。
ふふ、寂しい思いさせてごめんねー?」

ビスマルク「べ、別に寂しくなんか!
というか、オイゲンにも何聞いてるのよ!?」

女提督「あはは、今日は寝るまで一緒よ。
一番嬉しかったのは、酔い潰れて眠ってるビスマルクが私のこと好きって寝言言ってた事。
私だって大好き。」

ビスマルク「~~~っ!?」



14 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:16:59.11 ID:vODJTVqZ0



女提督「で、今は?
寝言だけじゃなくて直接聞きたいなぁ。」

ビスマルク「あぁ、もう!ばか!」

女提督「いたっ!?急に立ち上がらないでよー。
頭ぶつけちゃった」

ビスマルク「知らないわよ、そんなの!
先にお風呂行ってくるから!」

女提督「んもう、素直じゃないんだから。
ごめんね、嬉しくていじめすぎちゃった。」

ビスマルク「………一緒に入るんでしょ?
早く来なさいよね!」

女提督「ふふっ、はーい。
すぐに行くわね!」

真っ赤な顔のビスマルクを追いかけて、お風呂で幸せな時間を過ごしましたとさ。



15 : ◆FztdsN7g6M 2016/01/23(土) 13:17:32.72 ID:vODJTVqZ0



以上です。
読んでくださった方いましたらありがとうございました。



関連記事
[ 2016/01/23 17:30 ] 艦これSS | コメント(3)

炬燵のと同じ人か
ビスマルクが可愛すぎて死ねる
[ 2016/01/23 18:50 ] [ 編集 ]

女提督×艦むす最高
もっと増えてほしい
[ 2016/01/23 21:21 ] [ 編集 ]

女提督は正義
[ 2016/01/24 21:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4969-bac52658


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ