【プリパラ】みれぃ「真中さんとこのお店に行くわよ!」

1 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:17:45.56 ID:PS7PJtAq0


プリパラのらぁみれ百合ギャグssです。
キャラ崩壊あります。
本家プリパラのノリを出せるように頑張ります。



2 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:19:21.08 ID:PS7PJtAq0


みれぃ「ただいまー!」

らぁら「あ、南委員長!いらっしゃいませ!!」

みれぃ「・・・」

らぁら「さぁさぁ、こちらのお席へ」

みれぃ「真中さん」

らぁら「へ?」

みれぃ「た だ い ま !」

らぁら「え?へ?お、おかえり・・・?」

みれぃ「はぁ。接客の基礎がなっていないわ。いい?『お帰りなさいませ、ご主人様♡』でしょう?」





3 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:20:31.59 ID:PS7PJtAq0



らぁら「えぇ!?」

みれぃ「ほら!ご主人様をお待たせしない!」

らぁら「か、かしこま!お帰りなさいませ、ご主人様!」

みれぃ「最後に♡が付いてないわ!やり直し!!」

らぁら「ふぇっ!?お、お帰りなさいませ、ご主人様!!」

みれぃ「付いてない!!」

らぁら「どーやったら付くのー!?」

みれぃ「はぁ。いい?まず、上目使い、涙目、小動物感、溢れる笑顔を意識して、そして忘れちゃいけないのが媚びる心よ」

らぁら「媚びって・・・まぁいいや!」

らぁら「お帰りなさいませ、ご主人ちゃま♡」

みれぃ「!?!?」

らぁら「ああーー!せっかく♡付いたのに噛んじゃったー!!」

みれぃ「・・・///」



4 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:21:20.87 ID:PS7PJtAq0



らぁら「わかってますよ・・・もう一回でしょ?」

みれぃ「い、いえ。あなたも頑張っているしよしとしましょう。これはこれで美味しかったし・・・」

らぁら「え・・・?」

みれぃ「な、なんでもないわよ!席に案内してちょうだい!」

らぁら「かしこま!一名様ご案内です!」




5 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:22:12.13 ID:PS7PJtAq0



らぁら「ご注文は何にいたしましょう?」

みれぃ「うーん。そうね。じゃあオムライスを」

らぁら「こしこま!ぱぱー!オムライス一丁!!」

パパ「了解トルティーヤ~!」

みれぃ「・・・」ワクワク




6 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:23:24.70 ID:PS7PJtAq0



らぁら「お待たせしました!オムライスです!」

みれぃ「え」

らぁら「どうかしましたか?委員長」

みれぃ「これ・・・ケチャップかかってる・・・」

らぁら「あ、もしかしてケチャップ苦手でしたか?」

みれぃ「いやいやいやいやいや」

らぁら「!?」

みれぃ「おかしいでしょ!?ここは真中さんが私の前で『美味しくなーれ!みれぃたんらぶっ!』って言いながらハートマークにケチャップをかけてくれるところでしょう?」

らぁら「え?へ!?なに言ってるの・・・?委員長大丈夫??」




7 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:24:12.12 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「話にならないわ!シェフを呼んで!」

らぁら「シェ、シェフ?」

みれぃ「店長でもかまわないわ」

らぁら「あぁ、ぱぱのことだね。呼んでもいいけど、うちには店員さんがケチャップをかけてあげるサービスとかないよ?」

みれぃ「いいから!」

らぁら「かしこまー」



8 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:25:15.38 ID:PS7PJtAq0



パパ「うちのウェイトレスが何かいたしましトルティーヤ?」

みれぃ「ええ。私の純情を踏みにじったの」

パパ「!?」

らぁら「してないしてない!そんなことしてないよぱぱ!」

パパ「とりあえず、話を聞かせてくれトルティーヤ」

みれぃ「ええ。私はねこのお店に癒しを求めてやって来たの。超絶可愛い女子小学生が最高のおもてなしをしてくれると聞いてね」

パパ「・・・」

みれぃ「でも、頼んだオムライスがこのざま。あなたはどう思うかしら?」

パパ「・・・」

らぁら「いつも通りのオムライスだよね?ぱぱ」




9 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:26:11.28 ID:PS7PJtAq0



パパ「らぁらトルティーヤ」

らぁら「な、なに?」

パパ「パパがどうしてらぁらにらぁらという名前を付けたか分かるトルティーヤ?」

らぁら「わ、わかんない・・・」

パパ「いつもみんなに優しくて、可愛くて、勉強ができて、運動ができて、人気者で、お金持ちになって家にたくさん仕送りをしてくれて、そしてちょっぴりファザコンになるように願いをこめたんだトルティーヤ」

らぁら「願い多いよっ!っていうからぁらっていう名前とどう関係あるの!?」

パパ「だからな、例えいつもしていないサービスでもお客様の笑顔のためにはしなくちゃならないんだよトルティーヤ」

みれぃ「そうよ」




10 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:27:32.61 ID:PS7PJtAq0



らぁら「な、なんかいい話風にまとめられて釈然としないけど・・・ま、まぁいいよ!やりますよ!」

パパ「わかればよろしいトルティーヤ」

らぁら「あとぱぱさぁ、さっきから語尾がワンパターンになってるよ」

パパ「余計なことは言わんでよろシーチキン!」




11 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:28:19.17 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「はぁ。やっと理解したようね。ほら、ケチャップ取って来てハートマーク書いてよ」

らぁら「ケチャップもうかかってるのにほんとにさらにかけるの・・・?」

みれぃ「ええ。私メガネかけてるから濃い味派なの」

らぁら「メガネと濃い味の因果関係・・・」

みれぃ「ほら、さっさと!」

らぁら「かしこま~!」




12 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:29:17.26 ID:PS7PJtAq0



らぁら「ええっと。なんて言いながらかけるんでしたっけ?」

みれぃ「『みれぃたん好き好き愛してるペロペロしたいおいしくな~れ!』よ」キリッ

らぁら「真顔で何言ってるの!?て言うかさっきとセリフ変わってない!?」

みれぃ「気のせいよ。さ、早く」ワクワク

らぁら「はぁ。しょうがないか」

らぁら「・・・みれぃたん好き好き愛してるペロペロしたいおいしくな~れ!(棒)」

みれぃ「ねぇ!?今言ったこと本当!?私のこと好きって本当!?結婚!?もう結婚するって本当!?赤ちゃん作っちゃう?今?」

らぁら「委員長が言わせたんでしょ。っで言うか、微妙に脚色されてるし・・・」




13 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:30:07.54 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「おいしい!おいしいわ!!らぁらたんがかけてくれたケチャップ最高よ!はぁはぁ・・・スプーンごとぺろぺろぺろぺろ・・・ああぁ、これってよく考えたら間接キスじゃない!?」

らぁら「ちがうよ。私そのスプーン使ったことないもの」

みれぃ「そう言えば、ここのお店はテイクアウトメニューとかないのかしら?」

らぁら「切り替え早っ!」

みれぃ「で、どうなの?」

らぁら「ありますよ。お届けもやってます」

みれぃ「デリもやってるのね」

らぁら「デリ?」

みれぃ「デリバリーサービスよ」

らぁら「ああ!やってますよ!」

みれぃ「今度あなたを指名するわ」




14 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:31:01.96 ID:PS7PJtAq0



らぁら「へ?私が届けるときもあるけど、基本的に指名はできないよ?」

みれぃ「え!?指名なしっておかしいでしょ!?あ、指名料金がいるってこと?」

らぁら「そんなのないよ!」

みれぃ「わからない・・・」ガクリ

らぁら「なんでそんなに絶望してるの・・・?」

みれぃ「ま、まぁ店舗に出向けばいいことだし、そこは我慢しましょう」

らぁら「是非我慢してくださいね」

みれぃ「とりあえず、お土産にお持ち帰りを頼めるかしら?」

らぁら「それならかしこまっ!」




15 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:31:53.35 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「そうね。まずは脱ぎたてソックスとパンツ、あと、抜きたての髪の毛を10本いただけるかしら?」

らぁら「え、え・・・?」

みれぃ「ごめんなさい。説明不足だったわね。パンツとソックスは香りが落ちないように密閉パックしてちょうだい」

らぁら「い、いや、うちは下着屋さんじゃありませんし・・・」

みれぃ「知っているわよ。普通の下着屋さんじゃなくていわゆるブルセラショップなんでしょう?だからこうして使用済みを要求してるんじゃない」

らぁら「ぶ、ぶるせら・・・?使用済み・・・?」




16 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:32:44.47 ID:PS7PJtAq0



らぁら「も、もしかして委員長、ほんとに今私が履いてるパンツと靴下が欲しいの・・・?」

みれぃ「ええ。あと髪の毛も忘れずに」

らぁら「ええっと・・・そういうのは新品を委員長のままに頼んで買ってもらえばいいんじゃない?なにも私の中古じゃなくても・・・」

みれぃ「わかってない!!!!!!!!」

らぁら「ひぃ!」

みれぃ「使用済みに価値があるのよ!」

らぁら「で、でも、汚いし・・・」

みれぃ「らぁらたんに汚いところなんてないわよ!臭いも汚れも含めてクンカクンカペロペロしてやるわよ!私の好きになった人のことを悪く言うのは許さないわよ!!!」

らぁら「わぁ。少女マンガみたいなセリフだ」




17 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:33:32.31 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「ふぅ。ちょっと熱くなってしまったわ。あと、髪の毛も忘れずにね」

らぁら「さっきからちょいちょい要求してくる髪の毛ってなんで・・・」

みれぃ「おまじないに使うのよ」

らぁら「お、おまじない・・・?」

みれぃ「まぁ、その辺は聞く必要はないわ」

らぁら「は、はぁ・・・」




18 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:34:23.21 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「で、お値段は?」

らぁら「いやいやいや。うちはイタリア料理屋さんであって、下着屋さんじゃないよ。だから下着は売れません。あと、髪の毛も」

みれぃ「・・・」

みれぃ「そふぃ」

らぁら「へ?」

みれぃ「そふぃがどうなってもいいって言うの!?」

らぁら「人質作戦!?」

みれぃ「そふぃの家のカレンダー全部12月の分までちぎってやるんだから!」

らぁら「地味な嫌がらせ!」




19 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:35:15.93 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「そふぃだけじゃないわよ」

らぁら「え」

みれぃ「いつもファルルが履いてるクツのヒモをキッツキツに結んでやるんだから!」

らぁら「急いでるときとかにやられると最悪だよ!」

みれぃ「あなたが大切な人たちを守りたいなら・・・わかるわよね?」

らぁら「はぁー。かしこまかしこま」

みれぃ「わかればいいのよ!わかれば!」

らぁら「部屋でパンツと靴下脱いで、ハサミで髪の毛切ってくるから、絶対に――」

みれぃ「のぞいていいかしら!?」

らぁら「そう言うと思ってたけど、当然ダメだよ」

みれぃ「ま、まぁここは妥協しましょう」

みれぃ(と言っておいてあとで・・・)




20 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:35:57.95 ID:PS7PJtAq0



らぁら(こりゃあ、のぞいてくるだろうなぁ)

みれぃ(まぁ、のぞかれることはらぁらたんも読んでいるわよね)

らぁら(ま、向こうも私に読まれてることを前提に動くだろうけど・・・)

みれぃ(だからここは逆に――)

らぁら(そう。裏の裏を読む――)




21 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:36:48.95 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「わー!躓いて真中さんの部屋のドアノブに手をついたらたまたま開いちゃったぷり~」

みれぃ(ここは正面突破!)

らぁら「きゃあああ!見ないでぇぇ!!」

みれぃ(勝っ――!?)

らぁら「委員長。甘いよ」ニヤァ

みれぃ(プールの着替えの時に巻くヤツ・・・!!!!)

らぁら「はい。着替え終了」

みれぃ「えぐっぐずっ・・・」

らぁら(泣くほど悲しかったのかな・・・?)

らぁら「委員長、元気出して!パンツと靴下と髪の毛、パックに入れといたから!」

みれぃ「ぐずっ・・・」




22 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:37:24.37 ID:PS7PJtAq0



らぁら「もー。しょうがないなー」

みれぃ「・・・」

らぁら「よしよし・・・」

みれぃ「あ、らぁらたん・・・」

らぁら「笑ってよ。私は笑顔の南委員長が大好きだよ」

みれぃ「らぁらたん・・・」




23 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:38:08.32 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「そうね!いつまでもウジウジしてるなんて私らしくなかったわね!」

らぁら「うん!」

みれぃ「パンツと髪の毛、ありがとう。これで当分オカズに困らないわ」

らぁら「おかず・・・?」

みれぃ「よし、それじゃあお会計を頼めるかしら」

らぁら「あ、はい。オムライス一つで890円ですよ」

みれぃ「パンツと靴下のぶんは?」

らぁら「・・・サービスでいいですよ」




24 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:38:57.52 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「そう?じゃあ、お言葉に甘えるわ」

らぁら「はい。ちょうどお預かりいたしますね」

みれぃ「おいしかったわ」

らぁら「またお越しくださいね」

みれぃ「ええ。じゃあまた――」




25 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:39:33.24 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「ちょっと待って、大切な用事を忘れていたわ」

らぁら「大切な用事?」

みれぃ「ええ。真中さん・・・いえ、らぁら」

らぁら「は、はぁ」

みれぃ「好きよ。あなたのこと愛してる。私の恋人になりなさい」

らぁら「え、えぇぇぇぇぇっぇぇぇぇ!?」

みれぃ「断ったら・・・そふぃがどうなるか・・・」

らぁら「また人質作戦・・・」




26 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:40:12.66 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「・・・で、どうなの?」

らぁら「・・・」

らぁら「そんなことしなくても付き合ってあげるのに」

みれぃ「え、」

らぁら「委員長はちょっと変態だけど・・・臆病な私にぜんぶを与えてくれた人だから」

みれぃ「・・・」

みれぃ「・・・ぷしゅー」

らぁら「ちょっとみれぃ!?大丈夫!?」




27 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:41:04.22 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「はっ。軽く気を失ってたわ・・・」

らぁら「だいじょうぶ?」

みれぃ「夢じゃない・・・のよね?」

らぁら「夢じゃないよ。ちゃんと、みれぃのこと大好きだよ」

みれぃ「私・・・この想いは届かないからって、どうせなら欲望を全部さらけだして、そしてもう嫌われちゃおうと思って・・・」

らぁら「みれぃ・・・」

みれぃ「絶対・・・ふられると思ってて・・・」

みれぃ「グズッ・・・嬉しい・・・」

らぁら「私がみれぃを嫌いになるわけないじゃん。いつだって大好きだよ」




28 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:41:43.29 ID:PS7PJtAq0



みれぃ「こんな変態でも?」

らぁら「そこは・・・ちょっと改めてほしいかな」

みれぃ「・・・ふふ。そうね」

らぁら「なんか、照れくさいね」

みれぃ「ええ。でも、」

みれぃ「とっても幸せ」


おわり



29 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 09:42:13.60 ID:PS7PJtAq0



駄文を読んで下さった方、もしいらっしゃったのならありがとうございました。
プリパラss少なくて寂しいです。
らぁみれはもちろん、あろみかとか書いてくれる方はいらっしゃいませんか。
待ってます。



関連記事
[ 2016/02/06 21:30 ] プリパラSS | コメント(4)

原作ちっくだけどぶっ飛んだキャラでSSの王道って感じだ
あろみかも書いていいのよ?
[ 2016/02/06 23:22 ] [ 編集 ]

何ヶ所か普通に吹いた
ここ数週のらぁらはみれぃのこと好き過ぎてむしろ逆バージョンも見たい
おねろり最高です
[ 2016/02/07 07:36 ] [ 編集 ]

委員長があの姿でらぁらたんとか言ってるのを想像しただけで堪えきれなかった
[ 2016/02/09 19:38 ] [ 編集 ]

もっとらぁみれSS増えないかな…
[ 2016/03/02 02:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/4990-0a18b872


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ