スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

綾「素直になれる魔法?」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:40:31.44 ID:hvX1df6t0


帰り道


綾(陽子と二人きりの帰り道…… 今日こそ陽子に好きって伝えよう……)

綾「ね、ねぇ陽子……」

陽子「んー?」

綾「わ、私のことどう思う?」

陽子「綾のこと…… そりゃまぁ大切な友達で、いつもわたし宿題見てくれるのほんと感謝してるよ」

綾「あ、ありがと……」





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:41:53.57 ID:hvX1df6t0


陽子「てか急にどしたの?」

綾「え、えっと……」

綾(言おう、言うんだ…… 素直に…… !)

綾「よ、陽子! 私は貴女のこと……」

陽子「あ…… お腹鳴った……」

陽子「綾、良かったらこれから何かご飯食べにいかない?」

綾「……」

陽子「ん、どした?」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:43:52.73 ID:hvX1df6t0


綾「陽子のバカー!」

陽子「えぇー!?」

綾「何でそんなに空気読めないのよ!」

陽子「そ、そっか…… 綾はお腹すいてなかったのか…… 無理に誘ってごめんな」

綾「あ……」

陽子「じゃあまた明日!」

綾「ま……」

綾「うぅ……」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:45:42.27 ID:hvX1df6t0


綾「はぁ……」

綾(何で私ってこんなにひねくれて弱虫な性格なのかしら……)

綾(ほんとは『待って』って陽子のこと呼び止めたかったのに……)

綾(それに告白なんてご飯食べた後でも良かったのに自分のタイミング邪魔されたからって陽子に当たって……)

綾「うぅ…… 何で言いたいことが言えないのかしら……」

綾「いっそ何か…… 素直になれる魔法でもあったなら……」

綾「…… あ」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:47:58.07 ID:hvX1df6t0


何となく立ち寄った雑貨屋さん、そこにあったのは『思ったことが口に出ちゃうチョコ』

まぁこんなのよくあるちょっとしたパーティーグッズみたいなもので、こんなので本当に素直になれる訳無い

だってどう考えたっておかしいでしょ? 思ってることが口に出ちゃうチョコってそんなものがあるわけ……


綾「……」

綾(結局買ってしまった……)



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:49:11.34 ID:hvX1df6t0


綾「ま、まぁちょっと甘いもの食べたいな~って思ってたし、何だかんだ私チョコレート好きだから……」

綾(誰に言い訳してるんだろ……)

綾(えーっと…… 『このチョコレートは1粒食べるだけで思ったことかつい口に出てしまう魔法のチョコレートです』)

綾(『食べてから6時間後から効果が表れて、その17時間24分後に消えます』 やたら細かいわね……)

綾(今が5時くらいだし、明日の5時半くらいに効力が切れるってことか)

綾「何本気にしてるのよ私……」

綾「ん…… このチョコレート美味しいわ……」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:50:01.22 ID:hvX1df6t0


次の日 朝


綾「はぁー、昨日『バカ』って言ったこと陽子にちゃんと謝らないと……」

綾「いくら陽子がおおらかな女の子だからって、こういっつも当たってばかりじゃきっとストレスも貯まってるはずよね」

綾「うん、今までの分もちゃんと謝ろう!」


忍「おはようございます、綾ちゃん」

アリス「おはよう、アヤ」

綾「おはよう、二人とも今日はちゃんと起きられたのね」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:50:27.70 ID:hvX1df6t0


アリス「うん! 早起きして朝ご飯に食べる納豆はおいしいよね~」

綾「ふふっ、やっぱりアリスは日本人より日本人らしいわね」

アリス「そんなことないよ~」

綾「あるわよ、納豆なんて日本人でも好みが別れる、っていうか私は納豆は嫌いよ」

アリス「そ、そうなんだ……」

忍「今日はずいぶんストレートですね」

綾「そうかしら? 思ったことを言っただけなんだけど……」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:51:10.80 ID:hvX1df6t0


カレン「オハヨーゴジャイマース!」

忍「おはようございます、カレン」

綾「カレン、ずっと思ってたんだけどなんで『ゴジャイマース』なの? 他の部分はともかく『ジャイ』って何?」

アリス「言われてみれば……」

カレン「考えたこともなかったデース」

忍「今日の綾ちゃんはよく喋りますね」

綾「そうかしら?」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:51:39.24 ID:hvX1df6t0


忍「はい、綾ちゃんはよく顔を真っ赤にして黙ってることがありますよ」

綾「そ、そうなの!?」

綾「…… それにしても陽子遅いわね、何かあったのかしら…… 心配だわ」

アリス「え?」

綾「え? 私何か変なこと言った?」

アリス「え、いや……」

カレン「綾が陽子のこと素直に心配するのなんて変デス」

綾「そんなこと無いわよ」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:52:22.82 ID:hvX1df6t0


陽子「ごめーん! 遅れちゃったー!」

忍「陽子ちゃん、おはよ

綾「遅い! 何してたのよ陽子!」

カレン「あ、いつものアヤヤデス」

綾「もしかして陽子が事故にでもあったんじゃないかって心配だったんだから……」

アリス「いつものアヤじゃないよー!」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:53:17.46 ID:hvX1df6t0


陽子「いやぁ…… 朝ご飯食べた後なんかお腹空いちゃって、今日のお弁当まで食べちゃったらいつの間にかこんな時間になってて……」

綾「そんなバカバカしい理由だったの!? 心配して損した……」

陽子「あはは、ごめんごめん でも心配してくれてありがとな」

綾「心配するのは当たり前じゃない…… 私、陽子のことが好きなんだから……」

陽子「え」

アリス「あ」

カレン「ダイタンな告白デース」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:54:06.80 ID:hvX1df6t0


綾「あああ……」

綾「わ、私何言ってるのよ! 陽子のこと好きなんて…… こ、こんなところで言うことじゃないでしょ!?」

アリス「だ、大丈夫、綾? 何か変なものでも食べたの?」

綾「変なもの…… あっ! まさか……」

忍「心当たりがあるんですか?」

綾「昨日チョコレートを食べたのよ! 『思ったことが口に出ちゃうチョコ』」

陽子「ああ、よくあるパーティーグッズの奴ね」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:54:40.20 ID:hvX1df6t0


綾「それが効果出ちゃったのよ! だから今私は思ったことをそのまま素直に口に出しちゃってるんだわ!」

陽子「そ、そんなバカな……」

カレン「アヤヤの様子が変だったのはそのチョコのせいデスか?」

綾「そうよ! そうに違いないわ!」

アリス「あわわわ……」

忍「…… ということは」

陽子「ん? どした忍」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:55:07.05 ID:hvX1df6t0


忍「今綾ちゃんが素直な気持ちを話してるってことは、さっき陽子ちゃんのことが好きって言ったのもほんとの気持ちなんですね」

陽子「あぁ、確かに」

綾「」

忍「綾ちゃんも陽子ちゃんも凄く仲良しですもんね」

綾「」

カレン「アヤヤ、無言で固まってマス」

陽子「あ、綾! 大丈夫かー!?」

忍「なるほど、絶句してしまった時は無言になるのですね」

陽子「いや冷静すぎだろー!」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:56:05.16 ID:hvX1df6t0


綾たちの教室


綾「朝はあまりの恥ずかしさに気絶してしまったわ……」

綾「それにしても思ったことが全部口に出ちゃうなんて厄介ね…… 取り敢えず今はマスクしてるけど……」

綾「このままじゃ何回『陽子のことが好き』って言っちゃうことか……」

カレン「アヤヤ、今の心の中での呟き 全部漏れてマス」

綾「あー! もうどうすればいいのよー!」

綾「無心よ、無心! 陽子のことなんて考えちゃダメよ!」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:57:35.61 ID:hvX1df6t0


カレン「『考えちゃダメ』って考えた時点で声に出ちゃってるデス」

綾「あーーーーー!」

忍「あ、綾ちゃんが大変そう…… な、何かわたしに手伝えることがあったら……」

綾「それよ! しのみたいに何事にも動じない穏やかな心を持てばいいんだわ!」

綾「しの! どうすればしのみたいなこけしになれるの!?」

カレン「何気に酷いこと言ってるデース」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:58:02.11 ID:hvX1df6t0


授業中


久世橋「えー、今日の授業では……」

「無心無心無心無心無心無心無心」

久世橋「九条さん、授業中のお喋りはダメだっていつも……」

カレン「ち、違いマース! 濡れ衣デース!」

久世橋「あれ…… じゃあ誰が……」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 18:59:24.45 ID:hvX1df6t0


綾「無心無心無心無心無心無心無心」

久世橋「こ、小路さん…… ?」

綾「無心無心無心無心無心無心無心」

忍「あ、綾ちゃんは今読経の修行中で……」

久世橋「そ、そうなの……」

綾「無心無心無心無心無心無心無心」

久世橋「し、静かにね……」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:00:34.59 ID:hvX1df6t0


お昼


綾「あー! これじゃ陽子に変な子だって思われて嫌われちゃうじゃない!」

忍「な、何か治す方法は……」

綾「そう言えば…… 確か最初に食べてから23時間24分後に効果が切れるって……」

綾「でも食べたのは昨日の6時くらいだから…… 結局今日の夕方までずっとこのままじゃない!」

忍「あ、これがそのチョコですね」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:01:24.44 ID:hvX1df6t0


アリス「シノー!」

忍「アリスー!」

陽子「おっす、遊びに来たぞー 綾ー!」

綾「陽子! 来てくれて嬉しいわ!」

綾「って何言わせるのよ!」

カレン「一人でボケてツッコミしてマース」

穂乃花「あ、綾ちゃん大丈夫…… ?」

綾「わ、私も好きでこうなってるわけじゃ……」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:02:15.33 ID:hvX1df6t0


カレン「そうだ! 面白いこと思い付いたデス!」

カレン「アリス、アヤヤに抱きついてみてください」

アリス「え、うん」

綾「アリスはいつも可愛いわね」

カレン「次はヨーコ」

陽子「こうか?」

綾「ちょ…… み、みんな見てるのに……」

カレン「AHAHAHA!」

綾「ちょっとカレン!」

忍「このチョコレートおいしいですね~」

アリス「シノ!? それ食べちゃダメな奴だよー!」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:03:08.31 ID:hvX1df6t0


綾「も、もう陽子は私に近付かないで! 陽子が近くに居たら私変なことばっかり口にしちゃう……」

陽子「えっ…… まぁ綾がそう言うなら……」

綾「あっ……」


綾「思ったことが口に出ちゃうはずの私、だけど何故かこの時は言い淀んでしまった 多分それは陽子の憂いを帯びた顔を見てしまったから」

綾「今の私の感情は後悔、自責、戸惑い」

綾「素直になれば全て上手くいくと思っていた、それなのに実際は素直になったって私は私のまま、不器用なところは何も変わってなくて……」

アリス「あ、アヤ……」

カレン「そのモノローグもだだもれデース」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:03:44.36 ID:hvX1df6t0


帰り道


忍「ここでお別れですね」

アリス「みんな、また明日!」

カレン「さらばデース! また会うときは敵同士デス……」

陽子「また何か変なのに影響受けてるな……」

陽子「綾は…… やっぱ別々に帰った方が」

綾「一緒に帰りたいわ!」

陽子「そ、そっか……」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:05:00.82 ID:hvX1df6t0


綾「…… 冷静に考えれば今の状況ってチャンスじゃない?」

綾「陽子と二人きりだし、今変なことを口にしちゃっても全部チョコのせいに出来るし……」

陽子「綾ー、全部漏れてるぞー」

綾「昨日のことを謝って、それと昨日言えなかったあのことも……」

陽子「昨日のこと?」

綾「陽子! 私、貴女に伝えたいことがあるの!」

陽子「何?」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:05:42.43 ID:hvX1df6t0


綾「昨日、怒鳴っちゃってごめんなさい」

陽子「あぁ、気にしないでいいって別に」

綾「それだけじゃないわ、私普段から陽子に怒ってばっかりで…… 本当にごめんなさい!」

陽子「ははっ、だからそんなに謝らなくて大丈夫だって」

陽子「わたしいつもガサツで気が利かないだろ? そういうところをしっかり注意してくれる綾のこと、いつも感謝してるよ」

綾「陽子!」

陽子「わわっ、綾から甘えてくるなんて珍しいな」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:06:41.34 ID:hvX1df6t0


綾「もう一つ、言いたいことがあるの…… 聞いてくれる?」

陽子「うん、いいよ」

綾(今までずっとチョコに振り回されて来たけど、なんだかんだで最後は役に立ったじゃない)

綾(こうやって思ってるだけで素直に陽子と話せる…… なんて楽なのかしら)

綾(後は陽子に『好き』ってそう伝えるだけ……)

陽子「綾ー」

綾「何かしら?」

陽子「さっきから抱きついたまま黙ってるけどさ…… ちょっと恥ずかしいかなって……」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:07:16.97 ID:hvX1df6t0


綾「えっ……」

陽子「いやぁ…… その……」

綾「あああ……」

綾「キャー!」

陽子「いたっ! いきなり突き飛ばすなよー!?」

綾(よ、陽子に抱き付いてるなんて意識したらもう…… 嬉しいけどわざわざ口に出さなくてもいいじゃない!)

綾(あ、あれ……? そう言えば私何でさっきから思ったことがすぐに口に出てないのかしら……)



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:08:08.59 ID:hvX1df6t0


綾「…… あっ!」

陽子「どしたの?」

綾「チョコの効果が切れたんだわ……」

陽子「あーそっかそっか、だからさっきから急に黙りだしたのかー」

綾「さ、さっきまでの私そんなにお喋りだったかしら……」

陽子「うん、凄く」

綾「うぅ……」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:08:41.67 ID:hvX1df6t0


陽子「まぁいいじゃん、なんにしろ綾が元に戻ったみたいで良かった良かった」

綾「そうね…… ずっとあのままだったら大変だったわ……」

陽子「さっきまでの綾、見てて結構面白かったぞ?」

綾「っ…… ! や、やめてよ!」

陽子「ははっ、ごめんごめん」

綾「もう……」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:09:35.68 ID:hvX1df6t0


綾(て、そうじゃないでしょ!? せっかく陽子に告白出来るチャンスだったのにこのままじゃ何もなく終わっちゃうじゃない!)

綾(陽子が帰っちゃう…… 呼び止めないと……)

綾「よ、陽子!」

陽子「ん?」

綾「ま、待って…… もうちょっとだけ……」

綾(うぅ…… なんでこんな弱気になっちゃうの……)

綾(やっぱりあのチョコが無いとダメなの…… ?)



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:10:26.11 ID:hvX1df6t0


陽子「綾?」

綾「……」

陽子「なんでそんなに暗い顔して震えてるんだよ?」

綾「うぅ……」

陽子「…… もう一つ、言いたいことがあるんだろ?」

綾「…… うん」

陽子「綾がそれ言えるまで待っててあげるから」

綾「陽子……」



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:11:04.18 ID:hvX1df6t0


綾「ねぇ陽子、今度は陽子からぎゅってして欲しいんだけど……」

陽子「うん、いいよ」

綾「……」

綾(陽子にこうされたら…… もう一つしか言葉が出てこないわ……)

綾「陽子」

陽子「んー?」

綾「好き……」

陽子「ふふっ、わたしも綾のこと好きだよ」



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 19:12:16.58 ID:hvX1df6t0


その夜 チョコレートを食べちゃった大宮忍ちゃん


アリス「シノー! 夕御飯出来たってー」

忍「」

アリス「ん? 一人でぶつぶつ何言ってるの?」

忍「金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪」

アリス「」

忍「金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪」

アリス「今度はシノが変になっちゃったよー!?」


おわり



関連記事

なんだかんだ言って素直に想いを伝えられる方が可愛いんだよね

ちゃんとオチもあって良かった
[ 2016/04/23 13:54 ] [ 編集 ]

是非他の皆さんにも食べていただきたいですねぇ
[ 2016/04/23 18:10 ] [ 編集 ]

忍はいつも通りじゃねえか!
[ 2016/04/24 04:12 ] [ 編集 ]

いい陽綾だった
[ 2016/04/24 11:11 ] [ 編集 ]

いつもの忍じゃねぇか!
[ 2016/04/28 11:44 ] [ 編集 ]

いいssだね
最後伝わったのに伝わりきれてないのが切なくていいのー
文学的モノローグアヤヤが笑える
[ 2016/05/04 01:15 ] [ 編集 ]

大層乙
[ 2016/05/04 14:09 ] [ 編集 ]

もしかして管理人被災したのか?
もしそうならお大事に
そうじゃないならなんか更新してくれ
ちょっと心配でそわそわする
[ 2016/05/05 01:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5084-957195cf


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。