スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

後輩「……」 先輩「……なにしてんの?」

1 : ◆TMTTBwd/ok 2016/05/09(月) 20:36:15.30 ID:stXpQZ5j0


以前書いたSSのリテイク版です。

よろしくお願いします。



3 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 20:38:17.28 ID:stXpQZ5j0


昼休み 屋上

後輩「女の子が目を瞑ってるんですよ? 答えは明らかですよね」

先輩「……なんとなくわかるけど、教えてくれる?」

後輩「仕方ないですね。特別に教えてあげます。キスを待ってたんですよ」

先輩「……はぁ? なんでそうなるの?」

後輩「さぁ、私の唇を奪ってください!」

先輩「……」

後輩「何を躊躇してるんですか!」

先輩「……」

後輩「もう、私からしちゃいますからね!」

先輩「死にたいならいいよ」





4 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 20:43:25.82 ID:stXpQZ5j0


後輩「先輩のいじわる……」

先輩「いつまで、そうやって拗ねてるの?」

後輩「先輩がキスしてくれるまで、です……」

先輩「……面倒くさいなあ」

後輩「なんでダメなんです。付き合ってないからですか?」

先輩「それ以前の問題かな」

後輩「えっ?」

先輩「私もあなたも女だからよ」



5 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 20:44:55.08 ID:stXpQZ5j0


後輩「……好きな人がたまたま女性だった。それのなにが悪いんですか?」

先輩「悪くはないけど……」

後輩「自分の気持ちにウソつきたくないんです」

先輩「後輩……」

後輩「だからキスしてください! いえ、もう抱いてください! 明日、疲れ果てて動けないくらい激しく抱いてください!」

先輩「落ち着け! この変態!」



6 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 20:47:47.28 ID:stXpQZ5j0


後輩「ごべんなざい……」

先輩「ほんと、いい加減にしなさいよ」

後輩「はい……」シュン

先輩「……まぁ、好意を示されるのは悪い気はしないけどさ」

後輩「! せんぱーい!」ギュウ

先輩「重い!」

後輩「いいじゃないですかー」

先輩「……少しだけよ」

後輩「わかってますって」スリスリ

先輩「まったくもう……」ナデナデ



7 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 20:50:57.56 ID:stXpQZ5j0


先輩友「やっほー」

先輩「ゲッ……」

後輩「あ、友先輩じゃないですか」

先輩友「おー、女ちゃん。今日もラブラブだねー」

先輩「違うってば!」

後輩「えへへ」デレデレ

先輩「あんたもニヤニヤすんな! 違うんだから!



8 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:00:34.26 ID:stXpQZ5j0


先輩「ほら、離れて」

後輩「なんでですかー」

先輩友「そうだよー。私に隠すことないじゃん」

先輩「だから、違うんだってば!」

先輩友「えー。でもさ、昼休みに屋上で抱き合ってるなんてそういうことじゃないの?」

後輩「そういうことですよ」

先輩「ちょっと! 本当に勘違いされたらどうするのよ!」

後輩「別に私は構いませんよ?」

先輩友「そうそう。セックスなんて誰だってするんだしさ。」

先輩「セ、セックス!?」

先輩友「えっ? 違うの?」

先輩「当たり前でしょ! 後輩も否定しなさいよ!」

後輩「先輩と青姦……。素敵……」ニヤニヤ

先輩「この変態共!」



9 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:07:10.12 ID:stXpQZ5j0


先輩友「ごめんごめん。対面座位で抱き合ってたから、勘違いしちゃったよ」

先輩「どうしたら、そう勘違いできるのよ……」

先輩友「普通だよ」

後輩「普通ですね」

先輩「……女同士なんだけど」

先輩友「関係ないでしょ」

後輩「ですよねー」

先輩友&後輩「ねー!」

先輩「棒がついてないから対面座位じゃできないわよ!」

先輩友「いや、道具を使えばどうとでもなるでしょ」

後輩「ホント先輩はうぶなんだから」

先輩「駄目だこいつら……」



10 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:10:40.94 ID:stXpQZ5j0


先輩「はぁ……」

先輩友「ため息ついたら駄目だよ。幸せが逃げちゃうよ」

先輩「誰のせいよ……」

後輩「そういえば、友先輩はなにしに来たんですか?」

先輩友「ああ、そうだ。後輩ちゃんに放課後、会議があるって伝えにきたの」

後輩「会議?」

先輩友「うん。委員会の会議」

後輩「そんなぁ……」

先輩友「なんか用事あるの? あるなら休んでもいいけど」

後輩「先輩とデートの約束が」

先輩「ないわよ」



11 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:16:12.59 ID:stXpQZ5j0


先輩「ちゃんと出席しなさい」

後輩「先輩、待っててくれるなら……」

先輩「嫌よ。私、勉強しなきゃいけないんだから」

後輩「えっ? 期末試験はまだまだ先ですけど」

先輩「……私、3年生なんだけど」

後輩「先輩、期末試験の時期は学年によって変わったりしませんよ」

先輩「そういう意味じゃない」



12 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:23:12.04 ID:stXpQZ5j0


先輩「受験生ってことよ」

後輩「ああ。そういうことですか」

先輩「だから、悪いんだけど、これからはあんまり遊んだりできないからね」

後輩「……ちょっと待ってください。付属の大学に進学するんだから、そんなに勉強する必要ないですよね?」

先輩友「えっ……?」

先輩「……」

後輩「あやうく騙されるところでしたよ。まったく。こんなウソに騙されるほど、私はバカじゃないですから!」

先輩友「ち、ちょっと、後輩ちゃん……」

後輩「なんですか?」

先輩友「えっと、その……」

先輩「……気が向いたら待っててあげる」

後輩「ホントですかー!?」

先輩「気が向いたらよ」

後輩「そんなこと言わないで、ちゃんと待っててくださいよ!」

先輩「さあ、どうかしらね」

先輩友「……」



14 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:27:02.40 ID:stXpQZ5j0


後輩「先輩、ちゃんと待っててくださいね!」

先輩「わかったから、早く行きなさい。授業遅れるわよ」

後輩「先輩がキスしてくれないと……ごめんなさい。ちゃんと行きますから、そんな怖い顔しないでください……」

先輩「まったく……」



15 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:31:53.67 ID:stXpQZ5j0


先輩「私たちも行こうか」

先輩友「……後輩ちゃんに言ってないの?」

先輩「……そのうち言うわよ」

先輩友「もしかして、後輩ちゃんの気持ちに応えてあげないのは……」

先輩「そのことは関係ないから。私とあの子は女の子同士よ? 恋愛感情が湧くはずがないわ」

先輩友「……本当にそう思ってる?」

先輩「……思ってるわよ」

先輩友「そう……」



16 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:34:30.12 ID:stXpQZ5j0


放課後
先輩友「後輩ちゃん、ちょっといいかな……?」

後輩「なんでしょう?」

先輩友「昼休みのことなんだけど……」

後輩「ああ、そのことですか。私、気にしてませんよ」

先輩友「えっ! 後輩ちゃん知ってたの!?」

後輩「もちろんですよ。先輩のことなら、顔を観ればわかります」

先輩友「そ、そうなんだ。でもさ、教えてもらえないって辛くない?」

後輩「そんなことないですよ? むしろ、どうやって言わせようか考えるとワクワクしますね」

先輩友「まぁ、そのうち話すとは思うんだけどね……」

後輩「どうでしょう。先輩は頑固ですからねー。そう簡単に口を割るとは思いません」

先輩友「確かに……」

後輩「ですが、わたしの愛の力で先輩の閉じた心をこじ開けてみせます」

先輩友「後輩ちゃん……。そうだね。後輩ちゃんならきっと……」

後輩「ええ。必ず『キスして……』と言わせてみせます」

先輩友「……えっ?」

後輩「帰り際、あんなにわたしの唇を物欲しそうに見つめるんですもん。そろそろ我慢できなくなってきた証拠です」

先輩友「……」

後輩「友先輩もそう思いますよね?」

先輩友「……そんなこと思うわけないでしょうが!」ベシッ

後輩「な、なにするんですか!」



17 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:39:25.44 ID:stXpQZ5j0


後輩「いきなり叩くなんて酷いじゃないですか! 先輩に言いつけちゃいますからね!」

先輩友「もっと強く叩かれるだけだと思うけどね……」

後輩「それはそれで興奮しちゃいますね」

先輩友「……確かに」

後輩「ですよね!」

先輩友「うん。それでさ、「叩かれて興奮するなんて、本当に変態ね」なんて蔑んだ目で言われたりなんかしたら、たまんないよね」

後輩「いいですねそれ! 今晩のおかずにしよう!」

教師「おい変態共、会議を始めるから卑猥な話をやめろ」



18 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:42:36.15 ID:stXpQZ5j0


会議後 職員室
教師「今後は会話の内容には気をつけるように」

後輩「……わかりました」

教師「うむ。……もうこんな時間か。長いこと説教して悪かったな。もう帰っていいぞ」

後輩「失礼しました……」

教師「あ、ちょっと待て」

後輩「まだなにか?」

教師「この後、会う約束してるのか?」

後輩「先輩とですか? 約束はしてますけど……」

教師「そうか。良かったら、これを渡しておいてくれないか」

後輩「……大学のパンフレット?」



19 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 21:50:56.62 ID:stXpQZ5j0


後輩「……」

先輩「ずいぶん遅かったわね」

後輩「……先輩」

先輩「一体、どんな議題だったのよ。……って、なんであんた泣いてるの!?」

後輩「これ……」

先輩「どうして、あんたが持ってるの……」

後輩「先生に渡してくれって頼まれたんです」

先輩「そう……」



20 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:10:14.69 ID:stXpQZ5j0


後輩「……」

先輩「……ごめん」

後輩「それはなんの謝罪ですか? 付属の大学じゃなくて、ここから遠い大学に進学することですか?」

先輩「……うん」

後輩「そんなことはどうでもいいですよ。わたしが悲しいのは、そのことを秘密にされていたことです」

先輩「そ、それは……」

後輩「どうして教えてくれなかったんですか……」

先輩「……あなたを苦しめてしまうから」

後輩「だから、わたしは先輩がどんな進路を選んでも受け入れる覚悟は……」

先輩「そうじゃないの……」

後輩「えっ……?」

先輩「……あなたに私の進路を伝えるとき、間違いなく私はこう言うわ、「卒業するまでの間、私と付き合ってほしい」って」




21 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:16:11.02 ID:stXpQZ5j0


後輩「……」

先輩「ずっとあなたが好きだった。でも、その気持ちは言わないつもりでいた。けど、進路を決めて、卒業すればあなたと会えなくなるって思ったとき、せめて卒業までの間はあなたを独占したいっていう欲望が大きくなって……」

先輩「あなたに私の進路を知られれば、その欲望は抑えきれなくなる。だから、言えなかったの。私の歪んだ欲望であなたを苦しめたくなかったから……」



22 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:18:52.26 ID:stXpQZ5j0


後輩「……それでも教えてほしかったです。まぁ、その告白は受けいれませんけどね」

先輩「……そうよね」

後輩「だって、卒業まででいいんですか?」

先輩「でも、卒業したら会う機会なんて……」

後輩「会いたくなったら、会いに行けばいいんですよ」

先輩「えっ……」

後輩「わたしと付き合ってください。卒業までの間なんて言わず、いつまでもわたしの彼女でいてください」



23 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:31:33.11 ID:stXpQZ5j0


先輩「でも、そんな……」

後輩「大丈夫ですよ。愛さえあれば。それとも、先輩はわたしのことそんなに好きじゃないんですか?」

先輩「ううん。大好き。他とは比べられないくらい大好き……」

後輩「なら、なにがあっても平気です。わたしも先輩のことが大好きですから」

先輩「……馬鹿」ギュ

後輩「馬鹿なわたしは嫌いですか?」

先輩「……大好き」ギュウ



24 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:37:58.41 ID:stXpQZ5j0


先輩「……ねぇ」

後輩「なんですか?」

先輩「……」

後輩「……」

先輩「……」

後輩「……なんで目瞑ってるんですか?」

先輩「そ、そんなの決まってるじゃない! 意地悪言わないでよ!」

後輩「えー? だって、本当にわかんないんですもん。ちゃんと言ってください」

先輩「言ったらしてくれるの?」

後輩「なにをするのかはわかりませんけど、ちゃんと教えてくれればしてあげますよ?」

先輩「私……ください」

後輩「聞こえません」

先輩「そんな……」

後輩「もっとはっきりと」

先輩「……抱いてください」

後輩「よく言えまし……抱いて?」

先輩「そうよ! 私があなたのことしか考えられなくなるくらい激しく抱いてほしいの!!」



25 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:39:22.83 ID:stXpQZ5j0


後輩「いま、抱きしめてますけど……」

先輩「そういうことじゃないことくらいわかるでしょ!?」

後輩「……ここ学校ですけど?」

先輩「何よ! 昼休みには、私と青姦する妄想してたような変態のくせに!」

後輩「いまの先輩に変態とか言われたくないです」



26 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:48:21.16 ID:stXpQZ5j0


先輩「ちゃんと言えばしてくれるって約束してくれたじゃない!」

後輩「まさか、こんな斜め上の要求をされるとは思ってなかったので……」

先輩「女の子が抱きついて目を瞑ってるのよ? これ以外考えられないわ!」

後輩「……」



27 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:49:20.70 ID:stXpQZ5j0


先輩「ちゃんと約束は果たして貰うからね! 私の家に行くわよ」

後輩「はぁ……」

先輩「なによ? まさか、しないっていうの!?」

後輩「うーん。してもいいんですけど、その前にしなきゃいけないことがあるんですよ」

先輩「……そんなこと言って、逃げるつもりでしょ?」

後輩「いえ、この場ですぐに済むことですから」

先輩「なによ、それ……」

後輩「こういうことです」ニコッ

先輩「えっ?」

後輩「……」チュッ

先輩「あ……」カァァ

後輩「さぁ、行きましょう。今夜は寝かせませんよ?」







END



28 : ◆LbeDggmp36 2016/05/09(月) 22:49:47.96 ID:stXpQZ5j0


以上です。
ありがとうございました。



関連記事
[ 2016/05/10 07:00 ] オリジナルSS | コメント(7)

ブラボー!おぉブラボー!
最高だぜー!!
すごいよかった!!
[ 2016/05/10 17:09 ] [ 編集 ]

ほほう
先輩さんはツンデレさんでしたか
いや、まあ知ってましたけど
バレバレですけど
[ 2016/05/10 18:23 ] [ 編集 ]

最高かよ
[ 2016/05/10 20:52 ] [ 編集 ]

素敵。
でも個人的にはリテイク前のほうが好きかな
[ 2016/05/10 21:27 ] [ 編集 ]

リテイクされる前のはなんて題名なの?
[ 2016/05/10 23:28 ] [ 編集 ]

やっぱオリジナル百合いいな!
[ 2016/05/10 23:42 ] [ 編集 ]

やったわ。
[ 2016/06/13 03:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5097-1360aece


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。