【モバマス】乃々「フレンチキスが気になって仕方ない……」ドキドキ

1 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:29:58.37 ID:CqwK6SPH0


キャラ崩壊注意
百合レズ注意



輝子「な、なんだそれ?」

乃々「フレンチを調べてる時に知ったんですが……」

乃々「一言で言うとディープキスです」

輝子「ディ……///」

乃々「私も年頃の女の子なので、意識して以来、夜もろくに眠れません///」

乃々「だから輝子さん……どうですか?」ズイ

輝子「わ、私たちはアイドルだし……女の子同士、だし……///」アワワ

乃々「『女の子同士ならノーカン』――常識ですよね?」

輝子「はわわ///」プシュー





2 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:31:55.30 ID:CqwK6SPH0


まゆ「どうしましたかぁ?」ヒョイ

乃々「あ、まゆさん」

輝子「……そ、そうだ! まゆだ!」

輝子「こういうのは年上のまゆに、そ、相談するべき……フヒヒ……!」

乃々「輝子さんも年上なんですけど……」

まゆ「あの、何があったんですか?」

乃々「実はかくかくしかじかでして……」

まゆ「フレンチキスですかぁ」

まゆ(そ、想像以上に大胆な話題でした///)ドキドキ



3 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:32:58.50 ID:CqwK6SPH0


乃々「まゆさんは経験ありますか?」

まゆ「いいえ、キス自体まだですねぇ」

まゆ「でも、来る日に備えて、自分で練習しているんですよ?」

乃々「まゆさん大人!」

輝子「な? な? まゆの方がふさわしい! まゆに頼もう! まゆに! な?!」アセアセ

乃々「輝子さん、慌てすぎですよ」

輝子「フヒィ……」(´・ω・`)

まゆ「そんなにフレンチキスがしたいんですか?」

乃々「はい、眠れなくなるほど」

まゆ「そ、そこまで……」



4 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:34:38.25 ID:CqwK6SPH0


まゆ「……」

まゆ「分かりました」

まゆ「私で良ければお相手します」

乃々「ありがとうございます」

まゆ「ところで乃々ちゃんは、キスの経験は?」

乃々「あ、いえ……サッパリです」

まゆ「そうですか……」

まゆ「それじゃ、練習中の私が、リードしなくちゃいけませんねぇ」グイッ

乃々「ぁ……///」キュン

まゆ「はい……かたくならずに、リラックスして……」

乃々(顔が近い……やっぱりまゆさんは可愛いです……///)



5 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:35:30.61 ID:CqwK6SPH0


まゆ「輝子ちゃんも、ちゃんと見ていてくださいね?」クスクス

輝子「ひゃ、ひゃい……!」ビクッ

乃々(嗚呼、私は今日から、まゆさんを御姉様と呼び慕う、百合久保になるんですね……)

まゆ「乃々ちゃんは、感じたままに動いて良いですから」

乃々「はい……よろしくお願いしましゅ……///」

まゆ「うふふ」

乃々(あわわ)

輝子(はわわ)



6 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:36:04.96 ID:CqwK6SPH0











まゆ「ふわぁ……vV」トローン

輝子「おいまゆ(おこ)」



7 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:37:59.67 ID:CqwK6SPH0


輝子「どうしてまゆがトロけたんだ……」

まゆ「だ、だって……」

まゆ「乃々ちゃん――いいえ、御姉様が上手すぎて///」ポッ

乃々「まさか、私が御姉様と呼び慕われるなんて……」

輝子「それで……どうだったんだ?」

乃々「フレンチキス……良いですねっ」フンフン

乃々「こんなに幸せな気持ちになれるとは、思っていませんでしたっ」フンフン

乃々「皆さんも、もっともっとフレンチキスするべきですよっ」フンフン

輝子「こ、こんなに興奮した乃々……初めて見る……!」



8 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:38:49.60 ID:CqwK6SPH0


まゆ「御姉様。是非輝子ちゃんにも、フレンチキスの素晴らしさを伝えるべきです」

乃々「そうですね、私も同じことを考えていました」

まゆ「嗚呼、御姉様と心が一つだったなんて……まゆ、嬉しいです///」

輝子(や、やばい……)ガタガタ

輝子(ここは逃げなきゃ……)ソローリ

乃々「まゆさん」

まゆ「はい御姉様♪」ガシッ

輝子「うおぉ……! 10㎝以上の身長差が……!」ジタバタ



9 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:39:39.03 ID:CqwK6SPH0


乃々「輝子さん、落ち着いてください」

乃々「ただ私と口づけを交わす――それだけですよ?」アゴクイッ

輝子「ぁ……///」キュンッ

輝子(こうして見ると乃々って、可愛いな……///)ドキドキ

乃々「キスさせてください、輝子さん?」

輝子「は、ぃ……お願い、します……///」

乃々「ふふ」

輝子(あぁ~……///)



10 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:40:16.74 ID:CqwK6SPH0











乃々「ふわぁ……vV」トローン

輝子「おい乃々(おこ)」



11 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:41:23.78 ID:jJ9ELwfl0


乃々「輝子ひゃんの舌……きもひいぃ……」ゾクゾク

まゆ「そんな……あの御姉様が……!?」ガクブル

まゆ「まさか輝子ちゃんが、フレンチキスの女帝だったなんて……!」ガクブル

輝子「な、なんだそれ(困惑)」

輝子「でも、本当だ……」

輝子「キス……気持ちよかった」

輝子「も、もう1回……しようかな?」チラッ

まゆ「ひっ」



12 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:42:48.44 ID:jJ9ELwfl0


輝子「どうしたまゆ?」

輝子「さ、さっきまで、私を押さえつけていたのに……」

輝子「あの力は、どうしたんだ?」ニヤニヤ

まゆ(あぁぁ……私の体が、理解してしまいました……)

まゆ(体を許す本当の御姉様が、輝子ちゃんなんだってことに……!)ゾクゾク

輝子「乃々とまゆには……か、感謝してる」

輝子「本当の私を、解放してくれたから……な」

輝子「こ、こんなに清々しい気持ち、初めてだ……!」カベドンッ

まゆ(あ……もう、逃げられない……)キュン



13 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:43:39.22 ID:jJ9ELwfl0


輝子「まゆ、いい匂いがする……」スンスン

まゆ(ああぁ~……こんなに近くで、私を吸われてる……///)

まゆ(輝子ちゃんの凛々しい顔が、こんなに近付いて……///)

輝子「そりゃ、乃々も……反抗できなくなるな」

まゆ「あわわ……」

輝子「……こ、これでまゆにキスしたら……」

輝子「私も……り、り、リア充……かな?」

まゆ「は、はい……そうだと、思います///」

輝子「それならまゆ……私とキス、しよう」

まゆ「お、お願い、しましゅぅ……///」プスプス



14 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:44:17.02 ID:jJ9ELwfl0











輝子「ふわぁ……vV」トローン

まゆ「輝子ちゃん(おこ)」



15 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:45:15.21 ID:jJ9ELwfl0


まゆ「何で私のキスで負けちゃうんですかぁ?」

輝子「ご……ごめん///」ドキドキ

乃々「何なんですか、このフレンチキス三竦みは……」

まゆ「でもこれじゃ、フレンチキスの女帝が決まらないですねぇ」

輝子「早く……み、見つけないと」

乃々「さっそく目的を見失ってるんですけど……」









美玲「……あッ! こんなところにいたのかッ!」ガララ



16 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:46:27.44 ID:jJ9ELwfl0


美玲「今日はインディヴィの話し合いをするって言ってただろ?! 何時だと思ってるんだッ!」ガルル

乃々「ぁ……もう、こんな時間……」ハァ...ハァ...

輝子「ゴメンな、美玲……」ハァ...ハァ...

まゆ「引き止めてしまって、ゴメンなさいね?」ハァ...ハァ...

美玲「……えっ何で盛ってるんだオマエら?」ドンビキ

乃々「フレンチキスをしていました」

美玲「き!? き……き、しゅ……///」カアァ

輝子「そこに、唇があるから……フヒ」

美玲「何も訊いてねぇよッ!!!!」



17 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:47:12.87 ID:jJ9ELwfl0


美玲「だ、ダメだぞ……ウチらはアイドルなのに……!!」アワワ

美玲「その、キ……きs、き、き……アレとかさッ!!」

乃々「……もしかして『キス』って言えないんですか?」

美玲「へっ!? そ、そそそ、そんなワケないだろ!! k、き、ks、ききき……///」カァ

輝子「キスを口に出せない美玲……純情可愛い」

まゆ「美玲ちゃんは、女帝ではなさそうですねぇ」



18 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:48:30.06 ID:jJ9ELwfl0


乃々「皆さん、どうですか?」

乃々「美玲さんのあのプルンとした唇を味わって、自信を取り戻しませんか?」ニヤリ

まゆ「そうですね」ニコリ

輝子「このキステクを確かめたいから……な」フヒヒ

美玲「ひえぇ……アンダーザデスクがウチを狙ってるぅぅ……!?」ゾワッ



19 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:49:35.32 ID:jJ9ELwfl0


まゆ「逃がしませんよぉ?」ガシッ

輝子「出た……まゆの、身長差を活かした拘束術……!!」

美玲「くっ……動けない……!」グググ

乃々「では、私から行きます!」

美玲「あぁもう!! こういう時ばっかり積極的なんだよなぁオマエはッ!!」

乃々「フフフ……なんとでも言ってください」アゴクイッ

美玲「う……///」キュン

乃々「うるさい口は、塞がなきゃ……ですよね」フフ

美玲(屈託のない自然な笑顔の乃々……やっぱり、可愛いな……///)ドキドキ

美玲(乃々の後は、輝子も、まゆも……ウチのこと……///)

美玲(ぁぁ……もうダメ……///)ドキドキ



20 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:50:07.08 ID:jJ9ELwfl0











乃々「ふわぁ……vV」トローン
まゆ「ふわぁ……vV」トローン
輝子「ふわぁ……vV」トローン

美玲「おいオマエら(おこ)」



21 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:50:51.53 ID:jJ9ELwfl0


美玲「一番弱いウチに負けるとか、どういうコトだよッ?!」

輝子「美玲……はげし、しゅぎ……///」ゾクゾク

乃々「口のなか、乱暴に舐められへ……///」ゾクゾク

まゆ「まゆの口……御姉様のものになっちゃいましたぁ……///」ゾクゾク

美玲「誰が御姉様だッ!!」



22 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:53:28.21 ID:eG7Xj9Xo0


美玲「でも……これが、キス……か」

美玲「やってみると、案外いいモンだな」

乃々「美玲さんが、恥ずかしさを克服したんですけど……」

美玲「これは面白いなッ! 次誰か来たら、ウチからやってみるぞ~!」

美玲「そしてキスだけで、このプロダクションを征服するんだッ!」

輝子「ちゅ、中二特有の支配者意識(※個人差があります)……!」ガクガク

まゆ「でも私たちに、美玲ちゃんに敵う子はいませんし……」ブルブル

乃々「もうだめだぁ……おしまいだぁ」ガクブル



23 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:54:30.19 ID:eG7Xj9Xo0


小梅「あの……叫び声が聞こえたんだけど……」ガラ

小梅「幽霊でも出た?」ワクワク

乃々「叫び声でテンションの上がる人材」

美玲「おっ小梅じゃんか」ニヤァ

まゆ「あぁ……小梅ちゃんが犠牲に……!」ガクブル

輝子「に、逃げろ小梅ェ……!」

小梅「えっ」



24 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:55:12.40 ID:eG7Xj9Xo0


小梅「み、みんな……どうしたの?」オロオロ

美玲「大丈夫大丈夫! 今、フレンチキスを練習してただけだからさッ!」

小梅「フレンチ……キス?」

美玲「舌をからませるヤツのことだ」

小梅「あ……大人のキスのこと?」

美玲「そうそう! みんなで、大人の練習してたんだ!」

小梅「大人の練習……良いなぁ///」ドキドキ

美玲「それなら、ウチと練習するぞッ!」

小梅「え……良いの?」ワクワク

美玲「良いの良いの! それにみんな疲れてるからな」チラッ

乃々(あわわ……)

まゆ(はわわ……)

輝子(小梅ェ……)



25 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:59:13.54 ID:eG7Xj9Xo0


小梅「えっと……どうすれば良いの?」

美玲「それじゃ、ウチがリードするからな」

美玲「まず、強く抱きしめあうんだ」ギュッ

小梅「あ///」ドキッ

美玲「ここでウチが、素敵なことを言う」

美玲「……小さくて可愛い小梅のこと……大好きだぞ」ササヤキ

小梅「ぁ、あぅ……///」キュン

小梅(美玲ちゃんが大好きって……嬉しい……///)

乃々(さ、さっきまで『キス』すら言えなかったクセにぃ……!)ガーン

輝子(野生の記憶なのか? 美玲の心の中の野獣が……め、目覚めたのか?)ガクブル

まゆ(小梅ちゃんの小さな口の中を、美玲ちゃんの本能が暴れちゃう……)ガクブル

美玲「オマエの全部、ウチがマーキングするからな?」スゥ

小梅(どきどき///)



26 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/16(月) 23:59:44.55 ID:eG7Xj9Xo0











美玲「ふわぁ……vV」トローン

乃々「美玲さん?!」
まゆ「美玲ちゃん?!」
輝子「美玲?!」



27 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:01:34.81 ID:nGQZH/+e0


輝子「ぜ、全然ダメだったぞ……!?」

まゆ「どういうことですかっ?!」

美玲「ら、らっへぇ……///」ドキドキ

美玲「ウチのこと……小さな舌で『よしよし』って……チロチロって舐められたら……」

美玲「もう……服従するしかないじゃんかぁ……///」ゾクゾク

3人「「――!!」」





乃々「そ、それは……」チラッ

まゆ「確かめないと……」チラッ

輝子「いけないな……」チラッ

小梅「えっ」



28 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:02:13.09 ID:nGQZH/+e0


乃々「いざ小梅さん!」ガシッ









乃々「ふわぁ……vV」トローン

まゆ「す、すごい……!」

まゆ「仇は私がとります!」ガシッ









まゆ「ふわぁ……vV」トローン

輝子「なんてこった……!」

輝子「わ……私も!」ガシッ

小梅「ふわぁ……vV」トローン

輝子「あれっ」

美玲「小梅ェ(呆れ)」



29 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:03:39.68 ID:nGQZH/+e0


美玲「まだキスしてなかっただろッ!?」

美玲「肩掴まれただけでトロけるなよッ!!」

小梅「だ……だってぇぇ……///」トローン

まゆ「小梅ちゃんは、輝子ちゃんのことが好きなんですねぇ」フフフ

輝子「確かに小梅は、私によく懐いてる、けど……」

輝子「こ、ここまでだった、とは……///」

小梅「しょ……輝子ちゃんマジマジックマッシュルーム……V」トロトローン

美玲「その致死性は小梅特有だからなッ!?」



30 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:04:28.02 ID:nGQZH/+e0


まゆ「でもこれで、小梅ちゃんが女帝でないことが分かりましたねぇ……」

輝子「だ、誰が女帝なんだ?」

美玲「ここまできたら、確かめずにはいられないぞッ!」









??(ヒント:幸子)「フフフ……どうやら、ボクの出番のようですね」ガラリ



31 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:06:05.00 ID:nGQZH/+e0


幸子「皆さん! カワイイボクの登場まゆ「やっぱりクール所属アイドルじゃないですか?」

美玲「でも、ポンコツも多くないか?」

小梅「ううん……ポンコツじゃないクールアイドルは、まだまだいるよ?」

輝子「リストアップした方が――」

乃々「分類によると――」

幸子「無視しないでください!!!!」ガーン



32 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:08:05.73 ID:nGQZH/+e0


輝子「や、やぁ幸子」

小梅「どうしたの?」

幸子「『どうしたの?』じゃないですよ!・折角話の流れに合わせて登場したのに!」

乃々「話の流れ?」

幸子「そうです! みなさん、フレンチキスで勝負しているんですよね?」

まゆ「えっと……そう、なりますねぇ」

幸子「だったら次は、ボクの出番じゃないですか!!」ドヤァ

美玲「あっ結構です」

幸子「真顔で断られた!?」



33 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:11:10.13 ID:nGQZH/+e0


幸子「どうしてですか?! 一度もしないで、どうして分かるって言うんですか?!」

美玲「だって……なぁ?」

まゆ「幸子ちゃんは……ねぇ?」

乃々「総受けですし」

幸子「総受け?! このボクが総受け?!」

幸子「ありえません! このカワイイボクが、誰一人オトせないハズがありませんよ!!」

幸子「さぁ!! ボクとレッツ・フレンチキスです!! それはもう、幸せの果てまでトバしてあげますから!!」

美玲「面倒くさいヤツだなぁ」

小梅「まぁまぁ……」



34 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:15:44.89 ID:nGQZH/+e0


輝子「でも……さ、幸子の言うことも、一理ある……」

乃々「確かに」

美玲「一度全員としてみるか? それなら文句ないだろ?」

幸子「はい! お願いします!」

小梅「それじゃ……誰から?」

美玲「誰でも良いだろ、オチ分かってるし」

乃々「目に見えてますよね……」

幸子「ボクをオチ担当にしないでください!!」

まゆ「3人とも、ケンカしちゃダメですよぉ?」ニッコリ

美玲「はーい」

乃々「はーい」

幸子「はーい」

輝子「それじゃ……いくぞ?」

幸子「お願いします!!」



35 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:16:53.92 ID:nGQZH/+e0











幸子「ふわぁ……vV」トローン

乃々「な?」



36 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:19:00.36 ID:nGQZH/+e0


幸子「こ……こんらの、おかひいでひゅよ///」ハァ...ハァ...

輝子「な、何も……おかしくないぞ?」

美玲「これが現実だよな?」

小梅「うん」

乃々「そもそもキスの経験はあるんですか?」

幸子「ない……でひゅけど……///」ハァ...ハァ...

美玲「どーりでヘタッピだと思ったぞ」

乃々「美玲さんだって、さっきまで純情乙女だったじゃないですか……」

まゆ「美玲ちゃん。これは『ヘタッピ』ではなくて『初々しい』って言うんですよ?」

美玲「そうか……あれが初々しいキス……ッ!」

輝子「でも……ふ、フレンチキスを知った今は、もう……」

小梅「つまんないね」シュン

幸子「は、はずかひい……///」カァ









奏「……あら、まだ会議室使ってたの?」ガララ

全員「!!!!!!!!」



37 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:20:08.71 ID:nGQZH/+e0


輝子「き、キスの代名詞……!」

小梅「でも……ファッションキス魔って噂も、あったよね?」

美玲「キスすれば分かるだろ」

乃々「やっぱり実践あるのみですね」

幸子「今度こそオトしてみせますよ!」

まゆ「……というわけでぇ~……」フラ...

奏「ひっ」ビクッ





6人「「私(ウチ)(ボク)たちとフレンチキス――」」

6人「「させろぉー!!!!!!!!」」ガバァ

奏「き、きゃあぁああぁぁあぁぁ……!!」



38 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:21:12.81 ID:nGQZH/+e0











乃々「ふわぁ……vV」トローン
まゆ「ふわぁ……vV」トローン
輝子「ふわぁ……vV」トローン
美玲「ふわぁ……vV」トローン
小梅「ふわぁ……vV」トローン
幸子「ふわぁ……vV」トローン





奏「……ふぅ」フキフキ...

奏「よく分からないけれど……」

奏「あと10年は、この業界で生きていける気がする――!!」キリッ



※奏が活躍する10年の間、幸子はヘタッピのままでした



終わり



39 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/17(火) 00:22:19.87 ID:nGQZH/+e0


ディアボノ「キス描写はキンクリしたんですけど……」



以上です、ありがとうございました



関連記事

呼称が気になって仕方なかった
[ 2016/05/18 01:32 ] [ 編集 ]

少ないかもだけど、周子×紗枝が好き
[ 2016/05/18 04:17 ] [ 編集 ]

こんな奏ちゃんでも志希フレ周子あたりには負けそう
[ 2016/05/18 04:45 ] [ 編集 ]

アイドルにはレズしかいないのか(歓喜)
[ 2016/05/18 08:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5105-c18332f6


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ