スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【ガルパン】まほ「このバスはジャックした」

1 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:06:25.70 ID:68w9zGXN0


みほ「お、お姉ちゃん!?」

まほ「みほ……私に任せろ」ニコリ

みほ「なにを!?」

沙織「なんか怖いんだけど……」

華「みほさんのお姉さんですし、大事にはならないとは思いますが……」

優花里「困りましたね」

麻子「まあ、なるようになるだろう」


※内容が無いです





2 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:07:31.56 ID:68w9zGXN0


みほ「目的はなんなの?」

まほ「目的……?」

まほ「約束しただろう?」

みほ「え?」

まほ「デートに行こうってな」ニコリ

華「約束されたんですか?」

優花里「約束したんですか!?」

沙織「そんなこと約束したの?」

麻子「姉とそんな約束したのか?」

みほ「してませんっ!」



3 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:08:35.95 ID:68w9zGXN0


まほ「したじゃないか!」


~みほ回想(対大学選抜後)~

まほ「熊本に戻ってくる気はないか?お母様も、もう」

みほ「今は大洗が私の居場所だから」

まほ「そうか……」

みほ「…………」

まほ「いつでも家に遊びに帰って来るといい」

みほ「うんっ」

みほ「お姉ちゃんも大洗に遊びに来てね」

まほ「ああ、機会があればな」

回想終わり


みほ「してないよね?」



4 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:10:43.22 ID:68w9zGXN0


まほ「微妙に違うぞ、正しくはこうだった」


~まほ回想~

まほ「熊本で一緒に暮らさないか?お母様も会いたがっている」

みほ「ちょっと待って欲しいな」

まほ「そうか……」

みほ「…………」

まほ「いつでもデートしに来るといい」

みほ「うんっ」

みほ「デート、行こうね!」

まほ「ああ、きっとな」


回想終わり



5 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:11:45.24 ID:68w9zGXN0


まほ「ほら」

みほ「そんなこと無かったよ!妄想だよ!」

まほ「そうだったか?まあいい」

みほ「よくないって……」

まほ「とりあえず、このままボコミュージアムに行こうか」

みほ「えっ」ワクワク

沙織「みぽりん?」

優花里「ちょっとウキウキしていませんか?」

みほ「してない、してない」アセアセ

麻子「というか、運転手や他の乗客に迷惑だろう」



6 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:15:10.76 ID:68w9zGXN0


まほ「よし、運転手。進路はボコミュージアムだ」

ダージリン「お待ちなさい」

みほ「えっ、ダージリンさん!?」

華「このバスに乗ってらしたんですか?」

沙織「やったあ。ダージリンさんならこの意味わかんない状況を解決してくれるよね!」

ダージリン「バスジャックジャックよ。運転手さん、これから私のいう場所へ向かってくださる?」

まほ「おい待て!」

ダージリン「このバスを戦車10輌が狙っているわ。実弾じゃないけれどバスぐらい大破するでしょうね」

ダージリン「私の指示に従わないと……分かってるわね?」

優花里「ひえっ……」

麻子「おいおい、冗談じゃすまないぞ」

ダージリン「冗談?花嫁が奪われそうになっているのだから本気も本気よ」

沙織「は、はなよめ?」

ダージリン「そうよ。私とみほさんは既に婚約しているもの」

優花里「ええっ!?」

沙織「したのっ!?」

華「凄いですね」

麻子「というか出来るのか?」

みほ「してませんっ!!」



8 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:17:36.19 ID:68w9zGXN0


ダージリン「したわよ?」


~みほ回想(対大学選抜戦後)~

みほ「みなさんに声かけをしてくれたの、ダージリンさんだったんですね」

みほ「ありがとうございました!」

ダージリン「ふふ。みんな来たいから来ただけよ」

みほ「嬉しかったです」

ダージリン「そうね。もし私に恩を感じているなら、お茶会に付き合ってくれないかしら?」

みほ「よろこんで!」

回想終わり


みほ「してませんよね?」



9 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:19:56.44 ID:68w9zGXN0


~ダージリン回想~

みほ「他の誰よりもダージリンさんが来てくれたのが嬉しかったです」

ダージリン「ふふ。あなたが好きだからよ」

みほ「私もです」

ダージリン「もしそうなら、付き合ってくれないかしら」

みほ「よろこんで!」

回想終わり


ダージリン「ほら」

みほ「ええ……?」

麻子「会話の流れがおかしいだろ……」

華「ですねえ」

ダージリン「まあいいわ。運転手さん、ボコのぬいぐるみが売ってる店に向かってくださる?」

ダージリン「プレゼントを贈れば、姉のことも忘れるでしょう」

みほ「えっ」ワクワク

優花里「ちょっと楽しみなんですか?」

みほ「そっ、そんなことないよ!」アセアセ



10 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:27:47.40 ID:68w9zGXN0


ダージリン「ふふ。楽しみね」

カチューシャ「ちょっと待ちなさい!」

みほ「カ、カチューシャさん!?」

優花里「まさか……」

カチューシャ「バスジャックジャックジャックよ」

沙織「だと思った」

カチューシャ「ミホーシャは私のものよ!」

ダージリン「あなた、状況が分かっているの?」

カチューシャ「ふっふーん。聖グロの戦車は全部駆逐したわ。いまバスを囲んでるのはプラウダの戦車よ」

ダージリン「!?」

カチューシャ「分かる?まほ、ダージリン。いま主導権を握っているのは私よ!」

カチューシャ「ということで、ミホーシャは私と遊びにいくから」

麻子「健全だな」

沙織「今までが酷すぎたんだって」

みほ「えーっと、どこに行くんですか?」



12 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:29:58.98 ID:68w9zGXN0


カチューシャ「前に言ってた所よ」

~回想(対大学選抜戦後)~

カチューシャ「~~~♪」

エリカ「はあ……」

みほ「あれ、逸見さん?」

エリカ「!?」

カチューシャ「ミホーシャ!」

みほ「肩車してどうしたの?」

エリカ「こ、これはっ!」

カチューシャ「あそこのお城みたいな建物が気になったから、肩車してもらってたのよ」

みほ「お城ですか……?あっ、ホントだ。なんだろう?」

カチューシャ「遊園地からはちょっと遠いからアトラクションじゃないと思うし……」

みほ「でも、イルミネーションが凄いですね」

みほ「逸見さんは知ってる?」

逸見「へっ!?」

逸見「(あれってアレでしょ///)」

逸見「さ、さア。なニかしらネ」

みほ「?」

カチューシャ「気になるわね……」

カチューシャ「そうだ!今度一緒に見に行きましょ」

みほ「そうですね。逸見さんも……」

逸見「私は遠慮しておくわ!!」

みほ「そ、そうですか」

カチューシャ「じゃ、今度ね!」

みほ「はい」

逸見「(どうなろうと私の責任じゃないわ!……たぶん)」

回想終わり



14 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:34:47.47 ID:68w9zGXN0


みほ「ああ。あそこですか」

カチューシャ「さあ、早く行きましょ!」

まほ「おい……!」

ダージリン「ちょ、ちょ、ちょっとマズイのではなくて?」カタカタ

みほ「お姉ちゃんたちはあそこが何か知ってるの?」

まほ「い、いや……」

ダージリン「よく知らない場所に行くのはマズイということよ」

まほ「そういうことだ」

みほ「まあ、確かに」

カチューシャ「大丈夫よ。ノンナも『楽しんできてください』って言ってたし」

まほ「はあ!?」

ダージリン「あの人が!?」

カチューシャ「ええ。ビデオで撮ってくるように頼まれたわ」

まほ「…………」

ダージリン「…………」

みほ「へぇ~。撮影してもいいんだ」

カチューシャ「ということだからお願いね。運転手さん」



15 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:36:07.03 ID:68w9zGXN0


アンチョビ「ちょっと待ったーーー!」

アンチョビ「もうこんなことは止めるんだ!西住さんが困っているだろ!」

みほ「アンチョビさん!」

沙織「やっとまともな人が」

カチューシャ「このバスは狙われているのよ!?」

アンチョビ「そんな脅すようなやり方は良くないと言ってるんだ!」

カチューシャ「くっ」

アンチョビ「お前たちはもうバスから降りろ!」



16 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:37:26.59 ID:68w9zGXN0


ダージリン「ところで貴方は何をしにきたのかしら?」

アンチョビ「西住さんに会いにきたんだ。もちろん、お前たちみたいな脅しは抜きでだ」

まほ「ほう?そのわりに静かにしてたな」

アンチョビ「な、なに?」

ダージリン「どうして今の今までみほさんに話しかけなかったのかしら?」

まほ「お前も、私たちのようにやるつもりだったんだろ?」

ダージリン「でも、流れを読んで違う作戦をとることにした」

カチューシャ「良い人ぶって仲裁することで株を上げようとしたのね!」

アンチョビ「なっ!?」

まほ「図星か」

みほ「どうしてこんな……」

アンチョビ「それは!約束したから……」

みほ「えっ?」

麻子「またか」



17 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:38:32.84 ID:68w9zGXN0


~みほ回想(対大学選抜戦後)~

アンチョビ「よーし、祝勝会だ!パスタを茹でろ~!」

アンチョビ「西住さんもぜひ食べていってくれ」

みほ「わあ。ありがとうございます!」

・・・
・・


みほ「すっごく、美味しいです」モグモグ

アンチョビ「それは良かった」

回想終わり


みほ「えっと……?」



18 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:40:02.62 ID:68w9zGXN0


アンチョビ「忘れているみたいだな」


~アンチョビ回想~

みほ「わあ、美味しいです」

アンチョビ「それは良かった」

みほ「その……、こんな美味しい料理なら毎日食べたいです///」

アンチョビ「嬉しいことをいってくれる」

みほ「私に、毎日食事をつくってくれませんか?///」

アンチョビ「ああ、任せろ!」ニッ

みほ「(もう、鈍感なんだから///)」

回想終わり


華「もはや完全に妄想ですねえ」

麻子「隠す気も無いんじゃないか?」

優花里「突っ込み所が多すぎて……」

沙織「最近の恋愛小説で似たような会話を見たような……」



19 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:41:42.70 ID:68w9zGXN0


アンチョビ「まあ、そういうことだ」

みほ「どういうことですか!?」

アンチョビ「とにかく食事をしよう。西住さんの家のコンロを借りていいか?」

みほ「え、ええ。それは構わないんですけど」

カチューシャ「待ちなさい!あんたに主導権は無いわよ!」

アンチョビ「それはどうかな?今頃プラウダ諸君は宴会でもしていると思うが」

ダージリン「へえ」

まほ「食事で懐柔したか」

カチューシャ「こんなときノンナが居れば……!」

優花里「プラウダのみなさんは宴会がお好きですね」アハハ

アンチョビ「じゃあ、しゅっぱ~つ!」



20 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:43:27.38 ID:68w9zGXN0


カチューシャ「くう~」

ケイ「ハロー!バスジャックジャックジャックジャックよ」

ケイ「まったく、戦車にばっかり頼ってるからそうなるのよ。航空機で爆撃の準備ぐらいしなきゃ!」

麻子「おいおい」

優花里「ヤバすぎですよお!」

ケイ「みほのためなら全然だわ!」

みほ「あ、あはは」

ケイ「だって、あんなことがあったんだから」



21 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:45:17.44 ID:68w9zGXN0


~ケイ回想(対大学選抜戦後)~

みほ「好きです」

ケイ「私もよ!」

みほ「わーい」

ケイ「ザッツ恋人道!」

回想終わり


沙織「雑だなあ」

華「ちょっと楽しみになってきた所でしたのに」

ケイ「アメコミ風のボコのコミックをアリサに書かせたから、いっしょに読みましょ。私の家でね!」

みほ「!?」ソワソワ

麻子「西住さん?」

みほ「すごい興味があるとかじゃないよ、うん」アセアセ

ケイ「みほも乗り気みたいだしゲームセットね」



23 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 20:54:08.71 ID:68w9zGXN0


まほ「ふ、ふふふふ、はっはっはっはっは」

ケイ「気でもふれた?」

まほ「なあ。なんで私の言うことを運転手が聞いていたと思う?」

カチューシャ「!」

ダージリン「戦車を動かしたのは私が最初……」

アンチョビ「黒森峰の戦車は居なかった。それなのに強制力があった?」

まほ「言っただろ?バスをジャックしたって」

ケイ「まさか……」

ケイ「Shit!その手があったか」

まほ「気づいたか?このバスは黒森峰のものだ。運転手もな」

みほ「えっ!?でも私たちはちゃんと路線バスに」

まほ「本物の路線バスは10分ほど遅れているよ。戦車による渋滞でな」

カチューシャ「わざわざ塗装まで……!」

まほ「まあそういうことだ、お前たちは私たちのデートを黙って見ていろ」

ケイ「撃つわよ!」

まほ「撃てるのか?みほも乗っているこのバスを」

ダージリン「……撃てるわけないわ」

アンチョビ「そうだ、あれはあくまで運転手を従わせるための脅し」

カチューシャ「私たちがミホーシャを撃てるわけない!」

ケイ「くうっ」ガクッ

麻子「なんだこれ」



25 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 21:00:08.98 ID:68w9zGXN0


まほ「ふっ、ちょうど目的地に着いたようだ。戦車もすべて振り切ったし、降りようかみほ」

みほ「えっ、うん」

まほ「先に行っていてくれ。私はあいつらが邪魔しないようにバスを……」

???「動くな」

みほ「えっ、えっ?」

ミカ「バスジャックジャックジャックジャック被害者誘拐犯だ」

まほ「なっ!」

ミカ「バスから出ないでもらえるかな。でないと撃たなくちゃならないからね」

まほ「くっ、戦車だと!?」

ミカ「ここに来ると思ってたよ。みほさんを先に降ろすだろうこともね」ポロロン

ミカ「それじゃ、みなさん。お元気で」ポローン

みほ「ええ……」

ミカ「じゃあ、後はよろしくねアキ、ミッコ」

西「バスジャックジャックジャックジャック被害者誘拐被害者誘拐犯です」

ミカ「っ!」

西「戦車の台数ではこちらに分がありますね」

愛里寿「バスジャックジャックジャックジャック被害者誘拐被害者誘拐被害者誘拐犯よ」

西「っ!」

愛里寿「戦車の質ではこちらが勝ってるわ」

ワイワイガヤガヤ

愛里寿「あれ?みほは?」



26 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 21:01:59.34 ID:68w9zGXN0


みほ「わーっ!ボコミュージアムは何度来ても楽しいなあ」

沙織「ちょっと綺麗になってるね」

華「あら?このクマの乗り物は」

麻子「持ってきてたのか」

優花里「まあ、予定とは違いますが楽しみましょう」



28 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 21:03:56.44 ID:68w9zGXN0


杏「やれやれ、世話が焼けるな」

桃「上手く西住たちを降ろせましたね」

柚子「あれだけ混乱してればね」

杏「よーし、じゃあサンダースさんやっちゃって」

ナオミ「了解」ホシイモクチャクチャ

ヒューバラララララ

ケイ「こ、この音は……」

アンチョビ「どうした?」

ケイ「全員退避!」

まほ「まさか、あれか!?」

ダージリン「爆撃……!」

ドッガアアアアアアアアアアーーーーーン

ミカ「ぐわああああああーーーー」

西「あああああああああああーー」

愛里寿「うわああーーーーーーー」



蝶野「全車輌走行不能!」

杏「よーし、作戦終了!」



29 : ◆AriMsHmcX98P 2016/05/27(金) 21:08:18.02 ID:68w9zGXN0


みほ「ふう、昨日はつかれたなあ」

カエサル「新しい歴史本が手に入ったんで一緒に読みましょう」

ねこにゃー「い、いっしょにゲームしませんか?」

梓「ウチで大富豪やりませんか?」

ナカジマ「今日暇?ドライブ行かない?」

典子「バレーやります?手取り足取り教えますよ!」

そど子「西住さんと冷泉さんも風紀委員に入らない?」

杏「ホシイモ食べる?逆側から食べていいよ~」モグモグ

みほ「もうやだ」




関連記事
[ 2016/05/28 07:00 ] ガルパンSS | コメント(4)

みぽりん本当にモテモテだね
[ 2016/05/28 22:04 ] [ 編集 ]

>>>梓「ウチで大富豪やりませんか?」

梓さんはピュアで可愛いなあ


あと、みぽりんさすがっすね、ハーレム王(女)
[ 2016/05/29 00:36 ] [ 編集 ]

麻子も入れるそど子いい…
[ 2016/05/29 08:27 ] [ 編集 ]

みぽりんはモテモテやね(白目)
[ 2016/06/19 11:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5119-515ffbb2


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。