恵美「琴葉ってほんとに可愛いよね~」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:23:35.54 ID:yOF63ffb0


琴葉「えっ…… ?」

恵美「ん、聞こえなかった? 琴葉ってほんとに可愛いよねって話なんだけど」

琴葉「き、聞こえてるってば、もういきなり何の話よ」

恵美「えー、だって実際そうじゃん」

恵美「琴葉って優しくて真面目で、歌も上手くてそんでこんなにカワイイ! まさに理想のアイドルって感じだよね」

琴葉「だ、だからいきなり何でそんなこと……」

恵美「いやー 今日なんとなく琴葉の宣材PV見てたらほんと可愛いなぁって思ってさ」

琴葉「そんな…… 恥ずかしい……」





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:25:04.77 ID:yOF63ffb0


恵美「琴葉はさぁ、アタシの知ってるアイドルの中でいっっちばん可愛いって思うよ」

琴葉「もう……」

琴葉「でも…… 恵美にそう言われると不思議と悪い気がしないかも」

琴葉「私、恵美に『可愛い』って言ってもらえると自信が沸くような気がするんだ」

恵美「へへ…… アタシだって琴葉のファンの一人なんだからさ、こういうこと言っていいでしょ?」

琴葉「恵美…… いつもありがとう」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:26:39.14 ID:yOF63ffb0


【お悩み琴葉さん1】


琴葉「うぅ……」

恵美「琴葉?」

琴葉「あっ、恵美……」

恵美「また何か悩んでるの? アタシで良かったら聞くよ?」

琴葉「…… あのね、今度ファッション誌の仕事をすることになったの」

恵美「おお! 良かったじゃん」

琴葉「うん…… そうよね……」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:27:47.05 ID:yOF63ffb0


恵美「何? また『自信が無い』とか言っちゃうの?」

琴葉「またって…… まぁその通りなんだけど……」

琴葉「プロデューサーが頑張って取ってきてくれた仕事だってことはわかる、だけどなんで私なのって思っちゃうの」

琴葉「任せられたからには全力で取り組みたい、だけどこんな中途半端な気持ちでいいのかなって思っちゃって……」

恵美「はー、相変わらず琴葉は真面目だねー」

琴葉「うぅ…… そうよ真面目よ、私なんて真面目でつまらない人間よ……」

恵美「わわっ、そんなこと言ってないじゃん」

恵美「うーん…… 琴葉はさ、プロデューサーのこと信頼してる?」

琴葉「えっ…… うん、プロデューサーが居なかったら今のアイドルとしての私も居なかっただろうし、恵美と会うことも無かった、信頼してるし感謝してるわ」

恵美「そのプロデューサーが琴葉のためにって取ってきた仕事なんでしょ? 他でもない琴葉のためにって」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:28:32.26 ID:yOF63ffb0


恵美「それならその仕事は琴葉の、琴葉にしか出来ない仕事なんじゃないかな? アタシとかエレナとかじゃ役不足? って奴なんだよ」

琴葉「恵美…… ふふっ、それを言うなら力不足よ」

恵美「そうだっけ? ま、とりあえずそういうことだから琴葉はなーんにも心配することないって」

琴葉「…… うん、ありがとう 恵美のお陰で自信沸いてきた」

恵美「どういたしまして」

琴葉「…… 私の方がお姉さんなのにいっつも恵美に頼ってばっかりだね」

恵美「だからそんなこと気にする必要ないって、アタシと琴葉の仲でしょ?」

琴葉「それでも恵美にしてもらってばっかりだし……」

恵美「うーん、それなら…… 今度一緒にショッピング行こうよ、ファッションモデルさんにファッション教えて欲しいな~ なんちゃって」

琴葉「…… うん、いいよ 今度お出掛けしよう」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:29:27.00 ID:yOF63ffb0


【恵美の友達】


琴葉「結構買ったのね」

恵美「ま、ファッションモデルの田中琴葉さんにお勧めされたからね~」

琴葉「もうファッションモデルって…… 一度お仕事しただけだよ」

恵美「にゃはは…… あ、そう言えば撮影どうだった?」

琴葉「うん、まぁ私なりに頑張れたんじゃないかなって思う、これが試し撮りのポラ」

恵美「おー、可愛く撮れてるじゃん 雑誌絶対買うからねー」

琴葉「わざわざ買わなくても完成品渡すってば」

恵美「そだねー」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:30:47.68 ID:yOF63ffb0


「あ、恵美じゃん」

恵美「ん」

「ほんとだ、おい恵美~」

恵美「あー、ひさしぶり~」

琴葉「ねぇ恵美、誰この人たち」

恵美「んー…… 友達?」

「いやそこは友達ってはっきり言ってくれよ」

「俺ら仲良かっただろ」

恵美「そだっけ?」

「ひでぇ」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:31:23.29 ID:yOF63ffb0


「てか隣の子誰?」

琴葉「あ、えと、私恵美さんのお友だちの田中琴葉と申します」

恵美「こいつらにそんなかしこまる必要無いって」

琴葉「でも……」

「ていうかすげー清楚で美人、アイドルみたいじゃん!」

恵美「みたいじゃなくて本当にアイドルだから、琴葉もアタシも」

「えっ! お前マジでアイドルになったの!?」

恵美「まぁね~」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:31:50.90 ID:yOF63ffb0


「いやでも全然違うわ~ 俺琴葉さんのファンになるわ~」

琴葉「あ、ありがとうございます……」

「て言うかこんなところで立ち話もアレだしファミレス行かね?」

恵美「おっ、奢り?」

「お前アイドルやって稼いでんじゃねぇのかよ」

恵美「そだ、アタシはいいけど琴葉は大丈夫?」

琴葉「えっ、うん…… 私も大丈夫よ」

恵美「……」

「それじゃ決まり!」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:34:42.10 ID:yOF63ffb0


ファミレス


恵美「……」

「で、琴葉ちゃんて何か趣味とかあるの」

琴葉「えーっと…… 確か事務所のプロフィールにはお風呂って書いたと思います……」

「マジ? お風呂で上と下どっち先に洗う派?」

琴葉「えっと……」

恵美「ねーねー、アタシにもちょっとは構ってくれないー?」

「うっせ、今俺ら琴葉ちゃんと話してんの」

恵美「……」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:35:08.31 ID:yOF63ffb0


恵美「……」

恵美(ねぇ琴葉)

琴葉(な、何?)

恵美(何となく来ちゃったけどさ、こいつらウザいし逃げちゃわない?)

琴葉(え?)

恵美「ごめん、アタシ達ちょーっとお花摘みに行ってくるわ」

「二人とも?」

恵美「女子トークしてくるからその間ドリンクバーおかわりしてきて」

「はいはい」

恵美「じゃあね~」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:36:10.91 ID:yOF63ffb0





恵美「はぁ~ ごめんね琴葉、嫌な思いさせちゃって」

琴葉「えっと…… ほんとに抜け出してきちゃって良かったの? 支払いもまだだし……」

恵美「いいのいいの、そんなのあいつらに払わせておけば、琴葉とのお喋り代ってことで」

琴葉「でもあの人たち恵美の友達なんじゃ……」

恵美「大丈夫だって、そんなに仲良い訳じゃなかったし」

琴葉「だからって……」

恵美「琴葉もさぁ、嫌だったら『嫌!』ってはっきり言っていいんだよ?」

琴葉「別に…… 確かに少し困ったけどそこまでじゃ……」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:37:04.25 ID:yOF63ffb0


恵美「んー……」

恵美「多分…… アタシが嫌だったんだよね、琴葉が嫌な思いしてるとこ見るのも、他の男が琴葉に色目使ってるとこ見るのも」

琴葉「…… それじゃ私がファンの男の人と話すのも嫌なの?」

恵美「いやそこまで極端じゃないけど…… うーん……」

恵美「早い話アタシの琴葉に手を出すなーってこと、終わり!」

琴葉「『アタシの琴葉』って……」

恵美「ダメ?」

琴葉「私はアイドルだから誰か一人のモノになったりしないよ、恵美でもね」

恵美「えー……」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:37:43.42 ID:yOF63ffb0


恵美「今日はアタシの知り合いに会ったし今度は琴葉の友達と会ってみたいかも」

琴葉「私の?」

恵美「うーん…… 琴葉の友達ってやっぱり琴葉みたいに全員真面目なんだろうなー…… 集まるのもファミレスでドリンクバーじゃなくて図書館で勉強とかしてそう」

琴葉「恵美の中で私ってどんなイメージなの?」

恵美「へへー、今度はアタシが肩身狭い思いしそう」

琴葉「それなら今度は私が恵美のこと連れ出してあげるよ」

恵美「おっ、真面目な琴葉にそれが出来るかな?」

琴葉「出来るよ…… 恵美が嫌な思いしてたら放っておけないもん」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:39:15.52 ID:yOF63ffb0


【お悩み琴葉さん2】


琴葉「……」

恵美「ねぇ琴葉……」

琴葉「うぅ……」

恵美「いい加減元気出しなって…… 今日の公演は誰のミスでも無いんだから」

琴葉「いいえ、もっと出来ることはあったはずなのに…… 私なんてただオロオロするだけで……」

恵美「いやだから、いきなり機械の調子が悪くなって音が止まるなんて誰にも予測出来ないって……」

琴葉「それでも恵美はすぐにMCに切り替えて場を持たすことが出来てたじゃない……」

恵美「それは……」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:40:09.01 ID:yOF63ffb0


琴葉「私なんて公演のリーダーなのにただ動揺してて…… 曲が再開した後もミスしちゃったし……」

琴葉「やっぱり私なんて……」

恵美「ん~…… あのさ、『私なんて』って言うのやめにしない?」

琴葉「えっ…… 私そんなに『私なんて』って言ってたかな……」

恵美「うん、すっごい言ってる」

琴葉「私ってそんなネガティブな人間だったんだ……」

恵美「あぁ、だからそうじゃなくて……」

恵美「何て言ったら聞いてくれるかな~」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:40:56.38 ID:yOF63ffb0


恵美「そだ、アタシ『私なんて』とか言ってる後ろ向きな琴葉のこと嫌い」

琴葉「えっ」

恵美「その代わり、みんなのリーダーになって出来ない子には優しく教えてあげるがんばり屋さんの琴葉は好きだよ」

琴葉「えぇ~」

恵美「どう? 琴葉はアタシに嫌われたい?」

琴葉「そ、そんなの好きになって欲しいに決まってるよ……」

恵美「それならこれからは『私なんて』って言うの禁止ね」

琴葉「わかった…… けど……」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:42:29.53 ID:yOF63ffb0


恵美「まぁ~でも、琴葉がほんっとーに辛くなったら、一番にアタシを頼ってね」

恵美「どんなことでもアタシは受け止めてあげるから」

琴葉「で、でももしかしたら私またネガティブなこと言っちゃうかも…… 私恵美に嫌われたくないよ……」

恵美「んー、じゃあその時は聞かなかったことにしたげる」

琴葉「恵美……」

恵美「琴葉だからね、特別だよ~」

琴葉「…… ありがとう」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:44:35.29 ID:yOF63ffb0


【恵美は素敵なお嫁さん】


恵美「また今日も服買ったねー」

琴葉「だって女の子だもん」

恵美「んー、アタシ達のお出かけってさ、ショッピングかファミレスかカラオケしかないよね」

琴葉「そうだね」

恵美「なんかさー、アタシに合わせてる感出てない?」

琴葉「そうかな?」

恵美「琴葉はさ、ほんとは本屋さんに行って参考書とか欲しいんじゃないの?」

琴葉「もう、だから恵美の中で私ってどういうイメージなの」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:45:18.70 ID:yOF63ffb0


恵美「いやまぁ、普段はアタシが行き先決めてばっかりだからさー」

琴葉「それが楽っていうのもあるんだけどなぁ……」

恵美「たまにはさ、琴葉の行ってみたいとこに行こうよ」

琴葉「私の行きたい所…… ちょっと検索してみるね……」

琴葉「…… あ、ここ面白そう」

恵美「なになに? えーコスプレ撮影!? 琴葉こんなのに興味あったの?」

琴葉「うん、今フェア期間だから特別な衣装が安く着られるみたいなの」

恵美「…… 琴葉なんか隠してない?」

琴葉「ううん、何も無いよー」

恵美「…… 琴葉のそういう企んでるような顔初めて見たかも」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:46:54.28 ID:yOF63ffb0


コスプレ写真館


「いらっしゃいませ」

琴葉「あの、チラシでこういうの見たんですけど今って空いてますか?」

「はい、大丈夫ですよ」

恵美「琴葉? なにするのー?」

琴葉「今からね、ウェディングドレスとタキシードのコスプレして撮影するの」

恵美「へ? そんなこと出来るんだー」

琴葉「あれ? あんまり驚かないの?」

恵美「いやまぁコスプレのお店に来るんだからだいたいやることはわかってるっしょ」

琴葉「恵美のこと驚かせたかったのになー」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:47:38.99 ID:yOF63ffb0


恵美「えへへ、琴葉がアタシから一本取るのなんて100年早いって、でも楽しみだな~琴葉のウェディングドレス姿見られるなんて」

琴葉「え?」

恵美「え?」

「お待たせしました、お客様 田中琴葉様が男装タキシードで、お隣の方 所恵美様がウェディングドレスでお間違い無いでしょうか?」

恵美「へ?」

琴葉「はい、間違いないです」

恵美「ちょちょちょ、間違ってるでしょ フツーに考えてアタシが花婿役で琴葉が花嫁役じゃないの?」

琴葉「何言ってるの、私が花婿で恵美が花嫁だよ」

恵美「えぇー!?」

琴葉「一本取れた?」

恵美「うん…… かんっぜんに取られた」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:50:00.85 ID:yOF63ffb0


恵美「いやでもおかしーでしょ、どう考えたってアタシには花嫁は似合わないって、琴葉が着た方がいいって」

琴葉「だって私は前に一度お仕事で着たことあるし、男装するなら恵美は…… その…… む、胸が……」

恵美「へ…… ちょ、ちょっとそういう基準なの!?」

恵美「それにアタシだって最近ブライダル衣装の撮影あったから!」

琴葉「えっ! そうなの!?」

恵美「そうそう、やっぱりこういうのは琴葉が着た方が似合うから! アタシなんて似合わないから!」

琴葉「…… ねぇ恵美、この前私と約束したこと覚えてる?」

恵美「え?」

琴葉「『私なんて』って言うの禁止なんでしょ?」

恵美「あっ……」

琴葉「そろそろ観念してウェディングドレス着よ?」

恵美「うぅ…… こんな押しの強い琴葉初めて見たかも……」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:51:22.81 ID:yOF63ffb0


「花嫁役の準備、もうすぐで終わります」

琴葉「そうですか……」

「ふふ、男装姿とっても似合ってますよ」

琴葉「あっ、ありがとうございます…… 私こういうことするの初めてなので…… やっぱり女性同士でこういう撮影するのって変…… ですかね?」

「いいえ、意外と同性同士で撮影される方も多いですよ、花嫁役の方とはご友人なのですか?」

琴葉「はい…… 」

琴葉「恵美は…… 私にとって大切な人です」

「そうですか、あっ準備出来たみたいですよ こちらへどうぞ」

琴葉「あ、はい」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:52:10.14 ID:yOF63ffb0


琴葉「恵美、開けるよ」

恵美「…… はぁい」

琴葉「あっ……」

恵美「……」

琴葉「……」

恵美「…… ちょ、ちょっと固まってないで何か言ってよ! そんなに見つめられたら恥ずいじゃん」

琴葉「ご、ごめん 花嫁姿の恵美があまりにも綺麗だったから」

恵美「き、綺麗って…… うぅ…… 」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:53:23.78 ID:yOF63ffb0


琴葉「ふふっ、ブーケで隠さないで顔をよく見せてよ」

恵美「だ、ダメ! こんなに顔真っ赤なところ至近距離でジロジロ見られたく無いし!」

琴葉「恥ずかしがってる恵美も可愛いよ」

恵美「だ、だからそういうのやめてって……」

琴葉「ふふっ、なんかいつもと逆だね」

恵美「確かに……」

琴葉「着てる服のせいかな」

恵美「うん…… 琴葉のタキシード姿…… 凄くかっこいい……」

琴葉「ありがと」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:54:15.96 ID:yOF63ffb0


琴葉「そう言えばウェディングドレス撮影の時に聞いたんだけど、女の子が本番より前にドレスを着ると婚期が遅れるんだって」

恵美「い、今それ言うの~?」

琴葉「だからさ、もし恵美の婚期が遅れたらさ……」

恵美「……」

琴葉「 わ、私が…… その……」

恵美「そ、そこは恥ずかしがらないではっきり言ってよ!」

琴葉「ご、ごめん…… ちょっと調子乗っちゃった……」

恵美「も、もう……」

「それじゃあそろそろ撮影始めましょうか?」

琴葉「あ、はい!」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:55:04.00 ID:yOF63ffb0


「お二人とも撮影慣れしていますねー、美人だしひょっとしてそういう経験あるんですか?」

琴葉「ま、まぁちょっと……」

琴葉(私ももっと頑張らないとなぁ……)

恵美(うん、やっぱりカメラの前に立つとドキドキが収まるなー)

「そうだ、お二人ともとっても仲良さそうですしキス撮影とかやりましょうか?」

琴葉、恵美「「き、キス撮影!?」」

「あ、もちろんほんとにキスしてるところを撮影するわけじゃなくて、ここにカーテンをひいて影でキスしてるように見せるってだけですよ」

恵美「な、なんだそういうことかぁ……」

琴葉「はい、じゃあせっかくなのでやります」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:56:01.09 ID:yOF63ffb0


琴葉「ここに立ってキスしてるフリをすればいいんですね」

「はい、それで大丈夫でーす」

恵美(うん…… フリでもキスするって言うのは……)

琴葉「ねぇ恵美」

恵美「ん、どしたの?」

琴葉「ほんとに、キスしちゃおっか?」

恵美「へ?」

「じゃ、始めてくださーい」

恵美「ちょ、ちょっとマジで!?」

琴葉「恵美、ほんとに綺麗よ ちゅっ」

恵美「んっ…… !?」


おわり



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 20:01:34.97 ID:yOF63ffb0


6月1日から「南国★リゾートウェディング」ガシャスタート!
ジューンブライドの季節に再びやってきたブライダルのお仕事、今年は南国リゾートでアットホームなウェディング!
紗代子、真、恵美、ひなた、茜の個性溢れる花嫁姿と共にのどかに流れる幸せなひとときをプロデューサーも一緒に満喫しませんか?

読んでくれた人、ありがとうございます。



関連記事

ありがとう…
[ 2016/06/13 04:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5135-9001245e


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ