スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【はいふり】ミケ「晴風の風紀が乱れてる気がする」

1 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 20:19:16.88 ID:uDggCwgFo


―艦橋―

ミケ「最近艦内でトラブルが起きてないのは良い事だけど」

ミケ「なんだか風紀が乱れてると思うんだよね、わたし」

ココ「そうですかね~? 私は特別感じませんが~」

シロ「何を言い出すかと思えば、また思いつきで……」

タマ「…………うぃ?」クビカシゲ

メイ「んー、どんなところが?」

ミケ「……さっきからメイちゃんがタマちゃんにベッタリ抱きついてるところ……とか?」

メイ「えー! こんくらい普通っしょかんちょー!」

メイ「なー! タマ?」チュッ

タマ「うぃ」スリスリ

ミケ「!?」





2 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 20:22:10.50 ID:uDggCwgFo


ミケ「いっ今、ききききっすを……!?」

メイ「別にほっぺだし、ふつーふつー」

ミケ「ほっぺでも普通しないよ!?」

メイ「まぁあたしはタマとなら口にも出来るけどね! ……んっ」ブチュー

タマ「んっ……」チュー

ミケ「」

ココ「どうしました艦長? なんだか様子がおかしいですが?」

ミケ「おっ、おかしいのはみんなの方だよ! な、何でいきなりこんな……!」

ミケ「こっ、ココちゃんもシロちゃんもっ! そんな平気そうに……!」

シロ「本当にどうしたんですか艦長……唇でも奪って欲しいんですか?」

ミケ「!?」



4 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 20:27:27.53 ID:uDggCwgFo


ココ「……ははぁ、なるほどー」

ココ「――モカチャーン!ワタシサビシイヨー!」ミケ

ココ「ゴメンネミケチャーン!ハナレテテモズットイッショダヨー!」モカ

ココ「アーン!デモワタシメノマエデミセツケラレテモウガマンデキナイヨー!」ミケ

ココ「ヒドイヨミケチャン!ワタシトイウモノガアリナガラー」モカ

ココ「――ということですね! んもぅ、そうならそうと早く言って頂ければぁ!」

ミケ「全然違うよ!? というかもかちゃんとはフツーの親友だからね!?」

ココ「はいわかりますわかります……。ではご親友のいらっしゃらない寂しさを少しでも私たちの手で……」ワキワキ

シロ「なんだ艦長……そっか、ただの親友か……そっか」ワキワキ

ミケ「うわあああぁ!? なっ、何する気二人とも!?」

シロ「……(無言でメイタマを指差す)」


タマ「…………」モミモミ

メイ「はっ……あうっ……んっ……」ピクッ

タマ「……きもちいい?」

メイ「うっ、うん……あっ! そこ……もっとぉ……」

タマ「…………」ペロ

メイ「ひゃんっ! くびすじ、なめちゃ、やぁ……」



5 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 20:31:49.05 ID:uDggCwgFo


ミケ「え、ええぇぇぇ!?」カァァ

ココ「そんな……! 西崎さんが受けなんですか!?」

ミケ「そこなの!?」

シロ「いや、ちょっと元気っぽい押せ押せタイプが受けなのはむしろ鉄板だろう」

ミケ「そうなんだ!?」

シロ「さぁ艦長……もう逃げ場はありませんよ……大人しくしてください……」ジリ

ココ「そうですよぉ……大丈夫、すぐ良くなりますから……」ユラ

ミケ「何がー!?」

シロ「そんな警戒しないで下さいよ……乗組員は家族、でしょう?」

ミケ「こんな状況でそのセリフを聞きたくはなかったよ!」



7 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 20:51:05.42 ID:uDggCwgFo



ミケ(とにかく逃げないと……! 目が本気だよぉ……こうなったら)

ミケ「リンちゃん直伝!斜め飛び込み回避っ! 」ピョン

ココ「なっ!?」

シロ「しまった!」

ミケ「うわぁーん!」ダダダ


タマ「……お部屋、いこ」

メイ「……ぅん」コクリ



ミケ(どうしちゃったんだろう……みんな……それに)ダッダッダ

ミケ(ううぅ、さっきの光景が頭から離れないよぉ~!)ウワーン



8 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 21:02:08.16 ID:uDggCwgFo


―船尾部―

ミケ「はぁ……はぁ……ここまで来れば大丈夫かな……」

リン「いい逃げっぷりだったねぇ……岬さん……」ヒョコ

ミケ「り、リンちゃん! どうしてここに……?」

リン「岬さんが艦橋から逃げたの見て、追いかけてきたんだよぉ」

ミケ「艦橋から……って、見てたの!?」

リン「ご、ごめんね助けられなくて……わたし、怖くってぇ……」グス

ミケ「う、ううん、リンちゃんは悪くないよ。誰だってあんなの、怖いよ……」

リン「どうしちゃったんだろうね、みんな……ひとまずわたしの部屋に逃げて、隠れようよぉ!」

ミケ「……いや、おかしくなってるのは艦橋のみんなだけじゃないかもしれない。あのネズミが関係してるなら、放っといちゃいけないと思う」

ミケ「まず状況の把握と、安全確保。今すべきなのはそれだと思う」

ミケ「だってわたし……艦長だから」

リン「岬さぁん……」ウルウル

リン「ごめんなさぃ……また簡単に逃げるとか言っちゃってぇ……わたしなんてなんの役にも……」

ミケ「大丈夫だよ! それにさっき助かったのは、リンちゃんが教えてくれた技のおかげ。リンちゃんは立派にみんなを支えてるよ」ナデナデ

リン「ひゃあっ! ……あぅ~」ニヘ

ミケ「……わたしは今から機関科の方を見に行くけど、リンちゃんも手伝ってくれる?」

リン「わっ! わたしは……うん、じゃあ航海科の方を……」

ミケ「わかった! じゃあまた後で!」

リン「その……危なかったら、ちゃんと逃げてね~!」

ミケ「はーい!」タッタッタ

リン「…………」

リン「大丈夫、かなぁ」



9 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 21:10:05.09 ID:uDggCwgFo


―機関科―

ミケ「ふぅ……ふぅ……なんか、この辺すごい暑いよ……」

ミケ「それにどこからか見られているような気が……」

ミケ「気のせいかな……? とりあえず急がなきゃ」

ミケ「……嫌な予感がする」

タッタッタッ

ドンドンドン

ミケ「誰かいないの!? 開けるよ!」

ガチャ

ミケ「うわっ! あっ、あっつい……!? 蒸気が噴き出してる!?」

ミケ「蒸気で、視界が……これじゃまるでサウナだよ……!」

ミケ「あつい……! これは上着だけでも脱がないと、危険だよ……!」バサッ

ミケ「……って!?」

クロ「」

マロン「」

レオ「」

サクラ「」

ルナ「」

ソラ「」



10 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 21:12:07.68 ID:uDggCwgFo


ミケ(こんな汗だくで倒れて……! この暑さじゃ当然だよ……!)

ミケ(というかなんでみんな裸なの!?)ガーン

ミケ(……考えたくない)フルフル

ミケ「そそっ、そうだ! とにかく運びださないと! よいしょっ」ガシッ

ミケ「うーんせ! うーんせ!」ズルズル

クロ「」

ミケ「くっ、クロちゃん重いぃ……!」

ミケ「むっ、無理……これを、六回なんて、わたしまで……」

マロン「うっ……かん、ちょ……う……?」モゾ

ミケ「マロンちゃん! だっ、大丈夫!? しっかり!」

マロン「そこの……レバーを……下げ……がくっ」

ミケ「れっ、レバー! レバーだね! よっと!」ガコン

ミケ(蒸気の噴出が……止まった!)

ミケ「マロンちゃんしっかりして! 下げたよ! レバー!」

マロン「よかった……み……みず……」

ミケ「みみず……水! わかった! すぐ持ってくるよ! あと応急員の子も! まってて!」ダッ



12 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 21:30:38.11 ID:uDggCwgFo


十分後

マロン「いやー面目ねぇ! まさか機関科が全員ぶっ倒れちまうとは」

ミケ「みんな無事で本当に良かったよ……」

モモ「ただの脱水症状みたいっすねー、他の人もそのうち起きると思いますー」

マロン「夢中になりすぎて仕事をおろそかにしちゃっちゃあいけねぇなぁ! 反省反省!」

ミケ「あの……一応聞くけど、夢中って何に……?」

マロン「ナニってそりゃセッ」

ミケ「ごめんわかったもういいよありがとう」

マロン「えっへへ……今日は珍しくクロちゃんが乗り気だったからぁ、後ろから押し倒してセーラー服の裾んとこから手ェ突っ込んでブラを」

ミケ「うんわかった、もういい、もういいから。あと服、着よう?」

マロン「おぅおぅ!? もしかして艦長殿はマロンの裸見て興奮しちゃってるのかぁ? やーん」クネクネ

ミケ「いっ、いやそんなこと……ただ目のやり場に困るっていうか」ソワソワ

マロン「ホントかー? んんっ? ほれぇ、ほれほれぇ!」ズイズイッ

ミケ「ひゃあ!?」ドキッ



13 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 21:32:09.08 ID:uDggCwgFo


ミケ(うわぁ……マロンちゃん、ツヤツヤの肌の上に汗の粒がぬらぬら光ってなんだかえっちぃ……それにほっそい身体……きれい……それに背がちっちゃいわりに意外と……)

ミケ「じゃなくてぇー! ははっ、はしたないよっ!」アセアセ

マロン「べらんめぇ、舐めるよーにあたしのカラダ見といて何言ってんでぇ!」

マロン「……もしかして艦長殿のその格好も、あたしを誘惑してたりするのか?」

ミケ「えっ?」

ミケ(あっ……今下着姿のまんま……!)

ミケ「いっいや、これは、今着替えようと……」

マロン「はぁ……はぁ……据え膳食わぬは武士の恥、って言ってなぁ……」ユラ

マロン「本日二回戦目でも、江戸っ子なら意地張らにゃいかん時があるんじゃーい!」ガオー

ミケ「そんなところで張らないでぇ~!?」

ミケ(わっ、ちから、つよい……!)ググッ

ミケ(あぁ……もう、だめだ……)



15 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 21:42:52.27 ID:uDggCwgFo


ガスッ グエッ ドサッ

ミケ「……あれ?」

マロン「」

モモ「殴って、しまった……人を……!」

ミケ「もっ、モモちゃん! 助けてくれたの!?」

モモ「いえっ、ただ私は大正義ミケシロが目の前で汚されるのが許せなかったというかでも最近はミケミーもありかなとか思ったりしちゃったりしちゃう浮気性な私がホントは一番許せなくて――」

モモ「まとめると、頭より体が先に反応した……ということですかね……」フッ

モモ「あと、やっぱりミケシロが至高です!」グッ

ミケ(すごく良い笑顔でサムズアップされた……)

ミケ「よ、よくわかんないけど、ありがとう?」

モモ「いえいえ、お気になさらず……さぁて、今の出来事を脳内変換して作品にせねば! フォウ! 滾ってきたぁああ!」ババババ

ミケ(発症してるのかあれが素なのかわからないよ……)

ミケ「ん? 発症……そうだ!」

ミケ(医務室に行こう! 美波さんならこの事態が何かわかるかもしれない!)

マロン「……むにゃ」

ミケ「!?」ビクゥ

ミケ(寝言か……起きないうちに移動しよう)

マロン「クロひゃあん……」



16 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 21:52:03.16 ID:uDggCwgFo


―医務室前―

ヒタ…ヒタ…

ミケ(やっぱり……誰かに尾けられてる?)

ミケ(怖いよ……! 早く医務室に入っちゃおう……)

ガラッ

ミケ「……失礼しまーす」

美波「おや艦長、悪いがベッドなら使用中だ」

ミケ「あ、そうなの? そんな具合の悪い人が……」

???「あっちゃん! すきっ!すきいっ!」チュッチュッ

???「わたしもっ、ほっちゃん、ちゅっ、だいすきいっ!」チュッチュッ

ミケ「」

美波「休憩のために医務室を使うのも乗組員の権利だからな、無下に断るわけにもいかん」

美波「カーテン一枚で防音など無いに等しいのだから、声くらいは抑えて欲しいものだ」

ミケ「え……? 女の子同士……え、姉妹? 双子?」

ミケ「???」プシュー

美波「愛の形とは人それぞれであるものだろう」

ミケ「で、でもぉ……」

美波「では艦長は、女子に性的興奮を覚えたことは無いのか?」

ミケ「えっ!?」

ミケ(この流れは……また……)



17 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 21:55:49.87 ID:uDggCwgFo


ミケ「…………」ジリ

美波「……?」

ミケ「……あれ?」

美波「どうした、窮鼠のような構えを取って」

ミケ「い、いや……ってことは、美波さんは平気なんだね!?」

美波「……今艦内で蔓延している現象のことか?」

ミケ「そっ、そう! 何か知ってるの?」

美波「何か、か……原因については心当たりがあるが……すまない、まだ調べている途中だ」

ミケ「さっすが美波さん! 頼りになるよ!」

美波「うむ、事態の収拾に最善を尽くすことを誓おう」

ミケ「お願いします! じゃあわたし砲術科も見てこないと!」

美波「報酬は……艦長の唇、ということでよろしいか?」

ミケ「うん! ……うん?」



18 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:00:09.60 ID:uDggCwgFo


美波「…………」アゴクイッ

ミケ(え、うそ……顔が、すぐ、目の前……!?)

美波「……ふふ、冗談だ」パッ

ミケ「えっ……? あ、うん……びっくりしたー……アハハ」ドキドキ

美波「あー、それと艦長、余計なお世話かもしれんが……今はなるべく人と会うのは避けたほうが良いと思うぞ?」

ミケ「…………」

美波「艦長には、魅力、というか、何かそそるものがある。今の艦内に顔を出すとどうなるか……」

ミケ「……そう、かもね」

ミケ(そそる?)

ミケ「でもわたし、艦長だから!」

美波「まぁ、そう言うだろうと思った……せめて一対一で誰かと会うのは避けるように」

ミケ「わかった! ありがとー!」

バタン

美波「……やれやれ」

???「あっちゃん、あま~いケーキのあじがする~……チュッ」

???「じゃあほっちゃんはあま~いあんこのあじ~……チュッ」

キャッキャウフフ

美波「……こっちもどうしたもんか」



20 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:04:42.94 ID:uDggCwgFo


――

ミケ「ああは言ったものの」

ミケ「廊下で誰とすれ違うか気が気じゃないよ……」

ミー「フンフンフ~ン」

ミケ「ひいっ!」ビクッ

ミー「お、どうした艦長? そんな獣にでも遭ったような目をして」

ミケ「な、なんでもないよ! ごめん、急いでるから……」

ミー「まぁまぁそう急ぐでない……おや、大分赤い顔をしておるぞ?」

ミケ「へっ!? あれ、そうかな……」

ミー「よし、じっとしておれ」ガシッ

ミケ「!?」

ミケ(肩、掴まれて……顔が、近づいてくる……! 今度こそ本当に……)

ミケ(キスされちゃうかも!)スルッ

ミケ「ご、ごめん! 本当に急いでるのー!」タッタッタ

ミー「むぅ? 行ってしもうた……。厠か?」

ミー「風邪はひき始めが肝心なのだから、熱が無いかしっかり確かめねばならんのに……やれやれ」フゥ



21 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:08:30.24 ID:uDggCwgFo


――

ミケ「はぁ、はぁ、ミーちゃんまで発症してたのかな、どこか……目つきが、いつもと違ったような……?」

???「艦長はっけ~ん」

ミケ「!?」

シロ「もぉ~、本当に艦長は自分勝手なんですから……今度は逃げちゃダメですよ?」

クロ「くんくん……宗谷さんの匂い……こっちね……」

マロン「クロちゃーん、どこ行っくのー?」

ミケ(ま、マズイよ……すごく!)

クロ「あ! 宗谷さん! どうしたんですかこんな場所で!」

シロ「あぁ、黒木さん。実は艦長を癒してあげようと思ってるのに、何故か逃げられるんだ……」

クロ「宗谷さんの誘いを断るとは、なんと許しがたい……!」ゴゴゴ

クロ「そういうことなら! 宗谷さんをお手伝いします!」

マロン「クロちゃんの手伝いならやってやろーじゃん!」

ミケ「え、えーっと」



22 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:09:35.00 ID:uDggCwgFo


シロ「艦長ぉ……すぐ楽にしてあげます……」ワキワキ

クロ「ほら、大人しくしないと蹴り入れるわよ」オラオラ

マロン「よんぴー……クロちゃんと、よんぴー……」ハァハァ

ミケ(ここは廊下……前からシロちゃん、後ろからクロちゃんとマロンちゃん……)

ミケ(逃げ場は無い……)

ミケ(でも、もし……ちょっとでも油断があれば……)

美波『艦長には魅力、というか何かそそるものがある』

ミケ(試す価値は……ある!)

ミケ「シロちゃん見て!」バサッ

シロ「パッ、パン……!?」ドクドク

ミケ(は、はずかしい……けど、今だ!)

ミケ「リンちゃん直伝その二! お色気スライディングッ!」ズザー

シロ「……はっ! しまった!」

クロ「また私の宗谷さんを誑かしてぇ……!」ゴゴゴ

マロン「とっ、兎に角追う他あんめぇ!」



23 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:14:22.75 ID:uDggCwgFo


――

ミケ「はあっ、はあっ、はあっ、はあっ!」

マテー!

ミケ(もう大分体力が……このままじゃ……)

???「こっち!」ギュッ

ミケ「えっ!? り、リンちゃん!?」

リン「遅くなってごめんねぇ……でも! 逃げるのならまかせて!」

ミケ「リンちゃん……! ありが、ごほっ、ごほっ!」

リン「お礼は落ち着いてからでいいよぉ! ひとまず全速前進だよっ!」

ミケ「……うん!」

リン「次の角、みぎぃ!」

ミケ「みぎぃ!」

リン「素早く突き当たりまで抜けて、ひだりぃ!」

ミケ「ひだりぃ!」

~~~~

リン「ふぅ……これでもう、しばらく追いつかれないよ」

ミケ「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

リン「えとえと、とりあえず休もうかぁ! 艦長室、近いから!」

ミケ「はぁ、はぁ」コクコク



24 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:24:51.53 ID:uDggCwgFo


艦長室

ミケ「よかった……無事に戻ってこれて」

ミケ「途中でリンちゃんと会えなかったらどうなってたかわからないよ……」

美波『報告、報告、聞こえるか? 艦長殿』

ミケ「あっ、美波さん! 何かわかったの?」

美波『うむ、今回の騒動の原因は新種のウイルスのようだ。あの生命体との関連性は不明』

美波『だが人体にこれといった影響はないし、今の症状も発症から十二時間程で治まるだろう』

ミケ「了解。ありがとう美波さん!」

美波『うむ。艦長殿も今日のところは自室にいるのが安全だろうな。それでは』

ミケ「美波さんも、お疲れ様~!」

ミケ「はぁ、疲れたぁぁぁ~」ドサッ

ミケ「ベッドに寝転がるの気持ちいぃ~」ゴロゴロ

リン「もー、岬さんったらはしたないよ?」

ミケ「リンちゃんもお疲れ様! ようやく、一段落だね~」

リン「そう、だねぇ、ようやく……」



25 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:25:47.61 ID:uDggCwgFo



リン「ようやく、二人っきりになれたねぇ」ニコ



27 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:34:36.11 ID:uDggCwgFo


ミケ「…………」

ミケ「……え?」

リン「…………」ガチャリ

ミケ「ど、どうして無言で鍵をかけるの……?」

リン「何言ってるのぉ? もちろん邪魔が入らないようにするためだよぉ~」

リン「ふふふ……では岬さんのベッドに、失礼しま~す」ポフ

ミケ「え? え?」

リン「わぁ、岬さんの良~いにおいがするぅ~」クンカクンカ

ミケ「り、リンちゃん……?」

リン「はぁ、はぁ、もう我慢の限界だよぉ~! みさきさ~ん!」

ミケ「きゃあっ!? どうして……リンちゃんはマトモだったはずじゃ……!?」

リン「ごめんねぇ、岬さん……やっぱり……」

リン「自分の本心から逃げるのは良くないよねぇ!?」ギラッ

ミケ「本心!? リンちゃんの本心はもっとピュアじゃないの!?」



28 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:38:02.03 ID:uDggCwgFo


リン「……えへっ」

ミケ「えへっ……って……」

リン「岬さんが教えてくれたんだよぉ……時には逃げずに立ち向かう勇気も必要だ、って」

リン「勇気……もらえたよぉ」

ミケ「今その発言を若干後悔してるよ!」

リン「ふふ……口では頑張っても、逃げ続けでもうへとへとだよねぇ……」

リン「いただきまぁす……」ジリジリ

ミケ「やだぁ……だめぇ……りんちゃん……」ウルウル

リン「……ちゅっ」

ミケ「……!」



29 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:43:22.99 ID:uDggCwgFo


その時ふしぎなことが起こった!

ミケ「んっ……ぷはぁっ……はぁ、はぁ……」

ミケ(あ、あれ……?)

リン「えへへ……きもちよかった?」

ミケ(リンちゃんって……こんなに可愛かったっけ……)ポワーン

リン「岬さん……仰向けになってくれる?」

ミケ「……うん」ゴロン

ミケ(うん……じゃないよわたしっ! 抵抗しなくちゃ……)

ミケ(ダメ、何これ……ドキドキして……ポーっとして、まるで……)

リン「セーラー服……脱がしちゃうね」

ミケ「あぁっ……」スルッ

リン「……全然抵抗しないんだぁ」

ミケ「ちっ、ちがうの……これはぁ……」

リン「いいんだよぉ、素直な岬さんもとっても可愛くて、大好きだよぉ」モミ

ミケ「んっ……!」ピク

リン「ピンクのブラ、かーわいぃ……」フニフニ

ミケ「んっ! やぁんっ! あっ! だめぇ!」

リン「てっぺん……このへんかなぁ? さくてきさくてき~」トントン

ミケ「はっ……あふぅ……ぅん、あっ、あっ!」

リン「あ、ここ~? えいっ」キュッ

ミケ「ひゃ、あ、あああぁっ!」ビクンッ



30 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:45:05.13 ID:uDggCwgFo



リン「はぁっはぁっ……かわいいなぁ岬さんはっ! もう最大船速振り切っちゃいそうだよぉ!」クリクリ

ミケ「やぁんっ! なんでっ! こん……なぁあっ!」

ミケ(おかしいよぉ……ちょっと触られただけなのに、下着が……)

リン「あれぇ? 岬さん、もしかしてもう……濡れてる?」

ミケ「!」カァッ

リン「……知らなかったよぉ~、晴風の艦長さんがこんな変態さんだったなんて」

ミケ「ちがう……ちがう、よぉ……」

リン「じゃあ……一個だけ選ばせてあげる」

リン「このままブラの上から弄られるのと、ブラ外して直接弄られるの、どっちがいい?」

ミケ「……!」ゴクッ

ミケ(今でも、こんなに気持ちいいのに、直接……!?)

ミケ(耐えられない……耐えられるわけないよ、そんなの……絶対、ダメだよ……!)



31 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 22:47:24.75 ID:uDggCwgFo


ミケ「――して」

リン「ん? なぁに?」

ミケ「ブラ、はずして……ぜんぶ……めちゃくちゃに、して、くださいっ!」

リン「……えへぇ」

ミケ(もう、どーでもいいや……)

ミケ(リンちゃんがいて、きもちよくて……それだけで、もうどーでもいーの……すき……)


―――

――





32 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 23:11:24.88 ID:uDggCwgFo


―翌朝・艦橋―

「「…………」」

ココ(どうしましょう……あんなことをした手前、艦長に会わせる顔が……一体どうして……!?)アワワ

シロ(うわああっ! 昨日の私! バカバカバカッ! はしたない! はしたないっ! 消えてしまいたいぃぃっ!)プルプル

メイ(ど、どうしよう……タマ、やっぱり怒ってるのかな、それとも……また、してもらってもいいのかなぁ……)カァァ

タマ(メイちゃんに嫌われるメイちゃんに嫌われるメイちゃんに嫌われるメイちゃんに嫌われるメイちゃんに嫌われたくない嫌われたくない嫌われたくない嫌われたくない)ゴゴゴ

リン(うわぁ、気まずいなぁ)



33 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 23:37:41.15 ID:uDggCwgFo


リン(正気に戻ってもみんな記憶はあるみたいだね)

リン(みんなには悪いけど、二人きりで夜戦に持ち込んだ昨日のわたし、GJだよ!)ガッツポ

リン(ずーっと尾行してチャンスを伺ってた甲斐があったよ~)

シロ「……そういえば、艦長は……?」

ココ「えっええ! ま、まだ就寝中でしょうか……?」アセッ

シロ「そっ、そうか……」メソラシ

「「…………」」

リン(岬さん、ぐっすり眠ってたもんね、昨夜はちょっとやり過ぎちゃった)エヘー

リン(早く起きてこないかなぁ~)

「みんなおっはよー!」

「「!」」



34 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 23:38:52.59 ID:uDggCwgFo



シロ「か……艦長、おは」

ミケ「おっはようシロちゃん! あ、リンちゃんにはおはようのきーす!」チュー

リン「んむっ!?」

シロ「」

メイ「」

ココ「」

ミケ「ねーぇリンちゃーん、ここはみんなに任せて、二人でベッド行こうよー」ギュー

リン「」

ココ「えっ……お二人は、そういうご関係で……?」

リン「ちっ違いま」

ミケ「そうそう! リンちゃんったら凄いんだよぉ~! 昨日はわたしの身体じゅうじっくりペロペロして焦らされて、イかせてって泣いて頼んでもイかせてくれなくてかと思ったら失神するまで連続で――」ペラペラ

リン「」

シロ「」

ココ「」

メイ「」



35 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/08(水) 23:40:56.71 ID:uDggCwgFo


リン(マズイよぉ!? 昨日の症状が遅れて出てるのかな!? わたしの社会的立場がぁ!)

リン「まままったく、ととっとんだデタラメだよぉ~!」ヒューヒュー

ミケ「えーっ! そんなことないよホラ! 首筋にリンちゃんのきすまーくっ!」バッ

リン「」

ミケ「背中にもあるよ! 太ももにも! ほらおへそにもー!」ピラッ

タマ「……おぉ」

ミケ「あとねあとね! パンツの中の……」ペロン

メイ「きゃ、きゃーっ!?」

ギャーギャー

シロ「……は」

シロ「晴風の風紀を乱す艦長を止めろォー!!」


艦!



関連記事
[ 2016/06/09 12:00 ] はいふりSS | コメント(15)

はいふりは本編もこの半分くらいでも百合描写に尺を割くべきだったと思う
そうすれば失敗とかチープ演出とか叩かれずにすんだのに
[ 2016/06/09 17:18 ] [ 編集 ]

※1
この半分…ディープなキスは当たり前だろうなあ(恍惚)
[ 2016/06/09 17:42 ] [ 編集 ]

やはりはいふりに足りないのは百合なのか。
[ 2016/06/09 18:35 ] [ 編集 ]

足りてないからこそ二次創作をやる楽しみが生まれるってもんよ
原作で足りててもよし、足りてなくてもよし
[ 2016/06/09 20:44 ] [ 編集 ]

楽しい(小並感)
[ 2016/06/09 21:51 ] [ 編集 ]

はいふりのss増えて嬉しい
[ 2016/06/10 12:45 ] [ 編集 ]

任侠ドイツ&ココはともかく明乃&鈴は少し百合っぽさを見せてくれそうではないか?
[ 2016/06/10 14:07 ] [ 編集 ]

個人的にはやっぱミケシロ推しなんだが…
もしかしてミケリンのほうが多いのか?
[ 2016/06/10 18:14 ] [ 編集 ]

キスまでやったらレズやん
[ 2016/06/10 20:02 ] [ 編集 ]

ミケクロ本編ではよ見たいです
[ 2016/06/11 00:02 ] [ 編集 ]

もっと百合ゆりしてもよかったな
1人くらいips戦士がいてもよかった
[ 2016/06/11 08:56 ] [ 編集 ]

今のところ掲示板SSで作られたのはミケリンが2つとミケミーが1つか…
[ 2016/06/11 17:03 ] [ 編集 ]

はいふりガチss流行らせコラ
[ 2016/06/22 23:53 ] [ 編集 ]

ミケリンは、報われない感がいいのかも。
ミケはモカか、シロちゃんどっちかとくっつくのは
ほぼ確定だしね。
[ 2016/07/05 20:54 ] [ 編集 ]

ミケモカどころかはいふりSS全然無いぞ
[ 2016/10/05 18:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5136-91bb6e44


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。