纒「ここなつのお二人と私」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 21:38:21.14 ID:oiuQ7k3Mo


◆ひなビタ♪SSです
◆今日9日からここなつお誕生日記念として様々な機種でここなつの楽曲や上位譜面が収録されたりしていますよ



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 21:39:06.56 ID:oiuQ7k3Mo


チュンチュン……

纒「ん……」

纒「朝だ……ふぁぁ」

纒「今日もお仕事……お仕事は嫌いじゃないけど、朝はやっぱりしんど……」

心菜「お姉さん、今日を乗り越えれば、お休みだよ」

纒「そうですね東雲さん」

夏陽「だから今日も1日頑張りましょ?」

纒「全くその通りで……あれ?」

心菜「?」

夏陽「?」





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 21:42:31.61 ID:oiuQ7k3Mo


纒「なんで東雲さん方が私の家に……」

心菜「……お姉さん、今日も忘れてるの?」

夏陽「昨日お酒飲み過ぎよね、あと名前で呼んでいいのよ」

纒「えっと……朝は頭が上手く働かない……顔洗ってきます」

心菜「じゃあ私は朝ご飯作るね……?」

夏陽「あたしはそのお手伝い!」

纒「はぁ、じゃあ、よろしく……」

心菜「何がいいかな」

夏陽「お魚とかないかしら」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 21:45:59.91 ID:oiuQ7k3Mo


~洗面所~

バシャーッ!

纒「ふう……」

纒「……」

纒「……そういえば昨日からこっちに来たんだっけ」

纒「でもアパートの修理は完了したはずよね……いや別にいいんだけど……」

纒「理由……理由……?」

纒「まだ頭が覚醒しきらないわ……」

纒「何か大事な事を忘れているような……」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 21:48:38.30 ID:oiuQ7k3Mo


心菜「あ、お姉さん」

夏陽「ご飯できたわよっ」

纒「ありがとうございます」

夏陽「じゃあ早速、いただきまーす」

心菜「いただきます……」

纒「いただきます」

夏陽「この魚、ここなが焼いたのよっ」

心菜「上手く焼けたよ?」

纒「いい焼き具合だと思います」

心菜「ほんと?よかった……」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 21:52:16.06 ID:oiuQ7k3Mo


纒「それにしても随分献身的ですね」

夏陽「えー?何言ってるのお姉さん、あたし達とお姉さんの仲じゃない」

纒「仲?」

心菜「うん、私となっちゃんと、お姉さんは、仲良し……」

纒「そう言われると嬉しいです」

纒(でもここなつの間に入るなんて言語道断よねえ)

纒(だけどー、こうやって女の子と一緒に暮らすっていうのはやっぱりいいわあ)

纒(昔はハーレムめいたこともしてたっけ……楽しかったなぁ……)

纒(……別に今が楽しくない訳じゃないわよ?)



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 21:56:12.44 ID:oiuQ7k3Mo


纒「じゃあお仕事行ってきます!」

心菜「行ってらっしゃい……」

夏陽「鍵は閉めてくから、安心してね」

纒「分かりました」

夏陽「あとそれと」

纒「はい?」

夏陽「今日も…‥ね///」

心菜「うん///」

纒「何その表情……はっ!?」

纒(ああそうだった、私は)

纒(あの日、ここなつのお二人と……)



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:00:29.04 ID:oiuQ7k3Mo


~ちょっと前~

夏陽「お姉さんって欲求不満なの?」

纒「まぁ、そんな感じ」

心菜「じゃあなっちゃん、私達が手伝ってあげよ?」

夏陽「え」

纒「え」

心菜「新しいプレーだと思えば大丈夫……きっと大丈夫……」

夏陽「う、じ、じゃあお姉さんとなら、まあ……」

纒「ええっ」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:04:20.69 ID:oiuQ7k3Mo


……

纒(アルコールが回っていたので詳細は覚えてないけど、多分こんな感じ)

纒(それからなんか向こうも居着いちゃって……)

纒(……いや、私は全然構わないんだけど!)

纒(すっごく幸せだけど……犯罪とかになるんじゃ……)

纒(でも大学生の時とかはJCとかJKとかとはよく……)

ボーンボーン

纒「……あ、もうお昼」

纒「食堂に行く、っていう手もあるけど」ゴソゴソ

纒「私にはここなつのお二人が作ってくれたお弁当があるのです!」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:08:33.29 ID:oiuQ7k3Mo


纒「メニューは、鮭の塩焼きと白いご飯、梅干し!あと野菜が少し」

纒「いただきまーす♪」

纒「あむ」

纒「……」

纒「おいし」

…………
……



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:12:33.46 ID:oiuQ7k3Mo


纒「ただいまー」

心菜「あ、お姉さん、お帰り」

夏陽「おかえりなさーい」

纒(ああ、帰ったら家に女の子がいるっていうのはとても良いものだわ)

心菜「お姉さんお姉さん」

纒「何ですか心菜ちゃん」

心菜「冷蔵庫のなか、空っぽだよ……?」

纒「ああそういえば最近は買い出しとかあんまりしてませんね」

夏陽「じゃあ今から行きましょ!この時間ならタイムセールやってるし!」

纒「詳しいですね夏陽ちゃん……じゃあ支度するので少し待ってて下さい」

心菜「うん」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:16:41.20 ID:oiuQ7k3Mo


~スーパー「サテライトシステム」~

夏陽「お姉さんお姉さん!このお肉半額!」

纒「夏陽ちゃん、あの人混みを潜り抜けてゲットしてきたんですか?」

心菜「なっちゃん、すごい……」

夏陽「にゃはは!これくらい出来なきゃね!」

纒「さて、タイムセールで目的の品はゲットしましたし、後はのんびり買い物しましょう」

心菜「うん……ねえねえお姉さん、お菓子買ってもいい……?」

纒「構いませんけど、この後晩ご飯ですからまだ食べちゃダメですよ」

心菜「うん、分かってる……」

夏陽「あたしもいい?」

纒「勿論ですっ」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:20:03.91 ID:oiuQ7k3Mo


心菜「じゃあ、これ」

夏陽「あたしはこれね」

纒「えーっと、「ピコラセキャンデー」と「リンクチョコ」ですか、はいはい、分かりました」

纒(お菓子を欲しがるなんて、やっぱりここなつのお二人は可愛いなあ)

纒「あと野菜が幾らか欲しいところですね」

夏陽「キャベツとかレタスとか葉物野菜はまだあったわよね」

心菜「根菜系がいいかも」

纒「く、詳しいですね、じゃあそれらを」

一舞「あ、まといさんだ」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:24:22.09 ID:oiuQ7k3Mo


纒「あら和泉さん」

一舞「こんばんは、お買い物ですか?」

夏陽「そうよいぶき」

一舞「あ、なつひ」

心菜「私もいるよ」

一舞「ここなも一緒に?ふうん」

夏陽「いぶきこそこっちのスーパーに来るなんて珍しいじゃない」

一舞「いやパパのおつかいでさ、ここにしかないんだし」

心菜「なるほど……」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:28:23.20 ID:oiuQ7k3Mo


一舞「っていうかあれ?まといさんとここなつが一緒に買い物してんの?」

心菜「うん」

一舞「またアパートが雨漏りしたとか?」

夏陽「そうでもないんだけど……ふふ」

一舞「んー?まぁ、まといさんがいいならあたしはいいと思うんだけど」

纒「私は全然構いませんよ?」

一舞「だよねー」

纒(だよねって言われた)



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:33:00.19 ID:oiuQ7k3Mo


一舞「じゃああたしはこれで、またねー」

纒「さようなら~」

心菜「ばいばい」

夏陽「……」フリフリ

纒「……言わなかったですね?」

夏陽「自分から広めるのは恥ずかしいし……それに」

纒「それに?」

夏陽「お姉さん、ロリコン扱いされちゃうわよ?」

纒「JKをロリコンと呼ぶのは違和感がありますけど」

夏陽「微妙な気はするけど、世間ではそうなるらしいわ」

心菜「私となっちゃんはろり……お姉さんはお姉さん……」

纒「そういうものですかねえ」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:36:21.91 ID:oiuQ7k3Mo


……

纒「はい、できました!纒特性お肉の包み焼きです!」

心菜「美味しそう……」

纒「さあさ、冷めないうちにどうぞ」

夏陽「いただきまーす」

心菜「もぐもぐ」

纒「どうでしょう?」

心菜「おいしい」

夏陽「お姉さんも、料理上手なのね」

纒「ふふふ、結構料理の腕には自信がありますよ」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:42:19.54 ID:oiuQ7k3Mo


夏陽「これならお姉さんもいいお嫁さんになれそうねっ」

纒「もう夏陽ちゃんったら」

纒(それにしても、やっぱりこういうのっていいわあ)

纒(少し前は一人だったから、店屋物で済ませる事も多かったけど)

纒(やっぱり誰かがいると頑張って料理しなきゃね)

纒(健康的だわ)

心菜「なっちゃんなっちゃん、それ違う」

夏陽「え?」

心菜「まといお姉さんもなっちゃんも私も……みんなお嫁さん……」

纒「ぶっ!?」

夏陽「も、もう、そんなにはっきり言わなくてもいいでしょ///」

心菜「?」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:46:22.72 ID:oiuQ7k3Mo


ピー

纒「あ、お風呂沸けたみたいですね」

心菜「一緒に入ろ……?」

纒「構いませんよー」

夏陽「ここな、一緒に入るだけで終わる?」

心菜「どうかな……?なっちゃんはどう思う……?」

夏陽「うーんと、終わらないかな」

心菜「明日、お休みだもんね」

夏陽「うん」

纒(何やら目の前で密談が行われているわ)



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:50:16.91 ID:oiuQ7k3Mo


~浴室~

心菜「お姉さん、背中流してあげる」

纒「本当ですか?じゃあお願いします」

心菜「うん……えい」ワシワシ

纒「~♪」

夏陽「あ、ここなばっかり」

心菜「なっちゃんは、私の背中にして?」

纒「じゃあ私は心菜ちゃんの背中ですか」

心菜「そんな感じ」

夏陽「じゃあもうごしごししちゃうわね」

心菜「せっかち」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:54:17.39 ID:oiuQ7k3Mo


纒「じゃあ今度は私の番ですね」

心菜「ん」

纒「心菜ちゃんの背中真っ白ですねー」ワシワシ

心菜「うん」

纒「それでいてすべすべ……うん、こんなものですかね」

夏陽「……普通に洗うだけなの?」

心菜「……」

纒「普通じゃない事もしたかったですか?」

心菜「うん」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 22:58:07.53 ID:oiuQ7k3Mo


夏陽「明日はお休みよお姉さん」

心菜「だから、3人で……」

夏陽「だめ?ねー」スリスリ

心菜「お姉さん……」スリスリ

纒(嗚呼、あのここなつが私に求愛行動してる!かわいい!)

纒(しかし大人の女性として振る舞わないと……うん)

纒「心菜ちゃん夏陽ちゃん、お気持ちは嬉しいですよ、でも」

心菜「うう」

纒「……浴室でするのは寒いので、するならベッドの上でしましょう」

夏陽「お姉さん!」

心菜「わあい」

纒(喜ぶ二人も可愛い!やっぱりここなつは最高です……♪)



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:04:08.57 ID:oiuQ7k3Mo


……

白いベッド。
こっちに来る事になって買ったものだけれど、まだまだ小綺麗なもの。
まぁ寝るのにしか使ってなかったし、当然なんだけど。
でも今はそうじゃないのよ。
私の目の前には二人の少女が無防備な姿で横たわっているんだから。

「さ、お姉さん、どっちからする?」

「お好きな方を、どうぞ……」

年下の女の子に手を出すなんて、本当はいけないの。
でも今まで経験が無いわけでもないし。
こっちに来てからは控えていたけれど、誘われたら断れないわ。
それに二人同時になんて、煮え滾っちゃう。

「ふふ、じゃあお二人同時にいただきます♪」

きっと今の私の顔は満面の笑みよ。
こんな状況でそうならない方がどうかしてる。



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:06:29.71 ID:oiuQ7k3Mo


「じゃあお姉さんお姉さん、三人同時にキスしない?」

「みんな一緒にちゅー……」

三人同時キス?
これって皆仲良くないと出来ないのよね。
3Pでもなかなかする機会がない。
私とここなつの二人だから、何の問題もないのかも。

「いいですよ、じゃあ早速……」

ちゅ、と触れ合う唇。
心菜ちゃんと夏陽ちゃんの感触が同時に伝わる。
本当に贅沢な事してるわ。
こんなの、他の誰にも味わえないわよ?
あんまり独占欲を持つのは良くないって分かってるんだけど、致し方なし。

「ん、ちゅ」

おやおや、随分とせっかちさん。
既にここなつのお二人は舌を伸ばしてる。
ちゅちゅ、ちゅっちゅと熱心に絡め合う。
やっぱりここなつと言えば美しい姉妹愛よね。
そんな間に私が交じるなんて、おこがましいけれど。
ここなつの視線は、明らかに私を急かしてた。



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:12:31.45 ID:oiuQ7k3Mo


「れる、んっ」

絡み合う三人の舌。
ちゅるちゅると唾液が触れ合う淫らな音。
気持ちが高まっちゃうわ。

「んっく、ふ、ん」

同時にキスしてるから分かるけど、ここなつの二人の唾液の味は微妙に異なる。
でも、愛しい味なのは変わりない。
向こうには私の味はどう思われてるのかしら。
今日は珍しくアルコールを摂取してないから、そんなに悪い印象はないと思うわ。多分。

「ちゅぱ、ちゅっく、ちゅるり」

口の中に唾液が溜まってきたわ。
当然、3人のが混ざり合った液。
生暖かで、飲み下すと酷く興奮を煽られる成分入り。
でももういっぱいね。
口元からちょっと零れたのが勿体無い。
ま、キスばっかり、っていうのも、ね?



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:14:10.30 ID:oiuQ7k3Mo


「ぷは、っ」

触れ合う唇が離れる。
口元は唾液だらけね。
私はそれをぺろっと舌で舐め取る。
ここなつの二人はぐったりしてた。
キスで呆けちゃったり?

「お姉さん、相変わらず、キス上手よね……」

「そうですか?うふふ」

褒められると嬉しくなっちゃうわ。
実際自信は結構あるけどね。

「さて、もっと良くしてあげますからね?うふふ」

私の手のひらは二人の肌に這わされて。
やっぱりすべすべの白い肌。若いっていいわね。
心菜ちゃんはそのふんわりした胸をなでなで。
とっても柔らかいわね。
夏陽ちゃんは毎晩この胸を好きにしてたのかしら。

「はぁ……ん……」

小さな喘ぎ。
うふふ、感じてる心菜ちゃん可愛い。



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:18:30.78 ID:oiuQ7k3Mo


当然夏陽ちゃんにも愛撫をする。
でもまだ胸は触らないでおく。
白くて綺麗な肌。
ちょっと汗ばんでるけど、心菜ちゃんと同じですべすべさん。
撫でてるだけでもいいけど、折角だし。

「ん、れろ」

「ひゃっ」

ぺろぺろと夏陽ちゃんの肌を舌で撫でる。
やっぱりちょっとしょっぱいわね。それがいい。
相手の興奮を感じ取ると、私も興奮しちゃう。
女の子に自分の体液を塗るっていうのも。

「あ、んっ、おねえさ……」

夏陽ちゃんの声可愛い。
細い嫋やかな身体はびくびくしてる。
ふうふうと息も荒いし。
でもちょっと声は抑えてるかな。
まぁ恥ずかしいわよね。それは分かるわ。
でーも、抑えられたらもっと強く刺激したくなるのが私なのよね。
サディスティックな気持ち。



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:22:26.24 ID:oiuQ7k3Mo


「ふー」

「ひゃっ!」

唾液で濡れた部分に息を吹きかけてみる。
びく、と大きく震える夏陽ちゃん。
すかさず絶え間ない愛撫。
なでなで、すりすり。
白い胸も手のひらで。

「あ、あ、はぁ、あ、っ」

夏陽ちゃんの胸もすっごく柔らかね。
またどこか心菜ちゃんのとは違う感じがして。
なんていうか、うーんと、言葉にするのは難しいんだけど。
どことなく夏陽ちゃんの方が健康的?
別に心菜ちゃんが不健康な訳じゃないわよ。
細っこいのはそっちかもしれないけど。
ようし。

「心菜ちゃん、ちゅっ」

「あん、っ」

さっきから愛撫していた心菜ちゃんの胸にキス。
でも痕は付けない。
付けていいなら付けるけど、キス痕はグラビアのお仕事とかに支障が出ちゃうものね。



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:26:24.91 ID:oiuQ7k3Mo


柔らかな白い胸をぺろぺろ。
うん、しょっぱい。
全体的に汗ばんでる感じ。
心菜ちゃんも興奮してくれてたのねっ♪

「れろ、ん、ちゅ、ちゅっ」

「ん、く、はぁ、お姉さん……」

心菜ちゃんもびくびく。
反応はこっちの方が素直かしら。
ならもっと……。

「お、お姉さん」

「はい?」

「あの、ただ撫でるだけじゃ、やだ」

「あらあら……」

夏陽ちゃんったらせっかちね。
まぁ私は構わないんだけど。
要求されたなら幾らでもしてあげるつもりだし。
心菜ちゃんはどう?大丈夫?ならいいのよ。
仲良し姉妹らしく、一緒に喘がせてあげる。



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:30:34.61 ID:oiuQ7k3Mo


「こ、これでいい?」

「はい、絶景です……♪」

「お姉さん……」

体勢を変え、お尻を私に向ける二人。
やっぱり綺麗ねえ。
なでなでしたくなっちゃうけど、今触れるのはそこじゃない。
もっと大事なところ。
具体的には、現在進行形で蜜をとろとろと零している……。

「あ、あんまり見ちゃいや」

「あら、ついつい見ちゃうんですよねー」

「早く、お姉さん」

「あいあい」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:34:14.06 ID:oiuQ7k3Mo


すっ、と二人の股座に手を伸ばす。
指先を伸ばせば、べったりと付着する液体。
暖かいけどどろっとしてるわ。
同時にここなつの二人の身体も震えてる。

「ひい、っ」

「あ、ん……」

「ふふふ、もう準備万端ですねー……♪」

きっと今の私は、気味が悪いくらい笑顔よね。
だってここなつの二人は可愛いし。
すっごく幸せな気持ちなんだもの。

「じゃあ、入れちゃいますね……?」

ぐっ、と指を押し込む。
意図も容易く挿入される指先。
きっとどろどろに蕩けてるからよね。

「あ、ああ、っ、お姉さん、っ」

「はぁ、あ、あん、はぁ」

二人の口から発せられる甘い喘ぎ。
まだまだ序の口だし、もっと聞かせて?ね?



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:38:08.73 ID:oiuQ7k3Mo


にちゃっ。ぐちゃ、ぬちゅり。
卑猥な音が奏でられている。
これは愛液が飛沫を上げる音。
私の指が鳴らしているのよ。

「ああああ、っ、あ、ん、ああ、っ」

「んん、っ、はぁ、あ、んん……!」

私の指で二人はびくびくと感じっぱなし。
どろどろと愛液は溢れて、指はふやけちゃいそうなくらい。
相手の暖かな感触が愛おしくって。
また興奮がブーストされちゃうわ。

「あ、ん、ああ、ここな、ここなぁ」

「なっちゃ、んんっ」

「んん」

あらあら、二人でキスし始めちゃった。
まあ私は体勢の関係で出来ないし。
それにやっぱりここなつは二人でちゅっちゅするのが似合うのよね。
ふふ、可愛い。
私の指にも力が入っちゃうじゃない。



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:42:14.20 ID:oiuQ7k3Mo


「ちゅ、ちゅっ、ここな、ぁ」

「なっちゃ、ちゅっく、ふぁ、ちゅ」

身体を震わせながら淫らにキスし合う二人。
もう二人の世界、っていう感じね?
なら私はその世界に更に色付けてあげましょう。
うんと、妙な言い回しだわ。
まぁ、更に弄くってあげるだけなんだけど。

「んん、っく、ふ、あぁ、んん」

「ちゅっく、ぁ、ん、ふぁ、い、っああ、っ」

喘ぎを漏らしながらもキスをやめない。
お互いを貪ってるて感じがしていいわねえ。
自然と指は窮屈な内部を掻き回してる。
これは彼女らの反応をもっと見たいっていう意思の表れ。
分泌される愛液はどろどろと溢れて泡立つ。
大分暖まってると思うけど、どうかしら。
見立てだともうそろそろじゃないかなー?
この推測には結構自信があるわ。



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:46:36.69 ID:oiuQ7k3Mo


「あっ、ああ、お、おねえさ、も、もうっ」

「わ、私も、あ、んっ」

「そうですか、なら、いっぱい気持ちよくなって下さいね?」

ぐっちゃ。ぐちゃ。ねちゃっ。ぬちゃり。
指を動かす度に鳴る音。酷い水音だわ。
でも別に嫌悪感は抱かない。
それは多分、ここなつの二人の音だから、なのよね。

「お、お姉さん、お姉さんっ、あ、あああ、ああああああああああっ!!!」

「ああ、ああ、あああああ、ああ、おねえ、さ、あ、ああああああああああああっ!!!」

「おおう」

べしゃり、と二人の身体がベッドに転がる。
びくびくと強い快楽を受け止めて蕩ける心菜ちゃんと夏陽ちゃん。
やっぱりすっごく可愛い♪
一緒にイっちゃったのね、流石双子?
でも仲良しさんっていう感じでいいわよね。



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:50:09.02 ID:oiuQ7k3Mo


「はぁ……はぁ……」

「は、はぁ……あ、はぁ……」

今の二人は荒く呼吸するので精一杯みたい。
元に戻るにはちょっとだけ時間が必要。
私は自分の手のひらを眺めて見る。
両手とも愛液でべっとべと。
まぁさっきまでその中に差し込んでたから当たり前だけど。

「ぺろ、ぺろ」

ふむ、やっぱり違う味ね。
でもどこか甘く感じられるような。
これは流石にプラシーボ効果かしら?

「お姉さん……お姉さんったら」

「はい?」

「次は、私達から、ね?」



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:54:09.52 ID:oiuQ7k3Mo


私に擦り寄ってくるここなつのお二人。
肌を手のひらでなでなでされて。
頬擦りもされて。心菜ちゃん暖かいなあ。
ふふふ、もう。
そんな確認、いらないわよ?

「じゃあ、お願いしちゃいましょうか……♪」

「お姉さんっ」

「じゃあまた、キスから……」

また唇と唇と唇が重なり合って。
少し湿っていて暖かい。
好きなだけしていいからね、心菜ちゃん、夏陽ちゃん。
うふふふふ。
爛れた夜?それもいいわね。

「ん、ちゅー」

「ちゅ、ちゅっ」

「ちゅ……ちゅ……」

…………
……



37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:58:07.17 ID:oiuQ7k3Mo


~朝~

纒「んー……もう朝かあ……」

纒「……なんか重い?」

心菜「くう……くう……」

夏陽「すー…………かー……」

纒「……ここなつのお二人が私の胸を枕にして寝てる……」

纒「一緒のベッドで、私も心菜ちゃんも夏陽ちゃんも裸で、身体中べとべと……」

纒「それでいて白い肌に幾つも見える赤い斑点……私にもある……」

纒「いや今日は覚えてるわよ?」



38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 00:02:02.17 ID:UWj1qIioo


纒「結局お互いに何回もし合っちゃったのよね……」

纒「はぁ、背徳的なんだけど幸せ……♪」

心菜「んー……お姉、さん」

纒「あら心菜ちゃん、おはようございます」

心菜「うん……おはよー……」ギュ

纒「あらあら、まだおねむですか?」

心菜「うん…‥」

纒(可愛い)



39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 00:06:07.92 ID:UWj1qIioo


纒「寝ててもいいですよ?今日はお休みですし」

心菜「じゃあ、またねる……」

纒「ふふ、まぁ、ゆっくり過ごす休日というのも悪くありませんね」

心菜「お姉さんのおっぱい、ふかふか……」スリスリ

纒「二人そろって枕にするんですね……じゃあ私はお二人を抱き枕にしますから♪」

心菜「私となっちゃん……抱き心地いい……?」

纒「ええ、とっても柔らかですよ」

心菜「よかったー……」



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 00:10:03.65 ID:UWj1qIioo


……

夏陽「んん……今何時?もうお昼近いじゃない……」

夏陽「身体べとべとだし……シャワー浴びたい……」

纒「すう……かあ……」

心菜「……んん……」

夏陽「もう、お姉さん!ここなぁ!休日だからって寝てばっかりじゃダメよ!起きなさーいっ!」

おわり



41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 00:14:11.98 ID:UWj1qIioo


お疲れ様でした
少し早めですがここなつお誕生日おめでとうございます



関連記事
[ 2016/06/10 17:30 ] ひなビタSS | コメント(2)

素晴らしい
[ 2016/06/11 21:29 ] [ 編集 ]

今回は結構ガッツリな感じね
いいっすね^~
[ 2016/06/14 22:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5138-4eadb59f


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ