【はいふり】ミケ「わたしも好きだよ……シロちゃん」チュッ リン「」

1 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 20:08:36.89 ID:h9z8Lqxco


ミケ「えへへ……キス、しちゃったね……」

リン「え、えーと……? あれ?」



4 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 20:13:31.39 ID:h9z8Lqxco


ミケ「どうしたの? ぽかんとして……そんなに気持ちよかった?」

リン「あの、今、シロちゃん、って」

ミケ「ん?」

リン「えっ?」

ミケ「……あ、あれー? 聞き間違いだよー! わたしが好きなのは、リンちゃん……だ・け」チュッ

リン「ひゃんっ……みしゃきしゃんたら……」トロン

ミケ「ほら、シロちゃんのことなんか忘れて、二人でイイコト、しよ……?」

リン「ひゃ、ひゃい……」

ミケ「リンちゃん……大好き……」ガバッ





5 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 20:17:48.36 ID:h9z8Lqxco


~~

リン「すーすー」スヤスヤ

ミケ「……ふぅ、さっきは危なかったなぁ」

ミケ「あんな場面で名前を間違えるなんて、お笑いの世界の話だけかと思ってたよ……」

ミケ「現実ってこわいね……これからは気をつけなくちゃ」

ミケ「……あ、そろそろ時間だ」

ミケ「服着て、消臭スプレーと香水をたっぷり付けて」シュッシュッ

ミケ「よし、準備完了!」

ミケ「シロちゃん鼻が効くからね、においには気を使わなきゃ」

ミケ「おやすみ、リンちゃ~ん」

リン「zzz」




6 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 20:28:03.96 ID:h9z8Lqxco


――

シロ「…………」ソワソワ

ミケ「…………」ソロー

シロ「…………」ソワソワ

ミケ「えいっ」パッ

シロ「う、うわっ!? 何だ!? 手をどけろっ!」

ミケ「だーれだっ?」

シロ「な、なんだ……艦長か、いきなりだから驚いた……」

ミケ「ブブーッ」

シロ「……私にこんなことをするのは艦長以外いないだろう」

ミケ「艦長じゃありませーん」

シロ「はぁ? 何を言って――」

ミケ「『艦長』じゃなくて名前で呼んで」

シロ「――っ! あ、明乃……」

ミケ「ピンポーン!」パッ

シロ「……ま、全く、子供っぽいったらありゃしない……」



7 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 20:40:42.25 ID:h9z8Lqxco


ミケ「……まだ子供だもん」

シロ「…………」

ミケ「そんな子供のカラダでいいなら……シロちゃんに、好きにさせてあげるよ……?」

シロ「! あ、あけ、の……!」

ミケ「……チューしよっか、シロちゃん」

シロ「ん……」

ミケ「好きぃ……好きだよぉ、ココちゃん……」

シロ「私も、好きだ、明乃……」ちゅー

シロ(ん、今……なんと?)

シロ(……まさかな、私の聞き間違いだろう)

シロ「って、ひゃんっ!? どこっ、さわって……!?」

ミケ「シロちゃんがぼーっとしてるからわたしから攻めちゃった……ふふ、今夜は、朝まで寝かさないよ?」

シロ「はぁ、はぁ……明乃ぉ……」

ミケ「うんうん、待ちきれないのはわかるけどまずは……ベッド、行こうか」

シロ「……うん」



8 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 20:55:36.92 ID:h9z8Lqxco


~~


ミケ(……あ、廊下にココちゃんが一人きり! チャンス!)

ミケ「コッコちゃ~ん!」ギュー

ココ「ひゃっ!? もぉ~、なんだ艦長ですかぁ~」

ミケ「なんだは無いよぉ、『こいびと』に向かってさっ」

ココ「……恋人、ですか」

ミケ「どうしたのー? いつになくツンツンしちゃって……もしかして今日は、そういう気分じゃない?」

ココ「単刀直入に聞きますが……艦長、二股かけてますよね?」

ミケ「」

ココ「やっぱり」

ミケ「えっ、やっ、ちちっ、ちがっ、そんな訳っ!」

ココ「いえ、いえ、良いんですよ、別に」

ココ「ただ私といる時に私のことを見てくれてるのであれば、別に」ムニュッ

ミケ(うわっ、腕に当たって……ココちゃんって、やっぱり大っきい……)



9 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 21:10:45.54 ID:h9z8Lqxco


ココ「……触りたいですか? 良いですよ?」

ミケ「う、うん……ちょっとだけ……」サワサワ

ココ「ちょっとと言わず、いくらでもどうぞ……なんなら、これから艦長のお部屋でも……」

ミケ「……ごくり」

ミケ(実は今日中に片付けておきたい書類とか、あるん……だけど!)

ココ「?」ポヨン

ミケ(おっきいおっぱいの誘惑には、逆らえないよ……!)

ミケ(このボリューム! 質感! たまらないよね~!)

ミケ「ねぇ、部屋に着くまでにも……予行演習、しとこっか……」

ココ「ええっ!? だ、ダメですよ、誰かに見つかったら……」

ミケ「問答無用っ!」

ココ「あ~れ~っ!?」

ミケ(大艦巨砲主義、万歳!)



10 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 21:29:40.31 ID:h9z8Lqxco


――

ミケ「やっぱりおっぱいは……ちっちゃくて可愛いのが、一番だよね!」

ミケ「手のひらに収まる程よいサイズ……はぁはぁ、まるでわたしがおっぱいの全てを支配しているような感覚になれるよ……」もみもみ

メイ「ひゃっ!? よっ、余計なおせわ……よっ!? んっ、んんっ!」ビク

ミケ「ちっちゃい人は敏感だって言うけど、本当なのかなー?」

メイ「ちっ、ちっちゃくないし……あたしだって、ちょっとずつ、おっきくなってるし……」

ミケ「そういう強がりなタm、メイちゃんもかわいいよ」

ミケ「じゃあもっとおっきくしちゃおっかな」モミモミ

メイ「ひゃぁ! やんっ、や……だめっ、んっ……!」

ミケ「大きさに関係なく、リ、メイちゃんが敏感なのは間違いないねー」

メイ「はぁ……はぁ……はぁ……もぉ、いじわるっ」

ミケ「大好きなメイちゃんを可愛くするためなら……わたしはいくらでも意地悪になるよ……?」

メイ「んっ……! あっダメ、やっ、ひゃんっ!?」



11 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 22:06:52.33 ID:h9z8Lqxco


――

ガチャ

タマ「失礼します……」

ミケ「タマちゃん! 待ってたよ~!」

ミケ「あとこのあいだ注文したの……届いてるよ」ゴソゴソ

タマ「うぃ」

ミケ「じゃじゃん、双頭ばいぶ~」

タマ「おぉ……」

ミケ「……なんか、思ってたより小っちゃいね」

タマ「そういう、もの……いきなり、大きいのは、無理……」

ミケ「そうなんだ~」

タマ「…………」ジー

ミケ「?」



12 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 22:13:39.67 ID:h9z8Lqxco


タマ「つかって、みたい……」

ミケ「……え?」

タマ「…………」ジー

ミケ「え、えーっと、わたしこれから遅番だから体力残しとかなきゃいけなくちゃ、なんだー……」

タマ「うぃ」

ミケ「うん、そういうことだから、また今度……」

タマ「ダメ、待てない」グイッ

ミケ「ひゃっ!?」

タマ「ふといほうがいい? ほそいいほうがいい?」

ミケ「あ、あぅ、もうするのは決定なんだ……」

ミケ「……じゃあ、ほそいほうで」

タマ「うぃ」

タマ「ちなみにほそいほうが受け側……」

ミケ「えっ!? そ、そうなのっ!?」

タマ「大丈夫……」

タマ「攻めも、結構、スキ……」

ミケ「そういうことじゃなくてぇ……」

ミケ「……あの……お手柔らかに、どうぞ」

タマ「……うぃっ!」



13 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 22:35:50.36 ID:h9z8Lqxco


――


ミケ「やっぱり……船乗りは体力勝負だね……」トコトコ

ミケ「三回延長戦からの遅番は堪えたよー……」フラフラ

ミケ「ん?」

サト「ぞなー……」ポツン

ミケ「あれー、サトちゃん? どうしたの? わたしの部屋の前で」

サト「ぞなっ!」

ミケ「えー? も、もー……それは嬉しいけど、他の人に万が一見つかったら大変だから、ちゃんと連絡してね?」

サト「ぞな……」

ミケ「……うん! じゃあお説教おわり! 鍵開けるから入って~」

サト「ぞなぞなっ!」

ミケ「ごめんね~、ちょっと散らかってるけど、ベッドのあたりは片付いてるから……」

サト「ぞな?」ヒョイ

ミケ「ラムネでも……ってあぁっ!? 双頭っ……!」

ミケ(しまったぁ! 片付けるの忘れてたぁぁぁ!)



14 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 22:53:41.79 ID:h9z8Lqxco


ミケ「あぁうっ!? いやっ! ちがっ、それ違うの! 」

サト「ぞなぁ~?」ジトー

ミケ「ほ、ほんとうっ!」

サト「…………」ゾナー

ミケ(ううっ……視線が痛いっ!)

ミケ「その……サトちゃん来るまで寂しかったから、ひとりで……」

ミケ「な、なぐ、さめてて……ほんとっ! ほんとなのっ!」

サト「……ぞなっ!」ヒョイ

ミケ「えっ……ええっ!? 無理っ、無理だよそんなのっ!」

サト「ぞなっぞなっ」

ミケ「め、めのまえで……? そんなの、恥ずかしくて……」

サト「ぞな」



15 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:05:01.11 ID:h9z8Lqxco


ミケ「わ、わかったっ、わかったからぁ……」

ミケ「…………」

サト「…………」ジッ

ミケ「んっ……んっ、あっ……」

ミケ(何で、サトちゃんに見られながら双頭バイブでオナニーしてるんだろ)ハァハァ

ミケ(嘘つくとバチが当たるって、本当だね……)

ミケ「み、みないで……そん、なに、みないでサトちゃん……!」

サト「ぞなぁ……」トロン

ミケ「ひゃだっ、なんかっ、てがっ、かって……に、んんっ!?」ビクッ

サト「……ぞな?」サワサワ

ミケ「サトちゃ、だっ、だめ、んっ! ひゃ、そんな……ことないっ! んあっ……あんっ!」ビクビクゥ

ミケ(恥ずかしくておかしくなりそうだけど……サトちゃんに耳元で囁かれると……ものすごく興奮する……)

ミケ「やしゅめしょーも……にゃいかも……」

サト「ぞな?」

ミケ「んーん、なんれもなーひぃ……」グデー



16 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:15:04.39 ID:h9z8Lqxco


――

ミケ「お邪魔しまーすっ」

美波「また艦長か、全く……医務室は健康な者が入り浸るための場所では無いのだが……」

ミケ「いいじゃんいいじゃん、せっかく二人っきりなんだしー、固いこと言いっこなしだよー?」サワサワ

美波「んっ……ちょっと、やめっ……」

ミケ「また前みたいに『おねーちゃん』って呼んでくれないの?」

美波「それはっ! んっ、私の、やはりキャラと合わない、ひゃっ……と、いうっ!? かっ……!」ビクッ

ミケ「……はむっ」

美波「ひっ!?」

ミケ「頭のいいみなみさんは、いまいらないの」ペロペロ

美波「ひゃ、うっ!?」

ミケ「そーゆうの全部、とけちゃえ……」ペロペロ

美波「ひゃ、だめっ……だめ、だよぉ……おねえ、ちゃん……」

ミケ「いいよぉ、もっともっと……お姉ちゃんに甘えて?」



17 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:25:22.36 ID:h9z8Lqxco


美波「うんっ……もっとぎゅーってしてー……」

ミケ(このギャップ! 普段の態度からは想像出来ない甘えグセ!)

ミケ(船旅で荒んだ心がみるみるうちに潤っていくよ……!)ハァハァ

美波「みてるだけじゃ、なくて……触ってくれないと、ヤダ……」

ミケ「はうっ!」キュン

美波「……どうかしたの?」

ミケ「お祈り、してるの」

ミケ「急患が入って、中断されませんように、ってね!」ガバッ

美波「もぅ、おねぇちゃんったらぁ……」



18 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:32:12.42 ID:h9z8Lqxco


――

ミケ「今日はフタフタマルマルからお部屋でまゆちゃんと……えへへっ」

ミケ「少し早めに戻って片付けしておかなくちゃ」

ガチャ

理都子「おかえり、待ってたよ~」

ミケ「りっちゃん!? あれ、なんでわたしの部屋に……」

理都子「なんでって、昨日岬さんが~、『お仕事終わったら部屋で待ってて』って言ったから~」

ミケ(……しまった、そうだった!)

ミケ(まずいよ~ダブルブッキングしちゃったよぉ~……)アセ

理都子「岬さん……しちゃう?」ポンポン

ミケ「へっ!? あっ、えっ、うん?」

理都子「ん~、なんか心ここにあらずって感じ……今日はそーいう気分じゃなかった?」

ミケ「い、いや、そういうわけじゃ……あっ!」

ミケ(やばい! もうすぐまゆちゃん来ちゃうよ!)

理都子「?」



19 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:33:43.09 ID:h9z8Lqxco


ミケ「ね、ねぇりっちゃん、場所替え……じゃなくて、また日を改めて……というか、今日のところはこれで……」シドロモドロ

理都子「んん~? なーんかあやしくない~?」ズイズイッ

ミケ「ひゃっ……!」

ミケ(かお、近い……!)ドキドキ

ミケ(あ、キス、されちゃう……)

マユ「失礼しまーすっ」

チュッ

ミケ「」

ミケ(まゆちゃん……なんてタイミングで……)

マユ「……ん? え?」

理都子「ふはぁ…… だれ……?」

マユ「」



20 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:36:54.84 ID:h9z8Lqxco


ミケ(や、やばいよやばいよぉ……)

マユ「ま、松永さん? 一体艦長に何をして……」

理都子「キス、だけど~?」チュッ

ミケ「」

ミケ(これ以上挑発しないでぇー!)ヒー

マユ「…………」

マユ「……艦長? これは一体どういうことでしょうか?」ゴゴゴ

ミケ「ひぃ! え、えっとね、あのね、違うの、わたし……」

マユ「…………」ツカツカツカ

ミケ「あっ! やだ、ごめん、ごめんなさっ……!」

マユ「……ちゅっ」

ミケ「!?」



21 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:38:23.88 ID:h9z8Lqxco


理都子「……へぇ~」

マユ「私のキスの方が気持ちいいですよね、艦長!」

ミケ「え、えっと……んむうっ!」チュー

理都子「ぷはぁ……岬さんはぁ、わたしとのキスじゃないとダメって言ってるよ~」

マユ「いっ、言ってないよっ! んっ……! はぁ、どうですか? 艦長……」

理都子「んっ、わらひの方が……ぷはぁ、いいよねぇ?」

ミケ(交互にキスされて……しゃべる暇もないよー!)ンー

ミケ(頭ぽわーってしてきた……このままじゃあ……)

ガチャ

ミケ「ひゃ、ひゃれ……?」



22 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:40:48.48 ID:h9z8Lqxco


リン「はぁはぁ……今日は寂しくて眠れなくて……岬さん、ぜひいっしょ……に……」

理都子「」チュッチュ

マユ「」チュッチュ

ミケ「」グッタリ

リン「……え?」

理都子「逃げちゃだーめ」チュ

ミケ「んっ、んんんっ!」ピクッ

マユ「ぷはっ、はぁ、息、切れそう……」ギュ

リン「……え、なにっ、なにこれ? ありえない、ありえないよね? ていうか許されるわけがないよこんなの……」ゴゴゴ

ミケ「ふゃぁ、りん、ひゃん……?」



23 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:43:40.66 ID:h9z8Lqxco


リン「岬さん……! 今助けますから……!」 チャキッ

マユ「何その刃物!?」ビクッ

理都子「ぶ、物騒すぎだよ~……」ササッ

リン「やったぁ……岬さんゲットぉ……!」ナデナデ

ミケ「リン、ちゃん……そんなもの持ち歩いちゃ、だめ……」

リン「やだなー、偽物に決まってるじゃないですかー……」

リン「……ぁはっ! はっ! あははははははっ! 岬さぁ~んっ! 岬さんだぁ~っ!」ギュー

マユ(ホントに偽物だよね……?)



24 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:45:24.51 ID:h9z8Lqxco



リン「さてと……もちろん岬さんは、浮気なんてしてないよね」

リン「岬さんはこの二人に襲われてただけだよね」

リン「私だけが本命、なんだよね?」

リン「この部屋に入った時、何が起こってるかわからなくて」

リン「目に飛び込んでくる映像だけを見て思っちゃったんだ、つい疑っちゃったんだ、岬さんのこと」

リン「本当にごめんね? でも、今は私ちゃんと……信じてるから……」

リン「浮気なんてしてないよ、って言って」

ミケ「…………」

ミケ(なんだか、今だかつてないピンチな気がするよ……)ダラダラ

ミケ「……し、してないよ」

リン「私の目を見て」

ミケ「し、して、してな……」ダラダラ



25 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:48:55.95 ID:h9z8Lqxco


リン「……え~?」

ミケ「……ごっ、ごめんなさっ」

リン「してないよね?」チャキッ

ミケ「いぃいいっ!?」ビクゥ

理都子「偽物、偽物だからね~」ドキドキ

リン「し、て、な、い、よ、ね?」ジリジリ

ミケ「ごっ……ごめんなさい……浮気して、ました……」

リン「うわあーっ!」ブンブンッ

ミケ「きゃっ!」

マユ「か、確保ーっ!」ガシッ

理都子「はいなっ!」ガシッ

リン「あーっ! 離してっ! 岬さんを殺して私も死ぬっ!」ジタバタ

マユ「恋愛になると性格変わりすぎだよ!」

理都子「こわかったぁ……ドラマみたい……知床さんが見ない感じの」



26 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:52:46.18 ID:h9z8Lqxco


ミケ「ありがとう二人とも……怪我人が出なくて何よりだよ」

ミケ「本当は私が怪我をすることよりも……リンちゃんが誰かを傷つけることの方が怖かった」

ミケ「リンちゃんはすごく優しい子だから……もし人を傷つけたりしちゃったら、この先すごく苦しむことになっちゃう」

ミケ「リンちゃんにそんな思いは、絶対にして欲しくなかったんだ……」ウルッ

マユ「艦長……」

ミケ「えへ……これで……やっと一件落着かなっ」

理都子「いや、まだなんっにも終わってないよ~」ニコ

ミケ「あ、あれ~? おっかしいなぁ~」

マユ「知床さんのおかげで冷静になれたし……じっくり事情を聞かせてもらう時間が出来たね?」

理都子「聞きたいこと、た~っぷりあるけど……まずは場所を移そうか~」

ミケ「は……はぁーい……」



27 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/04(月) 23:56:37.94 ID:h9z8Lqxco


―艦橋―

ザワザワ

ミケ「え、えー……夜分遅くに、申し訳ありません……」

ミケ「こうして皆さんに集まっていただいたのは……わたし、自身の……問題行動についての謝罪のためです……」

モモ「はいはいっ!」

モモ「それはモモの同人誌のネタになるような感じのヤツですかっ!?」

ヒメ「ちょっとモモちゃん……!」

モモ「だって艦長が二股かけてるとかかけてないとかのうわさ、わりとあったじゃないっすか」

ミケ「えー……そのとおりです、まさにそのことについての謝罪となります……」

ミケ「……二股かけてごめんなさいっ!」

ザワザワ



28 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/05(火) 00:00:50.34 ID:CRTfsuEQo


モモ「誰ですかっ! 誰と誰にかけてたんですかっ!?」キラキラ

ヒメ(メモ取ってるよ……)

ミケ「シロちゃんとリンちゃん……」

モモ「なるほど……」カキカキ

ミケ「とココちゃんとメイちゃんとタマちゃん」

モモ「えっ!?」

ザワザワ

ミケ「とサトちゃんとマユちゃんとりっちゃん」

ミケ「とヒメちゃん」

モモ「」

ヒメ「…………」

モモ「」ジッ

ミケ「と美波さんとみかんちゃんとメグちゃん!」

ミケ「二股かけてて本当にごめんなさい!」ゲザァ

シーン



29 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/05(火) 00:01:54.19 ID:CRTfsuEQo


ヒカリ(うわぁ)ドンビキ

ルナ(二股……なのかな? これ)

まりこうじ「あの、一体……どうしてこんなことを……」

ミケ「……わたしには、両親がいなくて」

ミケ「『家族』ってものがどういうものか、よく知らなかったんだ」

レオ(なんか始まった……)

ミケ「乗組員は仲間。乗組員は家族。わたしには眩しすぎる言葉だった。命さえも預けられるような深い仲に、みんなとなっていくんだなぁって思うと、胸の奥がどきどきしたんだ」

ミケ「今回晴風の艦長に配属されることを知らされたとき、わたしは決めたの。艦長は人と人を繋ぐ大事な役目。誰よりもみんなを愛して、みんなに愛される乗組員になりたいって」

ミケ「それがいきすぎちゃったのかな……いつの間にか優しいみんなに、甘えすぎてて……」

まりこうじ「あの……それでも家族愛と情愛は別物だと思うのですけれど……」

ミケ「うっ」



30 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/05(火) 00:04:59.81 ID:CRTfsuEQo



リン「岬さん……?」

ミケ「うぅ……」

シロ「艦長……?」

ミケ「ううぅ……」

ミケ「…………」

ミケ「うわぁーーーーーん!」

ミケ「さみしかったんだようっ!」

ミケ「一人部屋でっ、艦長なんておっきな仕事任されてっ」グスグス

ミケ「もかちゃんはいないしっ、遅刻しちゃったり撃たれたりでもう散々だったんだようっ!」グスグス

ミケ「それを癒してくれるのが、女の子の……みんなの、ぬくもりだったんだよぅ……」

シーン



31 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/05(火) 00:07:22.02 ID:CRTfsuEQo


シロ「艦長……」

シロ「すみません……副長の私が、精神面でも実務面でも支えるべきだったのに……」

リン「うん……私たち、今まで岬さんに負担をかけすぎてたのかも……」

マロン「海の仲間は家族! こういうときにこそ使う言葉だってんでい!」

美波「これから辛いときは……医務室に来てカウンセリングでも受けると良い」

ほまれ「苦しいときは美味しいものを食べるのが一番だよ!」

あかね「いつ来ても、おにぎりぐらいはパパっと作れるんだから!」

ミケ「みんなぁ……」ポロポロ

ミケ「ゆるして、くれるの……?」

メイ「……ま、事情聞いちゃうと、ちょっとねー」

メイ「……あんまイヤでもなかったし」ボソッ

タマ「うぃ」

ミケ「ありがとう……!」

ハー ヤレヤレ イッケンラクチャク? モーネムイ ゾナ



32 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/05(火) 00:09:59.33 ID:CRTfsuEQo


クロ「……でもさぁ」

クロ「今のって何人もの女の子に手を出す理由には、なってなくない?」

ミケ「」

シーン

マロン「さ、さーて夜も深いし、寝るとすっかなー」テクテク

ミケ「あ、あのー、今夜誰か、添い寝だけでもぉ……」

サト「ぞな~……」スタスタ

リン「お、おやすみ~、また明日ね、みさ、艦長……」

ゾロゾロゾロ

ミケ「…………」

ミケ「…………」ポツーン

ミケ「さみしいよぉ……」

ミケ「最近、夜はいつも誰かといっしょにいたもんねぇ……」

ミケ「一人でいるのがこんなに寂しいなんて……忘れてたよ……」グスッ



33 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/05(火) 00:11:38.90 ID:CRTfsuEQo


ココ「いいえ艦長……私が……まだ、残ってますよ?」スッ

ミケ「ココ……ちゃん!」

ココ「さあどうぞ艦長……私の胸に飛び込んでいいですよ……」

ミケ「ココちゃーん!」ギュッ

ココ「私は他の人みたいに二股かけたからって冷たくしませんよ? もし私が振っちゃったら……本当に一人になっちゃいますねぇ」ナデナデ

ミケ「っ!」ビクッ

ココ「冗談ですよ、毎晩だってかまいませんし……もういっそ艦長のお部屋に居ついちゃいましょうか?」

ミケ「……ほんとに? ありがとう……!」パァァ

ココ「じゃあ……そうですね……一つだけ、お願いを聞いてもらいますね……」

ミケ「うん、うん……!」スリスリ

ココ「…………」ニコ



34 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/05(火) 00:16:04.15 ID:CRTfsuEQo


――


ミケ「はぁっ、んっ、すき、だよ、ココちゃ――ココ……」

ココ「はあっ! はぁっ、きもちいいっ! すき! 私もすきです……ミーナっ!」チュー

ミケ「…………」

ココ「すきなだけっ、ぎゅーって! してあげますからっ! ずっといっしょですよっ!」チュ

ミケ「……うん」レイプメ

艦!



35 : ◆FRtTimAs0A 2016/07/05(火) 00:16:31.70 ID:CRTfsuEQo


ミケちゃんのまわりがおかしい話は前書いたので今度はミケちゃんだけがおかしい話を書きました


関連記事
[ 2016/07/05 07:00 ] はいふりSS | コメント(6)

ココちゃん大勝利
[ 2016/07/05 08:06 ] [ 編集 ]

なーんかメイちゃんの喘ぎ声の脳内再生率高いなぁ
[ 2016/07/05 08:30 ] [ 編集 ]

ココの乗換え率
[ 2016/07/05 09:51 ] [ 編集 ]

海の仲間は家族(親子とは言ってない)だからね、しょうがないね
[ 2016/07/05 21:37 ] [ 編集 ]

ココっち大勝利
[ 2016/07/06 13:44 ] [ 編集 ]

孤児院出身だからね、家族はほしいもんね、仕方ないね
[ 2016/07/07 02:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5163-63a3d710


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ