スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ラン「よさこい部ってこんな感じだっけ」【ハナヤマタ】

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:26:56.69 ID:w8JnqXHE0


屋上


サリーちゃん「はい、じゃあそろそろ練習は終わりにしましょうか」

なる「はぁ…… もう秋なのにまだまだ暑いね、いっぱい汗かいちゃった……」

ハナ「疲れたデス……」

ラン「えー? ハナ先輩これくらいでもうお疲れなんですかー? ランはまだまだ余裕ですけど~?」

ハナ「暑いのは苦手デス……」

ラン「…… 張り合いないなー」

ラン(まぁ暑いのはわかるけど……)

ラン(て言うかなんでみんな制服で踊ってるんだろう…… 普通に考えて暑いし動きにくいし、制服に変な臭いつきそう……)





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:28:23.78 ID:w8JnqXHE0


サリーちゃん「それじゃ、みんなすぐに準備して早く帰るのよ」

「はーい」

なる「結構汗かいちゃったし、ちゃんと拭かなくちゃ……」

ヤヤ「なる、終わったらタオル貸して 今日タオル忘れちゃって……」

ラン(えっ?)

なる「うん、いいよヤヤちゃん」

ラン(えっ!? こんなに暑いしなる先輩凄く汗かいてるでしょ? なのにタオル借りるの!?)

ラン(それにタオルって人に貸すようなものだっけ???)



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:29:33.37 ID:w8JnqXHE0


なる「はい」

ヤヤ「ありがと ……すんすん」

ラン(えー! に、におい嗅いでるー!?)

ラン(あ、あのヤヤ先輩が…… あのクールでかっこいいはずのヤヤ先輩が……)

ラン(て言うかなる先輩はにおい嗅がれて嫌じゃないの!?)

なる「も、もうヤヤちゃんってばー」

ラン(あ、やっぱり少し恥ずかしそう)



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:30:35.24 ID:w8JnqXHE0


なる「か、嗅ぐなら…… 直接でも……」

ヤヤ「…… いいの?」

なる「や、ヤヤちゃんなら…… いいよ」

ヤヤ「じゃあ……」

ヤヤ「すんすん」

なる「ご、ごめんね、汗臭い…… よね?」

ヤヤ「ううん、そんなこと無いよ…… なんか…… 凄く落ち着く」

なる「ヤヤちゃん……」

ヤヤ「なる……」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:32:04.63 ID:w8JnqXHE0


ラン(おかしくない?)

ラン(え? 二人凄いイチャついてるのにみんな触れないの? 触れちゃいけないやつなの?)

ラン「ハナ先輩」

ハナ「どうしたんデスか?」

ラン「ヤヤ先輩となる先輩っていっつもあんなことしてるの?」

ハナ「んー、いつもってほどじゃないデスけど…… あの二人はとっても仲良しデスからね~」

ラン「仲良しの域越えてない? あれ見ててみんな何とも思わないの?」

ハナ「みんな、と言ってもタミさんとマチさんもあの様子デスし」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:34:07.99 ID:w8JnqXHE0


タミ「マチちゃ~ん」

マチ「ちょっ…… いきなり抱きついてこないでよ!」

タミ「疲れた~」

マチ「…… 重いんだけど」

タミ「ああ! 重いって言った! わたしそんなに太って無いからね!」

マチ「そういう意味じゃないから!」

タミ「うぅ…… でも…… なんか先週に比べて体重くなったような気が……」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:35:20.96 ID:w8JnqXHE0


マチ「…… そんな気になるなら少し触らせてみなさい」

タミ「えっ…… み、みんなの前でやるの…… ?」

マチ「っ!? ち、違う! ただの触診だから!」

タミ「えへへ~ 特別だよ~」

マチ「はいはい、触るわよ…… 」

タミ「な、何か喋ってよ……」

マチ「い、一応集中してるから……」

タミ「んんっ……」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:36:03.34 ID:w8JnqXHE0


マチ「……」

タミ「ま、マチちゃん目が恐いよ~」

マチ「あ! ご、ごめん……」

タミ「ど、どうだった?」

マチ「うーん、お腹も太ももも二の腕もやっぱり前に触った時と変わってないし、太ったっていうのは気のせいじゃない?」

タミ「ホント!? 良かったー!」

マチ「…… 別に私はタミが少し太ったからって気にしないけど」

タミ「むぅ、マチちゃんが気にしなくてもわたしが気にするの! マチちゃんのために綺麗な体になりたいの!」

マチ「……っ! そこはよさこいのためってことにしときなさい」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:36:40.84 ID:w8JnqXHE0


ハナ「タミさんとマチさんもあの様子ですよ」

ラン「……」

ラン(え? ぜったいおかしいよね? 変なのは先輩たちの方でランがおかしい訳じゃない…… よね…… ?)



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:39:36.27 ID:w8JnqXHE0


ラン(そしてランがよさこい部に入って少しした頃)

わ子「改めて、十二所わ子です 宜しくお願いします」

サリーちゃん「わ子ちゃんはよさこいチームに入ってる経験者なんだから、先輩相手でもバンバン教えちゃってね」

わ子「はい、わかりました」

タミ「わ子ちゃーん! これからよろしくねー」

ハナ「1年生が二人も入ってくれるなんて…… 夢みたいデス!」

ラン「はぁ…… なんでわ子が入って来るのよ……」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:42:34.66 ID:w8JnqXHE0


練習後


ラン「あっつ……」

わ子「ねぇラン」

ラン「な、何!?」

わ子「えっ、いやそこまで警戒しなくても……」

わ子「なんで皆さんこんな直射日光が激しいところで練習してるの?」

ラン「なんか他に練習場所が無いから仕方なくここ使ってるらしいよ」

わ子「そっか……」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:44:33.67 ID:w8JnqXHE0


ラン「ふー…… あ、そうだ わ子タオル使う?」

わ子「えっ!?」

ラン「えっ…… ?」

ラン(えっと…… ラン何か変なこと言ったかな…… ? なんていうか…… わ子少し引いてる?)

ラン「えっと、わ子タオルとか用意してないみたいだし、汗かきっぱなしなの気にするかなーって……」

わ子「私はいいけど…… ランはいいの?」

ラン「い、いいのって?」

わ子「あ、いやランが大丈夫ならそれでいいけど」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:48:05.05 ID:w8JnqXHE0


ラン「……」

ラン(これ、わ子も使ったタオル……)

ラン「……」

ラン(わ、わ子ってどんなにおいするんだろ……)

ラン(に、におい嗅ぐのなんて変じゃない…… よね? だってあのヤヤ先輩だってしてたん、だし)

ラン「…… すんすん」

ラン「んっ……」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:50:41.19 ID:w8JnqXHE0


数週間後


ハナ「練習終わりデスー」

なる「もう秋なのにまだ暑いね~」

ヤヤ「なんかこの話前にもした気がするんだけど……」

ハナ「それだけ日本は暑いってことデス……」


わ子「あ……」

ラン「どうしたの、わ子?」

わ子「またタオル忘れた」

ラン「またぁ?」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:51:21.10 ID:w8JnqXHE0


わ子「だから、さ……」

ラン「わ、わかった! またランのタオル貸してあげる……」

わ子「ありがとう」

ラン「な、何笑ってんの!」

わ子「別に……」

ラン「気持ち悪い…… もう今度からわ子にタオル貸してあげないからっ!」

わ子「ふ~ん……」

ラン「あー! もぉ! だからなんなのー!」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:51:50.33 ID:w8JnqXHE0


終わりです。読んでくれた人ありがとうございました。


関連記事
[ 2016/07/11 07:00 ] ハナヤマタSS | コメント(4)

やっぱりハナヤマタはいいな
[ 2016/07/11 21:46 ] [ 編集 ]

百合部
[ 2016/07/12 04:49 ] [ 編集 ]

足りない
[ 2016/07/12 23:57 ] [ 編集 ]

いつものよさこい部だった
[ 2016/07/13 08:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5173-30f69cf4


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。