千夜「シャロちゃんは苦労人」

1 : ◆fzKDcww9Sc 2016/07/15(金) 00:30:16.19 ID:Nk9zTRQc0





シャロ(はあ……今日も疲れたわ……。今日は確か自分にご褒美があったような、なかったような……)



ガチャッ



千夜「あっ、おかえりなさい」

シャロ「ただいま、千夜」

千夜「今日も遅かったわね」

シャロ「そうね、もう8時だものね」

千夜「晩ご飯、作っておいたわ。召し上がれ」

シャロ「ありがとう……。––って、あれ?」

千夜「どうかしたの、シャロちゃん」







シャロ「なんで千夜が私の家にいるのよー!?」






2 : ◆fzKDcww9Sc 2016/07/15(金) 00:32:05.76 ID:Nk9zTRQc0





千夜「だって、うーん……」

シャロ「な、何よ」

千夜「その、えーっと、……なんでだったかしら」

シャロ「ちょっと」

千夜「まあいいじゃない。それより、早くしないとご飯が冷めちゃうわ」

シャロ「いやよくない! 作ってくれたのは嬉しいけどよくないわよ!」

千夜「何だか顔色も良くないわ。少し落ち着いて」







シャロ「……」

千夜「何かツラいことでもあったの?」

シャロ「べ、別にそんなこと……」

千夜「それなら、いつも通りの話をいつもみたいに聞いても大丈夫かしら」

シャロ「ツラいことなんてないわ、ただいつもよりちょっと仕事が大変だったから……」

千夜「やっぱり。何かあったなら、無理しちゃダメよ」

シャロ「……もう」







3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:33:00.11 ID:Nk9zTRQc0





――


――――――


――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――



カランカラン



シャロ「いらっしゃいませ――」

青山「こんにちは、シャロさん」

シャロ「――あ、青山さん!?」

青山「今日も何だか筆が乗らないので、場所を変えようと」

シャロ「え、そ、そうですか……。また新作を書かれてるんですか?」

青山「はい。カフェインファイターの続編を」

シャロ「えっ」

青山「ここなら、イメージがよく膨らむかと思いまして」

シャロ「は、はあ……。――ところであの、ふとももに向かって話されるとこっちも恥ずかしくなるんですけど」

青山「あ、ええ。すみません」






4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:33:38.13 ID:Nk9zTRQc0





シャロ「それじゃあ、お席にご案内しますね」

青山「ありがとうございます」

シャロ「こちらにどうぞ、注文がお決まりになりましたらお呼びください」

青山「はい――さて、今日は何にしましょうか……」







「すみませーん、注文いいですかー?」



シャロ「はーい、ただいま伺いまーす!」






5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:34:57.79 ID:Nk9zTRQc0







青山「あのー、注文してもよろしいでしょうかー」

シャロ「はい、どうぞ」

青山「今日はジャスミンでお願いしますー」

シャロ「かしこまりました、少々お待ちください」







カランカラン

シャロ「いらっしゃいませ――」

マヤ「よっ、シャロー!」



シャロ(ま、まさかまた顔見知りの子たちが来るなんて)



メグ「シャロさん、こんにちは〜」

シャロ「こんにちは、2人とも。えっと、今日はどうしたの……?」

メグ「?」

マヤ「『どう』って、特に何もないよ〜。ただ遊びに来ただけ〜」

シャロ「そ、そうなのね……」

マヤ「あっ、でも2人で話してたんだ〜。シャロが働いてるキラキラでカッコいいところを見たいっt……むぐっ!?」

シャロ「メグちゃん?」

メグ「う、ううん、なんでもないの〜」






6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:35:41.34 ID:Nk9zTRQc0





シャロ「……じゃあ、席に案内するわね」

「「はーい!!」」







シャロ(……待って……私が働く、カッコいいところ……??)



マヤ「メグ、オススメとかある?」

メグ「シャロさんに聞いたほうがいいんじゃないかなあ」



シャロ(……私がカッコいいってこと!!?!?や、やだ……//)






7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:36:39.54 ID:Nk9zTRQc0





マヤ「それもそっか、店員だもんね」

メグ「うんうん」

マヤ「ねえねえ、何かオススメ――って、シャロ?」

シャロ「? ど、どうかした?」

マヤ「いや、シャロのオススメとかあるかな〜って」

シャロ「そ、そうね……。どんな味がいいとか、身体のどこかの調子が悪いとか、あるかしら」

マヤ「そうだなあ――」



シャロ(ちゃんとカッコいいところが見せられるように頑張らなくちゃ……)






8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:37:44.50 ID:Nk9zTRQc0





マヤ「そういえば、目がちょっと疲れてるんだ。ねっ、メグ」

メグ「そうだね、一昨日までテストだったからね〜」

シャロ「目の疲れ……、それならハイビスカス、ビルベリー、マテあたりがいいかしら」

メグ「マテ……それってマテ茶のマテのこと?どんな味がするんだろう」

シャロ「ええ、そのマテよ。うちで扱ってるマテは、香ばしくて甘苦い味がするわ」

マヤ「苦みがあるのかあ……」

メグ「それならビルベリーにしようかな〜。マヤちゃんは?」

マヤ「じゃあ私もそれで!」

シャロ「分かったわ。それじゃあ……お席はこちらになります。少々お待ちください」






9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:38:32.00 ID:Nk9zTRQc0





マヤ「ところでメグ、ハイビスカスってどんな味なの?」

メグ「とーっても酸っぱいんだよ〜」

マヤ「そっか、じゃあやっぱりビルベリーで良かった」

メグ「甘さもあるから飲みやすいもんね〜」



マヤ「――それにしても、ホントに働いてるシャロってカッコいいなあ」

メグ「うんうん。ハーブのこと、よく知ってるからねえ」

マヤ「あはは、なんかメグがシャロの自慢してるみたいで不思議だな」

メグ「えへへ」






10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:39:30.17 ID:Nk9zTRQc0





シャロ「お待たせしました、ジャスミンティーになります」

「あら?オーダーと違うわね……」

シャロ(あっ!?これ、青山さんのやつだったわ……!!)

「頼んだのはペパーミントよ、お願いね」

シャロ「も、申し訳ありません!!すぐお持ちしますのでもうしばらくお待ちください……!!」







マヤ「……人は誰でも失敗するよね!!」

メグ「そうだよね、うんうん」



シャロ(気を使わせちゃってる……)ズーン






11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:41:05.30 ID:Nk9zTRQc0



――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――


――――――


――





シャロ「悪気はないって分かってるのにみんなの前で萎縮しちゃうし……絶対失敗できないってときにやらかしちゃうし……」ズーン

千夜「そんなことがあったのね」

シャロ「うん……」

千夜「大丈夫。いつも助けてくれるシャロちゃんはとっても頼もしいわよ」

シャロ「そうかしら……」

千夜「そうよ。それに、シャロちゃんの面倒見の良さは私がよく知ってるわ」

シャロ「千夜……」

千夜「私だけじゃないわ。みんなだって分かってるハズよ」

シャロ「……ありがとう」

千夜「どういたしまして」






12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:41:56.52 ID:Nk9zTRQc0





シャロ「ごちそうさまでした。美味しかったわ、ご飯」

千夜「お粗末さまでした」

シャロ「……ところで、本当になんで私の家にいたの?」

千夜「えーっと……そうだわ、思い出した!」

シャロ(もしかしてまたロクでもない理由で入ってきてたりして……聞かなきゃ良かったかしら……)







千夜「はいどうぞ、ご注文のメロンパンよ」

シャロ「……えっ」






13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:43:36.26 ID:Nk9zTRQc0





千夜「あら、シャロちゃんも忘れてたのね。昨日帰ってきたときに言ってたじゃない、『明日はラビットハウスのパン祭りなのに行けない』って」

シャロ「えっ!?千夜の前でも言ってたかしら……!!?」

千夜「ええ。それで合い鍵を私に」

シャロ「あ……」

千夜「どうしてかよく分からないけど『私の代わりに受け取って』って、わざわざ預けてくれるんだもの」

シャロ「そういえば……」

千夜「つい嬉しくなっちゃって、疲れてるシャロちゃんに何かしてあげたくって」



シャロ(そっか……。だから今日はいつも以上に……)






14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:45:06.84 ID:Nk9zTRQc0





千夜「それじゃ、私は食器を洗ったら帰ろうかしら。台所、もう少しだけ借りるわね――」

シャロ「――待って」



ギュッ



千夜「シャロちゃん?どうしたの――」

シャロ「……もう少し、一緒にいて」






15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:46:11.16 ID:Nk9zTRQc0





千夜「うん」



シャロ(千夜……いつも私にたくさんの安らぎをくれてありがとう)







16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:47:05.02 ID:Nk9zTRQc0



終わり

シャロちゃん誕生日おめでとうー




関連記事
[ 2016/07/15 17:30 ] ごちうさSS | コメント(1)

千夜シャロ尊い
[ 2016/07/15 19:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5179-3a48b155


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ