スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【モバマス】美玲「幸子の部屋にお泊まり」

1 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:33:22.66 ID:9gFMce/50


百合るだけ注意

※自室なので完全に油断しています



@幸子の部屋



幸子「……」カキカキ

美玲「……」モグモグ

幸子「……」ケシケシ

美玲「……」パリパリ

幸子「……」カキカキ

美玲「……」ゴクゴク

幸子「……」ケシケシ

美玲「なぁ」

幸子「なんですか?」カキカキ

美玲「構えよ」

幸子「突然訪ねてきたのに図々しい!」





2 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:34:36.29 ID:9gFMce/50


美玲「大体オマエ、さっきから何をしてるんだ?」

幸子「宿題です」ホラ

美玲「わっやめろッ! ウチを蒸発させる気かッ!?」

幸子「ただの宿題ですよ?」

美玲「そんなワケの分からない数字が、宿題のワケないだろッ!」

幸子「美玲さん、ボクとタメですからね!? このくらいの問題は分からないとダメですよ!?」

美玲「や、やめろぉッ! か、体が溶けるぅッ……!」ジタバタ



3 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:35:47.42 ID:9gFMce/50


幸子「さては、最近勉強していませんね?」

美玲「……」ピタリ

美玲「うん」ムクリ

幸子「ボクで良ければ手伝いますよ?」

美玲「ありがと」

美玲「……でも、今日はお泊まりだから」

美玲「勉強会はまた今度な?」

幸子「……ま、そういうことにしておきましょう」



4 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:36:39.99 ID:9gFMce/50


美玲「なぁ、おかわりちょうだい」

幸子「……麦茶でいいですか?」

美玲「えぇーッ!? またいれてくれよー!!」ブーブー

幸子「こんな夜中にジュースを飲んだら、太りますよ?」

美玲「大丈夫、大丈夫! ウチ運動量多いからッ!」

幸子「まったく……ボクがいれてきますから、ゆっくりしていてください」

美玲「多めに頼むぞー」

幸子「はいはい」



5 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:37:48.06 ID:9gFMce/50


幸子「どうぞ」コトッ

美玲「おーコレコレ!」

美玲「……」ゴクゴク

幸子「さて、あと少し……」カキカキ

美玲「ぷはー! 美味しいッ!」

幸子「メロンソーダ、大好きなんですね」ケシケシ

美玲「そ。ウチの命の水なんだ」ゴクゴク

美玲「ぷは~! これがあるから、オマエの部屋でのお泊まり会はやめられないんだよなぁ!」



6 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:38:31.77 ID:9gFMce/50


幸子「まったく……飲み物目当てなんですか?」カキカキ

美玲「……」ゴクゴク

美玲「『オマエ目当て』だなんて、言い辛いじゃんか……」

幸子「……」カキカキ

美玲「……」









幸子「……///」

美玲「……///」



7 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:39:40.65 ID:9gFMce/50


美玲「そ、それにしても、アレだよな?! オマエは本当に良いヤツだなッ!?」アセアセ

幸子「えっと、あ、そ、そうですか……!?」アセアセ

美玲「だってさ、このあたりでこのメロンソーダって売ってないんだよ」

美玲「いつだったか、自分で買おうと思って、女子寮の周辺を探し回ったことあるけどさ……」

美玲「結局、どこにも売ってなかったんだよ」

幸子「あぁ……売ってませんよね」カキカキ

美玲「……コレ、どこで買ったの?」

美玲「いつも1本しかないから、ネットで注文したってワケじゃないんだろ?」

美玲「それだったら箱で買うだろうしな」

美玲「でも部屋には、これ以外はどこにもないし……」



8 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:40:21.86 ID:9gFMce/50


幸子「……」カキカキ

美玲「おい、聞いてるのか?」

幸子「聞いてますよ」カキカキ

美玲「なら答えろよー」

幸子「……」

幸子「お店で買ってるんです」

美玲「えっ、コレ売ってる店あるのか?!」

美玲「なぁなぁ、そこ教えてくれよ! ウチも買いたいんだッ!」

幸子「……ダメです」ケシケシ

美玲「ハァッ!? ウチがどれだけコレが好きか、オマエも知ってるハズだろッ!?」

美玲「そんなにウチのことが嫌いかッ?! イジワルできて満足かッ?!」



9 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:41:56.50 ID:9gFMce/50


幸子「……」カキカキ

幸子「もし教えて、あなたが来なくなったら、悲しいじゃないですか……」カキカキ

美玲「……」

幸子「……」ケシケシ









美玲「……///」

幸子「……///」



10 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:42:39.16 ID:9gFMce/50


幸子「よ、よぉし! 終わりゃましたよ!」

美玲「な……オマ、なにかんでんだよッ!」

幸子「知りません! 別にドキドキしてなんかいませんからね!?」

美玲「お、おう! ウチも同じだってのッ!」

幸子「……じゃあ、いつも通りですね……」

美玲「そう、だな……いつも通りでいればいいんだ……」

幸子「……」

美玲「……」

幸子「……」ドキドキ

美玲「……」ドキドキ



11 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:43:18.86 ID:9gFMce/50


幸子「あ……結構遅い時間ですね」

美玲「それだけウチを待たせたことを忘れるなよなー?」

幸子「分かりました、これからたくさん構ってあげますから」

美玲「やたっ」

幸子「そういえば……私服姿なんですね」

幸子「お風呂はまだですか?」

美玲「あぁ。オマエと一緒に入ろうと思って」

美玲「……あッ!! でもこの時間じゃ、もう大浴場に入れないぞッ!?」

幸子「すっかり忘れてましたね……」

美玲「どうするんだよッ! 今日はトレーニングあったから、絶対入りたかったのにッ!」プンスカ

幸子「んー……」



12 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:44:37.12 ID:9gFMce/50


幸子「仕方ありません、今日はボクの部屋のシャワーで我慢しましょう」

美玲「えー……湯船につかりたかったなー……」ブー

幸子「ボクもそうですよ。で、どちらから入りますか?」

美玲「……」

美玲「一緒じゃないと、ヤ」

幸子「え」

美玲「ずっと構ってくれるって言ったじゃんか」

幸子「個室のシャワーは、2人入るには狭いですよ?」

美玲「ウチらは小柄だから大丈夫だってッ!」

美玲「さ、早く入った、入った! 久し振りに洗いっこするぞッ!」

幸子「わわ、わっ!? 背中を押さないでください!」



13 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:45:41.98 ID:9gFMce/50


幸子「結局2人でシャワーすることに……」

美玲「あー……気持ちいいー……」ニヘラ

幸子「あの、もう少し端に行ってもらえませんか?」

美玲「いや無理、もう壁だもん」

幸子「ボクもさっきから、壁に押し付けられているんですよ」

美玲「狭いなぁ」

幸子「だから言ったじゃないですか」



14 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:47:20.77 ID:9gFMce/50


美玲「あっそうだ」

美玲「ウチらが抱きつけばいいじゃんか」ギュー

幸子「それはスペースは解決しますけど……」ギュー

幸子「今度は抱き合ってる部分が洗えないじゃないですか」

美玲「ちょっとスペース空けて、上から流し込めば大丈夫だって!」シャワー...

幸子「……そういえばこの格好、おっぱいサンドって呼ぶらしいですよ?」

美玲「ウチら、あんまりないのに?」

幸子「あるなしは関係ないそうです」

美玲「そうなのか? ウチらのサンドなんて面白くないだろ……」

幸子「美玲さんは自信持ってくださいよ、ボクたち5人で1番の巨乳じゃないですか」

美玲「B75を巨乳と呼んではいけない」



15 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:48:01.92 ID:9gFMce/50











ディアボノ「乙女のシャワー室はキンクリなんですけど……」











16 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:48:53.58 ID:9gFMce/50


美玲「ふぃ~……サッパリしたぁ!」テクテク

幸子「あっ! ちょっと、ちゃんと髪は拭きましょうよ」

美玲「えー? メンドイからやだ~……」ゴクゴク

幸子「もう……ボクがしますから、そこ座ってください」

美玲「んー」ポフッ

幸子「まったく……こんなにきれいな髪なんですから、ちゃんと手入れするべきですよ?」タオルワシワシ

美玲「分かってはいるけど、面倒くさくなるんだよな」



17 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:49:42.38 ID:9gFMce/50


美玲「そうだッ! 幸子がウチの髪の手入れをするってのはどうだッ!?」

幸子「えぇ~?! おしゃれさんなら、それくらい自分でしてくださいよ」

美玲「たまには甘えたいんだよ~」ジタバタ

幸子「暴れないでください!」

幸子「大体、こっちは輝子さんと小梅さんの髪の手入れで、忙しいんですから……」

美玲「ウチだって、輝子と乃々の髪の手入れで忙しいんだぞッ!」

幸子「輝子さんェ……」

美玲「輝子ェ……」



18 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:50:19.21 ID:9gFMce/50


幸子「……分かりました」

幸子「それでは、ボクたち2人のときは、お互いの髪の手入れをしましょう」

美玲「やっぱりソコかー……」

幸子「くしかブラシあります?」

美玲「ん」つブラシ

幸子「ありがとうございます」ス...ス...

幸子「良いじゃないですか。美玲さんに手入れしてもらえるなんて、ボクはうれしいですよ」ス...ス...

美玲「……そんなの、ウチも同じに決まってるだろッ」

幸子「フフ、そうでした」ス...ス...

美玲「まったく……幸子はたまにおかしいこと言うよな」

幸子「本当ですね」ス...ス...



19 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:51:07.84 ID:9gFMce/50


幸子「はい、これで大丈夫です」

美玲「……おッ! フワフワだぁ!」フワフワ

幸子「やり過ぎでしたか?」

美玲「ううん! ウチ、これくらい大好き!」フワフワ

幸子「良かったぁ……」ホッ

美玲「……その割には、オマエの髪はフワフワしてなくない?」

幸子「髪質が硬いので」

幸子「その分、髪をフワフワさせるテクニックはたくさん持っているんです」

美玲「フワフワしないのに?」

幸子「しなかったら、もっとガチガチですよ?」

美玲「努力の賜物だな」



20 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:52:06.72 ID:9gFMce/50


美玲「ん~……」ノビー

美玲「体が温かくなると、眠くなるよな……」フワァ

幸子「時間も時間ですから」ネムネム

幸子「今日はもう寝ましょう」

美玲「そうだな」

幸子「何時に起きますか?」

美玲「あ、ウチはいらない」

幸子「明日休みだからって、怠けちゃダメですよ」モゾモゾ

美玲「そこらへんは幸子が全部やってくれるから」モゾモゾ

幸子「……当然のように、同じ布団に入ってきますね?」

美玲「これしか布団用意してないんだろ?」

幸子「正解でーす」キャッキャッ

美玲「やったー」キャッキャッ



21 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:52:48.11 ID:9gFMce/50


美玲「あ、電気は全部消して良いから」

幸子「普通はそうじゃないんですか?」ライトオフ

美玲「乃々がな、豆球残せって言うんだよ」

幸子「絶対いますよね、そういう方って」

美玲「あれ、寝るときはいいけど、寝た後はどうするんだ?」

幸子「たぶんですけど、そのままじゃないですか?」

美玲「えぇッ!? それじゃ電気代もったいないだろッ!?」

幸子「豆球くらい、どうってことないと思いますけど……」



22 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:53:22.45 ID:9gFMce/50


幸子「……あっ」

幸子「時間が経つと豆球を消す電灯って、売れそうじゃないですか?」

美玲「それ良いなッ」

美玲「今度晶葉に作ってもらうぞ」

幸子「あー、でも晶葉さん、今は忙しかったような……」

美玲「何か作ってるのか?」

幸子「最後に見たときは、扇風機を作っていました」



23 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:54:12.80 ID:9gFMce/50


美玲「扇風機とドライヤーがくっついてたら、面白いと思わない?」

幸子「スイッチを押すと『ブオーッ』ってなるんですか?」

美玲「そうそう。で、オマエの髪がフワフワになるんだよ」

幸子「だから、ボクの髪は硬いんですってば」

美玲「それがフワフワになるんだよ」

幸子「嫌ですよ、絶対突風じゃないですか!」

幸子「別にボク……フフッ……TMじゃありませんよ」

美玲「突風を受けながらCM撮影したら良いじゃん」

幸子「ンフッ……それもう、完全にTMじゃないですか……フフフッ」



25 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:55:07.44 ID:9gFMce/50


幸子「フフ……本当、美玲さんはおもしろいことを言いますね」

美玲「あ」

幸子「えっどうしましたか?」

美玲「また忘れたー(棒)」

幸子「……あっ、またですかっ?」

美玲「あの子がないとウチ眠れないー(棒)」

美玲「これはもう幸子を抱かないと眠れないなー(棒)」

幸子「前回約束したじゃないですか!」

幸子「『今度こそ、いつも抱いてる熊さんをつれてくる』って!」

幸子「あと『次からはボクに抱きつくの禁止』とも言いましたよ!?」

美玲「お願いだよ幸子ーウチを助けると思ってさー(棒)」

幸子「まったく……はい、どうぞ」

美玲「えっ(驚愕)」



27 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:56:12.25 ID:9gFMce/50


幸子「何ですか、突然?」

美玲「いや……この間はあんなに怒ってたのに、今日はやけに素直だなって思って……」

幸子「美玲さんがボクを抱き枕にしたがっているのは、知ってるんですよ」

美玲「あっ、バレてた?」

幸子「今までバレていないと思っていた理由を聞きたいですね」

幸子「どうせ狙ってるなら、さっさと済ませた方が良いと思いまして」

美玲「なるほどなー」

幸子「あと……どうもボクは抱き枕にハマッてしまったようで……」

幸子「今夜は美玲さんを抱いて眠りたいな、と思っていました」

美玲「そっか」

美玲「……」

美玲「えっ」



29 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:56:52.99 ID:9gFMce/50


美玲「いや、それは、あの、違うんじゃないか、な?」

幸子「何が違うんですか?」

美玲「それは、その、まぁ、する人とされる人と言うか……」

美玲「こういうのは、ウチが無邪気に迫ることで、オマエがドギマギするって構図が楽しいのであって……」

美玲「オマエが迫ってくるというシチュエーションに、果たして需要があるかどうかが――」

幸子「隙あり!」ギュッ

美玲「ひゃっ///」

幸子「あぁ~……美玲さん、ポカポカで気持ちいいですねぇ~……」スリスリ

美玲「コラッ! どこを頬ずりしてるんだッ!?」ポカポカ

幸子「ほら、美玲さんもボクを抱きしめてください」

美玲「……」

美玲「ん……」ギュッ



30 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:57:40.65 ID:9gFMce/50


幸子「やっぱり、人のぬくもりが一番ですねぇ……」ヌクヌク

美玲「……」ヌクヌク

幸子「美玲さんは、今も一匹狼が良いですか?」

美玲「まぁ……な」

美玲「それがウチのウリみたいなものだし……」

幸子「そうですか……」

美玲「……」

美玲「でも」

美玲「私生活までずっと同じじゃなくても良いやって、思うようにはなった……かな?」

幸子「美玲さん……」



31 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/09(火) 23:58:54.16 ID:9gFMce/50


美玲「オマエらとつるんで、オマエらといろんな思い出を作って……」

美玲「そうして元気になってから一匹狼になるので十分かも」

美玲「さすがにステージの頂上は、独り占めした方が気持ち良いからな」

幸子「……それは、ボクも同じですね」

幸子「横一列も大好きですけど、やっぱり頂上を狙ってこそですよ」

美玲「トップに立ったヤツが言うと、重みが違うな」



32 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/10(水) 00:00:17.99 ID:0M/XBLf60


幸子「まぁ――」

幸子(13位)「そのトップも今は、乃々(4位)さんに譲っていますけどね」

美玲(41位)「オマエそのネタ、ずっとひっぱるのな……」

幸子(13位)「ボクたちみんな、美玲さんを応援してますから」

幸子(13位)「小梅(38位)さんも輝子(47位)さんも、本当に応援していますから」

美玲(41位)「うん知ってる」

幸子(13位)「ぜひトップ10に入って、ボイスゲットしましょうよ」

幸子(13位)「それでデレステで新規衣装もらって、カワイイクインテットの5人が並んでるところをスクショに撮って、まとめサイトに掲載してもらいましょうよ」

美玲(41位)「具体的!」

幸子(13位)「出来ればデレステに6人目が登場する新機能が実装されて、まゆ(27位)さんも一緒に撮れたら完璧なんですけど……」

美玲(41位)「具体的にもほどがある!」



33 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/10(水) 00:00:52.50 ID:0M/XBLf60


美玲「ウチ、頑張るから……」

美玲「頑張ってみんなに、追いついてみせるぞ……」

幸子「……」

幸子「これだけは言っておきます」

幸子「もし美玲さんが圏外だとしても、ボクたちはずっと友達ですよ」

美玲「幸子……」

幸子「それに――」





幸子「こんなに抱き心地の良い子を手離せるワケがありませんからね!」ギュー

美玲「あッ! やったなコイツぅ!」ギュー

幸子「ぐえー」ギュー

美玲「ぐえー」ギュー



34 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/10(水) 00:01:22.80 ID:0M/XBLf60


幸子「……」

美玲「……」

幸子「眠くなってきました……」

美玲「素直に寝ろ……」

幸子「寝ます……」

美玲「また……」

美玲「来ても良いか……?」

幸子「……」

幸子「来てください……」

美玲「……」

美玲「絶対行く……」

幸子「約束……」

美玲「……」

幸子「……」









_人人人人人_

> スヤァ <

 ̄Y^Y^Y^Y ̄



終わり



関連記事

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5214-775721ec


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。