【ガルパン】エリカ「もう!二人きりの時はエリちゃんって呼ぶ約束でしょ?」

1 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:03:02.46 ID:iqyynTdPO


小梅「......コンニチワ」

みほ「そ、その、すぐそこでばったり会ってね」

エリカ「」

小梅「あの、エリカさんわたし何も聞いてないんで.......」

エリカ「......せ」

小梅「え?」

エリカ「殺せっ!今すぐわたしを殺しなさい!!」

みほ「エリちゃん落ち着いて!」

エリカ「人前でエリちゃんはやめてって言ってるでしょ!」

小梅「あの、えぇっと......」

エリカ「ーーーーーーーっ!?」

エリカ「トゥータ!」ジャン♪

小梅「きゃあ!エリカさんが謎の呪文とともに気絶した!?」





2 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:07:13.77 ID:iqyynTdPO


エリカ「......うぅ、ここは?」

みほ「あ、エリちゃんおはよう!もうすぐご飯できるからね!」

エリカ「なんでみほがエプロンで朝食を......」

みほ「もう、寝ぼけないでよぉ」

エリカ「そうだわ、わたしはみほと結婚して」

みほ「みほ、じゃないよね?」

エリカ「そうだったわね、みーちゃん?」




3 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:12:38.91 ID:iqyynTdPO


エリカ「......うぅ、ここは」

みほ「よかった、エリカさん気がついたんだね!」

小梅「よかった、舌を噛み切って死んだのかと」

エリカ「小梅、あなたわたしをなんだと思ってるの?」

みほ「でもびっくりしたよ。突然気絶するから」

エリカ「気絶?えぇっと、わたしは.....」

エリカ(なんだろう、幸せな夢を見てた気がするわ)

エリカ「ん?夢?」ガバッ

エリカ「みほ、わたしたちが付き合うことになったのは夢じゃないわよね?!」

小梅「......え?」

エリカ「......あ」

みほ「......///////」




4 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:17:52.91 ID:iqyynTdPO


小梅「......へぇ、それで二人は付き合い始めた、と」

みほ「う、うん///」

エリカ「小梅、他に食べたいものは?飲み物のお代わりも必要かしら?」

小梅「あの、わたしこのことは決して他の人にはしゃべりませんから.....」

エリカ「当たり前よ!」

みほ「わたしは別にいいかなって。自慢したいし.....////」

エリカ「いいわ、どんどんしゃべりなさい。恥じることなんてないんですもの!」

小梅「えぇっ......」




5 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:23:41.83 ID:iqyynTdPO


エリカ「はぁ、まったく。みほも少しは気をつけなさいよ。せっかくの初デートなのに」

みほ「ごめんなさい.....」

小梅「あの、お邪魔ならわたしはこれで......」

エリカ「いいわよ別に。もう初デートも何もあったもんじゃないでしょ」

みほ「あはは......」

小梅「そういえば、今日はどこに?」

エリカ「ショッピングと映画よ。最初だから定番コースでボコはなし」

みほ「でも、今度は二人でボコミュージアムに行くんだぁ♪」

エリカ「ちょっと、くっきすぎよ」

みほ「えへへ///」




7 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:32:49.47 ID:iqyynTdPO


みほ「それで、沙織さんにかわいい服売ってるお店教えてもらってね」

エリカ「あんたならどれだって似合うわよ」

みほ「えぇ?今日買うのはエリちゃんのだよ?」

エリカ「はぁ?これから行くのフリフリのかわいい服の店でしょ?」

みほ「大丈夫だよ、似合うって」

小梅(どうも、白坂、じゃなかった赤星小梅です)

小梅(ついうっかり三人で遊ぶと答えたら、この有様です。ずっと腕組んで手は恋人繋ぎ。二人の世界でイチャイチャイチャイチャ。帰りたいです。そもそも目の前の二人は本当にみほさんとエリカさんなのでしょうか?)

小梅(そもそももうこれ三人じゃないですね。二人と一人ですよ)




9 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:42:50.49 ID:iqyynTdPO


みほ「ほら、これなんてどうかな?」

エリカ「こっちの方がいいんじゃない?」

小梅「うーん、これとこれどっちにするか悩むなぁ」

小梅(ようやく輪に入れた。よかった、「あれ?いたの?」とか言われなくて)

小梅(しかしそれにしても.....)

???「.....ササッ(電柱の陰でゼクシィを読む怪しい女)」

???「......(もじゃもじゃで木の茂みに擬態し双眼鏡を覗くもじゃもじゃ)」

???「.....(紅茶を片手にこちらの様子を伺うサングラスのダージリン)」

小梅(わぁ、なんだか見知った顔の不審者がたくさん)




11 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:51:03.14 ID:iqyynTdPO


店員「ありがとうございましたー」

みほ「小梅さんの買ったの可愛かったね」

小梅「えへへ、二つ買ったからお小遣いがピンチですね」

エリカ「みほは何も買わなかったのね」

みほ「エリちゃんこそ」

小梅(わたしは知っている。エリカさんはこっそりみほさんが気に入ったけど値段を理由に諦めたワンピースの会計を済ませたのを.....。あとでこっそり取りに来る気だ)

オキャクサマコマリマス!オキャクサマ、アーッ!

小梅(後ろで何を買ったか調べようとしている人達については見なかったことにしよう)




12 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 22:56:59.80 ID:iqyynTdPO


みほ「はい、アーン」

エリカ「あ、あーん////」パク

みほ「美味しい?」

エリカ「まぁまぁね」

みほ「もー、エリちゃんのいぢわるぅ!」

エリカ「みほが作ったハンバーグの方が美味しいもの」

みほ「もう、エリちゃんったらぁ////」

小梅(あー、コーヒーが甘い。砂糖入れてないのになぁ)

アキ「ミカ!サルミアッキが甘くてむしろマズイ!!」

ミカ「それが愛の力さ」ポロローン♪




13 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 23:04:05.51 ID:iqyynTdPO


みほ「小梅さんも食べる?」

小梅「へ?」

みほ「はい、あーん」

小梅「えぇっ?!」

エリカ「......(食ったらコロスの目)」

みほ「ほらぁ、小梅さん、あーん(悪意のない無邪気な笑顔)」

小梅(どうしよう、断るのはみほさんに悪いし、かと言って食べればエリカさんが.....あ、そうだ)

小梅「あーん」パクッ

エリカ「!!?」キッ

小梅「はい、エリカさんもあーん」

エリカ「え?はぁっ?」

みほ「ふふふ、ほら、エリちゃん」

エリカ「あーん」パク

小梅(これで丸く収まっ

パリーン

ちょっとゆかりん落ち着いて!あぁ、ダージリンさんもストップ!!

小梅(あれ?ひょっとして敵増えた??)




14 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 23:14:40.85 ID:iqyynTdPO


小梅「次は映画ですか?」

みほ「うん、この映画、テレビで話題って言ってたから見てみたくって」

小梅(と、言いつつも視線の先にはボコの映画が.....)

エリカ「......はぁ、もう、しょうがないわね。ほら、みほ、こっちよ!」

みほ「え?でも、今日はボコは無しって.....」

エリカ「いいわよ別に。小梅もいいでしょ?」

小梅「え?は、はい!」

エリカ「......あっちは今度は二人っきりで見たいの」ボソッ

みほ「......あ」

小梅(うわ、耳元で囁いてる。気を使ってくれたんだろうけど聞こえちゃった。ごめんなさい)

軍用犬「ぐぬぬぬぬ.....」
格言辞典「むぅううう.....」
婚活戦士「はいはい、二人とも邪魔しちゃダメだからね」

小梅(あ、ゼクシィの人あの二人の見張りだったんだ)




15 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 23:19:30.43 ID:iqyynTdPO


みほ「うーん!やっぱりボコはいいなぁ」

小梅「面白かったです。まさかボコの 正体が

エリカ「ネタバレ禁止。せめて劇場を離れてからにしなさい」

小梅「あ、ごめんなさい」

みほ「この後どうしよっか?」

エリカ「そうねぇ」

小梅(もういい時間だし、あとは二人っきりの方がいいかなぁ)

???「まっ↓たー!↑」




16 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 23:26:18.40 ID:iqyynTdPO


みほ「この声、優花里さん?!」

沙織「ごめんねみぽりん、抑えきれなかったの!」

ダージリン「ご機嫌ようみほさん。ずいぶん楽しそうね」

みほ「ダージリンさんも!?」

小梅「やっぱり気づいてなかったんですね......」

エリカ「みほしか見てなかったわ.....」

優花里「ぐぬぅ!さっきから西住殿と仲睦まじく.....一体なんなんですか?!」

みほ「何って....」

エリカ「恋人?///だけど」

優花里「へ?」へたり

沙織「あー、やっぱり.....」

ダージリン「......(ガシャーン)」

みほ「か、隠すつもりはなくて、みんなにも言おうと思ったんだけど恥ずかしくって......」




17 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 23:49:52.86 ID:iqyynTdPO


優花里「こ、こい、に、にし、にしずみどのといつみどのがここここここいびと?」パクパク

ダージリン「か、カープかしら?」ガクガク

沙織「あ、優勝おめでとうございます。じゃなくて、二人とも元気出して、ね?」

優花里「.......ません」

小梅「え?」

優花里「認めませんよ、そんなの!」バシッ

ダージリン「し、白い手袋を叩きつけた!」




18 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/11(日) 23:57:29.70 ID:iqyynTdPO


沙織「あたしこれ知ってる!確か決闘の合図だよね?!」

みほ「け、決闘!?」

エリカ「あんたねぇ、みほは誰のものでもないわよ」

優花里「分かってます!ですから、わたしと勝負してわたしが勝ったら西住殿と別れてください!」

エリカ「......あなたが負けたら?」

優花里「その時は二人の交際を認めてこれ以上何も言いません!」

エリカ「......いいわ、受けて立とうじゃない」

みほ「え、エリちゃん!」

沙織「いいの?!」

エリカ「どちらにしてもこのままじゃ収まらないでしょう?確か手袋を拾えばいいのよね?」

沙織「愛するものをかけて決闘だなんて.....ちょっといいかも」

小梅「いいんですか?......」

???「このバトル、合意と見てよろしいですわねぇっ!」





19 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/12(月) 00:02:57.93 ID:FaEui9KqO


ローズヒップ「とうっ、ですわ!」

エリカ「今度は何よ.....」

ローズヒップ「この決闘の見届け人ですわ!」

沙織「それで、何で勝負するの?」

小梅「そういえば、決めていませんでしたね」

ローズヒップ「え?決めてませんでしたの?」

みほ「とりあえず登場したんだ......」

優花里「我々の勝負と言えば決まってるじゃないですか!」

エリカ「なに?戦車で勝負するつもり?」

優花里「違いますよ、これです!」

エリカ「こ、これは!」




20 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/12(月) 00:12:16.53 ID:FaEui9KqO


大河「さぁ、始まりました!第一回西住みほさん争奪戦!実況の王大河です!!」

小梅「どこから出てきたんですか?」

大河「どこだっていいじゃないですか!さて、注目の対決方法は....こちらっ!」

みほ「パンチングマシーン......」

小梅「近くにゲームセンターがありましたからね」

優花里「シュッ!シュッ!」(シャドウボクシング中

大河「今回はこちらの『ノックアウト!?ボコ』で3回のスコアの合計を競っていただきます!!」

優花里「ふふーん、こう見えても装?手として鍛えていますからね!負けませんよぉ!」

エリカ「......ふぅ」

大河「それでは、先行秋山選手!お願いします!」

ボコ『コインを入れてくれぇ!』

チャリーン

沙織「いや、そこはあらかじめ入れておこうよ....」

ローズヒップ「わたくしは何をすればよろしいんですの?!」




21 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/12(月) 00:28:32.09 ID:FaEui9KqO


優花里「それでは気を取り直して、行きますよぉ~!」

ボコ『かかってこい!』

ボスッ!

ボコ『ぐぁあ』

120boko!!

優花里「へへ、ざっとこんなものです!」

沙織「これってすごいの?」

小梅「さぁ?」

エリカ「次、わたしかしら」

優花里「えぇ、どうぞ!」

みほ「あの、優花里さん?」

優花里「なんです?西住殿?」

みほ「あのね、エリちゃんの趣味というか特技ってね」

ボコォッ!

ボコ『ぐわあああああああああ!』

200boko!!!

エリカ「ふぅ」

みほ「ボクササイズなの」

優花里「」





22 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/12(月) 00:35:07.36 ID:FaEui9KqO


ローズヒップ「勝者!逸見エリカですわぁっ!」

沙織「いや、まだ3回終わってないから」

小梅「早いです」

ローズヒップ「速さが売りですの!」ドヤッ

大河「しかしこれはもはや勝負アリか?!」

優花里「ぐぅ、ひっぐ」

大河「挑戦者心折れてますっ!」

ダージリン「見ていられませんわね」

大河「おぉっと!ここで聖グロリアーナ隊長ダージリンに選手交代だ!」

沙織「あ、いたんだ」

小梅「てっきり、勝負がついた後にみほさんをさらっていく役かと.....」

ダージリン「最近そういう役回りが多すぎませんこと?」

エリカ「続くのね......」




23 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/12(月) 00:39:15.93 ID:FaEui9KqO


大河「さて、挑戦者側、選手を変え二回目の挑戦です!」

ボコ『コインを入れてくれぇ!』

沙織「いや、もういいから」

ダージリン「えいっ!」

ぼす

60boko!

ダージリン「......壊れてますわよ、これ」

大河「勝者!逸見エリカァっ!」




24 : ◆45SR4r0flud5 2016/09/12(月) 00:46:02.33 ID:FaEui9KqO


小梅「こうして、みほさんを賭けた戦いはあっさり幕を閉じたのですが......」

優花里「西住殿ぉ!今度戦車ミュージアムに行きましょうよぉ!」

ダージリン「みほさん、美味しい紅茶が手に入ったの」

みほ「あはは.....」

沙織「ゆかりん諦めるんじゃなかったの?」

優花里「認めるとは言いましたが、諦めるとは言ってません!」キリッ

ダージリン「そもそも私は何も言っていませんわ」

エリカ「あんたたちねぇ.....」

沙織「みぽりんモテモテだね」

みほ「う、うん」

エリカ「まったく」

小梅「あの、いいんですか?」

エリカ「知らないわよ。他がどう騒いだって」

エリカ「みほはわたしの恋人だから」

END




関連記事
[ 2016/09/12 12:00 ] ガルパンSS | コメント(2)

最近みほエリ流行ってんの?

良いからもっと流行れ
[ 2016/09/13 10:32 ] [ 編集 ]

来年こそはAクラスになってやるからな…



冗談は置いといて、みほエリ素晴らしい!
[ 2016/10/15 14:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5244-da20ccb9


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ