スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【プリパラ】ちり「はわわ~、もうプリパラ行きたくないよ~><」

1 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 14:33:06.80 ID:a5uPLc4i0


ちり「みんなにあんなこと言っちゃったし……」

ちり「どうしてプリパラの中に入るとああなっちゃうんだろ……」

ちり「……え、今日もプリパラに行ってほしい?」

ちり「はぁ、わかりましたよぉ」

ちり「なんで私だけこんな目に遭っちゃうんだろ……」





2 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 14:37:54.32 ID:a5uPLc4io


~Prism Stone~

ちり「やっぱり帰りたいなあ」

ちり「……ダメ、なんだよね」

ちり「今日も誰かに何か言っちゃったらどうしよう……」



~プリパラタウン~

ちり「全くこのわたくしがどうしてライブする必要が無いのにプリパラに来なければなりませんのよ」

??「あっ!」

ちり「チッ」



3 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 14:42:26.51 ID:a5uPLc4io


のん「ちり!」

ちり「あら、インチキライブの真中のんじゃない。何か用がありまして?」

のん「イ、インチキって!ってそうじゃなくて今日こそ私とライブ対決しなさい!」

ちり「残念ながらわたくしにその気はなくてよ」

のん「へえ~、もしかして私に負けるのが怖いんでしょ!」

ちり「まさか。セレブであるこのわたくしにはもっと華々しいデビューを飾りたいものですからね」クスッ

のん「むかつくー!」



4 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 14:47:34.28 ID:a5uPLc4io


ちり「わたくしは帰りますわ。あなたに構っている暇はありませんの」

のん「ちょっとー!さっき来たばっかりじゃないー!」

ちり「あなたにお会いしたら気が滅入りましたわ。そもそも今日はライブする気はありませんし、わたくしがどうしようがわたくしの自由でしてよ」

のん「はぁ?何よその態度!」

ちり「ではご機嫌よう」

ちり(まずはチームを組むのが先。デビューはまだ早い)

ちり(それにしてもなぜプリパラに来るように仕向けたのでしょうね)

のん「……」ワナワナ



5 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 14:53:56.23 ID:a5uPLc4io


ちり「さて帰りましょう」

タッタッタッ

ちり「?」

のん「こうなったら、外ではどんな人か確かめてやるんだからねー!」

ちり「?!」

コケッ

のん「あっ」



6 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 14:58:26.91 ID:a5uPLc4io


~Prism Stone~

のん「いったー……まさかあそこで転ぶなんてー!」

??「はわわ……」

のん「ちょっと、大丈夫?」

??「だ、大丈夫です!すみません、ごめんなさい!あっ!」ドテン

のん「全然大丈夫じゃないじゃない!プリチケも落として……る……し?」

??「あ、それはダメです!」

のん「『ちり』……?」

??「うぅ……」



7 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:04:08.91 ID:a5uPLc4io


ちり「……」

のん「へー、プリパラの中と外でこんなに変わるんだ」

ちり「ごめんなさい……」

のん「もう、別に謝らなくてもいいのに」

ちり「だ、だって、のんさんのことインチキライブとか言っちゃいましたし……」

のん「それはもういいよ」

のん(こんなに大人しい子の前で怒るのはいくらなんでも……)

ちり「はい……」



8 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:10:04.95 ID:a5uPLc4io


のん「それってパクチー小学校の制服でしょ?何年生?」

ちり「ご、5年生です」

のん「わ、私の1つ上なの?!」

ちり「え?のんさんって4年生なんですか?」

のん「そう、パプリカ学園の小学4年生だよ」

ちり「はわわ~」



9 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:15:58.61 ID:a5uPLc4io


のん「まさか、ちりが私より先輩だなんて思わなかったよ」

ちり「私ものんさんは同じぐらいだと思ってました」

のん「ねえ、そののんさんって言うのやめない?私のほうが年下でしょ?」

ちり「は、はい、ごめんなさい、のん……ちゃん?」

のん「うん、まあいいかな」



10 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:21:34.41 ID:a5uPLc4io


のん「ところでなんでライブしないの?」

ちり「いえ、ライブしたくない訳じゃないんですけど、チームを組むのが先って言われてて……」

のん「そういうことだったんだ」

ちり「だから、ライブ対決はもう少し待ってくれませんか?」

のん「まあ私もチームのメンバー探してる最中だから、別にいいけど」

ちり「あ、ありがとうございます!」



11 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:27:45.07 ID:a5uPLc4io


のん(そっか、ちりも神アイドルグランプリ出るためにチーム組むんだ)

のん(あれ、待って?)

のん(私もちりもチームのメンバー探してるんでしょ)

のん(私はお姉ちゃんのライバルで)

のん(ちりもお姉ちゃんのライバル)

のん(よく考えたらぴったりだよね)

のん(それに……)



12 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:35:30.60 ID:a5uPLc4io


のん「ねえ、私とチーム組まない?」

ちり「え?!」

のん「お姉ちゃんがライバルなんでしょ?だったらちょうどいいじゃない」

ちり「あれはプリパラの中で言ったことだから……」

のん「本当は?」

ちり「……真中先輩に勝ってみたいです」

のん「うんうん!正直でよろしい!」



13 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:40:56.49 ID:a5uPLc4io


ちり「でもでも!」

のん「なに?まだ何かあるの?」

ちり「私、まだ1回もライブしたことないし……」

のん「それなら別に大丈夫だと思うけど「それに……」……ん?」

ちり「プリパラの中で私何言うかわからない……」

のん「あー……」

ちり「だから私なんかとチーム組まないほうが」

のん「ていっ!」デコピンッ

ちり「あいたっ!」



14 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:48:32.28 ID:a5uPLc4io


のん「全くそんな事気にしなくていいの!リアルとプリパラで全然違うアイドルなんていくらでもいるじゃん!」

ちり「でも」

のん「私が慣れる!だからちりは気にしなくていいの!」

のん「だから、チームになろ?」

ちり「……」



15 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 15:58:25.19 ID:a5uPLc4io


ちり「……よろしくお願いします」

のん「ありがとう、ちり!」

のん(よっしゃ!これで2人目!)

のん「そうだ!記念にトモチケパキらない?」

ちり「いいんですか?」

のん「チームなのにトモチケパキらないのもおかしいでしょ?」パキッ

のん「はい」

ちり「……」パキッ

ちり「お願いします……」



16 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 16:05:44.34 ID:a5uPLc4io


のん「じゃあ、パキったところでプリパラもう1回入ろ?」

ちり「はわわ~!今日はいいですよ~!」

のん「ちりも入らなかったら、意味が無いでしょ!」

ちり「やめてー!」




ちり「真中のん!このわたくしがチームに入ったことに感謝しなさい!」

のん「えー……」



17 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 16:13:40.21 ID:a5uPLc4io


【2週間後】
~プリパラタウン~

のん「まさか3人目がなかなか見つからないなんて……」

ちり「このセレブなわたくしに釣り合う人間なぞ、そう簡単におりませんわよ」

のん「まあ実際このチームに釣り合うような3人目がなかなかいないのはわかるけど」

のん「でも、ちりわざと3人目入れないようにしてない?」

ちり「そのようなことをわたくしがするとでも?」

のん「だって、3人目探してる時に」



18 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 16:19:58.10 ID:a5uPLc4io


ちり『わたくしに気安く触らないでちょうだい!』

のん「とか」

ちり『そこにかしこまりなさい!』

のん「って言われたらみんな逃げちゃうでしょ?」

ちり「セレブなわたくしに気安くされるのが嫌だからですわ」

のん「もう……!」

ちり「チッ……わたくしはもう帰りますわ」

のん「あ、ちょっとちり!」



19 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 16:25:04.50 ID:a5uPLc4io


~プリパラタウン~

ちり「のんちゃん、ごめんなさい……」

のん「もう今さら謝られても……」

ちり「やっぱり私とチーム組んじゃダメなんですよ……」

のん「もう何言ってるの?」

ちり「のんちゃん、今の私とプリパラの私どっちが好きなんですか?」

のん「それは……」

ちり「あっごめんなさい!私帰ります!」タッ

のん「あっ!……」

のん「ちり……」



20 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 16:31:40.99 ID:a5uPLc4io


~真中家~

のん「はぁ……」

のん「私どうしたらいいんだろ」

らぁら「のんー!」

のん「何、お姉ちゃん?」

らぁら「ちりちゃんとチーム組んだって聞いたけど、今どう?」

のん「うん、まあなんとか……」

らぁら「……」



21 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 16:42:21.71 ID:a5uPLc4io


らぁら「ねえ、のん。どうしてちりちゃんとチーム組んだの?」

のん「……お姉ちゃんのこと、ライバルって言っててちょうどよかったからだよ」

らぁら「ほんとにそれだけ?」

のん「え?」

らぁら「それだけだったらチームは組まないんじゃないかな?」

のん「……」



22 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 16:52:15.19 ID:a5uPLc4io


のん「ちりのこと、最初はムカつくとか性格合わない!とか思ってたよ」

のん「でも、外でのちり見てたら、この子がプリパラの中ではこんなに変わるんだって驚いちゃって」

のん「そう考えてるうちに、中のちりは素直じゃないだけなんだなってわかってきて」

のん「私も自分で言うのもなんだけど素直じゃない時もあるから。そう考えたら私と同じなんだなって気づいたんだ」

のん「そうしたら自然とチーム組むのがいいかなって」

らぁら「……そっか。ならちりちゃんとのチーム大丈夫そうだね」

のん「うん」



23 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 17:03:35.99 ID:a5uPLc4io


のん「お姉ちゃん、今日はありがと」

らぁら「えー、あたしは別に特に何もしてないけどなー」

のん「それでも別にいいのっ」

のん「お姉ちゃんもそらみスマイル頑張ってよね!そうじゃないとライバルとして張り合えないんだから!」

らぁら「えへへ、ありがとのかしこまっ!」

のん(明日ちりに言わなきゃ……)



24 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 17:11:53.61 ID:a5uPLc4io


【翌日】
~プリパラタウン~

ちり「いきなり呼び出して何の用ですのよ」

のん「ちりに言いたいことがあったの!」

ちり「なら早く言いなさい!野暮用に付き合ってる時間はありませんの」

のん「……もう」ニコッ

ちり「な、なんですの」

のん「素直じゃないんだから」ギュッ

ちり「き、急に抱きつかないでくださる?」

のん「ちり!」

ちり「?!」



25 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 17:17:39.30 ID:a5uPLc4io


のん「絶対このチームで神アイドルになるんだからね!」

ちり「と、突然何を」

のん「私!ちりのことプリパラの中も外も好きなんだからね!」

ちり「!!!」

のん「性格?そんなの素直じゃないだけでしょ!私だって同じ!」

のん「……だから、そんなこと心配しなくていいの」

ちり「……」

のん「ちり?」



26 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 17:28:15.04 ID:a5uPLc4io


ちり「……それは本当ですわよね?」

のん「当たり前じゃない!嘘ついてまでチーム組もうとは思わないもん!」

ちり「……わたくし、今日あなたに解散を申し上げられるものかと思ってましたわ」

のん「……」

ちり「人を信じられないわたくしの負けですわね」ジワッ

のん「ちり……」



27 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 17:39:26.11 ID:a5uPLc4io


のん「泣くほど嬉しかったんだ」ニコッ

ちり「ち、ちが……!」ヌグッ

ちり「このわたくしが泣くなど有り得ませんわ!」

のん「はいはい」

ちり「真中のん!これからもチームとして共にするのですわ!」

のん「もちろん!打倒お姉ちゃん、もとい打倒真中らぁらを目指してね!」

ちり「……ふふっ」

のん「えへっ」

ちり「では、もう一度わたくしとトモチケパキってさしあげましょう」パキッ

のん「りょーかい!」パキッ



28 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 17:51:43.50 ID:a5uPLc4io


【数ヶ月後】

のん「ちょっとペッパー!どこ行ったの!」

ちり「ペッパーなら『ニク!ニク!』とか言いながら帰られましてよ」

のん「ムキー!神アイドルグランプリまであともうちょっとなのにー!」

ちり「……」

のん「全く、ちりはちゃんと練習してるのに、なんでペッパーは遊んでるのよ」

ちり「のん」

のん「なに?」



29 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 18:00:01.46 ID:a5uPLc4io


ちり「少しこっちを向いていただけないかしら」

のん「ん、いいけど」

ちり「では失礼」チュッ

のん「?!」

ちり「いつの間にか、わたくしはのんに恋心を抱いてしまったようですわ」

ちり「でも今日でけじめをつけることにしましたの」

ちり「……ではわたくしもこれで」

ガチャ



30 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 18:09:48.42 ID:a5uPLc4io


のん「……」ポケ-

のん(い、今のってキス?)

のん「ってちょっとちりー!」

のん「勝手に帰るんじゃないー!」



~Prism Stone~

ちり「やっちゃった……」

ちり「もうのんちゃんにプリパラの外で顔向けられないよ……」

のん「ちりー!」

ちり「あっ!」



31 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 18:20:13.05 ID:a5uPLc4io


のん「はぁはぁ、なんで勝手に帰っちゃうのよ!」

ちり「だって、のんちゃんに嫌われるのが怖くて……」

のん「もう、ほんと素直じゃないんだから!」

ちり「ごめんなさい……」

のん「……ちょっとこっちきて!」ギュッ

ちり「はわわ?!」



32 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 18:27:01.89 ID:a5uPLc4io


のん「はぁはぁ、ここなら人来ないでしょ」

ちり「はぁ、はぁ、のんちゃん、急にどうして」

チュッ

ちり「?!」

のん「いい?これが私の答えなんだから!」カアア

ちり「え、え?」

のん「私もちりのこと好きなの忘れないでよね!言ったでしょ、プリパラの中も外も好きだって!」

ちり「……あれってそういうことだったんですか?」

のん「まあ、そう言うこと」

ちり「……!」



33 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 18:33:49.29 ID:a5uPLc4io


ちり「はわわ~、私全然気づかなかった……」

のん「ちりが言わなかったら隠そうと思ってたから。私も素直じゃないし」

ちり「のんちゃん……」

のん「じゃ、いこっかちり」

ちり「あの!その、これからもよろしくお願いします。チームとして恋人として!」

のん「うん!もちろん!」



おわり



34 : ◆2tw7Ji6IluEW 2016/09/18(日) 18:34:36.50 ID:a5uPLc4io


メインキャラクターになるとはいえ、1、2話しか出てないちりちゃんの口調難しいですね
ありがとうございました



関連記事
[ 2016/09/19 00:00 ] プリパラSS | コメント(2)

あああ
ちりちゃんショックはデカイ…
キャラ変わり過ぎだろ…
[ 2016/09/19 04:31 ] [ 編集 ]

ちりちゃんと、のんちゃん両方とも好きだからうれしい!
[ 2016/09/19 07:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5253-a6f76ee5


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。