スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

曜「千歌ちゃんの壁クイレベルがMAXに?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:31:15.58 ID:umzlhiaw0


梨子「ええ、そうなのよ……」

曜「えーと、つまりどういうことなの?」

梨子「始めは、ほんの出来心だったのよ……」





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:32:03.42 ID:umzlhiaw0


(回想中)

千歌「壁クイ?」

梨子「ええ、そう!」

千歌「それを私にやってほしいの?」

梨子「ぜひ!」

千歌「でも私壁クイってよく分かんないし……」

梨子「基本は相手を壁際まで持って行って逃げられない状況を作った後相手のアゴをクイッと上げて蕩けるような言葉を言うって感じね」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:32:37.94 ID:umzlhiaw0


梨子「とりあえず試しにやってもらえる?」

千歌「う、うん……えーと、こうかな?」ドンッ

梨子「うーん、違うわね……」

千歌「じゃあ……こう?」クイッ

梨子「何か違うわ……」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:33:16.03 ID:umzlhiaw0







千歌「ど、どうすればいいの……?」ハァハァ

梨子「やっぱりいきなりは難しかったかしら……」

梨子「それじゃあ今日家に来てくれる?」

千歌「いいけど……」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:33:53.16 ID:umzlhiaw0


~~~(桜内家)~~~

梨子「はいこれ」ドスッ

千歌「これは……?」

梨子「壁クイの全てが書かれてる本よ。そして隣のは壁クイの原点となる壁ドンの本」

梨子「これを千歌ちゃんに全て読んでもらうわ!」

千歌「ええ……なんでそこまでするの?」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:34:41.99 ID:umzlhiaw0


梨子「私は千歌ちゃんに壁クイマスターになって欲しいの!」クワッ

千歌「うっ」ビクッ

梨子「それに千歌ちゃんの壁クイが上手くなって私に強い衝撃を与えられれば次の曲のインスピレーションに繋がると思うのよね」

千歌「……分かったよ、私やる!やるったらやる!」

梨子「それでこそ千歌ちゃんよ!」

千歌「これを全部読めばいいんだよね?」

梨子「ええ、そしてそれを全部読んだらこっちの壁クイビデオを見てもらうわ」

千歌「え゛」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:35:16.35 ID:umzlhiaw0



~~~~
千歌「壁ドンは壁クイの原点……全ての壁ドンは壁クイに通ず……」

千歌「相手の性癖を熟知した上でセリフは言うべし……」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:35:44.09 ID:umzlhiaw0



~~~

千歌「ッ」ドン!

梨子「まだよ!」


千歌「ッ」ドドン!

梨子「まだまだ!」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:36:17.25 ID:umzlhiaw0



~~~
千歌「……」ウトウト

梨子「……壁クイ、やめる?」

千歌「やめない!」ハッ!

梨子「だよね!」ニコニコ



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:36:54.87 ID:umzlhiaw0


(・8・)チュンチュン…

千歌「できた……」

梨子「うん……?おはよう、千歌ちゃん」ムクッ

千歌「ついに完成したよ!私だけの壁クイ!!」

梨子「へえ……そうなの」

千歌「ちょっと試しに1回やってみていいかな?」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:37:41.03 ID:umzlhiaw0


梨子「いいわよ、でもちょっとやそっとの壁クイじゃ私は……」ドンッ!

梨子「!?」ビクッ

梨子(何なの?この迫力は!?)ゾクッ

千歌「梨子ちゃん……」ボソッ

梨子「ッ」




千歌「私のモノに、なってみない?」クイッ



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:38:07.83 ID:umzlhiaw0


梨子「ひゃっ、ひゃい……/////」

梨子(もうだめ、何も考えられない……/////)

梨子(私は、恐ろしいものを作り出してしまったのかもしれないわ……)ドサッ



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:38:43.12 ID:umzlhiaw0


~~(回想終了)~~

梨子「……と、いうわけなの」

曜「はぁ……」

梨子「断言するわ、今の千歌ちゃんに墜とせない女の子はいない」

曜「それって梨子ちゃんが壁クイに弱かっただけじゃ……」

梨子「違うわ!」

曜「!?」ビクッ



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:39:27.03 ID:umzlhiaw0


梨子「私は何千、何万もの壁クイを見てきたけどあそこまで完成度の高い壁クイは見たことなかったわ」

梨子(あの音ノ木坂ですらね……)

梨子「たった一晩で壁クイの頂点にまで辿りついた千歌ちゃんの才能は神が授けたものとしか思えない」

梨子「いいえ、もう千歌ちゃんが神そのものなのよ!」クワッ



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:39:56.33 ID:umzlhiaw0


曜(変にテンション上がってるなー)

曜「それで、千歌ちゃんの壁クイレベルがMAXになって何か問題でもあるの?」

梨子「直に分かるわ……」

曜「?」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:40:40.20 ID:umzlhiaw0


~~~~

(一年生廊下前)


曜「梨子ちゃんが直に分かるって言ってたけど全然わかんないよ……」

曜「あれ、千歌ちゃんとルビィちゃんだ。何してるんだろ……え!?」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:41:18.16 ID:umzlhiaw0


ルビィ「え、えっと……千歌ちゃん?」

千歌「ルビィちゃん……」ボソッ

ルビィ「はい……ッ!」ドンッ



千歌「私と一緒に踏ん張るビィしよ?」クイッ


ルビィ「は、はい……/////」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:42:01.83 ID:umzlhiaw0


曜(えーーー!?ルビィちゃん墜ちちゃったよ!?)

曜(しかもなにあのセリフ!?意味深過ぎるよ!)

曜(これが梨子ちゃんの言ってた……)

曜(いやいや、ルビィちゃんもたまたま弱かっただけかもしれないし!)

曜(決め付けるのはまだ早いよね……)



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:42:34.93 ID:umzlhiaw0


~~~
(部室前)


曜「おはヨーソ……ハッ!」ババッ

曜(千歌ちゃんだ……それに善子ちゃんもいる……)



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:43:11.12 ID:umzlhiaw0


千歌「ねえ、善子ちゃん」

善子「何かしら?それに私はヨハ……」ドンッ

善子「!?」

千歌「善子ちゃん……」ボソッ



千歌「この私に、堕天されてみる?」クイッ



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:43:41.37 ID:umzlhiaw0


善子「ひゃ、ひゃい……ヨハネめに天の裁きを下さい……/////」

千歌「ふふっいい子いい子」ナデナデ

善子「ああ、ダメ、堕天使ちゃう……/////」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:44:17.38 ID:umzlhiaw0


曜(善子ちゃん……チョロ過ぎるよ……)

曜(これじゃあ堕天使というよりも役割的にゲームに出てくる姫騎士って感じだよ……)

曜(これで2人目か……)

曜(こうなったら行く末を見なきゃ!)



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:44:52.87 ID:umzlhiaw0


~~~~
(図書室)


曜「確か千歌ちゃんはこっちの方に……ッ!」

曜「いた……」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:45:34.66 ID:umzlhiaw0


千歌「ねえねえ花丸ちゃん、ちょっとこっち来てよ!」

花丸「なんずら?」ドンッ

花丸「え……?」

千歌「ちょっと空見てよ……」ボソッ



千歌「月が綺麗だよね?」クイッ


花丸「し、死んでもいいずら……/////」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:46:02.51 ID:umzlhiaw0


曜(まさかあの花丸ちゃんまで墜とすなんて……)

曜(これで一年生は全員か……)

曜(まさか三年生まで……?)



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:46:31.58 ID:umzlhiaw0



~~~
(生徒会室)


曜「生徒会室か……」

曜「ってことは……」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:47:47.60 ID:umzlhiaw0


ダイヤ「千歌さん、急に呼び出してどうしたのですか?」

千歌「いやー、ダイヤさんと2人っきりでお話とかしてみたいなーって思って」エヘヘ

ダイヤ「ま、まあ?一生徒の話を聞くのも生徒会長として当然でありますからね?/////」

千歌「そんな事言って、ちょっと期待してたんじゃないですか?」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:48:23.79 ID:umzlhiaw0


ダイヤ「!?(いきなり雰囲気が……?)」

ダイヤ「期待とは、一体何を……ッ」ドンッ

千歌「お姉ちゃん……」ボソッ




千歌「後でいっぱい苛めてあげるから楽しみにしててね?」クイッ



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:48:54.12 ID:umzlhiaw0


ダイヤ「ほ、本当れすか……/////」ポーッ

千歌「もちろん」ニヤッ

ダイヤ「/////」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:50:07.05 ID:umzlhiaw0


曜(本気だ……)

曜(千歌ちゃんは本気で全員を墜としにきてる……)

曜(私はそれに勝てるかな……?)



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:50:49.74 ID:umzlhiaw0



~~~~
(理事長室)

鞠莉「千歌っちがここに来るなんて珍しいね?」

千歌「ちょっと理事長室の椅子って座ってみたいなーとか思って……」エヘヘ

鞠莉「そういうことなら何時でもOKよ!」

千歌「わーい!ありがとう鞠莉ちゃん!」ストッ



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:51:22.00 ID:umzlhiaw0


鞠莉「……(知ってるわ、貴方の本当の目的を)」

鞠莉(風の噂で千歌っちがAqoursのメンバーを墜としてるらしいってことを聞いたわ)

鞠莉(千歌っちがそんなテクニックを持ってる事はちょっと信じられないけど用心するに越した事はないわ)

鞠莉(壁にさえ近づかなければやり過ごせるはず……)



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:52:01.82 ID:umzlhiaw0


千歌「この引き出しとか見てもいい?」

鞠莉「え?ちょっ、そこはダメ……」グイッ

鞠莉「!?(しまっ……)」



ドサッ



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:52:37.70 ID:umzlhiaw0


鞠莉「てて……(まさか椅子から落ちる勢いで床に倒されるとは……)」

鞠莉(ん、床……?ッ!しまっ!)ドンッ

千歌「鞠莉ちゃん……」ボソッ



千歌「ハグ、しよ?」

鞠莉「……はい/////」ポーッ



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:53:33.76 ID:umzlhiaw0


曜(あの鞠莉ちゃんまで……)

曜(ってか受けに回ると鞠莉ちゃんって結構ウブなんだね……)



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:54:16.79 ID:umzlhiaw0



~~~~
(松浦家)

果南「あれ、千歌じゃん。どうしたの?」

千歌「急に干物が旅館でたくさん欲しくなっちゃって……今あるかな?」

果南「あるけど……ちょっとまってて、今倉庫に行って持ってくるから」

千歌「私も行っていい?久しぶりに倉庫の中見てみたいんだよね」

果南「いいけど、あんまり変わってないよ?」



37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:54:55.84 ID:umzlhiaw0


(倉庫)

千歌「いやー、懐かしいねー」

果南「ほら、あんまり変わってなかったでしょ?」

千歌「でも今は昔とは色々違うじゃん」

果南「例えば?」

千歌「大人に近づいたこと……とかかな?」

果南「何それ」アハハ



38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:55:34.52 ID:umzlhiaw0


千歌「ねぇ、果南ちゃん」

果南「ん?」クルッ

ドンッ!

果南「え、ちょ、千歌?」

千歌「この暗いところで2人っきり……何とも思わない?」

果南「思わないね」

千歌「嘘だね」

果南「ッ!」



39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:56:13.94 ID:umzlhiaw0


千歌「私知ってるんだよ?最近梨子ちゃんに少女マンガ借りて読んでること」

果南「そ、それは……今は関係ないでしょ」

千歌「なーんか、ありそうだよね?こういうシチュエーション」

千歌「『幼馴染みに2人っきりの時に言い寄られる』みたいな感じのさ」



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:56:47.41 ID:umzlhiaw0


果南「……」

千歌「だからさ……」




千歌「私のこと、好きにしてもいいんだよ?」クイッ


果南「ち、千歌……/////」

千歌「ほら、ハグしよ?」

果南「/////」ギュッ



41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:57:21.19 ID:umzlhiaw0


曜(果南ちゃんまでも墜とされた……)

曜(残るは……私だけ)

曜(私は……)



42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:58:11.87 ID:umzlhiaw0



~~~~
(次の日)
千歌「みーんな私のモノになっちゃったなぁ」クスクス

千歌「あとは曜ちゃんだけか……」

千歌「曜ちゃんってこういうのには弱そうだし簡単だよね」ニヤッ

曜「千歌ちゃん」ザッ



43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:58:53.03 ID:umzlhiaw0


千歌(来た!)

千歌「あ、曜ちゃん!ちょっと話しがあるんだけど……」

千歌(先手必勝!)


千歌「あのさ、」

曜(今だ!)クワッ



45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:59:31.83 ID:umzlhiaw0


曜「千歌ちゃん!ずっと昔から好きでした!付き合って下さい!」

千歌「……え?」

曜「ずっと、ずっと昔から千歌ちゃんのことを想ってました」

千歌「え、ちょっ……/////」

曜「私と、恋人になってくれませんか?」



46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:01:04.74 ID:umzlhiaw0



千歌「……」

千歌「……ごめんなさい、私に曜ちゃんに好きになって貰える資格なんてないよ」

千歌「私は自分の手に入れた力をただ自分の欲を満たすためだけに使ってたような人なんだよ?」

千歌「曜ちゃんみたいな立派な人に好きになってもらうなんてできないよ……」



47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:01:42.40 ID:umzlhiaw0


曜「そんなこと関係ないよ!」

千歌「曜ちゃん……?」

曜「私は昔から色んな千歌ちゃんを見てきたんだよ?」

曜「笑った千歌ちゃん、怒った千歌ちゃん、泣いた千歌ちゃん」

曜「でも、どんな千歌ちゃんをみても全部が好きになった」

曜「どんな千歌ちゃんでも、私は好きなんだよ。その気持ちは変わらない。今までも、これからも、ずっと」



48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:02:10.72 ID:umzlhiaw0


千歌「私なんかでいいの……?」

曜「千歌ちゃんなんか、じゃなくて千歌ちゃんだからいいんだよ」

千歌「曜ちゃん……」グスッ

千歌「……私も、大好きです!付き合って下さい!」

曜「……はい!」



49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:02:45.27 ID:umzlhiaw0



────────
(その後)

梨子「成程ね、最強の壁クイに対抗するためにはど真ん中ストレートの告白で勝負したわけね」

曜「いやー、鞠莉ちゃんが墜とされたとこ見てたら千歌ちゃんも攻められるのはもしかしたら弱いのかなーってね」

梨子「ふふっ流石曜ちゃんね」

曜「でもこれどうしようか……?」



50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:03:37.21 ID:umzlhiaw0


ルビィ「今日は千歌ちゃんと家でアイドルのDVDを2人っきりで見るんだ/////」

ダイヤ「ルビィと千歌さんを2人っきりにするわけには行きませんわ!千歌さんは私に……/////」

善子「千歌さんは私に堕天させてくれる約束なんだから!/////」

花丸「千歌ちゃんはオラと一緒に図書室で素敵な詩集を読むずら!/////」

鞠莉「ノンノン、千歌っちは小原邸で私とハグするのよ!/////」

果南「まあ、幼馴染みとしては不安だから今日は千歌と一緒にいてあげようかな/////」



51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:04:19.12 ID:umzlhiaw0


曜「完膚無きまでに墜とされてるね……」

曜「そういえば梨子ちゃんは……千歌「おはようございます!」」

梨子「千歌ちゃん!」

千歌「あ、よしよし……いい子にしてた?梨子ちゃん」ナデナデ

梨子「はい……/////」

千歌「いい子は好きだよ?」ボソッ

梨子「ふわぁ……/////」

曜「うん、完全に堕ちてるね」



52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:04:56.54 ID:umzlhiaw0


千歌「おはよう、曜ちゃん」

曜「おはよう……それで、どうするの?この状況」

千歌「うーん、……確かに最初は興味本位で始めたんだけどみんな好きなのは変わらないし……」

千歌「よし、決めた!」

千歌「みんな私と付き合って貰おう!」



53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:05:33.27 ID:umzlhiaw0


曜「……へ?」

曜「それって……ハーレムってことですか?」

千歌「ハーレム……いい響きだね!」

曜「いやいや……本気?」

千歌「本気だよ!」

千歌「みんなもそれでいい?」

全員「……/////」コクリ



54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:06:12.98 ID:umzlhiaw0


曜「いやー、思い切ったことしますなー……」

千歌「曜ちゃんは嫌だった?」

曜「まあ、千歌ちゃんを独り占めできないのは残念だけどみんな幸せならそれがいいよね!」

千歌「ありがとう、曜ちゃん!」ギュッ

曜「ふふっ、苦しいよ~千歌ちゃん」アハハ

千歌「でも、みんなと曜ちゃんはちょっと違うんだよね」



55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 19:07:08.50 ID:umzlhiaw0


曜「どこが?」

千歌「秘密!」

曜「え~教えてよ~」

千歌「ダ~メ♪」

千歌(みんなと曜ちゃんの違い……それはね、)

千歌(私はみんなの心を奪ったけど、私の心は曜ちゃんに奪われたってことだよ♪)


おわり



関連記事

やっぱりようちかが最強なんだ。
[ 2016/11/04 21:35 ] [ 編集 ]

やっぱりようちかなんだヨーソローなあ
[ 2016/11/05 00:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5294-7e0aa828


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。