【ステラのまほう】 藤川「結婚しよっか本田ちゃん」珠輝「はい!」

1 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/16(水) 16:48:19.45 ID:+GgKPqlw0



珠輝「………………へ?」

珠輝「す、すいません藤川先輩」

珠輝「もう一度さっきの言葉を言ってくれませんか?」

藤川「うん、いいよ」

藤川「結婚しよっか本田ちゃん」

珠輝「えーと、つまり……」



珠輝「……聞き間違いじゃなかった!!?」

珠輝「こ、子作りの間違いじゃないんですか先輩!!?」

藤川「うわ、いきなり大胆だねー本田ちゃん」

珠輝「そっ、そうじゃなくてっ!/////」

珠輝「以前に誤解した時のような……楽曲制作のお手伝いということ……」

藤川「じゃないよ」

珠輝「……じゃないってことは」

珠輝「え?えええ?ふええっ?」





3 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/16(水) 17:16:23.37 ID:+GgKPqlw0


珠輝「えーーっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?」

珠輝「そ、そないな!?結婚って!!?」

珠輝「こないなのは!もっと時間が必要というか!?」

珠輝「おおお、おつきあいを経て!ゆっくり決めていくもんやないんかと!?」

珠輝「それにウチとふ、藤川先輩って同性やし……/////」

藤川「方言に戻ってるね」



藤川「……っく、あははははっ!」

珠輝「ふ、藤川先輩?」

藤川「いやーごめんごめん」

藤川「前に本田ちゃんに勘違いされた時のいきさつ聞いてさ」

藤川「ちょっと魔が差したというか」

藤川「からかっちゃった」

珠輝「……え」

珠輝「ひ、ひどいです藤川先輩!!」

藤川「あははっ、ホントごめんね本田ちゃん」

珠輝「…………」

藤川「今度なにかおごってあげ……ってうわっ!」

ドタッ!



5 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/16(水) 18:20:43.46 ID:+GgKPqlw0


藤川「いたたたた…………」

藤川「なにもそこまですることないじゃん本田ちゃ…え?」

藤川(押し倒されたと思ったら、本田ちゃんが上に…?)

藤川(これって前のアクシデントとは逆な立ち位置……)

珠輝「私、本気でドキドキしたんですよ」

珠輝「なのに、冗談だなんて本当に、ひどいです」

藤川「ご、ごめっ、そこまで怒らせるつもりはなかったの!」

藤川「ごめんなさい!だから……」

珠輝「許しませんよ」

藤川「……あ」

するり

珠輝「先輩が悪いんですよ……」

藤川「ま、マジで……?」

藤川「する……の?」



純粋で健気な後輩、ただそう思っていた

目の前にいるのは、あの本田ちゃんなのだろうか

私に覆いかぶさるこの娘は妖艶な笑みを浮かべて、制服に手をかけてくる

どうして?なんで抵抗しないんだろうか私は?

こっちのほうが力は上のはず、少し本気を出せば容易に今の体制から脱せる

しかし、可愛がっていた後輩の未だ知らない一面を垣間見、呆気にとられ動けなかった

誰もいない部室、夕日が差し込む情景、甘美的な状況も私を拘束する

そして、なにより、彼女は美しかった



珠輝「責任、とってくださいね先輩」



7 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/17(木) 02:42:53.51 ID:yKniqwW60


裕美音「――――――ってのはどうですか!!!」

ぶしゅー!

あやめ「鼻血!鼻血出てるから!」

裕美音「たまちゃんはせめだかりゃぁぁぁああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

椎奈「ということはあれですか、冒頭からのアレやコレは」

あやめ「男体化かよ!台無しじゃねーか!」

あやめ「タイトル見て来た人たち裏切ってるじゃねーか!」

藤川「メタだなぁ……」

裕美音「えー、関先輩ならわかってくれると思ったんですけどー」

あやめ「いやぁ、やっぱりボk……私にはさすがに知人の男体化BLともなると敷居高いっす……」



裕美音「でもなんだか違和感あるんですよねえ……」

あやめ「ああ、だよね」

あやめ「いくら創作とはいえ、あの本田さんがあそこで攻めに転じるのは不自然というか」

あやめ「行動に至るまでの藤川さんに対する心理描写をもっと……」

裕美音「わかりました!!」

あやめ「うんうん」


【×】私に覆いかぶさるこの娘は→【○】私に覆いかぶさるこの子は

【×】そして、なにより、彼女は美しかった→【○】そして、なにより、彼は美しかった


裕美音「これでよし!」

あやめ「そっちかよっ!!」

椎奈「漫才ですか」



8 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/17(木) 17:02:44.61 ID:yKniqwW60


裕美音「~~~~~~~~!!」

あやめ「~~~~~~~!?」

椎奈「………!」

わいわいがやがや



藤川「なんだか盛り上がってますなあ」

珠輝「そ、そうですね」

藤川「掛け算されてる当の私らは置いてけぼりなんだけど」

珠輝「あはははは……」

藤川「んー……」

藤川「よし!」

藤川「ちょっとつきあってよ本田ちゃん」

珠輝「?」

珠輝「わかりました」

珠輝「前と同じく楽曲制作に関することですか?」

藤川「……いや、今回は違うかな」

珠輝(一体なんだろう……?)



裕美音「~~~だからぁ!!!!」

あやめ「もうつっこむのに疲れたよ…しー……」

椎奈「……あれ、藤川さんと本田さんがいませんね」



9 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/17(木) 17:56:35.74 ID:yKniqwW60


椎奈「――――――ってこともあったわね」

あやめ「ええっ゛!?またこの飛ばし方!?」

椎奈「しかも、今は十年後よ」

あやめ「飛びすぎだろっ!!」

あやめ「SNS部で同人作ってた日々はとっくに過去の話かよ!」

椎奈「同人ゲーム作り?」

椎奈「ああ思ったより大変で」

椎奈「あの頃は若かったなー」

椎奈「時間を自由に使えたというか」

あやめ「ああ…たしかにそういう酒臭い話を将来するかもとか言ってたね……」

あやめ「じゃあここは居酒屋で、さしずめ当時のメンバーの同窓会でもしてる設定か?」

椎奈「ご名答ね」



裕美音「お久しぶりで~す!」

あやめ「おおー久しぶり布田さん」

椎奈「お久しぶりです」

裕美音「あれ?まだお二人だけですか?」

椎奈「ええ、まだ私とあやの二人だけよ」

あやめ「というか意外だね、てっきり本田さんと一緒に来るかと思ってた」

裕美音「たまちゃんとは進学後、少し疎遠になってて……ちょくちょく連絡はとってましたけど」

裕美音「だから!久々に会える今日が楽しみで!!」

裕美音「一体どんな美青年に成長してるのかなぁ……って」

あやめ「うん、あのね、何年経とうと、女の子が美青年になることはないと思う」

椎奈「より重症化してたわね」



10 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/18(金) 02:30:50.06 ID:K1uGq1xp0


がらっ!

珠輝「すいません~!遅れました~!」

あやめ「おっ」

椎奈「噂をすればなんとやら」

裕美音「!!」

珠輝「あっ、ゆみね~!」

珠輝「久しぶりだね~」

裕美音「…………」ぷるぷる

珠輝「…ゆみね?」

裕美音「…………うわぁぁん!会いたかったよぉ~!!」

ぎゅうううううううううううううううううううううううううう

珠輝「わわわ、苦しいよゆみねぇ……」

裕美音「たまちゃん~!たまちゃん~!」

裕美音「たまちゃんだぁ…ちっとも変わってない」

裕美音「また会えて嬉しいよぉ……」

珠輝「えへへ…私も嬉しいな……」



椎奈「ふふふ、いいものね……」ほんわか~

あやめ「いいもんだな、こういうのって……」ほんわか~



本田「幼なじみが感動の再会かぁ」

本田「こういう場面ならこのBGMが合うかな」

ピロリロ~♪



11 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/18(金) 03:18:55.95 ID:K1uGq1xp0


あやめ「こうやってシーンに音つけるやつといえば……」

椎奈「お久しぶりですね、藤川さん」

本田「や、久しぶり」

裕美音「お久しぶりです藤川先輩!」

裕美音「……って、たまちゃんと一緒だったんですか?」

裕美音「うへへへへ…こりゃ数年越しのたまふじ燃料がぁ……」

本田「あはは、相変わらずだね」

本田「まあ、今回は当たらずといえども遠からず、だけど」

裕美音「?」



珠輝「もう~あれだけ何度も確認したのに、歌夜」

本田「ごめんって、珠輝」

裕美音「…………………………………へ?」

本田「あの時は曲を納期に間に合わせなきゃいけなくて切羽詰まってたからさー」

珠輝「数日前まで余裕余裕と言ってたのに当日になって慌てるなんて……」

珠輝「そのせいで予定より何本も後の列車に乗ることになったし」

珠輝「おかげで大分遅刻しちゃいましたよ?」

本田「面目ないなぁ…」

珠輝「せっかく貴重な機会をつくって頂いたのに遅れてしまって……」

珠輝「本当に申し訳ないです……」



椎奈「え、いやあの、それは全然いいんですけど……」

あやめ「な、なんだか君たち仲良くない……?良すぎない……?」



13 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/18(金) 20:18:13.08 ID:K1uGq1xp0


本田「←を見れば大体察しつくんじゃない?」

あやめ「いやいや!それ私ら見えないから!!」

裕美音「つ、つまりどういうことですか…?」

本田「藤川はもう旧姓で、今は本田姓なんだー」

裕美音「……は?」

本田「ていうか、みんなに言ってなかったの?」

珠輝「だ、だって……」

珠輝「いざ伝えるとなると恥ずかしかったんやもん……/////」

本田「あららら」

本田「だけどちょうどいいや」

本田「これで遅刻の件はチャラってことで」

珠輝「む~……」

本田「では改めまして」

本田「本田珠輝の伴侶『本田歌夜』と申します♪」




裕美音「………………………………………」

バタン

椎奈「ぎゃぁーーーーっ!!」

珠輝「しっかりしてゆみね~!?」

あやめ「きゃっきゅきゅきゅきゅきゅ救急車ぁ~!!」

裕美音「ふふふああはははは」

裕美音「本田姓だから藤川先輩のほうが嫁入りで……」

裕美音「たまちゃんが旦那様で攻めなんだぁ………」

裕美音「私は間違ってなかった……ガクッ」

あやめ「こんな時でも妄想すんのが間違ってるよ!!!」



14 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 00:50:39.36 ID:pN/+IhYL0


――――――――――――――――――――――――――――――――――――………

――――――――――――――――――……

―――――――――…

藤川「はぁ…はぁ…っ」

珠輝「えへへへ」

珠輝「可愛いですよ…藤川先輩」

藤川「も、もう勘弁して本田ちゃん…」

藤川「ここDTM研だよ…?誰か来たら…」

珠輝「大変ですね」

珠輝「作曲にひたむきでかっこいい藤川先輩」

珠輝「部員さんが藤川先輩のこんな姿、見ちゃったら……」

藤川「う…///」

珠輝「それに」

珠輝「最初に手を出してきたのは、藤川先輩じゃないですか」



キーンコーンカーンコーン

珠輝「……」

藤川「……」

珠輝「予鈴、鳴っちゃいましたね」

珠輝「教室に戻りましょうか」

藤川「待って」



15 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 01:43:17.97 ID:pN/+IhYL0


珠輝「?」

藤川「その…本当に悪かったと思ってる」

珠輝「なんですかいきなり」

藤川「あの時は…SNS部とは別口の仕事引き受けてて……」

藤川「それが女の子同士の恋愛を題材にした作品でさ……」

藤川「でも、全然イメージ浮かばなくて…なんにもわいてこなくて……」

藤川「悩んでずっと眠れなかったときに…布田ちゃんの話聞いちゃって……」

藤川「いつもはただの妄想と受け流してたはずなのに…その時だけは……」

藤川「それで…私は……」

珠輝「そして」

珠輝「私を、犯したんですよね」




藤川「初めは…いつもより少しだけ過剰なスキンシップで終わらせるつもりだったんだ…」

藤川「だけど途中で抑えられなくなった……」


『これが女の子同士の感覚なんだ……』

『もっと本田ちゃんを愛すれば…もっとわかるようになるのかな……』

『もっと…もっと……』


藤川「そういう思考が頭を駆け巡って……」

珠輝「つまり自分のために私を利用したんですよね?」

珠輝「私の気持ちなんて一切考えもせず」

藤川「………………………………………………………」

珠輝「……初めて…だったんですよ……っ」

珠輝「絶対に許しませんから……」



17 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 02:05:17.25 ID:pN/+IhYL0


藤川「許してくれとは言わないよ……」

珠輝「じゃあなんですか」

珠輝「言い訳でもして少しでも罪悪感を減らしたかったんですか?」

藤川「……うん」

藤川「そうだね、そうかもしれない……」

珠輝「……もういいです」

藤川「まだだよ」

珠輝「は?」

藤川「これから言うことも罪滅ぼしみたいなものだと思って、聞いてよ」

珠輝「もう時間がありませんよ?」

藤川「サボっちゃえばいい」

珠輝「なにいって……」

藤川「結婚してください」



珠輝「………………へ?」

珠輝「す、すいません藤川先輩」

珠輝「もう一度さっきの言葉を言ってくれませんか?」

藤川「うん、いいよ」

藤川「結婚してください」



珠輝「か、からかってるんですか……?」

藤川「いや全然」



18 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 02:44:47.65 ID:pN/+IhYL0


藤川「本気で言ってる」

珠輝「な、なんでそうなるんですか…?」

藤川「私が、本田ちゃんの初めてを奪った責任をとらせてほしい」

珠輝「そ、そんなことで!!」

藤川「言い方が悪かったね」

藤川「愛してるよ、本田ちゃん」

珠輝「なっ!?」

藤川「考えてみれば、おかしかったんだよ」



いままで作曲に行き詰まることは何度もあった

結局は寝ることも忘れて没頭するうちに、いつの間にか完成してた

このお仕事だって何時ものごとく、なんとかなるだろうと思っていた

でも無理だった、どう足掻いてもできなかった

作品のサンプルを貰ったけど、キャラクターがどこか私と本田ちゃんに似ている気がした

その作品のストーリーは、先輩と後輩の、悲恋

お話は殆ど出来上がっている、後は私が音をのせれば世界ができあがる

躊躇してた、心のどこかで

本当はわかってた、作れないのは女の子同士の恋愛がわからなかったからじゃない

いつの間にか私は



藤川「惹かれていたんだよ」

藤川「本田ちゃんに」

珠輝「~~~~~っ//////」



19 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 03:22:00.36 ID:pN/+IhYL0


珠輝「や、やめてください……」

珠輝「私は藤川先輩なんか……っ」

藤川「虫がいい話なのはわかってる」

藤川「自分勝手に本田ちゃんを利用しといて、想いをぶつけてるなんて」

珠輝「あ…あああ……」

藤川「本田ちゃん好みの渋いおじさまに私は程遠いかもしれないけど…」

藤川「でも…誰よりも本田ちゃんを想う気持ちはあるよ」

藤川「将来的にプロになって一緒に暮らせるビジョンも持ってるつもり」

藤川「だから、せめて……本田ちゃんの傍にいながら償わせてほしい……」

珠輝「やめてください藤川先輩っ!!!!」



ぎゅっ…

藤川「ほ、本田ちゃん……?」

珠輝「償うなんて…言わないで……」

珠輝「悪いのは私なんです……」

珠輝「藤川先輩に押し倒された時……」

珠輝「逃げようとすれば逃げられました…でも逃げなかった……」

藤川「え…」

珠輝「不思議な気持ちだったんです…」

珠輝「先輩のことはかっこいいと思ってました、でもあくまで同性としてのもので…」

珠輝「だけどあの時…先輩の顔を見て…今度こそ本当にするんだと気づいた時……」

珠輝「嫌じゃ…なかったんです……」



20 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 03:49:02.97 ID:pN/+IhYL0


珠輝「自分でもこの気持ちが…よくわからなくて……」

珠輝「先輩は同じ女の子なのに…どうしてって……」

珠輝「なんだか怖くなって…私は…私は……」

藤川「本田ちゃん……」

珠輝「だから先輩を責めることで自分を守ってたんです……」

珠輝「先輩を私に縛り付けることで安心してたんです……」

珠輝「この気持ちに目を背けながら……」

藤川「……」

珠輝「ごめんなさい…ごめんなさい……」

珠輝「ごめんなさい…ごめん…なさいぃ…っ…………」



藤川「一つ…聞いてもいいかな?」

珠輝「はい…」

藤川「その気持ちに答えは出たの?」

珠輝「こた、えは……」

珠輝「…………………………………はい」

藤川「聞かせてほしいな」

珠輝「で、でもっ……」

藤川「多分、私と同じ気持ちだと思う」

珠輝「………っ」



珠輝「……っく…ぅぁ…ぁあ……………」

藤川「大好きだよ本田ちゃん」

珠輝「……うっ…ううう………」

珠輝「わたしも……わたしも……………っ」

珠輝「大好きです………っ」



21 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 04:32:02.96 ID:pN/+IhYL0


/キーンコーンカーンコーン~♪\

本田「――――――――――――――――――と……」

本田「授業を知らせる鐘が二人を祝福するウエディングベルのように鳴り響いたのでした!」

本田「おしまいおしまい」

/チャンチャンッ♪\

椎奈「長い惚気話だったわね……」

あやめ「スマホによる効果音つきでな……」

珠輝「………/////////」

裕美音「じゃぁ私が二人のキューピッドみたいなものだったんだぁ~うぇーい~~」←あの後すぐ復活した

裕美音「うぇえええええええええええん!!!私のたまちゃんがぁああああああああああああああ!!!!!」

あやめ「あっちはやけ酒ですっかり出来上がってるな……」

椎奈「ショックだったのは理解できるし、静かに見守ってあげましょう……」



本田「で、なんやかんやで今に至るわけ」

本田「作曲で無事、生計を立てながら同棲しております」

あやめ「マジかよ…てか学生時代にそこまでいってたなんて気づかんかったわ……」

珠輝「//////」

珠輝「い、今でもたまに私がイラスト描いて二人で同人つくったりしてます」

椎奈「そうなんですか」

椎奈「二人共々お幸せでなんだか羨ましいですね」

椎奈「下世話な話、ベッドの上では本田さんが攻めなんですか?」

珠輝「ええっ!!?」

あやめ「ちょっ!?しーさん!?」

椎奈「いいじゃない、これくらい」

椎奈「長々と惚気を聞かされたんだから」



22 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 04:54:00.07 ID:pN/+IhYL0


本田「そだよー」

珠輝「歌夜~!?」

あやめ「あっさり答えちゃったよ!!」

本田「いやあウチのパートナーはさ、昔から意外と旺盛でねー」

本田「実際この前の作曲が遅れたのだって何回も何回も私を寝かせてくれなk」

珠輝「も、もうやめてください~!!」

本田「こういう時くらいは上になりたいよねー」

珠輝「ほんまにやめてぇ……」

本田「~♪」

椎奈「夜の営みも円満……」

椎奈「ああああああ…妬ましい……」

あやめ「お前社会人になってからよほど不満溜め込んでんのな……」



本田「でも、やっぱり攻められっぱなしなのはどうかと思ってね」

本田「卒業して色々と安定した頃に正式なプロポーズをまた私からしたんだ」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――………

――――――――――――――――――……

―――――――――…


藤川「結婚しよっか本田ちゃん」

珠輝「はい!」



23 : ◆k9Tn5.k4rg 2016/11/20(日) 04:57:30.46 ID:pN/+IhYL0


fin.


関連記事
[ 2016/11/20 12:00 ] ステラのまほうSS | コメント(6)

良い…
[ 2016/11/20 13:50 ] [ 編集 ]

ウチたまふじめっちゃ好きやねん…
[ 2016/11/20 14:01 ] [ 編集 ]

良い
実に良い
[ 2016/11/20 14:10 ] [ 編集 ]

たまちゃんはタチってはっきりわかんだね
[ 2016/11/21 08:07 ] [ 編集 ]

待ってたわ、ありがとうございます
[ 2016/11/24 14:49 ] [ 編集 ]

原作だと意外と百合っ気の薄いステまのSS、嬉しいです。
内容も素晴らしい。
[ 2016/11/27 03:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5315-b86ddab2


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ