スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

琴葉「私だって恵美にボインダイブしてみたい!」【ミリマス】

1 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:52:01.57 ID:VPT7ULPN0


事務所


琴葉「恵美、もう待ってるかな 仕事少し長引いちゃった……」

恵美「ん~…… 」

琴葉「あっ、めぐ

未来「恵美さーんっ!」

恵美「わわっ、ちょっと未来~ 不意打ちで抱き付いてくるのは流石にやめてよ~」

未来「でへへ~ 恵美さんを見かけたからつい~」





2 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:52:44.23 ID:VPT7ULPN0


恵美「もう未来ってば、今日は何?」

未来「今から仕事だから気合い入れるために思いっきり抱き付かせてください!」

恵美「うぅん? 未来はアタシを何だと思ってるんだ~ わしゃわしゃ~」

未来「あぁ~……」


未来「よし! 恵美さんに元気もらったんでお仕事頑張ってきます!」

恵美「はい、行ってらっしゃい」



3 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:53:16.01 ID:VPT7ULPN0


琴葉「……」

琴葉(うらやましい……)

琴葉(私もあんな風に恵美に抱き付いてみたい…… こんな感じで)


琴葉『恵美!』

恵美『もう琴葉ってば、いきなり何~?』

琴葉『なんでもないよ、ただ恵美に抱き付いて見たかっただけだよ』

恵美『甘えたがりなんだから~ わしゃわしゃ~』


琴葉「…… よし、今は他に誰も居ないし思い切ってやってみよう!」



4 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:53:57.39 ID:VPT7ULPN0


琴葉「恵美」

恵美「あ、琴葉」

琴葉「待たせちゃった?」

恵美「んーん、大丈夫だよ」

琴葉(…… よし、今だ)

琴葉「め、恵美~!」

恵美「えっ?」

琴葉「……」

恵美「……」

琴葉「……」

恵美「あのー…… 琴葉さん? いきなり抱き付いてどしたの? もしかして何か悩みがあるとか!?」

琴葉「な、なな……」

琴葉「なんでもな~い!」



5 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:55:27.70 ID:VPT7ULPN0


後日 ファミレス


琴葉「…… なんてことがあって」

エレナ「アハハハハハ」

琴葉「も、もう! そんなに笑わなくたっていいでしょ!」

エレナ「だ、だって…… コトハにいきなりそんなことされたら誰だってポカンてなっちゃうヨー」

琴葉「私が誰かに抱き付くのってそんなに変かな……」

エレナ「変だヨー」

琴葉「ひどい……」

エレナ「あっ、ごめんネ」



6 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:55:54.21 ID:VPT7ULPN0


エレナ「それで、コトハはメグミとどうしたいノ?」

琴葉「どうしたいって……」

琴葉「その…… 思いっきり抱き付いて、ぎゅ~ ってして、わしゃわしゃして欲しい…… みたいな……」

エレナ「へぇ~……」

琴葉「な、何よ」

エレナ「コトハもそういうこと考えるんだナーって」

エレナ「琴葉って意外と~?」

琴葉「わああああ! やめてやめて!」



7 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:56:28.73 ID:VPT7ULPN0


エレナ「でも、メグミは優しいから、琴葉が頼んだら簡単にさせてくれると思うヨ?」

琴葉「えっ! さ、させっ!?」

エレナ「えっ?」

琴葉「あ、ううん何でもない……」

エレナ「そうだ、今からメグミを呼んじゃおうヨー!」

琴葉「えっ!? だ、ダメダメ! こんな話恵美に絶対聞かせられないよ!」

恵美「え~ 誰に聞かせられないって?」

琴葉「え……………… ?」



8 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:57:41.85 ID:VPT7ULPN0


琴葉「め、恵美!? どうしてここに居るのっ!?」

恵美「えっ、いや仕事終わって事務所に寄ろうとしたら、ファミレスに琴葉とエレナが居たからさ~」

エレナ「まぁここのファミレス自体メグミが教えてくれた所だから、こういうことにあるよネ~」

恵美「で、アタシ抜きで何の話?」

琴葉「え、えーっと……」

エレナ「コトハがメグミのこと大好きって話だヨー!」

琴葉「ちょっとエレナ!」

恵美「にゃはは、照れるなぁ~ アタシも琴葉のこと好きだよん」

琴葉「す、好きっ!?」



9 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:58:30.43 ID:VPT7ULPN0


エレナ「それじゃあ、お邪魔なワタシは先に帰るヨー」

琴葉「ま、待って待って! 居なくならないで!」

恵美「ん~と…… で、さっきまでどういう話をしてたの?」

琴葉「えっと、ね……」

琴葉「その…… 私が恵美に…… 抱き付きたくて……」

恵美「は?」



10 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 21:59:41.10 ID:VPT7ULPN0


琴葉「め、恵美にぎゅーって抱き付いて、わしゃわしゃって…… して…… もらいたくて……」

恵美「えっ…… 」

琴葉「うん……」

恵美「……」

エレナ「にやにや~」

恵美「いやちょっと何この空気!? エレナもニヤニヤしてないで何か言ってよ!」

エレナ「ワタシは後ろ向いてるから二人で楽しんでていいヨ~」

恵美「イヤイヤイヤ! 誰かを抱き締めたりってそんな軽々しく……」

琴葉「…… そう、だよね」

恵美「えっ?」



11 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:00:12.72 ID:VPT7ULPN0


琴葉「私がいきなり抱き付いたりするのってやっぱりおかしかったよね……」

恵美「えっ、いや…… まぁ確かにこの前は驚いたけどさ……」

恵美「て言うかほんと何かあったの? 琴葉変だよ?」

琴葉「……」

琴葉「羨ましくて」

恵美「え?」

琴葉「未来、エレナみたいに積極的にスキンシップ出来るのが羨ましくて……」

琴葉「私は真面目で冗談なんて言わないから、そういうことをしても変になったって思われちゃって……」

恵美「…… もう」



12 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:00:40.82 ID:VPT7ULPN0


琴葉「あっ」

エレナ「ワオ!」

恵美「ほら、こうして欲しかったんでしょ? ぎゅー、って」

琴葉「め、恵美…… ?」

恵美「変だよ? なんて言っちゃってゴメンね」

恵美「あっ、でも琴葉は自分から抱き付きたかったんだから…… アタシからハグされるのはイヤ?」

琴葉「ううん…… 好き」

恵美「そっか、良かった ならしばらくこうしててあげる」



13 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:01:16.22 ID:VPT7ULPN0


琴葉「めぐみぃ……」

恵美「もう、琴葉ってばすぐ泣いちゃうんだから…… ほらよしよし」

琴葉「うぅ…… ありがとう…… 本当に恵美に抱き付くのって…… 一番だね」

恵美「うん? それ未来も言ってたけど、どういう意味かな? まぁいいか」

琴葉「これからも時々こうしていい?」

恵美「もちろん ……けどアタシも少し恥ずかしいしこういうのは二人きりの時で………… あっ」

エレナ「ニヤニヤ~」

恵美「えっ、ちょっ、琴葉! 一旦ストップ! ここファミレス、みんな見てる!」

琴葉「めぐみぃ……」

恵美「ほら早く泣き止んで! また後でいっぱいしてあげるから今は泣くのやめてって!」

恵美「エレナもニヤニヤしてないで何か言って!」

エレナ「メグミがコトハを泣かせタ~ これは責任取らなきゃだヨ?」

恵美「せ、責任!?」

琴葉「めぐみぃ…… 好き……」

恵美「えっ!? うぇっ!?」


おわり



14 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:03:03.93 ID:VPT7ULPN0


短いので次からまた短編『未来の語彙力』です


15 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:05:05.86 ID:VPT7ULPN0


未来「かきかき」


未来『静香ちゃん、映画見に行こうよ』

静香『ええ、いいわよ 昼食にうどん食べましょう』

未来『うん、デートだね』

静香『ええ』



16 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:05:53.55 ID:VPT7ULPN0


君の名は。


未来『静香ちゃん! 最高だね! ヤバイね!』

静香『ええ! 最高ね!』

未来『君の名は。 最高って聞いてたけど最高だったね!』

静香『ええ! ヤバイわ! うどん』

未来『ヤバイよね! 最高!』

静香『ええ! うどん!』



17 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:06:53.76 ID:VPT7ULPN0


うどん


静香『うどん美味しかったわね』

未来『うん』


未来『ねぇ静香ちゃん! 大好き!!』

静香『私も大好きよ! 未来!!!』

未来『大好き! 大好き!!!!』

静香『大好きよ! 大好きよ! 大好きよ!!!!!』

未来『大好き! ヤバイ! 最高! 大好き!!!!!!』

静香『うどん! 大好き! うどん!』



18 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:07:24.62 ID:VPT7ULPN0


未来「…… 二人は幸せなキスをして終了、と」

静香「ん、何してるの未来?」

未来「えすえす? っていうのを書いてるんだよ、わたしと静香ちゃんがイチャイチャしてる内容だよ」

静香「い、イチャイチャって……」

静香「…… ちょっと見せてみて」

未来「うんいいよ、頑張って書いたからね! 自信あるよ!」

静香「……」

未来「どう? もしかして感動しちゃった?」

静香「するわけないでしょ! 何よこれ!」



19 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:08:00.94 ID:VPT7ULPN0


未来「えー? わたし頑張ったんだよー?」

静香「突っ込み所多過ぎて突っ込み切れないわよ!」

静香「まず語彙力少な過ぎよ! 『最高』と『ヤバイ』と『大好き』しかないじゃない!」

未来「『うどん』もあるよ!」

静香「そこよ! なんでこんなにうどん推しなのよ!」

未来「えー? だって静香ちゃんいっつもうどんの話してるからー」

静香「だとしても受け答えに『うどん!』なんて言わないでしょ!」

静香「最後の所なんて未来のことが好きなのかうどんのことが好きなのかわからないじゃない!」



20 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:08:45.19 ID:VPT7ULPN0


未来「そうだ! 静香ちゃんは結局わたしとうどんどっちが好きなの?」

静香「そんなの未来のことに決まってるでしょ! 比べるまでもないわ! 大好きよ未来!」

静香「…… あ」

未来「でへへ~ わたしも大好きだよー! 静香ちゃ~ん」

静香「い、今のは言葉のあやって言うか~ えーっと……」

静香「ああもう! 大好きよ未来!」

未来「静香ちゃん大好き大好きー!」

静香「もう! 暑苦しいってば」

未来「大好き大好き大好き!!!」


二人は最高にヤバイ大好きな幸せなキスをして終了



21 : ◆KakafR9KkQ 2016/12/05(月) 22:09:43.26 ID:VPT7ULPN0


読んでくれた人ありがとうございかした。


関連記事

2作とも最高だった…ありがとう
[ 2016/12/11 01:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5334-68440a2d


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。