凛「誰に、なんと言われようとも、友チョコ」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:41:43.35 ID:6IqRm7QN0



凛「卯月。はい、これあげる」


卯月「これ? あ、もしかしてチョコですか? バレンタインの」


凛「うん。友チョコってやつ。受け取ってくれる?」

卯月「もちろんです! ありがとうございます!」

凛「よかった」







3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:42:38.44 ID:6IqRm7QN0



卯月「あとで私からも贈りますね! 友チョコ返しです!」

凛「ほんと? ふふ。じゃあ楽しみにしてるね」

卯月「はい! ちゃんと用意してありますよ! この、凛ちゃんのくれたチョコにも負けないくらい、の、チョコを……」


卯月「…………」



凛「……?」




4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:43:23.87 ID:6IqRm7QN0



卯月「凛ちゃん。これって、友チョコなんですよね?」

凛「そうだけど。どうかした? もしかして私たちは友達じゃないとか?」

卯月「ち、違いますっ! 凛ちゃんは同じ事務所の仲間で、大切な友達だと思ってますから!」


卯月「そうじゃなくてっ、このチョコなんですけど」

凛「うん」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:44:03.33 ID:6IqRm7QN0



卯月「すごくキレイにラッピングしてありますね。凛ちゃんがやったんですか?」

凛「え? うん、そうだけど……どうかな。変じゃない?」

卯月「ううん。すごく可愛いですよ」

凛「ならよかった。事務所のみんなにも色々アドバイスしてもらったんだ。実演してもらったりね」

卯月「そうだったんですか? 勉強家ですね、凛ちゃん! ……でも友チョコの、しかもラッピングだけでそこまでしてくれたなんて、なんだか申し訳ないです」

凛「そんなことないよ。大事な友達にあげるチョコなんだから。これくらいはやらないとね」

卯月「友達に、ですか……。んー、なんだかここまでしてくれたならむしろ―――」

凛「ん?」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:44:35.17 ID:6IqRm7QN0



卯月「……ううん! 友達ですもんね! ありがとうございます凛ちゃん!」

凛「うん。友チョコだからね」

卯月「はい! 友チョコですね!」




7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:45:18.75 ID:6IqRm7QN0



卯月「……? あれ、凛ちゃん。このラッピングのリボンに、何か挟まってますけど?」

凛「ああ。それは卯月へのメッセージを書いて、挟んでみたんだ。直接だとちょっと恥ずかしい事も、手紙なら言えるのかな、って思って」

卯月「わあ……! すごくうれしいです! さっそく読んでみますね。えっと……」ゴソゴソ

凛「あっ、ちょっと卯月。それじゃあ手紙にした意味ないじゃん。せめて私のいないとこで読んでよ」

卯月「え……あっ!? ご、ごめんなさい! そうですよね、失礼しました!」

凛「ふふ。いいよ。すぐに読みたいくらいうれしかったって事でしょ? 昨夜悩みながら書いた甲斐があったかな」

卯月「はい! とってもうれしいです!」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:46:10.21 ID:6IqRm7QN0



卯月「……。うれしい……です、けど」


凛「……けど?」

卯月「さっき、その、中身を開いた時、内容が少し見えて、読んじゃったんですけど」

凛「うん」

卯月「内容が、その……いわゆる、ラブレター……的な、内容だった……ような……」

凛「…………」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:46:41.33 ID:6IqRm7QN0





卯月「…………」




凛「…………」





10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:47:20.93 ID:6IqRm7QN0



卯月「……なーんて! そんな事ないですよね! 友チョコですもんね!」

凛「そうだよ。友チョコだよ? ラブレターなんて挟んであるわけないから」

卯月「ですよね! すみません、早とちりで! えへへ」

凛「ふふ。おかしな卯月」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:48:00.97 ID:6IqRm7QN0



凛「……あ、そうだった」

卯月「?」

凛「今日、卯月の家に荷物が届くと思う。私から」

卯月「凛ちゃんから、ですか? なんでしょう」

凛「花、送っておいたから」

卯月「花……って、花!? お花ですか!?」

凛「うん。友チョコと一緒に渡したかったんだけど、ほら。仕事とかで邪魔になるかもしれないから」

卯月「あ……あー、なるほどー……」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:48:37.41 ID:6IqRm7QN0



凛「大事な友達だからね。チョコだけじゃなくて、花も贈りたいなって。私、花屋の娘だし」

卯月「……。なるほど……」



卯月「…………」





13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:49:33.96 ID:6IqRm7QN0



卯月「……凛ちゃん。ちなみに、何のお花を?」


凛「え?」


卯月「お花の種類です。どんなお花を送ってくれたんですか?」

凛「……。それは届い」

卯月「届いてからのお楽しみっていうのは無しですよ。凛ちゃん家、お花屋さんですし。ちゃんと今、届くお花の由来とか。花言葉とか。しっかり聞いておかなきゃなーって思うんです。じゃないと、ありがたみもわからないじゃないですか。ね?」

凛「いや、ありがたく思ってもらわなくても」

卯月「ね?」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:50:01.87 ID:6IqRm7QN0




凛「…………」



卯月「…………」


凛「…………。えっと」


卯月「はい」





15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:50:44.20 ID:6IqRm7QN0



凛「……。バラ」

卯月「え?」

凛「バラ」

卯月「バラ?」

凛「うん。バラ」

卯月「バラの花言葉って、なんですか?」

凛「…………」



卯月「…………ん?」





16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:51:21.47 ID:6IqRm7QN0



凛「……。色。色によって、また違うから」

卯月「何色?」

凛「え?」

卯月「何色なんですか?」


凛「……えっと」


卯月「はい」




17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:52:05.98 ID:6IqRm7QN0



凛「…………。赤、かな」

卯月「赤ですか。赤いバラの花言葉は?」


凛「…………」


卯月「ん?」


凛「情熱、とか」

卯月「他には?」

凛「……。愛情」

卯月「愛情」

凛「熱烈な愛」

卯月「熱烈な」




18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:52:34.71 ID:6IqRm7QN0




凛「あと、あなたを愛しています、とか」


卯月「……。なるほど。よくわかりました」



凛「…………」



卯月「…………」





19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:53:08.88 ID:6IqRm7QN0




凛「……と、友チョコだから!」


卯月「え?」

凛「友チョコ! 友チョコだから! 友情の! 証だから!」

卯月「……友情、ですか」

凛「そう! 友情! 愛しています! 友達として! そういう事だから!」

卯月「なるほど。友達として、愛していると」




20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:54:12.54 ID:6IqRm7QN0



凛「そうそう! ね! これからもよろしく、卯月―――」

卯月「何本ですか?」

凛「え」

卯月「バラの本数。何本です? もしかして花束とかですか?」


凛「え……っと……。花束では、ない、かな。それはさすがに、重いかなと思って」


卯月「それじゃあ一本?」

凛「それだと味気ないじゃん。直接渡しても、邪魔にならないだろうし」

卯月「じゃあ?」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:54:50.59 ID:6IqRm7QN0




凛「…………」


卯月「何本?」


凛「…………」


卯月「…………」



凛「…………7」




卯月「ん?」


凛「7本」




22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:55:26.99 ID:6IqRm7QN0



卯月「7本、ですか」

凛「うん」

卯月「意味は?」



凛「…………」



卯月「凛ちゃん?」





23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:55:56.07 ID:6IqRm7QN0




凛「…………。密かな、愛」


卯月「……。なるほど。よくわかりました。ありがとうございます、凛ちゃん」



凛「…………」



卯月「…………」





24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:56:23.89 ID:6IqRm7QN0




凛「…………。友チョコ、だから」


卯月「……。はい。わかってますよ。友チョコですよね」


凛「うん」

卯月「はい」


凛「…………」


卯月「…………」





25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:56:57.03 ID:6IqRm7QN0





卯月「…………あの、凛ちゃん。最後にもうひとつだけ、聞いてもいいですか?」



凛「……。いいよ。なに?」





26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:57:44.16 ID:6IqRm7QN0






卯月「どうしてずっと、顔が赤いんですか?」






27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:58:15.61 ID:6IqRm7QN0





凛「…………」


卯月「…………」


凛「…………」



凛「それは……」





28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:58:55.64 ID:6IqRm7QN0




凛「…………。卯月だって、赤いじゃん。顔」


卯月「え」




卯月「あ……バレちゃってました?」






29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:59:37.33 ID:6IqRm7QN0




凛「…………」


卯月「…………」




30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:00:11.25 ID:6IqRm7QN0






『……ど、どうしようこの後』






31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:00:51.68 ID:6IqRm7QN0


おわりです。バレンタインうづりんSSのつもりです。
ありがとうございました。



関連記事

うづりん尊い…
[ 2017/05/21 19:20 ] [ 編集 ]

ニヤニヤが抑えきれなかった
[ 2017/05/21 20:39 ] [ 編集 ]

友チョコってなんだっけ?
[ 2017/05/22 01:07 ] [ 編集 ]

この作品は素晴らしい。
あと、紅薔薇7本にそういう意味があるとは知らなかった。
[ 2017/05/24 17:28 ] [ 編集 ]

HRMR「これは友チョコですね」
[ 2017/05/26 14:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5382-71e878c1


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ