曜「どうしよう…二人の女の子を好きになっちゃった」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:19:16.70 ID:yKDYCtS60


鞠莉「どうしたの曜?ため息ついたりして」

曜「な、何でもないよ」

鞠莉「ふふっ、嘘ね。顔を見たらわかるわ。何か悩みがあるんでしょ。良かったら聞かせて?」

曜「…鞠莉ちゃんは流石だね」

鞠莉「伊達にあなたより1年長く生きていないわ」

曜「実はね…私、恋しちゃったんだ」





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:20:01.15 ID:yKDYCtS60


鞠莉「千歌っちの事ね」

曜「う、うん///でも千歌ちゃんだけじゃないんだ…」

鞠莉「え?」

曜「…どうしよう?私、二人の女の子を好きになっちゃった」

鞠莉「はい!?」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:21:13.05 ID:yKDYCtS60


鞠莉「え!え?どういう事!?千歌っち以外にも好きな子ができたの?Really?」

曜「う、うん…」

鞠莉「何でそんな事に…」

曜「ある人に相談に乗ってもらった事がきっかけで、その子の事も意識するようになっちゃって///」

鞠莉「まさか!私!?曜の気持ちは凄く嬉しいわ、でも私には果南が…oh!もてる女は辛いわねー!」

曜「ごめん、鞠莉ちゃんではないよ」

鞠莉「あーそう」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:23:21.64 ID:yKDYCtS60


鞠莉「で、誰が好きなの?」

曜「そ、それは言えないよ!」

鞠莉「Why?」

曜「だって恥ずかしいし///」

鞠莉「じゃあヒントだけでもお願い♪」

曜「ヒント?」

鞠莉「うん」

曜「わかった、ヒントだけだよ」

鞠莉「たとえ難しいヒントを出しても正解を見つけてみせるわ!」ワクワク



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:23:59.86 ID:yKDYCtS60


曜「ヒントその1」

鞠莉「うん(その1とか何個もヒントあるんだ…)」

曜「ピアノが得意な女の子」

鞠莉「…」

曜「ヒントその2」

曜「犬が苦手な女の子、特にしいたけ」

曜「ヒントその3」

鞠莉「もういい!わかったから!」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:26:00.95 ID:yKDYCtS60


鞠莉「それで曜は千歌っちと、り…そのピアノが得意で犬が苦手な女の子の二人が好きになって何に悩んでるわけ?」

曜「…二人の子を好きになるなんて凄く不誠実な事をしているなって私思うんだ…どちらの子に対しても凄く失礼な事をしていると思う」

曜「だけどどちらか一人を選ぶなんて事も難しいし…」

鞠莉「曜は真面目ね…」

鞠莉「もう少し割り切った考えを持っても良いと思うわ」

曜「え?」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:27:37.65 ID:yKDYCtS60


鞠莉「私が果南を好きな事は曜も知ってるわよね」

曜「うん」

鞠莉「実は私、ダイヤの事も好きなの」

曜「ええ!?そうなの!?」

曜「やっぱりどちらか一人を選んだの?どういうふうに二人に接しているの?」

鞠莉「果南が本妻で、ダイヤが愛人だと私は思ってるわ」

曜「ダイヤさんに対してめっちゃ失礼だよ!!」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:29:00.94 ID:yKDYCtS60


善子「二人で何、話してるの?」

曜「善子ちゃん!」

善子「ヨハネよ!」

鞠莉「ちょうど良かったわ善子。あなたなら曜の悩みが理解できるはずよ」

善子「え!?」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:30:02.88 ID:yKDYCtS60


善子「えええ!曜さん、二人の女の子を好きになっちゃったの!?」

曜「うん…」

善子「あー…それで絶望の闇に沈んだかのような顔をしているわけね」

善子「任せて。このヨハネがその二人の女の子をあなたの忠実なリトルデーモンに変えてしまう恋の秘術を授けるわ!」

曜「ちょっと待って。その二人を私に振り向かせたくて悩んでるわけじゃないの」

善子「え!?」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:31:00.18 ID:yKDYCtS60


善子「なるほど。二人の子を好きになってしまった事自体が駄目な事じゃないかと悩んでるわけね…」

曜「うん…」

善子「曜さんは真面目ね…で、マリーはなんで私なら曜さんの悩みが理解できるって思ったの?」

鞠莉「だってあなたも花丸とルビィと一緒にいて、どっちも意識しちゃってもんもんしてるでしょ?」

善子「うぇええええええ!!!??私がズラ丸とルビィと!?ないないない///」

鞠莉「えー?本当かしらー?」

善子「そ、そんな事ないわよ…(多分)」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:32:17.24 ID:yKDYCtS60


善子「そもそも女の子が女の子を好きになる事自体がおかしいんじゃないの?」

曜・鞠莉「は!?」

曜「善子ちゃんがそんな事を思ってるなんて…」

鞠莉「善子、あなた今までで一番理解不能な事を言ったわ」

善子「何で私がおかしい事を言ったみたいになってるの!?」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:33:46.44 ID:yKDYCtS60


曜「どうしたらいいんだろ…」

善子「二人同時に好きになる事が嫌ならどちらか一人を選ぶしかないんじゃない?」

鞠莉「難しいとか優柔不断な事言ってる場合じゃないわ」

曜「そうだね…」

善子(それにしても、みかんが大好きでμ'sの穂乃果さん推しの女の子とピアノが得意で犬が苦手な女の子っていったい誰なのかしら…)



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:34:47.83 ID:yKDYCtS60


曜「…決めた!私、千歌ちゃん一筋になるよ。最初に好きになったのも、ずっと一緒にいた千歌ちゃんだもんね」

鞠莉「よくぞ決断した。それでこそ沼津のレディーよ!」

善子「えええ!?片方の女の子って千歌さんだったの!?」

梨子「あっ!曜ちゃん。いたいた」

曜「り、梨子ちゃん!?」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:35:56.63 ID:yKDYCtS60


梨子「どうしたの?驚いた顔して」

曜「な、なんでもないであります」

梨子「そう…」

梨子「それでね、曜ちゃん。次の曲の衣装のデザインできた?」

曜「う、うん。バッチリできたよ」

梨子「ほんとう!良かった。できたら、それを見せてもらえないかな?」

曜「良いけど、どうして?」

梨子「作った曲に納得できないところがあるの。それで曲を少し作り直したいと思ったのだけれど良いアイディアが思い浮ばなくて…衣装を見たらインスピレーションがわくと思うの」

曜「なるほど。それじゃあ、携帯にデータを送るね」

梨子「ありがとう曜ちゃん!」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:42:07.95 ID:yKDYCtS60


梨子「わー!この衣装かわいい!」

鞠莉「オゥー!プリティー!」

善子「ふっ。堕天使にふさわしい衣装だわ」

曜「お役に立てた?」

梨子「うん、曜ちゃんのおかげで良い曲になると思う」

曜「良かった、梨子ちゃんが作る曲期待しているよ」

梨子「うん!」

梨子「…いつもありがとうね曜ちゃん。頼りにしているわ///」

曜「う、うん///」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:45:33.48 ID:yKDYCtS60


曜「どうしよう!」

鞠莉・善子「??」

曜「梨子ちゃんを捨てる事なんてできない!」

鞠莉「このヘタレがぁ!!!!」

善子「えええ!!もう一人の好きな子ってリリーだったの!?」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:46:25.85 ID:yKDYCtS60


鞠莉「じゃあ、千歌っちの方をあきらめる?」

曜「それも無理!!」

善子「本当にヘタレだわ…」

曜「本当にどうしよう…」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:48:00.70 ID:yKDYCtS60


鞠莉(私たちが相談に乗ったところで結局、決断するのは曜なのよ。すぐに決めないといけないとわけじゃないんだから、ゆっくり考えなさい)

曜「結局、相談に乗ってもらっても何も決められず帰宅する事になっちゃった…」

曜「はぁ…憂鬱だ…」

曜「…」

曜「ランニングでもしたら気分が晴れるかな…」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:53:21.32 ID:yKDYCtS60


曜「えっほ。えっほ…」

曜「淡島神社の頂上まで登っちゃった…」

曜「はぁ…はぁ…何でこんな無駄に疲れる事したんだろ私…」

曜「はぁ…憂鬱ヨーソロー…」

「待って下さい!はやまってはいけません!!」ガシッ

曜「え!?」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:54:14.95 ID:yKDYCtS60


曜「キャッ!!何なんですか!あなたは!?」

「まだ若いのにここで命を散らすなんて!命がもったいない!!」

曜「何言ってるんですか!?ちょっとー!っていうかどこつかんでるの///」

「絶対離しません!離しませんよ!あなたが生きたい!と言うまで絶対に離しません!」

曜「ええええ!?いや、私死のうとか考えてませんから!!!」

「嘘です!今にも飛びおりそうな顔していたのに!心から生きたいと言って下さい!!」

曜「どうしたらいいのこの人―!?」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:56:45.97 ID:yKDYCtS60






「本当にごめんなさい!」

曜「頭を上げて下さい。今にも飛びおりそうな顔してた私も悪いんですから…」

「いいえ、悪いのは全て私です。あんな勘違いをしていただなんて恥ずかしいです」

曜「本当に気にしないでください…なんかこうまで頭下げられると申し訳ない気持ちになってしまいますから…」

「せめて何かお詫びの品でも…」

曜「じゃあ、そこにある自販機のジュースで良いですよ」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:04:30.58 ID:yKDYCtS60


「ジュースだけでなくちゃんとした物でお詫びをしますよ」

曜「ほんと気にしないで下さい」

曜(この人のおかげで憂鬱な気分もすっとんじゃったしね…)

「ただのジョギングだったんですね」

曜「ええ、まぁ」

「何かスポーツでも?」

曜「水泳と…スクールアイドルを」

「スクールアイドル!」

曜「どうかしたんですか?」

「…いえ、何でもありません」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:05:44.78 ID:yKDYCtS60


曜「おねえさんはここで何をしてたんですか?」

「私の着ている服や背負ってるリュックを見てわかりませんか?」

曜「えーと…」

「山頂アタックです!」

曜「山頂アタック!?」

「…登山の事ですよ」

曜「そんな言い方があるんですか、へー」

曜(ここってそんなものを用意しないといけないほどの山かな?)



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:08:46.41 ID:yKDYCtS60


「…こうしてあなたぐらいの年齢の女の子と話をしていると、昔を思い出します」

「仲間とともに目標に向かってひたむきに努力する事は、とても楽しい事でした…」

曜「…はい、その気持ちはよくわかります」

「うふふ。あなたにも一緒に目標に向かって頑張れる仲間がいるんですね」

曜「はい。みんな大切な友達です…」

曜「…それ以上の存在になってしまった子もいるけど」

「え?」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:09:52.19 ID:yKDYCtS60


「なるほど、友達の事が好きになってしまったんですね」

曜「はい///」

「誰かと同じ環境にずっと一緒にいるとそういう事はありますよ。決して恥ずかしい事ではありません」

曜「…いいえ、私恥ずかしい事をしてるんです」

「え?」

曜「だって、二人の女の子を好きになっちゃったんです!」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:11:21.52 ID:yKDYCtS60


「…」

曜「…やっぱり恥ずかしいし、変ですよね?」

「…確かに恥ずかしい事でもあり、変な事なのかもしれません。でも、私はそれが間違った事だとは思いません」

曜「え!?」

「私もあなたと同じ経験があるんです」

曜「えー!?」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:12:57.52 ID:yKDYCtS60


「私もあなたと同じように二人の女の子を好きになった事があるんです」

「いつ好きになったのか、どっちを先に好きになったのか、今ではあまり覚えていません…だってずっとその二人と一緒にいましたから」

「二人の女の子をどっちも好きになるなんて恥ずかしい事だと私も思いました」

「だからどちらか一人にしなくてはとも考えました…でも優越をつけるなんてできません」

「恥ずかしさと自分への情けなさからその二人から離れようとも考えました…でも、できなかったのです」

「だってその二人の事が大好きでしたから…」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:13:51.10 ID:yKDYCtS60


「自分の気持ちに気づいた時、私は決心しました」

「どんなに恥ずかしい事であっても、不誠実な事であっても二人の事を好きでいようと…」

曜「…」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:15:15.78 ID:yKDYCtS60


曜「!!」

曜「すいません、電話が」

「どうぞ、おかまいなく」

曜「あっ、千歌ちゃんだ」

曜「はい、もしもし」

千歌(曜ちゃん!梨子ちゃんに衣装見せてもらったよ!凄く可愛いね!)

曜「う、うん。ありがとう///」

千歌(それとね、もうすぐテストだから2年生同士で今から私の家で一緒に勉強しようって思うんだけど、どうかな?)

曜「うん、今すぐ行くよ!」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:16:10.17 ID:yKDYCtS60


曜「ごめんなさい。用事ができたので、もう行きます」

「いえ、気にしなくて良いですよ」

曜「それと…ありがとうございます!なんだか話を聞いて元気が出た気がします」

「それは良かったです」ニッコリ

「…頑張ってくださいね」

曜「はい!」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:26:41.92 ID:yKDYCtS60






梨子「聞いてよ曜ちゃん。千歌ちゃんったらほとんど勉強してないのよ」

千歌「たはは…新曲の歌詞作りで忙しかったし」

梨子「それを言ったら私たちだって作曲とか衣装のデザインを作るのに忙しかったんですけどー」

曜「まぁまぁ梨子ちゃん、許してあげて」

梨子「もうー!曜ちゃんは千歌ちゃんを甘やかしすぎ」

千歌「えへへー。二人のお許しを得たという事で、それじゃあまずは英語を教えてー♪」

梨子「私は許したつもりはないんですけど」プイッ

曜「あはは!!」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:28:52.77 ID:yKDYCtS60


千歌「なるほどー。それじゃあ次は数学を…」

曜「私も数学は少し苦手かな…」

千歌「それじゃあ、梨子ちゃん!お願―い♪」

曜「私も私も!」

梨子「仕方ないなー…」

曜(やっぱりこの二人といる凄く安心する…)



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:30:29.39 ID:yKDYCtS60


曜(登山家のおねえさん…私もやっぱりこの二人の事が大好きです)

曜(この先、どうなるかはわかりません…)

曜(でも、今はこの二人の事を好きでいようと思います)



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:31:29.97 ID:yKDYCtS60


「ハックション!」

「誰かが私の事を登山家だと言った気がしますけど、別に私は登山家ではありませんよ」



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 01:37:47.72 ID:yKDYCtS60


終わり


関連記事

ンミチャ!
[ 2017/06/12 22:04 ] [ 編集 ]

ンミチャー!
[ 2017/06/14 00:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5405-63f31220


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ