【ガヴドロ】ガヴ「サターニャの胸……」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:19:13.181 ID:oXV06iS6H.net


サターニャ「ガヴリールっ♪♪」

ガヴ「どうしたんだよサターニャ。今日は妙に機嫌がいいな」

サターニャ「そんなことないわよ。それよりさ、ガヴリールってこの後用事ある?」

ガヴ「ない!」

サターニャ「そんな事言わずに私に付き合いなさい!!素敵なものを用意したのよ!!」

ガヴ「いらない。それじゃあな。バイバイ!」スタスタスタ

サターニャ「ちょっと待ちなさいよ!!本当に良いものなんだって!!」ギュウ

ガヴ「うぁあああ!後ろから抱き着くなよ!!」

サターニャ「あなたが逃げるからよ!!」

ガヴ「(む、胸が背中に当たってる)離せよ!」

サターニャ「離さないわ!!ガヴリールが来るって言うまで離さないわ!!」

ガヴ「頼むから離してくれ!!(胸が当たってるから!)頼むよぉ……」

サターニャ「なんだか急にしおらしくなったわね。いいわ、離してあげる!」

ガヴ「ありがとうサターニャ」

サターニャ「私は行くけど、付いて来たくなったら来ていいからね。バイバイ」スタスタスタ

ヴィーネ「ガヴ大丈夫?結構きつく抱きしめられていたわよね」

ガヴ「(海行った時から思っていたけど、サターニャの胸って結構あるんだな。感触もいいし最高じゃないか)」

ヴィーネ「どうしたの?ガヴ、そんなにボーっとして」

ガヴ「サターニャの胸……」

ヴィーネ「?」





2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:23:01.935 ID:oXV06iS6H.net


ガヴ「(サターニャに抱きしめられた時から胸の感触が忘れられない。私は一体どうしてしまったんだ!?これじゃあまるで私は変態みたいじゃないか!!)」

ヴィーネ「ガヴどうしたの?最近ボーっとしてばっかりじゃない。寝不足かしら?」

ガヴ「サターニャの胸……」

ヴィーネ「?ねぇ、ガヴ聞いてる?」

サターニャ「ガヴリール!」

ガヴ「うぁ!何だよ、サターニャ!!(ああ……サターニャの胸……胸触りたい揉みたい顔をうずめたい)」ニヤニヤ

サターニャ「ん?そんなにニヤけたりしてどうしたの?」

ガヴ「はっ!な、何でもない!!」スタタスタ

サターニャ「あ、ガヴリール!!逃げないで!待ちなさいよ!!」

ヴィーネ「本当にガヴ、どうしちゃったのかしら?」



4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:26:34.742 ID:oXV06iS6H.net


ガヴ「はぁはぁ、サターニャの胸が頭から離れない。このままサターニャの胸を揉まなければ、気が狂ってしまうだぞ。どうにかしていい方法はないか……あ、そうだいい事考えた!」


7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:29:42.527 ID:oXV06iS6H.net


ガヴ「サターニャ!」

サターニャ「ガヴリール!あんたから話しかけてくるなんて珍しいわね?どうしたの?」

ガヴ「今日は私から勝負を仕掛けてやるぞ!くらえ!ジャーマンスープレックス!!」

サターニャ「プロレスごっこね!」

ラフィ「ガヴちゃん!ジャーマンスープレックスは胸ではなく腰に腕を回す技ですよ!」

ガヴ「(これぞ私が考えた秘策!!ジャーマンスープレックスもみもみだっ!)うぉおお!」

サターニャ「そんな甘い技が私にかかると思ったかっ!」ヒュン

ガヴ「う!かわされた!?」

サターニャ「くらえ!ヘッドロックッ!」ガシッ

ガヴ「く、苦しい(でもまた背中に胸が当たっていて幸せだ)」ニヤニヤ

サターニャ「!?」クンクン

ラフィ「ワン……ツー……スリー……」

ヴィーネ「ラフィ!わざとゆっくり数えないの!ガヴの顔が青ざめてきたわよ!」

ラフィ「でもどうしてでしょう?幸せそうな顔をしています」

ヴィーネ「そう言われるとそうね……」

ラフィ「では再開して、フォー……ファイブ……」

サターニャ「はっ!」ドタドタドタ

ラフィ「あ、サターニャさん!カウントの途中ですよ、どこに行くんですかー!?」



13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:33:09.756 ID:oXV06iS6H.net


サターニャ「ガヴリールって………ガヴリールの髪っていい匂い……」ニタニタ


17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:37:24.262 ID:oXV06iS6H.net


ガヴ「(サターニャの胸。サターニャの胸。サターニャの胸。サターニャの胸。サターニャの胸。)」

サターニャ「(ガヴリールの髪の匂いが嗅ぎたい。ガヴリールの髪の匂いが嗅ぎたい。ガヴリールの髪の匂いが嗅ぎたい。ガヴリールの髪の匂いが嗅ぎたい。)」

ガヴ「はっ!」

サターニャ「はっ!」

ガヴ「あ…あ……あの……」

サターニャ「あ……いや…その……」

ガヴ「……」スタタタタ

サターニャ「……」ドタドタドタ



20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:41:26.771 ID:oXV06iS6H.net


ヴィーネ「最近、どうもガヴとサターニャの仲が悪いのよ。顔も合わせようともしないんだから」

ラフィ「喧嘩でもしたのでしょうか?」

ヴィーネ「何とか仲直りさせてあげたいわね」

ラフィ「あ、そうです、こんなのはどうですか?」

ヴィーネ「?」



21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:44:18.438 ID:oXV06iS6H.net


ラフィ「ガヴちゃん、こっちですよ」

サターニャ「学食なんて久しぶりだな」

ヴィーネ「サターニャ、こっちよ」

ガヴ「メロンパンおごってくれるってホント?」

ガヴ・サターニャ「な!?」

ラフィ「さあさあ、お二人は隣同士に座ってください」

ヴィーネ「さあ、もっとくっ付いて」

ガヴ「(サターニャの胸に視線が行ってしまう」

サターニャ「(ガヴリールの匂いがほのかに香ってくる」」

ラフィ「ふふふ」ニコニコ

ヴィーネ「ふふふ」ニコニコ



22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:47:05.209 ID:oXV06iS6H.net


ガヴ「(揉みたい。揉みたい。揉みたい。揉みたい。揉みたい)」

サターニャ「(嗅ぎたい。嗅ぎたい。嗅ぎたい。嗅ぎたい。嗅ぎたい)」

ガヴ「……」もんもんもん

サターニャ「……」もんもんもん

ラフィ「……」ニコニコ

ヴィーネ「……」ニコニコ

ガヴ・サターニャ「うぁーー!!!もう限界!!!!!」スタタタタタタタタ

ヴィーネ「あ!ちょっと!!」

ラフィ「ガヴちゃん!サターニャさん!」

ヴィーネ「行っちゃったわね」

ラフィ「もうお二人は仲直りできないのでしょうか」



24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:51:46.229 ID:oXV06iS6H.net


深夜

ガヴ「ああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!もう限界だ!変態だと思われてもいい!!私は痴女でも構わない!今からサターニャの胸を揉みに行くぞっ!」

サターニャの家

ガヴ「サターニャ!開けてくれ!!私だ!!ガヴリールだ!!開けろ!開けてくれ!!クソ、いないのかよ?!!!」

ガヴ「こうなったらラフィエルの家だ!!」



25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:54:28.603 ID:oXV06iS6H.net


ラフィの家

ピンポーン

ガヴ「ラフィエル!開けてくれ!もう我慢の限界だ!」

ラフィ「ガヴちゃん……こんな夜遅くにどうしたんですか?ってうぁ!」モニュ

ガヴ「うぁ大きい!サターニャのより大きい!でも大きすぎるな!!もっと丁度良い大きさにならないのかよ!」モニュモニュモニュモニュモニュモニュ

ラフィ「が、ガヴちゃんが変態になってしまいました……」モニュモニュモニュ



27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:59:24.739 ID:oXV06iS6H.net


同時刻

サターニャ「ああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!もう限界よ!ガヴリールの髪の匂いが忘れられないわ!!ガヴリールの家に行って好きなだけ嗅いでやるっ!もふもふしてやるっ!」

ガヴの家

サターニャ「ガヴリール!開けて!!私よ!!サタニキア様よ!!開けて!開けてよ!!もう、いないの!!!?」

サターニャ「こうなったらヴィネットの家よ!!」



28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 22:02:31.160 ID:oXV06iS6H.net


ヴィーネの家

ピンポーン

サターニャ「ヴィネット!!開けて!もう我慢の限界よ!」

ヴィーネ「サターニャ……こんな夜遅くにどうしたのよ?ってうぁ!」クンクン

サターニャ「ああいい匂いだわ!もっと嗅いでいたい……でも足りない、もふもふが足りないのよ!何で足りなのよ!!!」クンクンクンクンクンクンクンクンクンクンクンクン

ヴィーネ「さ、サターニャが変態になった……」クンクンクンクンクンクン



30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13(土) 22:07:05.956 ID:oXV06iS6H.net


次の日の学校

ガヴ「サターニャ!」

サターニャ「ガヴリール!」

ガヴ「会いたかったぞ!」モミモミモミモミ

サターニャ「会いたかったわよ!」クンカクンカクンカクンカ

ガヴ「もう絶対離さないぞ!」

サターニャ「一緒に住みましょう!」

ガヴ「もう準備は出来ている!」

サターニャ「一生嗅いであげるからね、ガヴリール!」

ガヴ「一生揉んでやるからな、サターニャ!」

ラフィ「お二人は仲直りしましたけど」

ヴィーネ「変態になったわね」

ガヴ「……!」モミモミモミモミ

サターニャ「……!」クンカクンカモフモフ 




関連記事

なんだこれwwww
[ 2017/06/27 17:16 ] [ 編集 ]

えんじぇーもでぼーも変態じゃねえか!
[ 2017/06/27 20:30 ] [ 編集 ]

ガヴサタ流行れ  
[ 2017/06/28 00:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5422-b4bbb8e8


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ