花丸「善子ちゃん可愛いずら! 可愛すぎる! 死ぬほど可愛いっ!」

1 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:04:51.72 ID:hSV5quvY.net


曜「千歌ちゃん可愛い! 可愛いよ!」

千歌「えー、よーちゃんの方が可愛いよ~///」

曜「そんなことない! 千歌ちゃん、とっても可愛い!」

千歌「またまた~、ご冗談を~///」

曜「可愛いってば~! この美少女め~!」ウリウリ

千歌「やめてってば~///」キャッキャッ


花丸「ふむふむ」

花丸(曜さん、いつも積極的だなぁ……マルとは大違い)

花丸(……マルも真似してみようかな)





3 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:06:43.65 ID:hSV5quvY.net


~昼休み、部室~

花丸「善子ちゃ~ん!」タタタッ

善子「ん、何よ。ずら丸」

花丸「善子ちゃんって、とっても可愛いよね」

善子「……!?」

善子(え、急に何!? 私が可愛いって……///)

花丸「うん、すごく可愛い。前からずっと思ってたずら」ジッ

善子「! ///」ドキッ



4 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:08:51.40 ID:hSV5quvY.net


善子「ととと、トーゼンでしょ! /// なんたってヨハネは、神に嫉妬されし美しき堕天使……! ///」ギランッ

善子(前から!? 前からって!? いつから!? ///)

花丸「そうだね……善子ちゃんはとっても綺麗だよ。うっとりしちゃうくらい」

善子「ききき、綺麗……! /// そ、そう……///」テレテレ

善子「あ、ありがと……///」プイッ

花丸「照れてる善子ちゃんも、とっても可愛いなぁ……」ジーッ

善子「み、見るなぁっ!! ////」カァァァ バッ



6 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:11:30.72 ID:hSV5quvY.net


花丸(あれ? マルもすっごく恥ずかしいけど……このまま行けちゃったり? 押せ押せでいいのかな……?)

花丸「ふふっ、善子ちゃん、顔真っ赤ずら♡」ニコッ

善子「ぅ、うぅ……////」

善子「あ、あのさ……、花丸……////」

花丸「なぁに? 善子ちゃん」

善子「私のこと……その……可愛いって……////」

花丸「心底可愛いよ♡」



7 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:14:14.93 ID:hSV5quvY.net


善子「っ、そ、それって……! //// す、好きって……! ////」

花丸「!」

花丸「……好きだよ///」

善子「……!! ///// そ、そうよね……! とっ、友達だから、あ、当たり前よねぇ……! /////」

花丸「……!」

花丸(ちょっと様子見で遠回りしよう)



9 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:16:43.63 ID:hSV5quvY.net


花丸「マルは善子ちゃんの可愛い所とか、その照れた表情とか、優しい所とか、あと、善子ちゃんっていう名前、とか!」

花丸「……好きだなぁ……///」

善子「……! ///// な、名前って! あとさっきから善子ちゃん善子ちゃんって! /////」

善子「私はヨハネよっ! ヨハネなんだからね~! /////」

花丸「さっきからじゃないよ。マルはずっと、昔からずっと……善子ちゃんのことは善子ちゃんって呼び続けてるよ」

善子「じゃあいい加減ヨハネって呼びなさいよ! ///」

花丸「それは困るずら……だって……だって……」



10 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:19:10.50 ID:hSV5quvY.net


善子「だって、何よ! ///」

花丸「……好きだから……初めて会った時から」

善子「っ!? /////」ボッ

花丸「……善子ちゃんの名前」

善子「~~~~~っ! ///// ず~ら~ま~るぅ~~~~っ!! /////」ガシッ

花丸「うわぁっ!? ///」



12 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:21:30.67 ID:hSV5quvY.net


善子「アンタのねぇ、『花丸』って名前もねぇ……! 私、すごくいいと思うわよ~~~っ!! /////」ブンブンブン

花丸「あわわわ……揺すらないで~っ!」ユラユラ ガクガク

善子「後ねぇ……! 私もねぇ……! /////」ブンブンブンブン

花丸「や、やめて~~~~!!」ユラユラユラ ガクガクガク

善子「アンタのことっ!! /////」ピタッ

花丸「……っ!?」ピタッ



13 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:23:49.24 ID:hSV5quvY.net


善子「……可愛いって思ってるからっ!! ///// ……それじゃっ!! /////」ダッ

タッタッタッタッタッタッ

花丸「…………」

花丸「……え? ///」

花丸(ええ~~~っ!? /////)カァァァァ

花丸「か、可愛いって……///」

花丸「善子ちゃんが……マルのことを……」



14 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:25:54.79 ID:hSV5quvY.net


~翌日の昼休み、図書室~

シーン...

善子(花丸のやつ……一体どういうつもりよ……)

花丸「……」ペラ...ペラ...

善子(誰もいない図書室に、せっかくこの私が来てやったのに)ジーッ

善子(ちょっと挨拶しただけでロクに会話して来ない……昨日の積極的なアンタはどこ行ったのよ……)イライラ



15 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:28:14.63 ID:hSV5quvY.net


花丸「……」ペラ...ペラ... 

善子(ていうかこいつ、ヨハネのこと好きなの……? あんだけ可愛い可愛い言ってくれたし……)

善子(なんか……いろいろ好きって……///)ムズムズ

善子(その好きって何……? どういう好きなの……?)モヤモヤモヤ

花丸「……」ペラ...ペラ...

善子(気になる……)ジーッ



16 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:30:45.81 ID:hSV5quvY.net


花丸「……っ」パタン

善子「!」ビクッ

花丸「善子ちゃん」

善子「な……何よ」

花丸「もしも……マルが善子ちゃんのことを……」

善子「……」

花丸「好きって言ったら……どうする?」

善子「!!」



17 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:32:47.21 ID:hSV5quvY.net


善子「え……? ど、どうするって……! ///」

善子「そ、そうよ! リトルデーモンにしてあげる!」

花丸「ごめんなさい」

善子「うう、嘘でもいいから喜びなさいよぉ! ///」

花丸「まあ、ずっと善子ちゃんの傍に居られるならそれはそれで悪くないか……」

善子「!?」



18 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:35:21.77 ID:hSV5quvY.net


善子「な、何よ! 妥協的な理由でのリトルデーモン志望は認められないんだから!」

花丸「……」

善子「曖昧なのよアンタ! 日和らずにはっきりモノをいいなさい! さあ!」

花丸「……このまま言うのもつまらないずら」

善子「はぁ!? 昨日のずら丸と全然違うじゃない……! このヘタレ!」

善子(何よ……やっぱり私の勘違いなの……? 昨日の花丸は、たまたまあいつの様子がおかしかっただけ……?)



19 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:38:05.36 ID:hSV5quvY.net


善子(もしかして……全部、全部……ヨハネをからかうためだけの……冗談……?)ジワッ

花丸「……っ」ガタッ

ツカツカツカ

善子「……へ?」アゴクイッ

花丸「善子ちゃんが悪いんだからね……」スッ

善子「は!? ///」ドキッ

善子(ち、近っ!? え、何、っていうか顎クイ!?/////)ドキドキ



20 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:40:38.51 ID:hSV5quvY.net


花丸「こんなに可愛い善子ちゃんがいけないんだから……」

善子「……え……ぁ……/////」ドキドキドキ

花丸「抵抗しないんだね……」

善子(す……座ったまま全然動けない……!! /////)

善子「む、無理やりとか……! 信じらんない……! /////」メヲトジ

花丸「! ……んっ」チュッ

善子「っ!!♡/////」ピクッ

花丸「好きだよ……善子ちゃん」



21 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:41:29.53 ID:hSV5quvY.net


善子「……っ、わ、私も……っ、/////」

善子「好き……よ……♡/////」

花丸「よかっ、た……あっ」フラッ...

善子「……え?」

花丸「……」トサッ

善子「花丸?」ギュッ

花丸「……」 

善子「ちょっと!? 花丸!? 花丸ーーーーっ!!?」ユサユサユサ



22 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:44:12.32 ID:hSV5quvY.net


~保健室~

花丸「う……」パチッ

善子「! 花丸!! 大丈夫!?」

花丸「ぁ……善子ちゃん……」

善子「良かった……! いきなり気絶したから、どうしようかと……!」

花丸「あ、あはは……///」



24 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:46:27.04 ID:hSV5quvY.net


花丸「……慣れないことを無理やりやって、上手くいって……」

花丸「……きっと、極度の緊張からの、急激な気の弛みのせいずら……」

善子「この馬鹿! 馬鹿丸! 心配したんだから!」

花丸「ごめんね、善子ちゃん……ありがとう……」

善子「な、なんで急にあんなことしたのよ! /////」

花丸「自分を変えて……積極的になりたかったずら……」

善子「積極的すぎるっての! ///」



26 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:50:04.40 ID:hSV5quvY.net


花丸「善子ちゃんに友達以上に接近するための勇気が欲しかったんだ……」

善子「鞠莉に変な薬でも飲まされたとかじゃなくて?」

花丸「全部自力ずらっ!」

花丸(最初だけ曜さんの真似だったけど……)

善子「すごいわねアンタ! やっぱぶっ飛んでる!」

花丸「マルのこと、嫌いになった?」

善子「……好きよ」

花丸「マルもだよ」



27 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:52:21.93 ID:hSV5quvY.net


善子「……ところで! 後で曜と千歌にお礼言っときなさい///」

花丸「え?」

善子(……全部見られてたなんて……! /// 本当はめっちゃ許せないんだけど!! ///)

善子(でも助けてくれたから怒るのは……!! ノーカンにしないと……! くぅぅ……!! ///)



28 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:53:32.68 ID:hSV5quvY.net


~~~~~~

曜「花丸ちゃん、目が覚めたって」

千歌「そうなんだ……良かったね!」

曜「うん……」

曜「昼休みに図書室の入り口前に張り付いてた甲斐があったね」

千歌「おかげですぐに助けるお手伝いができたもんね!」

ようちか「……」



29 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:55:19.45 ID:hSV5quvY.net


千歌「あー、花丸ちゃん凄かったな~。本気出すとあんなことできるなんて」

曜「ぐっ……!」

千歌「誰かさんはそこまで到達できるのかな~」

曜「で、できるよ! 私を馬鹿にしないで!」

曜「今すぐ……」ドンッ

曜「……え?」

千歌「ふっふっふ~」ニヤリ



30 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 19:56:02.09 ID:hSV5quvY.net


千歌「普通怪獣ちかちーが本気出したらどうなるか……!」

曜(壁ドン……!? 私、千歌ちゃんに壁ドンされてる!? ///)

千歌「試させてもらうよ……!」ジリッ

曜「え……そ、そんな……! /// こ、心の準備が……!」


「よ、ヨーソローーーーっっっ!!! /////」


おわり



関連記事

よ、ヨーソローーーーっっっ!!!
[ 2017/07/07 09:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5429-869ea343


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ